コラボレーション : Cisco ICM Peripheral ゲートウェイ

Avaya Definity G3 スキル グループからのサービス マッピングと拡張の設定

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック



目次


概要

このドキュメントでは、procmon ユーティリティの出力に基づき、ペリフェラル、サービス、スキル グループ、およびエージェント間の関係について説明します。 Avaya Definity G3 プラットフォームでのサービス マッピングに対するスキル グループを中心に説明します。 スキル ターゲットは、エージェント、エージェントのグループ、またはペリフェラルのコールを処理できるあらゆるものを抽象化したものです。 エージェントは、それぞれが持つスキルに基づいてグループに分類できます。 各スキル グループは、顧客に提供するサービスに基づいて分類できます。

項目の何れか一つ以上が下記の正しく設定されない場合、サービス メンバー テーブルは不足データであるかもしれません。 可能性のある現象は下記のものを含むかもしれません:

  • サービスのためのエージェントの統計は不正確です

  • Longest Available Agent (LAA)はです不正確はたらきませんでしたりまたはデータ

  • Minimum Expected Delay (MED)データは不正確です

はじめに

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

前提条件

このドキュメントの読者は次の項目に関する知識が必要です。

  • Cisco Intelligent Contact Management (ICM)トラブルシューティング

  • Avaya Definity G3 トラブルシューティング

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco ICM バージョン 4.6.2 および それ 以降

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 対象のネットワークが実稼働中である場合には、どのような作業についても、その潜在的な影響について確実に理解しておく必要があります。

関係を分析して下さい

Procmon ユーティリティを実行し、pim_list_servicesls)コマンドを使用して下さい。 出力結果は、次のようになります。

>>>>ls
SkillTargetID     Periph#  C    SerMem  Pri   SerTH  SLType PSLType  Ext#
         7273      111111  Y        -1   -1      30       1       4
        10168         201  Y        61    1      30       1       4
         8852        9999  Y        -1   -1      30       1       4
         7467         240  Y        66    1      30       1       4
         8645         241  Y        65    1      30       1       4
         8874         242  Y        67    1      30       1       4

それから pim_list_skill_groupslsg)を命じます上記の出力のカラム SerMem の下にあるスキル グループ第 66 に対して実行して下さい。 出力結果は、次のようになります。

>>>>lsg /skillgroup 66
   Periph#  Pri  C  SkillTargetID  Ext#
        66    0  Y           7399  3909

スキル ターゲット ID を保守して下さい

サービスを設定するときサービス スキル ターゲット ID は Cisco ICM によって生成されます。 詳細については、サービス表を参照して下さい。 それは Service_Member 表を使用しているスキル グループにマッピング されます。 それは図 1.に示すように出力される pim_list_services の最初のカラムです

図 1: スキル ターゲット ID を保守して下さい

AvayaSkillMapExtConfig-1.gif

OPC トレースのサービス番号

サービス番号はサービス表の周辺装置のペリフェラル番号として知られています。 特定のコールのために奪取 されます OPCTest ユーティリティで回る cstaecr との OPC トレースから保守して下さい。 サービスは Avaya Definity G3 の Vector Directory Number (VDN)かハント グループに一致します。 関係は図 2.確認しますカラム Periph# の下の 240 と Open Peripheral Controller (OPC) トレースの 240 間の関係を示されています。 それらは同じサービス ペリフェラル番号を表します。

図 2: OPC トレースのペリフェラル番号を保守して下さい

/image/gif/paws/43002/AvayaSkillMapExtConfig-2.gif

スキル グループ スキル ターゲット ID

スキル グループを設定するときスキル グループ スキル ターゲット ID は Cisco ICM によって生成されます。 詳細については、Skill_Group 表を参照して下さい。 Service_Member 表を使用して保守することをマッピング します。 それは図 3.に示すように出力される pim_list_skill_groups の第 4 カラムです SkillTargetID 7399 は、基礎スキル グループ スキル ターゲット ID を表します。

図 3: スキル グループ スキル ターゲット ID

AvayaSkillMapExtConfig-3.gif

サービス スキル ターゲット ID によってスキル グループ スキル ターゲット ID を見つけて下さい

pim_list_services 出力でサービス スキル ターゲット ID によってスキル グループ スキル ターゲット ID を見つけて下さい。 ステップバイステップ手順は続きます:

  1. procmon pim_list_services コマンドを実行して下さい。

  2. カラム SkillTargetID の下でサービス スキル ターゲット ID を選択して下さい。 指定サービス スキル ターゲット ID は太字のテキストの 7467 です。

  3. procmon pim_list_skill_groups を命じます指定サービス スキル ターゲット ID の同じ行のカラム SerMem の下で対応するスキル グループ数に基づいて実行して下さい。 指定スキル グループ数は赤い太字 の テキストの 66 です。

図 4.に示すように結果を、確認して下さい 太字のテキスト出力される pim_list_servicesls)の 7467 および 66 はそれぞれサービス スキル ターゲット ID および対応するスキル グループ数を表し、pim_list_skill_groupslsg)の太字のテキストは 7399 対応するスキル グループです関連する拡張は設定されることをスキル ターゲット ID が確認する。 この場合、それは 3909 です。

図 4: pim_list_skill_groupspim_list_services およびスキル グループ スキル ターゲット ID のスキル グループ

AvayaSkillMapExtConfig-4.gif

サービス スキル ターゲット ID とスキル グループ スキル ターゲット ID 間の関係

、サービス スキル ターゲット ID - 7467 はスキル グループ スキル ターゲット ID と関連しています- 7399 スキル グループを使用して図 4 参照します- 66。 Service_Member 表の問い合わせによって、結果はスキル グループ スキル ターゲット ID 間の 1 対 1 マップを証明します(7399)およびサービス スキル ターゲット ID (7467)、図 5.に示すように

図 5: Microsoft SQL Service_Member テーブル作成クエリ

/image/gif/paws/43002/AvayaSkillMapExtConfig-5.gif

OPC トレースの拡張

サービスかスキル グループを設定するとき、拡張は Avaya Definity G3 のために設定されなければなりません。 拡張番号は図 6.に示すように「デバイス」として OPC ログに、現われます

図 6: OPC トレースの拡張

AvayaSkillMapExtConfig-6.gif


関連情報


Document ID: 43002