音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity

Cisco Unity での登録者のインポートと作成

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2003 年 6 月 27 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

この文書では、Cisco Unity バージョン 2.4.x、3.x、および 4.x において、Microsoft Exchange や Domino(Cisco Unity 4.x のみ)を使用した登録ユーザの追加やインポートに関する問題のトラブルシューティングの方法について説明します。 さらに、登録ユーザの追加処理やインポート処理の仕組みの概要や、次のような一般的な問題とそのソリューションのリストも記載しています。

  • Cisco Unity System Administrator(SA)による新しい登録ユーザの追加。

  • Cisco Unity SA による Cisco Unity への既存の Exchange ユーザのインポート。

  • Cisco Unity Import ツールによる Cisco Unity への既存の Exchange ユーザのインポート。

  • Cisco Unity Import ツールによる CSV ファイルからの登録ユーザのインポート。

Cisco Unityサブスクライバを作成して下さい

Cisco Unity バージョン 2.4.x 以前では、Exchange 5.5 は音声メッセージのメッセージ や、音声メールの登録ユーザの全設定を保存するためのデータベースを保管するために使用されていました。 カスタム属性 11 Cisco Unityサブスクライバを設定するのに〜 15 および「音声から」開始する未加工プロパティが利用しました。 しかし、これらの未加工プロパティはすべて音声メール サブスクライバを作成して十分ではなかったです。 そのため、音声メールの登録ユーザを作成するには、不足した分の設定を保存するために他のオブジェクトの作成が必要でした。 こういうわけで、サブスクライバが Cisco Unity で作成されるとき、少数の設定はサブスクライバのスキーマの下で入力され、それからそのサブスクライバに関連付けられるコール ハンドラは作成されます。 このプロセスはより多くの設定の作成で Cisco Unity は新しいバージョンより多くの機能が含まれていたと同時に制限されました。 これは Cisco Unity データベースが必要なエクステントへのすべての属性と拡張できるように SQL に移動されるデータベース ストアのための原因です。

SA からユーザを作成し、インポートして下さい

これは SA からユーザを作成し、インポートすることに関連する裏で処理です。

  1. 指定されたメール ユーザのテンプレートと対応するコール ハンドラからコピーが作成され、テンプレートによって提供されるデフォルト情報に組み込まれます(コンタクトのルール、コールの転送など)。 この処理の結果、メール ユーザ オブジェクトと、対応するコール ハンドラが作成されます。

  2. この新しいメール ユーザとコール ハンドラには、最初の作成処理で指定された一意の情報が設定されています(内線番号、エイリアス、姓、名など)。

  3. チェックはすべての固有の情報がディレクトリにまだあっていないことを確かめるために動作します。

  4. SA は DOH (Cisco Unity のデータベース オブジェクト階層層)と通信します。

  5. DOH によってディレクトリとの交渉が行われます。 ディレクトリにユーザが作成されると、一意の ID が DOH に戻され、Cisco Unity バージョン 3.x と 4.x では SQL に書き込まれます。 Cisco Unity バージョン 2.4.x の Exchange 5.5 スキーマでは、サブスクライバがインポートされるとき、DOH はディレクトリとネゴシエートします。 ただし、渡されるべき固有の識別番号を待っているかわりに DOH はインポートする既存のユーザに結合 します。

    注: Cisco Unity 4.x 用のメール ユーザ テンプレートの詳細は、「登録ユーザのテンプレートの設定」で説明されています。 この情報は Cisco Unity 3.x および 2.4.x に非常に類似したです。 正しい Cisco Unity バージョン資料を適用されないなら参照して下さい。

Cisco Unity インポート ツールを使用している既存 の Exchange ユーザを作成またはインポートするのに使用される裏で処理

このプロシージャは Cisco Unity インポート ツールを使用している既存 の Exchange ユーザを作成またはインポートするのに使用される処理を裏で説明します。

  1. 指定されたメール ユーザのテンプレートと対応するコール ハンドラからコピーが作成され、テンプレートによって提供されるデフォルト情報に組み込まれます(コンタクトのルール、コールの転送など)。 この処理の結果、メール ユーザ オブジェクトと、対応するコール ハンドラが作成されます。

  2. この新しいメール ユーザとコール ハンドラには、最初の作成処理で指定された一意の情報が設定されています(内線番号、エイリアス、姓、名など)。

  3. この一意の情報が既にディレクトリ内に存在していないことを確認するために、チェックが実行されます。

  4. Cisco Unity インポート ツールは Cisco Unity バージョン 3.x および 4.x、または Cisco Unity バージョン 2.4.x に Exchange 5.5 スキーマで SQL にすべての情報を直接書きます。

  5. Cisco Unity インポート ツールはディレクトリと SQL の新しい変更を同期するために Sqlsyncsvr を呼出します。

    注: Cisco Unity 4.x 用のメール ユーザ テンプレートの詳細は、「登録ユーザのテンプレートの設定」で説明されています。 この情報は Cisco Unity 3.x および 2.4.x に非常に類似したです。 正しい Cisco Unity バージョン ドキュメントを適用されないなら参照して下さい。

CSV ファイルからユーザのデータをインポートして下さい

CSV ファイルからユーザのデータをインポートするのに使用されるプロシージャが作成サブスクライバ アカウント ドキュメントで見つけることができます。

CSV ヘッダーは Cisco Unity のバージョンによって異なります。 たとえば、Cisco Unity 4.x では、Visual Messaging Interface(VMI)の電子メール アドレスを、Bulk Import ツールにある VMI_TEXT_SMTP_ADDRESS カラムのヘッダーを使用してインポートするためのフィールドがあります。 ただし、この値はバージョン 3.x のツールでは使用できません。 これらは Cisco Unity の各バージョンの CSV ヘッダへのリンクです。

メール ユーザ テンプレートと関連するコール ハンドラ間の関係

この一連のスクリーン ショットは SA で標準デフォルト サブスクライバ テンプレートおよび DOH で位置を示します。

SA のデフォルトの登録ユーザ テンプレート

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/unity/42702-import-create-subscribers-1.gif

DOH でのデフォルト登録ユーザ コール ハンドラの場所

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/unity/42702-import-create-subscribers-2.gif

DOH でのデフォルト メール ユーザ テンプレートの場所

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/unity/42702-import-create-subscribers-3.gif

注: デフォルト メール ユーザ テンプレートのピクチャでは、AVP_CALLHANDLER_OBEJCT_ID は DOH のデフォルト サブスクライバ コール ハンドラ オブジェクトに対応します。 すべてのメール ユーザとメール ユーザ テンプレートには、関連付けられたコール ハンドラがあります。

Cisco Unityサブスクライバにユーザを作成またはインポートする場合の結果

Cisco Unity で音声メール登録ユーザを作成する場合、電子メール アカウントのスキーマに音声メール プロパティを入力するために、Exchange 5.5 の電子メール アカウント、または Exchange 2000 で電子メールが使用できる Active Directory のアカウント(インポートの場合)が使用または作成されます。 また、コール ハンドラ オブジェクトは(Exchange 5.5 オブジェクトとして Cisco Unity バージョン 2.4 の Cisco Unity フォルダの下で作成されるか、またはように Cisco Unity 3.x および 4.x の別の SQL 表のレコード)作成されるそのサブスクライバのために作成されます。 このコール ハンドラはこのサブスクライバに関連付けられ、可聴周波音量のような音声メール プロパティがの他を、等含まれています。

登録ユーザ問題の作成およびインポートに関する一般的なトラブルシューティングのヒント

Cisco Unity にユーザを作成し、インポートすることで起こる多くの要素があります。 登録ユーザの作成やインポートに際して問題が発生した場合には、Cisco Unity でのユーザの作成やインポートの処理で失敗したこと、あるいは誤ったことに焦点を当てることをお勧めします。

ツール/インポート作成するためにサブスクライバ使用します

  • 異なるツールを試してみます。

  • /インポート作成するためにサブスクライバ使用するツールの 1 つまたは両方が失敗した場合エラーメッセージをアプリケーション イベントログで捜して下さい。

  • サブスクライバをインポートするとき問題を狭めるために、ユーザを単一性 SA によっておよびまた Cisco Unity インポート ツールの使用と Cisco Unity にインポートすることをテストすることが得策です。 この方法によって、問題が SA に関連するものか、Import ツールに関連するものか、あるいは特定のツールではなく、登録ユーザのインポートに使用しているシステム規模の問題であるかどうかを確認できます。 サブスクライバの作成に関する詳細については、サブスクライバ アカウントの作成を参照して下さい。

  • また Cisco Unity 管理者 ドキュメントのアクセスからの Cisco Unity を管理するのに使用できるアカウントについて参照して下さい。

ディレクトリへのアクセス

  • Cisco Unity 用のディレクトリ サービス アカウントの権限 - システムに実装している特定の Cisco Unity のバージョンやメッセージ ストアについて、Permissions Wizard を実行することをお勧めします。 ディレクトリ サービス アカウントは AVDSAD および AvDsGlobalCatalog がように実行するアカウントです。 Exchange 2000 を使用している場合は、インポートしようとしているすべての登録ユーザが含まれる共通の OU の下で、正しい権限を保持している必要があります。 これはディレクトリの Exchange 2000 のスコープのセクションに記述されます。

  • Cisco Unity の管理に使用するアカウントのための権限または設定:「Cisco Unity 4.0 システム管理ガイド」の「Cisco Unity の管理に使用するアカウントについて」を参照してください。 他の Cisco Unity とメッセージ ストアの組み合わせについても、同じマニュアルが対応しています。

  • Domino では、これらの権限を必要とします:

    • ドメイン ディレクトリ データベースの場合、names.nsf ファイルに対して、文書の削除権限を伴う編集者である必要があります。 これらの権限をチェックするために、Domino サーバに、起動し、マネージャ アクセスがあるクリックしますファイルを行って下さい ID を用いる Domino のための管理者 プログラムを name.nsf を選択し、それを右クリックし、ManageACL を選択して下さい これと同じような画面は現われます。

      http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/unity/42702-import-create-subscribers-4.gif

    • 管理プロセスでは、Admin4.nsf に対する編集者の権限が必要です。 Domino サーバからのこれらの権限を、チェックすることはマネージャ アクセスがある起動し、ファイルをクリックします ID を用いる Domino のための管理者 プログラムを。 Admin4.nsf を選択して右クリックし、Manage ACL を選択します。 これと同じような画面は現われます。

      http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/unity/42702-import-create-subscribers-5.gif

  • アクティブ ディレクトリの複製変更は 15 分程複製が強制だった後でさえもかかることができます。 複製に問題があるとき、ドメインコントローラを指す Cisco Unity レジストリが正しいことを確認して下さい。

    • Cisco Unity システムが接続される E2K である場合 HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\ActiveVoice\DirectoryConnectors\DirSynchAD\1.00\Domains\{your ドメインが} \ DefaultDomainController キー正しく設定 され、有効な DC の方に指すことを確認して下さい。

    • Exchange 5.5 との Cisco Unity 3.x および それ以降に関しては、設定のための HKLM \ソフトウェア\ ActiveVoice\ディレクトリ Connectors\AvDirMonExchange55\1.0 キーおよびサブ キー 検知 して下さい。

    • Cisco Unity 2.4.x にはディレクトリ コネクタがありません。 インポートされるべき Cisco Unity データベースおよび可能性のある サブスクライバは Exchange 5.5 からのキャッシュで保存されます。 (この場合、トラブルシューティングは Exchange 5.5 と認証に重点を置く必要があります。) HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\ActiveVoice\Dalex\1.00\ レジストリを解決し、このレジストリの値が正しいことを確かめて下さい。 完全なドメイン 情報は\サーバ\ルートの下に DefaultDomainController レジストリ フォルダの値を持つはずですあります。

    • シナリオ 4 をチェックして下さい: 「An unrecognized Error has Occurred」エラーの発生

Cisco Unity に必要な要素/インポート ユーザ作成するため

Cisco Unityサブスクライバをインポートまたは作成する問題がある場合サブスクライバがインポート可能であることをこれらの項目を確認して下さい。

  • 「ユーザ テンプレート」をチェックします。

  • インポートするために、ユーザは 1.に設定 される未加工プロパティ「割り当て豊富なテキスト」が付いている Exchange 5.5 の電子メール アカウントがなければなりません または、ユーザは Exchange 2000 で有効に なる電子メールがあるアクティブ ディレクトリがある場合があります。 Domino の場合には、Cisco Unity に Domino からしかユーザをインポートできません。 したがって、ユーザは Domino サーバに電子メール アカウントを持っている必要があります。 サブスクライバをインポートできるためにこのサブスクライバは他のどの Cisco Unity にも属することができません。 サブスクライバはスキーマで既に Cisco Unity プロパティがあっている場合、Cisco Unity はこのサブスクライバを管理できません。 これがケースである場合きれい Cisco Unity Properties からのサブスクライバを参照して下さい。 それをインポートすることを試みること試みているインポートすることをサブスクライバは Cisco Unity プロパティが毎回あったらかどうか確認して下さい。 サブスクライバをインポートすることはそれらのプロパティがそこにある場合はたらきません。

  • /Cisco Unityサブスクライバを作成するインポートがこのプロセスの真中で失敗した場合、Cisco Unity は既に Cisco Unity SQL データベースのそのサブスクライバのための 2 つのレコードを作成してしまいました。 登録ユーザを再度インポートできるようにするには、これら 2 つのレコードを手作業で削除する必要があります。

  • 何人かのユーザをインポートすることができない場合サブスクライバのプロパティを削除する必要があるかもしれません。 次の手順を実行します。

    1. C:\CommServer\Utilities\RemoveSubscriberProperties に行って下さい。

    2. RemoveSubscribersProperties ツールを開いて下さい。

    3. 問題があるユーザを捜して下さい。

    4. ユーザを右クリックし、『Remove Subscriber Properties』 を選択 して下さい。 このオプションはサブスクライバに properities がない場合選択不可能になります。

      注: Cisco Unity を確認すればアクティブ ディレクトリは synchornized。 そうでなかったら、再同期化するために DOHProp テストを使用して下さい。

    プロパティが削除されれば、Exchange を使用しているサブスクライバをインポートできるはずです。

アカウントのインポートまたは作成に使用されるディレクトリのスコープ

Cisco Unity ユーザを Exchange 5.5 からインポートする場合のスコープ

既存の Exchange 5.5 サーバからユーザをインポートすることを試みる時 Cisco Unity はインストールされていることサイトに住むユーザだけが Cisco Unity Import ユーティリティを提供されます。

説明

Cisco Unity はインストールされていることサイトのメンバーではない Exchange サーバからユーザをインポートすることを禁止しています。 サイト コネクタを通して接続される Exchange サーバは Unity アーキテクチャが理由でアクセスが不可能です。 これは正常な動作です。 設計上の理由により、サイト内のすべての Exchange サーバは remote-procedure call(RPC; リモート プロシージャ コール)を使用して通信しています。この通信方法は、異なるサイトにある Exchange が相互通信を行うために使用している Simple Mail Transfer Protocol(SMTP; シンプル メール転送プロトコル)よりも高速です。 Cisco Unity が電話を介して音声メールにアクセスする場合には、音声メッセージにアクセスし、電話を介して再生するために、Messaging Application Programmer Interface(MAPI)による RPC 接続を作成する必要があります。

Advance Setting ツールを使用すると、Exchange 5.5 のサイト内のスコープを変更できます。このツールは、Cisco Unity Tools のサイトからダウンロードできます。

高度ツールから、この出力に示すように受信者コンテナーの代りにサイトにディレクトリ スコープを設定 して下さい:

HKLM\Software\Active Voice\DALex\1.0\MailUsers\

STRING: Root

デフォルトで、このキーによっては cn=recipients のように何かが見えます; ou=<Site Name>; o=<Organization Name>cn=recipients を取除けば; 最初から、それは受信者コンテナーから開始するかわりにシステムのユーザ向けに最高 レベルからのサブスクライバを捜し始めます。 この処理は、さまざまな受信者コンテナをその受信者コンテナに対する「ピア」とし、受信者コンテナの下には配置しないように選択したサイトに対して行われます。 この処理により、問題を回避することができます。 パフォーマンスへの影響はわずかなものです。

Exchange 2000 から Cisco Unity ユーザをインポートするためのスコープ

既存の Exchange 2000 サーバからユーザをインポートすることを試みるときサブスクライバが住むだろう OU の他に入り込む行っているよくある OU の適切な権限および権限があることを考慮する必要があります(ドメインまで。徹底的にやることができます)。

説明

サイト Cisco Unity Tools にある Permissions Wizard を使用すると、アカウントに対応しているディレクトリに、選択したルート コンテナ全体からユーザをインポートするために必要な権限が与えられます。 ただし、検索範囲の開始点は、引き続き設定する必要があります。 この処理を行うには、DOHPropTest で AV Monitor > Mail_User_Search_Root の設定を変更し、ドメイン、または他の OU をネストする共通 OU をポイントするようにします。 それはまたレジストリによって ROOT と指名されるレジストリキーの変更によってドメインまたは cn= <a 異なる OU> を指したいと思う場合空になるためにすることができます。

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/unity/42702-import-create-subscribers-6.gif

Exchange 2000 と Exchange 5.5 の混在環境から Cisco Unity ユーザをインポートする場合のスコープ

Exchange の異なるバージョンが付いている混在環境では、Cisco Unity は Exchange 2000 サーバの 1 つを指し、サブスクライバのインポートまたは作成は指す Exchange 2000 サーバによって処理されます。 スコープは Exchange 2000 環境として処理されます。

Domino 環境で Cisco Unity ユーザをインポートする場合のスコープ

Domino 環境では、Cisco Unity は Domino サーバをポイントします。インポートの元となるディレクトリは 1 つだけです。

Cisco Unity Properties からサブスクライバを取除いて下さい

登録ユーザをインポートするには、Cisco Unity 登録ユーザを Cisco Unity 登録ユーザであるとタグ付けしているプロパティが、誤って存在していないか確認してください。 たとえば、Cisco Unity サーバがネットワークからきちんとそれをアンインストールしないで取除かれれば、このユーザはまだユニティ サブスクライバとして「タグ付けされて」、Cisco Unity のそれに続くインストールはサブスクライバとしてそのユーザを再度インポートすることができません。 サイトからの Cisco Unity をアンインストールするために、Cisco Unity ツール サイトに説明があるアンインストール プロシージャを使用する必要があります。 もう一つの例はサブスクライバをインポートすることを試みる問題があり、サブスクライバがただ中途半端に作成されれば場合です。 これは問題が発生する場合があるときあります。 このようなプロパティは、Cisco Unity(SA)の Administration ページで Delete をクリックするとデフォルトで削除されます。

注: Cisco Unity Uninstall ユーティリティを実行する方法の情報に関しては Uninstall ユーティリティを読みます私をユニティ ソフトウェアと関連付けられるファイル参照して下さい。 Cisco Unity の再フォーマットと再インストールを行うとしても、Cisco Unity はサイトからアンインストールされず、音声メール ユーザのプロパティなどのプロパティはスキーマに残ります。 このような場合は、これらのプロパティを持つユーザを新規または現在の Cisco Unity にインポートする前に削除しておく必要があります。

Cisco Unity ソフトウェアを再インストールする場合、Uninstall ユーティリティの実行は忘れられがちです。 Uninstall ユーティリティでは、他の項目の削除と同時に、Cisco Unity によって Unity の登録ユーザを作成するために Exchange の登録ユーザに対して設定されたカスタム プロパティも削除されます。 Unity の再インストール(既存の Unity ソフトウェアとその登録ユーザを置き換えるため)の前にこのユーティリティが実行されていないと、最も新しくインストールされた Cisco Unity ソフトウェアによって既存の登録ユーザの管理または再インポートができなくなります。これは、これらの登録ユーザに、置き換えられた Unity ソフトウェアをポイントするカスタム プロパティが残っているためです。 この説明は、あらゆるバージョンの Exchange または Cisco Unity 4.x の Domino と一緒に動作する Cisco Unity の全バージョンに該当します。

上記の症状が生じた後で、この問題を確認する最も簡単な方法の 1 つは、処理に失敗した登録ユーザのカスタム プロパティを調べることです。

  • Cisco Unity 3.0 以降の場合:

    • adsiedit.msc(Exchange 2000)または raw モードでの Exchange Admin(Exchange 5.5)のいずれかを使用して、ユーザにロケーション オブジェクト ID の値が設定されていることを確認します。

      1. Domino の場合は、Domino サーバにアクセスします。

      2. Start > Programs > Lotus Application > Lotus Administrator の順に選択して、Domino の Administrator ツールを起動します。

      3. People and Groups タブを選択し、People をクリックします。

      4. Subscriber を選択します。

      5. File メニューで Document Properties をクリックします。

      Fields タブに、AVP_ で始まる Cisco Unity のプロパティが次の画面のように表示されるのが分かります。

      http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/unity/42702-import-create-subscribers-7.gif

  • Cisco Unity バージョン 2.4.6 以降:

    • Exchange Admin を raw モードで使用して(Exchange 5.5)、ユーザのカスタム プロパティ 11 から 15 と、Voice で始まるすべての raw プロパティに値が設定されていることを確認します。

解決策

この問題のソリューションは、Cisco Unity の以前のインストールから残っている古い Cisco Unity プロパティを登録ユーザからすべて削除し、Exchange の登録ユーザだけを残すことです。 メッセージは、各 Exchange 登録ユーザの受信ボックスに保存されます。 これらの登録ユーザは、Cisco Unity で再作成されます。 これらの登録ユーザの設定やグリーティングもすべて再作成され、そのまま維持されることはありません。

注意 注意: 影響を受けたサブスクライバのためのプロパティを削除するための手順は下記です。 これらの手順を正しく守らないと、データやメッセージが損失する場合があります。 これらの処理に慣れるまでは、テスト用のシステムで試してみてください。

Exchange 2000 および Active Directory に接続されている Cisco Unity バージョン 3.x 以降

Cisco Unity のアトリビュートを Exchange 2000 のアカウントから削除するには、2 つの方法があります。 まず最初に、可能であれば「Remove Subscriber Properties」ユーティリティから試すようにしてください。 このユーティリティの使用に問題がある場合にだけ、ADSIEdit ユーティリティを使用してください。

登録ユーザのプロパティの削除

登録ユーザのプロパティを削除するには、次の手順に従ってください。

  1. ドメイン 管理権限があるユーザアカウントの Cisco Unity サーバにログオンして下さい。

  2. Remove Subscriber Properties ユーティリティを Cisco Unity サーバのデスクトップにある Tools Depot から起動します。 またフォルダ <drive> を使用できます: \ COM ポート\ユーティリティ\ RemoveSubscriberProperties \ RemoveSubscriberProperties.exe (Cドライブで Cisco Unity をインストールしました仮定する)。

  3. ユーザが入っているコンテナを強調表示します(たとえば、C)。

  4. 右側のペインで、インポートの際に問題のあったユーザを選択します(このユーザに関連付けられている LocationId を確認してください)。

  5. 右クリックして Remove Subscriber Properties を選択します。

  6. Yes をクリックして削除を確認します。

    今このサブスクライバに関連付けられる LocationId がないはずで、このサブスクライバは Cisco Unityサブスクライバにインポートされて現在利用できます。 それでも存在 する LocationId にそれから Cisco Unity サーバにログオンされるユーザ十分な特権がなければ。 異なるユーザーと、できればドメイン管理者試みて下さい。

    http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/unity/42702-import-create-subscribers-8.gif

ADSIEdit ユーティリティ

次の手順に従ってください。

  1. ADSIEdit ユーティリティが Cisco Unity システムにインストールされていることを確認してください。

    Cisco Unity 3.0x の場合(ADSIEdit ユーティリティは Windows 2000 Server の CD に含まれています):

    1. へ ADSIEdit ユーティリティをシステムでインストールするために、<CD drive> にある Windows 2000 CD からサポートツールをインストールして下さい: \サポート\ツール\ setup.exe。

    2. adsiedit.exe と adsiedit.dll を Cisco Unity のシステムにあるフォルダにコピーします。 フォルダは c:\adsiedit\ と名付ける必要があります

    3. c:\winnt\system32 コマンド プロンプトの後で regsvr32.exe c:\adsi\adsiedit.dll を実行することによって adsiedit.dll を登録して下さい。

    Cisco Unity バージョン 3.1 および それ 以上に関しては、ADSIEdit ユーティリティはフォルダ c:\CommServer\TechTools の下の Cisco Unity システムに含まれています(C で Cisco Unity をインストールしました仮定する: ドライブ)。

    コマンド プロンプトで次のコマンドを入力し、ADSIEdit.dll をインストールします。

    C:\winnt\system32\regsvr32 c:\commserver\techtools\adsiedit.dll
    

    次のような応答のウィンドウが表示されます。

    DllRegiserServer in c:\commserver\techtools\adsiedit.dll succeeded
  2. ADSIEdit がインストールされていたら、それを開き、OKFOR を押すために adsiedit.msc を有効なユーザ名およびパスワード ダブルクリックして下さい。

  3. フォルダを開いて、ユーザの場所を探します。

    ユーザはおそらく Domain NC [...] >...> CN=Users の場所にあると思われます。

  4. 以前の Cisco Unity のデータベースから削除したい登録ユーザを選択します。

    登録ユーザは、CN=1st Name Last Name のように表示されています。

  5. 選択した登録ユーザを右クリックし、Properties を選択します。

  6. Select which properties を Optional に設定します。

    1. Select which Property to View のリストから、ciscoEcsbuUMLocationObjectId を選択します。

    2. Clear ボタンをクリックします。

      not set の値がグレーで表示されます。

  7. Apply をクリックして、この登録ユーザの Properties ウィンドウを閉じます。

  8. Domain NC [...] フォルダに戻ります。

  9. このフォルダを右クリックして、Update Schema Now を選択します。

  10. ドメイン NC はを再度右クリックして下さい[…] フォルダは『Refresh』 を選択 し。

    以上で、この Exchange 登録ユーザを新しい Cisco Unity ソフトウェアにインポートできるようになります。

Exchange 5.5 に接続されている Cisco Unity バージョン 3.x 以降

次の手順に従ってください。

  1. Exchange Administrator を raw モードで開きます。Start > Run の順に選択して、Browse ボタンをクリックします。

  2. Exchange がインストールされているドライブを開き、さらに bin ディレクトリを開いて、admin.exe を選択します。

  3. 完全なパスに\ビン\ admin.exe 開くために『Open』 をクリック して下さい。

  4. スペース と -r をテキスト行の最後に追加します。

    … \ビン\ admin.exe – r

  5. Exchange でサイトの Recipients コンテナにアクセスし、対象となる登録ユーザを選択します。

  6. File > Raw Properties を選択します。

    スキーマをロードすると、Raw Properties ウィンドウが表示されます。

  7. List Attributes で Existing を選択します。

  8. Custom Attribute 12 を選択し、フィールドが空になるまで Remove をクリックします。

    注: Edit 値および属性値は薄暗くなります。 アトリビュート値が空になるまで Remove をクリックします。

  9. Custom Attribute 14 と Voice-Mail-UserID に対して ステップ 8 を繰り返します。

  10. アトリビュート「Allow rich text」が 1 に設定されているようにします。

  11. 複製の後で、このサブスクライバは Cisco Unityサブスクライバにインポートされて利用できます。

    注: 技術的には、Attribute 12 を削除するだけですみますが、Attribute 14 の削除は Cisco Bug ID CSCdu80561(登録ユーザのみ)の回避策になります。

Cisco Unity 2.x

次の手順に従ってください。

  1. Exchange Administrator を raw モードで開きます。Start > Run の順に選択して、Browse ボタンをクリックします。

  2. Exchange がインストールされているドライブを開き、さらに bin ディレクトリを開いて、admin.exe を選択します。

  3. 完全なパスに\ビン\ admin.exe 開くために『Open』 をクリック して下さい。

  4. スペース と -r をテキスト行の最後に追加します。

    たとえば、… \ビン\ admin.exe – r

  5. Exchange でサイトの Recipients コンテナにアクセスし、対象となる登録ユーザを選択します。

  6. File > Raw Properties を選択します。

    スキーマをロードすると、Raw Properties ウィンドウが表示されます。

  7. List Attributes で Existing を選択します。

  8. Custom Attribute 12 を選択し、フィールドが空になるまで Remove をクリックします。

    注: Edit 値および属性値は薄暗くなります。 アトリビュート値が空になるまで Remove をクリックします。

  9. 次のアトリビュートに対してステップ 8 を繰り返します。

    • Custom Attribute 13

    • カスタム属性 14

    • カスタム属性 15

    • Extension-Name-Inherited

    • Voice-Mail-Flags

    • Voice-Mail-Greetings

    • Voice-Mail-Password

    • Voice-Mail-RecordingLength

    • Voice-Mail-Speed

    • Voice-Mail-SystemGUID

    • Voice-Mail-UserID

    • Voice-Mail-Volume

  10. アトリビュート「Allow rich text」が 1 に設定されているようにします。

    繰り返し作業が終了すれば、この登録ユーザは Cisco Unity の登録ユーザにインポートできるようになります。

Domino と Cisco Unity 4.x サブスクライバから Cisco Unity Properties を取除いて下さい

ユーザを新規にインストールされた Cisco Unity に再度インポートする前に、プロパティのユーザ メモを削除しなくてはならない場合があります。 この処理を行うには、この操作を行えるエージェントをインストールする必要があります。 Misc Unity Design Elements.NTF テンプレートには、この処理を実行するための「Mark Subscriber Not Imported in Unity」という名前のエージェントが含まれています。 このエージェントをインストールするには、Domino サーバに Lotus Designer がインストールされていることが必要です。

Domino を使用して Cisco Unity 4.x の登録ユーザから Cisco Unity のプロパティを削除するには、次の手順に従ってください。

  1. Cisco Unity が接続されている Domino サーバ上で Lotus Designer Application を起動し、File > Database > Open の順に選択して、パブリックの names.nsf ファイルを Domino サーバから開きます。

  2. http://www.ciscounitytools.com/Applications/RemoveUnityPropertiesFromNotes.exe からダウンロードを行います。

    http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/unity/42702-import-create-subscribers-9.gif

  3. アドレス帳が開いたら、テンプレート ファイル Misc Unity Design Elements.NTF を開きます。

    http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/unity/42702-import-create-subscribers-10.gif

  4. ファイルを右クリックして Copy を選択し、このテンプレート ファイルらエージェントをコピーします。

    http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/unity/42702-import-create-subscribers-11.gif

  5. このエージェントを names.nsf エージェントのセクションにペーストします。

    http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/unity/42702-import-create-subscribers-12.gif

    以上により、新しいエージェントがリストに加わりました。

    http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/unity/42702-import-create-subscribers-13.gif

  6. エージェントがコピーされると、次に示すように、Domino Administration ツールの Actions ドロップダウン メニューに「Mark Subscriber Not Imported in Unity」という新しいメニュー アイテムが表示されます。

    http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/unity/42702-import-create-subscribers-14.gif

    ここでアドレス帳にある任意のユーザを選択して、その Cisco Unity のプロパティを削除することができます。 ただし、Unity サーバで有効な登録ユーザの Cisco Unity プロパティを削除してしまうと、その登録ユーザの再インポートと再構築を最初から行う必要があるため、十分に注意してください。

あらゆるストア メッセージとの Cisco Unity 3.x および それ以降のための Cisco Unity データベースのサブスクライバ レコードを削除して下さい

Cisco Unity で登録ユーザの作成を始めると、SQL データベースに 2 つのレコードが入力されます。 Cisco Unity で登録ユーザの作成やインポートに途中で失敗すると、これらの 2 つのレコードはそのまま残され、音声メール ボックスにアクセスできないなどの問題を引き起こします。 削除も失敗します。 さらに、同じ内線番号を持つ登録ユーザを作成またはインポートしようとすると、同一の内線番号が既に Cisco Unity のデータベースに存在するというエラーが発生します。 残念なことに、Cisco Unity Tools のページにある Directory Walker では、これらのレコードの修復または削除を行えません。 この作業は手作業で行う必要があります。

注: Unity System Administrator ページかからユーザ削除されるだれを見つける方法がありません。

次の手順に従って、SQL から登録ユーザレコードを削除してください。

  1. Unity サーバで、Start > Programs > Microsoft SQL Server > Enterprise Manager の順に選択します。 (MSDE があり、Enterprise Manager がインストールされていない場合は、「Cisco Unity 3.1.5 インストール ガイド」の説明にしたがって、Enterprise Manager をインストールしてください。)

  2. Subscribers と Callhandlers のテーブルが見つかるまで、Database を拡張します。

  3. 次の画面で示すように、Callhandlers テーブルを右クリックし、Open Table > Query の順に選択します。

    http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/unity/42702-import-create-subscribers-15.gif

  4. クエリーを設定し(次の図を参照)、Cisco Unity の SQL データベースから削除する登録ユーザを検索します。

    次の例では、DTMF 99999 という登録ユーザを検索します。

    http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/unity/42702-import-create-subscribers-16.gif

  5. レコード全体を選択し、キーボードの Delete キーを押します。

  6. サブスクライバ 表のためのステップ 3 〜 5 を繰り返して下さい。

シナリオとソリューション

この項では、Cisco Unity に新しい登録ユーザを追加またはインポートする際に、最も一般的に見られる問題の例とそのソリューションについて説明します。 問題の症状が以下に挙げるシナリオに該当しない場合は、一般的なトラブルシューティング手順に従ってできるだけ多くの情報を収集し、その情報とイベント ログ中のエラー メッセージとの関連を調べてみてください。

エラーの受信: Cisco Unity の登録ユーザを新規に追加またはインポートしようとしたときに、「An Unrecognized Error has Occurred」エラーが発生

新しい登録ユーザを追加する際に最も一般的に発生するエラーは、「An Unrecognized Error has occurred」というものです。

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/unity/42702-import-create-subscribers-17.gif

Cisco Unity 4.x では、このエラーのバリエーションとして、16 進数のエラー コードを含むさまざまな種類のエラーが発生します(発生する 16 進数は変化することがあります。下の画面の図は単なる例であるため、この数値と一致する必要はありません)。

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/unity/42702-import-create-subscribers-18.gif

より正確なエラー説明文が報告されるよう現在改良中ですが、現時点ではこのエラーが最も一般的に発生します。 以下の項では、このエラーの様々な原因のシナリオとソリューションについて説明します。

「An Unrecognized Error has Occurred」エラーの発生 - シナリオ 1

問題

新しい登録ユーザを SA を使用して追加またはインポートしようとしたときに、「An Unrecognized Error has occurred」エラーが発生します。 このエラーの後には、「The new subscriber was not successfully added」エラーが続く場合が一般的です。

ソリューション(Cisco Unity 3.x および 4.x の場合)

SA がアクセスしようとしたデフォルトのオブジェクトがデータベース上に存在していません。

  1. DOH をチェックして、次のオブジェクトが存在するようにしてください。

    見つからないとされるオブジェクトのうち、最も一般的なものを次に示します。 他の問題が原因となっている可能性にも注意してください。

    • インポートしようとしたときの MailUser Template(デフォルトの登録ユーザなど)。

      http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/unity/42702-import-create-subscribers-19.gif

    • MailUser テンプレートで、avp_callhandler_object_id に有効なコール ハンドラが含まれていることを確認します。

      http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/unity/42702-import-create-subscribers-20.gif

    • avp_administrator_object_id で指定されている CallHandler オブジェクトは、CallHandlers にあります。

      http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/unity/42702-import-create-subscribers-21.gif

  2. これらのプロパティのうちのどれかが抜けている場合、この資料の修理既定のオブジェクト セクションを参照して下さい。

「An Unrecognized Error has Occurred」エラーの発生 - シナリオ 2

問題

新しい サブスクライバを追加するか、または SA によって新しい サブスクライバをインポートすることを試みた場合受け取ります「認識されない エラーを発生しました」。 エラー。 これは「新しい サブスクライバに一般に先行させています追加に成功しませんでした」。 エラー。

ソリューション(Cisco Unity 2.x、3.x、および 4.x の場合)

次の手順に従ってください。

Windows 2000 の場合は、Local Security Settings のツリーから、Account Policies > Password Policy の順にクリックして、Passwords must meet complexity requirements の設定をディセーブルにします。

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/unity/42702-import-create-subscribers-22.gif

この操作が必要なのは、Cisco Unity によって新しい登録ユーザが作成される場合に、そのユーザに対して新しいユーザ アカウントも作成されるためです。 デフォルトで、それは 12345678 に新しいアカウントパスワードを設定 します。 Windows 2000 でこの「complexity requirements」がチェックされていると、Cisco Unity で 12345678 のような簡単なパスワードを使用するユーザを追加することがこのオペレーティング システムによって許可されず、処理が失敗します。

注: この変更は Cisco Unity の設定に応じて、ドメイン コントローラ上で行います。

Exchange の登録ユーザをインポートするときに、SA のドメイン名フィールドまたは Exchange サーバ リストが空 - シナリオ 3

問題

この文書のこの項では、Exchange の登録ユーザを System Attendant から Cisco Unity へインポートしようとしたときに、インポートする登録ユーザを選択するためのドメイン名フィールドが空だった場合に発生する問題の修正方法について説明します。 Cisco Unity のレジストリにある Default Global Catalog の設定は動的ではありません。 このことは、ユーザがネットワーク上でのグローバル カタログ サーバの役割を変更(グローバル カタログ サーバの役割を解除)した場合、あるいはグローバル カタログ サーバが使用不可能になった(グローバル カタログ が他のサーバに置き換わったり、グローバル カタログ サーバの名前が変更されたなど)場合には、Exchange の登録ユーザを System Attendant から Cisco Unity にインポートする機能が影響を受けることを意味しています。 Cisco Unity は起動および実行中で、通常のようにコールを受け入れていますが、ドメイン名フィールドが空、または登録ユーザをインポートするための Exchange サーバのリストが空であるために、登録ユーザのインポートが行えません。

詳細は、Cisco Bug ID CSCdw14838(登録済みユーザのみ)を参照してください。これはグローバル カタログ サーバが移動したときに、GC モニタが変更のモニタに失敗するというものです。

解決策

このソリューションは、Windows 2000 のドメインにおける Windows 2000 Box と Exchange 2000 の組み合わせ(On および Off Box)環境での、Cisco Unity 3.x と 4.x に適用できます。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 対象のネットワークが実稼働中である場合には、どのような作業についても、その潜在的な影響について確実に理解しておく必要があります。

変更を手作業で行うには、レジストリを変更します。 HKLM/ Software/Active Voice/DirectoryConnectors/DirSynchGlobalCatalog/1.00/Directory キーを開きます。 DefaultGlobalCatalogServer というキーがあるのが分かります。 このキーを変更して、新しいグローバル カタログ サーバをポイントするようにし、「mycomputer.mydomain.com」のような完全修飾ドメイン名を入力します

この設定を変更するには、次のステップを実行してください。

  1. Regedit を開始します。

    注意 注意: 誤ったレジストリ キーの変更や入力値の誤りは、サーバの誤動作の原因になります。 レジストリを編集する前に、問題が起きたときに復元する方法を確認してください。 「Registry Editor」のヘルプにある「Restoring」のトピックを参照してください。

    注: 通常、Cisco Unity サーバのバックアップでは、レジストリのバックアップは実行されません。 また、Cisco Unity のフェールオーバーに関して、1 台の Cisco Unity サーバ上でレジストリを変更した場合は、他の Cisco Unity サーバにも手動で変更を加える必要があります。これは、レジストリの変更が複製されないためです。 レジストリ キーの設定変更に関する質問があれば、Cisco テクニカル サポートに連絡してください。

  2. 現在のレジストリをバックアップしていない場合は、Registry > Export Registry File を選択し、レジストリ設定をファイルに保管します。

  3. キー HKLM \ソフトウェア\アクティブ Voice\DirectoryConnectors\DirSynchGlobalCatalog\1.00\Directory を拡張して下さい。

  4. DefaultGlobalCatalogServer キーを変更して、新しいグローバル カタログ サーバをポイントするようにし、「mycomputer.mydomain.com」のような完全修飾ドメイン名を入力します。

    注: Cisco Unity システムを再起動する必要はありません。

上記のレジストリがポイントしているサーバがグローバル カタログ サーバであることを確認するには、次の手順を実行してください。

  1. いずれかのドメインで、Start > Programs > Administrative Tools の順に選択し、Active Directory Sites and Services をクリックして、Active Directory Sites and Services スナップインを起動します。

  2. コンソール ツリーで、Sites をダブルクリックし、次に Sitename をダブルクリックします。

  3. Servers をダブルクリックし、Cisco Unity サーバのレジストリの Default Global Catalog の値に対応するドメイン コントローラをクリックします。

  4. NTDS Settings を右クリックして Properties を選択します。

  5. General タブで、Global Catalog チェック ボックスをチェックして、このサーバにグローバル カタログの役割を割り当てるかどうかを決定します。

    注: デフォルトで、Windows 2000 は各 Active Directory (AD)フォレストに最初のドメインコントローラだけにグローバル カタログを置きます。 グローバル カタログを元のドメイン コントローラから削除する前に、アカウントとスキーマ情報が新しいグローバル カタログ サーバへと複製されるのに十分な時間を与えてください。

    注: イベント 1119 はこのときコンピュータはグローバル カタログ サーバとしてアドバタイジング自体であることを示す説明を含むディレクトリ サービス ログイン イベント ビューア ログオンされるかもしれません。 1 人のドメインコントローラだけが付いている Windows 2000 ドメインでは、一般的にグローバル カタログのロールを割り当て、オペレーションはマスターします(別名 Flexible Single-master Operations (FSMO)) 同じドメインコントローラへ。 ただし、複数のドメイン コントローラがあるドメイン、特にフォレスト内に複数のドメインがある場合には、役割を割り当てる前にこの役割の配置を考慮することが重要になります。

「An Unrecognized Error has Occurred」エラーの発生 - シナリオ 4

問題

新しい サブスクライバを追加するか、または SA によって新しい サブスクライバをインポートすることを試みた場合認識されない エラーを持っています発生した 0x8007200F を受け取ります の後に表示されます。 これは「新しい サブスクライバに一般に先行させています追加に成功しませんでした」。 エラー。

ソリューション(Cisco Unity 3.x および 4.x の場合)

Cisco Unity のレジストリ設定が誤ったドメイン コントローラをポイントしています。 次のキーが正しく設定されていて、有効なドメイン コントローラをポイントしていることを確認してください。

  • HKEY_LOCAL_MACHINE \ソフトウェア\ ActiveVoice \ DirectoryConnectors \DirSynchAD\1.00\Domains\{your ドメイン} \ DefaultDomainController

ソリューション(Cisco Unity 2.4x の場合)

Cisco Unity のレジストリ設定が誤ったドメイン コントローラをポイントしています。 次のキーが正しく設定されていて、有効なドメイン コントローラをポイントしていることを確認してください。また、Cisco Unity がインストールされ、接続が試みられている間に、このドメイン コントローラのアップグレードや移動が行われていないことを確認してください。

  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\ActiveVoice\Dalex\1.00\

ドメイン 情報すべてはレジストリ フォルダ\サーバ\ルートの下にあり、DefaultDomainController の値を持つはずです。

詳細については、一般的 な トラブルシューティング ステップの下でディレクトリへのアクセスに関する/この資料のサブスクライバ問題セクションをインポートするあるように General Troubleshooting セクションを作成が確認して下さい。

「An Unrecognized Error has Occurred」エラーの発生 - シナリオ 5

問題

新しい サブスクライバを追加するか、または SA によって新しい サブスクライバをインポートすることを試みた場合受け取ります「認識されない エラーを発生しました」。 エラー。 これは「新しい サブスクライバに一般に先行させています追加に成功しませんでした」。 エラー。

ソリューション(Cisco Unity 3.x および 4.x の場合)

登録ユーザのインポートのためのスコープに応じて、Active Directory にある USERS コンテナか、インポート元となるコンテナで Permissions Wizard ツール を実行します。 Active Directory で権限が正しく設定されていない原因はいくつかあります。 一般的には、Permissions Wizard を USERS コンテナで実行します。USERS コンテナ以外のコンテナにユーザが保存されている場合は、ユーティリティを実行するときに Permissions Wizard を、そのコンテナに対してポイントします。 Permissions Wizard の概要は、Cisco Unity Tools のページで説明されています。 またドライブレターに Cisco Unity サーバにあるヘルプ ファイルがあります: \ COM ポート\ユーティリティ\ PermissionsWizard。 また、AvDSAD および AvDSGlobal カタログ サービスを再開して下さい。

「An Unrecognized Error has Occurred」エラーの発生 - シナリオ 6

問題

新しい サブスクライバを追加するか、または SA によって新しい サブスクライバをインポートすることを試みた場合受け取ります「認識されない エラーを発生しました」。 エラー。 これは「新しい サブスクライバに一般に先行させています追加に成功しませんでした」。 エラー。

ソリューション(Cisco Unity 3.x および 4.x の場合)

AvDSAD と AvGlobalCatalog サービスに関連付けられているアカウントに、十分な権限がありません。 これを修正するには、次の手順に従ってください。

  1. これらのサービスに関連付けられているアカウントを確認します。

    http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/unity/42702-import-create-subscribers-23.gif

  2. Permissions Wizard を実行し、ステップ 1 で確認したアカウントを選択します。

    Permissions Wizard の概要は、Cisco Unity Tools のページで説明されています。 またドライブレターに Cisco Unity サーバにあるヘルプ ファイルがあります: \ COM ポート\ユーティリティ\ PermissionsWizard

  3. ステップ 1 およびステップ 2 が正しく実行できなかった場合は、Directory Access Diagnostic ツール(DAD)を実行してください。

    DAD は Exchange 2000 を実行する Cisco Unity バージョン 3.0.1 と それ以降で実行することができます。 Cisco Unity 4.x システムでは、このツールは x:\commserver\utilities ディレクトリにあります。 Cisco Unity 3.x システムでは、Cisco Unity Tools ページにある DAD ツールにアクセスしてください。 この DAD ツールは非常に分かりやすく、発生する問題に関して推奨するソリューションが組み込まれています。 追加のヘルプ ファイルの他に、DAD のトレーニング ビデオもあります。

「Templates CallHandler not found」エラーの受信 - シナリオ 7

問題

新しい サブスクライバを追加するか、または SA によって新しい サブスクライバをインポートすることを試みた場合受け取ります見つけられない「テンプレート CallHandler を」。 エラー。

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/unity/42702-import-create-subscribers-24.gif

ソリューション(Cisco Unity 2.x の場合)

Cisco Unity 2.4.x では、ディレクトリ\ COM ポート\ confmgr.exe の下のユニティサーバにある confmgr.exe ユーティリティを実行しなければなりません このユーティリティを実行する前に、Cisco Unity のデフォルトのデータベース(Eadministrator、Esubscriber、デフォルト テンプレート、opening greeting コールハンドラ、さらに "ありがとうございました" および "Operator"コールハンドラ)を再作成する次の手順について理解しておく必要があります。 開始グリーティングは言います「統一システムへの歓迎…」を 第 1 Cisco Unity をインストールした時それがように会社の開始グリーティングの代りに。 同様に、発信者の入力、スケジュールなど、再設定を行った場合にも同じ文字列が表示されます。 復元する必要のあるグリーティングはバックアップし、再設定の必要のあるデフォルト データベースの設定はスクリーン ショットを撮っておいてください。

このユーティリティを実行するには、次の手順に従ってください。

  1. COM ポート\ confmgr.exe ディレクトリに行って下さい。

  2. DOH スクリプトを実行します。

  3. [Run] をクリックします。

ソリューション(Cisco Unity 3.x および 4.x の場合)

デフォルト オブジェクトを修復するために、Cisco Unity 3.1(4) にはデフォルト オブジェクトの修復ツールが付属しています。

Cisco Unity バージョン 3.0(4)、3.1(1)、3.1(2c)、3.1(3) は、下位互換性のテスト済みです。

このスクリプトはデフォルト サブスクライバ、サービス・クラス、Cisco Unity 2.4.x のために述べられるテンプレートおよび位置を復元する。 復元する必要のあるグリーティングはバックアップし、復元の必要のあるデフォルト データベースの設定はスクリーン ショットを撮っておくようにしてください。

メール ユーザ テンプレートが既にあるものの、そのテンプレートに対応するコール ハンドラがない場合(たとえば、ch_defaultemplate がない場合)、次のステップに進む前に、DOH からメール ユーザ テンプレートを手作業で削除する必要があります。

Cisco Unity 3.1(4) 以降でデフォルト オブジェクトを復元するには、以下の手順に従ってください。

  1. 構文 osql を使用してコマンド・ラインから C:\commserver\localize\defaultconfiguration\enu\FixDefaultObjects.sql を- E - i fixdefaultobjects.sql 実行して下さい

    注: このスクリプトは Cisco Unity のデータベースを修正する前の SQL バックアップを作成するものです。このスクリプトを実行する前に、上記の場所へカレント ディレクトリを変更しておく必要があります。 C:\commserver\configmgr.exe を実行して下さい。

  2. Configure Database Schema を選択して実行します。

    警告 警告: Run Database Schema Script は実行しないでください。これを実行すると、データベースが削除されてしまいます。

  3. Run Rules Configuration Script を選択して実行します。

  4. Configure Default Location を選択して実行します。

  5. C:\commserver\configurationsetup\setup.exe /sync を実行して下さい。

  6. サーバをリブートします。

  7. Cisco Unity が起動したら、C:\commserver\utilities\dbwalker\dbwalker.exe を実行します。

Cisco Unity 3.1(3) 以降でデフォルト オブジェクトを復元するには、以下の手順に従ってください。

  1. Cisco Unity 3.1(4) 以降のバージョンから fixdefaultobjects.sql スクリプトを入手します。

  2. 構文 osql を使用してコマンド・ラインから C:\commserver\localize\defaultconfiguration\enu\FixDefaultObjects.sql を- E - i fixdefaultobjects.sql 実行して下さい

    注: このスクリプトは Cisco Unity のデータベースを修正する前の SQL バックアップを作成するものです。このスクリプトを実行する前に、上記の場所へカレント ディレクトリを変更しておく必要があります。

  3. C:\commserver\configmgr.exe を実行して下さい。

  4. 選択し、Run Rules Configuration Script を実行し、DefaultRules.sql スクリプトファイルを選択して下さい。

  5. Configure Default Location を選択して実行し、DefaultDatabase.sql script ファイルを選択します。

  6. C:\commserver\configurationsetup\setup.exe /sync を実行して下さい。

  7. サーバをリブートします。

  8. Cisco Unity が起動したら、C:\commserver\utilities\dbwalker\dbwalker.exe を実行します。

  9. エラーと、所属先のないコール ハンドラを修復します。 ここでは、Cisco Unity Tools のページにある Directory Walker を使用できます。

    デフォルト オブジェクトを修復するための上記の方法の詳細は、Cisco Bug ID CSCdx20173(登録ユーザのみ)を参照してください。

新しいユニティサーバに既存の Exchange 2000 および Cisco Unityサブスクライバを–シナリオ 8 インポートして下さい

実働環境で Cisco Unity 3.x サーバと Exchange 2000 の受信ボックスを使用していて、すべてのメールボックスと Cisco Unity の登録ユーザ情報を新しい Cisco Unity 4.x サーバと Exchange 2000 サーバに送りたい場合は、いくつかの事項を考慮する必要があります。 Exchange 2000 では、メールボックスを新しいサーバに移行できます。 問題の発生を回避するには、対象となる登録ユーザが自分たちの受信ボックスから完全にログアウトしていることが必要です。 登録ユーザは電話経由で音声メールにアクセスしていない可能性もあります。Outlook は移行処理の間はオフにしておく必要があります。 Unity 情報の場合、2 つのシステムのメール エイリアスが同じ場合は、DiRT ユーティリティを使用して、Cisco Unity の登録ユーザ情報と受信ボックスのメッセージ(任意)を移動させることができます。 最新の DiRT ユーティリティは、Cisco Unity Tools のページにあります(最新のものを使用してください)。

メール エイリアスが同じでない場合は、これらのユーザに対して新しいメールボックスを急いで作成します。 その後、Migrate Subscriber Data ツールを使用して、Cisco Unity の情報(任意で受信ボックスの内容も)を正しい会社の電子メール アカウントに移行します。 このツールは Cisco Unity Tools のページから入手できます(トレーニング ビデオとヘルプ ファイルも同様)。

Unrecognized Error 0x80042024 has Occurred の発生 - シナリオ 9

問題

SA によって新しい サブスクライバをインポートすることを試みた場合受け取ります「認識されない エラー 0x80042024 を発生しました」。 エラー。 これは「新しい サブスクライバに一般に先行させています追加に成功しませんでした」。 エラー。 この問題は、Cisco Unity 4.x でのみ発生します。

解決策

インポートされるアカウントに正当な権限、あるいは十分な権限がありません。 これを修正するには、次の手順に従ってください。

  1. ユーザのインポート元になる OU で Permissions Wizard を実行します。 Permissions Wizard は Tools Depot にあります。

    Tools Depot のアイコンは、Cisco Unity サーバのデスクトップにあります。

  2. Active Directory のユーザ アカウントは、この OU から権限を継承する必要があります。

    1. Active Directory Users and Computers に進みます。

    2. View > Advanced Features の順に選択して、アカウントのプロパティで Security タブを表示します。

    3. OU にアクセスし、ユーザ アカウントをダブルクリックして、Properties ページを開きます。

    4. [Security] タブをクリックします。

    5. Allow inheritable permissions from parent to propagate to this object チェックボックスをチェックします。

      http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/unity/42702-import-create-subscribers-25.gif

エラー メッセージ: 規定 される エイリアスは既にアクティブ ディレクトリで存在 する エイリアスと一致します

問題

Cisco Unity サーバに新しい サブスクライバを追加することを試みるとき規定 される エイリアスを一致します既にアクティブ ディレクトリ エラーメッセージで存在 する エイリアスと受け取ります。 しかし、拡張か名前によって同じエイリアスのための検索をすれば、エイリアスはありません。

解決策

この問題は使用したいと思う同じエイリアスがある Active Directory (AD)のユーザが原因である場合もあります。 かどうか AD の既に存在を作成するように試みているまたは同じエイリアスがある AD にもう一つのユーザがあったらユーザ確認して下さい。 Cisco Unity のサブスクライバを削除するとき、Unity データベースからだけ削除されますが、ユーザは AD および Exchange であります。 AD および Exchange からそれを手動で取除かない場合、ユーザを再度追加するか、またはエイリアスと一致する他のサブスクライバを追加するとき問題があります。

既にあっている AD にユーザが有効、アクティブかどうか確認して下さい。 これが事実である場合、新しい Cisco Unityサブスクライバに別のエイリアスを割り当てる必要があります。 ユーザが非アクティブ、有効である場合、AD および Exchange から手動で ユーザを削除し、この問題を解決するために新しい サブスクライバを追加できます。 次の手順を実行します。

  1. Start > Programs > Microsoft Exchange > Active Directory Users and Computers の順に選択 して下さい。

  2. ツリーを拡張し、ユーザ の フォルダを開いて下さい。

  3. 同じエイリアスがあるユーザを捜して下さい。 ユーザを右クリックし、『Delete』 を選択 して下さい。

    これは AD だけからアカウントを削除します。 また Exchange からメールボックスを削除する必要があります。

    注: 音声メールだけがある場合、エイリアスと一致する AD のユーザはおそらくもはや Cisco Unityサブスクライバの古いユーザです。 この場合、ユーザを削除することは安全であるはずです。 しかし確実でなければ、そして新しい サブスクライバに別のエイリアスを選択する必要があるかもしれません。 Unified Messaging がある場合、AD サーブがユーザおよび音声メール ユーザを E-メールを送るので、電子メール ユーザは同じエイリアスがあること起こる場合があります。 この場合唯一のオプションは新しい サブスクライバのための新しいエイリアスを作成することです。

  4. Start > Programs > Microsoft Exchange > System Manager の順に選択 して下さい。

  5. ツリーを拡張し、サーバを > 最初にストレージ グループ > メールボックスストア > メールボックス選択して下さい。

  6. メールボックスを右クリックし、AD ユーザに現在関連付けられないメールボックスすべてをディセーブルにするために一掃エージェントを『Run』 を選択 して下さい。

  7. 右側のウィンドウにリストされているメールボックスすべてを見るためにメールボックスをクリックして下さい。

  8. AD でちょうど削除したユーザのメールボックスを捜して下さい。 一掃が原因でそれはそれで X の固体レッド範囲を示す必要があります。

  9. それを右クリックし、それのメールボックスおよびメッセージを削除するために『Purge』 を選択 して下さい。

  10. Cisco Unity の新しい サブスクライバを追加現在できます。 新しい サブスクライバを作成する今、ユーザアカウントは Active Directory Users and Computers と Exchange システムマネージャに現われます。 メールボックスはまた作成されます。

エラー メッセージ: ページは表示することができません

問題

ユーザが Cisco Unity 管理者を使用して Cisco Unity に既存 の Exchange ユーザをインポートするとき、このエラーメッセージは表示されます:

Page Cannot be displayed

解決策

この問題を解決するためにこれらの回避策のどれでも使用して下さい:

  1. 再接続します Unity ツール ターミナル > 管理ツールで利用可能 な ツールをドメインコントローラ/グローバル カタログ(DC/GC)の使用によって再接続を強制することを試みて下さい。

    注: これはサービスに影響 しません従っていつでも動作することは安全です。 再接続を強制するとき、アプリケーション ログインでイベント ビューアそれを監視できます。 そこにそれが終わるときプロセスが開始する一度ときメッセージが表示され。

  2. DC/GC の接続を強制している場合ツールをはたらかせませんでしたり、Cisco バグ ID CSCeg18768登録ユーザのみ)によって文書化されていますように一括インポート ユーティリティを(SAWeb の代りに)使用しているユニティ サブスクライバをインポートすることを試みます再接続して下さい。

エラー: 拡張 xxxx は既に使用中のメールでユーザです: xxxxx。 ユニークなエクステンションを入力して下さい

拡張 xxxx は既に使用中のメールでユーザです: xxxxx。 ユニークな拡張 エラーメッセージを現われます入力して下さい。 次のエラー メッセージが表示されます。

  • サブスクライバをインポートするように試みる時

  • 何人かのユーザの Extension フィールドが空白値を表示する時、そしてフィールドに正しい拡張を置くことを試みる時

  • Cisco Unity の新規 ユーザを作成するように試みる時

解決策

この問題は通常 DB フィールドが破損していると起こります。 問題を解決するためにこれらのステップを完了して下さい

  1. 新しいエクステンションを影響を受けたサブスクライバのための Extension フィールドで入力し、プロファイルを保存して下さい。

  2. 拡張を初期値に戻し、再度保存して下さい

エラー: LDAP_SERVER_DOWN

ユーザが Microsoft Exchange からインポートされるときこのエラーメッセージが現れます:

(Error) 
Sync failed: annettem. Error: LDAP_SERVER_DOWN

解決策

Microsoft Exchange/アクティブ ディレクトリからユーザをインポートするとき LDAP エラーを受け取れば、ドメインコントローラがきちんと設定 されないことを示します。 正しいドメインコントローラがドメインコントローラ/グローバル カタログ(DC/GC ことを)再接続すれば Unity ツール ターミナル > 管理ツールで利用可能 な ツールを追加されるかどうか確認することを推奨します。 アクティブを入力する必要があり、このツールのドメインコントローラを実行して『Force』 をクリック するために再接続すれば

エラー: 多重ステップ OLE DB オペレーションによって生成されるエラー

Cisco Unity のサブスクライバを追加することを試みるときこのエラーメッセージは受け取られます:

Cisco Unity encountered a SQL error.

Description: Multiple-step OLE DB operation generated errors. Check each OLE DB status
value, if available. No work was done.
Source: Microsoft OLE DB Provider for SQL Server
SQL Error Code: 0x0
ADO Error Code: 0x80040e21 

Cisco Unity encountered a SQL error.

Description: Maximum stored procedure, function, trigger, or view nesting level exceeded
(limit 32).
Source: Microsoft OLE DB Provider for SQL Server
SQL Error Code: 0xd9
ADO Error Code: 0x80004005

解決策

この問題を解決するには、次の手順を実行します。

  1. Cisco Unity サーバで、Start > Programs > Microsoft SQL Server > Enterprise Manager の順に選択 して下さい。

  2. > <UnityserverName > > データベース Microsoft SQL Servers > SQL Server Group の順に選択 し、UnityDb を右クリックし、『Properties』 を選択 して下さい。

  3. Options タブを選択し、これらの値がチェックを外されることを確かめて下さい:

    • 再帰トリガー

    • 自動終わり

    • オート圧縮

Cisco Unity 4.1 から 4.2 にコブラ バックアップを実行することが不可能

Cisco Unity 4.2 のコブラ インポートを実行することを試みるとき言う各サブスクライバのための競合を得ますネットワークの別の Cisco Unity マシンでホームだったことを。

コブラ バックアップ失敗の後ろの原因はサブスクライバがグローバル な サブスクライバ DB で存在 するということであるといえます。

解決策

この問題のためのソリューションはグローバル な サブスクライバを削除することです。 これらはコマンド プロンプトで実行されたコマンド グローバル な サブスクライバを削除するためにです

Osql -E

Use UnityDB

Go

Delete From GlobalSubscriber Where Alias like '%'

Go

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 42702