音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity

Cisco Unity VMO のメッセージのデフォルト件名のライン アピアランス

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

受信ボックスでのメッセージの受信時に ViewMail for Outlook(VMO)のメッセージの件名の外観を変更する方法についての質問を、Cisco Unity 管理者から定期的に受けています。 ボイスメール メッセージが E メール クライアントに配信されると、デフォルトの件名行ヘッダーを使用して表示されます。 Cisco Unity は、受信ボックスでメッセージを作成する際に件名行を設定します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco Unity 4.2.1 およびそれ以降に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

インボックスで受け取った Cisco Unity 音声メール メッセージをカスタマイズすることは可能性のあるですか。

はい、Cisco Unity 4.2(1) およびそれ以降は新しい受信メッセージのための件名テキスト Unity 構造のカスタマイゼーションを割り当てます。 受信メッセージに使用する 4 つの異なる件名があります:

  • 既知 サブスクライバからの他のサブスクライバへのメッセージ

  • 未知発信者からの他のサブスクライバへのメッセージ

  • インタビュー ハンドラのために残されるメッセージ

  • ライブ レコード機能によって残されるメッセージ

件名はテキストが含まれ、サブスクライバの名前、拡張、発信者番号および呼出 し 番号を追加するために挿入可変ストリングを使用できます。 可変疑わしいの利用可能ではない場合、件名のブランクとして現われます。 現在 4 つの挿入可変ストリングは行で含んで利用できます:

  • %NAME% — サブスクライバの名前か送信インタビュー ボックスの名前を送信します。

  • %EXTENSION% — サブスクライバのプライマリ 拡張または送信インタビュー ボックスの DTMF ID を-もし可能であれば送信 します。

  • %CALLERID% — スイッチ 統合から得られる発信者ID。

  • %CALLEDID% — スイッチ 統合から得られる呼び出し ID。

件名はツール ターミナル(管理 ツール > 詳細設定ツール)によって米国英語のためにだけ編集することができます。 ツール ターミナルの詳細設定ツールにコールのソースに基づいて Cisco Unity 4.2(1) リリースのための認証対象テキストをカスタマイズするためのオプションがあります。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 42565