非同期転送モード(ATM) : IP over ATM

ATM 網の低いパフォーマンス

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、ATM ネットワークのパフォーマンスの低下に関する一般的な原因と具体的な原因、および問題のトラブルシューティング手順について説明します。 このドキュメントの目的は、IP のパフォーマンス問題、特に ATM ネットワークのトラブルシューティングにあります。 一般的に、パフォーマンスは遅延とスループットを使用して測定されます。 パフォーマンスは多くの場合、FTP または他の TCP/IP アプリケーションを使用して、2 台のエンド デバイス間でファイルを転送し、ファイルの転送にかかる時間を測定してテストされます。 ファイル転送におけるスループット レートが、ATM 回線で使用可能な帯域幅と一致しない場合、パフォーマンスの問題として認識されます。 ATM 回線上でのスループットを決定する要因には、TCP ウィンドウの設定、MTU、パケット損失、および遅延など、さまざまなものがあります。 このドキュメントでは、ATM ルーテッド相手先固定接続(PVC)、相手先選択接続(SVC)、および LAN エミュレーション(LANE)実装でのパフォーマンスに影響を与える問題について説明します。 パフォーマンス問題の原因は、ルーテッド PVC、SVC、および LANE 実装間で共通です。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

パフォーマンスに関連する問題を解決するとき第一歩はその間テストするために単一 の ソースおよびデスティネーションデバイスを選択することです。 問題が発生するおよび条件を識別して下さい条件を。 問題の複雑な状況を簡素化するためにデバイスを『Test』 を選択 して下さい。 たとえば、2 人のルータを通過するとき離れて 10 のルータ ホップ存在 する問題であるデバイスの間でテストしないで下さい。

テスト デバイスが選択されたら、パフォーマンスが TCP アプリケーションの固有性質と関連していたかどうかまたは問題が他のファクタによって引き起こされたら確認して下さい。 パケットロスが pingパケットのためのラウンドトリップ遅延発生したかどうか確認するために端デバイスの間で ping すれば。 Pingテストは異なるパケットサイズとパケットのサイズがパケットロスに影響を与えたかどうか確認するために達成する必要があります。 Pingテストはテストの下の端デバイスとないルータから行う必要があります。 ルータに出入して ping するとき見る Round Trip Time (RTT)は正確ではないかもしれません。 これは pingプロセスがルータの低優先順位プロセスであり、すぐに PING に応答しないかもしれないという理由によります。

一般的な問題

TCP/IP の固有性質

顧客はニューヨークとロスアンジェルス間の ATM PVC があります。 Virtual Circuit (VC)は 45 Mbps の Sustained Cell Rate (SCR; 平均セルレート)で設定されます。 顧客は FTP サーバからクライアントへ FTP を使用してファイルを転送することによってこの回線をテストし、ファイル転送のためのスループットが 7.3 Mbps についてあることを検出します。 それらが TFTP を使用するとき、スループットは 58 キロビット/秒に廃棄します。 クライアントとサーバ間の ping応答時間はおよそ 70 ミリ秒です

この例で理解するべき最初の事柄は TCP がデバイス間のデータの高信頼性 転送を提供することです。 送信側はバイトがシーケンス番号によって識別されるストリームのデータを送信 します。 レシーバは受け取ると期待する次のバイトのデータことをのシーケンス番号(承認番号)の送信によってデータを受け取ったこと確認します。 レシーバはまた送信側に受け入れることができるデータの量をアドバタイズするためにウィンドウ サイズをアドバタイズします。

TCP/IP 端デバイスは一般的に TCP/IP ウィンドウ サイズを設定する機能が含まれています。

デバイスに TCP ウィンドウ サイズによって設定 される余りにも低いがある場合、それらのデバイスは ATM VC の全体の帯域幅を利用できるにはかもしれなくないです。

ATM VC の RTT はウィンドウ サイズが余りに低い場合 TCP スループットを大幅に下げることができます。

エンド デバイスは RTT ごとのバイトのトラフィックのおよそ 1 ウィンドウ サイズ価値を送信 します。

たとえば RTT が 70 ms、必要なウィンドウ サイズを帯域幅の全体の DS3 をいっぱいにするために計算するのにこの数式を使用して下さい:

  • .07s * 45 Mbps * 1byte/8 ビット = 393,750 バイト

標準 TCP は 64,000 バイトの最大ウィンドウサイズを可能にします。 WINScale TCP オプションは両端のデバイスがこのオプションをサポートし、FTP アプリケーションがまたこのオプションをサポートすれば場合ウィンドウ サイズがずっと高いようにします。

ウィンドウ サイズを 64,000 バイトで設定 し、スループットを解決するのに 70 ms の RTT を使用するのにこの数式を使用して下さい。

  • .07x * 1byte/8bits = 64000 バイト

    x= 7.31428 Mbps 一方、

FTP アプリケーションが 32,000 バイトのウィンドウ サイズだけをサポートする場合、この数式を使用して下さい。

  • .07x * 1byte/8bits = 32000

    x= 3.657142 Mbps 一方、

TFTP によって、送信側送信は各パケットのために 512 のバイトパケット 次 の パケットを送信 する前に確認応答を受け取り。 最もよいケースのシナリオは 70 ミリ秒毎に 1 パケットを送信 することです このスループット の 計算を使用して下さい。

  • 1 パケット /.070s = 14.28571 パケット/秒

    512 バイト/パケット* 8 ビット/バイト* 14.28571 パケット/秒 = 58.514 キロビット/秒

このスループット の 計算はスループットを測定するのに TCP/IP アプリケーションを使用するときリンクを渡る遅延および TCP ウィンドウ サイズが劇的にそのリンクを渡るスループットに影響を与える場合があることを示します。 各 TCP 接続のための期待されたスループットを識別して下さい。 スループットをテストしたらのに FTP が使用されている場合スループットが TCP/IP の固有性質によって制限されるか、または ATM 回線に他の問題があったら識別し異なるクライアント および サーバの間の複数のファイル転送を始めて下さい。 TCP アプリケーションがスループットを制限する場合、同時におよび同じようなレートで送信 する 多重サーバを持てますはずです。

次に回線の SCR レートでリンクを渡るトラフィックを送信できると、証明して下さい。 これをするために、TCP を使用しないし、ATM VC を渡るデータのストリームを送信するトラフィックソースを使用し、リンクして下さい。 また受け取った比率が送信 された 比率と等しいことを確認して下さい。 ATM 回線を渡るトラフィックを生成するために 0 タイムアウト値を用いるルータからの拡張ピング パケットを送信して下さい。 これは回線の設定速度でリンクを渡るトラフィックを送信できると証明します。

解決策: TCP/IP ウィンドウ サイズを増加して下さい。

重要: 十分に大きい非常に小さい RTT およびウィンドウ サイズによって論理上 SCR を一杯にするために、決して ATMオーバーヘッドが理由で SCR に達できませんには。 4 Mbps (SCR=PCR)を渡って AAL5SNAP PVC 送信される 512-byte パケットの例を参照する場合測定される実質 IP スループットを計算して下さい。 ソースが 4 Mbps でデータを送信できること TCP ウィンドウ サイズおよび RTT がそのような物であることを仮定されます。 まず、ATM アダプテーション レイヤ 5 (AAL5)および SNAP は各々の 8 バイト の オーバーヘッドをもたらします。 このような理由で、AAL5 プロトコル データ ユニット (PDU)が 48 で割ることによって求めることができることを確かめるためにパッドを入れることは必要かもしれません。 それから、各セルで、5 バイト の オーバーヘッドはセルごとにもたらされます。 この場合 AAL5 層が 512+8+8=528 バイトであることを意味します(必要な埋め込み無し)。 この 528 バイトは 11 人のセルが送信されるように要求します。 これは各 512-byte パケットがワイヤー(11 * 53)で、583 バイト 送信 される 送信 することができるようにそれを意味します。 すなわち、71 バイト の オーバーヘッドはもたらされます。 これは帯域幅の 88% だけが IP パケットによって使用することができることを意味します。 従って、4 Mbps PVC と、使用可能な IP スループットが 3.5 Mbps についてだけあることを意味します。

より小さいパケットサイズ、より大きいオーバーヘッドおよび下部の スループット。

パケット損失

パフォーマンス問題のためのもっとも一般的な原因は ATM 回線を渡るパケットロスが原因です。 ATM 回線を渡るどのセル消失でもパフォーマンス低下という結果に終ります。 パケットロスは再送信およびまた TCP ウィンドウ サイズの縮小を意味します。 これは低スループットという結果に終ります。 通常、単純なping テストは 2 つのデバイス間のパケットの損失がある場合識別します。 ATM 回線の巡回冗長検査(CRC)エラーおよびセル/パケット破棄はデータの再送信という結果に終ります。 ATM セルがポリシングが理由で ATM スイッチによって廃棄されるか、または枯渇をバッファリングする場合、CRCエラーはエンド デバイスでセルがパケットに再構成されるとき見られます。 ATM エッジ デバイスは VC のアウトバウンドパケット 比率が VC の設定されたトラフィック シェーピングレートを超過するときパケットを廃棄するか、または遅らせるかもしれません。

ATM ネットワークを渡るパケットロスのもっとも一般的な原因のトラブルシューティングの詳細についてはこれらの文書を参照して下さい:

解決策: パケットロスを解決し、除去して下さい。

遅延/レイテンシー

パケットがソースから確認応答のための宛先に移動し、次に送信側に戻すことができるようにそれが奪取 する 時間数は劇的にその回線に見られるスループットに影響を与える場合があります。 ATM 回線上の遅延は正常な伝搬遅延の結果であるかもしれません。 ATM 回線が同じ速度のときニューヨークからニューヨークからのよりロスアンジェルスにワシントン州にパケットを送信 するのにより少ない時間かかります。 遅延における他のソースはルータおよびスイッチを通ってキューイング遅延およびレイヤ3 ルーティングデバイスを通って処理 遅延です。 ルーティングデバイスによって関連付けられる処理 遅延は使用するプラットフォームおよびスイッチングパスによって重く決まります。 ルーティングと関連付けられる詳細は遅れ、内部ハードウェア遅延はこの資料の範囲を超えてあります。 この遅延はインターフェイスの種類に関係なくルータに影響を及ぼします。 パケットおよびキューイングの伝達によって関連付けられる遅延と比較されるそれはまた僅かです。 ただし、トラフィックを切り替えるルータプロセスがかなりの遅延という結果にそれ終る場合があり、考慮に入れる必要があれば。

遅延は端デバイス間の pingパケットの使用と一般的に平均および最大遅延を判別するために測定されます。 遅延測定単位はピーク使用の間に行なう必要があります、また不活動期間。 これは遅延が込み合った インターフェイスのキューイング遅延に帰因させることができたかどうか確認を助けます。

インターフェイスの輻輳はキューイング遅延という結果に終ります。 輻輳は帯域幅不一致に一般的に起因します。 たとえば、OC-12 インターフェイスから DS3 ATMインターフェイスに横断する ATM スイッチによって回線があれば、キューイング遅延が生じるかもしれません。 これはセルが OC-12 インターフェイスに速く到着すると同時によりそれら出力することができる起こります DS3 インターフェイスで。 トラフィック シェーピング 制限するのためにそれらがインターフェイスのトラフィックを出力する比率設定される ATM エッジルータ。 ATM VC に向かうトラフィックの着信速度がインターフェイスのトラフィック シェーピングレートより大きい場合、パケット/セルはインターフェイスでキューに入ります。 通常、キューイング遅延によってもたらされる遅延はパフォーマンス上の問題を引き起こしている遅延です。

解決策: Differentiated Service のための実装する IP to ATM Class of Service (CoS) 機能。 成果重視のトラフィックのためのキューイング遅延を軽減または排除するのに Class Based Weighted Fair Queuing (CBWFQ)および低遅延キューイング (LLQ)のような機能を利用して下さい。 輻輳を排除するためにバーチャル サーキットの帯域幅を増加して下さい。

トラフィック シェーピング設定

ATM PVC におよび SVC に各回線と関連付けられる Quality of Service (QoS) パラメータがあります。 トラフィック契約は ATM エッジ デバイスとネットワークの間で確立されます。 PVC が使用されるとき、この契約は ATMネットワーク(ATM スイッチ)で手動で設定されます。 SVC を使うと、ATM シグナリングがこの契約を確立するのに使用されています。 指定されたコントラクトと準拠 する ATM エッジ デバイス トラフィック図形データ。 ATMネットワーク デバイス(ATM スイッチ)は準拠 しない指定されたコントラクトとの準拠のための回線のトラフィックをモニタし、(マーク)タグ付けしましたりまたは(ポリシングする)トラフィックを廃棄します。

ネットワークで提供されるより ATM エッジ デバイスに比率のために高く設定される Peak Cell Rate (PCR; ピークセルレート) /SCR があれば、パケットロスは本当らしい結果です。 エッジ デバイスで設定されるトラフィック シェーピングレートは設定されたエンドツーエンドはネットワークによってであるもの一致する必要があります。 設定がすべての設定されたデバイスを通って一致することを確認して下さい。 エッジ デバイスがネットワークにネットワーク全体提供される契約に合致しないセルを送信すれば、ネットワークの内で廃棄されるセルは一般的に見られます。 これは通常遠端の CRCエラーの受信によってレシーバがパケットを再構成するように試みるとき検出することができます。

ネットワーク原因低下した パフォーマンスで提供されるより比率 下部ののために PCR/SCR が設定されている ATM エッジ デバイス。 この場合、ネットワークはエッジ デバイス送信よりより多くの帯域幅を提供するために設定されます。 この条件はエッジ ATM ルータの出力 インターフェイスの追加キューイング遅延および出力 キュー ドロップという結果に終るかもしれません。

SVC はエッジ デバイスで設定されますネットワークは同じトラフィックパラメータとエンドツーエンド SVC を確立しないかもしれません。 同じコンセプトおよび問題は PVC と適用する SVC に適用します。 ネットワークは同じ QoS クラスおよびパラメータとエンドツーエンド SVC を設定しないかもしれません。 この問題の種類は不具合か相互運用性 の 問題と一般的に引き起こされます。 SVC が信号を送られるとき、コーリングパーティは順方向 および 逆方向の QoS トラフィック シェーピング パラメータを規定 します。 それは被呼加入者が適切な整形パラメータの SVC をインストールしないこと起こる場合があります。 ルータ インターフェイスの厳密なトラフィック シェーピングの設定は SVC が設定されるそれら以外ある整形パラメータと設定されることを防ぐことができます。

ユーザはネットワークによって SVC のパスを追跡し、開始デバイスで設定されるパラメータおよび QoS クラスの使用と確立されることを確認する必要があります。

解決策: トラフィック シェーピング/ポリシー 設定不一致を除去して下さい。 SVC が使用される場合、正しいシェーピング/ポリシング パラメータとの設定されたエンドツーエンドであることを確認して下さい。 atm sig-traffic-shaping strict コマンドで ATMルータ インターフェイスの厳密なトラフィック シェーピングを設定して下さい。

非最適 なパスにルーティングする SVC

未指定ビット レート (UBR)のために設定される SVC は非最適 なパス上のセットアップを得るかもしれません。 UBR VC は VC が横断するリンクの行比率に帯域幅で制限されます。 従って、リンクが得るかもしれない高速リンクがダウン状態になること横低速リンクに再確立した VC。 高速リンクが復元する時でさえ、VC はより速いリンクに中断 されないし、再確立されます。 これはより遅いパスが要求された(明記していない) QoSパラメータを満たすという理由によります。 この問題はネットワークによって代替パスがある LANE ネットワークに非常によくあります。 代替パスが同じリンク速度/リンク スピードであるケースでは、リンクの 1 つの失敗により同じパス上のルーティングされるに SVC すべてを引き起こします。 この状況はネットワークの効果的な帯域幅が半分になるので劇的に ネットワークのスループットおよびパフォーマンスに影響を及ぼす場合があります。

可変ビット レート (VBR)および固定ビット レート (CBR) SVC は非最適 なパスにルーティングされるかもしれません。 終わり Devices 要求特定のトラフィックパラメータ(PCR、SCR、最大バースト サイズ{MBS})。 要求の QoS 必要条件を満たすプライベート ネットワーク間インターフェイス(PNNI)および ATM シグナリングの目標はパスを与えることです。 CBR および VBR-rt 呼び出しの場合には、これにはまた最大セル転送遅延が含まれています。 パスは視点帯域幅からの要求者が規定 する必要条件を満たす最適パスではないかもしれません。 この問題はまだ VBR および CBR VC のための帯域幅の要求を満たす長時間の遅延のパスがあるときよくあります。 これは今ネットワークを渡るより大きい遅延特性を見る顧客へのパフォーマンス上の問題として感知されるかもしれません。

解決策: ATMネットワークを渡る SVC は異なるパスに SVC が中断 されなければオンデマンド式で確立され、一般的に 中断 されないし、再ルーティングされます(非アクティブが原因か他の理由でリリースされる)。 Cisco lightstream 1010 および Catalyst 8500 ATM スイッチはソフトPVC ルート 最適化 機能を提供します。 この機能はよりよいルートが利用できるとき動的にソフトPVC を再ルーティングする機能を提供します。 同じような機能性は ATM スイッチで終わらない SVC に利用できません。

この問題への 1 つの可能 な 解決策は ATM エッジ デバイスと接続された ATM スイッチ間の PVC を使用することです。 ATM スイッチの間でルート 最適化が設定されているソフト PVC はリンク障害およびそれに続くリカバリの後で非最適 なパスからのトラフィックを再ルーティングする機能を提供します。

SVC がために中断 されるおよび設定して下さいように低いより頻繁に再確立するために SVC のためのアイドル タイムアウト インターバルを。 SVC を中断 します トラフィックレートおよび時間数を変更するのにアイドルタイムアウト秒[最低率]コマンドを使用して下さい。 これは VC が最適パスに再ルーティングされて得るため非アクティブでなければならないので非常に有効証明しないかもしれません。

すべてが失敗した場合、最適パスがオペレーションに復元する確かめ、次に SVC を終える低速冗長パスによって関連付けられる ATM インターフェイスの 1 つかルータ インターフェイスの 1 をことを跳ねて下さい。

ハードウェアの問題

PA-A1 パフォーマンス上の問題

内蔵メモリの PA-A1 ATM ポートアダプタおよび欠如のアーキテクチャは低下した パフォーマンスという結果に終る場合があります。 この問題は打ち切るでそれ自身を明示するかもしれませんでしたり、インターフェイスの無視および CRC オーバーランします。 問題は NPE-100/175/225/300 の Cisco 7200 ルータによって使用されたとき混合します。

その他の情報に関しては PA-A1 ATM ポート アダプタでの入力エラーのトラブルシューティングを参照して下さい。

解決策: PA-A3 (2)少なくとも修正か PA-A6 ATMポート アダプタと PA-A1 ATMポート アダプタを取り替えて下さい。

PA-A3 バージョン 1

PA-A3 ハードウェアリビジョン 1 はポートアダプタの内蔵スタティックRAM (SRAM)を使用するパケットにセルを再構成しません。 アダプタは Versatile Interface Processor (VIP)または Network Processing Engine (NPE) ホストにパケットを再構成するところで周辺機器コンポーネント相互接続 (PCI) バスを渡るセルをメモリ転送します。 これは PA-A1 ATM ポートアダプタと見られるそれらとして同じようなパフォーマンスに関連した問題という結果に終ります。

その他の情報に関しては PA-A3 ATM ポート アダプタでの入出力エラーのトラブルシューティングを参照して下さい。

解決策: PA-A3 (2)少なくとも修正か PA-A6 ATMポート アダプタと PA-A3 ハードウェアリビジョン 1 ATMポート アダプタを取り替えて下さい。

VIP2-50 の PA-A3 PA は二倍になります

シングル ポート アダプタが単一 VIP2-50 にインストールされている場合 PA-A3-OC3SMM、PA-A3-OC3SMI および PA-A3-OC3SML は最大スイッチングのパフォーマンスを提供するように設計されています。 VIP2-50 の単一 PA-A3-OC3SMM、PA-A3-OC3SMI、または PA-A3-OC3SML は 64 のバイトパケットを使用して各方向のスイッチングキャパシティのおよそ 85,000 パケット毎秒まで提供します。 単独で単一 PA-A3-OC3SMM、PA-A3-OC3SMI、または PA-A3-OC3SML が単一 VIP2-50 の全体のスイッチングキャパシティを使用できることに注目して下さい。

最大ポート密度か下部の システム 費用を必要とするアプリケーションに関しては、同じ VIP2-50 の PA-A3 の OC-3/STM-1 バージョンのデュアル ポート アダプタ設定は現在サポートされます。 同じ VIP2-50 の二端アダプタは 64 のバイトパケットを使用して各方向のスイッチングキャパシティのおよそ 95,000 のパケット毎秒を共有します。

VIP-50 はポートアダプタ組み合わせによって総計帯域幅の 400 メガビット/秒まで(mbps)提供します。 PA-A3-OC3SMM のほとんどのデュアル ポート アダプタ設定では、PA-A3-OC3SMI、か PA-A3-OC3SML は、ポートアダプタの組み合せこの総計帯域幅 キャパシティを超過します。

その結果、同じ VIP2-50 にインストールされる二端アダプタの間で共有されるパフォーマンスは小さいパケットサイズの集約スイッチングキャパシティ(95 の kpps)と大きいパケットサイズの総計帯域幅(400 mbps)によって制限されます。

これらのパフォーマンス 警告は PA-A3-OC3SMM、PA-A3-OC3SMI、または PA-A3-OC3SML の ATM ネットワークを指定するとき考慮する必要があります。 設計によっては、同じ VIP2-50 のデュアル ポート アダプタのパフォーマンスは受諾可能かもしれないしまたはそうではないかもしれません。

その他の情報に関してはサポートされる PA-A1 および PA-A3 VIP2 コンフィギュレーションを参照して下さい。

LANE 問題

LANE ブロードキャスト ドメイン

過剰な数の単一 LANE ELAN のエンド システムはすべての端末のパフォーマンスを大幅に低下できます。 ELAN はブロードキャスト ドメインを表します。 ELAN レシーブ内のすべてのワークステーションおよびサーバは、および可能性のある ELAN のすべてのその他のデバイスからのマルチキャストトラフィック ブロードキャストしました。 ブロードキャストトラフィックのレベルがワークステーションの処理機能に関連して高い場合、ワークステーションのパフォーマンスは低下します。

解決策: 単一 ELAN 内の端末の数をにより少しにより 500 制限して下さい。 不利にサーバ/ワークステーション パフォーマンスに影響を及ぼすかもしれないマルチキャストストーム/ブロードキャストのためのネットワークを監視して下さい。

その他の情報に関しては LANE の 推奨設計を参照して下さい。

余分な LE-ARP トラフィックおよびスパニング ツリー トポロジの変更

LANE ネットワークの貧弱なパフォーマンスの原因となる場合がある他の問題は余分な LANE ARP (LE-ARP)アクティビティおよびスパニング ツリー トポロジの変更です。 これらの問題はバスに送信 される トラフィックに導く未解決 LE ARP に導きます。 これはまたまたパフォーマンスに関連した問題を引き起こす場合があるネットワークの LEC の CPU使用率が高い状態に導く場合があります。 これらの問題についての詳細はトラブルシューティング LANE上 の スパニング ツリーで見つけることができます。

スパニング ツリー トポロジの変更を減らすために LANE によって接続されるイーサネット スイッチのホストポートのスパニングツリーポートファストを設定して下さい。 LANE が LE-ARP トラフィックを削減することができるように設定される Catalyst 5000 および 6000 スイッチのローカル LE-ARP reverification を設定して下さい。

VBR-nrt データ ダイレクト SVC

LANE バージョン 1 を使用する、SVC は UBR サービス カテゴリとして設定されます。 LANE バージョン 2 はデータ ダイレクト SVC に VBR-nrt のようなその他のサービス カテゴリーの使用と確立される機能をサポートします。 3 分の 1 人のパーティ ベンダーは Ciscoデバイスに 4 キロビット/秒の SCR の VBR-nrt であるために設定されるデータ ダイレクト SVC を引き起こす場合がある LANE クライアント 実装で不具合があります。 ATMバックボーンが OC-3 (155 Mbps で)構成され、OC-12 (622 Mbps)トランクリンクおよび 4 キロビット/秒の平均セル レートのそれらのトランク上の SVC を設定します、パフォーマンスは低下します。 この特定の問題はあまりみられていない間、ATM 回線上のパフォーマンス上の問題を解決するとき重要な必要を指摘します。 SVC がネットワークによってパスをトラッキングして下さい横断する、VC がずっと望ましいサービス カテゴリおよびトラフィックパラメータの確立するであることを確認します。

データ ダイレクト VC は確立されません

2 人の LANエミュレーション クライアント(LEC)の間で設定され、それらのクライアント間の交換データに使用する LANE データ ダイレクト VC は双方向ポイントツーポイント SVC です。 MAC アドレスと関連付けられる ATM アドレスを学習する LANE クライアント送信 LE-ARP 要求。 彼らはそれからその ATMアドレスにデータ ダイレクト VC を設定するように試みます。 データ ダイレクト VC 確立前に、LANE クライアントはブロードキャスト アンノウン サーバ(BUS)に未知のユニキャスト パケットをあふれます。 LANE クライアントはかもしれませんそれへユニキャスト データを送信 するために別の LEC にデータ ダイレクト VC を確立しないために。 これが起こる場合、パフォーマンス低下は生じるかもしれません。 問題はバス サービスを行うために選択されるデバイスが動力不足、不十分、または過剰にされてである場合重要です。 さらに、いくつかのプラットフォームは BUS に転送されるレートリミット ユニキャストかもしれないです。 Catalyst 2900XL LANE モジュールは Catalyst 5000 および Catalyst 6000 はが BUS に送信 される ユニキャストトラフィックを停止する 1 つのそのようなボックスです。

データ ダイレクト SVC は確立されるか、またはこれらの原因の何れかにかもしれません使用しないために:

  • LEC は LE-ARP 要求への応答を受け取りません。

  • SVC は ATM ルーティングかシグナリングの問題が理由で作成することができません。

  • LANE フラッシュ メッセージ プロトコル失敗。 データ ダイレクト VC が確立されれば、LEC は BUS に送信 されたすべてのデータフレームが宛先に到達したようにするために Muticast 送信 VC の同じ高さの要求を送信 します。 同じ高さの要求を送信 した LEC は応答を受け取るとき、データ ダイレクト VC 上のデータを送信 し始めます。 Flush メカニズムはコマンドで LANE クライアント フラッシュ ディセーブルにすることができません。

IMA 問題

IMA インターフェイスの UBR PVC

逆多重化(IMA)インターフェイスの UBR VC は IMAグループで設定されるすべての up/up 物理インターフェイスの合計の代りに 1.5 Mbps の PCR と設定されます。 この条件は VC が IMAグループのすべてのリンクの結合された帯域幅より比率 下部ので形成されるトラフィックであるのでパフォーマンスを低下させます。

最初は、IMAグループインターフェイスの帯域幅はアクティブな IMA の最小番号にリンクします必要 IMA インターフェイスを保存するために制限されました。 この値を定義するコマンドは IMA active-links-minimum です。 たとえば、4 つの物理的 な ATM インターフェイスが IMAグループ ゼロのメンバーで設定され、IMA active-links-minimum 値が 1 つに設定 されれば、帯域幅は 1 T1 か 1.5 Mbps と等しいです、ない 6 Mbps。

Cisco バグ ID CSCdr12395登録ユーザのみ)はこの動作を変更します。 PA-A3-8T1IMA アダプタは IMAグループメンバーで設定されるすべての up/up ATM 物理インターフェイスの帯域幅を使用するようになります。

インターフェイスがリンク障害による IMAグループ、shut/no shut またはバウンスから追加されるか、または外されるとき Cisco バグ ID CSCdt67354登録ユーザのみ)および CSCdv67523登録ユーザのみ)はリモート エンドで IMAグループ VC 帯域幅をまたは変更アップデートするそれに続く機能拡張要求です。 設定される Ciscoバグ IDCSCDR12395登録ユーザのみ)の変更はメンバーリンクの全帯域幅に IMAグループがアップするときだけ IMAグループ 帯域幅を設定します。 ステータスの上の頭文字が反映されなかった後 IMAグループへの変更。

その他の情報に関しては 7x00 IMA ポート アダプタでの ATM リンクのトラブルシューティングを参照して下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 42360