非同期転送モード(ATM) : ATM フレーム リレー間インターワーキング

ATM 逆多重化 (IMA) を使用する7200 シリーズ ルータのATMサービス インターワーキング (FRF.8) へのフレームリレー

2011 年 6 月 19 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2007 年 11 月 15 日) | フィードバック


目次

概要
前提条件
      要件
      使用するコンポーネント
      表記法
設定
      ネットワーク ダイアグラム
      設定
検証
トラブルシューティング
      トラブルシューティングのためのコマンド
関連情報

概要

フレームリレーフォーラム(FRF)はleavingcisco.com FRF.8実装合意書のフレーム・リレーATM間サービスインターワーキング機能を定義します。 一般的に FRF.8 は、フレームリレー エンドポイント、ATM エンドポイント、および InterWorking Function(IWF)デバイスから構成されます。 PA-A3ポートアダプタが付いているCisco 7200シリーズルータはCisco IOS®ソフトウェアリリース12.1(5)T現在でインターネットワーキング機能を提供できます。 Cisco 2600および3600シリーズルータおよびMC3810はまたインターネットワーキング機能をまた提供できます。 フレーム・リレーATM間サービスインターワーキング(FRF.8)機能はおよびフレームリレー・エンドユーザATMバックボーンによってフレーム・リレーおよびATMネットワーク、特にそれらのネットワークリンクする必要があるインターネットサービスプロバイダーに寄与します。

Inverse Multiplexing over ATM (IMA)はATMフォーラム仕様(leavingcisco.com af-phy-0086.000)です。 高帯域幅および論理リンクを形成することをグループ化される物理リンク間でATMセルの逆多重化および逆多重化を循環して含みます。 論理リンクの比率はおよそIMAグループの物理リンクの比率の合計です。 セルのストリームは複数のT1/E1リンクを渡るラウンドロビン方式で配られ、宛先でオリジナル・セル・ストリームを形成するために再構成されます。 配列はIMA Control Protocol (ICP)セルを使用して提供されます。

この資料はPA-8T1-IMAの7200シリーズルータのFRF.8のための設定例を示したものです。

前提条件

要件

この方法の場合、次のものが必要です。

  • フレーム・リレーおよびATM/IMA両方のためのルータコンフィギュレーションを理解して下さい。

  • エンキャプシュレーションタイプ、フレーム、セルフォーマットおよびレイヤ1トラブルシューティングを詳し。

  • ケーブル接続を理解して下さい。

この資料でカバーされない関連のトピックはこの資料の終わりに関連情報セクションで見つけることができ、すっかり示されます。

使用するコンポーネント

この資料は機能要件の外の特定のソフトウェアおよびハードウェアバージョンに制限されません。 機器の次のリストはこの資料のために使用されました。 使用されるハードウェアおよびソフトウェアはたとえばしかおよび実際のネットワーク・トポロジに関するない勧告ではないです。 製品配置およびソフトウェア決定のためのCisco SEを参照して下さい。

デバイス名 シャーシの種類 NI ソフトウェア
FR_Router 2610 WIC-1DSU-T1= 12.2(13)T1
フレームリレースイッチ(描写されない) 2610 WIC-1DSU-T1= 12.2(5d)
IWF_Router 7206VXR (NPE300) PA-A3-8T1IMA=、PA-4T1= 12.2(15)T1
ATMルータ 3640 NM-8T1-IMA= 12.2(8)T8

この文書の情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されています。 この文書で使用するデバイスは、すべて初期(デフォルト)の設定で起動しています。 コマンドが実稼動中のネットワークに与える影響について理解しておいてください。

表記法

マニュアル表記法の詳細については、「シスコ テクニカル ティップスの表記法」を参照してください。

設定

このセクションでは、この文書で説明する機能の設定に必要な情報を提供します。

「Note: この文書で使用されているコマンドの詳細を調べるには、Command Lookup ツールを使用してください(登録ユーザのみ)。

ネットワーク ダイアグラム

このドキュメントではこのネットワーク構成を使用しています。

/image/gif/paws/42147/frf8-ima.gif

設定

このドキュメントでは以下の設定を使用しています。

FR_Router (フレームリレーエンドポイント)
hosthame FR_Router
!

interface Serial0/0
 ip address 172.16.1.1 255.255.255.240
 encapsulation frame-relay IETF
 frame-relay map ip 172.16.1.1 100 broadcast
 frame-relay map ip 172.16.1.2 100 broadcast
 frame-relay interface-dlci 100
 frame-relay lmi-type ansi

!--- In this example, the frame-relay map statement for 172.16.1.1
!--- is included to allow pings to the local interface from within 
!--- the router. It is not a requirement.

インターネットワーキング機能(IWF)ルータ(FRF8)
hostname IWF_Router
!

controller T1 5/0
 framing esf
 linecode b8zs
 channel-group 0 timeslots 1-24

!--- Configure channel-group for multi-channel port adapters.

!
interface Serial5/0:0
 no ip address
 encapsulation frame-relay IETF
 frame-relay interface-dlci 101 switched
 frame-relay lmi-type ansi
!
interface ATM4/0
no ip address
clock source internal
ima-group 0

!--- Assigns interface ATM4/0 to IMA-GROUP 0.

!
interface ATM4/1
no ip address
clock source internal
ima-group 0

!--- Assigns interface ATM4/1 to IMA-GROUP 0.
      
!
interface ATM4/ima0
no ip address
no atm ilmi-keepalive
!
interface ATM4/ima0.2 multipoint
 pvc 10/100
   encapsulation aal5mux fr-atm-srv
   ubr 1489

!--- Refer to Configuring Traffic Shaping on Frame Relay to ATM
!--- Service Interworking (FRF.8) PVCs for details on configuring
!--- traffic shaping for your PVCs.

!
!
connect neko Serial5/0:0 101 ATM4/ima0 10/100 service-interworking

!--- Creates a connection to attach Frame-Relay DLCI 101 to ATM 
!--- PVC 10/100 over a connection named "neko" and configures 
!--- FRF.8 encapsulation.


ATMルータ(ATMエンドポイント)
hostname ATM_Router

interface ATM0/0
ima-group 0
!
interface ATM0/1
ima-group 0
!
interface ATM0/IMA0
 no ip address
 no atm ilmi-keepalive
!
interface ATM0/IMA0.2 multipoint
 ip address 172.16.1.2 255.255.255.240
  pvc 10/100
   protocol ip 172.16.1.1
   protocol ip 172.16.1.2

!--- In this example, the protocol map statement for 172.16.1.2 
!--- is included to allow pings to the local interface from within
!--- the router. It is not a requirement.

   ubr 1489

!--- Refer to Configuring Traffic Shaping on Frame Relay to ATM
!--- Service Interworking (FRF.8) PVCs for details on configuring
!--- traffic shaping for your PVCs.

「Note: 接続文までのIWF_Routerを、設定することが発行される間、VCは「INAC」としてshow atm vcshow atm pvc vpi/vciコマンドを発行した後示します。 また、フレームリレーDLCIはshow frame pvcコマンドを発行した後リストされた示しません(下記の出力を参照して下さい)。 この理由はFRF.8が2つのインターフェイス間の「相互接続」を提供していることです; 接続はそれらが接続(グローバルなレベル)コマンドによってリンクされるまで無効です。

IWF_Router# show atm vc
           VCD /                                           Peak   Avg/Min Burst
Interface  Name          VPI    VCI   Type   Encaps   SC   Kbps   Kbps    Cells   Sts
4/ima0.2   2              10    100   PVC    FRATMSRV UBR    1389                 INAC
IWF_Router# conf t
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
IWF_Router(config)# connect neko Serial5/0:0 101 ATM4/ima0 10/100 service-interworking
IWF_Router(config-frf8)# ^Z
IWF_Router#
1d03h: %SYS-5-CONFIG_I: Configured from console by vty0 (Cisco)
IWF_Router#
IWF_Router# show atm vc
           VCD /                                           Peak   Avg/Min Burst
Interface  Name          VPI    VCI   Type   Encaps   SC   Kbps   Kbps    Cells   Sts
4/ima0.2   2              10    100   PVC    FRATMSRV UBR    1389                  UP

IWF_Router# show frame-relay pvc


PVC Statistics for interface Serial5/0:0    (Frame Relay DTE)
IWF_Router#
IWF_Router# conf t
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
IWF_Router(config)# connect neko Serial5/0:0 101 ATM4/ima0 10/100 service-interworking
IWF_Router(config-frf8)# ^Z
IWF_Router#
1d03h: %SYS-5-CONFIG_I: Configured from console by vty0 (171.69.104.116)

IWF_Router# show frame-relay pvc

PVC Statistics for interface Serial5/0:0    (Frame Relay DTE)
              Active     Inactive      Deleted       Static
  Local          0            0            0            0
  Switched       1            0            0            0
  Unused         0            0            0            0

DLCI = 101, DLCI USAGE = FRF.8, PVC    STATUS = ACTIVE, INTERFACE = Serial5/0:0

  input pkts 0             output pkts 0               in bytes    0
  out bytes 0              dropped pkts 0              in pkts dropped 0
  out pkts dropped 0       out bytes dropped 0
  in FECN pkts 0           in BECN pkts 0              out FECN pkts 0
  out BECN pkts 0          in DE pkts 0                out DE pkts 0
  out bcast pkts 0         out bcast bytes 0
  5 minute input rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
  5 minute output rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
  switched pkts 0
  Detailed packet drop counters:
  no out intf 0            out intf down 0             no out PVC 0
  in PVC down 0            out PVC down 0              pkt too big 0
  shaping Q full 0         pkt above DE 0              policing drop 0 
  pvc create time 00:00:10, last time pvc status changed 00:00:09

検証

このセクションでは、設定が正常に動作しているかどうかを確認する際に役立つ情報を示します。

特定の show コマンドは、アウトプットインタープリタ(登録ユーザ専用)によってサポートされています。これにより、show コマンド出力の分析を表示できます。

「Note: Debug コマンドを使用する前に、『debug コマンドの重要な情報』を参照してください。

  • pingすればdebug ip icmp -この設定と、debug ip icmpを使用して応答をpingし、監視できるはずです。

    FR_Router# term mon
    FR_Router# debug ip icmp
    ICMP packet debugging is on
    FR_Router# ping 172.16.1.2
    Type escape sequence to abort.
    Sending 5, 100-byte ICMP Echos to 172.16.1.2, timeout is 2 seconds:
    !!!!!
    Success rate is 100 percent (5/5), round-trip min/avg/max = 8/11/12 ms
    FR_Router#
    5d03h: ICMP: echo reply rcvd, src 172.16.1.2, dst 172.16.1.1
    5d03h: ICMP: echo reply rcvd, src 172.16.1.2, dst 172.16.1.1
    5d03h: ICMP: echo reply rcvd, src 172.16.1.2, dst 172.16.1.1
    5d03h: ICMP: echo reply rcvd, src 172.16.1.2, dst 172.16.1.1
    5d03h: ICMP: echo reply rcvd, src 172.16.1.2, dst 172.16.1.1
    FR_Router# un all
    All possible debugging has been turned off
    
    ATM_Router# term mon
    ATM_Router# debug ip icmp
    ICMP packet debugging is on
    ATM_Router# ping 172.16.1.1
    Type escape sequence to abort.
    Sending 5, 100-byte ICMP Echos to 172.16.1.1, timeout is 2 seconds:
    !!!!!
    Success rate is 100 percent (5/5), round-trip min/avg/max = 8/10/12 ms
    ATM_Router#
    04:04:45: ICMP: echo reply rcvd, src 172.16.1.1, dst 172.16.1.2
    04:04:45: ICMP: echo reply rcvd, src 172.16.1.1, dst 172.16.1.2
    04:04:45: ICMP: echo reply rcvd, src 172.16.1.1, dst 172.16.1.2
    04:04:45: ICMP: echo reply rcvd, src 172.16.1.1, dst 172.16.1.2
    04:04:45: ICMP: echo reply rcvd, src 172.16.1.1, dst 172.16.1.2
    ATM_Router# un all
    All possible debugging has been turned off
    
  • show connection name {名前} -情報を、特定の接続についての設定されたインターワーキング・パラメータを含んで、表示して下さい。

    IWF_Router# show connection ?
      all       All Connections
      elements  Show Connection Elements
      id        ID Number
      name      Connection Name
      port      Port Number
    
    IWF_Router# show connect all
    
    ID  Name    Segment 1        Segment 2               State 
    ============================================================
    3   neko    Serial5/0:0 101  ATM4/ima0 10/100        UP 
    
    IWF_Router# show connect id 3 
    
    FR/ATM Service Interworking Connection: neko
      Status - UP
      Segment 1 - Serial5/0:0 DLCI 101
      Segment 2 - ATM4/ima0 VPI 10 VCI 100
      Interworking Parameters -
          service translation
          efci-bit 0
          de-bit map-clp
    
  • show ima interface - show ima interface atmコマンドはすべての設定されたIMAグループまたは特定のグループについての情報を提供します。 IMA接続を解決するための文書はこの資料の関連情報セクションで参照されます。

    show ima interface atm [スロット] /ima [グループ番号] [詳細]

    IWF_Router# show ima interface
    
    ATM4/ima0 is up
            ImaGroupState: NearEnd = operational, FarEnd = operational
            ImaGroupFailureStatus  = noFailure
    IMA Group Current Configuration:
            ImaGroupMinNumTxLinks = 1    ImaGroupMinNumRxLinks = 1
            ImaGroupDiffDelayMax  = 25   ImaGroupNeTxClkMode   = common(ctc)
            ImaGroupFrameLength   = 128  ImaTestProcStatus     = disabled
            ImaGroupTestLink      = 0    ImaGroupTestPattern   = 0xFF  
    IMA Link Information:
     Link                 Link Status              Test Status
    ------         ----------------------------   --------------
    ATM4/0         up                             disabled      
    ATM4/1         up                             disabled
    
    ATM_Router# show ima interface
    
    Interface ATM0/IMA0 is up
            Group index is 84
            Ne state is operational, failure status is noFailure
            Active links bitmap 0x3
        IMA Group Current Configuration:
            Tx/Rx configured links bitmap 0x3/0x3
            Tx/Rx minimum required links 1/1
            Maximum allowed diff delay is 25ms, Tx frame length 128
            Ne Tx clock mode CTC, configured timing reference link ATM0/0
            Test pattern procedure is disabled
        IMA Group Current Counters (time elapsed 372 seconds):
            0 Ne Failures, 0 Fe Failures, 0 Unavail Secs
        IMA Group Total Counters (last 32 15 minute intervals):
            2 Ne Failures, 2 Fe Failures, 53 Unavail Secs
        IMA link Information:
            Link     Physical Status       NearEnd Rx Status       Test Status 
            ----     ---------------       -----------------       ----------- 
            ATM0/0   up                    active                  disabled 
            ATM0/1   up                    active                  disabled
    
  • show interface atm -サブインターフェイスのためのshow interface atmコマンド出力はそのサブインターフェイスのVC単位のカウンターの合計を表します。 メインインターフェイス、またサブインターフェイスのためのshow interface atmコマンドの次の出力例。 これはそのATMアダプテーション・レイヤ5 (AAL5)カウンターのようなレイヤ2情報だけ、説明し、オペレーション、管理およびメンテナンス(OAM)セル数はサブインターフェイスに、表示されます。 サブインターフェイスカウンターがレイヤ2情報だけを示すので、メインインターフェイスのカウンターおよびサブインターフェイスは異なるかもしれません。 この相違点がパケットがどこに廃棄されているか判別する機能を高めることに注目して下さい。 たとえば、到着したパケットが、AAL5 Cyclic Redundancy Check(CRC; 巡回冗長検査)などのレイヤ 2 のチェックを通過して、着信 IP ACL が送信元または宛先 IP アドレスにドロップ アクションを指定する メインインターフェイスに転送されるとします。 このパケットはVCおよびサブインターフェイスだけとないメインインターフェイスのドロップ・カウンタを増分します。

    IWF_Router# show interface atm4/ima0
    ATM4/ima0 is up, line protocol is up
      Hardware is IMA PA
      MTU 4470 bytes, sub MTU 4470, BW 3046 Kbit, DLY 20000 usec,
         reliability 255/255, txload 1/255, rxload 1/255
      Encapsulation ATM, loopback not set
      Encapsulation(s): AAL5 
      1023 maximum active VCs, 1 current VCCs
      VC Auto Creation Disabled.
      VC idle disconnect time: 300 seconds
      0 carrier transitions
      Last input 09:04:45, output 03:39:25, output hang never
      Last clearing of "show interface" counters 08:44:27
      Input queue: 0/75/0/0 (size/max/drops/flushes); Total output drops: 0
      Queueing strategy: Per VC Queueing
      5 minute input rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
      5 minute output rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
         38289 packets input, 39370916 bytes, 0 no buffer
         Received 0 broadcasts, 0 runts, 0 giants, 0 throttles
         0 input errors, 0 CRC, 0 frame, 0 overrun, 0 ignored, 0 abort
         38278 packets output, 39368227 bytes, 0 underruns
         0 output errors, 0 collisions, 0 interface resets
         0 output buffer failures, 0 output buffers swapped out
    
    IWF_Router# show int atm4/ima0.2
    ATM4/ima0.2 is up, line protocol is up 
      Hardware is IMA PA
      MTU 4470 bytes, BW 3046 Kbit, DLY 20000 usec, 
         reliability 255/255, txload 1/255, rxload 1/255
      Encapsulation ATM
      321 packets input, 219440 bytes  304 packets output, 218967 bytes
      0 OAM cells input, 0 OAM cells output
      Last clearing of "show interface" counters never
    
    ATM_Router# show interface atm0/ima0
    ATM0/IMA0 is up, line protocol is up 
      Hardware is ATM IMA
      MTU 4470 bytes, sub MTU 4470, BW 3072 Kbit, DLY 20000 usec, 
         reliability 255/255, txload 1/255, rxload 1/255
      Encapsulation ATM, loopback not set
      Encapsulation(s): AAL5
      255 maximum active VCs, 1024 VCs per VP, 1 current VCCs
      VC idle disconnect time: 300 seconds
      Last input 03:38:45, output 03:38:45, output hang never
      Last clearing of "show interface" counters never
      Input queue: 0/75/0/0 (size/max/drops/flushes); Total output drops: 0
      Queueing strategy: None
      5 minute input rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
      5 minute output rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
         38285 packets input, 39521963 bytes, 0 no buffer
         Received 0 broadcasts, 0 runts, 0 giants, 0 throttles
         0 input errors, 0 CRC, 0 frame, 0 overrun, 0 ignored, 0 abort
         38324 packets output, 39527696 bytes, 0 underruns
         0 output errors, 0 collisions, 2 interface resets
         0 output buffer failures, 0 output buffers swapped out
    
    ATM_Router# show int atm0/ima0.2
    ATM0/IMA0.2 is up, line protocol is up 
      Hardware is ATM IMA
      Internet address is 172.16.1.2/28
      MTU 4470 bytes, BW 3072 Kbit, DLY 20000 usec, 
         reliability 255/255, txload 1/255, rxload 1/255
      Encapsulation ATM
      5 packets input, 560 bytes
      8 packets output, 872 bytes
      0 OAM cells input, 0 OAM cells output
      AAL5 CRC errors : 0
      AAL5 SAR Timeouts : 0
      AAL5 Oversized SDUs : 0
      AAL5 length violation : 0
      AAL5 CPI Error : 0
    ATM_Router#
  • show atm vc:ルータの Virtual Circuit(VC; 仮想回線)テーブルを表示し、ATM PVC が「FRATMSRV」カプセル化を使用していることを確認します。 この例のVPI/VCI値が同じであることに注意して下さい。 続けてATM設定では同じPVC値は仮想接続(VPI/VCI)間のスイッチングの機能を行うATMスイッチの不在で使用されます。

    IWF_Router# show atm vc
               VCD /                                        Peak  Avg/Min Burst
    Interface  Name         VPI   VCI  Type   Encaps   SC   Kbps   Kbps   Cells  Sts
    4/ima0.2   2             10   100  PVC    FRATMSRV UBR    1489                UP
    ATM_Router# show atm vc
               VCD /                                        Peak  Avg/Min Burst
    Interface  Name         VPI   VCI  Type   Encaps   SC   Kbps   Kbps   Cells  Sts
    0/IMA0.2   3             10   100  PVC    SNAP     UBR    1489                UP
    
  • show atm pvc - VC単位の統計情報を表示し、バーチャル・サーキットで送受信されるパケットカウンタ(前に/後SAR)の表示を許可します。 OAMのPVCを管理する方法の情報に関しては参照しまOAMをPVC管理のために使用します。 さもなければPVCステータスは本当PVCステータスに関係なく「の上で」、常に表示します。

    IWF_Router# show atm pvc 10/100
    ATM4/ima0.2: VCD: 2, VPI: 10, VCI: 100
    UBR, PeakRate: 1389
    AAL5-FRATMSRV, etype:0x15, Flags: 0x23, VCmode: 0x0
    OAM frequency: 0 second(s), OAM retry frequency: 1 second(s)
    OAM up retry count: 3, OAM down retry count: 5
    OAM Loopback status: OAM Disabled
    OAM Managed VC Status: Not Managed
    ILMI Managed VC status: Not Managed
    InARP DISABLED
    Transmit priority 4
    InPkts: 38114, OutPkts: 38136, InBytes: 39354048, OutBytes: 39354372
    InPRoc: 5, OutPRoc: 0, Broadcasts: 0
    InFast: 38109, OutFast: 38136, InAS: 0, OutAS: 0
    InPktDrops: 0, OutPktDrops: 0/0/0 (holdq/outputq/total)
    CrcErrors: 0, SarTimeOuts: 0, OverSizedSDUs: 0, LengthViolation: 0, CPIErrors: 0
    Out CLP=1 Pkts: 0
    OAM cells received: 0
    F5 InEndloop: 0, F5 InSegloop: 0, F5 InAIS: 0, F5 InRDI: 0
    F4 InEndloop: 0, F4 InSegloop: 0, F4 InAIS: 0, F4 InRDI: 0
    OAM cells sent: 0
    F5 OutEndloop: 0, F5 OutSegloop: 0, F5 OutRDI: 0
    F4 OutEndloop: 0, F4 OutSegloop: 0, F4 OutRDI: 0
    OAM cell drops: 0
    Status: UP
    
    ATM_Router# show atm pvc 10/100
    ATM0/IMA0.2: VCD: 3, VPI: 10, VCI: 100
    UBR, PeakRate: 1489
    AAL5-LLC/SNAP, etype:0x0, Flags: 0x20, VCmode: 0x0
    OAM frequency: 0 second(s), OAM retry frequency: 1 second(s)
    OAM up retry count: 3, OAM down retry count: 5
    OAM Loopback status: OAM Disabled
    OAM VC state: Not Managed
    ILMI VC state: Not Managed
    InARP frequency: 15 minutes(s)
    Transmit priority 4
    InPkts: 38182, OutPkts: 38170, InBytes: 39512024, OutBytes: 39512732
    InPRoc: 38173, OutPRoc: 38161, Broadcasts: 0
    InFast: 9, OutFast: 9, InAS: 0, OutAS: 0
    InPktDrops: 0, OutPktDrops: 0/0/0 (holdq/outputq/total)
    CrcErrors: 0, SarTimeOuts: 0, OverSizedSDUs: 0, LengthViolation: 0, CPIErrors: 0
    OAM cells received: 0
    F5 InEndloop: 0, F5 InSegloop: 0, F5 InAIS: 0, F5 InRDI: 0
    F4 InEndloop: 0, F4 InSegloop: 0, F4 InAIS: 0, F4 InRDI: 0
    OAM cells sent: 0
    F5 OutEndloop: 0, F5 OutSegloop: 0, F5 OutRDI: 0
    F4 OutEndloop: 0, F4 OutSegloop: 0, F4 OutRDI: 0
    OAM cell drops: 0
    Status: UP
    
  • インターフェイスがデータ端末装置(DTE)で設定されることをshow interface serial -確認して下さい。 この例時間を記録することでフレームリレースイッチによって両方のフレームリレールータに提供されています(描写されない)。 その結果、両側はDTEのために設定されます。 バックツーバック構成では適切なタイミングを確認するために、一方はDCEおよびDTEのための他のために設定される必要があります。

    IWF_Router# show interface s5/0:0
    Serial5/0:0 is up, line protocol is up
      Hardware is Multichannel T1
      MTU 1500 bytes, BW 1536 Kbit, DLY 20000 usec, 
         reliability 255/255, txload 47/255, rxload 48/255
      Encapsulation FRAME-RELAY IETF, crc 16, Data non-inverted
      Keepalive set (10 sec)
      LMI enq sent  846, LMI stat recvd 846, LMI upd recvd 0, DTE LMI up
      LMI enq recvd 0, LMI stat sent  0, LMI upd sent  0
      LMI DLCI 0  LMI type is ANSI Annex D  frame relay DTE
      FR SVC disabled, LAPF state down
      Broadcast queue 0/64, broadcasts sent/dropped 0/0, interface broadcasts 0
      Last input 00:00:02, output 00:00:00, output hang never
      Last clearing of "show interface" counters 02:20:54
      Input queue: 0/75/0/0 (size/max/drops/flushes); Total output drops: 0
      Queueing strategy: weighted fair
      Output queue: 0/1000/64/0 (size/max total/threshold/drops)
         Conversations  0/1/16 (active/max active/max total)
         Reserved Conversations 0/0 (allocated/max allocated)
         Available Bandwidth 1152 kilobits/sec
      5 minute input rate 291000 bits/sec, 50 packets/sec
      5 minute output rate 289000 bits/sec, 50 packets/sec
         24221 packets input, 24052050 bytes, 0 no buffer
         Received 0 broadcasts, 0 runts, 0 giants, 0 throttles
         0 input errors, 0 CRC, 0 frame, 0 overrun, 0 ignored, 0 abort
         24150 packets output, 23900260 bytes, 0 underruns
         0 output errors, 0 collisions, 0 interface resets
         0 output buffer failures, 0 output buffers swapped out
         0 carrier transitions
      no alarm present
      Timeslot(s) Used:1-24, subrate: 64Kb/s, transmit delay is 0 flags
    
    FR_Router# show interface s0/0
    Serial0/0 is up, line protocol is up 
      Hardware is PQUICC with Fractional T1 CSU/DSU
      Internet address is 172.16.1.1/28
      MTU 1500 bytes, BW 1544 Kbit, DLY 20000 usec, 
         reliability 255/255, txload 62/255, rxload 62/255
      Encapsulation FRAME-RELAY IETF, loopback not set
      Keepalive set (10 sec)
      LMI enq sent  43280, LMI stat recvd 43264, LMI upd recvd 0, DTE LMI up
      LMI enq recvd 12, LMI stat sent  0, LMI upd sent  0
      LMI DLCI 0  LMI type is ANSI Annex D  frame relay DTE
      Broadcast queue 0/64, broadcasts sent/dropped 5722/0, interface broadcasts 0
      Last input 00:00:00, output 00:00:00, output hang never
      Last clearing of "show interface" counters 5d00h
      Input queue: 1/75/1/0 (size/max/drops/flushes); Total output drops: 0
      Queueing strategy: weighted fair
      Output queue: 0/1000/64/0 (size/max total/threshold/drops)
         Conversations  0/1/256 (active/max active/max total)
         Reserved Conversations 0/0 (allocated/max allocated)
         Available Bandwidth 1158 kilobits/sec
      5 minute input rate 379000 bits/sec, 49 packets/sec
      5 minute output rate 381000 bits/sec, 49 packets/sec
         85211 packets input, 39422145 bytes, 0 no buffer
         Received 0 broadcasts, 0 runts, 2 giants, 0 throttles
         2561 input errors, 655 CRC, 1866 frame, 0 overrun, 0 ignored, 38 abort
         85426 packets output, 39745386 bytes, 0 underruns
         0 output errors, 0 collisions, 11 interface resets
         0 output buffer failures, 0 output buffers swapped out
         1 carrier transitions
         DCD=up  DSR=up  DTR=up  RTS=up  CTS=up
    
  • フレームリレー接続の両側が同じローカル管理インターフェイス(LMI)タイプを使用していることをshow frame-relay lmi -確認して下さい。 、余りに、こと「数字ステータスEnq確認して下さい。 「数字ステータスメッセージRcvd」送信された」および値は同じ値およそ増分して、です。

    FR_Router# show frame-relay lmi
    LMI Statistics for interface Serial0/0 (Frame Relay DTE) LMI TYPE = ANSI
    Invalid Unnumbered info 0               Invalid Prot Disc 0
    Invalid dummy Call Ref 0                Invalid Msg Type 0
    Invalid Status Message 0                Invalid Lock Shift 0
    Invalid Information ID 0                Invalid Report IE Len 0
    Invalid Report Request 0                Invalid Keep IE Len 0
    Num Status Enq. Sent 43307              Num Status msgs Rcvd 43291
    Num Update Status Rcvd 0                Num Status Timeouts 16 
    
    IWF_Router# show frame-relay lmi
    
    LMI Statistics for interface Serial5/0:0 (Frame Relay DTE) LMI TYPE = ANSI
    Invalid Unnumbered info 0                 Invalid Prot Disc 0
    Invalid dummy Call Ref 0                  Invalid Msg Type 0
    Invalid Status Message 0                  Invalid Lock Shift 0
    Invalid Information ID 0                  Invalid Report IE Len 0
    Invalid Report Request 0                  Invalid Keep IE Len 0
    Num Status Enq. Sent 910                  Num Status msgs Rcvd 910
    Num Update Status Rcvd 0                  Num Status Timeouts
    
  • IWF_RouterおよびFR_Routerがアクティブであること、そしてIWF_Routerが接続のためのスイッチとして機能していることをshow frame-relay pvc -確認して下さい。 「DLCI使用状況を= FRF.8"探して下さい。

    「Note: IWF_RouterルータのシリアルインターフェイスおよびATMインターフェイスはIPアドレスを必要としません。 インターフェイスはレイヤ2で切り替わっています。

    IWF_Router# show frame-relay pvc
    
    PVC Statistics for interface Serial5/0:0 (Frame Relay DTE)
    
                Active      Inactive      Deleted       Static
      Local        0             0            0            0
      Switched     1             0            0            0
      Unused       0             0            0            0
    
    DLCI = 101, DLCI USAGE = FRF.8, PVC    STATUS = ACTIVE, INTERFACE = Serial5/0:0
    
     input pkts 38131 output pkts 38104    in bytes 39353832 
       out bytes 39200552 dropped pkts 0 in pkts dropped 0 
       out pkts dropped 0 out bytes dropped 0 
       in FECN pkts 0 in BECN pkts 0 out FECN pkts 0 
       out BECN pkts 0 in DE pkts 0 out DE pkts 0 
       out bcast pkts 0 out bcast bytes 0 
       5 minute input rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
       5 minute output rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
       switched pkts 38131 
       Detailed packet drop counters:
       no out intf 0 out intf down 0 no out PVC 0 
       in PVC down 0 out PVC down 0 pkt too big 0 
       shaping Q full 0 pkt above DE 0 policing drop 0 
       pvc create time 01:02:23, last time pvc status changed 01:02:23
    
    FR_Router# show frame-relay pvc
    
    PVC Statistics for interface Serial0/0 (Frame Relay DTE)
    
                  Active     Inactive      Deleted       Static
       Local         1            0            0            0
       Switched      0            0            0            0
       Unused        0            0            0            0
    
    DLCI = 100, DLCI USAGE = LOCAL, PVC    STATUS = ACTIVE, INTERFACE = Serial0/0
    
     input pkts 38207 output pkts 38272    in bytes 39160532 
       out bytes 39215788 dropped pkts 0 in pkts dropped 0 
       out pkts dropped 0 out bytes dropped 0 
       in FECN pkts 0 in BECN pkts 0 out FECN pkts 0 
       out BECN pkts 0 in DE pkts 0 out DE pkts 0 
       out bcast pkts 2 out bcast bytes 68 
       5 minute input rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
       5 minute output rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
       pvc create time 06:11:46, last time pvc status changed 02:44:54
    

トラブルシューティング

このセクションでは、設定のトラブルシューティングに役立つ情報を説明します。

トラブルシューティングのためのコマンド

特定の show コマンドは、アウトプットインタープリタ(登録ユーザ専用)によってサポートされています。これにより、show コマンド出力の分析を表示できます。

「Note: Debug コマンドを使用する前に、『debug コマンドの重要な情報』を参照してください。

  • debug frame lmi:送受信される LMI パケットの増加を確認します。 次の出力はFR_Routerで生成されました。 シーケンス番号が各送信するのために増分し、スイッチから見られるシーケンス番号が同じをすることに注意して下さい。 LMIのトラブルシューティングに関する詳細については、この資料の関連情報セクションを参照して下さい。

    FR_Router# term mon
    FR_Router# debug frame lmi
    Frame Relay LMI debugging is on
    Displaying all Frame Relay LMI data
    FR_Router#
    5d04h: Serial0/0(out): StEnq, myseq 140, yourseen 139, DTE up
    5d04h: datagramstart = 0x2C01254, datagramsize = 14
    5d04h: FR encap = 0x000103085d04h: 00 75 95 01 01 01 03 02 8C 8B 
    5d04h: 
    5d04h: Serial0/0(in): Status, myseq 140
    5d04h: RT IE 1, length 1, type 1
    5d04h: KA IE 3, length 2, yourseq 140, myseq 140
    5d04h: Serial0/0(out): StEnq, myseq 141, yourseen 140, DTE up
    5d04h: datagramstart = 0x2C014D4, datagramsize = 14
    5d04h: FR encap = 0x00010308
    5d04h: 00 75 95 01 01 01 03 02 8D 8C 
    5d04h: 
    5d04h: Serial0/0(in): Status, myseq 141
    5d04h: RT IE 1, length 1, type 1
    5d04h: KA IE 3, length 2, yourseq 141, myseq 141
    FR_Router#
    FR_Router# un all
    All possible debugging has been turned off
    
  • debug atm packet interface atm vpi vciおよびdebug frame-relay packet -特定のエンドポイントのパケットレベルデコードをキャプチャして下さい。 細心の注意はこれらのコマンドでデバッグした場合必要があります使用する。 見るので、多くの出力は生成されます。 表示するとき、デバッグトラフィックの方向注は受信の発信のためにと(o) (i)示され。 ATNデバッギングが全体のパケット(後SAR)をデコードするのでですVPI 10 VCI 100上の172.16.1.1および宛先172.16.1.2のソースのルーティングされたパケット今最初の(I) nboundを言うことができます。 ペイロード部分にですABCD、これですCiscoルータのPINGのためのデフォルト注意して下さい。 ペイロードは拡張pingコマンドで変更することができます。

    16 進数 Binary
    送信元 AC 10 01 01 172.16.1.1
    Destination AC 10 01 02 172.16.1.2
    VPI 0xA 10
    VCI 0x64 100

    ATM_Router# term mon
    ATM_Router#debug atm packet int atm0/ima0.2
    ATM packets debugging is on
    Displaying packets on interface ATM0/IMA0.2 only
    ATM_Router#
    04:37:43: ATM0/IMA0.2(I): 
    VCD:0x3 VPI:0xA VCI:0x64 Type:0x0 SAP:AAAA CTL:03 OUI:000000 TYPE:0800 Length:0x70
    04:37:43: 4500 0064 605B 0000 FE01 021A AC10 0101 AC10 0102 0800 BAD8 1F72 03CF 0000 
    04:37:43: 0000 1AB2 857E ABCD ABCD ABCD ABCD ABCD ABCD ABCD ABCD ABCD ABCD ABCD ABCD 
    04:37:43: ABCD ABCD ABCD ABCD ABCD ABCD ABCD ABCD ABCD ABCD ABCD ABCD ABCD ABCD ABCD 
    04:37:43: ABCD ABCD ABCD ABCD ABCD 
    04:37:43: 
    04:37:43: ATM0/IMA0.2(O): 
    VCD:0x3 VPI:0xA VCI:0x64 DM:0x100 SAP:AAAA CTL:03 OUI:000000 TYPE:0800 Length:0x70
    04:37:43: 4500 0064 605B 0000 FF01 011A AC10 0102 AC10 0101 0000 C2D8 1F72 03CF 0000 
    04:37:43: 0000 1AB2 857E ABCD ABCD ABCD ABCD ABCD ABCD ABCD ABCD ABCD ABCD ABCD ABCD 
    04:37:43: ABCD ABCD ABCD ABCD ABCD ABCD ABCD ABCD ABCD ABCD ABCD ABCD ABCD ABCD ABCD 
    04:37:43: ABCD ABCD ABCD ABCD ABCD 
    04:37:43: 
    <balance of output omitted>
    ATM_Router# un all
    All possible debugging has been turned off
    
    FR_Router# term mon
    FR_Router# debug frame-relay packet int s0/0
    Frame Relay packet debugging is on
    Displaying packets on interface Serial0/0 only
    FR_Router# ping 172.16.1.2
    
    Type escape sequence to abort.
    Sending 5, 100-byte ICMP Echos to 172.16.1.2, timeout is 2 seconds:
    !!!!!
    Success rate is 100 percent (5/5), round-trip min/avg/max = 16/17/20 ms
    FR_Router#
    5d04h: Serial0/0(o): dlci 100(0x1841), NLPID 0x3CC(IP), datagramsize 104
    5d04h: Serial0/0(i): dlci 100(0x1841), NLPID 0x3CC(IP), datagramsize 104
    5d04h: Serial0/0(o): dlci 100(0x1841), NLPID 0x3CC(IP), datagramsize 104
    5d04h: Serial0/0(i): dlci 100(0x1841), NLPID 0x3CC(IP), datagramsize 104
    5d04h: Serial0/0(o): dlci 100(0x1841), NLPID 0x3CC(IP), datagramsize 104
    5d04h: Serial0/0(i): dlci 100(0x1841), NLPID 0x3CC(IP), datagramsize 104
    5d04h: Serial0/0(o): dlci 100(0x1841), NLPID 0x3CC(IP), datagramsize 104
    5d04h: Serial0/0(i): dlci 100(0x1841), NLPID 0x3CC(IP), datagramsize 104
    5d04h: Serial0/0(o): dlci 100(0x1841), NLPID 0x3CC(IP), datagramsize 104
    5d04h: Serial0/0(i): dlci 100(0x1841), NLPID 0x3CC(IP), datagramsize 104
    FR_Router# un all
    All possible debugging has been turned off
    

PINGのためのデータパターンの変更

FR_Router# ping ip
Target IP address: 172.16.1.2
Repeat count [5]: 
Datagram size [100]: 
Timeout in seconds [2]: 
Extended commands [n]: y
Source address or interface: 
Type of service [0]: 
Set DF bit in IP header? [no]: 
Validate reply data? [no]: 
Data pattern [0xABCD]:

それ以上のインターフェース別トラブルシューティングに役立つヒントは下記のテクノロジー関連文書で見つけることができます。

関連情報