音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

Cisco CallManager での MGCP ゲートウェイのモニタ、リセット、および削除

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 11 月 11 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Cisco メディア ゲートウェイ コントロール プロトコル(MGCP)ゲートウェイでモニタおよび報告するために、Performance Monitor(PM)を設定する方法について説明します。 また、このドキュメントでは、MGCP ゲートウェイをリセットする方法、必要に応じて、MGCP ゲートウェイを削除する方法を説明します。

またこれらの変数を監察するのに Cisco 管理 サービサビリティ ツール(AST)を使用できます。 Webブラウザのおよび Windows Terminal Services のための必要のない AST を起動できます。 AST プロシージャおよびウィンドウに関しては、Cisco AST が付いているモニタ MGCP ゲートウェイを参照して下さい。

この資料は設定 される 6 資料の Part 6 あります:

  1. IOS MGCP ゲートウェイ(アナログ FXO、FXS ポート)を使用した Cisco CallManager の設定

  2. Cisco IOS MGCP ゲートウェイの設定

  3. Cisco CallManager サーバ上の MGCP ゲートウェイおよび FXO/FXS ポートの設定

  4. Cisco IOS MGCP ゲートウェイの検証およびトラブルシューティング

  5. デバッグ MGCP パケットの例

  6. Cisco CallManager での MGCP ゲートウェイのモニタ、リセット、および削除

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

この設定は下記のものでテストされました:

  • Cisco CallManager 3.0、3.1、3.2、および 4.0

  • Cisco IOS のさまざまなバージョンか。 ソフトウェア 12.2 イメージ

  • Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.3(4)T1

スクリーン ショットおよび Cisco IOSコンフィギュレーションはこのソフトウェア、ハードウェアおよび他の機器の使用とキャプチャ されました:

  • 1 * Cisco VG200/2 X Foreign Exchange Station (FXS)/2 X 外国為替事務所(FXO)/1 FastEthernet 10/100 のポート; Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.1(5)T

  • 1 * Media Convergence Server (MCS) 7835 で動作する Cisco Unified CallManager 3.0(5a)

  • 1 * Cisco Unified CallManager 4.0 MCS 7835 で実行する

  • アナログ電話機 X 2

  • Cisco 7960 IP Phone X 2

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

Cisco Unified CallManager と Cisco IOSゲートウェイ間の互換性に関するソフトウェア バージョン 推奨事項に関する詳細については Cisco Unified CallManager Compatibility Matrix を参照して下さい。

: ccm-manager コマンド機能拡張が理由で Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.2(11)T またはそれ以降を使用して下さい。 ccm-manager コマンドは Cisco 2600 および 3600 を含むすべてのルータの Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.1(5)xm か後の方で VG200 をおよび必要とします。

ルータが Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.1(3)T またはそれ以降を実行する場合 Cisco 2600 および 3600 ルータ サポート MGCP。 必要なリリースとバージョンは、有効にする必要のある機能によって異なります。 Cisco CallManager サーバで、バージョン 3.0(5)a 以降を実行している必要があります。 ルータの設定は、すべてのタイプのルータで同一です。 Cisco CallManager の設定も、すべてのタイプのルータで同一です。

VG200 は Cisco IOS ソフトウェア Release 12.1(5)xm1 と それ以降によってサポートされます。 必要なリリースとバージョンは、有効にする必要のある機能によって異なります。 VG200 が Cisco Unified CallManager の以前のリリースでサポートされるが、バージョン 3.0(5)a または それ 以降を使用して下さい。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

実行する作業

タスク 1: MGCP ゲートウェイを監視して下さい

パフォーマンスモニタを設定し、使用して下さい(Cisco CallManager Version 3.2 およびそれ以前のために)

このタスクでは、Cisco CallManager サーバの MGCP ゲートウェイコンフィギュレーションの現在のステータスで報告するために PM を設定します。 PM は MGCP ゲートウェイが設定したおよびポートの状態を示しますことポート。

  1. PM を開いて下さい。

    /image/gif/paws/42103/cm_vfy1.gif

  2. 『Add Counters』 を選択 して下さい。

  3. Performance Object メニューから、すべてのカウンターを『Cisco MGCP Gateways』 を選択 し、選択して下さい。

    すべてのカウンターを選択するために、それらをそれぞれクリックするか、またはすべてのカウンター オプション ボタンをクリックできます。

    /image/gif/paws/42103/cm_vfy2.gif

  4. 『Add』 をクリック し、『Close』 をクリック して下さい。

  5. レポート モードに切り替えて下さい。

    モードを報告するために切り替えるために View Report アイコンをクリックして下さい。

    /image/gif/paws/42103/cm_vfy3.gif

  6. 設定されたデバイスが現われることを確認して下さい。

    この設定では、2 FXS (ステーション)ポート 稼働中および 1 FXO (トランク)チャネル 稼働中を探して下さい。 この例のレポートはこれらのデバイスを確認します。 2 StationPortsInService および 1 TrunkVoiceChannelsInService があります。 これらは名前 vg200a で MGCP ゲートウェイのための Cisco Unified CallManager で設定した MGCP メンバーです。

    cm_vfy4.gif

    設定したメンバーがレポートに現われない場合、正しいゲートウェイを選択したこと確かめて下さい。 正しい MGCP ゲートウェイを選択した場合、2 に任せることを続行して下さい: MGCP ゲートウェイをリセットして下さい

  7. FXS 1/1/0 から 1/1/1 にコールを作って下さい。

    このウィンドウで、予期された動作であるステーションポートが両方ともアクティブであることがわかります、:

    cm_vfy5.gif

  8. IP Phone から FXS ポート 1/1/0 にコールを作って下さい。

    この画面では、予期された動作である 1 つのステーションポートだけアクティブであることがわかります。 1 StationsPortsActive があります:

    cm_vfy6.gif

  9. FXS 1/1/0 から Public Switched Telephone Network (PSTN)の使用の外部行にコールを作って下さい。

    このウィンドウで、1 つのステーションポートがアクティブであり、予期された動作である 1 トランク ポートがアクティブであることがわかります。 1 StationsPortsActive および 1 TrunkVoiceChannelsActive があります:

    cm_vfy7.gif

    今 PM のセットアップを完了しました。 今設定をトラブルシューティングするために PM を使用し始めることができます。

    場合によっては信じること、レポートは場合がありますすべてのステーションを示さないためにまたは MGCP メンバーは、設定しました。 この失敗が発生する場合、MGCP ゲートウェイをリセットすることを試みて下さい。 ゲートウェイをリセットするために、タスク 2 のステップを完了して下さい: MGCP ゲートウェイをリセットして下さい

パフォーマンスモニタを設定し、使用して下さい(Cisco CallManagerバージョン 4.0 および それ以降のために)

このタスクでは、Cisco CallManager サーバの MGCP ゲートウェイコンフィギュレーションの現在のステータスで報告するために PM を設定します。 PM は MGCP ゲートウェイが設定したおよびポートの状態を示しますことポート。

  1. PM を開いて下さい。

    /image/gif/paws/42103/cm_vfy1.gif

  2. 『Add Counters』 を選択 して下さい。

  3. Performance Object メニューから、すべてのカウンターを『Cisco MGCP Gateways』 を選択 し、選択して下さい。

    すべてのカウンターを選択するために、それらをそれぞれクリックするか、またはすべてのカウンター オプション ボタンをクリックできます。

    /image/gif/paws/42103/cm_vfy8.gif

  4. 『Add』 をクリック し、『Close』 をクリック して下さい。

  5. レポート モードに切り替えて下さい。

    モードを報告するために切り替えるために View Report アイコンをクリックして下さい。

    /image/gif/paws/42103/cm_vfy9.gif

  6. 設定されたデバイスが現われることを確認して下さい。

    この設定では、2 FXS (ステーション)ポート 稼働中があります。 2 つ FXSPortsInService を見ます。 これらは名前 voice_r4 で MGCP ゲートウェイのための Cisco Unified CallManager で設定される MGCP メンバーです。

    cm_vfy10.gif

    設定したメンバーがレポートに現われない場合、正しいゲートウェイを選択したこと確かめて下さい。 正しい MGCP ゲートウェイを選択した場合、2 に任せることを続行して下さい: MGCP ゲートウェイをリセットして下さい

  7. FXS 1/1/0 から 1/1/1 にコールを作って下さい。

    このウィンドウで、予期された動作であるステーションポートが両方ともアクティブであることがわかります、:

    cm_vfy11.gif

Cisco AST が付いている MGCP ゲートウェイを監視して下さい

またこれらの変数を監察するために Cisco AST を使用できます。 このセクションはプロシージャを提供します:

  1. このウィンドウが表示するように、Tools > Admin Serviceability Tool の順に選択 して下さい:

    /image/gif/paws/42103/cm_vfy12.gif

  2. Performance タブの下で『Cisco MGCP Gateways』 を選択 して下さい。

    /image/gif/paws/42103/cm_vfy13.gif

Cisco Unified CallManager サービサビリティ 実時間監視 ツールの MGCP ゲートウェイを監視して下さい

変数を監察するために Cisco Unified CallManager サービサビリティ 実時間監視 ツール(RTMT)を使用できます。 このセクションはプロシージャを提供します:

  1. RTMT を開いて下さい。

    /image/gif/paws/42103/cm_vfy14.gif

  2. ツールへのログイン。

    /image/gif/paws/42103/cm_vfy15.gif

  3. Perfmon > Open Perfmon Monitoring の順に選択 して下さい。

  4. 監視したいと思う変数を『Cisco MGCP Gateways』 を選択 し、選択して下さい。

    /image/gif/paws/42103/cm_vfy16.gif

タスク 2: MGCP ゲートウェイのリセット

MGCP ゲートウェイで設定したメンバーが PM に現われなかった場合、MGCP ゲートウェイをリセットすることを試みて下さい。 このセクションのステップを完了し、次にタスク 1 を繰り返して下さい: MGCP ゲートウェイを監視して下さい

  1. Device > Gateway の順に選択 して下さい。

    /image/gif/paws/42103/cm_vfy17.gif

    これに類似したであるウィンドウを見ます:

    /image/gif/paws/42103/cm_vfy18.gif

  2. [Find] をクリックします。

    これに類似したであるウィンドウを見ます:

    /image/gif/paws/42103/cm_vfy19.gif

  3. 作成したゲートウェイを選択して下さい。

    この場合、ゲートウェイは VG200A です。

    注意 注意: このウィンドウの Reset オプションは Cisco Unified CallManager のバージョンではたらきません。 Reset オプションがはたらかない場合、ステップ 4 のウィンドウが表示する Reset Gateway オプションを使用して下さい。

  4. [Reset Gateway] をクリックします。

    /image/gif/paws/42103/cm_vfy20.gif

    このウィンドウは VG200 の FXO ポート 1/0/1 が設定されたことを表示します。 システムにこの設定が別のトピックのドキュメントを作成するためにあります。 しかしこの資料はこのポートを使用しません。

  5. 『Reset Gateway』 を選択 して下さい。

    /image/gif/paws/42103/cm_vfy21.gif

  6. [Reset] をクリックします。

  7. 1 に任せるために戻して下さい: ステップを再度完了するために MGCP ゲートウェイを監視して下さい

    タスク 1 の完了とそれでも不成功である場合、資料 Cisco IOS MGCP ゲートウェイの検証およびトラブルシューティングを参照して下さい。 MGCP ゲートウェイコンフィギュレーションが正しいようである場合 3 に任せることを続行して下さい: MGCP ゲートウェイを削除して下さい

タスク 3: MGCP ゲートウェイを削除して下さい

場合によっては MGCP ゲートウェイコンフィギュレーションを確認した後、PM はまだ場合があります設定した MGCP メンバーを表示するために。 全体の MGCP ゲートウェイを削除し、作り直して下さい。 この操作は問題を解決します。

注意 注意: このステップを取消すことができません。 MGCP ゲートウェイを削除する前に、ゲートウェイを作り直すのに必要なすべての情報があること確かめて下さい。 最終的な解決策としてだけタスク 3 を使用して下さい。

  1. Device > Gateway の順に選択 して下さい。

    /image/gif/paws/42103/cm_vfy17.gif

    これに類似したであるウィンドウを見ます:

    /image/gif/paws/42103/cm_vfy18.gif

  2. [Find] をクリックします。

    これに類似したであるウィンドウを見ます:

    /image/gif/paws/42103/cm_vfy19.gif

  3. 作成したゲートウェイを選択して下さい。

    この場合、ゲートウェイは VG200A です。

    これに類似したであるウィンドウを見ます:

    /image/gif/paws/42103/cm_vfy22.gif

  4. [Delete] をクリックします。

    このダイアログボックスを見ます:

    cm_vfy23.gif

  5. [OK] をクリックします。

  6. MGCP ゲートウェイを作成するのに必要なステップを繰り返して下さい。


関連情報


Document ID: 42103