音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

Cisco CallManager サーバ上の MGCP ゲートウェイおよび FXO/FXS ポートの設定

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、次の方法について説明します。

  • Media Gateway Control Protocol (MGCP) ゲートウェイを追加して下さい。

  • Cisco CallManager 3.x および 4.x サーバに追加されたゲートウェイの Foreign Exchange Station (FXS)および外国為替事務所 (FXO) ポートを追加し、設定して下さい。

症状:

アナログの FXO ポートと FXS ポートがある Cisco IOS MGCP ゲートウェイで、Cisco CallManager を設定する際に発生する可能性のある症状には、次のものがあります。

  • MGCP ゲートウェイが Cisco CallManager に登録されない。 『Cisco Unified CallManager の MGCP ゲートウェイの登録失敗』を参照してください。

  • FXO ポートで発信者 ID が機能しない。 これは、MGCP 用に設定されている場合、FXO ポートでは発信者 ID をサポートしていないことが原因です。 代わりに、H.323 モードでゲートウェイを設定します。

  • ユーザが完全にオフフックにならないと、フックフラッシュ時にオーバーヘッド ページングが FXO ポートをロックアップする。 shut に続けて no shut を発行した場合、ポートはリセットされません。 これは Cisco Bug ID CSCef62275登録ユーザ専用)に関連する問題であり、Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.3(14)T 以降では解決されています。

この資料は設定 される 6 資料の一部 3 です。

  1. IOS MGCP ゲートウェイ(アナログ FXO、FXS ポート)を使用した Cisco CallManager の設定

  2. Cisco IOS の設定か。 Media Gateway Control Protocol (MGCP) ゲートウェイ

  3. Cisco CallManager サーバ上の MGCP ゲートウェイおよび FXO/FXS ポートの設定

  4. Cisco IOS MGCP ゲートウェイの確認とトラブルシューティング

  5. デバッグ MGCP パケットの例

  6. Cisco CallManager での MGCP ゲートウェイのモニタ、リセット、および削除

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • 1 * Cisco VG200/2 X FXS/2 X FXO/1 FastEthernet 10/100 のポート。 Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.1(5)T

  • 1 * MCS7835 で動作する Cisco Unified CallManager 3.0(5a)

  • 1 * Cisco CallManager 3.1(2) MCS7835 で実行する

  • 1 * MCS7835 で動作する Cisco Unified CallManager 3.2(2c)

  • 1 * MCS7835 で動作する Cisco Unified CallManager 3.3(3)

  • 1 * MCS7835 で動作する Cisco Unified CallManager 4.0(0.359)

  • アナログ電話機 X 2

  • Cisco 7960 IP Phone X 2

この設定は Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.2 イメージの Cisco CallManager 3.0 によって、3.1、3.2、3.3 および 4.0 およびさまざまなバージョン テストされました。

Cisco Unified CallManager と Cisco IOSゲートウェイ間の推奨される互換性 ソフトウェア リリースのための Cisco Unified CallManager Compatibility Matrix を参照して下さい。

注: Cisco IOS ソフトウェア Release 12.2(11)T と それ以降は ccm-manager mgcp コマンド機能拡張に基づいて推奨されます。 ccm-manager mgcp コマンドは Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.2(2)xa および後の方で Cisco 2600 および 3600 シリーズおよび Cisco VG200 ルータを必要とします。

Cisco IOS ソフトウェア Release 12.1(3)T と それ以降を実行する場合 Cisco 2600、3600、および VG200 ルータは MGCP をサポートします。 必要とするソフトウェア リリースおよびバージョンは有効に する必要がある機能に基づいています。 Cisco Unified CallManager との MGCP 音声ゲートウェイ インターオペラビリティに関しては、VG200 のために Cisco IOS ソフトウェア Release 12.1(3)T と それ以降および Cisco 2600 および 3600 シリーズ ルータのために Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.2(2)xa を使用して下さい。 Cisco CallManager サーバは 3.0(5)a またはそれ以降を実行する必要があります。 Cisco Unified CallManager およびルータコンフィギュレーションはルータのすべての型のため同じです。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

Cisco CallManager 3.0 のために実行するタスク

これらのコンフィギュレーション 使用 デフォルトのデバイスプール。 すべての場所、Calling Search Spaces およびパーティションはどれもに設定 されません。 設定がデフォルト以外のデバイス プール、場所、Calling Search Spaces、またはパーティションを使用する場合続行する前にこれらの機能の影響を理解して下さい。

タスク 1: MGCP ゲートウェイの作成

VG200-based MGCP ゲートウェイはこのタスクで作成されます。 また、この項の資料は他の Cisco IOS MGCP ルータにも適用します。 唯一の違いは、手順 3 で選択するプラットフォームです。

  1. Device ウィザードを MGCP ゲートウェイを作成するのに使用して下さい。 Device > Gateway の順に選択 して下さい。

    /image/gif/paws/42101/cm_cfg-1.gif

  2. このウィンドウが現われると『Add a New Gateway』 をクリック して下さい。

    cm_cfg-2.gif

  3. ゲートウェイ タイプを、この場合 Cisco VG200 選択して下さい。 これは新しいソフトウェア リリースで VG200 以外のプラットフォームが MGCP をサポートすることを反映するために変更します。

    /image/gif/paws/42101/cm_cfg-3.gif

    注: Device Protocol フィールドの唯一のオプションが MGCP に「」必要とならないことに注意して下さい。 これはゲートウェイが MGCP ゲートウェイである場合プロトコルを選択する必要はないことを意味します。

    注: 別の Cisco IOS ルータを使用する場合適切なゲートウェイ タイプを選択して下さい(26xx か 36xx のような)。 これが唯一の異なる手順です。 残るタスクは VG200、また 2600 および 3600 シリーズ ルータに適用します。

    [Next] をクリックします。

  4. MGCP ドメイン名に VG200 に割り当てた実際のホスト名を、この場合 VG200A 使用して下さい。

    VG200 がインストールしたキャリアモジュールを規定 して下さい。 この場合それは NM-2V です。

    注:  MGCP ドメイン名 パラメータは大文字/小文字の区別があります。

    注: IAD2400 のための音声 キャリアモジュールは VG200、2600 人、および 3600 人のルータのそれらと異なっています。

    /image/gif/paws/42101/cm_cfg-4.gif

    [Insert] をクリックします。

    注: Cisco IOS ルータかゲートウェイがドメイン名(ルータ[構成] #ip domain-name ワード)で設定されれば、それを含む MGCP Domain Name フィールド必要。 たとえば、VG200A.company.com

    今 MGCP ゲートウェイを作成するために必要な基本的なタスクを完了しました。 タスク 2 進みます。 FXO ポートを設定して下さい

タスク 2: FXO ポートを設定して下さい

FXO ポートはこのタスクで設定されます。 これらは PSTN に接続するポートです。 ポートタイプは判別され、付随 Directory Number (DN)はこのプロシージャで割り当てられます。

  1. slot1 位置 0 および 1.にインストールされる Voice interface card (VIC) モジュールを識別して下さい。 この場合 FXO および FXS モジュールがあります。

    /image/gif/paws/42101/cm_cfg-5.gif

    [Update] をクリックして、変更を有効にします。

  2. FXO および FXS ポートはこのウィンドウの右下で現われます。 これらはまたエンドポイントID と言われます。

    cm_cfg-6.gif

    設定に従ってか適切な FXO ポートを分類される FXO ポート 1/0/0 選択して下さい。

  3. 正しい FXO ポート型を選択して下さい。

    /image/gif/paws/42101/cm_cfg-7.gif

    注: ループスタートは非常に一般的 な 設定です。

    使用するオプション確認していない場合安全に実験できます。 これらの VG200 および Cisco CallManager設定タスクを完了した後 FXO ポートで呼び出しを作るか、または受信できない場合 Ground Start オプションで新しい MGCP メンバーを作成できます。 最初に元のポート 設定(MGCP メンバー)を削除して下さい。 一度ずっと作成されている MGCP メンバーのポートタイプを変更することはできないのでこのステップが必要となります。 タスク 3 の最初のウィンドウ: FXS Ports セクションを示します MGCP メンバーのための Delete オプションを設定して下さい

  4. 必要とされるようにこの MGCP メンバー コンフィギュレーションウィンドウのパラメータを設定して下さい。

    注: VIC-FXO カードが Direct Inward Dial (DID) カードではないので着信コールがどこに転送される必要があるか示すためにコンソール担当者 DN を設定して下さい。

    /image/gif/paws/42101/cm_cfg-8.gif

    注: このイメージの名前 AALN/S1/SU0/0@VG200A を探して下さい。 これはどのようにどの MGCP デバイスを(VG200A)、またポート S1/SU0/0 = スロット 1/VIC0/Port0 設定するか言うことができるかです。

    [Insert] をクリックします。

    今 FXO ポートを設定するために必要な基本的なタスクを完了しました。 3 に任せることを続行して下さい: FXS ポートを設定して下さい

タスク 3: FXS ポートの設定

FXS ポートはこのタスクで設定されます。 これらはアナログ テレフォニーデバイス(受話器この場合)に接続するポートです。 ポートタイプは判別され、DN は割り当てられます。 MGCP ゲートウェイはこのタスクの終わりに変更をアクティブにするためにリセットされます。

  1. VG200 でポートを表示するこのウィンドウの左側にセクションがあります。 ポート番号 1/0/0 はそれが現在のコンフィギュレーション ウィンドウのための MGCP メンバーであることを示す太字にあります。

    cm_cfg-9.gif

    注: 第 2 FXO ポート(1/0/1)はこの設定で使用されません。

    FXS コンフィギュレーションプロセスを開始するためにテキスト 1/1/0 をクリックして下さい。

  2. このウィンドウは表示されます(ポートタイプ— Cisco CallManager 3.0 の POTS [オプションだけ])。 このウィンドウはより新しい Cisco CallManagerソフトウェア リリースで表示されません。

    /image/gif/paws/42101/cm_cfg-10.gif

    POTS はこの資料が書かれていたときに利用可能 な唯一のオプションでした。 『POTS』 を選択 するときステップ 3 のものと同じようなウィンドウを見ます。

  3. デフォルトを受け入れるか、または必要とされるようにこの MGCP メンバー コンフィギュレーションウィンドウのパラメータを設定して下さい。

    cm_cfg-11.gif

    終わると『Insert』 をクリック して下さい。

  4. ステップ 3.で設定するポートのための DN を作成する追加 DN オプションを見ます。

    cm_cfg-12.gif

    追加 DN テキストをクリックして下さい。

  5. このウィンドウのためのパラメータを要求に応じて設定して下さい。 6001 の DN はこの例で使用されます。

    cm_cfg-13.gif

    『Insert』 をクリック すればの近くでステップ 6.に進んで下さい。

  6. Back To MGCP Configuration オプションを選択して下さい。

    ステップを残る FXS ポートのための 1-5 繰り返して下さい。 FXS ポート 1/1/1 のための DN はこの例の 6002 です。

    注: メニューシステムのインポートを失う場合ウィンドウの上で Cisco CallManager メイン メニューから Device > Gateway の順に選択 して下さい。 それから Find オプションを選択して下さい。 すべての設定されたゲートウェイはウィンドウで現われます。

  7. 今アナログ受話器のための FXS ポートコンフィギュレーションを終了しました。 ゲートウェイはこのステップの変更をアクティブにするためにリセットされます。 Back To MGCP Configuration オプションを選択し、『Reset Gateway』 をクリック して下さい。

    cm_cfg-14.gif

  8. /image/gif/paws/42101/cm_cfg-15.gif

    Reset をクリックします。

    今 FXS ポートを設定し、MGCP ゲートウェイをアクティブにするために必要な基本的なタスクを完了しました。 「タスク 4: ローカル接続のために電話をテストして下さい

タスク 4: 電話のローカル接続のテスト

VG200 を設定するタスクを完了する場合 VG200 は MGCP 関係を確立する試みの Cisco CallManager サーバに今 MGCP メッセージを送ります。 Cisco CallManager サーバおよび VG200 は Cisco CallManager サーバに登録されているあらゆる IP 電話とタスク 3.で設定された FXS ポートに接続されるアナログ式電話間の市内電話をルーティングして現在準備ができています

  1. 今 FXS ポートに接続されるアナログ式電話のダイヤルトーンがあります。 FXS から 1/1/0 に 1/1/1 にダイヤルすることを試みて下さい(この場合 6002) DN 6001 および DN。 これらのポート間の呼び出しを作り、受信できます。

  2. またタスク 3.で設定するアナログ式電話から既に設定した IP 電話にダイヤルできます IP 電話からのアナログ式電話を呼出すことができます。 設定のすべての電話に出入して呼び出しを作ることを試みて下さい。

    注: いくつかの電話が呼び出しを送信/受信できない場合パーティション、Calling Search Space、デバイス プールおよび位置 コンフィギュレーションを検知 して下さい。 すべての地域電話が互いに問い合わせない注意しない設定があるかもしれません。 これが事実である場合一時的に 1 IP Phone および 1 アナログ式電話(FXS ポート)を同じパーティション、デバイス プール、位置および Calling Search Space に設置して下さいおよびテストを再度試みて下さい。

    注: この例が示すので Cisco IOSゲートウェイ 登録またはオペレーションにおいての問題に出会う場合ゲートウェイ 音声ポートを再設定することを試みて下さい、:

    router(config)#voice-port 1/0/0
    router(config-voiceport)#shutdown
    Both ports are out of service
    router(config-voiceport)#no shutdown
    

    注: それでも問題がある場合モニタを参照し、リセットし、Cisco Unified CallManager のための MGCP ゲートウェイを削除し、より多くのトラブルシューティング タスクのための Cisco IOS MGCP ゲートウェイを確認し、解決して下さい

    タスク 5: 正常にこのタスクを完了したらルートパターンを設定して下さい

タスク 5: ルートパターンの設定

簡単なルートパターンはこのタスクの PSTN によって呼び出しを作ることを電話が可能にするように作成されます。 「9.@」の標準の北アメリカ番号計画(NANP)パターンが使用されます。

  1. Cisco CallManager メイン メニューから [Route Plan] > [Route Pattern] の順に選択します。

    cm_cfg-16.gif

  2. これらのパラメータはデフォルトに加えて Route Pattern Configuration ウィンドウで設定されます:

    フィールド名 意味
    ルート パターン 9.@ NANP を使用するダイヤル プランのための標準ルートパターン。 このルートパターンはダイヤルトーンをデフォルトで提供するために設定されます。
    ゲートウェイ Route リスト AALN/S1/SU0/0@VG200A VG200A の FXO 1/0/0
    破棄桁 PreDot 以前のドロップするすべて「」。 全部破棄する。

    注: ルート パターン「9.@」は、NANP を使用できない米国以外でインストールする場合に頻繁に使用されます。

    /image/gif/paws/42101/cm_cfg-17.gif

    [Insert] をクリックします。

    今全体の Cisco CallManager設定を完了しました。 確認することを続行して下さい:PSTN 上のテスト コール」に進みます。

Cisco CallManager 3.1 および 3.2 のために実行するタスク

これらのコンフィギュレーション 使用 デフォルトのデバイスプール。 すべての場所、Calling Search Spaces およびパーティションはどれもに設定 されません。 設定がデフォルト以外のデバイス プール、場所、Calling Search Spaces、またはパーティションを使用する場合続行する前にこれらの機能の影響を理解して下さい。

注: これらのセクションのスクリーン ショットは Cisco CallManager 3.2 管理 ページからからありますが、まだ Cisco CallManager 3.1 に適用します。

タスク 1: MGCP ゲートウェイの作成

VG200-based MGCP ゲートウェイはこのタスクで作成されます。 また、この項の資料は他の Cisco IOS MGCP ルータにも適用します。 唯一の違いは、手順 3 で選択するプラットフォームです。

  1. Device ウィザードを MGCP ゲートウェイを作成するのに使用して下さい。 Device > Gateway の順に選択 して下さい。

    /image/gif/paws/42101/cm_cfg-v3-1.gif

  2. このウィンドウが現われると『Add a New Gateway』 をクリック して下さい。

    cm_cfg-v3-2.gif

  3. ゲートウェイ タイプを、この場合 Cisco VG200 選択して下さい。

    cm_cfg-v3-3.gif

    注: Device Protocol フィールドの唯一のオプションが MGCP に「」必要とならないことに注意して下さい。 これはゲートウェイが MGCP ゲートウェイである場合プロトコルを選択する必要はないことを意味します。

    注: 別の Cisco IOS ルータを使用する場合適切なゲートウェイ タイプを選択して下さい(26xx か 36xx のような)。 これが唯一の異なる手順です。 残るタスクは VG200、また 2600 および 3600 シリーズ ルータに適用します。

    [Next] をクリックします。

  4. MGCP ドメイン名に VG200 に割り当てた実際のホスト名を、この場合 VG200c 使用して下さい。

    VG200 がインストールしたキャリアモジュールを規定 して下さい。 この場合それは NM-2V です。 設定の新しい Cisco Unified CallManager Group フィールドを観察して下さい。 各グループに使用するべき Cisco Unified CallManager (最大グループごとに 3)の規則正しく並べられたリストがあります。

    注:  MGCP ドメイン名 パラメータは大文字/小文字の区別があります。

    注: IAD2400 のための音声 キャリアモジュールは VG200、2600 人、および 3600 人のルータのそれらと異なっています。

    /image/gif/paws/42101/cm_cfg-v3-4.gif

    [Insert] をクリックします。

    注: Cisco IOS ルータかゲートウェイがドメイン名(ルータ[構成] #ip domain-name ワード)で設定されれば、それを含む MGCP Domain Name フィールド必要。 たとえば、VG200c.company.com

    今 MGCP ゲートウェイを作成するために必要な基本的なタスクを完了しました。 タスク 2 進みます。 FXO ポートを設定して下さい

タスク 2: FXO ポートを設定して下さい

FXO ポートはこのタスクで設定されます。 これらは PSTN に接続するポートです。 ポートタイプは判別され、コンソール担当者 DN はこのプロシージャで割り当てられます。

  1. slot1 位置 0 および 1.にインストールされる VIC モジュールを識別して下さい。 この場合 FXO および FXS モジュールがあります。

    cm_cfg-v3-5.gif

    [Update] をクリックして、変更を有効にします。

  2. FXO および FXS ポートはこのウィンドウの右下で現われます。 これらはまたエンドポイントID と言われます。

    /image/gif/paws/42101/cm_cfg-v3-6.gif

    設定に従って分類される FXO ポートを 1/0/0 または適切なポート選択して下さい。

  3. 正しい FXO ポート型を選択して下さい。

    /image/gif/paws/42101/cm_cfg-v3-7.gif

    注: ループスタートは非常に一般的 な 設定です。

    使用するオプション確認していない場合安全に実験できます。 これらの VG200 および Cisco CallManager設定タスクを完了した後 FXO ポートで呼び出しを作るか、または受信できない場合 Ground Start オプションを試みて下さい。 最初に元のポート 設定を削除して下さい。 一度ずっと作成されている FXO ポートのポートタイプを変更することはできないのでこのステップが必要となります。 タスク 3 の最初のウィンドウ: FXS Ports セクションを示します FXO ポートのための Delete オプションを設定して下さい

  4. 必要とされるようにこの Gateway Configuration ウィンドウの FXO ポートのためのパラメータを設定して下さい。

    注: VIC-FXO カードが DID のカードではないので着信コールがどこに転送される必要があるか示すためにコンソール担当者 DN を設定して下さい。

    /image/gif/paws/42101/cm_cfg-v3-8.gif

    注: このイメージの名前 AALN/S1/SU0/0@VG200A を探して下さい。 これはどのようにどの MGCP デバイスを(VG200A)、またポート S1/SU0/0 = スロット 1/VIC0/Port0 設定するか言うことができるかです。

    [Insert] をクリックします。

    今 FXO ポートを設定するために必要な基本的なタスクを完了しました。 3 に任せることを続行して下さい: FXS ポートを設定して下さい

タスク 3: FXS ポートの設定

FXS ポートはこのタスクで設定されます。 これらはアナログ テレフォニーデバイス(受話器この場合)に接続するポートです。 ポートタイプは判別され、DN は割り当てられます。

  1. 設定の後で FXO ポートのための Insert ボタンをクリックすればこのウィンドウは現われます。 VG200 でポートを示す左側にセクションがあります。 ポート番号 1/0/0 はそれが現在のコンフィギュレーションのための指定音声ポートであることを示す太字にあります。

    cm_cfg-v3-9.gif

    注: 第 2 FXO ポート(1/0/1)はこの設定で使用されません。

    FXS コンフィギュレーションプロセスを開始するためにテキスト 1/1/0 をクリックして下さい。

  2. デフォルトを受け入れるか、または必要とされるようにこの Gateway Configuration ウィンドウのパラメータを設定して下さい。

    /image/gif/paws/42101/cm_cfg-v3-10.gif

    終わると『Insert』 をクリック して下さい。

  3. このウィンドウはステップ 2.で設定するポートのための DN を作成する追加 DN オプションを表示します。

    cm_cfg-v3-11.gif

    追加 DN テキストをクリックして下さい。

  4. このウィンドウのためのパラメータを要求に応じて設定して下さい。 2001 の DN はこの例で使用されます。

    cm_cfg-v3-12.gif

    次 の ステップに進むために『Insert』 をクリック して下さい。

  5. ステップを残る FXS ポートのための 1-4 繰り返して下さい。 FXS ポート 1/1/1 のための DN はこの例の 2002 年です。

    注: メニューシステムのインポートを失う場合ウィンドウの上で Cisco CallManager メイン メニューから Device > Gateway の順に選択 して下さい。 それから Find オプションを選択して下さい。 すべての設定されたゲートウェイはウィンドウで現われます。

  6. このウィンドウはアナログ受話器のための FXS ポートの設定を終了したと現われます。

    cm_cfg-v3-13.gif

  7. ゲートウェイはこのステップの変更をアクティブにするためにリセットされる必要があります。 Back To MGCP Configuration オプションを選択し、そして『Reset Gateway』 をクリック して下さい。 このウィンドウが現われると『Reset』 をクリック して下さい。

    /image/gif/paws/42101/cm_cfg-v3-14.gif

    今 FXS ポートを設定し、MGCP ゲートウェイをアクティブにするために必要な基本的なタスクを完了しました。 「タスク 4: 電話のローカル接続のテスト」に進みます。

タスク 4: 電話のローカル接続のテスト

VG200 を設定するタスクを完了する場合 VG200 は MGCP 関係を確立する試みの Cisco CallManager サーバに今 MGCP メッセージを送ります。 Cisco CallManager サーバおよび VG200 は Cisco CallManager サーバに登録されているあらゆる IP 電話とタスク 3.で設定する FXS ポートに接続されるアナログ式電話間の市内電話をルーティングして現在準備ができています

  1. 今 FXS ポートに接続されるアナログ式電話のダイヤルトーンがあります。 FXS から 1/1/0 に 1/1/1 にダイヤルすることを試みて下さい(この場合 2002) DN 2001 および DN。 これらのポート間の呼び出しを作り、受信できます。

  2. またタスク 3.で設定するアナログ式電話から既に設定した IP 電話にダイヤルできます IP 電話からのアナログ式電話を呼出すことができます。 設定のすべての電話に出入して呼び出しを作ることを試みて下さい。

    注: いくつかの電話が呼び出しを送信/受信できない場合パーティション、Calling Search Space、デバイス プールおよび位置 コンフィギュレーションを検知 して下さい。 すべての地域電話が互いに問い合わせない注意しない設定があるかもしれません。 これが事実である場合一時的に 1 IP Phone および 1 アナログ式電話(FXS ポート)を同じパーティション、デバイス プール、位置および Calling Search Space に設置して下さいおよびテストを再度試みて下さい。

    注: この例が示すので Cisco IOSゲートウェイ 登録またはオペレーションにおいての問題に出会う場合ゲートウェイ 音声ポートを再設定することを試みて下さい、:

    router(config)#voice-port 1/0/0
    router(config-voiceport)#shutdown
    Both ports are out of service
    router(config-voiceport)#no shutdown
    

    注: それでも問題がある場合モニタを参照し、リセットし、Cisco Unified CallManager のための MGCP ゲートウェイを削除し、より多くのトラブルシューティング タスクのための Cisco IOS MGCP ゲートウェイを確認し、解決して下さい

    タスク 5: 正常にこのタスクを完了したらルートパターンを設定して下さい

タスク 5: ルートパターンの設定

簡単なルートパターンはこのタスクの PSTN によって呼び出しを作ることを電話が可能にするように作成されます。 「9.@」の標準の北アメリカ番号計画(NANP)パターンが使用されます。

  1. Cisco CallManager メイン メニューから [Route Plan] > [Route Pattern] の順に選択します。

    cm_cfg-v3-15.gif

  2. これらのパラメータはデフォルトに加えて Route Pattern Configuration ウィンドウで設定されます:

    フィールド名 意味
    ルート パターン 9.@ NANP を使用するダイヤル プランのための標準ルートパターン。 このルートパターンはダイヤルトーンをデフォルトで提供するために設定されます。
    ゲートウェイ Route リスト AALN/S1/SU0/0@VG200c VG200c の FXO 1/0/0
    破棄桁 PreDot 以前のドロップするすべて「」。 全部破棄する。

    注: ルート パターン「9.@」は、NANP を使用できない米国以外でインストールする場合に頻繁に使用されます。

    /image/gif/paws/42101/cm_cfg-v3-16.gif

    [Insert] をクリックします。

    今全体の Cisco CallManager設定を完了しました。 確認することを続行して下さい:PSTN 上のテスト コール」に進みます。

Cisco CallManager 3.3 および 4.0 のために実行するタスク

これらのコンフィギュレーション 使用 デフォルトのデバイスプール。 すべての場所、Calling Search Spaces およびパーティションはどれもに設定 されません。 設定がデフォルト以外のデバイス プール、場所、Calling Search Spaces、またはパーティションを使用する場合続行する前にこれらの機能の影響を理解して下さい。

注: これらのセクションのスクリーン ショットは Cisco Unified CallManager 4.0 管理 ページからありますが、まだ Cisco CallManager 3.3 に適用します。

タスク 1: MGCP ゲートウェイの作成

VG200-based MGCP ゲートウェイはこのタスクで作成されます。 また、この項の資料は他の Cisco IOS MGCP ルータにも適用します。 唯一の違いは、手順 3 で選択するプラットフォームです。

  1. Device ウィザードを MGCP ゲートウェイを作成するのに使用して下さい。 Device > Gateway の順に選択 して下さい。

    /image/gif/paws/42101/cm_cfg-1-v4.gif

  2. このウィンドウが現われると『Add a New Gateway』 をクリック して下さい。

    cm_cfg-2-v4.gif

  3. ゲートウェイ タイプを、この場合 Cisco VG200 選択して下さい。

    cm_cfg-3-v4.gif

    注: Device Protocol フィールドの唯一のオプションが MGCP に「」必要とならないことに注意して下さい。 これはゲートウェイが MGCP ゲートウェイである場合プロトコルを選択する必要はないことを意味します。

    注: 別の Cisco IOS ルータを使用する場合適切なゲートウェイ タイプを選択して下さい(26xx か 36xx のような)。 これが唯一の異なる手順です。 残るタスクは VG200、また 2600 および 3600 シリーズ ルータに適用します。

    [Next] をクリックします。

  4. ドメイン名に VG200 に割り当てた実際のホスト名を、この場合 VG200c 使用して下さい。

    VG200 がインストールしたキャリアモジュールを規定 して下さい。 この場合それは NM-2V です。 設定の新しい Cisco Unified CallManager Group フィールドを観察して下さい。 各グループに使用するべき Cisco Unified CallManager (最大グループごとに 3)の規則正しく並べられたリストがあります。

    注:  ドメイン名 パラメータは大文字/小文字の区別があります。

    注: IAD2400 のための音声 キャリアモジュールは VG200、2600 人、および 3600 人のルータのそれらと異なっています。

    /image/gif/paws/42101/cm_cfg-v4-4.gif

    [Insert] をクリックします。

    注: Cisco IOS ルータかゲートウェイがドメイン名(ルータ[構成] #ip domain-name ワード)で設定されれば、それを含む MGCP Domain Name フィールド必要。 たとえば、VG200c.company.com

    今 MGCP ゲートウェイを作成するために必要な基本的なタスクを完了しました。 タスク 2 進みます。 FXO ポートを設定して下さい

タスク 2: FXO ポートを設定して下さい

FXO ポートはこのタスクで設定されます。 これらは PSTN に接続するポートです。 ポートタイプは判別され、コンソール担当者 DN はこのプロシージャで割り当てられます。

  1. slot1 位置 0 および 1.にインストールされる VIC モジュールを識別して下さい。 この場合 FXO および FXS モジュールがあります。

    cm_cfg-5-v4.gif

    [Update] をクリックして、変更を有効にします。

  2. FXO および FXS ポートはこのウィンドウの右下で現われます。 これらはまたエンドポイントID と言われます。

    /image/gif/paws/42101/cm_cfg-v4-6.gif

    設定に従って分類される FXO ポートを 1/0/0 または適切なポート選択して下さい。

  3. 正しい FXO ポート型を選択して下さい。

    /image/gif/paws/42101/cm_cfg-v4-7.gif

    注: ループスタートは非常に一般的 な 設定です。

    使用するオプション確認していない場合安全に実験できます。 これらの VG200 および Cisco CallManager設定タスクを完了した後 FXO ポートで呼び出しを作るか、または受信できなければ場合新しい MGCP メンバーを作成する Ground Start オプションを使用できます。 最初に元のポート 設定(MGCP メンバー)を削除して下さい。 一度ずっと作成されている MGCP メンバーのポートタイプを変更することはできないのでこのステップが必要となります。 タスク 3 の最初のウィンドウ: FXS Ports セクションを示します FXO ポートのための Delete オプションを設定して下さい

  4. 必要とされるようにこの Gateway Configuration ウィンドウの FXO ポートのためのパラメータを設定して下さい。

    注: VIC-FXO カードが DID のカードではないので着信コールがどこに転送される必要があるか示すためにコンソール担当者 DN を設定して下さい。

    /image/gif/paws/42101/cm_cfg-v4-8.gif

    注: このイメージの名前 AALN/S1/SU0/0@VG200c を探して下さい。 これはどのようにどの MGCP デバイスを(VG200c)、またポート S1/SU0/0 = スロット 1/VIC0/Port0 設定するか言うことができるかです。

    [Insert] をクリックします。

    今 FXO ポートを設定するために必要な基本的なタスクを完了しました。 3 に任せることを続行して下さい: FXS ポートを設定して下さい

タスク 3: FXS ポートの設定

FXS ポートはこのタスクで設定されます。 これらはアナログ テレフォニーデバイス(受話器この場合)に接続するポートです。 ポートの種類は判別され、DN は割り当てられます。

  1. 設定の後で FXO ポートのための Insert ボタンをクリックすればこれと同じようなウィンドウは現われます。 VG200 でポートを示す左側にセクションがあります。 ポート番号 1/0/0 はそれが現在のコンフィギュレーションのための指定音声ポートであることを示す太字にあります。

    /image/gif/paws/42101/cm_cfg-v4-9.gif

    注: 第 2 FXO ポート(1/0/1)はこの設定で使用されません。

    FXS ポートコンフィギュレーション プロセスを開始するためにテキスト 1/1/0 をクリックして下さい。

  2. デフォルトを受け入れるか、または必要とされるようにこの Gateway Configuration ウィンドウのパラメータを設定して下さい。

    /image/gif/paws/42101/cm_cfg-v4-10.gif

    終わると『Insert』 をクリック して下さい。

  3. このウィンドウはステップ 2.で設定するポートのための DN を作成する追加 DN オプションを表示します。

    cm_cfg-v4-11.gif

    追加 DN テキストをクリックして下さい。

  4. このウィンドウのためのパラメータを要求に応じて設定して下さい。 2001 の DN はこの例で使用されます。

    cm_cfg-v4-12.gif

    注: コール tranfer を有効に したいと思う場合複数のコール/コール ウェイティング設定セクションにスクロールし、2.に呼び出しフィールドの最大数を設定 して下さい このフィールドが 1 のデフォルト値に設定 される場合、VG200ゲートウェイはコールを転送するか、または会議を始められません。 詳細についてはコール ウェイティングおよび複数のコールの Cisco Unified CallManager 4.0 を使用した設定を参照して下さい。

    次 の ステップに進むために『Add』 をクリック して下さい。

  5. ステップを残る FXS ポートのための 1-4 繰り返して下さい。 FXS ポート 1/1/1 のための DN はこの例の 2002 年です。

    注: メニューシステムのインポートを失う場合ウィンドウの上で Cisco CallManager メイン メニューから Device > Gateway の順に選択 して下さい。 それから Find オプションを選択して下さい。 すべての設定されたゲートウェイはウィンドウで現われます。

  6. このウィンドウはアナログ受話器のための FXS ポートの設定を終了したと現われます。

    cm_cfg-v4-13.gif

  7. ゲートウェイはこのステップの変更をアクティブにするためにリセットされる必要があります。 主要なゲートウェイコンフィギュレーション オプションに戻って選択し、そして『Reset Gateway』 をクリック して下さい。 このウィンドウが現われると『Reset』 をクリック して下さい。

    /image/gif/paws/42101/cm_cfg-v4-14.gif

    今 FXS ポートを設定し、MGCP ゲートウェイをアクティブにするために必要な基本的なタスクを完了しました。 「タスク 4: 電話のローカル接続のテスト」に進みます。

タスク 4: 電話のローカル接続のテスト

VG200 を設定するタスクを完了する場合 VG200 は MGCP 関係を確立する試みの Cisco CallManager サーバに今 MGCP メッセージを送ります。 Cisco CallManager サーバおよび VG200 は Cisco CallManager サーバに登録されているあらゆる IP 電話とタスク 3.で設定する FXS ポートに接続されるアナログ式電話間の市内電話をルーティングして現在準備ができています

  1. 今 FXS ポートに接続されるアナログ式電話のダイヤルトーンがあります。 FXS から 1/1/0 に 1/1/1 にダイヤルすることを試みて下さい(この場合 2002) DN 2001 および DN。 これらのポート間の呼び出しを作り、受信できます。

  2. またタスク 3.で設定するアナログ式電話から既に設定した IP 電話にダイヤルできます IP 電話からのアナログ式電話を呼出すことができます。 設定のすべての電話に出入して呼び出しを作ることを試みて下さい。

    注: いくつかの電話が呼び出しを送信/受信できない場合パーティション、Calling Search Space、デバイス プールおよび位置 コンフィギュレーションを検知 して下さい。 すべての地域電話が互いに問い合わせない注意しない設定があるかもしれません。 これが事実である場合一時的に 1 IP Phone および 1 アナログ式電話(FXS ポート)を同じパーティション、デバイス プール、位置および Calling Search Space に設置して下さいおよびテストを再度試みて下さい。

    注: この例が示すので Cisco IOSゲートウェイ 登録またはオペレーションにおいての問題に出会う場合ゲートウェイ 音声ポートを再設定することを試みて下さい、:

    router(config)#voice-port 1/0/0
    router(config-voiceport)#shutdown
    Both ports are out of service
    router(config-voiceport)#no shutdown
    

    注: それでも問題がある場合モニタを参照し、リセットし、Cisco Unified CallManager のための MGCP ゲートウェイを削除し、より多くのトラブルシューティング タスクのための Cisco IOS MGCP ゲートウェイを確認し、解決して下さい

    タスク 5: 正常にこのタスクを完了したらルートパターンを設定して下さい

タスク 5: ルートパターンの設定

簡単なルートパターンはこのタスクの PSTN によって呼び出しを作ることを電話が可能にするように作成されます。 「9.@」の標準の北アメリカ番号計画(NANP)パターンが使用されます。

  1. Cisco CallManager メイン メニューから Route Plan > Route Patter/Hunt Pilot の順に選択 して下さい。

    cm_cfg-16-v4.gif

  2. これらのパラメータはデフォルトに加えて設定されます:

    フィールド名 意味
    ルート パターン 9.@ NANP を使用するダイヤル プランのための標準ルートパターン。 このルートパターンはダイヤルトーンをデフォルトで提供するために設定されます。
    ゲートウェイかルート/ハントする リスト AALN/S1/SU0/0@VG200c VG200c の FXO 1/0/0
    破棄桁 PreDot 以前のドロップするすべて「」。 全部破棄する。

    注: ルート パターン「9.@」は、NANP を使用できない米国以外でインストールする場合に頻繁に使用されます。

    /image/gif/paws/42101/cm_cfg-v4-17.gif

    [Insert] をクリックします。

    今全体の Cisco CallManager設定を完了しました。 確認することを続行して下さい:PSTN 上のテスト コール」に進みます。

確認: PSTN 上のテスト コール

次にシステムのあらゆる電話からダイヤルトーン戻りの後で 9 つおよび呼出 し 番号のダイヤルによって今 PSTN 上の呼び出しをルーティングできます。

  1. アナログ式電話からコールを作ることを試みて下さい。

  2. IP Phone からコールを作ることを試みて下さい。

    注: それでも問題がある場合モニタを参照し、リセットし、Cisco Unified CallManager のための MGCP ゲートウェイを削除し、より多くのトラブルシューティング タスクのための Cisco IOS MGCP ゲートウェイを確認し、解決して下さい

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 42101