音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

Cisco CallManager バージョン 3.3 および 4.1 を使った匿名デバイス ゲートキーパーの設定

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2003 年 5 月 9 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Cisco CallManager 4.1 または 3.3 サーバを使用した番号非通知デバイス ゲートキーパーをセットアップする方法について説明します。 それは Cisco IOS の使用を必要としますか。 H.323 ゲートウェイとして機能するゲートキーパーおよび Cisco IOS ルータとして機能するソフトウェア ルータ。 このドキュメントでは主に、ゲートキーパーを使用するように Cisco CallManager 4.1 または 3.3 サーバを設定する方法を取り上げています。 この設定を完了すれば、Cisco CallManager 4.1 または 3.3 サーバに登録された IP Phone と、Cisco IOS ゲートウェイに接続されたアナログ電話の間で接続アドミッション制御(CAC)を使用し、どちらの方向でもコールを行うことができます。

前提条件

要件

この設定を開始する前に、次の要件が満たされていることを確認してください。

  • Cisco CallManager サーバを使用したサンプル ネットワークがある。

  • IP Phone (モデル 7910 が、7940、または 7960)あります。

  • Foreign Exchange Station (FXS) ポートが付いている Cisco IOSゲートウェイがあります。

  • Cisco IOSゲートウェイの FXS ポートに接続されるアナログ式電話があります。

  • H.323 ゲートキーパ機能をサポートするイメージを搭載した Cisco IOS ルータがある。

  • すべてのデバイスが相互に ping を実行できる。

  • IP Phone は、双方向の音声機能を使用して、アナログ電話にコールできる。

  • アナログ電話は、双方向の音声機能を使用して、IP Phone にコールできる。

注: 詳細については、この資料のネットワークダイアグラムを参照して下さい。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco IOS ルータ H.323 VOIPゲートウェイとして機能し、Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.2(11)T を実行する

  • Cisco IOS ルータ H.323 VoIP ゲートキーパーとして機能し、Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.2(15)T を実行する

  • Cisco CallManager サーバ 4.1(.091) または 3.3(3)sr4a を実行する

  • 7960 IP Phone

  • 一般的 な アナログ式電話

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景理論

匿名デバイス ゲートキーパーはそれに登録されている Cisco IOSゲートウェイおよび Cisco Unified CallManager ゲートウェイのためのコール ルート デシジョンを処理します。 このことは、クラスタ内の Cisco CallManager サーバは、ネットワーク内の他のすべてのゲートウェイに関する情報が不要であることを意味します。 その代わりに、Cisco CallManager サーバのルート パターンまたは VoIP ダイヤルピアは、番号非通知デバイス ゲートキーパをポイントするように設定されます。 番号非通知デバイス ゲートキーパは、ネットワークのダイヤル プランを追跡します。 このサブジェクトのその他の情報に関しては資料 Cisco IOS ゲートキーパーのコール ルーティングについてを参照して下さい。

インターネットワーク スキルを学ぶのに使用されるネットワークがこの資料で一般的に表記される設定を使用します。 概念およびコマンドはライブ環境で出会う同じ物です。 主な違いはこのシナリオにその VOIPトラフィックのための WAN 接続が CAC からの利点ないことです。

注: Cisco Unified CallManager 4.1 および 3.3 では、トランクはすべての前もって設定されたクラスタ間トランク デバイスを取り替えます。 H.225 トランク デバイスは卸売ネットワークに論理的なルートを表します。 以前は H.225 プロトコルの設定された匿名デバイスはゲートキーパー制御を用いる H.225 トランクに移行します。 以前はゾーン間のプロトコルの設定された匿名デバイスはゲートキーパー制御を用いるクラスタ間トランクに移行します。 以前は設定されたゾーン間のゲートウェイはゲートキーパー制御なしでクラスタ間トランクに移行します。

CAC の成功したインプリメンテーションは上にあられるそれに対応する考え抜かれたネットワーク設計および CAC を必要とします。 Cisco IOSゲートウェイおよびゲートキーパーの CAC を設定する利用可能 な オプションすべてが含まれている方法の完全な説明はこの資料の範囲を超えて CAC ソリューションを設計し設定する—あります。 Cisco IOS ソフトウェアベースのゲートウェイおよびゲートキーパーとの CAC を理解し、設定するのを助ける Cisco.com で利用可能 な複数のよいリソースがあります。 cisco.com で「ゲートキーパ」を検索してください。 それからトラブルシューティングまたは知識のような追加ワードの検索を、フィルタリングできます。 また製品とサービスかテクニカル サポート(テクニカル サポートだけによって書かれているコンテンツ)に検索のスコープを制限できます。

ネットワーク構成図

このドキュメントでは、次のネットワーク構成を使用しています。

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/unified-communications-manager-callmanager/42063-ccma-with-gk1.gif

Cisco CallManager ゲートキーパー パラメータの設定

この項では、Cisco CallManager で番号非通知デバイス ゲートキーパのインスタンスを作成する方法について説明します。

手順説明

  1. Device > Gatekeeper の順に選択 して下さい。

    検索およびリスト ゲートキーパーコンフィギュレーション ウィンドウは表示されます。

  2. ウィンドウの右上では、追加を新しいゲートキーパー リンク クリックして下さい。

    ゲートキーパーコンフィギュレーション ウィンドウは表示されます。

    注: 既に存在 して いれば ゲートキーパーがそれを削除し、開始したいと思う場合もあれば。 これはこのセクションがとりわけ述べないあらゆるパラメータのデフォルト値から開始するようにします。

  3. 次のパラメータを入力します。

    パラメータ 設定値
    Host Name/IP Address この必要フィールドでゲートキーパーの IP アドレスかホスト名を入力して下さい。 各 Cisco CallManager クラスタにはゲートキーパーを複数登録できます。 この場合、それは 10.89.129.228 です。
    説明 ゲートキーパーを表す説明的な名前を入力します。 この場合、それは psy-gk-01 です。
    Enable Device このフィールドのためのチェックボックスがチェックされるようにして下さい。 これは Cisco Unified CallManager を持つこのゲートキーパーを登録することを可能にします。 デフォルトでは、このチェック ボックスはチェックされた状態です。

    パラメータのページは次のように表示されます。

    http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/unified-communications-manager-callmanager/42063-ccma-with-gk2.gif

  4. 示されるようにまたはアップデート、『Insert』 をクリック して下さい。

H.225 トランク パラメータを設定して下さい

このセクションは卸売ネットワークに論理的なルートを表す H.225 トランク デバイスを設定する方法を説明します。

手順説明

  1. Device > Trunk の順に選択 して下さい。

  2. 『Add a New Trunk』 を選択 して下さい。

  3. トランクタイプ フィールドで、ドロップダウン矢印をクリックし、H.225 トランク選択して下さい(制御されるゲートキーパー)を

  4. Device Protocol フィールドで、ドロップダウン矢印をクリックし、ここに示されているように H.225 を、選択して下さい:

    http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/unified-communications-manager-callmanager/42063-ccma-with-gk3.gif

  5. Cisco Unified CallManager 4.1 に関しては、これらのステップを完了して下さい。

    注: Cisco CallManager 3.3 に関しては、ステップ 6.に進んで下さい。

    1. 他のフィールドをデフォルトに設定 されて残し、『Next』 をクリック して下さい。

      トランク の 設定 ウィンドウは現われます。

    2. 次のパラメータを入力します。

      パラメータ 設定値
      Device Name トランクのための固有の識別番号を入力して下さい。 この場合、それは h225_trk です。
      説明 トランクのわかりやすい名前を入力して下さい。
      Device Pool トランクのための適切なデバイス プールを選択して下さい。 この場合、それはデフォルトです。
      ゲートキーパー名前 ゲートキーパー IP アドレスを選択して下さいこのトランクを制御する。 この場合、それは 10.89.129.228 です。
      Terminal Type 『Gateway』 を選択 して下さい。
      Technology Prefix このフィールドで 1#* を入力して下さい。
      Zone 適切なゾーンを入力して下さい。 この場合、使用されるゾーンはです。

      パラメータのページは次のように表示されます。

      http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/unified-communications-manager-callmanager/42063-ccma-with-gk4.gif

    3. ステップ 6 をスキップし、ステップ 7.に進んで下さい。

  6. Cisco CallManager 3.3 に関しては、リストされているこの表でパラメータを入力して下さい。

    注: Cisco Unified CallManager 4.x および 3.3 間の唯一の違いはこの点でパラメータ 発呼側 の 選択および Calling line ID プレゼンテーションの付加です。

    パラメータ 設定値
    Device Name トランクのための固有の識別番号を入力して下さい。 この場合、それは h225_trk です。
    説明 トランクのわかりやすい名前を入力して下さい。
    Device Pool トランクのための適切なデバイス プールを選択して下さい。 この場合、それはデフォルトです。
    Calling Party Selection 『Originator』 を選択 して下さい。
    Calling line ID プレゼンテーション 『DEFAULT』 を選択 して下さい。
    ゲートキーパー名前 ゲートキーパー IP アドレスを選択して下さいこのトランクを制御する。 この場合、それは 10.89.129.228 です。
    Terminal Type 『Gateway』 を選択 して下さい。
    Technology Prefix このフィールドで 1#* を入力して下さい。
    Zone 適切なゾーンを入力して下さい。 この場合、使用されるゾーンはです。

  7. 『Update』 をクリック し、『Reset Trunk』 をクリック して下さい。

Cisco CallManager ゲートキーパを使用するためにルートパターンを変更して下さい

このセクションはゲートウェイか Route リストでよりもむしろ(、この場合、匿名デバイス ゲートキーパーである)でルートパターンをゲートキーパー指す方法を説明します。

手順説明

  1. Route Plan > Route/Hunt > Route Pattern の順に選択 して下さい。

  2. [Find] をクリックします。

  3. アナログ式電話に呼び出しをルーティングするために設定したルートパターンをクリックして下さい。

    この場合、それは拡張 2000 年のためのルートパターンです。

  4. ゲートウェイ/Route リスト フィールドで、ドロップダウン矢印をクリックし、『h225_trk』 を選択 して下さい。

    これはちょうど作成したトランクです。

    注: 以前のコンフィギュレーションが IP Phone からアナログ式電話に呼び出しを(この資料の Requirements セクションに言及されているように)可能にしたら、変更を促進するために作る必要があないで下さい。 この資料のシナリオのためにはたらくと知られている値に、このウィンドウに示すように、ルートパターンのためのパラメータの残りを設定 して下さい:

    http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/unified-communications-manager-callmanager/42063-ccma-with-gk5.gif

  5. [Update] をクリックします。

ゲートキーパー パラメータの設定

この項では、CAC に必要な Cisco IOS ゲートキーパ パラメータの設定方法について説明します。

Cisco ゲートキーパのためにこの設定を使用して下さい:

!
!
gatekeeper
 zone local horse maui-onions.com 10.89.129.228
 zone prefix horse 2* gw-priority 10 10.89.129.211
 zone prefix horse 2* gw-priority 0 10.89.129.226
 gw-type-prefix 1#* default-technology
 bandwidth total zone horse 256
 no shutdown
!
!

この設定に関するメモ

  • ゲートキーパーは馬と指名されるゾーンを制御します。 このゾーンがローカル ゾーンとして設定されているのはこのためです。 IP アドレスはゲートキーパーからの CAC IP パケットのために送信元アドレスとして使用するローカルアドレスです。

  • 馬ゾーンのための zone prefix コマンドはこのゾーンのためのダイヤル プランです。 このようにして、ゲートキーパはダイヤル番号を正しいゾーンに関連付けます。

    優先度が 1 以上であれば、ゲートウェイは、設定されたプレフィクスへコールをルーティングする実行可能なパスであることを示します。 優先度が 0 であれば、ゲートウェイは、設定されたプレフィクスへコールをルーティングする実行可能なパスではないことを示します。

    ゲートキーパーがルート デシジョンをどのようにの作るか完全な説明はこの資料の範囲を超えてあります。 ゲートキーパーがコール ルート デシジョンをどのようにに関する作るか詳細については資料 Cisco IOS ゲートキーパーのコール ルーティングについてを参照して下さい。

  • このシナリオでは、呼び出しがゲートキーパーにルーティングされるときダイヤルされた数字にテクノロジープリフィックスを付加しません。 こういうわけでゲートキーパーは gw-type-prefix 1#* default-technology コマンドを必要とし、Cisco IOSゲートウェイは h323-gateway voip tech-prefix 1# コマンドを必要とします、また Cisco CallManager ゲートキーパ 設定のテクノロジープリフィックス 1#* パラメータ。 これらのコンフィギュレーション必要条件を満たすことを無視する場合呼び出しは正常に完了しません。

  • このゾーンには、合計 256 kbps の帯域幅容量があります。

    注: ゲートキーパーで実行する Cisco IOSソフトウェアのバージョンによって決まるゾーンのための帯域幅を設定 する コマンドの 2 バージョンがあります。 コマンド バージョンは帯域幅総ゾーンおよびゾーン bw です。

ゲートウェイ パラメータの設定

この項では、CAC に必要な Cisco IOS ゲートウェイ パラメータの設定方法について説明します。

Ciscoゲートウェイのためにこの設定を使用して下さい:

!
interface Ethernet0/0
 ip address 10.89.129.226 255.255.255.240
 full-duplex
 h323-gateway voip interface
 h323-gateway voip id horse ipaddr 10.89.129.228 1719
 h323-gateway voip h323-id psy-voice-01@maui-onions.com
 h323-gateway voip tech-prefix 1#
 h323-gateway voip bind srcaddr 10.89.129.226
!
voice-port 1/0/0
!
voice-port 1/0/1
!
dial-peer voice 1 pots
 destination-pattern 2000
 port 1/0/1
!
dial-peer voice 2 voip
 destination-pattern 1...
 session target ras
!
gateway
!

この設定に関するメモ

  • このシナリオでは、呼び出しがゲートキーパーにルーティングされるときダイヤルされた数字にテクノロジープリフィックスを付加しません。 こういうわけで Cisco IOSゲートウェイはコマンド h323-gateway voip tech-prefix 1# を必要とし、ゲートキーパーは Cisco CallManager ゲートキーパ 設定のコマンド gw-type-prefix 1#* default-technology、またテクノロジープリフィックス 1#* パラメータを必要とします。 これらのコンフィギュレーション必要条件を満たすことを無視する場合呼び出しは正常に完了しません。

  • gateway コマンドを含める必要があります。 gateway コマンドの下で適用できる他のパラメータはオプションです。

  • ゲートウェイの session target RAS コマンドによりデスティネーション パターン 1…ワイルドカードを持つゲートキーパーにそれは(IP Phone のディレクトリ番号[DN]) 1006 に呼び出しをルーティングします。

  • h323-gateway voip h323-id コマンドはゲートキーパーの show gatekeeper endpoints コマンドに現われるこのゲートウェイに固有の識別番号を提供します。

  • Cisco IOSゲートウェイの音声ポート 1/0 は FXS ポートです。 デスティネーションパターン(2000) POTSダイヤルピアの下で E.164 (ゲートキーパーとの ITU-T)として ID 登録します。 このことは、ゲートキーパの show gatekeeper endpoints コマンドの出力で確認できます。

確認

このセクションはゲートキーパーコンフィギュレーションがきちんと機能することを確認するために利用可能 ないくつかの基本的なコマンドを提供します。 ゲートキーパーコンフィギュレーションをさらに詳しく確認しトラブルシューティングする方法を説明する Cisco.com に他の複数の文書があります。 詳細についてはこの資料の「関連情報」セクションを参照して下さい。

注: 特定の show コマンドは、Output Interpreter Tool登録ユーザ専用)によってサポートされています。このツールを使用すると、show コマンド出力の分析を表示できます。

show gatekeeper endpoints コマンドの使用

2 つのゲートウェイ(Cisco CallManager サーバおよび Cisco IOS ゲートウェイ ルータ)が登録されていることを確認するには、show gatekeeper endpoints コマンドを使用します。

psy-gk-01# show gatekeeper endpoints
                    GATEKEEPER ENDPOINT REGISTRATION
                    ================================
CallSignalAddr  Port  RASSignalAddr   Port  Zone Name         Type    Flags
--------------- ----- --------------- ----- ---------         ----    -----
10.89.129.211?? 3152? 10.89.129.211?? 1494? horse??????????   VOIP-GW
    H323-ID: h225_trk_1
10.89.129.226?? 1720? 10.89.129.226?? 51534 horse??????????   VOIP-GW
    E164-ID: 2000
    H323-ID: psy-gw-01@maui-onions.com
Total number of active registrations = 2
パラメータ 説明
E164-ID: 2000 これは Cisco IOSゲートウェイ ルータの POTSダイヤルピア 1 のデスティネーションパターンです。

注: この場合、これは FXS ポートです、従って(、この場合、ネットワークダイアグラムで示されているアナログ式電話である)に端末接続します。

dial-peer voice 1 pots
 destination-pattern 2000
 port 1/0/1
H323-ID: psy-gw-01 これは Cisco IOSゲートウェイ ルータのファーストイーサネット インターフェイスの H.323 ID パラメータです。
h323-gateway voip h323-id psy-gw-01
H323-ID: h225_trk_1 Cisco CallManager サーバで設定されるこれは H.225 トランクです。

登録ステータスを確認する Cisco IOSゲートウェイの show gateway コマンドを使用して下さい

ゲートキーパにゲートウェイが登録されていることを確認するには、Cisco IOS ゲートウェイで show gateway コマンドを使用します。

psy-gw-01# show gateway
H.323 ITU-T Version: 4.0?? H323 Stack Version: 0.1
 Gateway? psy-gw-01@maui-onions.com? is registered to Gatekeeper horse
?
Alias list (CLI configured)
H323-ID psy-gw-01@maui-onions.com 
E164-ID 2000
Alias list (last RCF)
H323-ID psy-gw-01@maui-onions.com 
E164-ID 2000

H323 resource thresholding is Disabled

この出力は、ゲートキーパに Cisco IOS ゲートウェイが登録されていることを示します。

両方向のコールによる接続の検証

ダイヤル プランが正しいこと、そして呼び出しのためのゲートキーパー機能そのどちらかの電話開始ことを確認するために両方向の呼び出しを作ることを試みて下さい。

  1. アナログ電話から IP Phone をコールします。

    コールをうまく確立し、双方向 音声通信を持つはずです。

    コールを正常に作ることができなくてもステップ 2.に進んで下さい。

  2. IP Phone からアナログ電話をコールします。

    コールをうまく確立し、双方向 音声通信を持つはずです。

    正常に両方向のコールをすることができる場合次の セクションに、使用します CAC がはたらいていることをコールが使用 CAC を作ることを確認するために確認する show gatekeeper calls コマンドを、進んで下さい。

    一方通行の音声通信があるただ場合、単方向音声問題を解決する方法の他の文書へのリンクについては関連情報セクションを参照して下さい。 一方通行の音声問題を解決した後、CAC がはたらいていることを確認する show gatekeeper calls コマンドはセクション 使用に進みます。

    方向、または両方向でコールを送信できなかったらこの資料の Troubleshoot セクションを参照して下さい。

show gatekeeper calls コマンドを使用したCAC の動作確認

このセクションは呼び出しが使用 CAC を作ることを確認するのを助けます。

  1. アナログ式電話からコールを作って下さい(2000) IP Phone に(1006)フックを離れて両方の電話を残せば。

  2. アクティブ コールを表示する show gatekeeper calls コマンドを発行して下さい。

    psy-gk-01# show gatekeeper calls
    Total number of active calls = 1.
    GATEKEEPER CALL INFO
    ====================
    LocalCallID Age(secs) BW
    35-24077 14 128(Kbps)
    Endpt(s): Alias E.164Addr
    src EP: psy-gw-01@maui-onions 2000
    CallSignalAddr Port RASSignalAddr Port
    10.89.129.226 1720 10.89.129.226 51534
    Endpt(s): Alias E.164Addr
    dst EP: h225_trk_1 1006
    CallSignalAddr Port RASSignalAddr Port
    10.89.129.211 3821 10.89.129.211 1494

    この出力は CAC がこのコールのためにアクティブであることを示したものです。 太字テキストは送信元および宛先 DN を示します(1006 および 2000)。

  3. IP Phone からコールを作って下さい(1006) アナログ式電話に(2000)フックを離れて両方の電話を残せば。

  4. アクティブ コールを表示する show gatekeeper calls コマンドを発行して下さい。

    psy-gk-01# show gatekeeper calls
    Total number of active calls = 1.
                             GATEKEEPER CALL INFO
                             ====================
    LocalCallID                        Age(secs)   BW
    36-32986                           8           16(Kbps)
     Endpt(s): Alias                 E.164Addr
       src EP: h225_trk_1            1006
               CallSignalAddr  Port  RASSignalAddr   Port
               10.89.129.211   3821  10.89.129.211   1494
     Endpt(s): Alias                 E.164Addr
       dst EP: psy-gw-01             2000
               CallSignalAddr  Port  RASSignalAddr   Port
               10.89.129.226   1720  10.89.129.226   51534
    

    この出力は CAC がこのコールのためにアクティブであることを示したものです。 太字テキストは送信元および宛先 DN を示します(1006 および 2000)。

すべてのコールをブロックするためのゾーン帯域幅パラメータの削減

CAC は正常に動作していること最終的で、決定的なテストを行いたいと思ったら、ゾーン帯域幅 パラメータをにより少しにより 128 減らして下さい。 show gatekeeper calls コマンドからの出力に基づいて、128 はコールが使う帯域幅です。 (これはセクション 使用CAC がはたらいていることを確認する show gatekeeper calls コマンド示されています。)

  1. ゲートキーパーをシャットダウンして下さい。

    psy-gk-01(config)# gatekeeper
    psy-gk-01(config-gk)# shutdown
    
  2. ゾーン帯域幅を減らすためにコマンドを発行して下さい。

    psy-gk-01(config-gk)# bandwidth total zone horse 64
    
  3. ゲートキーパー オンラインを再度持って来て下さい。

    psy-gk-01(config-gk)# no shutdown
    

    どちらかの DN の 4桁目 の 数字を数字後即時リオーダー トーンを聞く必要があります。 リオーダー トーンを聞かないし、コールが行けば、H.225 トランクを Cisco CallManager サーバのルートパターンを変更しないことができます(h225_trk)指すために。 この設定を確認します。 また、zone bandwidth パラメータに対して変更を加えたことを確認する必要もあります。

  4. 呼び出しが続行するようにする値にゾーン帯域幅を戻すことを忘れないようにして下さい。

トラブルシューティング

ここでは、設定のトラブルシューティングに役立つ情報について説明します。

ゲートキーパーコンフィギュレーションをトラブルシューティングして下さい

設定をトラブルシューティングするには、次の手順を実行します。

  1. 設定コマンドはすべて正しいことをゲートウェイがゲートキーパーによって登録しなかったらおよび確認したら、ゲートキーパー の 登録問題のトラブルシューティング資料を参照して下さい。

  2. ゲートウェイがゲートキーパーによっておよび登録すればどちらかまたは両方向で呼び出しを送信できません:

    • ゲートキーパの DN に対する zone prefix コマンドを行ったことを確認します。

    • zone bandwidth が 128 未満に設定されていないことを確認します。

    • サーバの Cisco CallManagerサービスを停止し、再開して下さい。

    • ゲートキーパーをシャットダウンし、それを再起動して下さい。

    • この資料のための必要条件を確認するのに使用したゲートウェイに戻って Cisco Unified CallManager ルートパターンを切り替えて下さい。 CAC なしで両方向で呼び出しを送信できるようにして下さい。 オリジナル ゲートウェイとの呼び出しを送信できない場合 CAC を完全にテストできる前に問題を解決する必要があります。

    Cisco.com で利用可能 な ゲートキーパーコンフィギュレーションをさらに詳しく確認しトラブルシューティングする方法を説明する他の複数の文書があります。 詳細については関連情報セクションを参照して下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 42063