音声 : コール ルーティング / ダイヤル プラン

特定のデジタル音声ポートへの発信 VoIP コールのマッピング

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、コールを発信した IP フォンの発信者番号に基づいて特定の DS0 ポートを使用して公衆電話交換網(PSTN)にコールをルーティングするようにアナログ H.323 ゲートウェイを設定する方法について説明します。 通常、アナログ ゲートウェイに送信されるコールは、ハント方式を使用してゲートウェイからコールをルーティング必要がありますが、このとき発信コールをルーティングするためにどの DS0 ポートを選択するかについては考慮されません。 多くの場合、特定の DS0 ポートを特定の IP フォンの番号に関連付けることで、ポートをランダムに、または「最小のアイドル状態」のようなハント方式に基づいて選択するのではなく、発信コールが特定の DS0 ポートだけを使用するようにすることが推奨されます。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco CallManager 3.x

  • Cisco IP フォン

  • アナログゲートウェイ(2600、3600、1700、2400) IAD

    注: Cisco IOS を実行したにちがいありませんか。 ソフトウェアリリース 12.2(11)T およびそれ以降。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

設定

この項では、このドキュメントで説明する機能の設定に必要な情報を提供します。

注: このドキュメントで使用されているコマンドの詳細を調べるには、Command Lookup Tool登録ユーザ専用)を使用してください。

ネットワーク構成図

このドキュメントでは、次の図で示されるネットワーク構成を使用しています。

/image/gif/paws/41928/specific_ds0-call-routing-1.gif

特定の DS0 グループのための T1 を設定して下さい

設定
controller T1 1/0 
 framing esf 
 linecode b8zs 
 ds0-group 1 timeslots 1 type e&m-wink-start 
 ds0-group 2 timeslots 2 type e&m-wink-start 
 ds0-group 3 timeslots 3 type e&m-wink-start 

H.323 ゲートウェイ 着信ダイヤルピアを設定して下さい

ゲートウェイの着信ダイヤルピアは Cisco Unified CallManager IP Phone から仕様 DS0 ポートに送信コールを受け入れます。

設定
dial-peer voice 1 voip 
 translation-profile incoming DS01 
 answer-address 8378 


!--- A call from IP phone 8378 matches this dial-peer. 
!--- The answer-address matches the ANI of the calling party.
 

dial-peer voice 1 voip 
 translation-profile incoming DS02 
 answer-address 8379 

dial-peer voice 1 voip 
 translation-profile incoming DS03 
 answer-address 8380 

H.323 ゲートウェイ トランスレーション プロファイルの設定

これらのトランスレーション プロファイルは入ってくるコールレグを一致する 受信側VOIPダイヤルピアによって引き起こされます。 彼らは仕様 DS0 ポートがコール 発信をルーティングするのに使用することができるように、呼出番号 の 数字 ストリームにディジットの前に付ける変換規則を要求します。

設定
voice translation-profile DS01 
 translate called 1 
! 
voice translation-profile DS02 
 translate called 2 
! 
voice translation-profile DS03 
 translate called 3 

トランスレーション ルールの設定

トランスレーション ルールはトランスレーション プロファイルを Cisco Unified CallManager によって送信されるディジット ストリームに個別のディジット ストリームの前に付けるのに使用します。 ルータは発信者番号に基づいてある特定の着信ダイヤルピアと一致します。 この設定はデジタルゲートウェイを通ってネットワークにダイヤルするべきルートパターンが Cisco Unified CallManager の 9 であると仮定します。

これはトランスレーション ルールがどのように検知 するかです。 これらは Cisco IOS ソフトウェア Release 12.2(11)T と それ以降で使用されるトランスレーション ルールの新型です。

設定
voice translation-rule 1 
 rule 1 /^9/ /19/ 
! 
voice translation-rule 2 
 rule 1 /^9/ /29/ 
! 
voice translation-rule 3 
 rule 1 /^9/ /39/ 

これらのルールはディジット ストリームの先頭にディジットの前に付けます。 これはダイヤル ピアが一致することができる特定のアウトバウンドPOTS を可能にします。

発信 ダイヤル ピアを設定して下さい

これはどのようにアウトバウンドPOTS ダイヤル ピア外観です。 最終結果は第 X が付いているルータに入って来るコールがルータによって検出することです。 それはそれからディジット ストリームの先頭にユニークなディジットの前に付ける変換規則を実行するトランスレーション プロファイルを引き起こします。 この場合このルータはある特定の DS0 ポートからある特定の IP 電話からのある特定の呼び出しを発信できます。 各 IP Phone に今それが他のどの IP Phone によっても使用することができないそれと対応づけられるユニークな DS0 ポートを所有することですあります。 これは Cisco Unified CallManager のある特定の IP Phone に本質的にデジタル DS0 ポートを「マッピング します」。

設定
dial-peer voice 19 pots 
 destination-pattern 19T 
 translate-outgoing called 1 
 port 1/0:1 

dial-peer voice 29 pots 
 destination-pattern 29T 
 translate-outgoing called 2 
 port 1/0:2 
! 
dial-peer voice 39 pots 
 destination-pattern 39T 
 translate-outgoing called 3 
 port 1/0:3 

この場合アウトバウンドコールが作られる、ルータはオリジナル ディジット ストリームの先頭のディジット プレフィクスがある新しい変換された呼出 し 番号に基づいてダイヤル ピアを選択できます。 この変換が行われなかった場合、発信を送信 するために仕様 DS0 ポートを選択するルータのための方法が呼出しますありません。 ルータのデフォルト動作は、定義されたハント グループの順序に基づいてコールをルーティングします。

確認

現在、この設定に使用できる確認手順はありません。

トラブルシューティング

ここでは、設定のトラブルシューティングに役立つ情報について説明します。

トラブルシューティングのためのコマンド

特定の show コマンドは、Output Interpreter Tool登録ユーザ専用)によってサポートされています。このツールを使用すると、show コマンド出力の分析を表示できます。

注: debug コマンドを使用する前に、『debug コマンドに関する重要な情報』を参照してください。

  • show dialplan number 8378 —いくつかと一致するダイヤルプランが、この場合あることを示して下さい: 8378。

  • トランスレーション プロファイルと一致する場合 debug voip ccapi inout —右の Foreign Exchange Station (FXS) ポートを選択したかどうか見るためにコールのプログレスを示して下さい。

より詳しいトラブルシューティング情報に関しては、VoIP コールの基礎的なトラブルシューティングおよびデバッギングを参照して下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 41928