Cisco インターフェイスとモジュール : Cisco 2600/3600 シリーズ 高速 ATM Advanced Integration Module(AIM、拡張統合モジュール)

ATM テクノロジーにおける Advanced Integration Module(AIM)の利用について

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、AIM の簡単な概念と、(音声ではなく)ATM に重点を置くその重要な機能について説明します。 また、サポートを得るために実行する必要がある IOS とそれをサポートするルータに関する情報を提供します。

はじめに

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

前提条件

情報は下記の最小 の Cisco IOS を示しますか。 さまざまなプラットフォームで認識される AIM モジュールのための必要条件。

必要な最小のフィーチャセット: Cisco IOS 「と」。

  • Cisco 2600 シリーズ、3660

    • AIM-ATM: 12.2(2)XA/12.2.4T

    • AIM-VOICE-30: 12.2(2)XB/12.2.7T

    • AIM-ATM-VOICE-30: 12.2(2)XB/12.2.7T

  • Cisco 2691、3700 シリーズ

    • AIM-ATM、AIM-VOICE-30、AIM-ATM-VOICE-30: 12.2(11)YT および 12.2(13)T

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 対象のネットワークが実稼働中である場合には、どのような作業についても、その潜在的な影響について確実に理解しておく必要があります。

関連製品

AIM モジュールは次のプラットフォームをサポートします:

  • Cisco 2610-2613、2620、2621、2650、2651、2610XM、2611XM、2620XM、2621XM、2650XM、2651XM、2691

  • Cisco 3661、3662、3725、3745

いろいろ な必要条件

以下は異なるプラットフォームにインストールすることができる AIM モジュールの数を示します。

  • 2600 ルータごとの AIM モジュールの数(2691 を除いて: One

  • 2691、3660、または 3700 シリーズ ルータごとの AIM モジュールの数: 2

  • サポートされる ATM T1/E1s の最大数: AIM-ATM または AIM-ATM-VOICE-30 毎に 4 まで ATM T1/E1

  • 必要な最小のフィーチャセット: Cisco IOS 「と「

AIM-ATM および AIM-ATM-VOICE 30 のいくつかの重要な機能は含んでいますが、に、次制限されません:

  • ハードウェアの ATM SAR 機能

  • ATM サービス クラス(CoS)機能 CBR、VBR-nrt、VBR-rt、ABR および UBR

  • 次の QoS 機能をサポートします:

    • 低遅延キューイング (LLQ)

    • Class-Based Weighted Fair Queuing(CBWFQ)

    • Per-Virtual Circuit キューイング

    • 非リアルタイム可変ビット レート(VBR-nrt)のための Pre-ATM VC シェーピング

    • 資源予約プロトコル (RSVP)

    • ATM QoS サービスへの IP CoS マップ

    • 圧縮リアルタイム プロトコル(CRTP) (ATM にポイント ツー ポイント/マルチリンクに)

  • LANエミュレーション 2.0 クライアント および サーバ

  • セグメンテーションのための VC キューイングごと

  • データ/音声機能の 1024 まで AAL5 VC のためのサポート

  • AIM ごとの音声のための 255 までのサブチャネルとのアップ to1024 AAL2 VC それぞれのためのサポート

AIM とは何か。

Cisco 2600 シリーズ、Cisco 3660 および Cisco 3700 シリーズ Multiservice アクセス ルータはデータ、音声およびビデオに企業およびサービスプロバイダーを広範囲のソリューション提供します。 これらのルータは顧客を追加機能を展開する柔軟性提供する Advanced Integration Module (AIM) スロットが装備されています。 AIM モジュールの 3 つのフレーバーがあります。 それらはあります

  • AIM-ATM

  • AIM-VOICE-30

  • AIM-ATM-VOICE-30

なぜ AIM か。

インストールされて AIM-ATM か AIM-ATM-VOICE-30 モジュールがそれらのスロットに VWIC MFT カードをインストールできます。 T1 コントローラの設定によって、規則的な ATMインターフェイスのように機能するためにそれを作ることができます。 従ってそれは低密度 T1/E1 データのための ATM アダプテーション レイヤ 2 (AAL2)および ATM アダプテーション レイヤ 5 (AAL5)サポートおよび ATM ネットワーク上の音声接続を提供できます。 AIM モジュールはサービスプロバイダーおよび企業顧客が ATM 接続と利用可能 な 信頼性および Quality of Service (QoS)を利用することを可能にします。

以下は設定 例です。

r06#conf t
Enter configuration commands, one per line.  End with CNTL/Z.
r06(config)#controller t1 0/1
r06(config-controller)#mode atm
r06(config-controller)#end

r06#sh int atm0/1
ATM0/1 is up, line protocol is down
  Hardware is ATM T1
  MTU 4470 bytes, sub MTU 4470, BW 1536 Kbit, DLY 20000 usec,
     reliability 0/255, txload 1/255, rxload 1/255
  Encapsulation ATM, loopback not set
  Encapsulation(s): AAL5
  255 maximum active VCs, 256 VCs per VP, 0 current VCCs
  VC idle disconnect time: 300 seconds
  Last input never, output never, output hang never
  Last clearing of "show interface" counters never
  Input queue: 0/75/0/0 (size/max/drops/flushes); Total output drops: 0
  Queueing strategy: weighted fair
  Output queue: 0/1000/64/0 (size/max total/threshold/drops)
     Conversations  0/0/256 (active/max active/max total)
     Reserved Conversations 0/0 (allocated/max allocated)
     Available Bandwidth 1152 kilobits/sec
  5 minute input rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
  5 minute output rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
     0 packets input, 0 bytes, 0 no buffer
     Received 0 broadcasts, 0 runts, 0 giants, 0 throttles
     0 input errors, 0 CRC, 0 frame, 0 overrun, 0 ignored, 0 abort
     0 packets output, 0 bytes, 0 underruns
     0 output errors, 0 collisions, 0 interface resets
     0 output buffer failures, 0 output buffers swapped out
r06#

デフォルトで、AIM-ATM か AIM-ATM-VOICE-30 モジュールは VPI (0-31)のための 5 ビットおよび VCI (0-255)のための 8 ビットをサポートします。 ただし、VPI および VCI は ATMインターフェイスの下のコマンド「ATM vc-per-vp 「を使用して要求に応じて変えることができます。


関連情報


Document ID: 41863