コラボレーション : Cisco Unified Customer Voice Portal

CVP/ISN の推奨トレース レベル

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、問題が Cisco CVP または ISN、Cisco Intelligent Contact Management(ICM)、または Cisco IOS に関連するかどうかを確認するのに役立つ、Customer Voice Portal(CVP)製品または Internet Service Node(ISN)製品の推奨トレース ベルについて説明します。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco ICM の機能

  • Cisco CVP 機能性

  • ネットワーキング バックグラウンド

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco ICM バージョン 4.6.2 以降

  • Cisco ISN 2.1、か CVP 3.0 および 3.1

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

音声ブラウザ トレース レベルを設定 して下さい

Peripheral Gateway (PG CVP か ISN がインストールされているからところ)、トレースを設定 するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. CVP に関しては、Start > Programs > Cisco Customer Voice Portal > Voice Browser > VB Admin の順に選択 して下さい。

    ISN に関しては、Start > Programs > Cisco Internet Service Node > Voice Browser > VB Admin の順に選択 して下さい。

  2. コマンド setcalltrace を発行して下さい。

    無効になるのに使用して下さい。

  3. コマンド setinterfacetrace を発行して下さい。

    無効になるのに使用して下さい。

  4. コマンド seth323trace を発行して下さい。

    無効になるのに使用して下さい。

  5. 音声ブラウザのためにログファイルを高めて下さい。

    注: トレースの上の回転の情報に関してはトレースの上の回転を参照して下さい。

    これらは提案されます:

    • EMSAllLogFileMax = 500 MB

    • EMSAllLogFileCount = 1000

    • EMSLogFileMax = 10 MB

    • EMSDisplayToScreen = 0

  6. ログファイルを得て下さい:

    1. 疑わしい特定の時間のための音声ブラウザ ログをキャプチャ するために関連したディレクトリにコマンドプロンプトウィンドウを開いて下さい:

      • CVP のためのディレクトリは次のとおりです:

        C:\Cisco\CVP\VoiceBrowser\logFiles>dumplog vb /bt “time” /
        et “time” /of pimtest.txt
      • ISN のためのディレクトリは次のとおりです:

        C:\Cisco\ISN\VoiceBrowser\logFiles>dumplog vb /bt “time” /
        et “time” /of pimtest.txt

        次に例を示します。

        dumplog vb /bt 14:00 /et 15:00 /of vb1_1400_1500.txt
    2. ISN/CVP 音声ブラウザ ログファイルを収集するのに Dumplog ユーティリティを使用して下さい。

テストを完了した後、適切な音声ブラウザ ログを引っ張り、Cisco テクニカル サポートにログを提供して下さい。

アプリケ− ションサーバ トレース レベルを設定 して下さい

アプリケ− ションサーバがインストールされている PG から、トレースを設定 するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. CVP に関しては、> Ciscoカスタマー 音声ポータル > アプリケ− ションサーバ > アプリケーション管理者 『Start > Programs』 を選択 して下さい。

    ISN に関しては、> Cisco Internet Service Node > アプリケ− ションサーバ > アプリケーション管理者 『Start > Programs』 を選択 して下さい。

  2. Microsoft Windows 2000 管理者としてログイン。

  3. メイン ページから『Engine』 を選択 して下さい。

  4. 設定を『Log』 を選択 して下さい。

  5. インターフェイス Tracing セクションのコールおよび基本があるようにチェックボックスを確認して下さい。

    Rec-ISN-tracelevels-1.gif

  6. ハード ドライブの空き容量をチェックした後適した数にログファイルの数を高めて下さい。 (提案される: 500 MB の合計のための 10 MB の 100 つのファイルそれぞれ)

  7. ページをスクロールして下さい。

  8. 実施されるために新しいトレース パラメータのためのページの Update ボタンを本当は選択して下さい。

    Rec-ISN-tracelevels-2.gif

大きなログ ログ・ファイルをキャプチャ する必要がある場合ログファイルのサイズを修正する必要があります。 ログ 設定の下で Log File Size フィールドの値を増加して下さい。 これはアプリケ− ションサーバへの同じリンクにあります。

テストを完了した後、適切な音声ブラウザ ログを引っ張り、Cisco テクニカル サポートにログを提供して下さい。

VRUTrace ログを得て下さい

VRU トレース ログ ファイルを収集する方法の情報に関しては VRUTrace ユーティリティを使用する方法を参照して下さい。

VRU PIM トレース レベルを設定 して下さい

CVP か ISN がインストールされている PG から、これらのトレース レベルをつけるのに Procmon ユーティリティを使用して下さい:

注: コマンドは大文字/小文字の区別があります。

  1. procmon>>>trace *.* /off (消えるため)

  2. procmon>>>ltrace か。(設定を確認するためあって下さい)

  3. procmon>>>trace cti* /on

  4. procmon>>>trace opc* /on

  5. procmon>>>trace *ecc* /on

  6. procmon>>>trace *session* /off

  7. procmon>>>trace *heartbeat* /off

  8. procmon>>>ltrace /trace

  9. procmon>>>quit

  10. PIM ログファイルを収集するのに Dumplog ユーティリティを使用して下さい。

    次に例を示します。

    C:\icm\"customername"\"pg#letter"\logfiles? 
      dumplog pim1 /bt "time" /et "time" /of pimtest.txt

テストを完了した後、事件時間がログでカバーされる Cisco テクニカル サポートに提供しますログを引っ張って下さいことを VRUTrace、VRU PIM、アプリケ− ションサーバおよび音声ブラウザ適切なログを、確認し。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 41221