アプリケーション ネットワーキング サービス : Cisco Application and Content Networking System (ACNS) ??????

ACNS 5.01 の Syslog エラー メッセージ

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Cisco Application and Content Networking Software(ACNS)5.01 の syslog エラー メッセージの説明と推奨する措置を提供します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco ACNS 5.01 に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

エラー メッセージ

100000 から 199999

メッセージ 説明 Action
CE-ACQ-2-100001: 取得者は db ops に失敗しました: [失敗説明] メッセージ クラスはサービス取得者がデータベース オペレーションの重大なエラーに出会うことを示します。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-ACQ-2-100002: 取得者は UNS ops に失敗しました: [失敗説明] メッセージ クラスはサービス取得者が統一されたネーム 空間(UNS)オペレーションの重大なエラーに出会うことを示します。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-ACQ-2-100003: 無効明らかな URL: [失敗説明] メッセージ クラスは与えられる明らかな URL が無効であることを示します。 綴りのためのチャネルの明らかな URL を慎重に検査して下さい。
CE-ACQ-2-100004: RPC サーバを作成されない: [失敗説明] メッセージ クラスは Remote Procedure Call (RPC) サーバを作成し取得者が損うことを示します。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-ACQ-2-100005: [文字] = [文字]から[文字]読まれなくてエラー = [DEC]。 問題を訂正するように試みます。 これはデータの汚染が原因で起こる場合があります。 問題を訂正するように試みるために取得者は reparse か reupdate にマニフェスト ファイル要求に応じて試みます。 この条件の結果としていくつかの項目は時々得られなかった最初は実行ではないです。 頻繁にこのメッセージが表示される場合 Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-ACQ-2-100006: チャネル ロックを得られない: [失敗説明] メッセージ クラスは取得者はディストリビューションの競合があることを示します。 それはチャネルのための獲得を開始しません。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-ACQ-2-100007: 要求は取得者をハングさせましたり、問題を訂正するために再起動します Internal エラーが原因で、要求はハングします。 問題を訂正するために取得者を再起動する必要があります。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-AUTOREG-3-111000: 自動登録構成を読むことができません。 やめること。 必要な内部データ構造はありません。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-AUTOREG-3-111001: デフォルト自動登録インターフェイスを得られない。 システムは自動登録が有効に なる デフォルト インターフェイスを得ません。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-AUTOREG-3-111002: dhclient pid file を取除かれない: <error> システムは一時データファイルを取除きません。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-AUTOREG-4-111003: DHCPサーバは連絡できませんでした。 キャッシュされたリースの使用。 システムは DHCPサーバに連絡できません。 システムは先に得られるリースを使用します。 ただし、それはまだ有効です。 アクションは不要です。
CE-AUTOREG-4-111004: DHCPサーバは 5 分後に再試行します連絡できませんでした システムは DHCPサーバに連絡できません。 それは 5 分毎に再試行します。 アクションは不要です。
CE-AUTOREG-4-111005: DHCPサーバ応答で見つけられない使用可能な CDM ホスト名 DHCP サーバからの応答はベンダー オプション 情報が含まれていません。 DHCPサーバの設定をチェックして下さい。
CE-AUTOREG-3-111006: DHCP クライアント(数字、数字)の上で開始している間エラー システムは DHCP クライアントを開始する間、失敗します。 もう一度試。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-AUTOREG-3-111007: デバイス モードを読むことができません。 自動登録のディセーブル化 システムはデバイス モードを識別しません。 万が一のために、自動登録はこのシステムで行われません。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-AUTOREG-3-111008: デフォルト インターフェイス(数字、数字)のオート registation をディセーブルにされない システムはデフォルト インターフェイスの自動登録をディセーブルにしません。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-AUTOREG-5-111009: デフォルト インターフェイスでディセーブルにされる自動登録。 デフォルト インターフェイスのシステム無効自動登録。 アクションは不要です。
CE-AUTOREG-3-111010: デフォルト インターフェイスの自動登録は失敗しました(数字、数字) システムはデフォルト インターフェイスの自動登録をする間、失敗します。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-AUTOREG-3-111011: デフォルト インターフェイスで有効に なる 自動登録。 デフォルト インターフェイスのシステム有効自動登録。 アクションは不要です。
CE-AUTOREG-5-111012: startup-config で見つけられる自動登録 設定。 やめること。 自動登録設定はスタートアップ コンフィギュレーションにあります。 従って、デフォルト 設定は適用しません。 アクションは不要です。
CE-AUTOREG-3-111013: CE/CR 登録解除(cms ディセーブル)は失敗しました(数字、数字) システムは CMS をディセーブルにすると失敗します。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-AUTOREG-5-111014: 正常な CE/CR 登録解除(cms ディセーブル) システムは正常に新しいコンテンツディストリビューションマネージャ (CDM) IP とそれを有効に する前に CMS をディセーブルにします。 アクションは不要です。
CE-AUTOREG-3-111015: CE/CR 登録解除は(cms は登録を取り消します)失敗しました(数字、数字) システムは登録解除をすると失敗します。 アクションは不要です。
CE-AUTOREG-5-111016: 正常な CE/CR 登録解除(cms は登録を取り消します) システムは正常に新しい CDM に登録されている前に Content Engine (CE)の登録を取り消します。 アクションは不要です。
CE-AUTOREG-3-111017: cfg_bin_runcms への不十分なパラメータ プログラム cfg_bin_autoreg_runcms は必須パラメータを受け取りません。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-AUTOREG-5-111018: 自動登録は無効です。 無視ベンダー オプション 情報 自動登録は無効です。 DHCP サーバの応答で受け取られるベンダー オプション 情報は無視されます。 アクションは不要です。
CE-AUTOREG-3-111019: プライマリインターフェイス 設定は失敗しました(数字、数字) システムはプライマリインターフェイスを設定する間、失敗します。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-AUTOREG-5-111020: 正常なプライマリインターフェイス 設定 システムはプライマリインターフェイスをうまく設定します。 アクションは不要です。
CE-AUTOREG-3-111021: startup-config を cdm IP があるように確認するために得ることができませんでした。 現在であるとそれが仮定します システムは CDM 設定はあるかどうか確認することを試みるときスタートアップ コンフィギュレーションを得ません。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-AUTOREG-5-111022: startup-config/データ サーバで見つけられる CDM IP。 やめること。 CDM IP は startup-config/データ サーバにあります。 従って、コンフィギュレーション変更を行いません。 アクションは不要です。
CE-AUTOREG-3-111023: CDM ホスト名設定は失敗しました(数字、数字) システムは DHCPサーバからベンダー オプション 情報によって届く CDM ホスト名を設定しません。 もう一度試。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-AUTOREG-3-111024: 正常な CDM ホスト名設定 システムは CDM ホスト名をうまく設定します。 アクションは不要です。
CE-AUTOREG-3-111025: イネーブル CMS は失敗しました(数字、数字)。 再試行。 (数字) システムは CMS を有効に する間、失敗します。 それは再試行します。 もう一度試。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-AUTOREG-2-111026: CMS を有効に して <num> 再試行の後でさえも失敗しました。 システムは <num> 時間を再試行した後でさえも CMS を有効に しません。 もう一度試。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-AUTOREG-5-111027: 取除かれる CDM ホスト名設定(数字、数字) CDM ホスト名設定は CDM の CMS を有効に して失敗するので、取除かれます。 もう一度試。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-AUTOREG-3-111028: startup-config (数字、数字)に running-config を保存されなくて システムは不揮発性フラッシュ ストレージに設定を保存する間、失敗します。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-AUTOREG-5-111029: CDM に登録に成功される CE/CR システムは CDM に登録に成功されます。 操作が必要となりません。
CE-BANDWD-3-115001: [項目]エラー数[x は]に結合 されなくて 帯域幅 モジュールはデータ サーバで[項目]結合 しません。 バインドのためのエラー数はあります[x] エラーから自動的に回復 する システム必要。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-BANDWD-3-115002: 失敗した操作は 2 秒以内に再試行されます 帯域幅 モジュールは 2 秒の失敗した操作を再試行します。 エラーから自動的に回復 する システム必要。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-BANDWD-3-115003: エラー[x]のデータ サーバとの壊れる確認 登録 帯域幅 モジュールは確認のためのデータ サーバと登録しません。 エラー数はあります[x] エラーから自動的に回復 する システム必要。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-BANDWD-4-115004: 通知のためのスレッドを作成されない 帯域幅 モジュールはデータベースからの通知のためのスレッドを作成しません。 それは Node Manager によって再起動します。 エラーから自動的に回復 する システム必要。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-BANDWD-3-115005: 帯域幅設定は失敗しました 帯域幅 モジュールは無効 な モジュールが理由で帯域幅を設定 しません。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-BANDWD-6-115006: モジュール[名前]のための帯域幅をに設定 して下さい[値] 帯域幅 モジュールはモジュール[名前]のための帯域幅をに設定 します[値] アクションは不要です。 これは情報メッセージです。
CE-BANDWD-3-115007: データ サーバから項目[名前]取得するエラー[x] 帯域幅 モジュールはデータ サーバから項目[名前]得ません。 得のためのエラー数はあります[x] エラーから自動的に回復 する システム必要。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-BANDWD-3-115008: 帯域幅 モジュールはデータ サーバからエラー[x]得ました 帯域幅 モジュールはデータ サーバから全メッセージを受け取ることを試みる間、エラー[x]得ます。 エラーから自動的に回復 する システム必要。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-BANDWD-3-115009: データ サーバへの帯域幅 モジュールによって失われる接続 帯域幅 モジュールはデータ サーバへの接続を失います。 それは接続をもう一度試します。 エラーから自動的に回復 する システム必要。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-BANDWD-3-115010: 帯域幅 モジュールは ds_verification_info() のエラー[x]得ました 帯域幅 モジュールはデータ サーバから確認情報を検索する間、エラー[x]得ます。 エラーから自動的に回復 する システム必要。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-BANDWD-3-115011: 帯域幅 モジュールは ds_build_verification_ack() のエラー[x]得ました 帯域幅 モジュールはデータ サーバに確認 確認応答(ACK)を構築する間、エラー[x]得ます。 エラーから自動的に回復 する システム必要。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-BANDWD-3-115012: 帯域幅 モジュールは ds_send_whole_ack() のエラー[x]得ました 帯域幅 モジュールはデータ サーバに確認 ACK を送信 する間、エラー[x]得ます。 エラーから自動的に回復 する システム必要。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-BANDWD-3-115013: 帯域幅 モジュールは型[x] ds_receive_whole_msg() の悪化しました 帯域幅 モジュールはデータ サーバからメッセージを受け取る間、エラー[x]得ます。 エラーから自動的に回復 する システム必要。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-BANDWD-3-115014: 帯域幅 モジュールはソケット エラーを得、再起動しています 帯域幅 モジュールはソケット エラーを得ます。 それは再起動します。 エラーから自動的に回復 する システム必要。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-BANDWD-5-115015: 帯域幅 モジュールはマルチキャストに送信側を接続しませんでした 帯域幅 モジュールはマルチキャスト 送信側にメッセージを送りません。 エラーから自動的に回復 する システム必要。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-BANDWD-6-115016: 帯域幅 モジュール: 設定された WMT 帯域幅は[x]ですが、より低い値は下部の WMT 帯域幅 ライセンスが設定 された[y]原因です 帯域幅 モジュールは Windows Media Technology (WMT)値をに設定 します[y]。 これは設定値より下部ののです[x}。 これは帯域幅 ライセンスがより低い値を可能にを設定したという理由によります。 これは利用可能 な 帯域幅の実際の値と設定値の違いを指摘する情報メッセージです。
CE-BANDWD-3-115017: エラー[x]のデータ サーバとの壊れる通知 登録 帯域幅 モジュールは通知のためのデータ サーバと登録しません。 エラー数はあります[x] エラーから自動的に回復 する システム必要。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-BANDWD-3-115018: 帯域幅 モジュールは ds_notification_info() のエラー[x]得ました 帯域幅 モジュールは WMT ライセンスのためのデータ サーバから通知 情報を検索する間、エラー[x]得ます。 エラーから自動的に回復 する システム必要。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-BYPS-0-130000: バイパス: バイパス モードのシステム出かけること ボックスのロードはおそらく減ります。 バイパス モードからのシステム スイッチ。 アクションは不要です。
CE-BYPS-5-130001: バイパス: システム オフラインになるバイパス: オンライン状態に戻るリロード デバイスは過負荷が理由でオフラインになります。 再度ブートするは安定状態のシステムを思い出させるために推奨されます。
CE-BYPS-4-130002: バイパス: バイパス モードに入るシステム ボックスのロードは最大限の上でおそらく行きました。 デバイスは新しい接続をバイパスします。 ロードを減らすか、またはロードを処理するために追加 CE を追加して下さい。 デバイスはオーバーロードされる場合可能性のある不安定になることができます。
CE-BYPS-4-130003: バイパス: sysdb_item_set() は失敗しました: 戻り値はあります[エラー] デバイス 過負荷状態はデータ サーバで正常に保存しません。 デバイス状態は不正確に表示することができます。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-BYPS-4-130004: バイパス: モジュール[モジュール]不正な名が原因で登録しませんでした。 指定 モジュールは過負荷状態を登録しません。 モジュールの状態は不正確に表示することができます。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-BYPS-4-130005: バイパス: 登録に成功されないモジュール[モジュール]。 指定 モジュールは過負荷と登録しません。 モジュールの状態は不正確に表示することができます。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-BYPS-1-130006: バイパス: モジュール[モジュール]ロードを処理することができません。 指定 モジュールは過剰になり、臨界状態に非常にあります。 ボックスのロードを減らして下さい。 再度ブートするがおそらくデバイスが不安定状態を入力しなかったことを確かめるために必要となります。
CE-BYPS-5-130007: 過負荷: プリロードは受信 オーバーロード メッセージ。 プリロードは動作しないかもしれません プリロードは過負荷 状態の知識のありません。 ボックスはプリロードが始まる場合もっとロードされます。 プリロードが設定されない場合、このメッセージを無視して下さい。 プリロードが有効に なる場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-CACHE-2-140001: HTTP プロキシは始動で失敗します: [失敗説明] メッセージ クラスは HTTP プロキシが開始する発生し、システム FD リソースを要求する間、重大なエラーがことを示します。 通常、HTTP プロキシは自動的に再起動します。 問題が持続する場合、全システムを再始動して下さい。 テクニカルサポート 情報を保持し、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-CACHE-2-140002: HTTP プロキシは始動で失敗します: [失敗説明] メッセージ クラスは HTTP プロキシが開始する発生し、仮想 アドレス 空間を要求する間、重大なエラーがことを示します。 通常、HTTP プロキシは自動的に再起動します。 問題が持続する場合、全システムを再始動して下さい。 テクニカルサポート 情報を保持し、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-CACHE-2-140003: HTTP プロキシは始動で失敗します: [失敗説明] メッセージ クラスは HTTP プロキシが開始する発生し、仮想メモリ メモリ・リソースを要求する間、重大なエラーがことを示します。 通常、HTTP プロキシは自動的に再起動します。 問題が持続する場合、全システムを再始動して下さい。 テクニカルサポート 情報を保持し、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-CACHE-2-140004: HTTP プロキシは TCP ポートにバインディングで失敗します: [失敗説明] メッセージ クラスは HTTP プロキシが始め、特定のポートで結合 し間、重大なエラーが発生することを示します。 通常、HTTP プロキシは問題があるポートからの Accept 要求に失敗します。 それは他のポートのトラフィックを実行し、動作します。 問題が持続する場合全システムを再始動して下さい。 テクニカルサポート 情報を保持し、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-CACHE-3-140005: HTTP プロキシはサード パーティ プラグイン ライブラリをロードしませんでした サード パーティ差込式ライブラリのロードはリッスン ポートが原因で追加します失敗を失敗します。 HTTP プロキシはサード パーティ プラグインなしで、再起動します。 プラグインの機能性は HTTP プロキシに利用できません。 テクニカルサポート 情報を保持し、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-CLI-3-170000: 「ENABLE_CFG_PREFIX」エラー <str> で SysDB に結合できません Exec はデータ サーバへの接続を確立しません。 再度ログアウトおよびログオン。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-CLI-2-170001: [プロシージャ]: opendir ([dirname]) opendir() は Exec に失敗します。 再度ログアウトおよびログオン。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-CLI-2-170002: [プロシージャ]: opendir (<dirname>) opendir() は Exec に失敗します。 再度ログアウトおよびログオン。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-CLI-3-170003: ファイル[ファイル名]問題があります: <error> ファイル オペレーション(、書いて下さい開いた)失敗。 再度ログアウトおよびログオン。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-CLI-5-170005: CDP-EV: CDP 実行するこれ以上のインターフェイス- CDP プロセスを取除くこと このメッセージはユーザに Cisco Discovery Protocol (CDP)ステータスについて知らせます。 アクションは不要です。
CE-CLI-3-170006: errno は[ファイル名]ファイルを開くことができません: [dc] メモリコンフィギュレーション テンプレートファイルを開きません。 再試行。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-CLI-5-170007: 間違った引数 メモリコンフィギュレーション プログラムは引数の間違い番号を受け取ります。 再試行。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-CLI-2-170008: CLI: sysdb_bind は cfs_clear エラーに = 失敗しました[DEC] Command Language Interpreter (CLI)はデータ サーバが付いている接続を確立しません。 再試行。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-CLI-2-170009: CLI: sysdb_bind は cfs_sync に、エラー = 失敗しました[DEC] CLI は接続を確立しません。 再試行。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-CLI-2-170010: CLI: sysdb_bind は cfs_mount に、エラー = 失敗しました[DEC] CLI は接続を確立しません。 再試行。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-CLI-2-170011: CLI: sysdb_bind は cfs_unmount に、エラー = 失敗しました[DEC] CLI は接続を確立しません。 再試行。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-CLI-3-170012: CLI: SS に[str]失敗しましたコピーして下さい。 ステータス = ([DEC]、[DEC])。 RealProxy 構成を変更しなかったら無視。 安全なマネージャはファイルをコピーし損います。 実質プロキシコンフィギュレーションが変更されない場合、このメッセージを無視して下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-CLI-3-170013: [cmd]失敗しました: ステータス = ([dc]、[dc]) 上のコマンドは失敗します。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-CLI-3-170014: ファイル システムはアンマウントされますが、[str]空ではないです! マウント ポイントを削除しません。 デバイスをリブートし、再試行して下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-CLI-3-170015: 削除する[str]、errorno = 場合の General エラー[dc] マウント ポイントを削除しません。 デバイスをリブートして下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-CLI-2-170016: [str]: startup-configuration を取られない: [cmd] = ([dc]、[dc]) startup-configuration を取得しません。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-CLI-2-170017: オープンインターフェイス stat ファイルは読むことができません ファイルは抜けています。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-CLI-2-170018: インターフェイス ステータスをのための得る場合のエラー[dc] 特定のインターフェイスのための統計情報を取得しません。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-CLI-2-170019: インターフェイス stat ファイル <str> を読んだ場合失敗する インターフェイス stat ファイルを読み込みません。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-CLI-2-170020: [str] メッセージはエラーについての情報がある必要があります。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-CLI-3-170020: memory.config を読むことができません従って実質プロキシのためのメモリ キャップはデフォルト <str> です memory.config は読まれません。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-CLI-3-170021: 読むことのための Can't open file [ファイル名]: [エラー] メッセージで述べられるファイルを開きません。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-CLI-3-170022: CDP プラットフォームは不明です 期待された CDP情報を見つけません。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-CLI-3-170023: 書くことのための Can't open file [ファイル名] メッセージで述べられるファイルを開きません。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-CLI-3-170024: ホスト名文字列長は不正確です 不正確なホスト名文字列長を見つけます。 正しい長さホスト名および再試行を使用して下さい。
CE-CLI-7-170025: [CLI デバッグ メッセージ] メッセージは CLI デバッグ情報を示します。 アクションは不要です。
CE-CLI-2-170026: ルートテーブルから古いゲートウェイを削除されなくて(いいえ、いいえ) ソフトウェアは設定済みデフォルトゲートウェイを以前に取除くことを試みるとき失敗します。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-CLI-2-170027: デフォルト ゲートウェイを設定されなくて(いいえ、いいえ) ソフトウェアは新しいデフォルト ゲートウェイを設定することを試みるとき失敗します。 デフォルト ゲートウェイが有効、正しいかどうか確認して下さい。 再構成することを試みて下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-CLI-2-170028: sysconfig のデフォルト ゲートウェイを修正されなくて(いいえ) ソフトウェアは新しいデフォルト ゲートウェイを設定することを試みるとき失敗します。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-CLI-3-170029: <string> のための評価を停止されない浸水して下さい <number> を アプリケーションのための評価を停止しません。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-CLI-6-170030: <string> のための停止された評価 アプリケーションのための評価を停止します。 アクションは不要です。
CE-CLI-3-170031: mediafs へ書くことは失敗されたファイルを分割しました。 Can't open file 活動記録 ファイルへの新しい WMT および実質比率の書き込みは失敗します(mediafs で)。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-CLI-5-170032: クリアされる Syslog Syslog はクリアされます。 アクションは不要です。
CE-CLI-2-170033: populate_ds: 検証ツール登録は <string> エラー = <num> (errno = <num>/<string>)のために失敗しました 検証ツールはいくつかの CLI の有効性を確認します。 これが発生する場合、多くの CLI ははたらきます。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-CLI-3-170034: 注: populate_ds: <string> のための検孔器でデフォルト値を設定 することが不可能 rc = <num>; 継続 いくつかのコンフィギュレーションアイテムのデフォルト値は設定 されません。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-CLI-7-170035: <various messages> デバッグ メッセージ。 アクションは不要です。
CE-CLI-2-170036: rule_operation_ds_rule(): ルール表は NULL、ルールを読むことができませんです ルールは読まれません。 もう一度試。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-CLI-2-170037: rule_operation_ds_pattern(): 無効 なルール パターン、破損するパターン 構造 ルール パターンにエラーがあります。 もう一度試。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-CLI-2-170038: rule_item_action_string(): 破損する無効ルール操作、処理 構造 ルール操作は判別されません。 もう一度試。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-CLI-2-170039: print_valid_patterns(): 破損する無効ルール操作、操作構造 ルール操作は判別されません。 もう一度試。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-CLI-2-170040: rule_action_string(): 破損する無効ルール操作、操作構造 ルール操作は判別されません。 もう一度試。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-CLI-2-170041: rule_pattern_string(): 無効 なルール パターン、破損するパターン 構造 ルール パターンのエラー。 もう一度試。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-CLI-2-170042: rule_item_pattern_string(): 無効 なルール パターン、破損するパターン 構造 ルール パターンのエラー。 もう一度試。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-CLI-3-170043: ver_webserver: 受け取った SIGTERM! 終了場合はプロセスによって受け取られます。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-CLI-3-170044: ver_webserver: 場合(SIGTERM、…) 失敗する。 プロセスは SIGTERM を正常に発行しません。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-CLI-5-170045: 自動登録はこのインターフェイスで有効に なります。 自動登録をディセーブルにするか、または IP アドレス/DHCPコンフィギュレーションを続行する前に異なるインターフェイスの自動登録を、有効に して下さい 自動登録はこのインターフェイスで現在 有効に なります。 それは IP アドレス /DHCP 設定が作成される前にディセーブルにされる必要があります。 アクションは不要です。
CE-CLI-5-170046: 自動登録のディセーブル化。 (数字、数字) それが IP アドレス /DHCP 設定を遂行するとき、CE が CDM にまだ登録されていないので、システムは自動登録をディセーブルにします。 アクションは不要です。
CE-CLI-5-170047: カーネルモジュール[モジュール 名]ロードできませんでした。 規定 された カーネルモジュールはロードされません。 CLI によって提供される情報はおそらく不完全です。 CLI をもう一度試して下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-CLI-5-170048: カーネルモジュール[モジュール 名]荷を下すことができませんでした。 規定 された カーネルモジュールは荷を下されません。 CLI をもう一度試して下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-CLI-5-170049: smbios のためのプロシージャ インターフェイスを読むことができませんでした。 smbios へのプロシージャ インターフェイスは読まれません。 CLI によって提供される情報はおそらく不完全です。 CLI をもう一度試して下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-CR-3-180101: メモリアロケーション障害 メモリ リソースは枯渇します。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-CR-5-180102: ルーティング テーブルは再製されます ルーティング テーブルはコンフィギュレーション ファイルの何れか一つ以上が変更されるので再製されます。 アクションは不要です。
CE-CR-5-180201: キープアライブは開始しましたり/再開します キープアライブはこの CE で開始しましたり/再開します。 アクションは不要です。
CE-CR-4-180202: キープアライブは受け取られません CE のためのキープアライブ メッセージは受け取られません。 CE とコンテンツルータ間の接続をチェックして下さい。
CE-CR-3-180301: データ サーバへの接続を開かれない これは Internal エラーです。 データ サーバへの接続を開きません。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-CR-3-180302: データ サーバへの接続を切断されない これは Internal エラーです。 データ サーバへの接続を切断しません。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-CR-3-180303: データ サーバに通知を登録されなくて これは Internal エラーです。 データ サーバに通知を登録しません。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-CR-3-180304: データ サーバからの通知の登録を解除されない これは Internal エラーです。 データ サーバからの通知の登録を解除しません。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-CR-3-180305: データ サーバから通知を得られなくて これは Internal エラーです。 データ サーバから通知を得ません。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-CR-3-180306: スレッドを作成されない スレッドを作成しません。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-CR-3-180307: VEN ソケットで受け取った resouces を解放されない VEN ソケットで受け取ったリソースを解放しません。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-CR-3-180308: VEN ソケットからメッセージ全体を得られなくて VEN ソケットからメッセージ全体を得ません。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-CR-3-180309: データ サーバに EDM エージェントとして登録されなくて データ サーバに Extended Data Manager (EDM) エージェントとして登録しません。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-CR-3-180310: データ サーバからの EDM の登録を解除されない データ サーバからの EDM の登録を解除しません。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-CR-3-180311: EDM 情報を受け取られない EDM 情報を受け取りません。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-CR-3-180312: EDM 確認応答をアセンブルされない EDM 確認応答をアセンブルしません。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-CR-3-180313: 確認応答を送信されない 確認応答を送信しません。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-COMMONEDM-4-185000: register_verifier: ver reg は誤ります(= 浸水して下さい[エラー数]) よくある EDM はデータ サーバを持つ検証ツールを登録しません。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-COMMONEDM-4-185001: register_notifier: ノーティファイヤ reg は誤ります(= 浸水して下さい[エラー数]) よくある EDM はデータ サーバとのノーティファイヤを登録しません。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-COMMONEDM-4-185002: 確認ヒントを誤ります得て下さい(ret= [エラー数]) よくある EDM は検証ツールのデータ サーバから情報を得ません。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-COMMONEDM-4-185003: 通知ヒントを誤ります得て下さい(ret= [エラー数]) よくある EDM はノーティファイヤのデータ サーバから情報を得ません。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-COMMONEDM-4-185004: /tmp/syslogd_cw2kmode を作成できませんでした(= [errorcode]浸水して下さい、[説明]) よくある EDM は指定されたフラグ ファイルを作成しません。 syslogd の CiscoWorks 2000 モードは変更されません。 CiscoWorks 2000 モードを有効または無効にすることを試みて下さい。 このメッセージが頻繁に表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-COMMONEDM-4-185005: /tmp/syslogd_cw2kmode を解くことができませんでした(= [errorcode]浸水して下さい、[説明)] よくある EDM は指定されたフラグ ファイルを解きません。 syslogd の CiscoWorks 2000 モードは変更されません。 CiscoWorks 2000 モードを有効または無効にすることを試みて下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-COMMONEDM-4-185006: 書くことのための /tmp/syslogd_cw2k_timezone を開くことができませんでした(ret= [errorcode]、[説明]) よくある EDM はタイムゾーン インフォメーション ファイルを開きます。 syslogd によって使用されるタイムゾーン情報は変更されません。 タイムゾーン情報を変更することを試みて下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-COMMONEDM-4-185007: /tmp/syslogd_cw2k_timezone に書くことができませんでした よくある EDM はタイムゾーン インフォメーション ファイルに書きません。 syslogd によって使用されるタイムゾーン情報は変更されません。 タイムゾーン情報を変更することを試みて下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-SCHED-2-189000: 抜けたスケジューラーはたらくスレッド 作業終端を予想に反して割り当てるのにスケジューラーが使用するワーカー スレッドの 1 つ。 CE Web プロキシキャッシュはそれ自身の再起動によって回復 するように試みます。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-SCHED-5-189001: スレッドおよびプロセス識別子のレポート 始動に、CE Scheduler レポート 内部プロセスおよびスレッド識別名。 この情報はデバッグの問題に役に立ちそうです。 アクションは不要です。
CE-SCHED-4-189002: スケジューラー CLI メモリアロケーション障害 スケジューラーの動作を修正するためにアクションを行う CLI コマンドを受け取った上でメモリ リソース資源配分は失敗します。 これは時々いくつかの CLI コマンドの障害という結果に終ります。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-SCHED-4-189003: スケジューラー CLI ファイル開いた失敗 スケジューラーの動作を修正するためにアクションを行う CLI コマンドを受け取った上でファイルは開きません。 これは時々いくつかの CLI コマンドの障害という結果に終ります。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-DHCP-0/1/2/3/4/5/6-191000: Descrition これらのメッセージは DHCP クライアントによって生成されます。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。

200000 から 299999

メッセージ 説明 Action
CE-DISK-1-200001: disk_check_io(): 分岐は失敗しました(<error>) Fork() は失敗します。 システムは不安定です。 リロード。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-DISK-2-200002: disk_check_io (<device>): 開いて下さい(<error>) 可能性のある悪いディスク。 どのディスクが悪いか決定する show disks details コマンドを発行して下さい。 悪いディスクを取り替えて下さい。
CE-DISK-2-200003: disk_check_io (<device>): シーク(<error>) 可能性のある悪いディスク。 どのディスクが悪いか決定する show disks details コマンドを発行して下さい。 悪いディスクを取り替えて下さい。
CE-DISK-2-200004: disk_check_io (<device>): 読まれる(<error>) 可能性のある悪いディスク。 どのディスクが悪いか決定する show disks details コマンドを発行して下さい。 悪いディスクを取り替えて下さい。
CE-DISK-2-200005: disk_check_io (<device>): 悪いディスク 可能性のある悪いディスク。 どのディスクが悪いか決定する show disks details コマンドを発行して下さい。 悪いディスクを取り替えて下さい。
CE-DISK-2-200006: disk_check_io (<device>): waitpid (<error>) 可能性のある悪いディスク。 ディスク オペレーションはハングします。 どのディスクが悪いか決定する show disks details コマンドを発行して下さい。 悪いディスクを取り替えて下さい。
CE-DISK-6-200007: disk_check_io (<device>): waitpid (<error>) デバッグ メッセージ。 アクションは不要です。
CE-DISK-2-200008: <diskname> は悪いです。 ケーブルをチェックするか、またはそれを取り替えて下さい。 可能性のある悪いディスク。 悪いディスクを取り替えて下さい。 それが disk00 である場合ソフトウェアを再インストールして下さい。
CE-DISK-2-200009: シグニチャを読んで下さい: 失敗されるデバイスを使用可能にして下さい: <device> <error> 可能性のある悪いディスク。 どのディスクが悪いか決定する show disks details コマンドを発行して下さい。 悪いディスクを取り替えて下さい。 それが disk00 である場合ソフトウェアを再インストールして下さい。
CE-DISK-2-200010: シグニチャを読んで下さい: 失敗されるデバイスを追求して下さい: <device> <error> 可能性のある悪いディスク。 どのディスクが悪いか決定する show disks details コマンドを発行して下さい。 悪いディスクを取り替えて下さい。 それが disk00 である場合ソフトウェアを再インストールして下さい。
CE-DISK-2-200011: シグニチャを読んで下さい: 失敗されるデバイスを読んで下さい: <device> <error> 可能性のある悪いディスク。 どのディスクが悪いか決定する show disks details コマンドを発行して下さい。 悪いディスクを取り替えて下さい。 それが disk00 である場合ソフトウェアを再インストールして下さい。
CE-DISK-2-200012: シグニチャを書いて下さい: 失敗されるデバイスを使用可能にして下さい: <device> <error> 可能性のある悪いディスク。 どのディスクが悪いか決定する show disks details コマンドを発行して下さい。 悪いディスクを取り替えて下さい。 それが disk00 である場合ソフトウェアを再インストールして下さい。
CE-DISK-2-200013: シグニチャを書いて下さい: 失敗されるデバイスを追求して下さい: <device> <error> 可能性のある悪いディスク。 どのディスクが悪いか決定する show disks details コマンドを発行して下さい。 悪いディスクを取り替えて下さい。 それが disk00 である場合ソフトウェアを再インストールして下さい。
CE-DISK-2-200014: シグニチャを書いて下さい: 失敗されるデバイスを書いて下さい: <device> <error> 可能性のある悪いディスク。 どのディスクが悪いか決定する show disks details コマンドを発行して下さい。 悪いディスクを取り替えて下さい。 それが disk00 である場合ソフトウェアを再インストールして下さい。
CE-DISK-2-200015: 最初ディスク %s に問題があります。 ケーブルをチェックするか、またはそれを取り替える必要がありましたりそして「ディスク 回復 し」、を CLI からのコマンドを再インストールしますソフトウェアを実行します。 可能性のある悪い状態 disk00。 disk00 を取り替えて下さい。 disk recover コマンドを発行して下さい。 ソフトウェアを再インストールして下さい。
CE-DISK-4-200016: ruby_disk: アロケーション データは <magic> <version> < マジック 2> を破損しました disk configure コマンドによって作成される割り当てデータは破損しています。 disk configure コマンドを再度発行して下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-DISK-3-200017: ruby_disk: 物理的 な ディスク セットアップは「ディスク構成」変更の影響を変更するようです disk configure コマンドによって作成される割り当てデータはディスクが設定するために変更したので使用されません。 disk configure コマンドを再度発行して下さい。
CE-DISK-2-200018: ログ ディレクトリ <dir> を作成できません: <error> 必要なディレクトリを作成しません。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-DISK-2-200019: ログ エクスポート ディレクトリ <dir> を作成できません: <error> 必要なディレクトリを作成しません。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-DISK-2-200020: <dir> からの <dir> に symlink はできません: <error> symlink ディレクトリを作成しません。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-DISK-2-200021: クラッシュ ディレクトリ <dir> を作成できません: <error> 必要なディレクトリを作成しません。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-DISK-3-200022: 未知ディスク レイアウト: sw=<num>、swstore=<num>、swap=<num> パーティション レイアウトを処理しません。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-DISK-3-200023: 未知 acns5 ディスク レイアウト: sw=<num>、swstore=<num>、swap=<num> state=<num> パーティション レイアウトを処理しません。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-DISK-3-200023: 未知 acns5 ディスク レイアウト: sw=<num>、swstore=<num>、swap=<num> state=<num> パーティション レイアウトを処理しません。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-DISK-2-200024: 標準の設定の最初ディスクない。 「ディスク 回復 し」、をコマンドを再インストールしますソフトウェアを実行して下さい。 最初のディスクに正しいパーティション設定がありません。 disk recover コマンドを発行して下さい。 ソフトウェアを再インストールして下さい。
CE-DISK-4-200025: diskXX は余りに小さい <size>MB です(<size>MB は必要です) 規定 された ディスクは 2 GB より小さいです。 これはファイバ チャネル(FC)設定が正しく設定 されないので通常あります。 それが直接接続されたディスクで Cisco 1 ではない場合 Cisco ディスクによって取り替えて下さい。 それが FC ディスクである場合サイズの fiberchannel を大きいより 2 GB 再構成して下さい。
CE-DIST-2-210000: meta_sender は db ops に失敗しました: [失敗説明] メッセージ クラスは重要な db エラーが meta_sender オペレーションで発生することを示します。 通常、meta_sender サービスは自動的に再開されます。 テクニカルサポート 情報を保持し、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-DIST-2-210001: meta_sender はチャネル 表 ops に失敗しました: [失敗説明] メッセージ クラスは重大なエラーがチャネル 表の meta_sender オペレーションで発生することを示します。 通常、meta_sender サービスは自動的に再開されます。 テクニカルサポート 情報を保持し、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-DIST-2-210002: meta_sender はシステムコールに失敗しました: [失敗説明] メッセージ クラスは meta_sender がシステム コールを作ると重大なエラーが発生することを示します(たとえば、選択して下さい)。 通常、meta_sender サービスは自動的に再開されます。 テクニカルサポート 情報を保持し、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-DIST-2-210003: meta_sender は初期化に失敗しました: [失敗説明] メッセージ クラスは重大なエラーが meta_sender 初期化で発生することを示します。 通常、meta_sender サービスは自動的に再開されます。 テクニカルサポート 情報を保持し、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-DIST-2-211000: meta_receiver は DS ops に失敗しました: [失敗説明] メッセージ クラスは重要な db エラーが meta_sender オペレーションで発生することを示します。 通常、meta_receiver サービスは自動的に再開されます。 テクニカルサポート 情報を保持し、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-DIST-2-211001: meta_receiver は uns ops に失敗しました: [失敗説明] メッセージ クラスは重要な db エラーが meta_receiver オペレーションで発生することを示します。 通常、meta_receiver サービスは自動的に再開されます。 テクニカルサポート 情報を保持し、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-DIST-2-211002: meta_receiver は sys 呼び出しに失敗しました: [失敗説明] メッセージ クラスは重要な db エラーが meta_receiver オペレーションで発生することを示します。 通常、meta_receiver サービスは自動的に再開されます。 テクニカルサポート 情報を保持し、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-DIST-2-211003: meta_receiver は初期化に失敗しました: [失敗説明] メッセージ クラスは重大なエラーが開始する meta_sender フェーズで発生することを示します。 通常、meta_receiver サービスは自動的に再開されます。 テクニカルサポート 情報を保持し、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-DIST-2-211004: meta_receiver 完全なリロードは失敗しました: エラー[error_no] channel_id [channel_id] \ root_ce_id [root_ce_id] root_ce_uid [root_ce_uid] メッセージは meta_receiver がルート CE からの特定のチャンネルの完全なリロードをしないことを示します。 通常、meta_receiver サービスは自動的に再開されます。 テクニカルサポート 情報を保持し、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-DIST-2-211005: meta_receiver は複製[req/要求された/最大ジェネレーション ID]の矛盾したジェネレーション ID を見ました。 メッセージは meta_receiver がメタデータ複製の時に矛盾した世代別 ID を見ることを示します。 通常、meta_receiver サービスは自動的に再開されます。 テクニカルサポート 情報を保持し、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-DIST-2-212000: uni_sender は db ops に失敗しました: [失敗説明] メッセージ クラスはユニキャスト データ 送信側サービスが重要な Database エラーに出会うことを示します。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-DIST-2-212001: uni_sender はセマフォ ops に失敗しました: [失敗説明] メッセージ クラスはユニキャスト データ 送信側サービスが内部 datastructure のためのセマフォ/ミューテックス配備の重大なエラーに出会うことを示します。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-DIST-2-212002: uni_sender は uns ops に失敗しました: [失敗説明] メッセージ クラスはユニキャスト データ 送信側サービスが UNS オペレーションの重大なエラーに出会うことを示します。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-DIST-2-212003: uni_sender は bw ops に失敗しました: [失敗説明] メッセージ クラスはユニキャスト データ 送信側サービスが帯域幅制御の重大なエラーに出会うことを示します。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-DIST-2-212004: uni_sender はアパッシュ ops に失敗しました: [失敗説明] メッセージ クラスはユニキャスト データ 送信側サービスが HTTPサーバ ライブラリの重大なエラーに出会うことを示します。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-DIST-2-213000: uni_receiver は db ops に失敗しました: [失敗説明] メッセージ クラスはユニキャスト データ レシーバ サービスがデータベース オペレーションの重大なエラーに出会うことを示します。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-DIST-2-213001: uni_receiver は uns ops に失敗しました: [失敗説明] メッセージ クラスはユニキャスト データ レシーバ サービスが UNS オペレーションの重大なエラーに出会うことを示します。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-DIST-2-213002: uni_receiver は sys 呼び出しに失敗しました: [失敗説明] メッセージ クラスはユニキャスト データ レシーバ サービスがシステムコール(select/RPC)の重大なエラーに出会うことを示します。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-DIST-2-213003: uni_receiver は bw 制御に失敗しました: [失敗説明] メッセージ クラスはユニキャスト データ レシーバ サービスが帯域幅制御の重大なエラーに出会うことを示します。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-DIST-2-213004: uni_receiver は HT ops に失敗しました: [失敗説明] メッセージ クラスはユニキャスト データ レシーバ サービスが HTTP クライアント ライブラリの重大なエラーに出会うことを示します。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-DIST-4-214001: ルーティングトポロジー マルチキャスト 送信側 一時的エラーをチャネリングして下さい。 レシーブ マルチキャスト クラウドのためのマルチキャスト 送信側がホーム CE 自体であることチャネル ルーティングモジュール 検出。 この一時的エラーから自動的に回復 する システム必要。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-DIST-2-215000: mcast_sender は db ops に失敗しました: [失敗説明] メッセージ クラスはマルチキャスト ファイル 送信側サービスが重要な Database エラーに出会うことを示します。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-DIST-2-215001: mcast_sender プラグインは db ops で壊れました: [失敗説明] メッセージ クラスはマルチキャスト ファイル 送信側サービスが重要な Database エラーに出会うことを示します。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-DIST-2-215002: mcast_sender は RPC ops に失敗しました: [失敗説明] メッセージ クラスはマルチキャスト ファイル 送信側サービスが RPC サーバを作成しないことを示します。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-DIST-2-215003: mcast_file_sender は RPC ops に失敗しました: [失敗説明] メッセージ クラスはマルチキャスト ファイル 送信側サービスが RPC サーバを作成しないことを示します。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-DIST-2-216000: mcast_receiver は db ops に失敗しました: [失敗説明] メッセージ クラスはマルチキャスト ファイル レシーバ サービスが重要な Database エラーに出会うことを示します。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-DIST-2-216001: mcast_receiver プラグインは db ops で壊れました: [失敗説明] メッセージ クラスはマルチキャスト ファイル レシーバ サービスが重要な Database エラーに出会うことを示します。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-DIST-2-216002: mcast_receiver は RPC ops に失敗しました: [失敗説明] メッセージ クラスはマルチキャスト ファイル レシーバ サービスが RPC サーバを作成しないことを示します。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-DIST-2-216003: mcast_receiver プラグインは uns ops で壊れました: [失敗説明] メッセージ クラスはマルチキャスト ファイル レシーバ サービスが UNS オペレーションの重大なエラーに出会うことを示します。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-DIST-2-217000: mcast システムコール: [失敗説明] メッセージ クラスはマルチキャスト ファイル 送信側かマルチキャスト ファイル レシーバがシステムコール(分岐/execvp)の重大なエラーに出会うことを示します。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-DNS-1-221000: メモリからの HTTP DNS キャッシュ 内部 HTTP DNS 解決 キャッシュ サービスはメモリを使い果たします。 HTTP DNS 解決 モジュールは回復 することを試みます。 ただし、そのような問題はシステム全体のメモリ不足の徴候です。 マシンを再起動します。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-DNS-2-221001: HTTP DNS キャッシュに問い合わせるべき設定されたネームサーバがありません 内部 HTTP DNS 解決 キャッシュ サービスはクエリをに送る設定された DNS ネームサーバを持っていません。 その結果、それはジョブをすることができません。 多くのサービスは破壊されます。 CLI の DNS ネームサーバを設定して下さい。
CE-DNS-2-221002: HTTP DNS キャッシュは矛盾した内部ステートを検出する 内部 HTTP DNS 解決 キャッシュ サービスは矛盾した内部ステートを検出する。 そのような例は種類のメモリ不良を表しています。 破損はあるかどうかより詳しい調査が引き受けられるまでハードウェアかソフトウェアは不明です。 HTTP DNS 解決サービスにより全体のプロキシ キャッシング アプリケーションは終了し、再起動します。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-DNS-2-221003: UDP ソケットをクエリを送信するために開くことが不可能な HTTP DNS キャッシュ 内部 HTTP DNS 解決 キャッシュ サービスは設定された DNSサーバの何れかに DNS 要求を送信 するためにはかない UDP ソケットを開くことができません。 HTTP DNS 解決 モジュールは回復 することを試みます。 ただし、そのような問題はシステム全体のネットワークリソース不足の徴候です。 マシンを再起動します。 このメッセージが頻繁に表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-DNS-6-221004: 定期的な HTTP DNS 統計情報レポート 10 秒毎に、LOG_INFO 優先 メッセージは syslogプロセスに送信 されます。 DNS サービスが対応されていない設定された DNSサーバによる要求を再試行すること要求の要求、解決される数および回数を解決することを奪取 される ミリ秒の平均数をリストします。 アクションは不要です。
CE-DNS-5-221005: 耐久性があるはかない DNSサーバ クエリ ソケットで失敗を書いて下さい DNS サービスをキャッシュする HTTP はキャッシュにから設定されたアップストリーム DNSサーバはかない UDP ソケットを通って満足しないこと解決要求を送信 します。 サービスが長くより 30 秒の間ソケットに書くことができない場合ソケットをシャットダウンし、別のものを開くように試みます。 これは多分より大きいシステム全体のネットワーキング サブシステム問題を表しています。 アクションは不要です。 キャッシュ プロセスは自動的に回復 するように試みます
CE-DNS-2-221006: データ サーバ オペレーションを行うことが不可能 システム DNS キャッシュは設定を得られます必要があり、設定にデータ サーバから変更します。 このメッセージは、それをしないそれ故にできない動作ことはことを示します。 これは耐久性がある場合主要なシステム 問題を表します。 アクションは不要です。 キャッシュ プロセス再起動回復 するため。 それが耐久性がある場合、システムの再度ブートするがおそらく必要となります。
CE-DNS-4-221007: ずっと DNS はエントリ[名前]要求した PIN にできません システム DNS キャッシュはユーザが DNS キャッシュの静的エントリを設定することを可能にします。 キャッシュはこのエントリを設定 することができません。 設定のエントリを再度削除し、追加して下さい。
CE-DNS-2-221008: DNS はできませんアドレス[アドレス]ポート[ポート]で受信 システム DNS キャッシュは要求を聞き取るためポートをオープンにするように試みます。 それは失敗します。 これは別の実行中のアプリケーションのシステム広いリソース問題または可能性のある競合のどれである場合もあります。 これがループバックアドレスに発生する場合、システムが中間状態にあるというサインです。 configuartion のリッスン パラメータを変更して下さい。 これがループバックアドレスに発生する場合、再度ブートするがおそらく必要となります。
CE-DS-3-230300: 予想外メッセージは同期化から、DS クライアント および サーバ入力します。 データ サーバ クライアントはデータ サーバからの応答の予想外メッセージタイプが表示されます。 これはデータ サーバとクライアント間の通信が同期化からあることを意味します。 クライアント プロセスは回復 する必要があります。 そうでなかったら、システムを再始動して下さい
CE-DS-3-230301: クライアント 読み込みエラー クライアント側はデータ サーバから読むとき読み込みエラーを得ます。 クライアントは回復 することを試みます。 それが回復 しない場合、データ サーバに問題がある場合もあります。 システムを再始動する必要があります。
CE-DS-3-230302: データ サーバからの無効 な 応答 ヘッダー クライアントはデータ サーバから無効 な 応答 ヘッダーを得ます。 これはデータ サーバとクライアント間の通信が同期化からあるか、またはデータ サーバが異常な状態で動作することを意味します。 クライアント プロセスは回復 する必要があります。 それが回復 しない場合、システムを再始動して下さい。
CE-DS-3-230303: 読まれるで時間を計られるクライアント データ サーバからの読み取りのクライアントタイム。 このメッセージが再度表示される場合、データ サーバは問題があります。 システム 状態を保存し、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-DS-5-230500: 残りの時間は 0 です。 Calc_remaining_time は 0 へのタイムアウトおよび戻りを見ます。 このメッセージが再度表示される場合、データ サーバと間違って何かがあります。 システムを再始動する必要があります。
CE-DS-2-231200: SYSFS はマウントされません。 マウントされる SYSFS を検出する。 スタック トレースをダンプすることができません。 SYSFS が設定されるかどうか確認して下さい。 そうでなかったら、SYSFS を設定し、システムを再始動して下さい。
CE-DS-2-231201: RLIMIT_AS を設定 されない。 RLIMIT_AS を設定 しません。 このエラーを報告するために Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-DS-2-231202: RLIMIT_RSS を設定 されない。 RLIMIT_RSS を設定 しません。 このエラーを報告するために Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-DS-3-231300: 確認メッセージを送信 されない。 vensock を通して検証ツールにメッセージを送りません。 このメッセージが再度表示される場合、システムを再始動して下さい。
CE-DS-3-231301: DS svr は SIGPIPE に SIG_IGN のための場合ハンドラを設定 しません でした。 DS サーバは SIGPIPE に SIG_IGN のための場合ハンドラを設定 しません。 アクションは不要です。
CE-DS-2-232200: データ サーバ malloc errror。 malloc に失敗します。 これはおそらくメモリの問題があることを意味します。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-DS-3-232300: Connect エラー 接続を確立しません。 システムを再起動します。
CE-DS-3-232301: SELECT エラー 帰りエラーを選択します。 アクションは不要です。
CE-DS-3-232302: getsockopt エラー Getsockopt はエラーを返します。 アクションは不要です。
CE-DS-3-232303: 書込みエラー 戻りエラーを書いて下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-DS-3-232304: 読み込みエラー 戻りエラーを読んで下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-FTP_EXPORT-0/1/2/3/4/5/6-251001 このメッセージ クラスはことをネイティブ ftp_export コード公開エラー/表記/情報示します。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-HTTP-3/5-270000: プロキシ フェールオーバー サービスは DS ops に失敗しました: [失敗説明] メッセージは発信 プロキシサービスがデータ サーバ オペレーションに失敗することを示します。 このメッセージが時折表示される場合、無視することができます。 サービス自体は数回を再試行します、または結局、Node Manager はサービスを再開します。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-HTTP-3-270001: プロキシ フェールオーバー サービスは sys 呼び出しに失敗しました: [失敗 descripti] メッセージは発信 プロキシサービスがシステムコールに失敗することを示します(たとえば、選択して下さい)。 このメッセージが時折表示される場合、無視することができます。 Node Manager はサービスを再開し、システムコールを再試行します。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-HTTP-2-270004: システム mem 下位、追加 された req ヘッダのためのバッファ無し システムメモリは低いです。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-HTTP-3-270005: ERROR: close_ntlm_conn を呼出す場合の xact == NULL トランザクション レコードはヌルです。 アクションは不要です。
CE-HTTP-2-270006: process_ntlm_type1_msg: type1_msg のための malloc エラー、戻り メモリ割り当てエラー。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-HTTP-2-270007: process_ntlm_type1_msg: host_name のための malloc エラー、戻り メモリ割り当てエラー。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-HTTP-2-270008: process_ntlm_type1_msg: domain_name のための malloc エラー、戻り メモリ割り当てエラー。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-HTTP-2-270009: 予想外 NTLM ユーザ名 長さ: <number> 予想外 NTLM ユーザ名 長さ。 NTLM ユーザ名をチェックして下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-HTTP-2-270010: process_ntlm_type3_msg: 予想外タイプ 3 メッセージ、ntlm_state=<number> NTLM の予想外状態。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-HTTP-2-270011: process_ntlm_type3_msg: type3_msg のための malloc エラー メモリ割り当てエラー。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-HTTP-2-270012: process_ntlm_type3_msg: type3_msg->domain_name のための malloc エラー メモリ割り当てエラー。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-HTTP-2-270013: process_ntlm_type3_msg: type3_msg->username のための malloc エラー メモリ割り当てエラー。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-HTTP-2-270014: process_ntlm_type3_msg: type3_msg->dc_addr のための malloc エラー メモリ割り当てエラー。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-HTTP-2-270015: process_ntlm_type3_msg: type3_msg->lm_resp のための malloc エラー メモリ割り当てエラー。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-HTTP-2-270016: process_ntlm_type3_msg: type3_msg->nt_resp のための malloc エラー メモリ割り当てエラー。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-HTTP-3-270017: データ損失 サーバ接続からの回復 キャッシュはデータ サーバへの接続を失います。 それは再接続することを試みます。 アクションは不要です。 システムは自動的に回復 します。
CE-HTTP-3-270018: データ サーバへの接続の再試行 キャッシュはデータ サーバへの接続を失います。 それは再接続するために再試行します。 操作が必要となりません。 システムは自動的に回復 します。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-HTTP-2-270019: データ サーバへの接続の再試行は成功しませんでした キャッシュはデータ サーバへの接続を失います。 それは再接続しません。 保存テクニカルサポート 情報。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-HTTP-2-270020: データ サーバへの接続の再試行は成功しませんでした キャッシュはデータ サーバへの接続を失います。 それは再接続しません。 それは Node Manager によって再起動します。 これが頻繁に発生する場合、テクニカルサポート 情報を保存し、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-HTTP-2-270021: 3 つの再試行の後でリストを入手されなくて キャッシュはデータ サーバからリストを入手しません。 それはそれを得るために新しい接続を開きます。 これが頻繁に発生する場合、テクニカルサポート 情報を保存し、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-HTTP-2-270022: 得られない接続して下さい 3 つの再試行の後で dataserter に キャッシュはデータ サーバからリストを入手しません。 それは nodemanager によって終了し、再起動します。 これが頻繁に発生する場合、テクニカルサポート 情報を保存し、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-HTTP-2-270023: 3 つの再試行の後でリストを入手されなくて キャッシュはデータ サーバからリストを入手しません。 それはそれを得るために新しい接続を開きます。 これが頻繁に発生する場合、テクニカルサポート 情報を保存し、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-HTTP-7-270024: 見つけられないシーケンスを支配して下さい ルール シーケンスはありません。 アクションは不要です。 これはデバッグ メッセージです。
CE-HTTP-7-270025: 順に見つけられないルール項目 ルール項目は順にありません。 アクションは不要です。 これはデバッグ メッセージです。
CE-HTTP-2-270026: ルール処理の間の無効 な スイッチ ルール処理の時の無効 な スイッチ サポート情報および連絡先 Cisco テクニカル サポートを集めて下さい。
CE-HTTP-2-270027: ルール処理の間の無効 な スイッチ ルール処理の時の無効 な スイッチ。 サポート情報および連絡先 Cisco テクニカル サポートを集めて下さい。
CE-HTTP-5-270028: DSCP処理についての情報メッセージ Differentiated Services Code Point (DSCP)処理についての情報メッセージ。 アクションは不要です。
CE-ICP-6-296001: heal_open_sock(): ポート <cluster_heal_port> に区切る失敗 ポート <cluster_heal_port> に結合 しませんか、またはポート <cluster_heal_port> と関連付けられるソケット オプションを設定しません。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-ICP-6-296002: 治療モード: 稀な場合は起こります 2 つの Pending 要求が同じを時間切れてほとんどもらう場合 IMA Control Protocol (ICP) モジュールは同じタイマーに両方の Pending 要求を接続することを試みます。 アクションは不要です。
CE-ICP-6-296003: heal_set_pending_req(): pending_req は NULL です Pending 要求リストは可能性のある空です。 アクションは不要です。
CE-ICP-6-296004: heal_init(): init free_index: num_threads = <num_threads>、NUM_THREADS = <NUM_THREADS> すべてのはたらくスレッドのためのフリー インデックス アレイを初期化します。 アクションは不要です。

300000 から 399999

メッセージ 説明 Action
CE-NODEMGR-3-330001: Memconfig: フラッシュする[errno]から構成を得ることができません Memconfig ツールはフラッシュするからの設定を保存されません。 ボックスをリロードすることを試みて下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-NODEMGR-3-330002: Memconfig: クッキー ヒント[errno]得ることができません Memconfig ツールはクッキーを読みません。 ボックスをリロードすることを試みて下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-NODEMGR-3-330003: Memconfig: プラットフォームを判別できません! それが CE507 であることを仮定して下さい! Memconfig ツールはハードウェア デバイス型を判別しません。 最も廉価なローエンド プラットフォーム CE507 を仮定して下さい。 ボックスをリロードすることを試みて下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-NODEMGR-3-330004: Memconfig: [テンプレート]ファイルを開くことができません[errno] Memconfig ツールは読むために memconfig テンプレートファイルを開きません。 ボックスをリロードすることを試みて下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-NODEMGR-3-330005: Memconfig: 書きます[memconfig ファイル]のために開くことができません、[errno] Memconfig ツールは書くために memconfig ファイルを開きません。 ボックスをリロードすることを試みて下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-NODEMGR-5-330006: 完了する外付け フラッシュ オペレーション。 フラッシュ オペレーションが進行中のとき再度ブートするが要求されれば、再度ブートするはフラッシュ オペレーションが完了するまで遅れます。 このメッセージはフラッシュ オペレーションが時間以降にデバイス リブート正常に完了すること規定 することであり。 アクションは不要です。
CE-NODEMGR-5-330007: フラッシュデバイスは使用中、ソフトウェア イメージ アップグレード進行中であるかもしれで終わるためにそれを待っています。 フラッシュ オペレーションが進行中のとき再度ブートするが要求されれば、再度ブートするはフラッシュ オペレーションが完了するまで遅れます。 アクションは不要です。 自由であるためにフラッシュデバイスを待って下さい。
CE-NODEMGR-2-330008: フラッシュデバイス タイムアウトを待って下さい。 再度ブートするを今強制します… フラッシュ オペレーションが進行中のとき再度ブートするが要求されれば、再度ブートするはフラッシュ オペレーションが完了するまで遅れます。 このメッセージはフラッシュデバイスが 15 分後に自由ではないことを意味します。 ボックス リブート。 アクションは不要です。 ボックスはすぐにリブートする必要があります。
CE-NODEMGR-0-330009: Nodemgr 終了。 このメッセージはによっていくつもの 復旧できないエラー状態生成することができます。 このメッセージはより多くの特定 の エラー メッセージに先行される必要があります。 回復 するべき再度ブートする ボックス。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-NODEMGR-3-330010: システムコールは「[システムコール]」失敗しましたり、浸水します: [戻りコード] errno: [エラー]で[ファイル名: lineno] Node Manager によってなされるシステムコールは不成功です。 より多くの特定 の エラー メッセージはこのメッセージに先行する必要があります。 より多くの特定 の エラー メッセージの先行の操作を参照して下さい。
CE-NODEMGR-0-330011: 致命的なシステムエラーが理由でボックスをリブートすること。 Node Manager によってなされるシステムコールは不成功です。 リカバリのための唯一の方法は再度ブートするによってあります。 このメッセージはシステムコール 失敗通知メッセージに先行される必要があります。 アクションは不要です。 短いある一定の時間以降のボックス リブート。
CE-NODEMGR-0-330012: リロードするように試みている間プロセス分岐できませんでした: [errno]。 プロセスを離れて分岐は試みられたリロードの時に不成功です。 ボックスはリブートする必要があります。 ボックスがリブートしない場合システムの電源を切って下さい。 起動の後でリロードを再度試みて下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-NODEMGR-5-330013: 子は正常にリロードし損いました。 子プロセスはリロードを呼び出すためにです不成功分岐しました。 ボックスはリブートする必要があります。 ボックスがリブートしない場合システムの電源を切って下さい。 起動の後でリロードを再度試みて下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-NODEMGR-0-330014: ハードな再度ブートする タイムアウトによるボックス今。 安全策として、他のすべてが失敗した、システムは Reboot 要求で停止します。 このメッセージはデバイスをリブートするアラーム ハンドラによって印刷されます。 アクションは不要です。 ボックスはリブートする必要があります。 すべてが失敗した場合電源を切って下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-NODEMGR-5-330015: デバイスはやがてリブートされます。 再度ブートするは要求されます。 すぐにボックス リブート。 アクションは不要です。
CE-NODEMGR-0-330016: 回復不能誤 りが理由でボックスをリブートすること。 回復不可能なシステムエラーは発生します。 このメッセージはシステムエラーについての特定のメッセージに先行される必要があります。 デバイスはそれ自身をリブートします。 アクションは不要です。
CE-NODEMGR-3-330017: 戻る失敗する(「/dev/null」、O_RDONLY) [retcode]、errno = 開いて下さい[errno] 読むヌル デバイスを使用可能にする試みは失敗します。 これは一般のシステム レベル失敗を示します。 このメッセージは失敗について詳細を説明する他のメッセージに付随している必要があります。 システムは不安定な状態にあります。 それがそれ自身をリブートしない場合電源の再投入それ。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-NODEMGR-3-330018: [ファイル名]失敗しました開いて下さい: [errno] Node Manager はサービス メッセージを記録 するためのファイルを開きません。 操作が、メッセージ 記録 されません必要となりません。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-NODEMGR-3-330019: dup は失敗しました: [errno] Node Manager はアプリケーション/サービスからログファイルにメッセージをリダイレクトするためにファイル 記述子を重複させません。 アクションは不要です。 メッセージは記録 されません。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-NODEMGR-4-330020: chmod はのための[ディレクトリ]失敗しました: [エラー] [errno] Node Manager はアプリケーション/サービスを開始している間コアダンプ ディレクトリのアクセス 権を変更しません。 アクションは不要です。 アプリケーションによりコアダンプを引き起こす場合、可能性のある 記録 されません。
CE-NODEMGR-4-330021: chdir はへの[ディレクトリ]失敗しました: [errno] Node Manager はディレクトリ属性を変更しません。 アクションは不要です。 コアダンプ サイズはおそらく限られていません。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-NODEMGR-3-330022: RLIMIT_CORE のための setrlimit は失敗しました: [errno] Node Manager はコアダンプ制限を設定 しません。 アクションは不要です。 コード ダンプするサイズはおそらく限られていません。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-NODEMGR-3-330023: 終了された pid [プロセス ID]ない直接の子 プロセスは終了します。 ただし、それは Node Manager によって直接引き起こ。 アクションは不要です。
CE-NODEMGR-5-330024: 保守して下さいコード[ステータス]と[プログラム 名]普通終了される 指定 サービスは予想通り終了します。 アクションは不要です。
CE-NODEMGR-3-330025: [プログラム 名]停止しました信号を送ること当然保守して下さい[信号を送らないで下さい]: [シグナルの名前] 指定 サービスは規定 された場合による nodemanager ダイスから予想に反して開始しました。 このメッセージが定期的に表示される場合、無視することができます。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-NODEMGR-3-330026: 保守して下さい[プログラム 名]異常に停止しましたステータス[ステータス]で 指定 サービスは異常 な 状態による Node Manager ダイスから開始しました。 このメッセージが定期的に表示される場合、無視することができます。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-NODEMGR-5-330027: pid [プロセス ID]終了します プロセス終了。 アクションは不要です。
CE-NODEMGR-5-330028: healthprobe pid [プロセス ID]終了 健全性プローブ プロセス終了。 アクションは不要です。
CE-NODEMGR-3-330029: 誰かは pid との止めることを試みています[プロセス ID]。 このメッセージはキル試みがゼロか非負プロセス ID と試みられる場合印刷されます。 このメッセージが定期的に表示される場合、無視することができます。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-NODEMGR-5-330030: SIGTERM と強制終了するプロセス[プロセス ID] [ミリ秒] SIGKILL を使用するために試みる ms の内で戻りません。 Node Manager は SIGTERM を使用してプロセスを終えるように試みます。 ただし、プロセスは指定時間に戻りません。 プロセスは SIGKILL を使用して強制終了します。 このメッセージが定期的に表示される場合、無視することができます。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-NODEMGR-3-330031: pid のプロセスを強制終了できません: [プロセス ID] 不成功な試みは Node Manager によって SIGKILL を使用して特定のプロセスを強制終了するために試みられます。 サービスが影響を受けている場合、サービスをいったんディセーブルにしてからイネーブルにすることを試みて下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-NODEMGR-5-330032: サービス の 停止: [サービス名]。 Node Manager は指定 サービスを停止します。 アクションは不要です。
CE-NODEMGR-5-330033: サービス[サービス名]既に停止しています。 試みは既に停止しているサービスを停止する行われます。 アクションは不要です。
CE-NODEMGR-0-330034: 分岐は間、サービス の 停止[サービス名]失敗します。 Node Manager は子プロセス サービスを停止するように試みる間、分岐しません。 アクションは不要です。 ボックス リブート。
CE-NODEMGR-3-330035: サービス[サービス名]正常に停止することができません。 Node Manager は指定 サービスを停止することができません。 アクションは不要です。 ボックス リブート。
CE-NODEMGR-5-330036: サービス[サービス名]使用を停止して下さい: [コマンド] pid と: [プロセス ID] このメッセージは指定 サービスが停止されていること Node Manager からの通知です。 アクションは不要です。
CE-NODEMGR-3-330037: サービスを停止することを試みている間 execve エラー: [エラー]。 Node Manager はサービスを停止するために停止コマンドを実行しません。 アクションは不要です。 Node Manager は直接プロセスを強制終了することを試みます。
CE-NODEMGR-3-330038: サービス分岐を失敗しました開始して下さい: [エラー]。 Node Manager はプロセス サービスを開始する分岐しません。 アクションは不要です。 試みはサービスをしばらくすると開始するまたやられます。
CE-NODEMGR-3-330039: サービス[サービス] [秒]秒以内に戻りませんでした。 それを停止することを試みます。 Node Manager はサービスを開始します。 ただし、それは指定秒のために応答しません。 それはリソースでおそらく待っています。 アクションは不要です。 Node Manager はプロセスを停止し、以降を再起動することを試みます。
CE-NODEMGR-3-330040: 開始されたサービス[サービス]使用: [cmd] pid と: [pid] Node Manager は指定 サービスを開始します。 アクションは不要です。
CE-NODEMGR-3-330041: サービス execve エラーを開始して下さい: [エラー] Node Manager はサービスを開始することを試みます。 ただし、execve コマンドは失敗します。 再始動は試みられます。 アクションは不要です。
CE-NODEMGR-3-330042: サービス開始する プログラム[プログラム]ありませんか。 誤って下さい: [errorno] サービスを開始するとチェックはサービス支援バイナリ、Node Manager 特定のバイナリが見つけません間。 ソフトウェアのインストールは不完全/破損のどれである場合もあります。 コピー ftp インストールか他のインストール コマンドの発行によって再インストールすることを試みて下さい。
CE-NODEMGR-3-330043: サービス停止プログラム[プログラム]ありませんか。 誤って下さい: [errorno] サービス支援バイナリをチェックしている間、Node Manager はサービスを停止すると特定のバイナリが見つけません。 ソフトウェアのインストールは不完全/破損のどれである場合もあります。 コピー ftp インストールか他のインストール コマンドの発行によって再インストールすることを試みて下さい。
CE-NODEMGR-3-330044: サービス health_probe プログラム[プログラム]ありませんか。 誤って下さい: [errno] サービス支援バイナリをチェックしている間、Node Manager はサービスを停止すると特定のバイナリが見つけません。 ソフトウェアのインストールは不完全/破損のどれである場合もあります。 コピー ftp インストールか他のインストール コマンドの発行によって再インストールすることを試みて下さい。
CE-NODEMGR-0-330045: サービス[サービス]デッドであるのでボックスのリブート 重要なサービス ダイス。 回復 する唯一の方法はボックスのリブートによって行います。 アクションは不要です。 ボックスはやがてリブートする必要があります。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-NODEMGR-3-330046: 頻繁に余りに再起動しているのでサービス[サービス]停止。 頻繁に Node Manager によって指定 サービスが必要とされるより再開されます。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-NODEMGR-3-330047: サービス[サービス]再起動し続けるのでボックスのリブート 頻繁に Node Manager が指定 サービスを必要とされるより再開します。 この問題の推奨される出口はボックスをリブートすることです。 アクションは不要です。 自動的にボックス リブート。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-NODEMGR-5-330048: デバッグ: respawn_count = [数]、期間: [秒] Node Manager はプロセスを再起動しなければなりません。 これはプロセスの数 Th 再始動です。 プロセスは 秒数の内で再起動します。 アクションは不要です。 Node Manager はおそらくある特定のプロセスを再起動します。 ただし、プロセスが頻繁に再起動すれば、連絡先 Cisco テクニカル サポート
CE-NODEMGR-3-330049: サービス[サービス]構成に従ってデッド、しません何もです。 指定 サービスは inoperational になります。 仕様に従って、それは再起動するべきではありません。 アクションは不要です。
CE-NODEMGR-3-330050: health_probe のための分岐は失敗しました: [エラー] Node Manager は分岐しません健全性プローブを実行するために。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-NODEMGR-5-330051: サービス[サービス]使用のための health_probe を開始して下さい: [cmd] pid と: [pid] Node Manager は heath プローブ サービスを開始します。 アクションは不要です。
CE-NODEMGR-3-330052: 健全性プローブ execve エラー: [エラー] Node Manager は実行しません健全性プローブを実行するために。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-NODEMGR-3-330053: 時間を計られるサービス[サービス]のための Health_probe。 健全性は指定 サービス時の間厳密に調べます。 アクションは不要です。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-NODEMGR-5-330054: デバッグ: サービス健全性プローブは[秒]秒かかりました戻るために Node Manager から開始する健全性プローブは[秒]秒に完了します。 アクションは不要です。
CE-NODEMGR-3-330055: 健全性はサービス[サービス]のために失敗しましたり、浸水しますコードを厳密に調べます: [エラー]。 指定 サービスのための健全性プローブは失敗します。 Node Manager はもし必要ならサービスを停止し、再開します。 アクションは不要です。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-NODEMGR-3-330056: 健全性は厳密に調べます場合[場合]が付いている終了を 健全性プローブは規定 された場合が付いている Node Manager 終了から開始しました。 Node Manager はサービスを停止し、もし必要なら再起動します。 アクションは不要です。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-NODEMGR-3-330057: サービス[サービス]のための Health_probe はステータス[エラー]で異常に停止しました 健全性は Node Manager 終了から異常な方法で開始されて厳密に調べます。 Node Manager はサービスを停止し、もし必要なら再起動します。 アクションは不要です。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-NODEMGR-7-330058: nodemgr: 入力 start_loop Node Manager はメイン コード ループを実行し始めます。 アクションは不要です。
CE-NODEMGR-5-330059: 「レベル[runlevel]実行するために切り替えます Node Manager は実行レベルを切り替えます。 それは新しい実行レベルに基づいてサービスを開始します。 アクションは不要です。
CE-NODEMGR-3-330060: waitpid はエラーを返します: [エラー]。 Node Manager はエラーによって waitpid で待っているとき割り込まれます。 アクションは不要です。 再度ブートするの間にこのメッセージを見ることは正常です。
CE-NODEMGR-3-330061: 稼働している子無し。 waitpid の Node Manager 待機。 それは残っている稼働した Node Manager の子供がないので覚醒します。 アクションは不要です。
CE-NODEMGR-7-330062: loop_counter = [数]、child_pid = [pid] これは Node Manager によって印刷されるデバッグ メッセージです。 それは有用な情報を主に開発目的のために提供します。 アクションは不要です。
CE-NODEMGR-3-330063: 新しいパス[パス]追加する Putenv エラー Node Manager はパス 環境変数を設定 しません。 Node Manager はサービスをきちんと開始することができません。 再度ブートするは問題を解決します。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-NODEMGR-1-330064: [フレーム]: [機能 name]([arg1]、[arg2]、[arg3]、[arg4]、…. Node Manager は重要な場合を受け取り、やめます。 印刷される情報は Node Manager によってなされる呼び出しの backtrace です。 自動的に再起動する Node Manager 必要。 ボックスは不安定なモードでおそらく動作します。 Cisco は再度ブートするを推奨します。
CE-NODEMGR-1-330065: nodemgr: 受け取った場合[信号を送らないで下さい] Node Manager は重要な場合を受け取ります。 backtrace はこのメッセージに続く必要があります。 Node Manager 多分終了。 自動的に再起動する Node Manager 必要。 ボックスは不安定なモードでおそらく動作します。 Cisco は再度ブートするを推奨します。
CE-NODEMGR-3-330066: 開かれない[エラー]、浸水して下さい: [コードを浸水して下さい]、errno: [エラー] Node Manager は指定 ファイルを開きません。 Node Manager は可能性のある ローカルディスクについての情報を得られないし、サービスは影響を受けます。 システムは不安定な状態におそらくあります。 Cisco は再度ブートするを推奨します。
CE-NODEMGR-3-330067: 余りにも多くのローカルディスク Node Manager は余りにも多くのディスクをシステムに接続されて見つけます。 おそらくサポートされていない設定を使用します。 サポートされていないドライブを切り、次にリブートして下さい。
CE-NODEMGR-5-330068: を求められる personality_allows_service [サービス] personality_allows_service は指定 サービスを求められます。 アクションは不要です。
CE-NODEMGR-5-330069: デバイス パーソナリティー: [デバイス パーソナリティー]、サービス パーソナリティー = [サービス パーソナリティー] デバイス パーソナリティーおよびサービス パーソナリティーはデバッグするために印刷されます。 アクションは不要です。
CE-NODEMGR-4-330070: nodemgr: touch_service_enabled_flag_file: /tmp/service_enabled を作成する可能性があります([サービス]) Node Manager は指定 サービスのためのフラグ ファイルを作成しません。 これは一時的 な 問題である場合もあります。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-NODEMGR-4-330071: nodemgr: touch_service_enabled_flag_file: 開くことができませんでした[ファイル名] ([エラー]) Node Manager は指定 サービスのためのフラグ ファイルを開きません。 これは一時的 な 問題である場合もあります。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-NODEMGR-4-330072: nodemgr: delete_service_enabled_flag_file: 解けることができませんでした[ファイル名] ([エラー]) Node Manager は指定 サービスのためのフラグ ファイルを削除しません。 これは一時的 な 問題である場合もあります。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-NODEMGR-0-330073: execl /sbin/mingetty は失敗しました: [戻りコード]、errno 浸水して下さい: [errno] mingetty プロセスはデバッグのために開始しません。 内部デバッグ メッセージ。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-NODEMGR-5-330074: パーソナリティーは、個人的な\ ity デフォルト設定見つけませんでした: CE. Node Manager はデバイスの種類を判別しません: CE、Content Router (CR)、または CDM。 CE は仮定されます。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-NODEMGR-5-330075: CLI によって要求されてリブートして下さい。 再度ブートするは reload cli コマンドを使用して要求されます。 アクションは不要です。
CE-NODEMGR-3-330076: 要求される再度ブートする[再度ブートする ソース]。 再度ブートするは指定されたソースによって要求されます。 アクションは不要です。
CE-NODEMGR-5-330077: 要求されるリロード構成[ソース]。 要求は指定されたソースによって Node Manager コンフィギュレーション ファイルをリロードするためになされます。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-NODEMGR-5-330078: 「要求されるすべての servies を(mingetty を除いて)停止して下さい[ソース]。 要求は Node Manager への指定されたソースによってすべてのサービスを停止するためになされます。 アクションは不要です。
CE-NODEMGR-5-330079: 要求されるシャットダウン[ソース]。 シャットダウンされる規定 された Source 要求 ボックス。 アクションは不要です。
CE-NODEMGR-5-330080: [ソース]要求 開始するサービス[サービス] 指定 サービスを開始する規定 された Source 要求 Node Manager。 アクションは不要です。
CE-NODEMGR-5-330081: [ソース]要求は既に有効に なって いるサービス[サービス]開始します。 指定 サービスを開始する規定 された Source 要求 Node Manager。 ただし、既にサービス実行。 アクションは不要です。
CE-NODEMGR-5-330082: [ソース]要求停止サービス[サービス]。 サービスを停止する規定 された Source 要求 Node Manager。 アクションは不要です。
CE-NODEMGR-5-330083: [既に無効であるソース]要求停止サービス[サービス]。 指定 サービスを停止する規定 された Source 要求 Node Manager。 ただし、サービスは既に無効です。 アクションは不要です。
CE-NODEMGR-5-330084: [ソース]要求 再始動サービス[サービス]。 指定 サービスを再開する規定 された Source 要求 Node Manager。 アクションは不要です。
CE-NODEMGR-5-330085: [ソース]要求 forcestart サービス[サービス] デバイス モードに関係なく指定 サービスを開始する規定 された Source 要求 Node Manager。 アクションは不要です。
CE-NODEMGR-5-330086: [ソース]既に有効に なって いる forcestart サービス[サービス]要請します。 規定 された Source 要求 指定 サービスの力再始動。 ただし、サービスは既に有効に なって います。 アクションは不要です。
CE-NODEMGR-3-330087: エラーは req を、errno 読取りました: [エラー] Node Manager サーバは要求を読みません。 要求アプリケーションは遂行される操作を規定 する別途のエラーを印刷する必要があります。
CE-NODEMGR-3-330088: new_fd のための NONBLOCK 設定 されない浸水して下さい[ステータス]、errno [エラーコード] Node Manager は新しいファイル 記述子のための NONBLOCK アトリビュートを設定 しません。 対応した 要求は Node Manager によって処理されません。 要求アプリケーションは別途のエラーを印刷する必要があります。 これは遂行される操作を規定 します。
CE-NODEMGR-3-330089: 選り抜き要求をチェックして下さい: = [ステータス]、errno = 浸水して下さい[エラー] Node Manager サーバの要求をチェックしている間失敗します『Call』 を選択 して下さい。 要求は処理されません。 要求アプリケーションは別途のエラーを印刷する必要があります。 これは遂行される操作を規定 します。
CE-NODEMGR-0-330090: [サイズ]バイトのメモリ 割り当ては失敗しました! ボックスのリブート。 Node Manager はメモリを割り当てません。 ボックスは不安定状態におそらくあります。 アクションは不要です。 ボックスはそれ自身をリブートします。
CE-NODEMGR-5-330091: ERROR: 割り当てられる十分なタイマーが決して起こるべきではありません Node Manager はタイマー リソースを使い果たします。 デバイスは重負荷の下におそらくあります。 追加メモリはタイマーのために割り当てられます。 ボックスのロードを減らして下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-NODEMGR-3-330092: プログラム・エラー、NULL タイマーを取り消して下さい コールはないタイマーを取り消すためになされます。 アクションは不要です。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-NODEMGR-3-330093: プログラム・エラー、キャンセルは失敗しました Node Manager はタイマーを取り消すために呼出されます。 ただし、タイマーはノード マネージャの内部 構造にありません。 可能性のある メモリ不良。 ボックスをリブートします。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-NODEMGR-3-330094: killtilldead: 反復カウントは 60 に達しま、救い(止めることを[プロセス]…試みます) Node Manager は正常に特定のプロセスをディセーブルにすることができません。 プロセスはまだ正常なデバイス オペレーションと動作し、可能性のある干渉できます。 ボックスをリブートします。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-NODEMGR-3-330095: parse_get_str: それ以上のメモリを割り当てることができません! Node Manager はコンフィギュレーション ファイルを解析する間、メモリを割り当てません。 ボックスをリブートしないで下さい。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-NODEMGR-0-330096: nodemgr_clt 内からのボックス NOW を!リブートして下さい!! リロード 要求は Node Manager クライアントになされます。 ボックスはそれ自身をリブートします。 アクションは不要です。
CE-NODEMGR-6-330097: 作成して下さい codecoverage ディレクトリ[ディレクトリ パス] このメッセージは codecoverage ディレクトリがプロセスのために作成されることしか示さない情報です。 これは取り付けられたイメージを実行するときだけだけ見られる必要があります。 アクションは不要です。
CE-NODEMGR-6-330098: エラーは作成します codecoverage ディレクトリ[ディレクトリ パス] このメッセージは codecoverage ディレクトリがプロセスのために正常に作成されないことを示すことです。 これは取り付けられたイメージについてはだけ見られる必要があります。 これが起こる場合、プロセスはきちんとはたらきません。 問題を調査するために codecoverage 変更オーナーに連絡して下さい。
CE-NTP-0/1/2/3/4/5/6-340000: [失敗説明] このメッセージ クラスはことをネイティブ Linux Network Time Protocol (NTP)コード公開エラー/表記/情報示します。 IF エラーメッセージは行われましたり、NTP 設定かデバイスコンフィギュレーションをチェックします。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-NTP-5-340001: [ホストIPアドレス/名前]: ない有効なホスト アドレス メッセージは無効 NTP サーバ ホスト アドレスが規定 されることを示します。 正しい NTP サーバ ホスト アドレスとの再試行。
CE-NTP-5-340002: 達される最大 NTP サーバ。 メッセージは最大 NTP サーバ制限が達することを示します。 最大限よりより多くの NTP サーバを設定しないで下さい。
CE-NTP-5-340003: NTP サービスを有効に する前に NTP サーバを設定しなければなりません。 メッセージは NTP サーバが設定されないことを示します。 NTP サービスは有効に なりません。 NTP サービスを有効に する前に少なくとも 1 NTP サーバを設定して下さい。
CE-NTP-3-340004: NTP [ドリフトを開かれない|構成]ファイル: [ファイル名] メッセージは NTP サービスが driftfile または configfile NTP を開かないことを示します。 NTP 設定および装置状態をチェックして下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-NTP-3-340005: nodemgr はスタート/ストップ ntpd に失敗しました メッセージは nodemgr がスタート/ストップ ntpd に失敗するので NTP コマンドが失敗することを示します。 装置状態をチェックして下さい。 デバイスをリロードし、sysimg を再インストールして下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-NTP-3-340006: データサーバから設定を取得されなくて error= [err_code は] メッセージは NTP バイナリがデータサーバから設定を取得しないので NTP コマンドが失敗することを示します。 装置状態をチェックし、デバイスをリロードして下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-NTP-7-340007: [NTP デバッグメッセージ] メッセージは NTP デバッグ情報を提供します。 アクションは不要です。
CE-PAM-3-345000: 認証デバッグを得る間違った認証方式 メッセージは間違った認証方式がデバッグに選択されることを示します IF エラーメッセージは行われ、認証方式 パラメータを再構成し、ディスクの状態をチェックします。 debug authentication コマンドの発行による再度一定デバッグ オプション。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-PAM-3-345001: Can't open file (TACACS+) メッセージはシステムが TACACS+ プロトコルによって要求 認証のための等/pam.d/ce_http_tacacs_config コンフィギュレーション ファイルを開かないことを示します。 認証のパラメータは保存されません。 エラーメッセージが表示される場合、ディスクの TACACS+ プロトコル 設定および状態をチェックして下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-PAM-3-345002: Can't open file (RADIUS) メッセージはシステムが RADIUSプロトコルによって要求 認証のための等/pam.d/ce_http_radius_config コンフィギュレーション ファイルを開かないことを示します。 認証のパラメータは保存されません。 エラーメッセージが表示される場合、ディスクの RADIUSプロトコル 設定および状態をチェックして下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-PAM-3-345003: Can't open file (NTLM) メッセージはシステムが NTLM プロトコルによって要求 認証のための等/pam.d/ce_http_ntlm_config コンフィギュレーション ファイルを開かないことを示します。 認証のパラメータは保存されません。 IF エラーメッセージはディスクの行われ、チェック NTLM プロトコル 設定、状態。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-PAM-3-345004: Can't open file (LDAP) メッセージはシステムが LDAPプロトコルによって要求 認証のための等/pam.d/ce_http_ldap_config コンフィギュレーション ファイルを開かないことを示します。 認証のパラメータは保存されません。 IF エラーメッセージはディスクの行われ、チェック LDAPプロトコル 設定、状態。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-PAM-3-345005: 認証デバッグを設定 する間違ったオプション メッセージは間違った認証方式がデバッグのために設定 されることを示します。 エラーメッセージが表示される場合、認証方式 パラメータを再構成し、ディスクの状態をチェックして下さい。 debug authentication コマンドの発行によってデバッグ オプションを再度設定して下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-PAM-3-345006: /tmp/user_authenticate_debug ファイルをデバッグ情報を設定 するために開くことができません メッセージはデバッグ情報を設定 するためにシステムが tmp/user_authenticate_debug コンフィギュレーション ファイルを開かないことを示します。 エラーメッセージが表示される場合、ディスクの状態をチェックして下さい。 debug authentication コマンドの発行によってデバッグ オプションを再度設定して下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-PAM-3-345007: /tmp/request_authenticate_debug ファイルを形成のデバッグを設定 するために開くことができません メッセージはデバッグ情報を設定 するためにシステムが tmp/request_authenticate_debug コンフィギュレーション ファイルを開かないことを示します。 エラーメッセージが表示される場合、ディスクの状態をチェックして下さい。 debug authentication コマンドの発行によってデバッグ オプションを再度設定して下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-PAM-2-345008: PAM モジュール <reason> のためのディレクトリを作成できません メッセージはシステムに設定される tmp ディレクトリがないことを示します。 エラーメッセージが表示される場合、システムに深刻なソフトウェア イメージ セットアップかコンフィギュレーションに関する問題があります。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-PAM-3-345009: /etc/pam.d/content_engine_config ファイルを開くことができません メッセージはシステムがユーザ認証のための等/pam.d/content_engine_config コンフィギュレーション ファイルを開かないことを示します。 認証のパラメータは保存されません。 エラーメッセージが表示される場合、ユーザのディスクの認証 の 設定および状態をチェックして下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-PAM-2-345010: PAM モジュールのためのログ ディレクトリを作成できません メッセージはシステムに設定される tmp ディレクトリがないことを示します。 エラーメッセージが表示される場合、ユーザのディスクの認証 の 設定および状態をチェックして下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-PAM-3-345011: /tmp/user_authenticate_stats ファイルを開くことができません メッセージは統計情報をリセットするためにシステムが /tmp/user_authenticate_stats 認証 統計情報ファイルを開かないことを示します。 認証の統計情報はクリアされません。 エラーメッセージが表示される場合、ディスクの状態をチェックして下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-PAM-3-345012: /tmp/user_authenticate_stats ファイルを統計情報を報告するために開くことができません メッセージはシステムがオープン認証 統計情報ファイル /tmp/user_authenticate_stats に統計情報をアップデートしないことを示します。 認証の統計情報は失われます。 場合エラーメッセージが表示される、ディスクの状態をおよびシステム /tmp のディレクトリ 存在チェックして下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-PAM-2-345013: 認証 統計情報ファイルをロックされない メッセージは統計情報をリセットするためにシステムが要求 認証 統計情報ファイルのためのソフトウェア ロックを設定 しないことを示します。 要求 認証の統計情報はクリアされません。 エラーメッセージが表示される場合、ディスクの状態をチェックして下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-PAM-2-345014: PAM モジュールのためのログ ディレクトリを作成できません メッセージはシステムに設定される tmp ディレクトリがないことを示します。 IF エラーメッセージは行われます、システムに深刻なソフトウェア イメージ セットアップかコンフィギュレーションに関する問題があります。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-PAM-3-345015: /tmp/user_ldap_stats ファイルを開くことができません メッセージは統計情報をリセットするためにシステムが /tmp/user_ldap_stats LDAP認証 統計情報ファイルを開かないことを示します。 LDAP認証の統計情報はクリアされません。 IF エラーメッセージは行われましたり、ディスクの状態をおよびシステム /tmp のディレクトリ 存在チェックします。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-PAM-3-345016: /tmp/user_radius_stats ファイルを開くことができません メッセージは統計情報をリセットするためにシステムが RADIUS認証 統計情報ファイル /tmp/user_radius_stats を開かないことを示します。 RADIUS認証の統計情報はクリアされません。 IF エラーメッセージは行われましたり、ディスクの状態をおよびシステム /tmp のディレクトリ 存在チェックします。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-PAM-3-345017: /tmp/user_tacacs_stats ファイルを開くことができません メッセージは統計情報をリセットするためにシステムが /tmp/user_tacacs_stats TACACS+ 認証 統計情報ファイルを開かないことを示します。 TACACS+ 認証の統計情報はクリアされません。 IF エラーメッセージは行われましたり、ディスクの状態をおよびシステム /tmp のディレクトリ 存在チェックします。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-PAM-3-345018: /tmp/user_ntlm_stats ファイルを開くことができません メッセージは統計情報をリセットするためにシステムが /tmp/user_ntlm_stats NTLM 認証 統計情報ファイルを開かないことを示します。 NTLM 認証の統計情報はクリアされません。 IF エラーメッセージは行われましたり、ディスクの状態をおよびシステム /tmp のディレクトリ 存在チェックします。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-PAM-3-345019: 認証 統計情報ファイルを書かれていない メッセージは統計情報をリセットするためにシステムが認証 統計情報ファイルを書かないことを示します。 認証方式の統計情報はクリアされません。 場合エラーメッセージが表示される、ディスクの状態をおよびシステム /tmp のディレクトリ 存在チェックして下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-PAM-3-345020: 書くことの後で認証 統計情報ファイルを閉じられなくて メッセージは統計情報が削除された後システムが認証 統計情報ファイルを閉じないことを示します。 場合エラーメッセージが表示される、ディスクの状態をおよびシステム /tmp のディレクトリ 存在チェックして下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-PAM-3-345021: 認証 統計情報ファイルをロックされない メッセージは統計情報が削除された後システムが認証 統計情報ファイルをロックしないことを示します。 場合エラーメッセージが表示される、ディスクの状態をおよびシステム /tmp のディレクトリ 存在チェックして下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-PAM-2-345022: 認証 統計情報ファイルをロックされない メッセージは統計情報を表示するためにシステムが認証 統計情報ファイルをロックしないことを示します。 IF エラーメッセージは行われましたり、ディスクの状態をおよびシステム /tmp のディレクトリ 存在チェックします。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-PAM-3-345023: 未知認証方式 メッセージは間違った認証方式が選択されることを示します。 エラーメッセージが表示される場合、認証方式 パラメータを再構成し、ディスクの状態をチェックして下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-PAM-3-345024: 認証のための統計情報ファイルを開くためにファイルされる メッセージはシステムが認証 統計情報ファイルを開かないことを示します。 認証方式の統計情報は表示する。 エラーメッセージが表示される場合、認証方式のディスクの設定および状態をチェックして下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-PAM-3-345025: 統計情報ファイルは破損しています メッセージは認証 統計情報ファイルに不正確なか破損した情報があることを示します。 エラーメッセージが表示される場合、認証方式のディスクの設定および状態をチェックして下さい。 認証 統計情報をクリアし、再表示して下さい。 統計情報ファイルが再度破損する場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。 さもなければ、ユーザを認証し続けて下さい。
CE-PAM-3-345026: 読んだあとで認証 統計情報ファイルを閉じられなくて メッセージは統計情報が表示する後システムが認証 統計情報ファイルを閉じないことを示します。 IF エラーメッセージは行われましたり、ディスクの状態をおよびシステム /tmp のディレクトリ 存在チェックします。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-PAM-3-345027: 統計情報ファイルのフィールドは破損しています メッセージは認証 統計情報ファイルにフィールドの 1 つで不正確なか破損した情報があることを示します。 エラーメッセージが表示される場合、認証方式のディスクの設定および状態をチェックして下さい。 認証 統計情報をクリアし、再表示して下さい。 統計情報ファイルが再度破損する場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。 さもなければ、ユーザを認証し続けて下さい。
CE-PAM-3-345028: 認証 統計情報ファイルを読み込まれない メッセージは統計情報を表示するためにシステムが認証 統計情報ファイルを読み込まないことを示します。 場合エラーメッセージが表示される、ディスクの状態をおよびシステム /tmp のディレクトリ 存在チェックして下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-PAM-3-345029: tmp ディレクトリはありません メッセージはシステムに設定される tmp ディレクトリがないことを示します。 エラーメッセージが表示される場合、システムに深刻なソフトウェア イメージ セットアップかコンフィギュレーションに関する問題があります。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-PAM-3-345030: 認証 統計情報ファイルをロックされない メッセージは統計情報を表示するためにシステムが認証 統計情報ファイルをロックしないことを示します。 IF エラーメッセージは行われましたり、ディスクの状態をおよびシステム /tmp のディレクトリ 存在チェックします。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-PARSER-3-350000: sysdb_bind は失敗しました: <str> パーサー サーバは設定 レジストリが含まれているデータ サーバが付いている接続を確立しません。 リロード。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-PARSER-3-350001: parser_malloc への悪い引数 パーサーはゼロ サイズ メモリを割り当てるように試みます。 リロード。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-PARSER-3-350002: parser_free への悪いポインタ 放されるべきパーサー gets ヌル メモリ ポインタ。 リロード。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-PARSER-3-350003: 呼出される parser_malloc の前の parser_free パーサーはメモリを放すように試みます決して割り当てられない。 リロード。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-PARSER-3-350004: パーサーの悪いマジックは 1 つを放します 予想外マジックナンバーはメモリブロックで検出する。 リロード。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-PARSER-3-350005: パーサーの悪いマジックは 2 つを放します 予想外マジックナンバーはメモリブロックで検出する。 リロード。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-PARSER-3-350006: uint32 <str><dc><str> の sysdb_item_set データ サーバの項目を設定 しません。 リロード。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-PARSER-3-350007: <str> の間違った sysdb データタイプは、<dc>、<dc> を期待します データ サーバから期待された詰められた型データを受け取りません。 リロード。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-PARSER-3-350008: sysdb_directory_get_last: 「<error>」 sysdb_directory_get_last() は失敗します。 リロード。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-PARSER-3-350009: 詰められた <str> の sysdb_item_set: <str> エラーはデータ サーバから間、データの取得発生します。 リロード。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-PARSER-3-350010: sysdb_iterator_create: <str> エラーはデータ サーバのオプションを設定 して いる間発生します。 リロード。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-PARSER-3-350011: sysdb_iterator_next_data() は <str> 失敗しました エラーはデータ サーバ オペレーションで発生します。 リロード。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-PARSER-3-350012: sysdb_iterator_free: <str> エラーはデータ サーバ オペレーションで発生します。 リロード。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-PARSER-3-350013: 現在の <str> Coption: <str>、<str>、 期待された coptions はありません。 リロード。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-PARSER-3-350014: <str>: new_cmd バッファ ヌル <function name> 期待された coptions はありません。 リロード。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-PARSER-3-350015: <str> <hex> のための endcoption マーク無し: <str> endcoption マークはありません。 リロード。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-PARSER-3-350016: <str> <hex> のための不完全な endcoption マーク: <str> 不完全な endcoption マークはあります。 リロード。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-PARSER-3-350017: <str>: 無効 な 入力(いいえ「B」): 「<str>」 無効 な coption はあります。 リロード。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-PARSER-3-350018: <str>: ID の後で「」、抜けている bgcoption: 「<str>」 bgcoption は抜けています。 リロード。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-PARSER-3-350019: <str>: 型の後で「」、抜けている bgcoption: 「<str>」 bgcoption は抜けています。 リロード。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-PARSER-3-350020: <str>: パス数の後で「」、抜けている bgcoption: 「<str>」 bgcoption は抜けています。 リロード。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-PARSER-3-350021: <str>: nxcoption 無し: 「<str>」 期待された nxcoption は抜けています。 リロード。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-PARSER-3-350022: <str>: 不正確な入り込まれた coption: 「<str>」 不正確な入り込まれた ctoption はあります。 リロード。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-PARSER-3-350023: <str>: 無効 NXCOPTION マーク: 「<str>」 不正確な NXCOPTION マークはあります。 リロード。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-PARSER-3-350024: <str>: コマンド「<str>」のための sysdb ストリング <str> で抜けていること「=」 = sysdb ストリングで抜けていること。 リロード。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-PARSER-3-350025: <str>: コマンド「<str> で」検出する 可能性のある ループ ループはコマンドで検出する。 リロード。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-PARSER-3-350026: <str>: コマンド「<str>」のための sysdb ストリング「<str>」の抜けた等号「<」 検索する sysdb ストリングの抜けた等号 リロード。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-PARSER-3-350027: <str>: nvgen_command の未知オブジェクト タイプ <dec> 未知オブジェクト タイプはあります。 リロード。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-PARSER-3-350028: <str>: replace_type の未知オブジェクト タイプ <dec> 未知オブジェクト タイプはあります。 リロード。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-PARSER-3-350029: 無効 な オブジェクト 形式「<str>」 無効 な オブジェクト タイプはあります。 リロード。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-PARSER-3-350030: <str>: デバッグ登録は失敗しました: <dc> デバッグ登録は失敗します。 リロード。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-PARSER-3-350031: sysdb_bind: <str> エラーはデータ サーバが付いている接続を確立している間発生します。 リロード。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-PARSER-3-350033: シェルはパーサー サーバにメッセージを書きませんでした。 シェルはパーサー サーバにメッセージを書き込みません。 リロード。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-PARSER-3-350034: parser_server は成功して再接続します シェル プロセスはパーサーにサーバを再接続できます。 アクションは不要です。
CE-PARSER-2-350035: parser_server は失敗する再接続します。 シェルはパーサーにサーバを接続しません。 リロード。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-PARSER-3-350036: Endoption は一致する! <dec> これはシンタックスエラーです。 endoption は一致する。 リロード。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-PRELD-2-362001: CLI sysdb バインド エラーを前もって積んで下さい システム広い設定 データベースに結合 しません。 リロード。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-PRELD-2-362002: 通知 登録を失敗しました前もって積んで下さい プリロード プロキシ モジュールのための通知 登録は失敗します。 リロード。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-PRELD-2-362003: 戻る選り抜きをより少なくよりゼロ前もって積んで下さい プリロード ソケット 記述子の『Call』 を選択は失敗します。 アクションは不要です。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-PRELD-3-363001: preload_threads_invoke(): プリロード ネジ山[<thread_index>]開始することが不可能 識別 <thread_index> で並行 セッションのためのプリロード スレッドを作成しません。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-PRELD-3-363002: preload_threads_invoke(): プリロード ネジ山[<thread_index>]加入することが不可能 識別 <thread_index> を持つ並行 セッションのためのプリロードに加入しません。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-PRELD-3-363003: [プリロード] mms ストリーム ファイルは wmt が有効に ならないので前もって積まれません。 WMT は有効に なりません。 mms ストリーム ファイルは前もって積まれません。 イネーブル WMT。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-PRELD-3-363004: エラー設定プリロード DSCP: <item>、ret=<error_no: > <item> HTTP か WMT の DSCP のための DSCP 設定は <error_no> エラーと失敗します。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-PRELD-5-365001: プリロード: sysdb へのバインドのエラー <error_no> プリロードは、sysdb に結合 しません返します <error_no> エラーを。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-PRELD-5-365002: <meta_info> プリロード メタ情報。 アクションは不要です。

400000 から 499999

メッセージ 説明 Action
CE-RTSP-3-403000: [プロシージャ]システムコール エラー: <system コール name> <err msg> システムコールは失敗します。 システムは不可解な状態におそらくあります。 エラーを引き起こすサービスを再び有効に することを試みて下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-RTSP-3-403001: [プロシージャ] RTSP [サービス]ユーザライセンス使用許諾契約受け入れられなかった <mesg> RTSP プロキシ サブスクライバ ユーザライセンス使用許諾契約は受け入れられません。 RTSP サービスを有効に する 使用許諾契約および再試行を受け入れて下さい。
CE-RTSP-3-403002: [プロシージャ] TEMPファイル <mesg> の Logpath 実質[サービス]変数を設定できませんでした TEMPファイルの Logpath 実質[サービス]変数を設定 しません。 コマンドを再試行して下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-RTSP-3-403003: [プロシージャ]実質プロキシコンフィギュレーション コンフィギュレーション・ファイル <error_message> にアクセスログ PATH変数の TEMPファイルを移動されなくて コンフィギュレーション ファイルに TEMPファイルを移動しません。 コマンドを再試行して下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-RTSP-3-403004: [設定されないプロシージャ]外部/ファースト イーサネット/ギガビット イーサネット IP。 ローカル ホスト IP の使用 外部/ファースト イーサネット/ギガビット イーサネット IP は利用できません。 外部/ファースト イーサネット/ギガビット イーサネット IP を設定し、コマンドを再試行して下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-RTSP-3-403005: [プロシージャ]実質[サービス]評価をディセーブルにされない。 入力有効なライセンスキー 実質プロキシ/Subsciber 評価をディセーブルにしません。 入力有効なライセンスキー。 コマンドを再試行して下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-RTSP-3-403006: [プロシージャ]スタート/ストップ実質サブスクライバ <error_mesg> に失敗されて スタート/ストップ実質サブスクライバに失敗します。 コマンドを再試行して下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-RTSP-3-403007: [プロシージャ]実質[サービス] <error_mesg> をディセーブルにされない 実質プロキシ/Subsciber をディセーブルにしません。 コマンドを再試行して下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-RTSP-3-403008: [プロシージャ]実質[サービス]評価 <error_msg> を有効に されない 実質プロキシ/サブスクライバを有効に しません。 コマンドを再試行して下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-RTSP-3-403009: [プロシージャ]実質サブスクライバ VOD <error_mesg> へのシンボリック リンクを作成されない 実質サブスクライバ ビデオ オンデマンド(VOD)へのシンボリック リンクを作成しません。 コマンドを再試行して下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-RTSP-3-403010: [プロシージャ]実質サブスクライバ デフォルト/最大公文書ファイル サイズを設定 されない 実質サブスクライバ デフォルト/最大公文書ファイル サイズを設定 しません。 コマンドを再試行して下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-RTSP-3-403011: [プロシージャ]実質[サービス]設定 <error_mesg> を得られない 実質プロキシ/サブスクライバ 設定を得ません。 コマンドを再試行して下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-RTSP-6-406001: [プロシージャ]入力有効なライセンスキーの実質[サービス]評価をディセーブルにしました 無効実質プロキシ/サブスクライバ 評価。 アクションは不要です。
CE-RTSP-6-406002: [プロシージャ]実質サブスクライバ archieving <size> のための最大ファイルサイズ 実質サブスクライバ ファイルサイズ 情報。 アクションは不要です。
CE-RTSP-6-406003: [プロシージャ]/実質サブスクライバを停止しました開始される /stops を実質サブスクライバ開始します。 アクションは不要です。
CE-RTSP-6-406004: [プロシージャ]実質[サービス]評価を有効に しました 有効実質プロキシ/サブスクライバ 評価。 アクションは不要です。
CE-RTSP-6-406005: [プロシージャ] [インターフェイスの種類]使用不可能な IP インターフェイスの種類] IP を使用します 外部/ファースト イーサネット/ギガビット イーサネット IP は利用できません。 アクションは不要です。
CE-RTSP-7-406005: [実質サブスクライバ CLI ビン デバッグ メッセージ] デバッグ メッセージ。 アクションは不要です。
CE-RTSPG-2-408200: [プロシージャ] - RTSP Gateway エラー ログ init は <error_mesg> 失敗しました RTSP Gateway エラー ログ 初期化は失敗します。 このメッセージが定期的に表示される場合、無視することができます。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-RTSPG-2-408201: [プロシージャ] - RTSP Gateway エラー log config ファイル <mesg> を生成されない デバッグ レベルが変更されるとき RTSP Gateway エラー ログ コンフィギュレーション ファイルを生成しません。 このメッセージが定期的に表示される場合、無視することができます。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-RTSPG-2-408202: [プロシージャ] -メモリ 割り当ては RTSP ゲートウェイのための errorlog 初期化の間に失敗しました メモリアロケーション障害。 ゼロ サイズ メモリを割り当てる試み。 リロード。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-RTSPG-2-408203: [プロシージャ] -作成されない/開いた RTSP ゲートウェイ errorlog クライアント構成ファイル: <file_path> 作成しませんでしたり/開いた RTSP ゲートウェイコンフィギュレーション コンフィギュレーション・ファイルは。 このメッセージが定期的に表示される場合、無視することができます。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-RTSPG-2-408204: [プロシージャ] - RTSP ゲートウェイのためのデバッグ ライブラリを初期化されない デバッグ ライブラリを初期化しません。 このメッセージが定期的に表示される場合、無視することができます。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-RTSPG-2-408205: [プロシージャ] -設定されないインターフェイス IP アドレス RTSPG は開始しません。 それはインターフェイス IP アドレスを要求します。 RTSPG は 15 の秒および終了スリープの状態であります。 インターフェイス IP アドレスを設定して下さい。
CE-RTSPG-3-408300: [プロシージャ] -項目 <mesg> を設定 されない データ サーバの項目を設定 しません。 このメッセージが定期的に表示される場合、無視することができます。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-RTSPG-3-408301: [プロシージャ] -自己に errlog 構成 <mesg> を得るために信号を送ることが不可能な 設定を得るそれ自身に場合を送ることが不可能。 このメッセージが定期的に表示される場合、無視することができます。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-RULES-2-412001: <procedure>: 無効 な スイッチ 無効 な パターンかアクションの種類に出会います。 ルール設定をチェックして下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-RULES-2-412002: <procedure>: ルールは NULL です 引数ルールはヌルポインタを渡します。 ルール設定をチェックして下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-RULES-2-412003: rule_del(): 検出されない <parameter> エントリ 設定されないパラメータを取除くことを試みます。 設定されたパラメータがあるように確認する show rule all コマンドを発行して下さい。
CE-RULES-2-412004: <procedure> のデフォルト スイッチ 無効 な パターン型に出会います。 ルール設定をチェックして下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-RULES-2-412005: <procedure> エラー: 他の無効 パターン型は SRC_IP または DST_IP ではないです。 ルール設定をチェックして下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-RULES-2-412006: 新しいパターン 表を割り当てるエラー システムは新しいパターン 表のためのメモリを割り当てません。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-RULES-2-412007: 新しい操作表を割り当てるエラー システムは新しい操作表のためのメモリを割り当てません。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-RULES-2-412008: 新しいルール表を割り当てるエラー システムは新しいルール表のためのメモリを割り当てません。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-RULES-2-412009: rule_of_port_sort() エラー: NULLP 引数はソートのためのヌルポインタを渡します。 宛先ポートがあるようにルール設定を確認して下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-RULES-2-412010: ルール: pattern_match_request: アロケーション メモリに失敗される システムは新しいパターン リストのためのメモリを割り当てません。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-RULES-2-412011: rule_show_stat(); Internal エラー ルール統計情報 エントリは NULL です。 ルール設定をチェックして下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-RULES-3-413001: <procedure>: 新しいリストを作成できません システムは新しいリストのためのメモリを割り当てません。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-RULES-3-413002: rule_add_port(): new_list_head は NULL です システムは新しいポートリストのためのメモリを割り当てません。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-RULES-3-413003: rule_add_port(): cur_list NULL システムは新しいポートリストのためのメモリを割り当てません。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-RULES-3-413004: rule_create_port_list(): malloc new_list_head に失敗される システムは新しいポートリストのためのメモリを割り当てません。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-RULES-3-413005: rule_create_ip_list() new_list は NULL です システムは新しい IP リストのためのメモリを割り当てません。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-RULES-3-413006: rule_del_ip(): 新しいリストを作成するエラー システムは新しい IP リストのためのメモリを割り当てません。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-RULES-3-413007: rule_add_regex(): 新しいリストを作成されない システムは新しい regex リストのためのメモリを割り当てません。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-RULES-3-413008: rule_create_regex_list(): メモリ 割り当ては失敗しました システムは新しい regex リストのためのメモリを割り当てません。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-RULES-3-413009: rule_create_regex_list() は regex を割り当てることができません システムは新しい regex リストのためのメモリを割り当てません。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-RULES-3-413010: rule_del_regex(): 新しいリストを作成されない システムは新しい regex リストのためのメモリを割り当てません。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-RULES-3-413011: ctype はヌルです 応答 ヘッダーの ctype メンバーはヌル値がある場合があります。 アクションは不要です。 システムはこのヌル値があるように時々故意に確認します。
CE-RULES-3-413012: エラー アロケーション新しい操作表 システムは新しい操作表のためのメモリを割り当てません。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-RULES-3-413013: action_sel のための Malloc は失敗しました システムはメモリを割り当てません。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-RULES-3-413014: rule_process_verif_msg(): <filename> <line_no> <ds_get_verification_info コール failed> errno = <error_no> ds_get_verification_info コールはファイル <filename><line_no> のエラー数 <error_no> と失敗します。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-RULES-3-413015: register_verifier(): item> <item> のための <filename> <line_no> <register_verifier 失敗する register_verifier コールはファイル <filename><line_no> の項目 <item> のために失敗します。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-RULES-3-413016: rule_server_main(): 時間を計られる Error 要求処理 要求時間。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-RULES-3-413017: rule_server_rpc_main(): RpcUdsServer_new() は NULL サーバを戻しました 新しい rule_server の起動は可能性のある失敗します。 CE をリロードして下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-RULES-3-413018: rules_daemon: RpcUdsServer_accept は NULL クライアントを戻しました RpcUdsServer_accept は NULL クライアントを戻します。 アクションは不要です。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-RULES-3-413019: rules_daemon() client_thread_create は誤ります = <error_no> 失敗しました 新しいクライアント スレッドの作成はエラー数 <error_no> と失敗します。 アクションは不要です。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-RULES-5-415001: 無効 URL を無視してオリジナル URL=<old_url> 新しい URL=<new_url> を書き換えて下さい 無視無効 URL 書き直し。 アクションは不要です。
CE-RULES-5-415002: 無効 な URL 変換 URL=<old_url> 新しい URL=<new_url> を無視します 無効 な URL 変換を無視します。 アクションは不要です。
CE-RULES-5-415003: rule_show_stat(); tty を開くエラー 書き込みルール統計情報のためのターミナルを開きません。 アクションは不要です。
CE-RULES-6-416001: rule_del_port(): old_list は NULL です 古いポートリストはおそらく空です。 アクションは不要です。
CE-RULES-6-416002: send_verif_ack(): エラー ビルディング Ack、エラー = <error_no> 確認応答 メッセージの構築のエラー。 アクションは不要です。
CE-RULES-6-416003: rule_process_verif_msg(): 未知イベント = <sysdb_info.event> 未知イベントはルール プロセス 確認 メッセージを受け取っている間見つけられます。 アクションは不要です。
CE-RULES-6-416004: rule_process_notif_msg(): <file_name> <line_no> <ds_get_notification_info コール failed> errno = <error_no> エラー <error_no> は<line_no> のファイル <file_name> にルール プロセス 通知 メッセージを受け取っている間発生します。 アクションは不要です。
CE-RULES-6-416005: rule_process_notif_msg(): <file_name> <line_no> ds_free_ven_resource は失敗しました エラーはファイル <file_name><line_no> でデータ サーバがリソースを放すことを試みるとき発生します。 アクションは不要です。
CE-RULES-6-416006: DS から完全なメッセージを得られなくて ルール プロセスはデータ サーバからメッセージ全体を受け取りません。 アクションは不要です。
CE-RULES-6-416007: rule_register_notifier(): item> <rule_action_notif_tuple> <error_no> のための <file_name> <line_no> <rule_register_notifier 失敗する誤ります エラー <error_no> は項目 <rule_action_notif_tuple> のための行 <line_no> のファイル <file_name> にルール プロセスが通知を登録するとき発生します。 アクションは不要です。
CE-RULES-6-416008: rule_register_notifier(): item> <rule_pattern_notif_tuple> のための <file_name> <line_no> <rule_register_notifier 失敗する エラーは項目 <rule_pattern_notif_tuple> のための行 <line_no> のファイル <file_name> でルール プロセスが通知を登録するとき発生します。 アクションは不要です。
CE-RULES-6-416009: rule_register_notifier(): item> <rule_pattern_delta_tuple> のための <file_name> <line_no> <rule_register_notifier 失敗する エラーは項目 <rule_pattern_delta_tuple> のための行 <line_no> のファイル <file_name> でルール プロセスが通知を登録するとき発生します。 アクションは不要です。
CE-RULES-6-416010: rule_register_notifier(): item> <rule_debug_notif_tuple> のための <file_name> <line_no> <rule_register_notifier 失敗する エラーは項目 <rule_debug_notif_tuple> のための行 <line_no> のファイル <file_name> でルール プロセスが通知を登録するとき発生します。 アクションは不要です。
CE-RULES-6-416011: rule_register_notifier(): item> <rule_action_delta_tuple> のための <file_name> <line_no> <rule_register_notifier 失敗する エラーは項目 <rule_action_delta_tuple> のための行 <line_no> のファイル <file_name> でルール プロセスが通知を登録するとき発生します。 アクションは不要です。
CE-RULES-6-416012: シーケンスで見つけられないルール項目 ルール項目は取出されたシーケンスにありません。 アクションは不要です。
CE-RULES-6-416013: rule_daemon: バインドは sysdb に失敗しました データ サーバはソケットを結合 し損います。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-RULES-6-416014: send_verif_ack(): Ack を送信 する エラー エラー = <error_no> 確認応答 メッセージの確認のエラー。 アクションは不要です。
CE-RULES-6-416015: rule_process_notif_msg (): 未知イベント 未知イベントはルール プロセス 通知 メッセージを送信 すると発生します。 アクションは不要です。
CE-SNMP-2-430001: bind_data server_sock() は失敗しました: <return value> データ サーバに接続しません。 このメッセージが表示される場合、SNMP エージェントは CLI からの設定を受け入れませんか、トラップを送信 するか、または CISCO-CONTENT-ENGINE-MIB 統計情報を取得します。 これが事実である場合 Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-SNMP-2-430002: ds_edm_register() は失敗しました: <item 名前戻り value> EDM 登録はデータ サーバ <return value> と失敗します。 このメッセージが表示される場合、SNMP エージェントは CISCO-CONTENT-ENGINE_MIB ファイルで定義される統計情報を取得しません。 これが事実である場合 Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-SNMP-2-430003: ds_verification_register() は失敗しました: <str> 確認 登録はデータ サーバと失敗します。 このメッセージが表示される場合、ユーザは SNMP 関連機能を設定することができません。 これが事実である場合 Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-SNMP-2-430004: ds_notification_register() は失敗しました: <str> データ サーバとの通知 登録は失敗します。 このメッセージが表示される場合、SNMP エージェントはおそらくトラップを生成することができません。 これが事実である場合 Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-SNMP-3-430005: [プロシージャ]: 失敗する開いて下さい[ファイル名]。 errno: [dc]、[str] エラーは[ファイル名]ファイルを開いている間発生します。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-SNMP-3-430006: [プロシージャ]: 読まれない[ファイル名]。 errno: [dc]、[str] /proc ファイルを読み込んでいる間エラーに出会います。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-SNMP-3-430007: [プロシージャ]: 読まれない[ファイル名]。 エンド・オブ・ファイル。 /proc ファイルの予想外エンド・オブ・ファイルに出会います。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-SNMP-2-430008: [ファイル名] SNMP エージェントが期待するよりより多くのデータを持っています: 可能性のある カーネルバージョンおよび SNMP エージェント アプリケーション コード ミスマッチ。 データフィールドの予想外番号は /proc ファイルにあります。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-SNMP-2-430009: で見つけられるデータ項目の不正確な数[ファイル名] データフィールドの予想外番号は /proc ファイルにあります。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-SNMP-2-430010: /プロシージャ/ネット/snmp ヘッダー ラインに予想外形式があります。 可能性のある カーネルバージョンおよび SNMP エージェント アプリケーション コード ミスマッチ。 未知ヘッダー情報は /proc/net/ARP にあります。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-SNMP-2-430011: /プロシージャ/ネット/snmp sscanf 解析エラー STAT_NET_ICMP entry.num_items は = <dc>、= 期待された num_items 26 読みました データフィールドの不明の番号は /proc/net/SNMP にあります。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-SNMP-2-430012: SNMP エージェントが期待するより/プロシージャに/ネット/snmp はより多くのデータがあります: = 読まれる文字は[dc] = 処理されて[dc]可能性のある カーネルバージョンおよび snmp アプリケーションコード ミスマッチ焦げます データフィールドの不明の番号は /proc/net/SNMP にあります。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-SNMP-2-430013: 終わる snmp エージェント プロセス。 データ サーバを持つ接続障害による SNMP エージェント プロセス 終端。 SNMP エージェント プロセスは Node Manager プロセスによって再起動します。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-SNMP-3-430014: SNMP サーバはデータ サーバ(エラーコード)の連絡先データ項目を設定できませんでした。 SNMP サーバ 連絡先 情報の変更を行います。 ただし、データ サーバの変更は記録されません。 連絡先データ項目を再度設定 することを試みて下さい。 それが繰り返し失敗した場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-SNMP-3-430015: SNMP サーバはデータ サーバ(エラーコード)の場所データ項目を設定できませんでした。 SNMP サーバ ロケーション 情報の変更を行います。 ただし、データ サーバの変更は記録されません。 場所データ項目を再度設定 することを試みて下さい。 それが繰り返し失敗した場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-SSHD-0/1/2/3/4/5/6-440000: [失敗説明] このメッセージ クラスはことをネイティブ Linux SSHD コード公開エラー/表記/情報示します。 IF エラーメッセージは行われましたり、SSHD 設定かデバイスコンフィギュレーションをチェックします。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-SSHD-3-440001: [ssh_session_file]失敗しました、errno= [err_code]読んで下さい([失敗説明])。 メッセージは SSH サービスが ssh_session_file 読まないことを示します。  
CE-SSHD-3-440002: [ssh_session_file]失敗しました、errno= [err_code]書いて下さい([失敗説明])。 メッセージは SSH サービスが ssh_session_file 書かないことを示します。 このメッセージが時折表示される場合、無視することができます。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-SSHD-3-440003: lseek は[ssh_session_file]、errno= [err_code]失敗しました([失敗説明])。 メッセージは SSH サービスが ssh_session_file 追求しないことを示します。 このメッセージが時折表示される場合、無視することができます。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-SSHD-3-440004: [ssh_session_file]、errno= [err_code]開くことができません([失敗説明])。 メッセージは SSH サービスが ssh_session_file 開かないことを示します。 このメッセージが時折表示される場合、無視することができます。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-SSHD-3-440005: [ssh_session_file]、errno= [err_code]作成できません([失敗説明])。 メッセージは SSH サービスが ssh_session_file 作成しないことを示します。 このメッセージが時折表示される場合、無視することができます。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-SSHD-3-440006: /usr/sbin/sshd を開始されない[失敗説明]。 メッセージは SSH サービスが SSHD プロセスを開始しないことを示します。 ssh コマンドを発行するリトライ。 SSH サービスを再開し、デバイスをリブートして下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-SSHD-3-440007: usr/sbin/sshd は終了しませんでした、[失敗説明]。 メッセージは SSHD プロセスが終了しないので SSH サービスが失敗することを示します。 ssh コマンドを発行するリトライ。 SSH サービスを再開し、デバイスをリブートして下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-SSHD-3-440008: ssh セッションは不正なログインが理由で、可能性のある失敗しました。 メッセージはアクティブ SSH セッションが不正なログイン、または内部 SSHD エラーが理由で、可能性のある失敗することを示します。 正しい username/password の再試行 SSH ログオン。
CE-SSHD-3-440009: 成功する ssh セッション。 メッセージはアクティブ SSH セッションが正常に続行することを示します。 アクションは不要です。
CE-SSHD-3-440010: Internal error: オーナー(エラー)を変更できませんでした SSH は Internal エラーが有効に されなかった原因ではないです。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-SYSMON-3-445000: エラーは req を、errno 読取りました: [エラー] システム の 欠陥 モニタは要求を読みません。 要求はスキップされます。 アクションは不要です。
CE-SYSMON-3-445001: new_fd のための NONBLOCK 設定 されない浸水して下さい[ステータス]、errno [エラー]。 システム の 欠陥 モニタは要求の NONBLOCK アトリビュートを設定 しません。 要求はスキップされます。 アクションは不要です。
CE-SYSMON-3-445002: 選択して下さい: = [ステータス]、errno = 浸水して下さい[エラー] システム の 欠陥 モニタ内の『Call』 を選択は失敗します。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-SYSMON-3-445003: Incorrect system id [システム識別名] 未知のシステムID はシステム の 欠陥 モニタによって受け取られます。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-SYSMON-3-445004: 不正確なデバイスID [デバイスID] 未知のデバイス装置識別名はシステム の 欠陥 モニタによって受け取られます。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-SYSMON-3-445005: 不正確なタイムスタンプ[タイムスタンプ] 不適当なタイムスタンプはシステム の 欠陥 モニタによって受け取られます。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-SYSMON-3-445006: 不正確な重大度[重大度] 未知重大度はシステム の 欠陥 モニタによって受け取られます。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-SYSMON-3-445007: エラー[エラーコード]データ サーバに結合 した場合 システム の 欠陥 モニタはデータ サーバにへの接続をしません。 エラーはおそらく表示されません。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-SYSMON-3-445008: エラー[エラーコード]設定 した場合[データ項目名前] システム の 欠陥 モニタは指定されたデータ サーバー アイテム名前の値を設定 しません。 エラーはおそらく表示されません。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-SYSMON-5-445009: sysmon: 入力 start_loop システム の 欠陥 モニタは開始します。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-SYSMON-5-445010: 検出するエラー: [説明] システム の 欠陥 モニタはエラーを検出する。 エラーを修復する是正措置を奪取 して下さい。 Cisco テクニカル サポートが実際に存在 するエラーによってが接触しなければ。
CE-TRNSLG-3-460001: TRANSLOG: tlog_begin_mark(): 失敗する書いて下さい、 失敗します書いて下さい。 アクションは不要です。
CE-TRNSLG-3-460002: 開いているトランザクション ログファイルにない: 開いているトランザクション ログファイルにない。 アクションは不要です。
CE-TRNSLG-3-460003: TRANSLOG: tlog_commit(): 失敗する、errno = 書いて下さい 失敗します書いて下さい。 アクションは不要です。
CE-TRNSLG-3-460004: 非存在ログ ディレクトリ-終わるトランザクション ロギング: ログ ディレクトリは非存在です。 かどうかログ ディレクトリ存在確認して下さい。
CE-TRNSLG-3-460005: ログ パスはディレクトリ-終わるトランザクション ロギングではないです: ログ パスはディレクトリではないです。 ログ パスがディレクトリであるかどうか確認して下さい。
CE-TRNSLG-3-460006: 完全で、削除することが不可能ファイルシステムをほぼ記録 します: ファイル システムを記録 することはほぼ完全です。 アクションは不要です。
CE-TRNSLG-3-460007: TRANSLOG: translog_set_trap(): sysdb_item_set は失敗しました 項目 セットは失敗します。 アクションは不要です。
CE-TRNSLG-2-460008: TRANSLOG: システム mem 下位。 alloced mem をクリーンアップして下さい システムメモリは低いです。 アクションは不要です。
CE-TRNSLG-2-460009: TRANSLOG: システム mem 下位。 打ち切られるバッファ割り振り。 バッファ割り振りは失敗します。 アクションは不要です。
CE-TRNSLG-3-460010: TRANSLOG: tlog_end_mark(): 失敗する、errno = 書いて下さい 失敗します書いて下さい。 アクションは不要です。
CE-TRNSLG-5-460011: プロセス ヒント: tlog_logger_init() process_id プロセス ID および pthread ID。 アクションは不要です。
CE-TVOUT-7-470001: [デバッグ メッセージ] TV-out サービスのためのデバッグ メッセージのクラス。 操作は必要ではないです。
CE-TVOUT-3-470002: TV-out ハードウェアを判別することが不可能: [エラー] エラーはデータへのアクセス ボックスでインストールされる TV-out ハードウェアの種類についての発生します。 TV-out サービスを再び有効に することを試みて下さい。 このメッセージが再度表示される場合、ボックスをリロードして下さい。 この問題が発生することを残っている場合 Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-TVOUT-3-470003: TV-out ハードウェアは検出する: [エラー] TV-out ハードウェアはボックスでインストールされるために検出する。 ハードウェア自体は検出する、または検出 ソフトウェアは動作しませんでした後最後のボックス リロード。 サポートされた A/V デコーダ カードがきちんとインストールされている確認し、ボックスをことをリロードして下さい。 この問題が発生することを残っている場合 Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-TVOUT-6-470004: TV-out ハードウェアは検出する: <カードのタイプ> あるボックスでインストールされる A/V デコーダ カードタイプに注意します。 アクションは不要です。
CE-TVOUT-3-470005: メモリをのための割り当てることができません[ターゲット] 指定されたターゲットのための概要メモリアロケーション障害。 システムは未定義状態におそらくあります。 TV-out サービスを再び有効に することを試みて下さい。 メッセージが持続する場合、ボックスをリロードして下さい。 このメッセージがおそらくメモリが低い状態が原因であるので、有効に なる サービスの全体的な数を減らすことを試みて下さい。 この問題が発生することを残っている場合 Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-TVOUT-3-470006: ストリーム型を判別することが不可能: [エラー] エラーは発生しまデコードされるべきストリーム型を処理します。 システムは未定義状態におそらくあります。 ログを追加メッセージがあるように確認し、操作を促進して下さい。 他のメッセージがない場合、TV-out サービスを再び有効に することを試みて下さい。 このメッセージが再度表示される場合、ボックスをリロードして下さい。 この問題が発生することを残っている場合 Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-TVOUT-4-470007: 後尾監督者: [システムエラー] ファイル 記述子の終わりはシステムエラーを生成します。 システムは未定義状態におそらくあります。 TV-out サービスを再び有効に することを試みて下さい。 このメッセージが再度表示される場合、ボックスをリロードして下さい。 この問題が発生することを残っている場合 Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-TVOUT-3-470008: <file> を開くことができません: [システムエラー] システムエラーによる指定 ファイルを開くことが不可能。 システムは未定義状態におそらくあります。 チャネル 複製ステータスおよび cdnfs が安定 して いることを確認して下さい。 TV-out サービスを再び有効に することを試みて下さい。 このメッセージが再度表示される場合、ボックスをリロードして下さい。 この問題が発生することを残っている場合 Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-TVOUT-4-470009: オーバーレイ イメージを処理することが不可能: [エラー] 見つけられるエラーによる画面 表示ののためのオーバーレイ イメージを処理しません。 どのオーバーレイ イメージ ファイルでも ACNS ソフトウェア の 配置およびコンフィギュレーション ガイドで説明されているように有効なおよび大会 TV-out 仕様であることを確認して下さい。 TV-out サービスを再び有効に することを試みて下さい。 このメッセージが頻繁に表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-TVOUT-5-470010: オーバーレイ イメージ処理: [エラー] 画面 表示ののためのオーバーレイ イメージを処理している間、エラーは見つけられます。 これはおそらく生じるディスプレイをスキューイングされるか、または不完全にします。 どのオーバーレイ イメージ ファイルでも ACNS ソフトウェア の 配置およびコンフィギュレーション ガイドで説明されているように有効なおよび大会 TV-out 仕様であることを確認して下さい。 TV-out サービスを再び有効に することを試みて下さい。 このメッセージが再度表示される場合、ボックスをリロードして下さい。 この問題が発生することを残っている場合 Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-TVOUT-3-470011: AV-001: MPEG デバイス インターフェイスを開くことが不可能 MPEG デバイス ドライバに制御 インタフェースを開きません。 システムは未定義状態におそらくあります。 TV-out サービスを再び有効に することを試みて下さい。 このメッセージが再度表示される場合、ボックスをリロードして下さい。 この問題が発生することを残っている場合 Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-TVOUT-4-470012: AV-001: OSD 領域を設定することが不可能: [エラー] エラーはデバイス ドライバを通した画面 表示領域を設定することを見つけられます。 どのオーバーレイ イメージ ファイルでも ACNS ソフトウェア の 配置およびコンフィギュレーション ガイドで説明されているように有効なおよび大会 TV-out 仕様であることを確認して下さい。 TV-out サービスを再び有効に することを試みて下さい。 このメッセージが再度表示される場合、ボックスをリロードして下さい。 この問題が発生することを残っている場合 Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-TVOUT-3-470013: AV-001: デコードを設定することが不可能: [エラー] エラーはデバイス ドライバを通したストリームのデコードを設定することを見つけられます。 どのオーバーレイ イメージ ファイルでも ACNS ソフトウェア の 配置およびコンフィギュレーション ガイドで説明されているように有効なおよび大会 TV-out 仕様であることを確認して下さい。 TV-out サービスを再び有効に することを試みて下さい。 このメッセージが表示される場合、ボックスをリロードして下さい。 この問題が発生することを残っている場合 Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-TVOUT-4-47014: AV-001: OSD を開始することが不可能: [エラー] エラーはデバイス ドライバを通した画面 表示を開始することを見つけられます。 TV-out サービスを再び有効に することを試みて下さい。 このメッセージが再度表示される場合、ボックスをリロードして下さい。 この問題が発生することを残っている場合 Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-TVOUT-3-470015: [sysdb エラーメッセージ] TV-out サービスのための sysdb エラーメッセージのクラス。 TV-out サービスを再び有効に することを試みて下さい。 このメッセージが再度表示される場合、ボックスをリロードして下さい。 この問題が発生することを残っている場合 Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-TVOUT-4-470016: [sysdb 警告メッセージ] TV-out サービスのための sysdb 警告メッセージのクラス。 TV-out サービスを再び有効に することを試みて下さい。 このメッセージが再度表示される場合、ボックスをリロードして下さい。 この問題が発生することを残っている場合 Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-TVOUT-5-470017: [sysdb 表記メッセージ] TV-out サービスのための sysdb 表記メッセージのクラス。 TV-out サービスを再び有効に することを試みて下さい。 このメッセージが再度表示される場合、ボックスをリロードして下さい。 この問題が発生することを残っている場合 Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-TVOUT-3-470018: cms データベースに接続することが不可能: チェックできません[ターゲット] CMS データベースに接続することが不可能。 指定されたターゲットは取得されることができません。 CMS が正常に有効に なり、動作することを確認して下さい。 TV-out サービスを再び有効に することを試みて下さい。 このメッセージが再度表示される場合、ボックスをリロードして下さい。 この問題が発生することを残っている場合 Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-TVOUT-3-470019: cms データベースの壊れるクエリ: [ターゲット]見つけられない- [操作] CMS データベースのクエリでは、指定されたターゲットは見つけられることができません。 これは頻繁に不完全か不足データを示します。 CMS が正常に有効に なり、動作することを確認して下さい。 指定されたアクションを、もしあれば奪取 して下さい。 TV-out サービスを再び有効に することを試みて下さい。 このメッセージが再度表示される場合、ボックスをリロードして下さい。 この問題が発生することを残っている場合 Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-TVOUT-3-470020: <playlist> の <file path> をデコードすることが不可能: [エラー] 規定 された 再生リストの指定されたファイル パスのデコードは見つけられるエラーが原因で失敗します。 部分的なデコードはおそらく発生しました。 システムは未定義状態におそらくあります。 追加メッセージがあるように確認し、操作を促進して下さい。 TV-out サービスを再び有効に することを試みて下さい。 このメッセージが再度表示される場合、ボックスをリロードして下さい。 この問題が発生することを残っている場合 Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-TVOUT-5-470021: <total files> が付いている <playlist> のための無効 な <position>: 越えるべきリセット 無効 な位置は規定 された 再生リストの再生の時に見つけられます。 従って、再生は再起動します。 無効 な位置はおそらくメディア ファイルのまたは再生リストを通して再生制御を使用して追求による数のダイナミック変更が原因で発生します。 このメッセージはふつうは害がないです。 ただし、それは時々ソフトウェア上の問題を示します。 TV-out サービスを再び有効に することを試みて下さい。 このメッセージが再度表示される場合、ボックスをリロードして下さい。 この問題が発生することを残っている場合 Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-TVOUT-5-470022: [メディアタイプ] <playlist> の省略: 利用できない <url> 規定 された メディアタイプは規定 された 再生リストで指定された URL がボックスで現在利用できないのでスキップされます。 ログを追加メッセージがあるように確認し、操作を促進して下さい。 チャネル 割り当ておよびマニフェスト ファイル属性を確認して下さい。 このメッセージは頻繁にチャネル 複製ステータスの変動が移り変わる原因です。 TV-out サービスを再び有効に することを試みて下さい。 再度このメッセージ、ボックスをリロードすれば。 この問題が発生することを残っている場合 Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-TVOUT-4-470023: メディア ファイル <url> は再生エラーによる <playlist> の期間の間スキップされます URL によって規定 される メディア ファイルは見つけられるエラーによる規定 された 再生リストの期間の間メディア ファイル ストリームがデコードされているときスキップされます。 追加メッセージがあるように確認し、操作を促進して下さい。 メディア ファイルが ACNS ソフトウェア の 配置およびコンフィギュレーション ガイドで説明されているように有効であることを確認して下さい。 メディア ファイルが無効である場合、再生リストからそれを取除いて下さい。 メディア ファイルが有効である場合、エラーや破損したデータがないことを確認して下さい。 TV-out サービスを再び有効に することを試みて下さい。 このメッセージが再度表示される場合、ボックスをリロードして下さい。 この問題が発生することを残っている場合 Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-TVOUT-4-470024: 次のランダム位置を判別することが不可能: [エラー] 再生リストは見つけられるエラーによる次のランダム位置を判別することができません。 再生リストはおそらく再起動します。 TV-out サービスを再び有効に することを試みて下さい。 このメッセージが再度表示される場合、ボックスをリロードして下さい。 この問題が発生することを残っている場合 Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-TVOUT-5-470025: <playlist> のための現在のスケジュールはもはや適用しません 規定 された 再生リストは現在のセッションを無効にするスケジュール修正を検出する。 規定 された 再生リストの再生は停止します。 アクションは不要です。
CE-TVOUT-6-470026: 新しい <url> は <playlist> の古い <url> を取り替えます チャネル設定変更が原因で、古い URL は規定 された 再生リストの新しい URL と取替えられます。 アクションは不要です。
CE-TVOUT-3-470027: <playlist> の <url> の解決のための uns に接続することが不可能 TV-out サービスは UNS サービスに接続することが規定 された 再生リストの指定された URL のためのローカルファイル パスを判別するためにできません。 システムは未定義状態におそらくあります。 TV-out サービスを再び有効に することを試みて下さい。 このメッセージが再度表示される場合、ボックスをリロードして下さい。 この問題が発生することを残っている場合 Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-TVOUT-5-470028: 未知 <client> は <playlist> のために <state> を要求します 未知クライアントは規定 された 再生リストの状態を変更するように試みます。 要求は無視されます。 アクションは不要です。
CE-TVOUT-4-470029: select <errno> を戻しました: [システムエラー] 一般の失敗はソケット通信の時に発生します。 システムは未定義状態におそらくあります。 TV-out サービスを再び有効に することを試みて下さい。 このメッセージが再度表示される場合、ボックスをリロードして下さい。 この問題が発生することを残っている場合 Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-TVOUT-4-470030: <playlist> の無効 なオーバーレイ イメージ設定: [エラー] 規定 された 再生リストの正当なパラメータの外部のオーバーレイ イメージ設定を検出する。 オーバーレイ イメージ パラメータが ACNS ソフトウェア の 配置およびコンフィギュレーション ガイドで説明されているように有効であることを確認して下さい。 無効が、再生リスト 設定を修正すれば。 有効なが、TV-out サービスを再び有効に することを試みれば。 このメッセージが再度表示される場合、ボックスをリロードして下さい。 この問題が発生することを残っている場合 Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-TVOUT-4-470031: <playlist> のためのオーバーレイ イメージ <url> を設定 することが不可能 詳細不明のエラーはオーバーレイ イメージを規定 された 再生リストのための指定された URL を使用して設定すると発生します。 追加メッセージがあるように確認し、操作を促進して下さい。 TV-out サービスを再び有効に することを試みて下さい。 このメッセージが再度表示される場合、ボックスをリロードして下さい。 この問題が発生することを残っている場合 Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-TVOUT-5-470032: <client> から <playlist> によって届く無効 な <request> 要求は言うことがわかられない規定 された クライアントから規定 された 再生リストによって届きます。 要求は無視されます。 アクションは不要です。
CE-TVOUT-4-470033: <format> への TV-out 場合デフォルト: [エラー エラーは TV-out 信号フォーマット 設定にアクセスするとき見つけられます。 既定の形式は設定された形式の代りに使用されます。 TV-out サービスを再び有効に することを試みて下さい。 このメッセージが再度表示される場合、ボックスをリロードして下さい。 この問題が発生することを残っている場合 Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-TVOUT-3-470034: <subtree> のための統計情報 EDM として登録することが不可能 詳細不明のエラーは tvout statisitcs のための外部データ マネージャとして登録するように試みると発生します。 TV-out サービス統計情報はおそらく利用できないです。 TV-out サービスを再び有効に することを試みて下さい。 メッセージが持続する場合、ボックスをリロードして下さい。 この問題が発生することを残っている場合 Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-TVOUT-5-470035: 統計情報 EDM として受け取ったサポートされていないメッセージタイプ サポートされていないメッセージタイプは TV-out サービスによって受け取られます。 これはふつうは害がないです。 ただし、それは時々ソフトウェア上の問題を示します。 TV-out サービスを再び有効に することを試みて下さい。 このメッセージが再度表示される場合、ボックスをリロードして下さい。 この問題が発生することを残っている場合 Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-TVOUT-6-470036: <item のための Statistics 要求の処理 規定 された 項目のための Statistics 要求に注意します。 アクションは不要です。
CE-TVOUT-4-470037: Statistics 要求を処理することが不可能: [エラー] エラーは Statistics 要求の処理の時に見つけられます。 TV-out サービス統計情報はおそらく利用できないです。 TV-out サービスを再び有効に することを試みて下さい。 このメッセージが再度表示される場合、ボックスをリロードして下さい。 この問題が発生することを残っている場合 Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-TVOUT-6-470038: 再生のために利用可能 な デバイスマネージャによって戻される <number> 再生のために利用可能であるデバイス インターフェイスの数に注意します。 アクションは不要です。
CE-TVOUT-3-470039: デバイスマネージャはデバイスを返品しませんでした従って再生は試みることができません デバイス インターフェイスが正常に初期化されないので、再生は試みられません。 TV-out サービスはアイドル状態のモードにあります。 ログを追加メッセージがあるように確認し、操作を促進して下さい。 TV-out サービスを再び有効に することを試みて下さい。 このメッセージが再度表示される場合、ボックスをリロードして下さい。 この問題が発生することを残っている場合 Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-TVOUT-3-470040: デバイスマネージャは init <number> できません: <status> 1つ以上のデバイス インターフェイスは初期化しません。 ログを追加メッセージがあるように確認し、操作を促進して下さい。 TV-out サービスを再び有効に することを試みて下さい。 このメッセージが再度表示される場合、ボックスをリロードして下さい。 この問題が発生することを残っている場合 Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-TVOUT-2-470041: デーモンは失敗しました: [システムエラー] TV-out サービスはバックグラウンドプロセスおよび終了として動作しません。 TV-out サービスは自動的に再開することができます。 TV-out サービスを再び有効に することを試みて下さい。 このメッセージが再度表示される場合、ボックスをリロードして下さい。 この問題が発生することを残っている場合 Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-TVOUT-2-470042: 本管での後で終了して下さい[型]: [例外] すぐに終了します TV-out サービスは指定された例外により検出する。 TV-out サービスは自動的に再開することができます。 TV-out サービスを再び有効に することを試みて下さい。 このメッセージが再度表示される場合、ボックスをリロードして下さい。 この問題が発生することを残っている場合 Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-TVOUT-6-470043: 本管からの戻る結果: <result> 通常結果は主要なコールによって返されます。 これは一般に無害なメッセージです。 ただし、それは時々ソフトウェア上の問題を示します。 TV-out サービスを再び有効に することを試みて下さい。 このメッセージが再度表示される場合、ボックスをリロードして下さい。 この問題が発生することを残っている場合 Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-TVOUT-5-470044: トランザクションログを作成できません: [システムエラー] 防ぐ TV-out サービスはトランザクションログを作成することをエラーは見つけられます。 これは一般に トランザクション ロギングがボックスで有効に ならないことを示します。 トランザクション ロギングが有効に なることを確認して下さい。 TV-out サービスを再び有効に することを試みて下さい。 このメッセージが再度表示される場合、ボックスをリロードして下さい。 この問題が発生することを残っている場合 Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-TVOUT-5-470045: トランザクションログ データを送信 することが不可能: [システムエラー] 見つけられるシステムエラーによるトランザクションログ データを送信 しません。 トランザクションログはおそらく不完全です。 システムは未定義状態におそらくあります。 トランザクション ロギングが有効に なることを確認して下さい。 TV-out サービスを再び有効に することを試みて下さい。 このメッセージが再度表示される場合、ボックスをリロードして下さい。 この問題が発生することを残っている場合 Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-TVOUT-6-470046: 初期化 TV-out サービス TV-out サービスが初期化されることに注意します。 これは始動に例外が発生する時はいつでも発生し。 アクションは不要です。
CE-TVOUT-4-470047: TV-out サービス例外: [例外] 規定 された TV-out サービス例外は発生します。 TV-out サービスは完全な再始動なしで初期設定をやり直されます。 TV-out サービスを再び有効に することを試みて下さい。 このメッセージが再度表示される場合、ボックスをリロードして下さい。 この問題が発生することを残っている場合 Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-TVOUT-5-470048: pid <file> を作成できません: [システムエラー] 規定 された pid ファイルはシステムエラーが作成されなかった原因ではないです。 このメッセージはふつうは害がないです。 ただし、それは時々ソフトウェア上の問題を示します。 TV-out サービスを再び有効に することを試みて下さい。 このメッセージが再度表示される場合、ボックスをリロードして下さい。 この問題が発生することを残っている場合 Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-TVOUT-5-470049: 閉じる pid <file> を悩まして下さい: [システムエラー] 規定 された pid ファイルはシステムエラーが閉じられなかった普通原因ではないです。 このメッセージはふつうは害がないです。 ただし、それは時々ソフトウェア上の問題を示します。 TV-out サービスを再び有効に することを試みて下さい。 このメッセージが再度表示される場合、ボックスをリロードして下さい。 この問題が発生することを残っている場合 Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-TVOUT-4-470050: init uns クライアント コンテキストはできません: [ステータス] UNS クライアントインターフェイスのためのコンテキストは正常に初期化しません。 TV-out サービスを再び有効に することを試みて下さい。 メッセージが持続する場合、ボックスをリロードして下さい。 この問題が発生することを残っている場合 Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-TVOUT-4-470051: Uns は無効 な URL <url> を解決できません: [エラー] 指定された URL はボックスのローカルファイル パスに規定 された エラーが理解されなかった原因ではないので解決されません。 チャネル 割り当ておよびマニフェスト ファイル属性を確認して下さい。 このメッセージが再度表示される場合、ボックスをリロードして下さい。 この問題が発生することを残っている場合 Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-TVOUT-5-470052: Uns は <url> のためのサポートされていない解決操作を戻しました: [resolveAction] 指定された URL のローカルファイル パスのための UNS への要求では、サポートされていない操作は戻ります。 チャネル 割り当ておよびマニフェスト ファイル属性を確認して下さい。 このメッセージが再度表示される場合、ボックスをリロードして下さい。 この問題が発生することを残っている場合 Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-TVOUT-3-470053: プレーできる <url> にファイル パスを与えることが不可能な Uns ローカルファイル パスは UNS オブジェクトと直面する問題による指定された URL のために判別されません。 TV-out サービスを再び有効に することを試みて下さい。 このメッセージが再度表示される場合、ボックスをリロードして下さい。 この問題が発生することを残っている場合 Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-TVOUT-4-470054: <url> を解決することが不可能な Uns: [エラー] 指定された URL はないです見つけられるエラーによるローカルファイル パスに解決されるために。 チャネル 複製ステータスおよびコンテンツ属性を確認して下さい。 獲得や配布プロセスが正常に動作することを確認して下さい。 このメッセージが再度表示される場合、ボックスをリロードして下さい。 この問題が発生することを残っている場合 Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-TVOUT-3-470055: Uns RPC はのために失敗しました[操作]: [ステータス] UNS がリモート プロシージャ コールの失敗に原因で指定されたアクションを要求することが不可能。 システムは未定義状態におそらくあります。 TV-out サービスを再び有効に することを試みて下さい。 このメッセージが再度表示される場合、ボックスをリロードして下さい。 この問題が発生することを残っている場合 Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-TVOUT-6-470056: [再生リスト処理 メッセージ] 再生リスト処理に関する情報メッセージのクラス。 アクションは不要です。
CE-TVOUT-5-470057: 段階的に <playlist> を停止することが不可能 詳細不明のエラーは規定 された 再生リストが停止するように要求されるとき発生します。 再生リストはおそらく続いて打ち切られます。 TV-out サービスを再び有効に することを試みて下さい。 このメッセージが再度表示される場合、ボックスをリロードして下さい。 この問題が発生することを残っている場合 Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-TVOUT-6-470058: <playlist> のために要求される手動再生 規定 された 再生リストのための手動再生要求に注意します。 アクションは不要です。
CE-TVOUT-5-470059: 要求された <playlist> は既にアクティブです 再生要求は規定 された 再生リストのためになされます。 ただし、規定 された 再生リストは既にアクティブに遊びます。 要求は無視されます。 アクションは不要です。
CE-TVOUT-4-470060: 要求された <playlist> は再生に利用できません 再生要求は規定 された 再生リストのためになされます。 ただし、それは現在利用できません。 再生リストがボックスに割り当てられることを確認して下さい。 割り当てられる場合、CMS が正常に有効に なり、動作することが確認して下さい。 TV-out サービスを再び有効に することを試みて下さい。 このメッセージが再度表示される場合、ボックスをリロードして下さい。 この問題が発生することを残っている場合 Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-TVOUT-3-470061: ソケット失敗のための[ターゲット]: [システムエラー] 失敗はシステムエラーによる指定されたターゲットのためのソケット通信で発生します。 システムは未定義状態におそらくあります。 TV-out サービスを再び有効に することを試みて下さい。 このメッセージが再度表示される場合、ボックスをリロードして下さい。 この問題が発生することを残っている場合 Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-TVOUT-3-470062: <playlist> を起動させることが不可能: [エラー] 規定 された 再生リストは見つけられるエラーが起動させなかった原因ではないです。 システムは未定義状態におそらくあります。 TV-out サービスを再び有効に することを試みて下さい。 このメッセージが再度表示される場合、ボックスをリロードして下さい。 この問題が発生することを残っている場合 Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-TVOUT-5-470063: <playlist> のアクティブなデコードを打ち切る呼出すこと 規定 された 再生リストは終わるようにアクティブに メディア ファイル ストリームをデコードしている間要求されます。 これはおそらく TV-out サービスが無効である、またはボックスはリロードされます場合発生します。 アクションは不要です。
CE-TVOUT-3-470064: 子 <pid> に条件場合を送られなくて: [システムエラー] システムエラーは規定 された pid の子プロセスの終了を要求した後見つけられます。 システムは未定義状態におそらくあります。 TV-out サービスを再び有効に することを試みて下さい。 このメッセージが再度表示される場合、ボックスをリロードして下さい。 この問題が発生することを残っている場合 Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-TVOUT-4-470065: 子 <pid> によって返されるエラーの Waitpid: [システムエラー] システムエラーは規定 された pid の子プロセスの終了 ステータスをチェックするとき見つけられます。 最後の再生セッションはおそらく予想に反して打ち切られます。 TV-out サービスを再び有効に することを試みて下さい。 このメッセージが再度表示される場合、ボックスをリロードして下さい。 この問題が発生することを残っている場合 Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-TVOUT-5-470066: 最後の再生セッションは手動 モードにありました; <playlist> の再起動 規定 された 再生リストは手動 モードで自動的に再起動します。 これは TV-out サービスの最後のシャットダウンが規定 された 再生リストの手動再生を打ち切りますと発生します。 アクションは不要です。
CE-TVOUT-4-470067: 再生リストに <playlist> を追加することが不可能: [エラー] 規定 された 再生リストはないです規定 された エラーによる再生リストに追加されるために。 規定 された 再生リストはスケジュールされませんし、手動で起動しません。 TV-out サービスを再び有効に することを試みて下さい。 このメッセージが再度表示される場合、ボックスをリロードして下さい。 この問題が発生することを残っている場合 Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-TVOUT-3-470068: AV-002: sem_init エラー: <errno> セマフォ初期化 オペレーションは失敗します。 システムは未定義状態におそらくあります。 TV-out サービスを再び有効に することを試みて下さい。 このメッセージが再度表示される場合、ボックスをリロードして下さい。 この問題が発生することを残っている場合 Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-TVOUT-3-470069: AV-002: 不可能メモリなしで開くことが 初期化はメモリを得ません。 システムは未定義状態におそらくあります。 TV-out サービスを再び有効に することを試みて下さい。 このメッセージが再度表示される場合、ボックスをリロードして下さい。 この問題が発生することを残っている場合 Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-TVOUT-3-470070: AV-002: 制御 インタフェースを開くことが不可能: <status> 初期化はドライバに制御 インタフェース ハンドルを得ません。 システムは未定義状態におそらくあります。 TV-out サービスを再び有効に することを試みて下さい。 このメッセージが再度表示される場合、ボックスをリロードして下さい。 この問題が発生することを残っている場合 Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-TVOUT-3-470071: AV-002: プッシュを設定することが不可能: <inputType> 初期化はプッシュ モードにインターフェイスを入れません。 システムは未定義状態におそらくあります。 TV-out サービスを再び有効に することを試みて下さい。 このメッセージが再度表示される場合、ボックスをリロードして下さい。 この問題が発生することを残っている場合 Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-TVOUT-3-470072: AV-002: プッシュ ハンドルを得ることが不可能: <status> 初期化はドライバに適切 な アクセスを得ません。 システムは未定義状態におそらくあります。 TV-out サービスを再び有効に することを試みて下さい。 このメッセージが再度表示される場合、ボックスをリロードして下さい。 この問題が発生することを残っている場合 Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-TVOUT-3-470073: AV-002: setupDecode -規定 される Unsuported ストリーム型: <streamType> インターフェイスはサポートしないことストリーム型のために設定するように要求されます。 この問題がソフトウェアの上位レイヤにおける問題を示唆するので Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-TVOUT-3-470074: AV-002: setupDecode - SetDemuxPUSH エラー: <status> エラーはストリーム型のためのインターフェイスを設定すると発生します。 システムは未定義状態におそらくあります。 TV-out サービスを再び有効に することを試みて下さい。 このメッセージが再度表示される場合、ボックスをリロードして下さい。 この問題が発生することを残っている場合 Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-TVOUT-3-470075: AV-002: setupDecode - PlayPUSH エラー: <status> エラーはインターフェイスに演劇モードに入ると発生します。 システムは未定義状態におそらくあります。 TV-out サービスを再び有効に することを試みて下さい。 メッセージが持続する場合、ボックスをリロードして下さい。 この問題が発生することを残っている場合 Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-TVOUT-3-470076: AV-002: デコード- GetBuffer エラー: <status> エラーはストリーム データのためのバッファを得るように試みると発生します。 システムは未定義状態におそらくあります。 TV-out サービスを再び有効に することを試みて下さい。 このメッセージが再度表示される場合、ボックスをリロードして下さい。 この問題が発生することを残っている場合 Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-TVOUT-3-470077: AV-002: デコード- <streamLength> バイトの <bytesDecoded> を書く場合の PushBuffer エラー <status> エラーはドライバにストリーム データのバッファを押すように試みると発生します。 システムは未定義状態におそらくあります。 TV-out サービスを再び有効に することを試みて下さい。 このメッセージが再度表示される場合、ボックスをリロードして下さい。 この問題が発生することを残っている場合 Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-TVOUT-4-470078: AV-002: pauseDecode - PausePUSH エラー: <status> ドライバ インターフェイスは要求されるように一時停止モードになりません。 システムは未定義状態におそらくあります。 TV-out サービスを再び有効に することを試みて下さい。 このメッセージが再度表示される場合、ボックスをリロードして下さい。 この問題が発生することを残っている場合 Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-TVOUT-3-470079: AV-002: resumeDecode - PlayPUSH エラー: <status> ドライバ インターフェイスは要求されるように演劇モードになりません。 システムは未定義状態におそらくあります。 TV-out サービスを再び有効に することを試みて下さい。 このメッセージが再度表示される場合、ボックスをリロードして下さい。 この問題が発生することを残っている場合 Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-TVOUT-3-470080: AV-002: stopDecode - EOS PushBuffer エラー: <status> エラーはドライバに-ストリーム示す値終りの押すように試みると発生します。 システムは未定義状態におそらくあります。 TV-out サービスを再び有効に することを試みて下さい。 このメッセージが再度表示される場合、ボックスをリロードして下さい。 この問題が発生することを残っている場合 Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-TVOUT-3-470081: AV-002: stopDecode - StopPUSH エラー: <status> ドライバ インターフェイスは要求されるように停止モードになりません。 システムは未定義状態におそらくあります。 TV-out サービスを再び有効に することを試みて下さい。 このメッセージが再度表示される場合、ボックスをリロードして下さい。 この問題が発生することを残っている場合 Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-TVOUT-2-470082: カリブは status=<reason> との RMPanic を呼出しました。 終了 ドライバ インターフェイス コールバックはパニック状態を示します。 システムは未定義状態におそらくあります。 TV-out サービスを再び有効に することを試みて下さい。 このメッセージが再度表示される場合、ボックスをリロードして下さい。 この問題が発生することを残っている場合 Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-TVOUT-4-470083: AV-002: callbackRMF -予想外メッセージ: val <msg_id>: <msg_parm> 予想外メッセージはドライバ インターフェイスから届きます。 システムは未定義状態におそらくあります。 これはふつうは害がないですが。、おそらくソフトウェア上の問題を示します。 TV-out サービスを再び有効に することを試みて下さい。 このメッセージが再度表示される場合、ボックスをリロードして下さい。 この問題が発生することを残っている場合 Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-TVOUT-4-470084: AV-002: callbackRMF - StopPush エラー: <errno> ドライバ インターフェイス コールバックは要求されるように停止モードになりません。 システムは未定義状態におそらくあります。 TV-out サービスを再び有効に することを試みて下さい。 このメッセージが再度表示される場合、ボックスをリロードして下さい。 この問題が発生することを残っている場合 Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-URLFLT-2-490200: からメモリ[関連情報] プロセスはそれ以上のメモリを割り当てることを試みるときメモリを使い果たします。 Nodemgr はプロセスを再起動します。 さもなければ、ボックスをリブートして下さい。 メッセージ 詳細が付いている Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-URLFLT-3-490300: [フィルタ サーバの型]サーバに接続するエラー CE にフィルタリング サーバと話す問題があっています。 フィルタリングは普通実行された。 外部フィルタリング サーバのステータスをチェックして下さい。 フィルタリング サーバが良く動作する場合、CE とフィルタリング サーバ間のネットワーク接続をチェックして下さい。
CE-URLFLT-3-490301: フィルタリング サーバ応答のエラーコード フィルタリング サーバは Back エラー コードを送信 します。 フィルタリング サーバはおそらく問題があります。 エラーコード カウンターが問題を説明するかどうか機能の対応する CE 統計情報を確認して下さい。 そうでなかったら、情報の Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-URLFLT-6-490600: 初期化[フィルタリング サーバの型]フィルター モジュール CE はフィルタリング サーバとはたらくためにフィルター モジュールを初期化します。 このメッセージの後でメッセージ CE-URLFLT-4-490701 をすぐに見ると期待して下さい。 そうでなかったら、ログのエラーメッセージを探し、それに応じて機能して下さい。
CE-URLFLT-6-490601: できていた初期化[フィルタリング サーバの型]フィルター モジュール CE はフィルター モジュールの初期化を完了し、フィルタリングをして準備ができています。 アクションは不要です。
CE-URLFLT-6-490602: [フィルタ サーバの型]サーバへの初期化接続 CE は外部フィルタ サーバへの接続を初期化します。 ログのメッセージ CE-URLFLT-4-490703 をすぐに見ると期待して下さい。 さもなければ、ログのエラーメッセージを探し、それに応じて機能して下さい。
CE-URLFLT-6-490603: [フィルタ サーバの型]サーバへのできていた初期化接続 CE は外部フィルタ サーバへの初期化接続を完了します。 アクションは不要です。
CE-URLFLT-6-490604: [フィルタ サーバの型]サーバへの接続 CE は外部フィルタ サーバへの接続を確立します。 ログのメッセージ CE-URLFLT-4-490705 をすぐに見ると期待して下さい。 さもなければ、ログのエラーメッセージを探し、それに応じて機能して下さい。
CE-URLFLT-6-49065: [フィルタ サーバの型]サーバにできていた接続 その CE は外部フィルタ サーバに接続されます。 アクションは不要です。
CE-URLFLT-6-490606: [フィルタ サーバの型]サーバへの密接な関係 CE は外部フィルタ サーバへの密接な関係を。 ログのメッセージ CE-URLFLT-4-490707 をすぐに見ると期待して下さい。 さもなければ、ログのエラーメッセージを探し、それに応じて機能して下さい。
CE-URLFLT-6-490607: [フィルタ サーバの型]サーバへのできていた密接な関係 外部フィルタ サーバからの CE 切断。 アクションは不要です。
CE-URLFLT-6-491600: N2H2 サーバへの接続の再起動 CE は N2H2 サーバへの前の接続を切断し、再開します。 アクションは不要です。
CE-URLFLT-6-491601: される N2H2 サーバへの接続を再起動します CE は N2H2 サーバへの前の接続を切断し、再開します。 アクションは不要です。
CE-URLFLT-6-491602: N2H2 サーバコンフィギュレーション変更 CE の N2H2 サーバコンフィギュレーションは修正されます。 メッセージは対応した変更を印刷します。 アクションは不要です。
CE-URLFLT-6-491603: N2H2 サーバは、接続開いています設定されます ユーザは CE の N2H2 サーバを設定します。 CE は N2H2 サーバへの接続を開きます。 アクションは不要です。
CE-URLFLT-6-491604: 初期化の後の接続の数 CE および N2H2 サーバ間の総接続を印刷して下さい。 アクションは不要です。
CE-URLFLT-6-491605: 非表示 CLI によって設定される接続の数 これは非表示 CLI によって規定 される接続の新しい数、また接続の古い数を印刷することです アクションは不要です。
CE-URLFLT-7-491706: 利用可能 な接続の数 これは使用中の接続の数を印刷することです。 アクションは不要です。
CE-URLFLT-3-492300: アクティブな接続無しの Initiailizing フィルター モジュール Websense は有効に なります。 ただし、設定される Websenseサーバがありません。 アクティブな接続は確立されません。 フィルタリングは実施されません。 アクションは不要です。
CE-URLFLT-4-492400: ユーザ名は最大を超過します この要求のためのユーザ名は Websenseサーバにフィルタリング 要求のユーザ名で一杯になるとき Websense プロトコルによって割り当てられる最大長が超過します。 ユーザ名は Websenseサーバに割り当てられ、送られる最大長がに切捨てられます。 それは時々不正確なフィルタリング結果という結果に終ります。 アクションは不要です。
CE-URLFLT-6-492602: Websense フィルター モジュールによって使用されるメモリを自由に使えるようにして下さい Websense モジュールによって使用されるメモリを自由に使えるようにします。 アクションは不要です。
CE-URLFLT-6-492603: される Websense フィルター モジュールによって使用されるメモリを自由に使えるようにして下さい Websense モジュールによって使用されるメモリは放されます。 アクションは不要です。
CE-URLFLT-3-493301: エラー初期化郷土資料目録 エラーは郷土資料目録を初期化すると発生します。 郷土資料目録 フィルタリングは正しく機能しません。 ボックスをリブートすることを試みて下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-URLFLT-3-494300: 要求処理タイムアウト トラフィックを流すためのデーモン タイムアウトをフィルタリングするための RPC コール。 ボックスをリブートすることを試みて下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-URLFLT-3-494301: フィルタリング デーモンを作成するエラー 作成する問題 RPC サーバをフィルタリングします。 トラフィックを流すためのフィルタリングははたらきません。 デーモンは再起動します。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-URLFLT-3-494302: クライアントを得るエラー フィルタリング コールは延長された時間のフィルタリング デーモンへありません。 このエラーは起こってがほぼ不可能です。 ボックスをリブートします。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-URLFLT-3-494303: 新しいクライアントを処理するためにはたらくスレッドを作成するエラー デーモンをフィルタリングすることに RPC 接続を処理するために新しいスレッドを作成する問題があっています。 サーバはおそらく過剰になります。 ボックスをリブートします。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-URLFLT-3-494304: ロックのエラー 問題のロックによって引き起こされるフィルタリング デーモンに Internal エラーがあります。 おそらくフィルタリングは正しくはたらきません。 Detailed エラーメッセージが付いている Cisco テクニカル サポートに連絡し、不具合をファイルして下さい。
CE-URLFLT-3-494305: サポートされていない方式 これはフィルタリング デーモンの Internal エラーです。 おそらくフィルタリングは正しくはたらきません。 Detailed エラーメッセージが付いている Cisco テクニカル サポートに連絡し、不具合をファイルして下さい。
CE-URLFLT-3-494306: エラー消去フィルタリング統計 これはフィルタリング デーモンの Internal エラーです。 おそらくフィルタリングは正しくはたらきません。 Detailed エラーメッセージが付いている Cisco テクニカル サポートに連絡し、不具合をファイルして下さい。

500000 から 599999

メッセージ 説明 Action
CE-WCCP-3-500001: 特定アプリケーションはそうかもしれません。 特定アプリケーションがダウンしているので、そのアプリケーションのためのキープアライブは停止します。 再起動するアプリケーションのための数秒間待機。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-WCCP-3-500002: インターフェイスは設定されません。 物理インターフェイスは WCCP のために設定されません。 数秒間待ちます。 時々アドレス設定は時間をかけます。 さもなければ、WCCP 設定をチェックして下さい
CE-WCCP-3-500003: ルータから届く不正 な Router ID コンポーネント。 不正 な Router ID は i_see_you メッセージで受け取られます。 WCCP コンフィギュレーションパラメータをチェックするか、または Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-WCCP-3-500004: ルータから届く不正 な ルータ View コンポーネント。 不正 な ルータ View コンポーネントは i_see_you メッセージで受け取られます。 WCCP コンフィギュレーションパラメータをチェックするか、または Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-WCCP-3-500005: Router ID コンポーネント > i_see_you の WCCP2_MAX_ROUTERS。 i_see_you メッセージの Router ID はサポートされる最大より大きいです。 WCCP コンフィギュレーションパラメータをチェックするか、または Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-WCCP-3-500006: ルータからの Router ID コンポーネント -- 不正確な長さ。 Router ID コンポーネントの長さは i_see_you で不正確です。 WCCP コンフィギュレーションパラメータをチェックするか、または Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-WCCP-5-500007: 新しいルータからの ISU。 新しいルータからの ISU。 このサービスのための新しいルータエントリを作成して下さい。 アクションは不要です。
CE-WCCP-5-500008: ある特定の変更数が付いているルータからの新しいビュー。 新しいビューは i_see_you メッセージのルータから届きます。 アクションは不要です。
CE-WCCP-3-500009: ISU メッセージのルータの数字範囲からあって下さい。 i_see_you メッセージのルータの数は WCCP2_MAX_ROUTERS よりより少しによりゼロまたは大きいです。 WCCP コンフィギュレーションパラメータをチェックするか、または Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-WCCP-3-500010: ISU メッセージの CE の数字範囲からあって下さい。 i_see_you メッセージの CE の数は WCCP2_MAX_WEB_CACHES よりより少しによりゼロまたは大きいです。 WCCP コンフィギュレーションパラメータをチェックするか、または Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-WCCP-3-500011: 不正 な View コンポーネント-不正確な長さ。 i_see_you の View コンポーネントに不正確な長さがあります。 WCCP コンフィギュレーションパラメータをチェックするか、または Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-WCCP-5-500012: Rtr 作成された新しいエントリ。 i_see_you メッセージからの新しいルータエントリを作成します。 アクションは不要です。
CE-WCCP-5-500013: (覆うこと)知らせられる新しい CE。 新しい CE はファームに加入します。 アクションは不要です。
CE-WCCP-5-500014: 知らせられる新しい CE。 新しい CE はファームに加入します。 アクションは不要です。
CE-WCCP-5-500015: 送信 される 割り当て無し: CE はルータ ビューにありません。 割り当ては CE がルータによって見られるまでなされません。 アクションは不要です。
CE-WCCP-5-500016: 送信 される 割り当て無し: CE はすべての Rtrs によって見られません。 CE はファームのすべてのルータによって見られる必要があります。 CE およびルータの WCCP 設定をチェックして下さい。
CE-WCCP-5-500017: 送信 される 割り当て無し: CE は最も低くない IP 追加しますではないです。 割り当てを作るために CE gets だけを導いて下さい。 先行 CE はファームの最も低い IP アドレスとの 1 です。 アクションは不要です。
CE-WCCP-5-500018: マスク計算の新しい WC は割り当てます。 新しい CE はマスク 割り当てを使用して加入します。 アクションは不要です。
CE-WCCP-5-500019: ハッシュ計算の新しい WC は割り当てます。 新しい CE は加入しまハッシュ割り当てを使用します。 アクションは不要です。
CE-WCCP-3-500020: マスク アロケーションの間に無効 AssignState を受け取りました。 有効な AssignStates は正常またはパーセントまたは重量です。 Cisco テクニカル サポートにこのメッセージ リピート連絡して下さい。
CE-WCCP-3-500021: Hask アロケーションの間に無効 な AssignState を受け取りました。 有効な AssignStates は正常またはパーセントまたは重量です。 Cisco テクニカル サポートにこのメッセージ リピート連絡して下さい。
CE-WCCP-5-500022: 過負荷フラグはハッシュのために設定 されません。 過負荷 フラグは WC_UNDERLOADWC_OVERLOAD、または WC_NORMAL_LOAD であるはずです。 アクションは不要です。
CE-WCCP-5-500023: 過負荷フラグはマスクのために設定 されません。 過負荷 フラグは WC_UNDERLOADWC_OVERLOAD、または WC_NORMAL_LOAD であるはずです。 アクションは不要です。
CE-WCCP-5-500024: ルータ 表から router-iD を取除くこと。 コンフィギュレーション変更かタイムアウトによるルータを取除きます。 アクションは不要です。
CE-WCCP-5-500025: サービスについては Rtr によって見られる CE を取除くエラー。 サービスの CE を見つけません。 アクションは不要です。
CE-WCCP-5-500026: ルータによって見られる CE のために作成される新しい CE エントリ。 この CE のための New エントリの作成および初期化は開始します。 アクションは不要です。
CE-WCCP-3-500027: CE の数は最大値より多くです。 サービスの CE の数はサポートされる最大より多くです。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-WCCP-5-500028: タイムアウトによる WC を取除きます。 タイムアウトによる WC を取除きます。 アクションは不要です。
CE-WCCP-5-500029: 設定されない rtr からの削除クエリ。 ルータからの着信削除クエリ メッセージを処理します。 アクションは不要です。
CE-WCCP-5-500030: 終わる WCCP バージョン 2。 WCCP バージョン 2 機能性は停止します。 アクションは不要です。
CE-WCCP-5-500031: WCCP バージョン 2 はイネーブルまたはディセーブルです。 WCCP バージョン 2 機能性はイネーブルまたはディセーブルです。 アクションは不要です。
CE-WCCP-3-500032: クライアントIP スプーフィングを有効に されない。 クライアントIP スプーフィングを有効に しません。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-WCCP-3-500033: クライアントIP スプーフィングをディセーブルにされない。 クライアントIP スプーフィングをディセーブルにしません。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-WCCP-5-500034: wccp によって受け取ったメッセージを過剰にして下さい。 CE はトラフィックと過剰になります。 アクションは不要です。
CE-WCCP-5-500035: 過剰になること当然のバケットをバイパスします。 CE は過剰になります。 従って、それは新しいトラフィックをバイパスします。 アクションは不要です。
CE-WCCP-5-500036: スロースタートの間に過剰になること当然のバイパス。 CE は遅い開始モードにあります。 バケットは過剰になってバイパスされた当然です。 アクションは不要です。
CE-WCCP-5-500037: シャットダウン メッセージ-間違った バージョン。 SHUTDOWN メッセージは間違った INTER_CACHE_VERSION と受け取られます。 アクションは不要です。
CE-WCCP-5-500038: 間違った CE に送られるシャットダウン メッセージ。 この CE は SHUTDOWN メッセージを受け取るべきではありません。 アクションは不要です。
CE-WCCP-5-500039: 未知 Content Engine からのシャットダウン REQUEST。 未知 CE からシャットダウン REQUEST を受け取ります。 アクションは不要です。
CE-WCCP-5-500040: シャットダウン メッセージ-不明な型 シャットダウン メッセージの有効な型は WCCP2_SHUTDOWN_REQUEST または WCCP2_SHUTDOWN_RESPONSE です。 アクションは不要です。
CE-WCCP-5-500041: バケット ロード Req: 見つけられない WC。 バケット Load 要求 メッセージはない CE のために受け取られます。 アクションは不要です。
CE-WCCP-5-500042: マスクはロード Req を割り当てます: 見つけられない WC。 マスク Load 要求 メッセージはない CE のために受け取られます。 アクションは不要です。
CE-WCCP-5-500043: ロード REQ MSG に不正 な ID コンポーネントがあります。 受け取られるバケット Load 要求 メッセージは不正です。 アクションは不要です。
CE-WCCP-5-500044: 受け取った REQ MSG をロードして下さい不正 な REQ コンポーネントを持っています。 受け取られるバケット Load 要求 メッセージに不正 な REQ コンポーネントがあります。 アクションは不要です。
CE-WCCP-5-500045: (マスク)ロード REQ MSG に不正 な ID コンポーネントがあります。 (受け取られるマスク) maskassign Load 要求 メッセージに不正 な REQ コンポーネントがあります。 アクションは不要です。
CE-WCCP-5-500046: (マスク)受け取った REQ MSG を持っています不正 な REQ コンポーネントをロードして下さい。 (受け取られるマスク) maskassign Load 要求 メッセージに不正 な REQ コンポーネントがあります。 アクションは不要です。
CE-WCCP-5-500047: ロード アップデート MSGreceived は、メッセージ不正です。 バケット ロード アップデート メッセージは受け取られます。 それは不正です。 アクションは不要です。
CE-WCCP-5-500048: ロード アップデート MSGreceived は、メッセージ不正です。 バケット ロード アップデート メッセージは受け取られます。 それは不正です。 アクションは不要です。
CE-WCCP-5-500049: 受信された覆うロード アップデート MSG はメッセージ不正です。 (マスク) maskassign ロード アップデート メッセージは受け取られます。 それは不正です。 アクションは不要です。
CE-WCCP-5-500050: 受信されたクエリ MSG をメッセージです不正ロードして下さい。 受け取ったバケット ロード クエリ メッセージはメッセージ 不正です。 アクションは不要です。
CE-WCCP-5-500051: 間違ったターゲットへのロード クエリ MSG。 バケット ロード クエリ メッセージは受け取られます。 それはこの CE のためではないです。 アクションは不要です。
CE-WCCP-5-500052: メッセージのためのターゲット CE はこの CE と異なっています。 メッセージのためのターゲット CE はこの CE と異なっています。 アクションは不要です。
CE-WCCP-5-500053: (マスク)受信されたクエリ MSG をメッセージです不正ロードして下さい。 マスク ロード クエリ メッセージは受け取られます。 それは不正です。 アクションは不要です。
CE-WCCP-5-500054: (メッセージのためのマスク)ターゲット CE はこの CE と異なっています。 (メッセージのためのマスク)ターゲット CE はこの CE と異なっています。 アクションは不要です。
CE-WCCP-6-500055: (wccp_keepalive_init): 入力される。 wccp に接続することを試みること。 WCCP プロセスへの接続を初期化し、キープアライブ メッセージを送信 するためにタイマーを初期化する WCCP ルーチンを入力します。 アクションは不要です。
CE-WCCP-3-500056: (wccp_liveness_init): wccp に接続するエラー! アプリケーションは WCCP プロセスに接続しません。 アプリケーション、また WCCP 設定を確認して下さい。 メッセージが持続する場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-WCCP-3-500057: wccp_liveness_update(): 稼働したメッセージを送信できませんでした。 wccp_liveness_update() ルーチンは WCCP プロセスに快活さハートビート(キープアライブ)メッセージを送りません。 アプリケーション、また WCCP 設定を確認して下さい。 メッセージが持続する場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-WCCP-3-500058: (wccp_liveness_connect): wccp への connect() は失敗しました。 アプリケーションからの WCCP プロセスへの接続は失敗します。 アプリケーション、また WCCP 設定を確認して下さい。 メッセージが持続する場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-WCCP-3-500059: (wccp_liveness_connect): wccp にソケットを開くことができません。 アプリケーションからの WCCP プロセスへの接続はソケット失敗が原因で失敗します。 アプリケーション、また WCCP 設定を確認して下さい。 メッセージが持続する場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-WMT-1-511010: 設定される IP アドレスがありません。 へ WMT サーバ作業を作るために、ボックスはで IP アドレス設定されなければなりません。 IP アドレスを設定するか、または外部 IP コマンドの発行によって外部 IP を設定して下さい。
CE-WMT-2-512000: システム分岐エラー <errno> 分岐オペレーションは失敗します。 システムは不可解な状態にあります。 これを引き起こすサービスを再び有効に することを試みて下さい。 はたらかなければ再度ブートする。 この問題が発生することを残っている場合 Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-WMT-2-512004: システムコール エラー: <system コール name> <err msg> システムコールは失敗します。 システムは不可解な状態に可能性のあるあります。 これを引き起こすサービスを再び有効に することを試みて下さい。 はたらかなければ再度ブートする。 この問題が発生することを残っている場合 Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-WMT-2-512010: Configuration error: 最大セッション > [最大値によって許可される]/帯域幅 > [最大帯域幅] セッション 設定最大値は/帯域幅 プラットフォームによってサポートされる制限より高いです。 プラットフォーム制限の内であるために最大セッション/帯域幅設定を変更して下さい。
CE-WMT-2-512020: WMT 統計情報領域 <error_msg> を得ることが不可能 保存する共用メモリは WMT 統計情報アクセスが不可能です。 システムがこれを引き起こす主要な問題に直面しないことを確かめて下さい。 (次にディセーブルおよびイネーブル) WMT サービスを再び有効に することを試みて下さい。
CE-WMT-2-512030: 終わる WMT ステータス領域を得ることが不可能。 WMT 内部データを保存する共用メモリはアクセスが不可能です。 WMT サービス終端。 システムがこれを引き起こす主要な問題に直面しないことを確かめて下さい。 (次にディセーブルおよびイネーブル) WMT サービスを再び有効に することを試みて下さい。
CE-WMT-2-512035: 空きメモリを割り当てることが不可能な WMT サーバ。 Malloc は失敗します。 システム状態をチェックし、プロセスが余分なメモリを使用するかどうか参照して下さい。 ボックスが高負荷の下にある場合ロードを減らして下さい。
CE-WMT-2-512040: WMT ロギング プロセスはソケットを作成できません。 WMT ロギング プロセスによってソケットを作成する失敗。 システムは不可解な状態におそらくあります。 これはシステム レベル問題です。 ボックスをリブートすることは、Cisco テクニカル サポートに連絡するために助けません。
CE-WMT-2-512045: WMT マルチキャスト プロセスはソケットを作成できません。 WMT ロギング プロセスによってソケットを作成する失敗。 システムは不可解な状態におそらくあります。 これはシステム レベル問題です。 ボックスをリブートすることは、Cisco テクニカル サポートに連絡するために助けません。
CE-WMT-2-512048: WMT setsockopt エラー: <which option>。 WMT プロセスによってソケット オプションを設定することが不可能。 システムは不可解な状態におそらくあります。 これはシステム レベル問題です。 ボックスをリブートすることは、Cisco テクニカル サポートに連絡するために助けません。
CE-WMT-2-512050: WMT マルチキャストは asf_init() で失敗しました。 マルチキャストは asf_init() で失敗します。 これが 1 要求だけに影響を与えるので操作が必要となりません。 メッセージが持続する場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-WMT-2-512060: WMT CLI 処理スレッドは失敗しました。 WMT サーバはすべての CLI 関連アクティビティを処理するのに個別のスレッドを使用します。 これにはコンフィギュレーション変更が、報告する統計情報等含まれています。 どういうわけか、このスレッドは異常に作成されるか、または終了することができません。 WMT サービスを再び有効に することを試みて下さい。 メッセージが持続する場合 Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-WMT-2-512070: 壊れる <client type> <errno> を後部処理する WMT 開始。 WMT サーバはバックエンド デーモンの接続を開始することができません。 クライアント の タイプは UNS、ルールまたは UrlFiltering のどちらである場合もあります。 この問題のための原因は本当らしいですバックエンド daemond プロセス正しく機能していません。 WMT サービスを再び有効に することを試みて下さい。 メッセージが持続する場合 Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-WMT-3-513000: 設定 されない/得て下さい項目を これは Internal エラーです。 これが 1 要求だけに影響を与えるので操作が必要となりません。 それが発生し続ける場合 Cisco テクニカル サポートに連絡するため。
CE-WMT-3-513010: 開くべき WMT マルチキャストは/.nsc ファイルを書きます。 <Error code> これは Internal エラーです。 /テンポラリファイルを書く作成は失敗します。 これが 1 要求だけに影響を与えるので操作が必要となりません。 メッセージが持続する場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-WMT-3-513011: wmt マルチキャスト ステーション名を取得されない WMT マルチキャスト ステーション名を取得しません。 これが一時的エラーである場合もあるので操作が必要となりません。 メッセージが持続する場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-WMT-3-513012: データ マネージャー情報を得られない データ マネージャー情報を得ません。 これが一時的エラーである場合もあるので操作が必要となりません。 メッセージが持続する場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-WMT-3-513015: [プロシージャ]: statis なしで呼出される このエラーのための原因は渡される間違った引数です。 正しい引数を渡して下さい。 メッセージが持続する場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-WMT-3-513020: wmt 統計情報を削除されない CLEAR ウィンドウ メディア統計情報に失敗します。 コマンドを再試行して下さい。 メッセージが持続する場合、Cisco テクニカル サポート
CE-WMT-3-513030: 有効に なる前に wmt 使用許諾契約を受け入れる必要 WMT 使用許諾契約を受け入れないで WMT を有効に することを試みます。 WMT 使用許諾契約を受け入れ、WMT を有効に して下さい。
CE-WMT-3-513031: wmt 使用許諾契約の評価をディセーブルにされない 有効なライセンスキーをインストールすると WMT 評価をディセーブルにしません。 アクションは不要です。 メッセージが持続する場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-WMT-3-513040: 壊れた/アップデート開くことは/コンフィギュレーション ファイルを読み込みました /アップデート開くことは失敗しましたり/コンフィギュレーション ファイルを読み込みました。 設定を再試行して下さい。 メッセージが持続する場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-WMT-3-513041: スタート/ストップ WMT に失敗される スタート/ストップ WMT に失敗します。 コマンドを再試行して下さい。 メッセージが持続する場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-WMT-3-513045: 引数の間違い番号 引数の間違い番号。 引数の正しい数を渡す必要。
CE-WMT-3-513046: 間違ったメディア ファイル サイズ 間違ったメディア ファイル サイズ。 アクションは不要です。 メッセージが持続する場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-WMT-3-513047: [モジュール]: init の間に mms [転送 プロトコル] wccp 快活さを初期化されなくて mms TCP/UDP WCCP 快活さの初期化は失敗します。 アクションは不要です。 メッセージが持続する場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-WMT-4-514001: すべてのプロトコルを拒否しました。 すべてのプロトコルを拒否します。 WMT サーバかプロキシは要求を動作できません。 アクションは不要です。
CE-WMT-5-515000: WMT サーバステータスに関する情報。 \普通開始/終端ステータスを表示します。 へ開始するか、または終端のような WMT サーバステータスを、表示するため。 操作は必要ではないです。 これは表記目的のためです。
CE-WMT-5-515001: wmt 使用許諾契約の評価をディセーブルにしました 有効なライセンスキーをインストールすると WMT 評価をディセーブルにします。 アクションは不要です。
CE-WMT-5-515005: 追加される/取除かれる <station_name> のためのスケジュール /removes をいくつか/すべての WMT マルチキャスト ステーション スケジュール追加します。 アクションは不要です。
CE-WMT-5-515008: ファイルに構成情報をアップデートしました 構成情報をアップデートします。 アクションは不要です。
CE-WMT-5-515010: 可能性のある 無限ループは準備ができた戻り = <return code> と、= <return code> 選択します オリジナルサーバと実行するとき WMT プロキシサーバに無限ループで待っていることがあります。 オリジナルサーバがデータを長い間送信 することを止めるか、またはオリジナルサーバと WMT プロキシサーバ間にパケット ミスマッチがあることであることができます。 操作は必要ではないです。 メッセージが持続する場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-WMT-5-515011: デフォルトおよび最大帯域幅 情報 デフォルトおよび最大帯域幅 情報。 したがって、特に対処する必要はありません。
CE-WMT-5-515012: [モジュール]: [間隔]秒後に[時] mms TCP WCCP 快活さ init を再試行します WCCP 快活さのための情報を再試行します。 アクションは不要です。
CE-WMT-5-515013: [モジュール]: init の間の正常に初期化された mms [転送 プロトコル] wccp 快活さ mms TCP/UDP WCCP 快活さの初期化は正常です。 アクションは不要です。
CE-WMT-5-515020: 変更されるプリロード TOS ビット プリロード TOS ビットは変更されます。 アクションは不要です。
CE-WMT-7-517000: WMT デバッグ メッセージ WMT からのデバッグ メッセージ。 アクションは不要です。
CE-LIBCMN-5-520001: Errorlog -台無しにされたファイル名: < ファイル名 > Errorlog ファイル 名前付けコードは何かを間違ってします。 /localX/errorlog ディレクトリのすべてのファイルを削除して下さい。
CE-LIBCMN-3-520002: Errorlog ディレクトリは errno = <number> 作成され/アクセスすることができません Errorlog モジュールはすべてのログメッセージを置くところで/アクセス作成するためにディレクトリ壊れます。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-LIBCMN-2-520003: platform.c: platform_internal_type: etc/MODEL を開くことができません: <error> CE はシステム クッキーを読めません。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-LIBCMN-2-520004: platform.c: platform_internal_type: /etc/MODEL からのモデルを把握できません CE はシステム クッキーを認識しません。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-LIBCMN-3-520005: スタンバイグループ <group no> はダウンさせることができませんでした それのインターフェイスはちょうどダウンできません失敗しました。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-LIBCMN-3-520006: ARPエントリ <error> CE-LIBCMN-3-520006 を取除いている間エラー: <address> のための ARPエントリを削除できませんでした CE は assciated 壊れるインターフェイスと ARPエントリを削除しません。 古い ARPエントリは結局時間を計り、新しい物はキャッシュされます。 それが毎回起こればフェールオーバーによっては起こりましたり、Cisco テクニカル サポートが接触します。
CE-LIBCMN-6-520007: <interface> のデフォルト ゲートウェイに達することができませんでした CE は <interface> を通して設定済みデフォルトゲートウェイに達しません。 これは情報メッセージです。 アクションは不要です。
CE-LIBCMN-6-520008: グループ <group no> のスタンバイ インターフェイス <interface> は始動できませんでした! CE-LIBCMN-6-520008: グループ <group no> のスタンバイ インターフェイス <interface> にリンクがありましたりまたはエラーの許可された数より多くを見ています CE は始動 <interface> に使用可能なインターフェイスを捜す間、失敗します。 これは情報メッセージです。 アクションは不要です。
CE-LIBCMN-5-520009: スタンバイグループ <group no> はインターフェイス <interface> アップします CE は使用可能であると <interface> が見つけ、このインターフェイスのスタンバイグループを始動します。 アクションは不要です。
CE-LIBCMN-5-520010: スタンバイグループ <group no> のインターフェイスは使用可能ではないです。 CE はスタンバイグループの使用可能なインターフェイスを見つけません。 スタンバイのメンバー インターフェイスのうちのどれかが稼働しているかどうか確認して下さい。 そうでなかったら、ケーブル接続、CESインターフェイス 設定およびスイッチ設定があるように確認して下さい。 Yes の場合は、スタンバイ機能に問題があります。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-LIBCMN-3-520011: ゲートウェイ <error> に達することを試みている間エラー。 CE はゲートウェイに達することを試みる間、問題に直面します。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-LIBCMN-3-520012: リンクステータス <error> CE-LIBCMN-3-520012 をチェックするためのエラー開始ソケット: <interface> の SIOCDEVPRIVATE はリンクステータス <error> をチェックしている間失敗しました CE はインターフェイス リンクステータスをチェックすることを試みる間、問題に直面します シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-LIBCMN-3-520013: ルート <net_ip> <netmask> <gateway> は取除かれ/追加できませんでした CE は付け加えることを試みる/フェールオーバーリンク ステータスの後で静的な IP ルーティングを削除する間、問題に直面します。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-STDBY-3-522001: 開いたスタンバイ項目 保護腕木信号機は/書きましたり/シグナル/Close エラー。 スタンバイ プロセスはスタンバイ データ サーバ 項目を保護するセマフォにアクセスすることを試みる間、問題に直面します。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-STDBY-4-522002: インターフェイス <interface> はダウンしています スタンバイ プロセスはインターフェイス <interface> がダウンしていることが分ります。 あらゆる問題があるかどうかケーブル、スイッチ設定および CE のインターフェイスコンフィギュレーションを点検して下さい。 CESインターフェイスの shut および no shut コマンドを発行して下さい。 インターフェイスがそれでもある場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-STDBY-4-522003: ゲートウェイに達することが不可能 スタンバイ プロセスは CE がデフォルト ゲートウェイに達できないもはやことが分ります。 デフォルト ゲートウェイを手動で ping することを試みて下さい。 PING がはたらかない場合、ネットワーク上の問題およびルータコンフィギュレーションを探して下さい。 PING がはたらく場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-STDBY-4-522004: インターフェイス <interface> は割り当てられるより More エラーを見ました スタンバイ プロセスは現在アクティブ な インターフェイスが余分な入出力 エラーを経験することが分ります。 スイッチおよび CESインターフェイス コンフィギュレーションの問題を探して下さい。 コンフィギュレーションが正しい場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-STDBY-7-522005: スタンバイグループ <group no> は <interface> に稼働しています スタンバイグループはインターフェイス <interface> で現在アクティブです。 アクションは不要です。
CE-ACL-3-533010: ACL 統計情報を削除されない アクセス制御リスト統計情報を削除しません。 コマンド 以降を再試行して下さい。 メッセージが持続する場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-ACL-3-533011: ディレクトリ /tmp はありません メッセージはシステムに設定された tmp ディレクトリがないことを示します。 エラーメッセージが表示される場合、システムに深刻なソフトウェア イメージ セットアップかコンフィギュレーションに関する問題があります。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-ACL-3-533012: /tmp/.acl_request ファイルを ACL クエリを得るために開くことができません メッセージはシステムが ACL 要求 ファイルを開かないことを示します。 エラーメッセージが表示される場合、ACL リストを再構成し、debug コマンドによって ACL リストを問い合わせ、ACL リスト 以降にアクセスすることを試み CE をリブートして下さい。 メッセージが持続する場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-ACL-3-533013: ACL ロックは失敗しました。 Internal エラー。 メッセージはシステムが ACL 表をロックしないことを示します。 エラーメッセージが表示される場合、ACL リストを再構成し、ACL リストにアクセスすることを試み CE をリブートすることを試みて下さい。 メッセージが持続する場合、contactCisco テクニカル サポート
CE-ACL-3-533014: ACL は失敗するロック解除します。 Internal エラー。 メッセージはシステムが ACL 表をロック解除しないことを示します。 エラーメッセージが表示される場合、ACL リストを再構成し、ACL リストにアクセスすることを試み CE をリブートすることを試みて下さい。 メッセージが持続する場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-AUTHMOD-3-540001: 認証サーバのステータスを変更して下さい メッセージは認証サーバのステータスが変更されることを示します。 これは標準 authmod モードです。 アクションは不要です。
CE-AUTHMOD-3-540002: ディフォルトするべきリセット サーバのステータス ストリング メッセージは authmod が既定のサーバーのステータスをリセットすることを示します。 これは標準 authmod モードです。 アクションは不要です。
CE-AUTHMOD-3-540003: 時間を計られるサーバのリスト現在のステータス試みデフォルト ステータス メッセージはサーバのリスト現在のステータスが時間を計られることを示します。 Authmod は既定のサーバーのステータスを試みます。 これは標準 authmod モードです。 アクションは不要です。
CE-AUTHMOD-4-540004: 既定のサーバーのステータスを使用して下さい; すべてのサーバはデッドです メッセージはすべての認証サーバがデッドであることを示します。 Authmod は既定のサーバーのステータスを使用します。 これは標準 authmod モードです。 アクションは不要です。
CE-AUTHMOD-3-540005: 認証サーバ ステータスをリセットされない メッセージは authmod が認証サーバ ステータスをリセットしないことを示します。 IF エラーメッセージは、Stop 要求 認証、キル/生成 authmod 繰り返し行われ、CE をリブートすることを試みます。 メッセージが持続する場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-AUTHMOD-4-540006: データ サーバで見つけ出さない TACACS+ イネーブル パス メッセージはデータ サーバが TACACS によって有効に される CLI コマンドを登録しないことを示します。 IF エラーメッセージは、ディセーブル TACACS+ 認証行われ、それを再度有効に します。 CE をリブートすることを試みて下さい。 メッセージが持続する場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-AUTHMOD-4-540007: Authmod デバッグ パスは TACACS+ イネーブル パスのためのエラーを返しました メッセージはデータ サーバが TACACS によって有効に される CLI コマンドのためのエラーを返すことを示します。 IF エラーメッセージは、ディセーブル TACACS+ 認証行われ、それを再度有効に します。 CE をリブートすることを試みて下さい。 メッセージが持続する場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-AUTHMOD-3-540008: conn 表にハンドルを追加しないで下さい メッセージは NTLM Samba が接続テーブルにハンドルを追加しないことを示します。 IF エラーメッセージは、Stop 要求 認証、キル/生成 authmod 繰り返し行われ、CE をリブートすることを試みます。 メッセージが持続する場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-AUTHMOD-3-540009: NTLM 要求は接続を解放しませんでした メッセージは NTLM 要求が接続を解放しないことを示します。 IF エラーメッセージは、Stop 要求 認証、キル/生成 authmod 繰り返し行われ、CE をリブートすることを試みます。 メッセージが持続する場合、contactCisco テクニカル サポート
CE-AUTHMOD-3-540010: スレッドを取り外されない メッセージはシステムがスレッドを取り外さないことを示します。 IF エラーメッセージは、Stop 要求 認証、キル/生成 authmod 繰り返し行われ、CE をリブートすることを試みます。 メッセージが持続する場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-AUTHMOD-3-540011: ユーザ名は空ストリングである場合もありません メッセージはユーザ名が空ストリングであることを示します。 ユーザが認証のために入力するユーザ名 および パスワードをチェックして下さい。
CE-AUTHMOD-5-540012: スレッド モニタは 1 つのスレッドを止めます メッセージはシステムが 1 つの authmod はたらくスレッドを止めることを示します。 これは標準 authmod モードです。 アクションは不要です。
CE-AUTHMOD-5-540013: スレッド モニタは 1 つのスレッドを引き起こ メッセージはシステムが 1 つの authmod はたらくスレッドを引き起こことを示します。 これは標準 authmod モードです。 アクションは不要です。
CE-AUTHMOD-3-540014: はたらくスレッドを作成する失敗 メッセージはシステムが authmod はたらくスレッドを作成しないことを示します。 IF エラーメッセージは、Stop 要求 認証、キル/生成 authmod 繰り返し行われ、CE をリブートすることを試みます。 メッセージが持続する場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-AUTHMOD-3-540015: はたらくスレッドはやめました作成することができません!! メッセージはシステムが authmod はたらくスレッドを作成しないことを示します。 IF エラーメッセージは、Stop 要求 認証、キル/生成 authmod 繰り返し行われ、CE をリブートすることを試みます。 メッセージが持続する場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-AUTHMOD-3-540016: ディスパッチ スレッドを作成する失敗 メッセージはシステムが authmod ディスパッチ スレッドを作成しないことを示します。 IF エラーメッセージは、Stop 要求 認証、キル/生成 authmod 繰り返し行われ、CE をリブートすることを試みます。 メッセージが持続する場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-AUTHMOD-3-540017: モニタ スレッドを作成する失敗 メッセージはシステムが authmod モニタ スレッドを作成しないことを示します。 IF エラーメッセージは、Stop 要求 認証、キル/生成 authmod 繰り返し行われ、CE をリブートすることを試みます。 メッセージが持続する場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-AUTHMOD-3-540018: 認証サーバ ステータスをロックされない メッセージは authmod が認証サーバ ステータスをロックしないことを示します。 IF エラーメッセージは、Stop 要求 認証、キル/生成 authmod 繰り返し行われ、CE をリブートすることを試みます。 メッセージが持続する場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-AUTHMOD-3-540019: データ間サーバ ソケットに失敗される メッセージはシステムにデータ サーバ ソケットの結合に関する問題があることを示します。 IF エラーメッセージは、ディセーブル 認証行われ、それを再度有効に します。 CE をリブートすることを試みて下さい。 メッセージが持続する場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-AUTHMOD-4-540020: データ サーバ 確認は失敗しました メッセージはシステムにデータ サーバ 確認に問題があることを示します。 IF エラーメッセージは、ディセーブル 認証行われ、それを再度有効に します。 CE をリブートすることを試みて下さい。 メッセージが持続する場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-AUTHMOD-4-540021: Authmod デバッグ パスは無効です メッセージはデータ サーバが authmod デバッグ パスのためのエラーを返すことを示します。 IF エラーメッセージは、ディセーブル 認証行われ、それを再度有効に します。 認証をディセーブルにし、デバッグし、再度有効に して下さい。 CE をリブートすることを試みて下さい。 メッセージが持続する場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-AUTHMOD-4-540022: データ サーバで見つけ出さない Authmod デバッグ パス メッセージはデータ サーバが authmod デバッグ CLI コマンドを登録しないことを示します。 IF エラーメッセージは、ディセーブル 認証行われ、それを再度有効に します。 認証をディセーブルにし、デバッグし、再度有効に して下さい。 CE をリブートすることを試みて下さい。 メッセージが持続する場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-AUTHMOD-4-540023: Authmod デバッグ パスはエラーを返します メッセージはデータ サーバが authmod デバッグ パスのためのエラーを返すことを示します。 IF エラーメッセージは、ディセーブル 認証行われ、それを再度有効に します。 認証をディセーブルにし、デバッグし、再度有効に して下さい。 CE をリブートすることを試みて下さい。 メッセージが持続する場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-AUTHMOD-4-540024: Authmod デバッグ ログは無効です メッセージはことを authmod デバッグ ログのためのデータ サーバ戻りエラー示します。 IF エラーメッセージは、ディセーブル 認証行われ、それを再度有効に します。 認証をディセーブルにし、デバッグし、再度有効に して下さい。 CE をリブートすることを試みて下さい。 メッセージが持続する場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-AUTHMOD-4-540025: データ サーバで見つけられない Authmod デバッグ ログ メッセージはデータ サーバが authmod デバッグ ログ CLI コマンドを登録しないことを示します。 IF エラーメッセージは、ディセーブル 認証行われ、それを再度有効に します。 認証をディセーブルにし、デバッグし、再度有効に して下さい。 CE をリブートすることを試みて下さい。 メッセージが持続する場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-AUTHMOD-4-540026: Authmod デバッグ ログはエラーを返します メッセージはデータ サーバが authmod デバッグ ログのためのエラーを返すことを示します。 IF エラーメッセージは、ディセーブル 認証行われ、それを再度有効に します。 認証をディセーブルにし、デバッグし、再度有効に して下さい。 CE をリブートすることを試みて下さい。 メッセージが持続する場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-AUTHMOD-4-540027: データ サーバで見つけ出さない Radius enable パス メッセージはデータ サーバが RADIUSサーバ イネーブル CLI コマンドを登録しないことを示します。 IF エラーメッセージは、ディセーブル RADIUS認証行われ、それを再度有効に します。 認証をディセーブルにし、デバッグし、再度有効に して下さい。 CE をリブートすることを試みて下さい。 メッセージが持続する場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-AUTHMOD-4-540028: データ サーバ Radius enable パスはエラーを返しました メッセージはデータ サーバが Radius enable CLI コマンドのためのエラーを返すことを示します。 IF エラーメッセージは、ディセーブル RADIUS認証行われ、それを再度有効に します。 認証をディセーブルにし、デバッグし、再度有効に して下さい。 CE をリブートすることを試みて下さい。 メッセージが持続する場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-AUTHMOD-5-540029: 時間を計られる Pending 要求 メッセージは保留中の状態の認証要求が期限切れであることを示します。 これは標準 authmod モードです。 アクションは不要です。
CE-AUTHMOD-3-540030: sendto() は失敗しました メッセージはシステムがソケットにデータを書き込まないことを示します。 IF エラーメッセージは、ディセーブル 認証行われ、それを再度有効に します。 CE をリブートすることを試みて下さい。 メッセージが持続する場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-AUTHMOD-5-540031: Auth モジュールはクライアントが付いている 0 サイズ auth メッセージを得ました。 プロセスは終了しています。 メッセージはシステムがソケットからの空データを読み込むことを示します。 これは標準 authmod モードです。 アクションは不要です。
CE-AUTHMOD-5-540032: クライアントへの Auth モジュールによって返されるエラー メッセージは認証モジュールがクライアントにエラーを返すことを示します。 これは標準 authmod モードです。 アクションは不要です。
CE-AUTHMOD-3-540033: メモリを割り当てられない。 プロセスは終了しています メッセージはシステムがメモリを割り当てないことを示します。 IF エラーメッセージは、ディセーブル 認証行われ、それを再度有効に します。 CE をリブートすることを試みて下さい。 メッセージが持続する場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-AUTHMOD-3-540034: select 失敗しました メッセージは選り抜きシステムのソケットが壊れることを示します。 IF エラーメッセージは、ディセーブル 認証行われ、それを再度有効に します。 CE をリブートすることを試みて下さい。 メッセージが持続する場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-AUTHMOD-3-540035: 認証サーバ ミューテックスをロックされない メッセージはシステムが認証サーバ ミューテックスをロックしないことを示します。 IF エラーメッセージは、ディセーブル 認証行われ、それを再度有効に します。 CE をリブートすることを試みて下さい。 メッセージが持続する場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-AUTHMOD-3-540036: ポーリング スレッドを作成されない メッセージはシステムがポーリング スレッドを作成しないことを示します。 エラーメッセージが表示される場合、認証をディセーブルにし、再度有効に して下さい。 CE をリブートすることを試みて下さい。 メッセージが持続する場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-AUTHMOD-3-540037: ソケットを作成する失敗 メッセージはシステムがソケットを作成しないことを示します。 エラーメッセージが表示される場合、認証をディセーブルにし、再度有効に して下さい。 CE をリブートすることを試みて下さい。 メッセージが持続する場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-AUTHMOD-3-540038: ソケットを結合 されない メッセージはシステムがソケットを結合 しないことを示します。 エラーメッセージが表示される場合、認証をディセーブルにし、再度有効に して下さい。 CE をリブートすることを試みて下さい。 メッセージが持続する場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-AUTHMOD-3-540039: 認証モジュールは場合ハンドラを設定 しません でした メッセージは認証モジュールが場合ハンドラを設定 しないことを示します。 エラーメッセージが表示される場合、認証をディセーブルにし、再度有効に して下さい。 CE をリブートすることを試みて下さい。 メッセージが持続する場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-AUTHMOD-3-540040: LDAP config ファイルを開かれない メッセージはシステムが LDAP認証 コンフィギュレーション ファイルを開かないことを示します。 エラーメッセージが表示される場合、第 1 は LDAP認証を再構成することを試みます。 要求を認証し、試み LDAP認証をいったんディセーブルにしてからイネーブルにし、CE をリブートすることを試みることを試みて下さい。 このメッセージが再度表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-AUTHMOD-3-540041: LDAPサーバ構成を読まれない メッセージはシステムが LDAP認証 コンフィギュレーション ファイルを読み込まないことを示します。 エラーメッセージが表示される場合、第 1 は LDAP認証を再構成することを試みます。 要求を認証し、試み LDAP認証をいったんディセーブルにしてからイネーブルにし、CE をリブートすることを試みることを試みて下さい。 このメッセージが再度表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-AUTHMOD-3-540042: 抜けていた LDAP ポート番号 設定 メッセージはシステムが LDAP認証 ポートを読まないことを示します。 エラーメッセージが表示される場合、第 1 は LDAP認証を再構成することを試みます。 要求を認証し、試み LDAP認証をいったんディセーブルにしてからイネーブルにし、CE をリブートすることを試みることを試みて下さい。 このメッセージが再度表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-AUTHMOD-3-540043: 無効 な LDAPサーバ アドレス メッセージはシステムが LDAPサーバ IP アドレスを読み込まないことを示します。 エラーメッセージが表示される場合、第 1 は LDAP認証を再構成することを試みます。 要求を認証し、試み LDAP認証をいったんディセーブルにしてからイネーブルにし、CE をリブートすることを試みることを試みて下さい。 このメッセージが再度表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-AUTHMOD-3-540044: LDAPサーバ 認証のための壊れるメモリ 割り当て メッセージはシステムが LDAP設定のためのメモリを割り当てないことを示します。 エラーメッセージが表示される場合、第 1 は LDAP認証を再構成することを試みます。 要求を認証し、試み LDAP認証をいったんディセーブルにしてからイネーブルにし、CE をリブートすることを試みることを試みて下さい。 このメッセージが再度表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-AUTHMOD-3-540045: サーバエラー; Samba はユーザを認証しませんでした メッセージは認証サーバに問題があることを示します。 エラーメッセージが表示される場合、認証サーバのステータスをチェックして下さい。 このメッセージが再度表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-AUTHMOD-3-540046: プロトコルエラー; Samba はユーザを認証しませんでした メッセージは認証プロトコルに問題があることを示します。 エラーメッセージが表示される場合、認証サーバのステータスをチェックし、他のユーザを問い合わせて下さい。 このメッセージが再度表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-AUTHMOD-3-540047: 無効 な パスワード; Samba はユーザを認証しませんでした メッセージは認証済みユーザは不適切なパスワードがあることを示します。 エラーメッセージが表示される場合、認証サーバのステータスをチェックし、ユーザパスワード 設定をチェックし、他のユーザを問い合わせて下さい。 このメッセージが再度表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-AUTHMOD-3-540048: Samba はユーザを認証しませんでした メッセージはユーザ認証が失敗することを示します。 エラーメッセージが表示される場合、認証サーバのステータスをチェックし、ユーザパスワード 設定をチェックし、他のユーザを問い合わせて下さい。 このメッセージが再度表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-AUTHMOD-3-540049: 利用可能 な ドメインコントローラ無し メッセージは利用可能 な ドメインコントローラがないことを示します。 IF エラーメッセージは行われ、CE の設定をチェックし、認証サーバのステータスを検証し、ネットワーク トポロジおよび接続を確認します。 このメッセージが再度表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-AUTHMOD-3-540050: 利用可能 な接続がありません メッセージは利用可能 な NTLM 接続がないことを示します。 エラーメッセージが表示される場合、認証サーバのステータスをチェックし、他のユーザを問い合わせて下さい。 このメッセージが再度表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-AUTHMOD-3-540051: NTLM ハンドルがありません メッセージは利用可能 な NTLM ハンドルがないことを示します。 エラーメッセージが表示される場合、認証サーバのステータスをチェックし、他のユーザを問い合わせて下さい。 このメッセージが再度表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-BMRNG-7-550001: <various messages> ブーメラン デバッグ メッセージ。 アクションは不要です。
CE-BMRNG-3-550002: <function>: メモリ割り当て問題: <data> -またはメモリを割り当てることができません-またはブーメラン トランザクションログを割り当てるエラー! ブーメラン モジュールはメモリを使い果たします。 モジュールをディセーブルにし、再び有効に して下さい。 これがはたらかない場合、リロードするため。 リロードがはたらかない場合 Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-BMRNG-3-550003: 選り抜き誤って下さいで boom_cli_vensock fd <number> (<error>) ブーメラン モジュールはデータ サーバに話しません。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-BMRNG-2-550004: ブーメランの translog (<error>)のためのログ ディレクトリを作成できません ブーメラン モジュールはログのためのディレクトリを作りません。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-BMRNG-2-550005: boom_agent: データ サーバに話すことができません。 ブーメラン モジュールはデータ サーバに話しません。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-BMRNG-3-550006: 残念、NTP モードはこのブーム クライアント ポートでサポートされません ブーメランは NTP モードをサポートしません。 アクションは不要です。
CE-BMRNG-3-550007: sendto は <address> (<error>)に <number> バイトを送りませんでした ブーメラン モジュールは DNS 競合を送信 しません。 ネットワークコンフィギュレーションおよび DNS 競合宛先をチェックして下さい。
CE-BMRNG-3-550008: ドメイン名は NULL です; -または <name> 余りに長いです; -または <name> 有効なドメイン名 ドメイン名は余りに長くありません: <name> ブーメラン モジュールは悪いドメイン名を受け取ります。 ブーメラン サーバコンフィギュレーションをチェックして下さい。
CE-BMRNG-3-550009: <name> は別のドメインのエイリアスです ドメイン名は既に他のドメインのエイリアスです。 ブーメラン設定をチェックするか、または異なる名前を使用して下さい。
CE-BMRNG-3-550010: ドメイン <name> 無し 非存在ドメインを取除くことを試みます。 供給されたドメイン名をチェックして下さい。
CE-BMRNG-3-550011: 親 ドメイン <name> を検知 する エラー[<line> の <function>] 非存在ドメインのためのエイリアスを作成することを試みます。 供給されたドメイン名をチェックして下さい。
CE-BMRNG-3-550012: 無効 な 暗号化タイプ: <number> サポートされていない暗号化タイプ。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-BMRNG-3-550013: 行 <line> (<error>)のファイル <file> のソケット エラー ブーメラン モジュールはソケットを作成しません。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-BMRNG-3-550014: <doamin> のために設定される origin-server かコンテンツサーバ無し DNS ブーメランによって廃棄される要求 origin-server かコンテンツサーバが設定されないのでブーメラン モジュール ドロップ要求。 origin-server かコンテンツサーバを設定しないで下さい。
CE-BMRNG-3-550015: もとへ戻りま sem ロックを失敗しました記録 します。 Internal エラー-または <function>: pthread_mutex_lock は失敗しました! ブーメランはロックを得ません。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-BMRNG-3-550016: sem を記録 するブーメランは失敗するロック解除します。 Internal エラー-または <function>: pthread_mutex_unlock は失敗しました! ブーメランはロックをリリースしません。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-BMRNG-3-550017: ブーメラン ロギング: できませんファイルを開く <name> (<error>)は ブーメランはログファイルを開きません。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-BMRNG-3-550018: 追加されないドメイン ブーメランは新しいドメイン名を追加しません。 ドメイン名をチェックして下さい。
CE-BMRNG-3-550019: DNS レコードは抜けています DNS レコードは抜けています。 これは起こるべきではありません。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-BMRNG-3-550020: エラー! ファイル <file> 行 <line> の悪い pTrig->mode <number> サポートされていないモード。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-BUFMGR-2-560001: Http キャッシュ バッファ マネージャ: 型 <type> メモリから バッファリークがあります、またはバッファー マネージャー コードはバグがあります。 HTTPトラフィックを転換し、リロードして下さい。 このメッセージが再度表示される場合、syslog および errorlog が付いている Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-BUFMGR-4-560002: 低いスレッド <thread> メモリは実際に(<count>)、データ自由な <free>、ヘッダ <free> を解放します HTTP キャッシュ バッファ マネージャはメモリが乏しくなります。 システムはおそらく過剰になります。 HTTP キャッシング ロードを減らして下さい。
CE-BUFMGR-2-560003: Http キャッシュ バッファ マネージャ: shmget エラー <error> <string> キャッシュ バッファ マネージャはメモリを初期化し損います。 システムはおそらくメモリで低いです。 リロード。 このメッセージが再度表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-BUFMGR-2-560004: Http キャッシュ バッファ マネージャ: リソース <error> をクリーンアップされない キャッシュ バッファ マネージャはメモリを初期化し損います。 システムはクリーンアップします前の共用メモリを失敗します。 リロード。 このメッセージが再度表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-BUFMGR-6-560005: Http キャッシュ バッファ マネージャは <number> バイトを使用します キャッシュ バッファ マネージャは開始します。 キャッシュ バッファ マネージャはメモリサイズを初期化されるべき開始し、プリントアウトします。 アクションは不要です。
CE-AUTHCACHE-5-570001: Authcache は完全な 100% です Authcache は完全で、accommendate 新しいものに古いエントリを取り替える必要があります。 へパフォーマンスを改善するために、より大きいサイズに authcache サイズを調整して下さい。
CE-AUTHCACHE-5-570002: authCacheDaemon() process_id = <pid> pthread_id = <pthread_id> authcache デーモン プロセスの情報の上の開始するを報告します。 アクションは不要です。
CE-AUTHCACHE-2-570003: http_ce_search_wrap: http_authmod に auth メッセージを送らないで下さい!!」 =<msg_len> errno = <err no> を len キャッシュは authmod モジュールに認証メッセージを送信 しません。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-AUTHCACHE-5-570004: authMsgDaemon() process_id = <pid> pthread_id = <pthread_id> authmsg デーモン プロセスの情報の上の開始するを報告します。 アクションは不要です。
CE-LOGGING-2-580001: /付加作成することはできませんでしたり/共用メモリ エリアを取り外します。 Debug コマンドは機能しないかもしれません: <error> CE は重要な共用メモリ エリアを設定しません。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-LOGGING-2-580002: /付加アクセスすることはできませんでしたり/共用メモリ エリアを取り外します。 Debug コマンドは機能しないかもしれません: <error> CE は重要な共用メモリ エリアをアクセス する間、失敗します。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-LOGGING-2-580003: 表 ポインタ NULL。 モジュール: <module> モジュールに重要な共用メモリ エリアにアクセスできません。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-LOGGING-2-580004: /付加共用メモリ エリアはアクセスできませんでした。 Debug コマンドは機能しないかもしれません モジュールは重要な共用メモリ エリアをアクセス する間、壊れます。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-RBCP-7-590001: <various messages> デバッグ メッセージ。 アクションは不要です。
CE-RBCP-5-590002: 正常な IPアドレス設定(型: <num>、感覚 = <num>、IP = <ip>、マスク = <mask>) NM-CE インターフェイスの IPアドレス設定は正常です。 アクションは不要です。
CE-RBCP-3-590003: 失敗される IPアドレス設定(型: <num>、感覚 = <num>、IP = <ip>、マスク = <mask>) NM-CE インターフェイスの IPアドレス設定は失敗します。 ルータの IP アドレスを再構成して下さい。 このメッセージが再度表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-RBCP-5-590004: IPアドレス設定応答の送信。 ルータへの送信 IPアドレス設定結果。 アクションは不要です。
CE-RBCP-3-590005: do_set_ip(): sendto: <message> NM-CE はルータに IPアドレス設定結果を送る間、失敗します。 ルータの IP アドレスを再構成して下さい。 このメッセージが再度表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-RBCP-5-590006: デフォルトゲートウェイ設定正常な <default gw> NM-CE のデフォルトゲートウェイ設定は正常です。 アクションは不要です。
CE-RBCP-3-590007: デフォルトゲートウェイ設定は gw> <default 失敗しました NM-CE のデフォルトゲートウェイ設定は失敗します。 ルータのデフォルト ゲートウェイを再構成して下さい。 このメッセージが再度表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-RBCP-5-590008: defaultgw 設定応答の送信。 ルータにデフォルトゲートウェイ設定結果を送ります。 アクションは不要です。
CE-RBCP-3-590009: do_set_defaultgw(): sendto: <message> NM-CE はルータにデフォルトゲートウェイ設定結果を送る間、失敗します。 ルータのデフォルト ゲートウェイを再構成して下さい。 このメッセージが再度表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-RBCP-5-590010: shutdown complete メッセージの送信 NM-CE はルータに shutdown complete メッセージを送信 します。 アクションは不要です。
CE-RBCP-3-590011: do_shutdown(): sendto: <message> NM-CE はルータへのシャットダウン応答を返す間、失敗します。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-RBCP-3-590012: recvfrom <message> NM-CE は RBCP メッセージを受け取る間、失敗します。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-RBCP-5-590013: <num> からの RBCP 登録 ACK。 NM-CE はルータから登録 Ack を受け取ります。 アクションは不要です。
CE-RBCP-5-590014: <num> からの RBCP 登録要求。 NM-CE はルータから登録要求 メッセージを受け取ります。 アクションは不要です。
CE-RBCP-5-590015: RBCP IP アドレスは <num> からのメッセージを設定 しました NM-CE はルータから IP アドレスによって設定 される メッセージを受け取ります。 アクションは不要です。
CE-RBCP-5-590016: <num> からの RBCP デフォルトゲートウェイセット メッセージ NM-CE はルータからデフォルトゲートウェイセット メッセージを受け取ります。 アクションは不要です。
CE-RBCP-5-590017: <num> からの RBCP SHUTDOWN メッセージ NM-CE はルータから SHUTDOWN メッセージを受け取ります。 アクションは不要です。
CE-RBCP-5-590018: <num> からの RBCP リロード メッセージ NM-CE はルータからリロード メッセージを受け取ります。 アクションは不要です。
CE-RBCP-1-590019: RBCP: Nodemgr は 60sec でリロードし損いました。 リロードの強制 NM-CE は NM を段階的な方法でリロードしません。 このメッセージが頻繁に表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-RBCP-3-590020: <name>: 開始ソケット間エラー: <error> NM-CE はソケットを作成する間、失敗します。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-RBCP-3-590021: <name>: バインドのエラー: <error> NM-CE はソケットを結合 する間、失敗します。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-RBCP-3-590022: rbcpd: 分岐できません: <error> NM-CE はプロセス分岐する間、失敗します。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-RBCP-3-590023: rbcp_register: exec_show_hardware 戻りは = <num>、ret1=<num>、ret2=<num> 浸水します NM-CE はステータス情報を得る間、失敗します。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-RBCP-3-590024: rbcp_register: <name> を開くことができません: <error> NM-CE はファイルを開く間、失敗します。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-RBCP-3-590025: rbcp_register: <name> を読んでいる間エラー: <error> NM-CE はファイルを読み込む間、失敗します。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-RBCP-3-590026: 登録 メッセージを送信 して いる間エラー: <error> NM-CE は登録 メッセージを送信 する間、失敗します。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-RBCP-5-590027: rbcp_register: 正常に送信 される 登録 メッセージ NM-CE は正常に登録 メッセージを送信 します。 アクションは不要です。

600000 から 699999

メッセージ 説明 Action
CE-STATS-4-600000: register_edm: edm reg は誤ります(= 浸水して下さい[error_code]) 統計情報プロバイダ アプリケーションはデータ サーバと登録しません。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-STATS-4-600001: ds_connect: DS は誤ります接続します(= 浸水して下さい[error_code]) 統計情報プロバイダ アプリケーションはデータ サーバに接続しません。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-STATS-4-600002: メッセージは誤ります得ます(ret= [error_code]) 統計情報プロバイダ アプリケーションはデータ サーバからメッセージを取得しません。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-STATS-4-600003: edm ヒントを誤ります得て下さい(ret= [error_code]) 統計情報プロバイダ アプリケーションはデータ サーバから情報を検索しません。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-STATS-3-600004: /proc/net/netstat を開かれない。 統計情報プロバイダ アプリケーションはプロシージャ インターフェイスを開きません。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-STATS-3-600005: /プロシージャに/ネット/netstat ヘッダー ラインは予想外形式があります。 可能性のある カーネルバージョンおよびキャッシュ アプリケーションコード ミスマッチ。 ヘッダー ラインは = [行]、キャッシュ行を = 期待します[行]。 統計情報プロバイダ アプリケーションによって期待される /proc/net/netstat 形式および形式は変わります。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-STATS-3-600006: /プロシージャに/ネット/netstat は sscanf 解析エラーがありました。 読まれた num_items は = %d、num_items = 65 を期待しました 統計情報プロバイダ アプリケーションによって期待される /proc/net/netstat 形式および形式は変わります。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-STATS-3-600007: /proc/net/snmp を開かれない。 errno: [エラー]、[説明] 統計情報プロバイダ アプリケーションはプロシージャ インターフェイスを開きません。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-STATS-3-600008: /proc/net/snmp を読まれない。 errno: [エラー]、[説明] 統計情報プロバイダ アプリケーションはプロシージャ インターフェイスを読みません。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-STATS-3-600009: /proc/net/snmp を読まれない。 エンド・オブ・ファイル。 統計情報プロバイダ アプリケーションはプロシージャ インターフェイスを読みません。 データは読み込まれません。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-STATS-3-600010: キャッシュが期待するより/プロシージャに/ネット/snmp はより多くのデータがあります: 可能性のある カーネルバージョンおよびキャッシュ アプリケーションコード ミスマッチ /proc/net/SNMP インターフェイスの形式は期待された形式から変わります。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-STATS-3-600011: /プロシージャ/ネット/snmp ヘッダー ラインに予想外形式があります。 可能性のある カーネルバージョンおよびキャッシュ アプリケーションコード ミスマッチ。 IX は = [itemno]、ヘッダー ライン = [ヘッダ]、キャッシュは行を = 期待します[期待されて] /proc/net/SNMP インターフェイスの形式は期待された形式から変わります。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-STATS-3-600012: /プロシージャ/ネット/snmp sscanf 解析エラー STAT_NET_IP エントリ。 読まれた num_items は = %d、num_items = 19 を期待しました /proc/net/SNMP インターフェイスの形式は期待された形式から変わります。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-STATS-3-600013: /プロシージャ/ネット/snmp sscanf 解析エラー STAT_NET_ICMP エントリ。 読まれた num_items は = %d、num_items = 26 を期待しました /proc/net/SNMP インターフェイスの形式は期待された形式から変わります。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-STATS-3-600014: /プロシージャ/ネット/snmp sscanf 解析エラー STAT_NET_TCP エントリ。 読まれた num_items は = %d、num_items = 21 を期待しました /proc/net/SNMP インターフェイスの形式は期待された形式から変わります。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-STATS-3-600015: /プロシージャ/ネット/snmp sscanf 解析エラー STAT_NET_UDP エントリ num_items は = %d、= 期待された num_items 4 読みました /proc/net/SNMP インターフェイスの形式は期待された形式から変わります。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-STATS-3-600016: キャッシュが期待するより/プロシージャに/ネット/snmp はより多くのデータがあります: = 読まれる文字は[読まれる文字] = 処理されて[処理される文字]可能性のある カーネルバージョンおよびキャッシュ アプリケーションコード ミスマッチ焦げます /proc/net/SNMP インターフェイスの形式は期待された形式から変わります。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-STATS-3-600017: FDS のための malloc は失敗しました。 メモリを割り当てません。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-STATS-6-600018: 戻る IP/ICMP/UDP/TCP 統計。 指定されたプロトコルのための統計情報は戻ります。 アクションは不要です。
CE-STATS-6-600019: IP/ICMP/UDP/TCP 統計をクリアする方法。 指定されたプロトコルのための統計情報は削除されます。 アクションは不要です。
CE-STATS-5-600020: 統計情報 スレッド始動表記 コンテンツルータの統計情報スレッドのスレッドおよびプロセス ID を記録 します。 アクションは不要です。
CE-STATS-5-600021: Statistics thread stack space notice コンテンツルータの統計情報スレッドのためのスレッド スタック スペースの位置を記録 します。 アクションは不要です。
CE-STATS-3-600022: コンテンツルータ統計情報スレッドを作成されない コンテンツルータ統計情報スレッドはどういうわけか作成されません。 統計情報は収集されません。 マシンはそのように問題ですシステム広いメモリ不足の可能性としては indicitive 再起動する必要があります。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-WI-5-610001: <memory_limit> に RLIMIT_AS を設定 して下さい <memory_limit> バイトへの最大アドレス スペース制限を設定 します。 アクションは不要です。
CE-WI-5-610002: <memory_limit> に RLIMIT_RSS を設定 して下さい <memory_limit> バイトに最も大きい常駐員一定サイズを、設定 します。 これはスワップに影響を与えます。 ある一定サイズを超過するプロセスはより本当らしいですそれらから使用される物理メモリがあるために。 アクションは不要です。
CE-WI-3-610003: Webサーバは SF エージェント <IP-Address> に接続できませんでした: <Port> Webサーバはホスト <IP-Address> ポート <Port> で動作する SmartFilter (SF)エージェントに接続できません。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-WI-5-610004: get_request_data: オフセット = <offset> サイズ = <size> 長さ = <length> 読まれることを残るサイズは要求 データの総バイト数です。 長さは読まれる単一で取出されるべきバイトです。 <length> バイトのオフセット <offset> からサイズがゼロになるまで繰り返し開始する Webサーバは要求 データを入手します。 アクションは不要です。
CE-WI-3-610005: get_request_data: data_length = <length> は、CP データできません Webサーバは長さ <length> バイトの要求 データを取出せません。 <length> はおそらく 0 よりより少しさもないとあらかじめ定義された最大長より大きいです。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-WI-5-610006: 後: get_request_data: オフセット = <offset> サイズ = <size> 長さ = <length> 読まれることを残るサイズは要求 データの総バイト数です。 長さは読まれる単一で取出されるべきバイトです。 <length> バイトのオフセット <offset> からサイズがゼロになるまで繰り返し開始する Webサーバは要求 データを入手します。 アクションは不要です。
CE-WI-5-610007: GUI から始められる再度ブートする GUI からの CE のユーザ 開始 リロード。 アクションは不要です。
CE-WI-5-610008: GUI: <exit_code> <exit_code> は GUI から始められる CE のリロードが成功するか、または失敗するかどうか表示します。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-WI-3-610009: Webサーバはポート <listen_port> に結合 することができません Webサーバはリスニングポートに <listen_port> を結合なできません。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-RPC-2-620000: 使用方法: [失敗説明] プログラムを呼び出している間不正確な使用方法。 使用方法および試みを再度チェックして下さい。 エラーがユーザから介入なしで発生した場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-RPC-2-620001: Malloc は失敗しました: [失敗説明] Malloc は失敗します。 あるように errorlog を確認して下さい。 プログラムは nodemgr によって再起動します。 このメッセージが再度表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-RPC-2-620003: [サーバ説明]サーバを作成されない Inter-Process Communication のための uniRPC サーバを作成しません。 あるように errorlog を確認して下さい。 プログラムは nodemgr によって再起動します。 このメッセージが再度表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-CSE-2-632000: [プロシージャ] -システムコール エラー: <systemcall name> <err msg> システムコールは失敗します。 システムは不可解な状態に可能性のあるある場合もあります。 このメッセージが定期的に表示される場合、無視することができます。 このメッセージが頻繁に表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-CSE-3-633000: [プロシージャ] -データ サーバ <error_message> が付いている接続を確立することが不可能な データ サーバが付いている接続を確立しません。 これは Internal エラーが原因です。 このメッセージが定期的に表示される場合、無視することができます。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-CSE-3-633001: [プロシージャ] -データ サーバ <error_message> が付いている接続をリリースすることが不可能な データ サーバが付いている接続をリリースしません。 これは Internal エラーが原因です。 このメッセージが定期的に表示される場合、無視することができます。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-CSE-3-633002: [プロシージャ] -データ サーバ <error_message> からメッセージを受け取られなくて データ サーバからメッセージを受け取りません。 これは Internal エラーが原因です。 このメッセージが定期的に表示される場合、無視することができます。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-CSE-3-633003: [プロシージャ] - EDM <error_message> から情報を得られなくて EDM から情報を得ません。 これは Internal エラーが原因です。 このメッセージが定期的に表示される場合、無視することができます。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-CSE-3-633004: [プロシージャ] -データ サーバ <error_message> に確認応答を送信されなくて データ サーバから届く情報のための確認応答を送信しません。 これは Internal エラーが原因です。 このメッセージが定期的に表示される場合、無視することができます。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-CSE-3-633005: [プロシージャ] -データ マネージャー <error_message> と登録されなくて EDM と登録しません。 これは Internal エラーが原因です。 このメッセージが定期的に表示される場合、無視することができます。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-CSE-3-633006: [プロシージャ] -データ マネージャー <error_message> の登録を解除されない EDM と登録を解除しません。 これは Internal エラーが原因です。 このメッセージが定期的に表示される場合、無視することができます。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-CSE-3-633007: [プロシージャ] -データ サーバ <error_message> によって獲得されたリソースを開放されない EDM と登録を解除しません。 これは Internal エラーが原因です。 このメッセージが定期的に表示される場合、無視することができます。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-CSE-3-633008: [プロシージャ] -イベントによって壊れる <error_message> を読んで下さい イベントを失敗します読んで下さい。 これは Internal エラーが原因です。 このメッセージが定期的に表示される場合、無視することができます。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-CSE-3-633009: [プロシージャ] CSE はエラーコード <error_message> を受け取りました Cisco 流出エンジンによって要求を動作しません。 要求を再試行して下さい。 このメッセージが再度表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-CSE-3-633010: [プロシージャ]エンジン設定 <error_message> を流す Cisco を得られない Cisco 流出エンジンの設定を得ません。 コマンドを再試行して下さい。 このメッセージが再度表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-CSE-3-633011: [プロシージャ] Cisco 流出エンジン 帯域幅 <bw> <error_message> を設定 されない Cisco 流出エンジンの帯域幅設定は変更に失敗します。 コマンドを再試行して下さい。 このメッセージが再度表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-CSE-3-633012: [プロシージャ] Cisco 流出エンジン <error_message> を開始されない エラーは Cisco 流出エンジンを開始している間発生します。 コマンドを再試行して下さい。 このメッセージが再度表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-CSE-3-633013: [プロシージャ] Cisco 流出エンジン <error_message> を停止されない エラーは Cisco 流出エンジンを停止している間発生します。 コマンドを再試行して下さい。 このメッセージが再度表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-CSE-3-633014: [プロシージャ] TEMPファイル <error_message> のアクセスログ ファイル名 変数を設定 されない TEMPファイルのアクセスログ ファイル名を設定 することが不可能。 コマンドを再試行して下さい。 このメッセージが再度表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-CSE-3-633015: [プロシージャ]コンフィギュレーション ファイル <error_message> にアクセスログ ファイル名が付いている TEMPファイルを移動されなくて コンフィギュレーション ファイルに TEMPファイルを移動しません。 コマンドを再試行して下さい。 このメッセージが再度表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-CSE-6-636000: [プロシージャ]開始する Cisco 流出エンジン Cisco 流出エンジンは実行開始し。 アクションは不要です。
CE-CSE-6-636001: [プロシージャ]停止する Cisco 流出エンジン Cisco 流出エンジンは停止します。 アクションは不要です。
CE-CSE-7-637000: [Cisco 流出エンジン CLI ビン デバッグ] Cisco 流出エンジンのためのデバッグ メッセージ。 アクションは不要です。
CE-LSR-2-642000: 汎用エラー 汎用エラーによりプロセス 障害を引き起こします。 システムは不可解な状態にあります。 このメッセージが定期的に表示される場合、無視することができます。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-UNILOG-2-650001: にデータ間サーバに失敗される データ サーバに結合 しません。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-UNILOG-2-650002: 終了するべきロガー デーモン! データ サーバ接続およびロガー デーモンを終了するために初期化することが不可能。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-UNILOG-2-650003: 終了は logd.conf ファイルを開くことができません! logd.conf ファイルおよびロガー デーモンを終了するために開くことが不可能。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-UNILOG-2-650004: 終了項目のノーティファイヤを登録されない 項目およびロガー デーモンのノーティファイヤを終了するために登録しません。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-UNILOG-2-650005: ログ ディレクトリはディレクトリではないです ログ ディレクトリはディレクトリおよび終了するべきロガー デーモンではないです。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-UNILOG-3-650006: Error: ログ ディレクトリは作成することができません ログ ディレクトリは作成されません。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-UNILOG-3-650007: Error: ログ ディレクトリはアクセスすることができません。 errno = ログ ディレクトリはアクセスされません。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-UNILOG-3-650008: translog サービスを開始できません: Translog サービスは開始しません。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-FFS-5-660001: プロセス ヒント: ffs_dumper() process_id ダンプ プロセス ID および pthread ID。 アクションは不要です。
CE-POSTGRE-1-661001: STATEFS パーティションのより低い空きディスク容量: [失敗説明] DB は STATEFS パーティションを一杯にします。 A&D 内容複製は一時的に停止します。 STATEFS のディスクスペースを再利用する cms database maintenance full コマンドを発行して下さい。 A&D サービスを再開して下さい。 STATEFS の空きディスク容量がデータベースのメンテナンスの後にそれでも 10% より小さい場合、CE に複製されるたくさんのコンテンツがあることは可能性のあるです。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-POSTGRE-1-661002: ユニーク な インデックス 違反: [失敗説明] データベースサーバはユニーク な インデックス用に保持しません抑制します。 それはユニーク な インデックスに重複キーを挿入することを可能にします。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-POSTGRE-1-661003: 外部キー参照整合性違反: [失敗説明] データベースサーバは外部キーを握りません抑制します。 それはマスター テーブルにない外部キーが付いている参照テーブルにレコードを追加することを割り当てます。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-POSTGRE-1-661004: データベースサーバから戻る間違ったレコード: [失敗説明] データベースサーバは期待カラム番号を一致する カラム番号とのクエリのためのレコードを戻します。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-POSTGRE-1-661005: データベース接続を作成することが不可能: [失敗説明] データベースクライアントはバックエンドサーバが付いている接続を作成しません。 postgres サーバプロセスが、ハングしている強制終了するか、またはデータベース接続すべてが時間を計られることは可能性のあるです。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-POSTGRE-1-661006: 復旧モードのデータベースシステム: [失敗説明] データベースシステムは復旧モードにあります。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-POSTGRE-1-661007: 十分に掃除機をかけることをされない: [失敗説明] Postgres サーバは真空デーモンが真空完全な SQL 文を実行するときエラーを返します。 シスコ テクニカル サポートにお問い合せください。
CE-STREAMCACHE-3-673000: [プロシージャ]渡される無効 な オプション 渡されるオプションは無効です。 正しい引数を渡し、コマンドを再試行します。
CE-STREAMCACHE-3-673001: [プロシージャ]実質プロキシおよび RTSP リダイレクタ バイナリ パスで渡らなければなりません 無効なパスは規定 されます。 実質プロキシおよび RTSP リダイレクタ バイナリ パスを渡さなければなりません。 正しいバイナリ パスを渡し、コマンドを再試行します。
CE-STREAMCACHE-3-673002: [プロシージャ] IP アドレス チェック stript <error_mesg> を実行されない IP アドレスがあるように確認するスクリプトを実行しません。 コマンドを再試行して下さい。 このメッセージが頻繁に表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-STREAMCACHE-3-673003: [プロシージャ]ホスト名設定されなかった <error_mesg> ホスト名 設定は利用できません。 ホスト名を設定し、コマンドを再試行して下さい。
CE-STREAMCACHE-3-673004: [プロシージャ]実質プロキシはローカル ホスト <error_mesg> 以外ホスト名を必要とします ローカル ホスト以外の実質プロキシ必要ホスト名。 ホスト名を localhost 以外設定し、コマンドを再試行して下さい。
CE-STREAMCACHE-3-673005: [プロシージャ] /etc/hosts で利用可能 な IP アドレス無し。 <error_mesg> IP アドレスは /etc/hosts ファイルで利用できません。 IP アドレスを設定し、コマンドを再試行して下さい。
CE-STREAMCACHE-3-673006: [IP アドレス チェック スクリプトからのプロシージャ]未知数帰りステータス 無効は IP アドレス チェック スクリプトからステータスを届きます返します。 コマンドを再試行して下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-STREAMCACHE-3-673007: [プロシージャ]プロセス/スレッド <error_mesg> を引き起こ プロセス/スレッドを引き起こ。 コマンドを再試行して下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-STREAMCACHE-3-673008: [プロシージャ] MonitorMediaConfigAndWaitProcess は失敗しました MonitorMediaConfigAndWaitProcess は失敗します。 コマンドを再試行して下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-STREAMCACHE-3-673009: [プロシージャ]リソース制限 <error_mesg> を設定 されない リソース制限を設定 しません。 コマンドを再試行して下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-STREAMCACHE-3-673010: [プロシージャ] sysdb <error_mesg> に結合 されなくて sysdb に結合 しません。 コマンドを再試行して下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-STREAMCACHE-3-673011: [プロシージャ]ステータス収集装置 <error_mesg> を初期化されない ステータス収集装置を初期化しません。 コマンドを再試行して下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-STREAMCACHE-3-673012: [プロシージャ] -未知数はイベント <error_message> を読みました 未知数はイベントを読みました。 これはおそらく Internal エラーが原因です。 このメッセージが定期的に表示される場合、無視することができます。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-STREAMCACHE-3-673013: [プロシージャ] - [操作] [directory_name]ディレクトリ <error_mesg> に失敗される 作成しませんでしたり/変更ディレクトリは/開いた。 これはおそらく Internal エラーが原因です。 このメッセージが定期的に表示される場合、無視することができます。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-STREAMCACHE-3-673014: [プロシージャ] -メディア プロキシの IP アドレスを得られない メディア プロキシの IP アドレスを得ません。  
CE-STREAMCACHE-3-673015: [プロシージャ] -項目 <error_mesg> を得られない 項目を得ません。 コマンドを再試行して下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-STREAMCACHE-3-673016: [プロシージャ] -新しいセッション <error_mesg> を開始されない 新しいセッションを開始しません。 コマンドを再試行して下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-STREAMCACHE-3-673017: [プロシージャ] -新しいセッションを開始されない 新しいセッションを開始しません。 コマンドを再試行して下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-STREAMCACHE-3-673018: [プロシージャ] -システムコールは失敗しました: <system call> <error_mesg> システムコールは失敗します。 システムは不可解な状態におそらくあります。 このメッセージが定期的に表示される場合、無視することができます。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-STREAMCACHE-3-673019: [プロシージャ] -プログラム <program name> は再始動の間にすぐに停止しました。 引き起こ止めて下さい 子プロセスはそれの直後に開始します失敗します。 それを paranoidly 避けるために引き起こ止めて下さい このメッセージが定期的に表示される場合、無視することができます。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-STREAMCACHE-3-673020: [プロシージャ] -プロセス <process name> を再起動されない プロセスを再起動しません。 このメッセージが定期的に表示される場合、無視することができます。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-STREAMCACHE-3-673021: [プロシージャ] - WaitProcess は失敗しました WaitProcess は失敗します。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-STREAMCACHE-3-673022: [プロシージャ] -プログラム <program name> は <signal number> に信号を送ること当然停止しました 場合によるプログラムが終了しました。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-STREAMCACHE-3-673023: [プロシージャ] -プログラム <program name> はステータス < ステータス スコード > で異常に停止しました 異常のプログラムが終了しました。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-STREAMCACHE-3-673024: [プロシージャ] -項目 <item name> の予期しない値 項目の予期しない値を受け取ります。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-STREAMCACHE-3-673025: [プロシージャ] -通知ヒントを得られない 通知ヒントを得ません。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-STREAMCACHE-3-673026: [プロシージャ] sysdb <error_mesg> からアンバインドされなくて sysdb から結合 しません。 コマンドを再試行して下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-STREAMCACHE-3-673027: [プロシージャ]レジスタ[操作] <error_mesg> に失敗されて 確認/通知を登録しません。 コマンドを再試行して下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-STREAMCACHE-3-673028: [プロシージャ] [操作]情報 <error_mesg> を得られない 確認/通知 情報を得ません。 コマンドを再試行して下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-STREAMCACHE-3-673029: [プロシージャ] ven リソース <error_mesg> を解放されない VEN リソースを解放しません。 コマンドを再試行して下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-STREAMCACHE-3-673030: [プロシージャ] EDM/verification ACK <error_mesg> を構築されない verification/EDM 確認応答を構築しません。 コマンドを再試行して下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-STREAMCACHE-3-673031: [プロシージャ]項目[フィールド] NULL <error_mesg> です 項目名前/New 値/古い値は空です。 コマンドを再試行して下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-STREAMCACHE-3-673032: [プロシージャ]予想外 sysdb 型/項目 長さ <error_mesg> 予想外 sysdb 型/項目 長さ。 コマンドを再試行して下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-STREAMCACHE-3-673033: [プロシージャ]全メッセージ <error_mesg> を受け取られない 全メッセージを受け取りません。 コマンドを再試行して下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-STREAMCACHE-3-673034: [プロシージャ]受け取った予想外メッセージタイプ <error_mesg> 予想外メッセージタイプを受け取ります。 コマンドを再試行して下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-STREAMCACHE-3-673035: [プロシージャ] ACK <error_mesg> を送信 されない 確認応答を送信しません。 コマンドを再試行して下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-STREAMCACHE-3-673036: [プロシージャ] EDM 情報 <error_mesg> を得られない EDM 情報を得ません。 コマンドを再試行して下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-STREAMCACHE-3-673037: [プロシージャ] EDM リスト サポートされなかった <error_mesg> EDM リストは設定されていません。 コマンドを再試行して下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-STREAMCACHE-3-673038: [プロシージャ] EDM [操作] <error_mesg> 失敗しました EDM 登録/登録解除は失敗します。 コマンドを再試行して下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-STREAMCACHE-3-673039: [プロシージャ] RTSP 再構成 <error_mesg> に失敗されて エラーは RTSP 再構成の時に発生します。 コマンドを再試行して下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-STREAMCACHE-3-673040: [プロシージャ] [リソース]オペレーション <operation name> は <error_mesg> 失敗しました エラーはファイル/パイプ オペレーションの時に発生します。 コマンドを再試行して下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-STREAMCACHE-3-673041: [プロシージャ]未知 EDM 項目 <item name> は <error_mesg> 失敗しました 未知 EDM 項目。 コマンドを再試行して下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-STREAMCACHE-3-673042: [プロシージャ] gethostbyname は <error_mesg> 失敗しました ホスト 詳細を名指しで得ません。 コマンドを再試行して下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-STREAMCACHE-3-673043: [プロシージャ]ローカルIPアドレス <error_mesg> を得られない ローカルIPアドレスを得ません。 コマンドを再試行して下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-STREAMCACHE-3-673044: [プロシージャ]統計 EDM として登録されなくて 統計 EDM として登録しません。 コマンドを再試行して下さい。 頻繁にこのメッセージが表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-STREAMCACHE-6-676000: [プロシージャ]ホスト名は /etc/hosts をです正常チェックします 正常に /etc/hosts ファイルのホスト名をチェックします。 アクションは不要です。
CE-STREAMCACHE-6-676001: [プロシージャ]もうシャットダウンします、子の引き起こ無し シャットダウンは進行中です。 子プロセスの引き起こ無し。 アクションは不要です。
CE-STREAMCACHE-6-676002: [終了する PID <PID> のプロシージャ]プロセス プロセス終了。 アクションは不要です。
CE-STREAMCACHE-6-676003: [プロシージャ] PID <pid> ない直接の子 このプロセスは孫です。 アクションは不要です。
CE-STREAMCACHE-6-676004: [プロシージャ]コード < ステータス スコード > と普通終了する <Program name> をプログラムして下さい 普通プログラムが終了しました。 アクションは不要です。
CE-STREAMCACHE-6-676005: [プロシージャ]すべてを止めることは <Path> に関係した処理します すべてのプロセスを強制終了しますこのプロセスの子孫である。 アクションは不要です。
CE-STREAMCACHE-6-676006: [プロシージャ] [サービス] <error_mesg> の登録を解除されない 確認/通知の登録を解除しません。 アクションは不要です。
CE-STREAMCACHE-6-676007: [プロシージャ]システムコールは失敗しました: <system call> システムコールは失敗します。 アクションは不要です。
CE-SSRV-3-678300: エラーはサーバの流出で発生しました。 <error msg> エラーはサーバの流出で発生します アクションは不要です。

700000 から 799999

メッセージ 説明 Action
CE-CMS-7-700000: <message> デバッグのために可能性としては興味深いイベントは発生します。 アクションは不要です。
CE-CMS-?-700001: <message> イベントはそれ以上の説明が提供されないかどれをのために発生します。 操作はこのイベントのために文書化されています。
CE-CMS-?-700002: <exception-name> [: <exception-message>]: <stacktrace> 処理されない例外は投げられます。 このメッセージが定期的に表示される場合、無視することができます。 このメッセージが頻繁に表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。
CE-CMS-0-700003: <exception-name> [: <exception-message>]: <stacktrace> エラーによりプログラムは終了します。 このメッセージが頻繁にまたは特定の状況のもとで表示される場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。

900000 から 999999

メッセージ 説明 Action
CE-SYS-[priority]-900000: [カーネル メッセージ] メッセージのこのクラスはカーネルによって生成されます。 それは直面する問題をデバッグするために役に立ちそうです。 より厳しい優先順位は問題である(0 は最も高いです、7 最も低いの)可能性が高いです。 これらのメッセージは直面する問題と共に Cisco テクニカル サポートに通じる必要があります。
CE-SYS-5-900001: [システム ブートアップ メッセージ] これらはメッセージの上のシステム ブートです。 これらのメッセージは主に情報を提供します。 ただし、それはある特定のブート アップに関する問題をデバッグするとき可能性としては有用です。
CE-SYS-5-900002: [システム ブートアップ メッセージ] これらは syslogd が開始するまで)メッセージの上のシステム ブートです(システム 初期化から。 これらのメッセージは主に情報を提供します。 ただし、それはある特定のブート アップに関する問題をデバッグするとき可能性としては有用です。


関連情報


Document ID: 41061