音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

Cisco CallManager DLLHOST のトラブルシューティング

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2003 年 6 月 5 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、すべての COM+ アプリケーションで使用される DLLHOST 処理に関連する問題と、このホスト処理の問題を解決する方法について説明します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Media Convergence Server(MCS; メディア コンバージェンス サーバ)7835(他の MCS プラットフォームも適用)

  • Cisco CallManager 3.x および CallManager 4.x (CallManager の他の適当なバージョン)

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

問題

DLLHOST 処理は、Windows 2000 のすべてのバージョンで使用され、すべての COM+ アプリケーションで行われるホスト処理です。 ウィンドウのシステムは COM+ を ASP ページ(Internet Information Server (IIS) /services)を管理し、実行するのに使用します。 したがって、ASP ページが呼び出されると、その ASP ページを実行するために DLLHOST が使用されます。

具体的には、DLLHOST はすべての COM+ アプリケーションのためのホスト プロセスです。 Distributed Component Object Model (DCOM)はダイナミックリンクライブラリ(DLL)基づいた COM オブジェクトのためのサポート モジュールです。 DCOM は、Windows、ほとんどの Microsoft 製品、および COM+ または DCOM を使用する多くの Microsoft 以外の製品の基本的な部分であるソフトウェア アーキテクチャ モデルです。 ほとんどの場合、決して課業 表の DLLHOST を見ないで下さい。 通常次に DLLHOST は機能および終端を開始し、行います。 ただしインターネットを参照し、Java コードがあるページに来れば Java COM オブジェクトleavingcisco.com 実行が(これは可能性があります起こる)、課業 表でそれを見る時ある DLLHOST 終わらないかもしれません場合、時々。

DLLHOST方法がないので、 より多くのアドバンスド ユーザーは DLLHOST が課業 表に絶えず現われる問題を解決できるレジストリキー「HKEY_LOCAL_MACHINE \ソフトウェア\ Microsoft \ Java VM \ MSDebug」を削除できます。 DLLHOST は通常安定 して いますが、時折管理する DLL は問題を引き起こすかもしれません。 この資料の Solution セクションは DLLHOST プロセス内のメモリリークを識別する方法を示します。

詳細については、最新のウィンドウズオペレーティングシステム(OS)および構造化照会言語 (SQL) 情報に関しては Readme メモ登録ユーザのみ)を参照して下さい。

解決策

最初のタスクはどの COM+ アプリケーションが DLLHOST プロセスでリークするか識別することです。 これらのステップはこの問題を解決し始めるように基礎を提供します:

  1. Task Manager で、DLLHOST.EXE ファイルに関係する process identifier(PID; プロセス識別子)を調べます。

  2. >Component サービスを Start > Programs > Administrative Tools の順に選択 して下さい。

  3. [Component Services] > [Computers] > [My Computer] > [COM+ Applications] の順に展開します。

  4. COM+ Applications を選択します。

  5. COM+ を右クリックし、> ステータス ビュー『View』 を選択 して下さい。

  6. 右側のペインでは、関連する PID は各アクティブ COM+ アプリケーションの右へリストされています。 この PID を、Task Manager で PID を識別するときの相互参照として使用します。

    この例では、タスク マネージャの DLLHOST はメモリの 200 mb にアクセスしている PID 2456 を参照します。 コンポーネント サービスでは、PID 2456 は「プロセスによってプーリングされるアプリケーションからの IIS」と関連付けられます。 この場合、Cisco Unified CallManager は Multilevel Administration Access (MLA)に関連している Cisco バグ ID CSCea07798登録ユーザのみ)を見つけます、メモリをリークさせるのに「プロセスによってプーリングされるアプリケーションからの IIS を」使用する。 この場合、MLA アカウントの代りの CCMAdministrator アカウントを使用して問題を解決します。

    dllhost-1.gif

    この情報を利用して既知の不具合が問題であるかどうかleavingcisco.com 見る COM+ アプリケーションのためのマイクロソフト社Webサイトおよび Cisco.com および検索両方に行くことができます。

    また、perfmon との DLLHOST のプライベート バイトの量を確認できます。 プライベート バイトの数がいくつかの日の間一定している残る場合、メモリリークがありません。 プライベート バイトの数が増加するのを調べる場合識別される必要があるメモリリークがあります。

テクニカルサポート サービス 要求を開く前に収集するべき情報

これらの問題の Cisco テクニカル サポートとのサービス リクエストを開くことにする前にこの情報を収集し、テクニカルサポート エンジニアのために利用可能 なそれを持って下さい:

  1. エラーに関連するかもしれないイベントログを収集して下さい。

  2. Windows SQL パッチを収集して下さい。 これをするために、7.0 <Version を > > クエリ アナライザ Start > Programs > Microsoft SQL Server の順に選択 して下さい。

  3. 選定された @@version を入力し、クエリ(上中間グリーンの矢印)を行って下さい。

  4. Windows パッチを収集して下さい。 これをするために、Start > Run の順に選択 し、c:\sti\stiver を入力して下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 40986