音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

Cisco CallManager 3.3 へのアップグレードを成功させるためのヒント

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2003 年 3 月 7 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

テクニカル サポートでは、Cisco CallManager 3.3 のアップグレードの問題に関係している問題が増加しています。 これらの問題のほとんどは、正しいアップグレード手順に従うことで回避できるものです。 そのため、最も頻度の高い問題を元にして、アップグレードを問題なく行えるようにするためのヒント集を作成しました。 また、アップグレードが進行する仕組みや、正しく完了したことがわかる便利なログについても、いくつかリストに含まれています。 これらのログは、アップグレードのいずれかの箇所で失敗したときにテクニカル サポート ケースをオープンする場合にも役に立ちます。 この文書は、パブリッシャでのアップグレードだけに適用されるものです。サブスクライバの場合は cisco.com の文書を参照してください。

この資料は cisco.com のアップグレード 資料を取り替えません。 Cisco CallManager リリース 3.3(2) をアップグレードすることがによって参照することは絶対に必要ですアップグレードする前に。 顧客は彼ら attemptg アップグレード前にこれらのバグに気づく必要があります: Cisco バグ ID CSCdy17885登録ユーザのみ)および Cisco バグ ID CSCea32780登録ユーザのみ)。

前提条件

要件

この ドキュメント を 読む人はアップグレードする前にこれらの文書を読む必要があります:

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco CallManager リリースに基づいています 3.3(2)

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 クリア(デフォルト)設定と開始するこの資料で使用されるデバイスすべて。 対象のネットワークが実稼働中である場合には、どのような作業についても、その潜在的な影響について確実に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

アップグレードに関するヒント

  • アップグレードを行うバージョンの判別をするには、「Cisco CallManager の互換性一覧」を参照してください。

  • Cisco CallManager 3.3 への最初のアップグレードかインストールに関しては、requir CD-ROM キット。 ソフトウェアサポート契約がある場合、Product Upgrade Tool登録ユーザのみ)を参照して下さいおよび/または Cisco販売販売担当者に連絡して下さい。 アップグレードは cisco.com からダウンロードすることができません

  • アップグレード手順の最初に、現在のシステムのバックアップを取ります。 Backup ユーティリティがバージョン 3.5.6 または それ 以降であることは必須です。 Backup ユーティリティの以前のバージョンが使用される場合、バックアップから復元する。 バージョン 3.5.6 は 2 つのファイルで STI_PARTITION の回復 ディレクトリを作成します: dbname.ini および backup.ini。 これら二つのファイルは更新成功 essentialfor です。 Operating System (OS) インストールを開始する前に、2 つのファイルとの回復 ディレクトリが作成されたことを確認して下さい。 またシステムのバックアップが正常に完了することを確認して下さい。

  • 3.3.3 にアップグレードする場合、「BkupFileCk メッセージを受け取ることができます: ERR: アップグレードして下さいバージョン 3.5.44 または それ 以上にバックアップ プログラムを」。 3.5.6 をアンインストールし、3.5.44 またはそれ以降をインストールして下さい。 相談しま Cisco IP Telephony アプリケーション Backup ユーティリティを、バージョン 3.5.44 使用します

  • システムのバックアップが正常に完了することを確認して下さい。 「Cisco IP テレフォニー アプリケーションのバックアップ ユーティリティ、バージョン 3.5.6 の使用方法」を参照してください。 この資料はバックアップが正常だった場合説明したものです。

  • OS インストールから開始する前にこれらをして下さい:

    • 現在使用しているデータベースを書き留めます。 CCMADMIN > Help > About CallManager > Details に行って下さい。 これはアップグレードが失敗した、手動で異なる iniファイルを作成する必要があれば場合役立ちます。

    • STIback.log を収集し、別の場所へコピーします。 このファイルはアップグレード プロセスの間に問題に直面すれば役立ちます。

    • hosts ファイルと lmhosts ファイルを別の場所にコピーします。 OS インストールが完了するが後、Cisco Unified CallManager インストールから開始する前に、これらのファイルはサーバにコピーし直される必要があります。 これを終了した後、コマンド プロンプトからの nbtstat - r コマンドを実行して下さい。

  • Cisco Unified CallManager をアップグレードするべきなら OS インストールの間に、オプション Same Server Recovery を選択するようにして下さい。 他のオプションを選択すると、STI_DATA パーティションが再フォーマットされ、RECOVER ディレクトリが削除されるため、アップグレードに失敗します。

  • OS インストールの間に「と回復 して います バックアップからのシステムを」プロンプト表示することができます。

    注意 注意: このオプションは選択しないでください。

  • 新しいサーバと既存の CallManager を(同じ名前および IP アドレスと構築される)取り替えるべきなら新しいサーバに STI_PARTITION の回復 ディレクトリをコピーして下さい。

  • OS のインストールが終了したら、Windows の Administrator のアカウントにパスワードを設定します。 このパスワードはブランクあることができません、のこれらの文字含まれている場合があります: \ ^ %の「。 これは DC Directory ソフトウェアの制限事項です。 従ってパスワードはのこれらの特殊文字が含まれている場合、DC Directory のインストールは、Cisco Unified CallManager インストール失敗し。 特殊文字とのパスワードを必要とする場合、最初に全体のクラスタのインストールを完了する必要があります。 完了されて、手動で Windows 管理者パスワードを変更できます(特殊文字と必要ならば)。 ただし、DC Directory 制限が理由で、英数字保存し、のであなたが Windows パスワードを上記される特殊文字のうちのどれも含まないことは賢明です。

  • アップグレードかインストールの間にドメインにサーバを置かないで下さい。 すべての Cisco Unified CallManager はドメインからクラスタの各サーバが稼働しているまである必要があります

  • バックアップがネットワーク ドライブで保存されるとき、復元するときこれらに注目して下さい:

    • ネットワークのパスは正しいパスを指定します。 である有効な Universal Naming Convention (UNC) パス 規定 する パス、たとえば\ \ backupserver \バックアップ\ MCS.sti ことを確認して下さい MCS.sti ファイルを検索するには、Browse オプションを使用します。 使用するとき参照して下さい、ネットワーク ディレクトリが空であることを確認して下さい。

    • 指定されたアカウントを確認するために『Verify』 をクリック して下さい。

    • 名前を使用するべきなら確かめて下さい解決可能であることを。 実際の CallManager 3.3 のインストールの前にデータベースを復元する必要があるため、このセクションは決して省略しないでください。 サーバでこの名前が解決できないと、アップグレード作業は失敗します。

  • クラスタすべてのインストールが終了したら、Support Patch A を適用します。

インストールを解決して下さい

CCMINST の日付/時間ログ

アップグレードで問題が発生した場合には、このログ ファイルを最初に見ます。 アップグレード プロセスのキーポイントはここに説明されます。

アップグレードするべきなら「同じシステム 回復選択しなければなりません」。を これをする場合、ログファイルでこれらを見ます:

20:00:01: fnCheckRecoveryFlag:          Function started.
20:00:01: fnCheckRecoveryFlag:          The Same System Recovery flag was detected.  
Is this server being configured as a Cisco CallManager Publisher?
20:00:10: fnCheckRecoveryFlag:          User responded "Yes" to message box.
20:00:10: fnCheckRecoveryFlag:          Function ended.

これを選択しない場合、ログファイルでこれらを見ます:

14:25:25: fnCheckRecoveryFlag:          Function started.
14:25:25: fnCheckRecoveryFlag:          D:\stiRecover.flg was not found.
14:25:25: fnCheckRecoveryFlag:          Function ended.

結果はインストールが続くが、実際の Cisco Unified CallManager インストールの前にバックアップを復元することです。 従って、バックアップからデータベースは 3.3 スキーマに移行することができません。

OS バージョンは 2000.2.3 であるなります。 正しいバージョンを実行する場合、ログファイルでこれらを見ます:

Action start 14:27:39: MSICheckOSVersion.
02/18/2003 14:27:40.515(W) --> MSICheckOSVersion()
02/18/2003 14:27:40.531(W) Getting 'MinOSVersion' MSI property
02/18/2003 14:27:40.531(W) Retrieved a valid string from MSI property
02/18/2003 14:27:40.531(W) Min OS version: [2000.2.3]
02/18/2003 14:27:40.531(W) MinOSMajor: [2000]
02/18/2003 14:27:40.546(W) MinOSMinor: [2]
02/18/2003 14:27:40.546(W) MinOSPoint: [3]
02/18/2003 14:27:40.546(W) Opened registry key
02/18/2003 14:27:40.546(W) Retrieved OSVersion string from registry
02/18/2003 14:27:40.546(W) Actual OS Major: [2000]
02/18/2003 14:27:40.546(W)Actual OS Minor: [2]
02/18/2003 14:27:40.546(W) Actual OS Point: [3]
02/18/2003 14:27:40.578(W) Current OS version meets minimum requirements
02/18/2003 14:27:40.593(W) <-- MSICheckOSVersion()
Action ended 14:27:40: MSICheckOSVersion. Return value 1.
Action start 14:27:40: MSICheckTSSession.

異なるバージョンを実行する場合、ログファイルでこれらを見ます:

Action start 14:56:53: MSICheckOSVersion.
02/20/2003 14:56:57.339(W) --> MSICheckOSVersion()
02/20/2003 14:56:57.380(W) Getting 'MinOSVersion' MSI property
02/20/2003 14:56:57.410(W) Retrieved a valid string from MSI property
02/20/2003 14:56:57.410(W) Min OS version: [2000.2.3]
02/20/2003 14:56:57.410(W) MinOSMajor: [2000]
02/20/2003 14:56:57.420(W) MinOSMinor: [2]
02/20/2003 14:56:57.420(W) MinOSPoint: [3]
02/20/2003 14:56:57.420(W) Opened registry key
02/20/2003 14:56:57.420(W) Retrieved OSVersion string from registry
02/20/2003 14:56:57.420(W) Actual OS Major: [2000]
02/20/2003 14:56:57.420(W) Actual OS Minor: [1]
02/20/2003 14:56:57.420(W) Actual OS Point: [2]
02/20/2003 14:56:57.470(W) Current OS version does not meet minimum requirements

結果として、アップグレードは停止し、Cisco Unified CallManager はインストールされていません。

アップグレード処理では、dbname.ini をレジストリに戻す必要があります。 バックアップが正しいバージョンと奪取 され、このファイルが作成されれば、ログファイルでこれらを見ます:

Action start 20:05:06: MergeToReg_dbname.ini.
Action ended 20:05:06: MergeToReg_dbname.ini. Return value 1.
….
20:06:31: MSIUtils.cpp: fnGetRegValue:           Function started
20:06:31: MSIUtils.cpp: fnGetRegValue:            
\\DREADLOCKS\HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Cisco Systems,
Inc.\CallManager\IHC\DBNAME = "CCM0304"
20:06:31: MSIUtils.cpp: fnGetRegValue:           Closed first registry key.
20:06:31: MSIUtils.cpp: fnGetRegValue:           Closed second registry key.
20:06:31: MSIUtils.cpp: fnGetRegValue:           Function ended
20:06:31: GetDBName.cpp: fnValidateDBNAME:        Function started
20:06:31: GetDBName.cpp: fnValidateDBNAME:        "CCM0304" is a valid database name format for a 
CallManager publisher.
20:06:31: GetDBName.cpp: fnValidateDBNAME:        Function ended
20:06:31: GetDBName.cpp: fnGetDBName:     Function ended

バックアップが適切でないバージョンと奪取 される場合、ログファイルで続くことを見ます:

17:41:39: MSIUtils.cpp: fnGetRegValue:           Function started
17:41:39: MSIUtils.cpp: fnGetRegValue:           Unable to open registry key 
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Cisco Systems, Inc.\CallManager\IHC
17:41:39: MSIUtils.cpp: fnGetRegValue:           RegOpenKeyEx failed.  Error 2: The system cannot find the 
file specified.
17:41:39: MSIUtils.cpp: fnGetRegValue:           Function ended
17:41:39: GetDBName.cpp: fnGetDBName:     Error: fnGetRegValue returned: 1603
17:41:39: GetDBName.cpp: fnGetDBName:     Function ended

結果として、アップグレードは停止し、Cisco Unified CallManager はインストールされていません。

テクニカルサポートケースをオープンするための情報

もしテクニカルサポートケースをオープンする必要があればこの情報を私達に与えて下さい:

  • ルート ディレクトリ C:\ のすべての *.txt 及び *.log ファイル

  • ディレクトリ C のすべてのファイル: \プログラム ファイル\共通ファイル\ Cisco \ログ

  • STI_DATA パーティションにあるすべてのファイル

  • (DC Directory においての問題)ディレクトリ C:\DCDSrvr\log のすべてのファイル

  • ディレクトリ C:\Install\DBInstall\ *.* のすべてのファイル

  • ディレクトリ C:\Winnt\sti *.* のすべてのファイル

  • データベースの名前

  • STIback.log


関連情報


Document ID: 40741