コラボレーション : Cisco Unified Contact Center Enterprise

LDAP モニタ サーバがフェールオーバーしない

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Lightweight Directory Access Protocol(LDAP)および LDAP がどのように機能するかについて説明します。また、LDAP Monitor Server がフェールオーバーしない原因を判断するためのトラブルシューティング手順の詳細についても説明します。

はじめに

表記法

ドキュメントの表記法の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

前提条件

このドキュメントの読者は次の項目に関する知識が必要です。

  • Cisco Intelligent Contact Management (ICM)機能性

  • IP 音声およびネットワーキング エクスペリエンス

  • Cisco Agent Desktop の実際上の知識

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco ICM バージョン 4.6.2 以降

  • Cisco Agent Desktop 3.0 および それ以降

  • Microsoft Windows NT レジストリ ユーティリティ

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 対象のネットワークが実稼働中である場合には、どのような作業についても、その潜在的な影響について確実に理解しておく必要があります。

説明

ディレクトリ サービス サーバは LDAPサーバです。 Cisco 他のすべてのデスクトップ サーバは始動でディレクトリ サービス サーバと登録します。 オプションのセカンダリ ディレクトリ サービス サーバはプライマリ ディレクトリ サービス サーバに冗長性を提供するためにインストールすることができます。 このセカンダリ ディレクトリ サービス サーバは個別のマシンでインストールする必要があります。

この資料は Cisco Agent Desktop からセットアップによってセカンダリ(バックアップ) LDAPサーバであるために動作し、プライマリ LDAPサーバおよび PG1B であるために PG1A を設定したことを仮定します。 テストの間に、エージェントはプライマリ LDAP サービス(PG1A)が停止するとき Cisco Agent Desktop にログイン することができません。 次のサンプルが記録 するのを参照して下さい:

18:13:34 11/07/2002 INFO   NTSVC  The Windows NT service 
  received a stopmessage from the Windows NT service manager.
18:13:34 11/07/2002 INFO   NTSVC  The Windows NT service has stopped.
18:13:36 11/07/2002 INFO   NTSVC  running as NT service..Cisco 
  Desktop LDAP Monitor
18:13:36 11/07/2002 INFO   NTSVC  starting NT service...
18:13:36 11/07/2002 MAJOR  NTSVC Begin
18:13:36 11/07/2002 MAJOR  NTSVC End
18:13:36 11/07/2002 INFO   NTSVC  The Windows NT service has started.
08:40:00 11/14/2002 INFO   NTSVC  The Windows NT service received 
  a shutdown message from the Windows NT service manager.

Cisco Agent Desktop の初期セットアップの後で、周辺装置がプライマリ LDAP サービスをホストする周辺装置がセカンダリ(バックアップ) LDAP サービスをホストし、定義して下さいもし設定するなら。 また Domain Name System (DNS)問題を避けるのに指定フィールドでホスト名の代りに IP アドレスを使用することが、推奨されます。

セカンダリ ディレクトリ サービス サーバ(LDAP)はプライマリ LDAPサーバからだけデータベースおよびそれにだけ読み取り アクセスを受け取ります情報を提供します。

注: Cisco Agent Desktop 4.4 のほとんどの最新バージョンとセカンダリ ディレクトリ サービスにサーバを今日接続するエージェントのための本当フェールオーバー 冗長性を得ません。 ただし、セカンダリ LDAP が設定されれば、エージェントはログインおよびレシーブ カスタマー コールできます。

解決策

設定を確認することおよびプライマリかセカンダリ LDAPサーバを確認するためにチェックするべき複数のよくある事柄動作しましたり、そこにです。

Cisco Agent Desktop LDAP ソリューションのための 2 人の部があります。

  • LDAPサーバはslapd.exe プロセスを使用します

  • LDAP モニタ サービス

LDAP モニタ サービスの唯一機能は実際のプライマリ LDAPサーバslapd.exe プロセス)を開始し、監視することです。 何らかの理由で失敗した場合、意図的に再起動します。

完全に LDAPサーバslaped.exe プロセス)を停止したいと思えばそれらが両方接続されるので LDAPMONITOR サービスを停止して下さい。 これは Start > Programs > AdministrativeTools > Services にアクセスして実行されます

図 1 および図 2.参照して下さい 初期セットアップを確認することを可能にするエージェント レベルかでレジストリキーと共に水平なエージェントで設定されるどんな必要性表示できます。

エージェントの間にディレクトリ サービス サーバ情報と呼ばれる Windows ダイアログボックスが現われるプロセスをインストールして下さい。 図 1 を参照してください。

Directory Services Server Information ダイアログボックスでは、プライマリ ディレクトリ サービス(LDAP)サーバの IP アドレスを入力し、次に『Next』 をクリック して下さい。 バックアップ(セカンダリ)ディレクトリ サービス サーバをインストールする場合、バックアップサーバがインストールされているサーバの IP アドレスを入力して下さい。

図 1: ディレクトリ サービス サーバ情報

/image/gif/paws/40440/LDAPFailover-1.gif

LDAPサーバ エージェント ユーザは Setup 鍵次のサイトの下のエージェントのレジストリで設定されます:

HKEY_LOCAL_MACHINE/Software/Spanlink/Site Setup
図 2: レジストリキー

LDAPFailover-2.gif

注: セカンダリがインストールの間にセットアップおよび設定されたら LDAP_HOSTA および LDAP_HOSTB の値があります。

このレジストリキーは開始するとき Cisco Agent Desktop プログラムが検知 するものにです。 エージェント レベルでセットアップを再実行することを考えるか、または上記のレジストリキーを修正することを試みることができます。 両方にエントリがあることを確かめて下さい。 IP が異なっている確認し、正しいプライマリおよびバックアップ LDAPサーバをことを表しなさい。

dsbrowser を開始するために、プライマリおよびセカンダリ LDAPサーバのこれらのステップを完了して下さい:

  1. Start > Run の順にクリックします。

  2. Open フィールドでこのコマンドを入力して下さい。

    "C:\Program Files\Cisco\Desktop_config\Util\
      dsbrowser.exe" /editable
  3. [OK] をクリックします。 Directory Servces Login ウィンドウは開きます。

  4. IP アドレスが有効であり、市内電話 センター名前がプライマリ LDAPサーバのために正しかったら、パスワードを入力し、『OK』 をクリック して下さい。

図 3: ディレクトリ サービス ログイン

LDAPFailover-3.gif

dsbrowser を開始するもう一つの方法は > Cisco > デスクトップ > ユーティリティ 『Start > Programs』 を選択 すること、そして dsbrowser を開きます。 Directory Servces Login ウィンドウは開きます。

設定されるセカンダリ LDAPサーバがあればプライマリ LDAPサーバにある replog と呼ばれる別のファイルはフェールオーバーの現在のエラーがあったかどうか確認するために表示することができます。

注: replog ファイルサイズが非常に大きければ(100MG+)、これは問題を示唆できます。

それはプライマリ LDAP サービスにすべてのエージェント ポイントを持つデフォルトで最良 の 方法です。

エージェントが Cisco Agent Desktop によって LDAPサーバにログイン することができ、LDAP モニタ サービスが実行されていたら、CTITest ユーティリティを使用することを試みて下さい。 そこに確認するために Cisco Technical Assistance Center (TAC)にです Cisco ICM 設定 に関する 問題連絡して下さい。

エージェント レベルで、LDAP モニタ サービスを停止するとき、プライマリ LDAPサーバが同様に停止するように、相互関係が原因で設定されるバックアップ LDAPサーバがないかもしれません、従ってエージェントはログインできません。

エージェント水平なトレースは特定のエージェント 情報を収集するために以下の通り、設定 することができます:

  • エージェントデスクトップは次の機能性を提供します:

    • 画面ポップ

    • コール制御

    • エージェント レポートを表示して下さい

      • stats

      • コール ログ

      • エージェントの状態ログ

      • コール/チャット

      • 企業 データ

  • アプリケーション 名: fastcall.exe

  • ログファイル ディレクトリ: <Install Dir> \ログ

  • ログ ファイル名: エージェント[.dbg/.log]

  • Config ファイル ディレクトリ: <Install Dir> \構成

  • Config File Name: fastcalllocal.ini

  • アプリケーションのためにデバッグ レベルを上げる方法:

    • レベル = 6 -コール/チャット アプリケーションのための…

    • レベル = 10 -基本的な CTIデバッグのための…、企業トレース、fchooker

    • レベル = 11 - Cisco Agent Desktop と CTI サーバ間のより低いレベルの通信のための…

    • レベル = 170-179 - RASCAL トレースのための…

    • レベル = 3000-3100 -エージェントの状態トレース

    • レベル = 4000-4100 - LDAP トレース

    • レベル = 8000 -満開

デバッグ レベルを変更した後再始動 デスクトップ。

注: LDAP 情報をキャプチャ するのにレベル 4100 を使用して下さい。

イベント ビューアの UCCX LDAP Monitor エラー

問題

Cisco デスクトップ LDAP モニタ サービス エラーは 10 秒毎にについてのイベント ビューアに現われます。 エラーは示します:

LM0012 Slurpd プロセスは停止しました。

解決策

基本的に、slurpd は内蔵 UCCX LDAP のための複製プロセスです。 slapd と指名される別のプロセスはローカル LDAP への接続を可能にします、そして slurpd は他への 1 LDAP の反復実験変更を引き継ぎます。 プロセスは LDAP 月曜日サーバー コントロールを両方のサブプロセスと指名しました。

UCCX バージョンが 5.0.2 である場合、問題を解決するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. UCCX プライマリおよびセカンダリサーバ両方の Windows サービス コンソールの Cisco LDAP モニタ サービスをディセーブルにし、停止して下さい。

  2. 両方の UCCX サーバの C:\Program Files\Cisco\Desktop\log\replica フォルダに参照して下さい。

  3. フォルダのすべてのファイルを削除して下さい。

  4. Cisco LDAP モニタ サービスを手動に設定し直し、サービスを開始して下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 40440