IP : 簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)

SNMP coldStart トラップによるデバイスのリロード動作

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2003 年 7 月 23 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

SNMP エージェントは、初期化実行時に、coldStart トラップを送信します。 トラブルシューティング時にこのドキュメントの情報を使用すると、デバイスのリロード原因を特定しやすくなります。

前提条件

要件

このドキュメントの読者は、オブジェクト ID からオブジェクト名への変換機能など、SNMP トラップを理解している必要があります。

特定の SNMP オブジェクト ユーザは、次の項目に精通している必要があります。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

表記法

ドキュメントの表記法の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

coldStart トラップの原因の特定

以降のセクションでは、ユーザのルータ上での coldStart トラップの原因について説明します。

1. CLI によるリロード

Oct 13 13:10:17 nms-server2 snmptrapd[223]: 1.2.3.4: 
Cold Start Trap (0) Uptime: 0:00:24.57, 
system.sysUpTime.sysUpTimeInstance = Timeticks: (2457) 0:00:24.57, 
enterprises.cisco.local.lsystem.whyReload.0 = "reload"

reload show version コマンドは、リロードによって ROM に返されたシステムを示します。

2. 電源異常が原因のリロード

Oct 13 13:19:23 nms-server2 snmptrapd[223]: 1.2.3.4 [1.2.3.4]: 
Trap system.sysUpTime.sysUpTimeInstance = 1984,
  .iso.org.dod.internet.snmpV2.snmpModules.snmpMIB.snmpMIBObjects.snmpTrap.
   snmpTrapOID.0 = OID:
  .iso.org.dod.internet.snmpV2.snmpModules.snmpMIB.snmpMIBObjects.snmpTraps.
   coldStart, 
  system.sysUpTime.sysUpTimeInstance = Timeticks: (1984) 0:00:19.84,
  enterprises.cisco.local.lsystem.whyReload.0 = "power-on" 

show version コマンドは、電源オンによって ROM に返されたシステムを示します。

3. クラッシュ後のリロード

Oct 13 13:12:05 nms-server2 snmptrapd[223]: 1.2.3.4 [1.2.3.4]: 
Trap system.sysUpTime.sysUpTimeInstance = 1984, 
  .iso.org.dod.internet.snmpV2.snmpModules.snmpMIB.snmpMIBObjects.snmpTrap.
   snmpTrapOID.0 = OID:
  .iso.org.dod.internet.snmpV2.snmpModules.snmpMIB.snmpMIBObjects.snmpTraps.
   coldStart,
  system.sysUpTime.sysUpTimeInstance = Timeticks: (1984) 0:00:19.84, 
  enterprises.cisco.local.lsystem.whyReload.0 = "error -  Signal 23, Exception 
   code (0x0024)!, PC 0x801E2EC0" 

show version コマンドは、エラー「Signal 23, Exception code (0x0024)! ,, PC 0x801E2EC0」によって ROM に返されたシステムを示します。

管理者がルータへ Telnet 接続し、何らかの作業を実行している場合にルータがクラッシュすると、次のトラップが表示されることもあります。 このトラップ(SNMP v2c)は、クラッシュによるリロード後、ルータが起動しているときに生成されます。

Oct 13 13:37:42 nms-server2 snmptrapd[223]: 1.2.3.4 [1.2.3.4]: 
Trap system.sysUpTime.sysUpTimeInstance = 8287, 
  .iso.org.dod.internet.snmpV2.snmpModules.snmpMIB.snmpMIBObjects.snmpTrap.
   snmpTrapOID.0 = OID:
  enterprises.cisco.cisco#.tcpConnectionClose,
  enterprises.cisco.local.lts.ltsLineSessionTable.ltsLineSessionEntry.
   tslineSesType.2.1 = telnet(5),
  tcp.tcpConnTable.tcpConnEntry.tcpConnState.14.32.12.254.80.172.18.123.68.43280 = 
   finWait2(7),
  enterprises.cisco.local.ltcp.ltcpConnTable.ltcpConnEntry.loctcpConnElapsed.
   14.32.12.254.80.172.18.123.68.43280 = Wrong Type (should be Timeticks): 17,
  enterprises.cisco.local.ltcp.ltcpConnTable.ltcpConnEntry.loctcpConnInBytes.
   14.32.12.254.80.172.18.123.68.43280 = 66,
  enterprises.cisco.local.ltcp.ltcpConnTable.ltcpConnEntry.loctcpConnOutBytes.
   14.32.12.254.80.172.18.123.68.43280 = 168,
  enterprises.cisco.local.lts.ltsLineTable.ltsLineEntry.tsLineUser.2 = "" 

または

ルータをリロードする前のトラップの回避に IP 接続が使用できた場合、次のトラップ(SNMP v1)が表示されることがあります。

Oct 13 14:35:55 nms-server2 snmptrapd[223]: 1.2.3.4: 
Enterprise Specific Trap (tcpConnectionClose) Uptime: 0:04:15.25,
  enterprises.cisco.local.lts.ltsLineSessionTable.ltsLineSessionEntry.
   tslineSesType.130.1 = telnet(5), 
  tcp.tcpConnTable.tcpConnEntry.tcpConnState.10.5.1.123.23.172.18.123.33.1840 = 
   established(5),
  enterprises.cisco.local.ltcp.ltcpConnTable.ltcpConnEntry.loctcpConnElapsed.
   10.5.1.123.23.172.18.123.33.1840 = Wrong Type (should be Timeticks): 19504,
  enterprises.cisco.local.ltcp.ltcpConnTable.ltcpConnEntry.loctcpConnInBytes.
   10.5.1.123.23.172.18.123.33.1840 = 93,
  enterprises.cisco.local.ltcp.ltcpConnTable.ltcpConnEntry.loctcpConnOutBytes.
   10.5.1.123.23.172.18.123.33.1840 = 1766,
  enterprises.cisco.local.lts.ltsLineTable.ltsLineEntry.tsLineUser.130 = "cse" 

注: 例 2 と 3 は、SNMP v2c を生成するように設定されたルータからのものです。一方、例 1 と 4 は、SNMP v1 トラップを生成するように設定されたルータからのものです。

4. SNMP リロード トラップによるシャットダウン

Oct 13 14:30:23 nms-server2 snmptrapd[223]: 1.2.3.4: 
Enterprise Specific Trap (reload) 
Uptime: 0:03:05.98, system.sysUpTime.sysUpTimeInstance = Timeticks: (18598) 0:03:05.98, 
enterprises.cisco.local.lsystem.whyReload.0 = "snmp shutdown request"

ルータのリロード後に show version コマンドを実行すると、リロードによって ROM へ返されたシステムが表示されます。

注: これらの不具合は、Catalyst 2900/3500 XL スイッチで生成されない coldStart トラップに関連しています。 CSCdy10697登録ユーザのみ)、CSCdp41669登録ユーザのみ)、および CSCdm02220登録ユーザのみ)。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 40360