音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity

Unity 4.0 を搭載した TUI を介したコール ハンドラ グリーティングの変更

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2003 年 3 月 17 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

Cisco Unity の前回のバージョンでは、管理者がコール ハンドラのグリーティングを処理するには、Cisco Unity Administrator にログオンする必要がありました。 Cisco Unity バージョン 4.0 以降は、管理者はコール ハンドラのグリーティングの録音、コール ハンドラの代替グリーティングのイネーブルまたはディセーブル、およびコール ハンドラで現在アクティブなグリーティングの判別などを、電話ユーザ インターフェイス(TUI)を介してすべてリモートで処理できるようになりました。 この文書では、Cisco Unity Greeting Administrator(CUGA)の設定方法を説明します。 この機能を使用すると、コール ハンドラの所有者はこのコール ハンドラのグリーティングを TUI で録音またはイネーブルすることができます。 この文書では、次の異なる 2 つの方法について取り扱います。 1 つ目の方法は、ユーザが特定の内線または Direct Inward Dial(DID; ダイヤルイン方式)にダイヤルして CUGA に到達するというものです。 2 つ目の方法は、加入者がメールボックスにログインしたまま CUGA にアクセスできるというものです。 どちらの場合も、加入者は自分の所有するグリーティングだけを変更できます。 この機能の詳細については、Unity 4.0 のリリース ノートを参照してください。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

この資料はこれらのソフトウェア バージョンを使用して開発され、テストされました:

  • Cisco Unity 4.0(x) 以上

  • Cisco CallManager 3.2(x) 以上

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 対象のネットワークが実稼働中である場合には、どのような作業についても、その潜在的な影響について確実に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

方法 1: 特定 の 拡張か DID のダイヤルによって CUGA を使用して下さい

この設定はサブスクライバに方法を拡張にダイヤルし、すぐに CUGA に送信 される提供します。か。 サブスクライバはユーザ名 および パスワードを提供するためにプロンプト表示されます。か。彼らは所有するためにコール ハンドラだけ編集彼らできます。か。 加入者はコール ハンドラの唯一の所有者になるか、またはコール ハンドラを所有する配布リストに所属します。

Cisco CallManager の設定

Cisco CallManager には、Cisco Unity に直接コールまたは転送コールの送信を設定する必要があります。 変換パターンは Cisco Unified CallManager で Cisco Unity か Cisco Unity に転送された コールを送るために設定されるコンピュータ テレフォニー インテグレーション (CTI) ポートにダイレクト コールを送るために設定することができます。 ?音声メールポートがパーティションにある場合、そのパーティションが含まれている CTI ポート Calling Search Space はか変換パターンは割り当てる必要があります。か。

これらはサンプル Cisco Unified CallManager スクリーン ショットです:

5001 が音声メールパイロット数である Cisco Unity にダイレクト コールを送るために Cisco Unified CallManager で設定される変換パターン

/image/gif/paws/40353/greeting_admin01.gif

または

Cisco Unity に転送された コールを送るために Cisco Unified CallManager で設定される CTI ポート

/image/gif/paws/40353/greeting_admin02.gif

greeting_admin03.gif

Cisco Unity を設定する

Cisco Unity を直接ダイヤルのための CUGA を設定するために設定するためにこれらのステップを完了して下さい。

  1. Cisco Unity Administrator(SAWeb)を開きます。

  2. ページを Call Management > Call Routing の順に選択 して下さい。

  3. 直接コールまたは転送コールのルーティング ルールを作成します。

これは CUGA にコールをルーティングするために発信者番号(ANI)を検知 する ダイレクト コール ルーティング ルールのスクリーン ショットです。 変換パターンを使用してコールを Cisco Unity に転送する場合はこの設定になります。

/image/gif/paws/40353/greeting_admin04.gif

これは CUGA にコールをルーティングするためにフォワーディング ステーションを検知 する 転送された コール ルーティング ルールのスクリーン ショットです。か。 これは CTI ポートを通して Cisco Unity にコールを転送することにする場合設定されます。

/image/gif/paws/40353/greeting_admin05.gif

コール ハンドラを CUGA によって変更されることを許可するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. Cisco Unity Administrator(SAWeb)を開きます。

  2. > コール ハンドラ 『Call Management』 を選択 して下さい。

  3. Find アイコンをクリックして、Find をクリックします。

  4. 電話で変更を有効にしたいコール ハンドラをクリックします。

  5. Extension フィールドで、コール ハンドルに割り当てる固有の内線を入力してください。

  6. [Save] をクリックします。

    /image/gif/paws/40353/greeting_admin06.gif

CUGA の設定を確認して下さい

CUGA が正しく設定されたことを確認するためにこれらのステップを完了して下さい。

  1. 番号をダイヤルして CUGA にアクセスします(コール ルーティング設定に基づいて)。

  2. コール ハンドラの所有者の ID を入力します。

  3. コール ハンドラの所有者のパスワードを入力します。

  4. コール ハンドラの内線を入力します。

  5. Cisco Unity のプロンプトに従って、グリーティングとレコード グリーティングとの間で切り替えを行います。

方法 2: メールボックスにログオンされている間 CUGA を使用して下さい

サブスクライバのメールボックスはまた CUGA にダイレクトアクセスを提供するために設定することができます。 サブスクライバは専有物コール ハンドラ グリーティングを編集できるように音声 メールボックスにログイン した後 Caller Input 鍵 マップのエントリを設定 する必要があります。

注: Caller Input 鍵 マップはサブスクライバのグリーティングの間だけに使用されます。 従って彼らがメールボックス ログイン されれば、メッセージ管理者を入力できません。 押す#署名するように頼まれるとき、メッセージの開始で、拡張で入力して下さい。 挨拶演劇が、グリーティングを変更するために番号を押す間、Map ページ コール 入力 キーで定義しました。

Cisco Unity の Caller Input 鍵 マップを加入者のメールボックスから CUGA にアクセスするために設定するためにこれらのステップを完了して下さい。

  1. Cisco Unity Administrator(SAWeb)を開きます。

  2. > サブスクライバ 『Subscribers』 を選択 して下さい。

  3. Find アイコンをクリックして、Find をクリックします。

  4. CUGA へのアクセスを設定したい加入者をクリックします。

  5. Subscriber > Caller Input の順に選択します。

  6. キーをクリックして下さいロックされていないし、「Ignore 鍵に」設定 される 処理がある。

  7. Lock this key to the action (don’t wait for an additional key press) ボックスをチェックします。

  8. Action の下で、Send Caller to を選択します。

  9. プルダウン メニューから、Greeting Administrator を選択します。

  10. [Save] をクリックします。

    /image/gif/paws/40353/greeting_admin07.gif

一般的な問題

問題: CUGA へのアクセス番号をダイヤルすると、CUGA がオープニングのグリーティング メッセージを再生します。

解決策: コール ルーティングが正しく設定されているか確認してください。 Call Viewer ツールを使用して、Cisco Unity で受信されるコールが、設定されているルーティング ルールと一致しているか確認してください。

/image/gif/paws/40353/greeting_admin08.gif

このコール ビューア ウィンドウで、拡張 5800 にダイレクト コールとしてコール #1 を見ます。 これは変換パターンによって Cisco Unity になされたコールであることがわかります。 Call #2 は、CTI ルートポイントである内線 5900 から転送されたものです。

問題: 修正するためにコール ハンドラの拡張にダイヤルするとき Cisco Unity はこのコール ハンドラのオーナーとして「残念リストされていません」プロンプト表示します。

解決策: 入力した ID を確認する Profile ページ コール ハンドラの下のチェックはそのコール ハンドラのオーナーです。 コール ハンドラが配布リストに所有されるものであれば、入力した ID と関連付けられるメールボックスがこのリストのメンバであるか確認してください。

問題: 外部ラインからの Cisco Unity コール ハンドラ グリーティングを(以外cluster/PSTN の)記録し、メディア マスターの Play ボタンをクリックすることを試みるとき言う規定 された 電話番号は使用中であることをメッセージはポップアップします このシナリオでは、Cisco Unity サーバは Nortel PBX に接続されます。

解決策: 制限 されるかどうか見るために Nortel PBX で設定される Cisco Unity ポート番号をチェックして下さい。 Cisco Unity ポートのネットワーク サービス クラス(NCOS ことを)値が 0 に設定 されたらかどうかこれをするために、確認して下さい(制限 される)。 その場合、問題を解決するために 1 にそれを変更して下さい。

問題: 新しいコール ハンドラが追加されるとき、プルダウン メニューは Profile ページ コール ハンドラでブランクです; それは記入される省略時 の オプションを示しません。 Caller Input ページに行くとき、ボタンを示しません。 この問題はいくつかの基本的なテンプレートが Cisco Unity データベースから抜けていると発生します。

解決策: Cisco Unity System Administrator (SA) Webページおよび SQL Enterprise Manager に行き、デフォルト サブスクライバ テンプレートおよびデフォルト管理者 テンプレートが抜けているかどうか確認して下さい。 その場合、テンプレートを作り直すことを試みるために DBwalker を実行して下さい。 これがとデータベースの「開始グリーティング」コール ハンドラを見つけることができなければ-既定のオブジェクトを再度組み立てる必要失敗した。 支援に関しては TAC に連絡して下さい。 エラーメッセージは、この問題を解決するために、C:\CommServer に行き、configmgr.exe をダブルクリックします。 すべての既存のオブジェクトを維持している間 Resetall 既定の構成設定を選択し、『Run』 をクリック して下さい

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 40353