コラボレーション : Cisco ICM CTI Desktop

Ciscoエージェントデスクトップ - 破損したライセンスファイル

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Cisco Desktop Product Suite 内の破損したライセンス ファイルを取り上げ、問題を解決するための手順について説明します。

ホットフィックスはこの問題に現在利用できます。 その他の情報に関しては Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco Desktop Product Suite

  • Cisco エージェントおよびスーパバイザ デスクトップ

  • Cisco Agent Desktop ライセンス サーバー権限

    権限の要件のリストのための Cisco Agent Desktop リリース 4.4 サービス 案内を参照して下さい。

  • Cisco Agent Desktop ライセンス 管理ユーティリティ

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco デスクトップ パッケージ製品 バージョンに熱い修正 6.とのより 4.2.1 先に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

The license file ネームド license.lf はユーザー環境に許可されるある特定の権限を必要とします。 license.lf ファイルは Cisco エージェントおよびスーパバイザ デスクトップから Login 要求の間にアクセスされます。 license.lf ファイルが破損するようになれば、この資料のプロシージャは Cisco エージェントおよびスーパバイザ デスクトップ 環境内のログイン障害の解決を援助します。

ログイン障害

license.lf ファイルは当然の破損に、読み書きアクセスの複数のクライアントからアクセスすること可能性のあるなることができます。 ライセンス ファイルが破損しているとき、Cisco Agent Desktop は正常に Login 要求を完了することができません。 そのような状況では、このエラーメッセージは表示されます:

Agent: Could not open license file \\FileServerx\desktop_cfg\
  license\enhanceds\LicenseFile.lf 13 : WRONG PASSWORD

このエラーメッセージはスペース制限による 2 つの行に表示する。

破損したライセンスファイルの削除

ライセンス ファイル サーバから再ライセンス Cisco デスクトップ パッケージ製品、破損した ライセンス ファイルを削除する必要がある前に。 破損した ライセンス ファイルの選択的な削除か完全な削除を行うことができます。

選択的な削除

時々、エージェントはログイン障害を経験しますが、スーパバイザはログインにできます。 この場合、ライセンス ファイル サーバの\エージェント\ディレクトリから選択式に破損した ライセンス ファイルを削除できます。 エージェントがログインにできたらが、スーパバイザ ログイン障害に、選択式に\スーパバイザ\ディレクトリから破損した ライセンス ファイルを削除できます直面して下さい同様に。

次の手順を実行します。

  1. ログアウトにすべてのエージェントおよびスーパバイザに指示して下さい。

  2. エージェント、AgentMT、EnhancedS、またはスーパバイザのどちらである場合もある正確なフォルダに参照して下さい。

  3. *.net および license.lf ファイルを削除して下さい。

    これらはライセンス ファイルへパスです:

    • エージェント ライセンス ファイルは\ \ FileServerx \ Desktop_cfg \ライセンス\エージェントにあります\

    • メディアの停止 エージェント ライセンス ファイルは\ \ FileServerx \ Desktop_cfg \ライセンス\ AgentMT にあります\

    • スーパバイザ ライセンス ファイルは\ \ FileServerx \ Desktop_cfg \ライセンス\スーパバイザにあります\

    • 拡張 な スーパバイザ ライセンス ファイルは\ \ FileServerx \ Desktop_cfg \ライセンス\ EnhancedS にあります\

  4. LicenseReset.bat ファイルを実行して下さい。

    LicenseReset.bat ファイルは C:\Program Files\Cisco\Desktop\Bin ディレクトリにあります。 LicenseReset.batfile はライセンス ファイルが含まれていない\ \ FileServerx \ Desktop_cfg \ライセンス\ディレクトリの内のサブディレクトリーを検出する。 LicenseReset.batfile はそれぞれディレクトリにそして関連したライセンス ファイルを再生し、コピーします。

完全な削除

ログイン障害が Cisco エージェントおよびスーパバイザ デスクトップ 環境内のすべてのエージェントおよびスーパバイザのために発生する場合、ライセンス ファイル サーバからおよび再ライセンスすべてのライセンス ファイル削除できます。

次の手順を実行します。

  1. ログアウトにすべてのエージェントおよびスーパバイザに指示して下さい。

  2. \ \ファイルサーバ\ Desktop_cfg \ライセンス\ディレクトリにナビゲート して下さい。

  3. 各サブ・フォルダからすべての *.net および license.lf ファイルを削除して下さい。

  4. LicenseReset.bat ファイルを実行して下さい。

    \ \ FileServerx \ Desktop_cfg \ライセンス\ディレクトリの内のサブディレクトリーのどれもライセンス ファイルが含まれていない LicenseReset.bat ファイル 検出。 LicenseReset.batfile はそれぞれディレクトリにそしてライセンス ファイルを再生し、コピーします。

再ライセンスCisco デスクトップ製品スイート

ライセンス プロセスのために Microsoftインターネットエクスプローラを使って下さい。 Cisco 詳細については Cisco デスクトップ パッケージ製品を認可するためのデスクトップ パッケージ製品 4.4 インストレーションガイドを参照して下さい。

インストレーションガイド状態、「Cisco 販売代理店だけまたは Cisco 専門職業的業務はソフトウェアの認可を完了できます」。

どのように再ライセンス Cisco デスクトップ パッケージ製品

次の手順を実行します。

  1. デスクトップ Admin Workstation (AW)から LicenseAdmin.exe を実行して下さい。

  2. ライセンス URL を選択し、手順を完了して下さい。

  3. 資格情報が付いている認可 Webサイトへのログイン。

  4. ライセンス コードおよび認証 番号を読み込む認可 Webサイトに顧客コードをコピーして下さい。

  5. Webページがブランク画面を戻す場合 Webブラウザで『Refresh』 をクリック して下さい。

  6. 指定フィールドのライセンス 管理 ツールにライセンス コードおよび認証 番号をコピーして下さい。

  7. Cisco Agent Desktop を閉じて下さい。

  8. Cisco Agent Desktop およびログインを再起動して下さい。


関連情報


Document ID: 30044