音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

DC Directory に関する問題の修正

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2003 年 2 月 12 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、クラスタ内の Cisco CallManager サーバ上で実行されている DC Directory Server サービス間でのディレクトリの複製問題を解決する方法を説明します。

このプロシージャは 3.3.x によって Cisco CallManager サーバのために有効その実行バージョン 3.0(5a) です。

注: DC Directory はスクリプトを書きます(この資料で 1.0.7)述べられて Cisco Unified CallManager 3.0(5a) 〜 3.3(2c) によってだけ使用されます。

注: Cisco Unified CallManager 3.3(3) およびそれ以降に関しては、ディレクトリ スキーマ バージョンは変更しました。 従って、スクリプトは Cisco Unified CallManager 3.3(3) およびそれ以降に既に含まれ、それらをダウンロードする必要はありません。 Cisco Unified CallManager 3.3(3) またはそれ以降を実行する場合、再構成 セクションのプロシージャを参照して下さい。

このリストはこの問題と関連付けられる現象を記述します:

  • Cisco CallManagerパブリッシャ サーバに正しいユーザのデータがあります。 ただし、1つ以上の Cisco Unified CallManager 加入者サーバにユーザのデータがありません、またはユーザのデータはパブリッシャのデータベースと旧式です。

  • Cisco CallManagerパブリッシャ サーバの DC Directory サービスは始動に長い 時間をかけます(始動で停止するか、またはハングするようです)。

  • DC Directory 複製 エラーはアプリケーションイベントビューアーの Cisco CallManagerパブリッシャやサブスクライバ サーバに記録 されます。

  • C:\dcdsrvr\run\dcx500\dcx500.out のチェックは重複したおよび/または無効 な 複製に関する合意を示します。

注: DC Directory メッセージ DC Directory Server のロギングはバーとのバックアップの間に Cisco CallManagerパブリッシャのアプリケーションログでです正常静止しました。 他のプロセス 現在リソースのほとんどを制御するので DC Directory がサーバから十分なリソースを得ることができないことを静止する意味します。 基本的には、Cisco Unified CallManager は DC Directory サービスしていることを完了するまで休止します。 従ってタスクが多くのリソースを必要とするパブリッシャ サーバで実行された間、このエラーは正常である場合もあります。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • クラスタのすべてのサーバの Cisco Unified CallManager 3.0(5a) 〜 3.3(2c)。

  • 組み込み DC Directory Server はクラスタですべてのサーバのためにディレクトリ ストアとして使用されます。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 対象のネットワークが実稼働中である場合には、どのような作業についても、その潜在的な影響について確実に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

問題

無効 な 複製に関する合意の存在により DC Directory データベース(C:\dcdsrvr\run\dcx500\database のファイル)は膨大になります(100 MB に)。 これにより DC Directory はシャットダウンする多量の時間および始動を奪取 します。 これらは複写し、無効 な協定はこれらの原因の 1 つが原因で引き起こされます:

  1. 顧客は 1つ以上の時間 Cisco Customer Response Application (CRA)サーバ(か Cisco Unified CallManager サブスクライバを)再インストールします(それぞれは CRA サーバ/Cisco CallManager サーバのサブスクライバに新しい複製に関する合意があるために引き起こしますパブリッシャは再インストールします)。

  2. 既に存在 する CRA サーバ(か Cisco Unified CallManager サブスクライバ Cisco CallManager クラスタの DC Directory 再構成の手順のパフォーマンスなしで)および解放 されます。

    注: Directory ノードが Cisco CallManager クラスタから取除かれるとき、取除かれたサブスクライバへの DC Directory 複製に関する合意は自動的にクリーンアップされません。

  3. avvid_scfg コマンドはサブスクライバで手動で何度も動作します(たとえば、部分的な DC Directory 再構成の手順は試みられます)。

    警告 警告: 決して部分的な DC Directory 再構成の手順を行わないで下さい、(たとえばパブリッシャおよび CRA サーバの cleandsa によって続行しなかったら、および/または Cisco Unified CallManager サブスクライバを)実行しないで下さい、決して avvid_scfg

そのような大きいサイズへのデータベースの増加の根本的な原因は実行しないこと DC Directory が各レプリケーション操作のための状態を保存することを試みることです。 無効 な 複製に関する合意の期間に、この保存状態情報によりデータベースは数百 MBS になります。

SQLServer 複製と DC Directory 複製を間違えないで下さい。 それらは 2 つの完全に独立したプロセスです。

Cisco Unified CallManager サブスクライバまたは CRA サーバ 2.2(4) およびそれ以前の再インストール、または CRA サーバ 3.0(1) を行えば、クラスタでノードすべての DC Directory 再構成の手順を行って下さい。 これにはスタンドアロン CRA サーバが含まれています。 DC Directory パブリッシャから開始して下さい。

解決策

これらのタスクを行う間、次のとおりである必要があります:

  • 直接キーボード/ビデオ/マウス(KVM)スイッチによって接続される Media Convergence Server (MCS)サーバのコンソールで。

    または

  • サーバに Telnet によって接続される。

ターミナルサービス クライアント接続によって接続される間、これらの仕様タスクのパフォーマンスは十分にテストされないし、想定外の結果を生むことができます。 Cisco はプロシージャを実行するためにダウンタイムをスケジュールすることを推奨します。 次の 2 つの手順があります。

  1. インストール

  2. 再設定

インストール

インストールのためのこれらのステップを完了して下さい:

  1. Cisco CallManager Version 3.2登録ユーザのみ) Webサイトから DCDScripts.1-0-7.exe をダウンロードして下さい。 3.3 前に Cisco CallManagerバージョンを実行する場合その時だけこれらのスクリプトをダウンロードして下さい。 含まれて、c:\dvdsrvr\bin フォルダで見つけたのでバージョン 3.3 および それ 以降のスクリプトをダウンロードする必要性がありません。 Cisco Unified CallManager の新しいバージョンの DCDScripts.1-0-7.exe ファイルをインストールし、実行する場合、これによりシステムは失敗します。

  2. Cisco CallManager クラスタのすべてのノードと CRA/CRS アプリケ− ションサーバの DCDScripts.1-0-7.exe をコピーし、実行して下さい。 そうするためにプロンプト表示される受け入れ解凍しますクリックして下さいときデフォルト設定を。

    注: CPU使用率が高い状態を避けるためにオフピーク の 時間の間にスクリプトを実行することを確かめて下さい。

再設定

インストールの後で DC Directory を再構成することを行くとき 2 つの可能 な シナリオがあります:

  1. DC Directory データベースが 100 Mb より大きいとき、この資料の Cisco CallManagerパブリッシャ(100 Mb より大きいデータベース)ソリューションの再構成 DC Directory を参照して下さい。

  2. DC Directory データベースが 100 Mb より時、この資料の Cisco CallManagerパブリッシャ(データベース 100 Mb よりより少なく)ソリューションの再構成 DC Directory を参照して下さい。

再構成して下さい Cisco CallManagerパブリッシャ(データベース 100 Mb よりもっと)の DC Directory を

これらのステップはパブリッシャ Cisco CallManager サーバの DC Directory のユーザのデータがこれらのステップの間に失敗の発生時にバックアップされたことを確認します。 これらのステップはまた DC Directory データベースが 100 Mb (C:\dcdsrvr\run\dcx500\database)より大きいと助けます。

Cisco Unified Communications Manager のアップグレードの間にこの Install エラーを経験する場合このセクションでステップを使用して下さい: DC Directory Server は悪い状態にありましたりまたはきれいに終わることができません。

注: ソフトウェアを(を含むオペレーティング システム)インストールするか、アンインストールするか、またはアップグレードする前に Cisco Unified CallManager の Cisco セキュリティ エージェント(CSA)サービスをディセーブルにして下さい。 方式を Cisco セキュリティ エージェント サービスをディセーブルにすることおよび再び有効に することに説明がある使用法によってエージェントをディセーブルにして下さい。 サービスがインストールかアップグレードの間にいつでも再び有効になられるようにならないことを確認して下さい。 そうする失敗によりインストールまたはアップグレードにおける問題を引き起こす場合があります。 Cisco Unified CallManager Server を再度監察し始める前にソフトウェアインストーレーションかアップグレードが、CSA を再び有効にする必要があった後。

  1. ワーキング ディレクトリ 情報をバックアップして下さい。 MCS Backup ユーティリティを使用するか、または DOSのコマンドプロンプトから dcbckdib /y バックアップ C:\dcdsrvr\backup コマンドを実行して下さい。

    注: C:\dcdsrvr\backup フォルダは dcbckdib /y バックアップ C:\dcdsrvr\backup コマンドを実行する前にある必要があります

  2. パブリッシャ サーバで、管理者としてログオンされている間、コマンド プロンプトを開いて下さい。 そうするために、Start > Run の順に選択 し、cmd を入力して下さい。

  3. プロンプト表示された場合 avvid_migrate_save.cmd servernamepassword コマンドを入力し、キーを押して下さい。

    このコマンドの出力はこの出力に類似したになります:

    C:\>avvid_migrate_save jayas-w2k ciscocisco
    A subdirectory or file C:\dcdsrvr\log already exists.
    
    ****************************************
    *                                      *
    * -- CISCO User Preferences Support -- *
    *                                      *
    ****************************************
    
    A subdirectory or file C:\dcdsrvr\suspense already exists.
    
    Run the perl script avvid_migrate_save.pl
    A subdirectory or file C:\dcdsrvr\log already exists.
    A subdirectory or file C:\dcdsrvr\run\DCX500\config\Migration-Backup 
    already exists.
    Saving User Information...
    Saving Profile Information...
    Saving Apps20 Information...
    Saving Admin Information...
    Saving PA node Information...
    Saving E911 node Information...
    Saving systemProfile...
    Saving MITRA data...
    Saving Groups data...
    
    C:\>
  4. DC Directory サービスを停止して下さい。 dcdirectory コマンド プロンプトから net stop を入力して下さい。

  5. サポートされないこと cleandsa.cmd か deletedib.cmd をcleandsa.cmdreports なら実行して下さい。

  6. avvid_migrate_cfg.exeを実行します。

    (使用方法— avvid_migrate_cfg パスワード

  7. avvid_migrate_restore.cmdを実行します。

    (使用方法— avvid_migrate_restore サーバ名 DCDpassword

  8. reconfig_cluster.cmd を実行します。

    (使用方法— reconfig_cluster DCDAdminPassword

    このコマンドはすべての Cisco Unified CallManager サブスクライバに複製に関する合意を確立します。 Cisco Unified CallManager サブスクライバの何れかのタスクを行う必要はありません。

再構成して下さい Cisco CallManagerパブリッシャ(データベース 100 Mb よりより少なく)の DC Directory を

DC Directory データベースが 100 Mb (C:\dcdsrvr\run\dcx500\database)より時これらを Cisco CallManagerパブリッシャの DC Directory を再構成するために歩みます完了して下さい。

reconfig_cluster.cmd を実行します。

このコマンドはすべての Cisco Unified CallManager 加入者サーバに複製に関する合意を確立します。 Cisco Unified CallManager サブスクライバの何れかの追加手順を実行する必要はありません。

CRA/CRS サーバの DC Directory を再構成して下さい

CRA/CRS サーバの DC Directory を再構成するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. DC Directory サービスを停止して下さい。

  2. サポートされないことを cleandsa.cmd か deletedib.cmdif cleandsa.cmd を報告します実行して下さい。

  3. avvid_scfg.cmdを実行します。

    (使用方法— reconfig_cluster DCDAdminPassword

    注: ネットワークに同じ場所に配置された CRA/CRS の有無にかかわらず単一 Cisco CallManager サーバがある場合、reconfig_cluster.cmd を実行する必要があります。 この場合 Cisco CRA/CRS サーバのためにリストされているステップを実行しないで下さい

    注: 新しい Cisco CallManager サーバ 3.2(2c) またはそれ以前、か CRA 2.2(4) またはそれ以前および CRA 3.0(1) アップグレードするか、再インストールするか、または追加すれば、Installation セクションに記述されているように DCDScripts.1-0-7.exe をコピーし、実行して下さい。

DC Directory を使用して Cisco Unified CallManager の USERID を修正して下さい

USERID が Cisco Unified CallManager の各ユーザを識別するのに使用されています。 デフォルトで、Cisco Unified CallManager は USERID を変更することを可能にしません。 必要であれば、これらのステップの DC Directory 管理者を使用してそれを変更できます。

  1. Start > Programs > DC Directory Administrator からの DC Directory 管理者へのログイン。

  2. 『Users』 をクリック して下さい。

    ユーザのリストはウィンドウの右側で現われます。 USERID が修正する必要があるユーザをダブルクリックして下さい。

  3. E メール タブに行き、『Modify』 をクリック して下さい。

  4. インターネット値に対して規定 される USERID を変更し、そして『Apply』 をクリック し、承諾して下さい

USERID が変更されるかどうか確かめるためにこれらのステップを完了して下さい。

  1. Cisco CallManager Administration ページへ移動します。

  2. User > Add a New User の順に選択 して下さい。

  3. 新しい USERID の基本的な「Search」をクリックし、USERID が変更したかどうか確かめて下さい。

問題- DC Directory からユーザを削除することが不可能

ユーザが DC Directory のユーザを削除することを試みるときこのエラーメッセージは受け取られます:

Could not delete user. UserID = "<username>"

解決策

この問題は DC Directory サービスが停止する場合発生する場合があります。 問題を解決するために、Start > Programs > Administrative Tools > Services からの DC Directory Server サービスを再開して下さい。 ユーザを削除それからできます。

注: 部署名を捜すためにパターン マッチ、また完全に一致するものを使用できます。 ワイルドカードによって基づくシンボルのようなパターン マッチを、のような使用して下さいか。、-、*部署名に余白がある場合、%。

エラー: 自由な接続コントロール ブロック無し-拒否される接続。

イベント ビューアでこの DC Directory エラーメッセージが現れます:

Event Type:	Warning
Event Source:	DCDirectory
Event Category:	Configuration 
Event ID:	9415
Date:		1/30/2009
Time:		11:10:31 AM
User:		N/A
Computer:	QPUB
Description:
(BASE IL NEW CONNECT(47) Proc 88, Sev 14)
           No free connection control blocks - connection refused. This
           indicates that the maximum number of simultaneous TCP/IP
           connections has been reached, and further connection
           attempts will fail until one of the existing connections
           has been closed.
             Socket ID                D4859209
             Component                LDAP
             Number of CBs configured 504

解決策

バージョン 3 および それ 以降から、DC Directory はデッド接続を検出するためにキープアライブ ソケット オプションを使用します。 ただし、キープアライブ場合が 1 ミリ秒少なくとも遅れれば、いくつかの接続が時間通りにリリースされないし、システムがちょうど非常に小さい時点のための制限に達することができるのでエラーを生成します。 ファイアウォールがアイドル接続を時間を計るときこの動作によりまたファイアウォールの後ろのクライアントは新しい接続を開き続けます。 さらに、クライアントがリブートされるとき、古い接続は DC Directory が 500 の許可された LDAP 接続の最大限を一定時間にわたり超過しますサーバ側で中断 されません。

これらのオープン接続の実用的な効果は小さく、により操作上効果を引き起こしません。 それらにより受信 LDAP 接続の設定された限界の方のオペレーティング システムおよび数の分オーバーヘッドを引き起こします。

Cisco Unified CallManager の効果を経験しない場合、この動作は問題を表しません。 上記されるように、この種類のエラーは DCD か IPCC にログインするためにユーザ向けの問題のような動作を、誘発できます。 それが事実である場合、エラー リピート何百もの時を見ます。

システムはこのエラーから影響を受けること検出する、締まっているこれらの DC Directory/LDAP 接続は強制である場合もあります。 これをするために、サービスの下で DC Directory Server を、停止し、再起動して下さい。 CallManager をステップについては DC Directory を DC Directory Server を再起動するために開くことができません参照して下さい。

エラー 1096: AvDSAD にドメインのためのドメインコントローラがないし、アクティブ ディレクトリから 1 つを得ることができませんでした。

イベント ビューアでこのエラーメッセージが現れます:

Event Type:	Error
Event Source:	CiscoUnity_DSAD
Event Category:	Warning 
Event ID:	1096
Date:		08/05/2009
Time:		4:09:19 PM
User:		N/A
Description:
Computer:	CLUSTER8-UNITY
Description:

The AvDSAD does not have a domain controller for the domain, and could not 
get one from Active Directory. Ensure that a domain controller exists for this
domain, that no DNS issues exist, and that The Cisco Unity service that monitors 
Active Directory (AvDSAD) account has the proper rights.

解決策

このエラーを取除くことは、DC/GC ツールを開き、強制を行うために再接続します。 場合によっては、DCGC はツールを表示するブランク ドメインを再接続します。 この場合、データベースからこと DC 削除するためにこれらのステップを完了し、次に強制を再接続します行って下さい。

  1. > SQL > Enterprise Manager 『Start > Programs』 を選択 して下さい。

  2. ローカル > データベース > UnityDb > 表を拡張して下さい。

  3. ADDomain > Open Table > Return All Rows を右クリックして下さい。

  4. ブランク ドメインのためのエントリを削除して下さい。

  5. DCGC ツールを開き、強制を再接続します DC と行って下さい。

イベント 9415: 自由な接続コントロール ブロック無し-拒否される接続。

Cisco Unified CallManager アプリケーションログでは、このエラーメッセージが現れます:

Event Type:	Warning
Event Source:	DCDirectory
Event Category:	Configuration 
Event ID:	9415
Date:		mm/dd/yy
Time:		2:42:25 AM
User:		N/A
Computer:	abc
Description:
(BASE IL NEW CONNECT(47) Proc 88, Sev 14)
           No free connection control blocks - connection refused. This
           indicates that the maximum number of simultaneous TCP/IP
           connections has been reached, and further connection
           attempts will fail until one of the existing connections
           has been closed.
             Socket ID                24E27308
             Component                LDAP
             Number of CBs configured 504

解決策

この問題を解決するために、C:\dcdsrvr\run\dccustom.ini の MAXLDAPConnections を 2000 に増加し、DCD サービスを再開して下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 30002