IBM テクノロジー : データリンク スイッチング(DLSw)および データリンク スイッチング プラス(DLSw+)

SDLC からイーサネットへの DLSw のローカル スイッチングの設定

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、同期データ リンク制御(SDLC)からイーサネットへのデータリンク スイッチング(DLSw)のローカル スイッチングの設定例を紹介します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

設定

この項では、このドキュメントで説明する機能の設定に必要な情報を提供します。

ネットワーク構成図

このドキュメントでは、次のネットワーク構成を使用しています。

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/ibm-technologies/data-link-switching-dlsw-data-link-switching-plus-dlsw-/30001-ether-sdllc.gif

設定

このドキュメントでは、次の設定を使用します。

イーサネット付属 ホストデバイスへの SDLC PU 2.0
dlsw local
dlsw bridge-group 1

interface ethernet0
    bridge-group 1

interface serial0
    encapsulation sdlc
    clock rate 9600
    sdlc role primary
    sdlc vmac 4000.3174.0000
    sdlc address 01
    sdlc xid 01 05d2006
    sdlc partner 4000.0400.1111 01
    sdlc dlsw 01

設定に関する注記

SDLC 接続 デバイスの場合、DLSw ローカル スイッチングがイーサネットでデバイスへの論理リンク制御 2 (LLC2)接続を提供するのに使用することができます。 Sdlc partner アドレス参照 3174 がセッションのあることである MAC アドレス。 この設定では、Sdlc partner アドレスは 4000.0400.1111、規範外 トークン リング 形式にあります。 0200.2000.8888 の標準イーサネットフォーマットへの MAC アドレスはビットスワップされます。 これは AS/400 の実際の MAC アドレスです。

シリアルインターフェイスで設定される交換識別情報 (XID)は設定 例目的のためです; 設定される実際の XID はホスト 定義を一致する必要があります。 クロック レートはルータのシリアルインターフェイスでルータがデータ回線終端機器(DCE)デバイスなら、そして適切なケーブルを接続してもらえば、定義されます。 この設定で示されている SDLCアドレスは 01 です; 実際の SDLCアドレスはか。コントローラを一致する必要がありますか。か。それのための s 定義。 使用される実際の MAC アドレスは SDLCアドレスと結合される SDLC Virtual Media Access Control (VMAC) アドレスです。 この設定 例では、VMAC は 4000.3174.0000 であり、SDLCアドレスは VMAC の最後のバイトに 4000.3174.0001 になるために挿入されます。 これはイーサネットにビットスワップされるとき、0200.8c2e.0080 になります。

イーサネット付属 ホストデバイスへの SDLC PU 2.1
dlsw local
dlsw bridge-group 1

interface ethernet0
    bridge-group 1

interface serial0
    encapsulation sdlc
    clock rate 9600
    sdlc role prim-xid-poll
    sdlc vmac 4000.3174.0000
    sdlc address 01
    sdlc partner 4000.0400.1111 01
    sdlc dlsw 01

設定に関する注記

PU 2.1 に関しては(2.1) PU デバイスはルータで、XID 設定されませんと、ルータによって答えましたあります。 ルータは SDLC 接続 デバイスに XID を送信 し、およびホストデバイスは XID ネゴシエーションに責任があります。 PU 2.1 デバイスのための設定は 2 つの違いと類似した、です: Sdlc xid コマンドはルータで設定されないし、コマンドは SDLC prim-xid-poll になります。 ルータで設定されて sdlc role prim-xid-poll が SDLC デバイスは一定正常応答モード(SNRM)でのの代りに XID を使うとポーリングされます。

またラインが multidropped であり、PU 2.0 デバイスが含まれていれば、sdlc role primary コマンドを発行し、sdlc address コマンドxid ポーリングを規定できます(たとえば、SDLCアドレス c1 xid ポーリング)。 PU 2.1 および SDLC インターフェイスを設定する方法に関する詳細については PU 2.0 のマルチドロップ SDLC のための DLSw を参照して下さい。

確認

現在、この設定に使用できる確認手順はありません。

トラブルシューティング

このセクションでは、設定のトラブルシューティングに役立つ情報を紹介します。

これが DLSw ローカル回線として知られ、IP クラウドに知られないので、show dlsw local-circuit コマンドを発行して下さい。 接続が初期化するとき、ルータはコントローラに SNRM フレームを送信 します。 コントローラは Unnumbered Acknowledgement (UA) フレームと応答する必要があります。 この時点で、show dlsw reachability コマンド出力はローカル到達可能性で SDLC VMAC アドレスを示したものです。 次に、TESTポーリング フレームはホストデバイスに送られます。

ホストデバイスからのテストの最後応答に、ルータか。か。か。s DLSw 到達可能性キャッシュは各 MAC アドレスをセッションに達するように試みることを見つけてしまいます。 ルータはホストに今 XID ポーリング フレームを送り、ホストから最終的な XID を受け取る必要があります。 ルータはそして Set Asynchronous Balanced Mode Extended (SABME)を送信 し、UA を受け取る必要があります。 この場合、DLSw 回線は接続されます。 テストポーリングおよび XID ネゴシエーション期間の間に、ルータはコントローラに絶えず Receive Not Ready (RNR)帯を送ります。 最終的な XID が正しければ受け取られ、ルータはセッションがアップおよびデータを送信 して良いことを示しているコントローラに Receive Ready (RR)を送信 します。

show dlsw local-circuit コマンド出力が CKT_ESTABLISHED 状態を示したもので場合、XID ネゴシエーションは正常に完了しなくて、ホストデバイスの XID および PU ステータスは正しさおよび connectability のために検査する必要があります。 show dlsw reachability コマンド出力が示したものでとき検索しますようにホストデバイスの MAC アドレスを、ルータはホストデバイスに TESTポーリング フレームを送信 して、テストの最後を代わりに受け取っていません。 すべての show dlsw コマンドはトークン リング 形式で MAC アドレスを示します。 ホストデバイス MAC アドレスが接続されるようにして下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 30001