音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

Cisco CallManager IVRとActive Directoryの統合

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Cisco CallManager の Active Directory を使用する場合に、Interactive Voice Response(IVR)/Extended Services を設定する方法について説明します。

前提条件

要件

この設定を行う前に、次の要件が満たされていることを確認します。

  • Cisco Unified CallManager は疑わしいシステムの Microsoft Active Directory サーバと既に正常に統合必要があります。

  • コンピュータ テレフォニー インテグレーション (CTI) ルート ポイントおよび CTI ポートがどのように機能するか理解します。

詳細については、Cisco CallManager用のActive Directory プラグインのインストールを参照して下さい。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Microsoft Active Directory サーバ

  • Cisco Unified CallManager 3.2.2(c)

  • 拡張 サービス 2.2.5 (共存 インストール)

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

設定

この項では、このドキュメントで説明する機能の設定に必要な情報を提供します。

注: このセクションで使用されているコマンドの詳細を調べるには、Command Lookup Tool登録ユーザ専用)を使用してください。

ネットワーク構成図

このドキュメントでは、次のネットワーク構成を使用しています。

/image/gif/paws/29969/integivr0b.gif

Cisco CallManager の設定

ステップ 1: Cisco CallManager の設定

最初に、Cisco Unified CallManager を設定して下さい。 これは正常な DC Directory 統合のために使用する同じ 設定です。 次の手順を実行します。

  1. CTI ルートポイントを追加して下さい:

    Device name: rp_1
    Line-1: 9000
  2. 4 つの CTI ポートを追加して下さい:

    Device name: cti_port_1
    Line-1: 9001
    ...
    ...
    Device name: cti_port_4
    Line-1: 9004
  3. これらのデバイスを制御するためにユーザを追加して下さい:

    注: 既に他の IVR アプリケーションを設定してもらっている場合既存の CTI ルートポイントおよび CTI ポートを制御するユーザとそれらのデバイスを関連付けるようにして下さい。

       First Name jtapi 
       Last Name jtapi
    			Userid:  jtapi
    			Password: cisco
    			Enable CTI Application Use:  TRUE
    			List of Controlled Devices:
    			rp_1, cti_port_1, cti_port_2, cti_port_3, cti_port_4

    注: このユーザをテストするために、http:// ipaddressCallManager/ccmuser、およびユーザ名 jtapi およびパスワード cisco でログインに行って下さい。 ログインできる場合、すべての制御装置を見られます必要があります。 ipaddressCallManager は最近設定された Cisco CallManager サーバの IP アドレスです。 この場合それはネットワークダイアグラムに示すように 10.48.79.37、です。

ステップ 2: JTAPI 設定

2 番目に、IP/IVR がインストールされるサーバで Java Telephony Application Programming Interface (JTAPI)クライアントをインストールして下さい。 この場合インストールは Cisco Unified CallManager と同じサーバでそれが共存 インストールであるので、行きます。

  1. ipaddressCallManager が Cisco CallManager サーバの IP アドレスである http:// ipaddressCallManager/ccmadmin に行って下さい。

    注: ステップ 2 およびそれに続くステップで説明されるブラウザウィンドウ例では Cisco CallManager サーバの IP アドレスは 10.48.79.37 です。

  2. Application > Install Plugins の順に選択 し、そして JTAPI アイコンをクリックして下さい。

    /image/gif/paws/29969/integivr1.gif

    JTAPI クライアント インストール インストール・ウィザードは起動します:

    /image/gif/paws/29969/integivr2.gif

  3. [Continue] をクリックします。 ウィザードは Next ウィンドウを表示する。

    /image/gif/paws/29969/integivr3.gif

  4. 最終的なウィンドウが現われるとき、『Finish』 をクリック して下さい。 JTAPI クライアント インストール インストール・ウィザード終端。

    /image/gif/paws/29969/integivr4.gif

ステップ 3: ディレクトリ設定

3 番目に、Cisco Unified CallManager によって Customer Response Applications (CRA) サーバを統合。

Cisco IP Telephony ダイレクトリサーバはリポジトリ サブディレクトリで構成情報およびアプリケーション スクリプトを保存します。 アプリケ− ションサーバはまた 1 Cisco IP Telephony ディレクトリからディレクトリ情報、および別のサーバのリポジトリからのアプリケーション ロジックを受け取ることができます。 リソースの効率的な管理に関しては、ダイレクトリサーバはプロファイルとして設定の各型を保存します。

注: ディレクトリ プロファイルは 1 つのアプリケ− ションサーバによってしか一度に使用することができません。

アプリケーション ロジックのストレージを中心にするのにリポジトリ プロファイルを使用できます。 ディレクトリ プロファイルとは違って、リポジトリ プロファイルは複数のアプリケ− ションサーバによって共有されるかもしれません。

  1. リファレンス情報に関しては、開いた Regedit はここに示されているように HKEY_LOCAL_MACHINE/ソフトウェア/シスコシステムズに、株式会社ディレクトリ設定、参照し:

    /image/gif/paws/29969/integivr5.gif

  2. ブラウザの Application Administration ページを示されているように開き、次 の テーブルにリストされているフィールドに入力して下さい。

    /image/gif/paws/29969/integivr6.gif

    フィールド名 説明
    ディレクトリ ホスト名 アクティブディレクトリサーバのホスト名か IP アドレス。
    ディレクトリ ポート番号 ディレクトリ Port Number フィールドでは、使用されるポートの適切な数値を入力して下さい。 アクティブ ディレクトリを使用していればデフォルトは 389 です。
    ディレクトリ ユーザ(DN) ユーザはこの場合管理者 ディレクトリにアクセスする必要がありました: cn=Administrator、cn=Users、cn=kurt、cn=com
    ディレクトリパスワード ディレクトリパスワード フィールドでは、ディレクトリのための適切なパスワードを入力して下さい。
    ユーザベース レジストリエントリ HKEY_LOCAL_MACHINE/ソフトウェア/シスコシステムズを、株式会社ディレクトリ設定参照して下さい。 cn=users、dc=kurt、dc=com。 (これはアクティブ ディレクトリ プラグインをインストールした場合規定 される組織 uint (OU)です。 すべての Cisco 関連のプロファイルはこの OU で保存されます。)
    基礎コンテキスト レジストリエントリ HKEY_LOCAL_MACHINE/ソフトウェア/シスコシステムズを、株式会社ディレクトリ設定参照して下さい。 ou=Cisco、dc=kurt、dc=com。 (これはアクティブ ディレクトリ プラグインをインストールした場合規定 される OU です。 すべての Cisco 関連のプロファイルはこの OU で保存されます。 詳細については、AD サーバの Cisco OU を作成することを参照して下さい。)
    サーバタイプ 適切なダイレクトリサーバ型を選択するためにサーバタイプ ドロップダウン矢印をクリックして下さい; この場合、アクティブ ディレクトリ。
    構成プロファイル名前 つけて下さいこの構成プロファイルに名前を、この場合「Adtest」

  3. Initialize Profile チェックボックスを選択し、『OK』 をクリック して下さい。

    Next ページは設定 スクリプトの完了を意味します。

    /image/gif/paws/29969/integivr7.gif

    ディレクトリの設定の後、システム アップデート ccndir.ini ファイル C:\winnt\system32\ccn に常駐する さまざまなプロセスにこの .ini ファイルが判別するのに Lightweight Directory Access Protocol (LDAP) ディレクトリを見つける方法を使用されています。 サンプル管理ドメイン(AD) ccndir.inifile はここにあります:

    integivr8.gif

ステップ 4: IVRサーバ 設定

4 番目に、IVRサーバを設定して下さい。 次の手順を実行します。

  1. アプリケーション 管理 メインメニューに行き、そしてアプリケーションを『Telephony』 をクリック して下さい。 適切なフィールドの AutoAttendant aa.aef スクリプトを、示されているように追加し、そして『Next』 をクリック して下さい

    /image/gif/paws/29969/integivr9.gif

  2. ステップ 1 で Cisco CallManager設定の下で作成されるルート ポイントのためのアプリケーション パラメータを挿入して下さい。 この例では、4 セッションは作成されました。 [Update] をクリックします。

    /image/gif/paws/29969/integivr10.gif

  3. 新しいポートグループを追加して下さい。 これを行うため、ポートグループを『Add New』 をクリック するためにメインメニューの JTAPI をクリックするため、そして。 この場合、CTI ポートグループ型はアプリケーションです。 [Update] をクリックします。

    /image/gif/paws/29969/integivr11.gif

    Next ページは CTI ポートグループの表を示します。

    /image/gif/paws/29969/integivr12.gif

  4. メインメニューに戻り、そして『Engine』 をクリック することからアプリケーション エンジンを開始して下さい。 Engine ページは示されているように、開きます。

    /image/gif/paws/29969/integivr13.gif

    Active Directory (AD) サーバで、Active Directory Services Interface (ADSI)の開始によって編集しますユーティリティをディレクトリ スキーマを参照できます。 dc=xxxxx へのドリル ダウン、dc=com、どの OU を Cisco Unified CallManager の AD プラグインのインストールの間に規定 した ou=Cisco (または)、ou=Profiles。 すべてのプロファイルはそのディレクトリで見つけることができます。

    ADSIEdit ユーティリティを(外部)システムでインストールするために、<CD drive> にある Windows 2000 CD からサポートツールをインストールして下さい: \サポート\ツール\ setup.exe。

    adsiedit.exe と adsiedit.dll を Cisco Unity のシステムにあるフォルダにコピーします。 フォルダは c:\adsiedit\ と名付ける必要があります。

    c:\winnt\system32 コマンド プロンプトの後で regsvr32.exe c:\adsi\adsiedit.dll を実行することによって adsiedit.dll を登録して下さい。

確認

現在、この設定に使用できる確認手順はありません。

トラブルシューティング

現在のところ、この設定に関する特定のトラブルシューティング情報はありません。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 29969