音声 : メディア ゲートウェイ コントロール プロトコル(MGCP)

SRS テレフォニーおよび MGCP フォールバックの設定

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2003 年 2 月 7 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

ゲートウェイで設定される存続両方リモートサイトテレフォニー(SRST)バージョン 2.0 または それ 以降および Media Gateway Control Protocol (MGCP) フォールバックがある場合これらの MGCP フェールオーバー問題のどちらかを解決するためにこの資料を使用して下さい:

  • Foreign Exchange Station (FXS) ポートの電話はダイヤルトーンを聞きません、または外国為替事務所 (FXO) ポートまたは ISDNリンクを通して着信コールを作ることができません。

  • 設定される MGCP ゲートウェイに、フェールオーバー 状況の MGCP フォールバックのための Direct Inward Dial (DID)の着信コールを作ることができません。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco IOS(R) ソフトウェアリリース 12.2(11)T およびそれ以降

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

FXS ポートのダイヤルトーンなしは FXO ポートか ISDNリンクを通して、または着信コールを作ることができません

この問題はこのセクションで詳しく説明されます。

ダイヤルトーンを聞かない、または FXO ポートか ISDNリンクを通して着信コールを作ることができません FXS ポートの電話が表示されます。 そのような状況で、これは関連した一般電話サービス (POTS) ダイヤル ピアの下で設定されます:

dial-peer voice X pots
     application mgcpapp

注: Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.3(7)T またはそれ以降に関しては、application mgcpapp コマンドは PRI バックホールをサポートする POTSダイヤルピアに適用されてはなりません。

この場合、これと同じようなエラーメッセージが Cisco IOSゲートウェイのコンソールで現れます:

*Mar  1 20:41:58.571: %CALL_CONTROL-6-APP_NOT_FOUND: 
Application mgcp in dial-peer 10 not found.  
Handing callid 13 to the alternate app.

注: Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.4(8c) またはそれ以降に関しては、application mgcpapp コマンドが適用する時:

この場合、これと同じような警告メッセージが Cisco IOSゲートウェイのコンソールで現れます:

Warning: This command has been deprecated and will be automatically
converted to the following:
     service mgcp

Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.3(7)T またはそれ以降に関しては、application mgcpapp コマンドは POTSダイヤルピアに適用するべきではありません。

解決策

図 1: リモート中央 Cisco Unified CallManager に接続されるブランチ オフィス Cisco IP 電話

configsrst_mgcpfallback1.gif

Cisco Unified CallManager が得難くなる場合、電話はコール処理のために Cisco 音声 ルータを使用できます。 電話は SRST モードにこれらのどちらかが発生するとき入ります:

  • セントラルサイトの Cisco Unified CallManager への WAN リンクはダウン状態になります。

  • Cisco Unified CallManager への接続は失われます。

SRST は WAN リンクがアップするか、または電話まで Cisco Unified CallManager によって再度登録できるまでブランチ オフィスの電話が機能し続けるようにします。

この問題を解決するには、このセクションで説明するソリューションのいずれかを使用します。

解決策 1

デフォルト アプリケーションへのフォールバックへのルータに関しては、グローバル コンフィギュレーション モードのこのコマンドを設定して下さい:

Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.3(13)T またはそれ以前に関しては:

R(config)#call application alternate default

Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.3(14)T またはそれ以降に関しては:

R(config)#application
R(config-app)#global
R(config-app-global)#service alternate Default

MGCP アプリケーションが利用できない場合、デフォルト アプリケーションは引き継ぎます。

解決策 2

フォールバック モードで使用するために別の POTSダイヤルピア(デフォルト アプリケーション H323)を作成して下さい。

フェールオーバー状態にあるとき、DID を使用して MGCP ゲートウェイへの着信コールを受信できない

この問題はこのセクションで詳しく説明されます。

設定される MGCP ゲートウェイにフェールオーバー 状況の MGCP フェールオーバーのための着信コールを、DID と、作ることができません—接続があるのに、電話は鳴りません。 これはこの問題を確認するとき Cisco IOSゲートウェイで使用される debug isdn q931 コマンドの例です:

問題確認例
*Mar  1 20:53:33.511: ISDN Se1/0:15 Q931: RX <- SETUP pd = 8  callref = 0x000A 
        Bearer Capability i = 0x8090A3 
                Standard = CCITT 
                Transer Capability = Speech 
                Transfer Mode = Circuit 
                Transfer Rate = 64 kbit/s 
        Channel ID i = 0xA98381 
                Exclusive, Channel 1 
        Calling Party Number i = 0x00, 0xA2, '5000' 
                Plan:Unknown, Type:Unknown 
        Called Party Number i = 0xC1, '5002' 
                Plan:ISDN, Type:Subscriber(local) 
*Mar  1 20:53:33.543: ISDN Se1/0:15 Q931: TX -> CALL_PROC pd = 8  callref = 0x800A 
        Channel ID i = 0xA98381 
                Exclusive, Channel 1 
*Mar  1 20:53:33.543: ISDN Se1/0:15 Q931: TX -> CONNECT pd = 8  callref = 0x800A 
*Mar  1 20:53:33.595: ISDN Se1/0:15 Q931: RX <- CONNECT_ACK pd = 8  callref = 0x000A 
*Mar  1 20:53:40.045: ISDN Se1/0:15 Q931: RX <- DISCONNECT pd = 8  callref = 0x000A 
        Cause i = 0x8090 - Normal call clearing 
*Mar  1 20:53:40.057: ISDN Se1/0:15 Q931: TX -> RELEASE pd = 8  callref = 0x800A 
*Mar  1 20:53:40.073: ISDN Se1/0:15 Q931: RX <- RELEASE_COMP pd = 8  callref = 0x000A 

解決策

この問題へのソリューションはこのセクションで詳しく説明されます。

関連した POTSダイヤルピアでこれらのコンフィギュレーションを作成したことを確認して下さい:

dial-peer voice X pots
     application mgcpapp
     incoming called-number .
     direct-inward-dial
     port 1/0:15

注: Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.3(7)T またはそれ以降に関しては、application mgcpapp コマンドは PRI バックホールをサポートする POTSダイヤルピアに適用されてはなりません。

これは適切 な 設定の例です:

設定例
isdn switch-type primary-net5 
! 
! 
ccm-manager fallback-mgcp 
ccm-manager mgcp 
ccm-manager config 
mta receive maximum-recipients 0 
! 
controller E1 1/0 . pri-group timeslots 1-12,16 service mgcp 
! 
controller E1 1/1 
! 

! 
! 
interface Ethernet0/0 
 ip address 10.48.80.9 255.255.255.0 
 duplex auto
speed auto
! 
interface Serial1/0:15 
 no ip address 
 no logging event link-status 
 isdn switch-type primary-net5 
 isdn incoming-voice voice 
 isdn bind-l3 ccm-manager 
 no cdp enable 
! 

! 
! 
call rsvp-sync 
! 
call application alternate DEFAULT 

!--- For Cisco IOS? Software Release 12.3(14)T or later, 
this command was replaced by the service command 
in global application configuration mode.
application
 global
  service alternate Default 
Refer to Solution 1 for the command syntax.

! 
voice-port 1/0:15 
! 
mgcp 
mgcp dtmf-relay voip codec all mode cisco 
mgcp package-capability rtp-package 
mgcp sdp simple 
! 
mgcp profile default 
! 
! 
! 
dial-peer cor custom 
! 
! 
! 
dial-peer voice 10 pots 
application mgcpapp 
incoming called-number .
destination-pattern 9T 
direct-inward-dial 
port 1/0:15 

! 
! 
call-manager-fallback 
 limit-dn 7960 2 
 ip source-address 10.48.80.9 port 2000 
 max-ephones 10 
 max-dn 32 
 dialplan-pattern 1 704.... extension-length 4 
 keepalive 20 
 default-destination 5002 
 alias 1 5003 to 5002 
 call-forward busy 5002 
 call-forward noan 5002 timeout 12 
 time-format 24 
! 
! 
line con 0 
 exec-timeout 0 0 
line aux

注: 送信コールに関しては、デスティネーション パターンを設定して下さい。

リンクは基本 SRST を設定するためにプロシージャを記述するleavingcisco.com Ciscoサポート コミュニティのビデオにここにあります: 基本 SRST の設定 leavingcisco.com

configsrst_mgcpfallback2.gif

確認

このセクションでは、設定が正常に動作しているかどうかを確認する際に役立つ情報を提供しています。

特定の show コマンドは、Output Interpreter Tool登録ユーザ専用)によってサポートされています。このツールを使用すると、show コマンド出力の分析を表示できます。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 29960