コラボレーション : Cisco ICM Logger

ICMDBA を使用した ICM コンフィギュレーション データベースのバックアップ

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

この資料は組み込み ICM ユーティリティ ICMDBA.EXE によって Cisco Intelligent Contact Management (ICM)設定 データベースをバックアップするためにプロシージャを説明します。か。設定 データベースは全体の Cisco ICMシステム 設定が含まれ、周辺装置 ID、サービスおよびスクリプトを書くデータが含まれています。か。 この手順は、ICM ロガー上および Distributor Administrative Workstation(AW)から実行できます。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることを推奨しています。

  • Microsoft Windows NT

  • Cisco ICM 機能

  • Microsoft SQL データベース

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Microsoft Windows NT バージョン 4 か Windows 2000

  • Cisco ICM 4.6 およびそれ以降

  • Microsoft SQL Server バージョン 6.5、SQL サーバ バージョン 7.0 または Sql server 2000

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

設定 データベースをバックアップして下さい

次の手順を実行します。

  1. ローカルドライブのディレクトリを作成して下さい。

    ドライブに設定 データベースのバックアップをサポートする十分な利用可能 な ディスクスペースがあることを確認して下さい。か。この例は c:\ ドライブの LOADER と呼ばれるディレクトリを作成します。

    注: 設定 データベースは 1 つの顧客から別のものに徹底的に変わることができます。 サイズは 15 MB の小さい設定からより大きい側面の 150 MB まで約及びます。か。 設定をはじめてバックアップすることを約あったらおよび設定のサイズの不確か、バックアップを保存したいと思うドライブで高頻度の少なくとも二重量のために計画して下さい。 たとえば、300 MB のために約計画して下さい。

  2. ICMDBA.exe を起動させて下さい

    ?実行可能モジュールを見つけるために Cisco ICM のためのビンディレクトリにナビゲート して下さい。か。 デフォルトで、ビンディレクトリは c:\ ドライブに常駐し、実行可能モジュールのためのフル パスは c:\icm\bin です。か。ICMDBA.exe にナビゲート するために Windowsエクスプローラを使うことができます(Figure1 を参照して下さい):

    図 1 – ICMDBA.exe へのパス

    ICM_DBA-1.gif

  3. ダブルクリック ICMDBA.exe。 ICMDBA プログラム アプリケーションは起動し、Application ウィンドウは現われます(Figure2 を参照して下さい):

    図 2 – ICMDBA Application ウィンドウ

    ICM_DBA-2.gif

  4. カスタマー インスタンスを見つけるために例を拡張して下さい。か。ほとんどの場合、存在 する 1 つのインスタンス名およびだけ容易にインスタンス名を確認できます。

  5. データベースへのカスタマー インスタンスの下のドリル ダウン(図を 3)参照して下さい。

  6. メニューバーから Data > Export の順に選択 して下さい。

    図 3 –データベースへのドリル ダウンは、Data > Export の順に選択 し

    /image/gif/paws/29800/ICM_DBA-3.gif

    ウィンドウからのエクスポート データは現われます(図を 4)参照して下さい。

    図 4 –ウィンドウからのエクスポート データ

    ICM_DBA-4.gif

    • データベースへの変更をエクスポート オペレーションの間に行うことができないようにしたいと思う場合ロックアウト変更ボックスをチェックして下さい。

    • ロガー データベースの Config_Message_Log 表を切捨てたいと思う場合先端を切った様な構成メッセージ ログ ボックスをチェックして下さい。

    データタイプ フィールドのデフォルト値は設定です。か。 デフォルト宛先パスは c:\ です。か。

  7. 先に作成したディレクトリにナビゲート するために『Browse』 をクリック して下さい。

  8. バックアップを始めて準備ができていると『Export』 をクリック して下さい。

  9. Application ウィンドウで『Start』 をクリック して下さい。 エクスポートは始まります。

    データの正常なエクスポートの後でエクスポート 終了 メッセージが現れます。

    図 5 –エクスポート 終了 メッセージ

    /image/gif/paws/29800/ICM_DBA-5.gif

  10. 『OK』 をクリック し、ICMDBA を終了して下さい。

確認

コンフィギュレーションデータの正常なバックアップを確認するために Windowsエクスプローラ セッションを開いて下さい。か。 作成したナビゲート し、データファイルがあるかどうか確かめて下さいディレクトリに。か。 入出力共用 ファイルがハードディスクでとる空き容量は正確に ICM 設定のサイズを反映する必要があります。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 29800