音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity

AMIS 送信および受信メッセージのためのイベントのフロー

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、送信および受信 Audio Messaging Interchange Specification(AMIS)メッセージのイベントのフローの詳しい図と説明を示します。 イベントのメッセージ フローを理解すると、AMIS のメッセージングの問題をトラブルシューティングするときに役立ちます。 AMIS のメッセージングの問題のトラブルシューティングに関する詳細については、『Cisco Unity Troubleshooting Guide』を参照してください。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco Unity バージョン 3.1x および 4.0

    この資料は Microsoft Exchange だけの Cisco Unity のためです。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

送信AMIS メッセージ

このダイアグラムは送信 AMIS メッセージのためのイベントのフローを示します。 ダイアグラムの数は送信 AMIS メッセージ セクションのためのイベントのフローの数に対応します。

/image/gif/paws/28944/amis-callflow-1.gif

送信AMIS メッセージのためのイベントのフロー

このプロセスフローはイベント フローチャートの発信 AMIS コールフローと対応します。

  1. AMIS 受信者へのメッセージはこの形式の Telephone User Interface (TUI)、ViewMail、または Cisco Unity インボックスから送信 されます:

    [AMIS:<Location Dial ID>_<Remote Mailbox Number>].

    他のメッセージと同様に、それは配信のための交換メッセージ 証券代行(MTA)に渡されます。

  2. 音声 コネクタは Exchange に「AMIS」のアドレス タイプが付いているメッセージを処理するために登録されています。

  3. 音声 コネクタは UAmis メールボックスにメッセージを提供します。

  4. メッセージ記憶装置 モニタは Messaging Application Programmer's Interface (MAPI) 通知を受信します。

  5. メッセージ記憶装置 モニタは通知者のキュー(NotifyQ)にイベント 通知を押します。

  6. ノーティファイヤはキューからのイベントを引っ張ります。

  7. ノーティファイヤ スレッドは AMIS スケジュールがアクティブまたは非アクティブであるかどうか確認します。 スレッドは非アクティブ アクティブにとアクティブから非アクティブに状態遷移をトラッキングします。

    示されていない: メッセージ記憶装置 モニタへのバックアップとして、ノーティファイヤはまた 10 分毎に新しいメッセージがあるかどうか見るために UAmis メールボックスをポーリングします。 HKLM \ソフトウェア\アクティブな音声は\ノーティファイヤ\ AMISMailboxPollIntervalMinutes レジストリキー ポーリング間隔を制御します。

  8. ノーティファイヤは AMIS ノーティファイヤにダイヤルアウトがメッセージのために必要であるかどうか見るために AMIS スケジュール状態を渡します。

  9. AMIS ノーティファイヤは Digital Off-Hook (DOH)にメッセージについての送信側および受信者情報を得るために呼出します。

  10. DOH は UAmis メールボックスをアクセス し、発信ロケーションダイヤルID を、リモートメールボックス番号得、送信側 ID DOH は配信電話番号を調べ、AMIS ノーティファイヤにこの情報をすべて返します。

    DOH が AMIS ノーティファイヤにすべての必要情報を返さない場合、AMIS ノーティファイヤは MTA によって音声 コネクタに未配達受信(NDR)を送り返します。

  11. AMIS ノーティファイヤはダイヤルアウトが必要であるかどうかこれらの項目を確認します:

    • AMIS スケジュールおよび AMIS 制限テーブル。

    • この位置への dialouts が許可されるかどうか見る発信 ロケーション。

    • 緊急メッセージ 上書き設定。

    • メッセージは発信メッセージのバッチと含んでいることができるかどうか。

      発信メッセージは最大バッチ毎に 9 つのメッセージの宛先によって、区分されます。 特定のデスティネーションのための 9 つ以上のメッセージがある場合、Cisco Unity は第 9 メッセージを送信 した、時間の短期間の間ハングアップし、メッセージの次のバッチを送信 するために配信数をリダイアルする後 AMIS セッションを終了します。

    • AMIS ノーティファイヤはダイヤルアウトが新しいメッセージのために必要である場合ノーティファイヤを告げます。

  12. ダイヤルアウトが必要である場合、ノーティファイヤはアービタのためのダイヤルアウト タスクを作成します。

  13. アービタはダイヤルアウト タスクを処理します。

  14. アービタはダイヤルアウトを行うために Message Interface Unit (MIU)を頼みます。

  15. MIU は TAPI および Tag Switched Path (TSP)層を通過する Cisco Unity からの実際のダイヤルアウトを(デュアルトーン multifrequencies [DTMF を送信します])します。

  16. 統合に基づいて、コールは回線交換 PBX か Cisco Unified CallManager に行きます。 Cisco Unified CallManager が Cisco Unity と統合場合、コールはアナログゲートウェイを通過します。

  17. コールは PBX かアナログゲートウェイから Public Switched Telephone Network (PSTN)に行きます。

  18. コールはリモート PBX に PSTN を通過します。

  19. リモート PBX はリモート音声メッセージシステム(VM)にコールを転送します。

  20. リモート VM 返事がアービタに、MIU 情報を渡せば。

  21. アービタは接続が確立されることノーティファイヤを知らせます。

  22. ノーティファイヤは AMIS メッセージ交換を開始し、AMIS 伝達は始まります。

  23. AMIS メッセージ交換は MIU によってリモート システムにプロトコルフレームを送ります。

  24. AMIS メッセージ交換は DOH から場所の信頼プロパティを得、Message Abstraction Layer (MAL)のこの位置のためのすべてのメッセージを見つけ、最も古いのから開始するメッセージをソートします。 AMIS メッセージ交換は UAmis メールボックスからメッセージを得、読まれるようにメッセージを示します。 メッセージは MIU によって再生され、次に削除されます。

    1. AMIS 伝達が壊れた場合、AMIS メッセージ交換は MTA によって音声 コネクタに NDR を戻します。

    2. NDR はサブスクライバのメールボックスに渡されます。

  25. 伝達が完了するとき、AMIS メッセージ交換は情報のノーティファイヤに完了が正常または不成功だったかについてイベントを送ります。 不成功なら、とられる処置は失敗を引き起こしたものによりによって決まります。

    • リモート システムが使用中応答しないし、ではない場合、再試行は AMIS オプションに基づいています。

    • 非 AMIS 対応システム返事の人が、発信 ロケーション無効なら。

着信AMIS メッセージ

このダイアグラムは受信 AMIS メッセージのためのイベントのフローを示します。 ダイアグラムの数は受信 AMIS メッセージ セクションのためのイベントのフローの数に対応します。

/image/gif/paws/28944/amis-callflow-2.gif

受信AMIS メッセージのためのイベントのフロー

このプロセスフローはイベント フローチャートの受信 AMIS コールフローと対応します。

  1. AMIS コールはリモート VM から起きます。

  2. リモート PBX はダイヤルし、コールは Cisco Unity に PSTN を通過します。

  3. 統合に基づいて、コールはアナログゲートウェイに PBX にまたは入って来ます。

    Cisco Unity が Cisco Unified CallManager によって統合場合、コールはアナログゲートウェイから Cisco Unified CallManager に発信されます。

  4. コールは TAPI および TSP 層処理されます。

  5. MIU はアービタに着信 DTMF を渡します。

  6. アービタは AttemptSign、PHTransfer および PHGreeting に DTMF を渡します。

  7. アービタは AMIS 伝達 要求として「C」トーンを検出する、AMIS メッセージ交換を開始します。

  8. AMIS メッセージ交換は MIU によってリモート システムへのプロトコル応答を返します。

  9. Cisco Unity が受信 AMIS メッセージを受け入れる場合、AMIS セッションの制御は新しいメッセージが作成されるマクロアセンブリ言語に通じます。 AMIS メッセージ交換はメッセージを記録し、マクロアセンブリ言語にメッセージのための音声添付ファイルとして記録を渡します。

  10. マクロアセンブリ言語は Exchange に作成されたメッセージを渡します。

  11. 音声 コネクタは MTA キューからのメッセージを取ります。

  12. メッセージはサブスクライバのメールボックスに提供されます。

  13. サブスクライバは TUI、ViewMail、または Cisco Unity インボックスによってメッセージを受信します。


関連情報


Document ID: 28944