オプティカル : スペース再利用プロトコル/ダイナミック パケット トランスポート(SRP/DPT)

SRP のMAC アドレッシングの理解

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

スペース再利用プロトコル(SRP)は、リング構成で使用されるシスコが開発した MAC レイヤ プロトコルです。 SRP のリングは、外側リングおよび内側リングと呼ばれる 2 本の二重反転ファイバで構成されます。 データや制御パケットを伝送するために両方が同時に使用されます。 キープアライブ、保護スイッチング、帯域幅制御の伝搬などの制御パケットは、対応するデータ パケットの反対方向に伝搬され、データが宛先への最短パスを使用することが確認されます。 二重光ファイバ リングは、高いレベルのパケット持続性を提供します。 ノードの障害またはファイバの切断が生じた場合、データは代替リングに送信されます。 リングの一部のノードがラップ状態である場合を除き、トポロジ パケットは外側リングに送信されます。

この資料は SRP インターフェイス リレーションシップを説明したものです、MAC アドレスの誤解のための最も頻繁な原因である。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

1 つの MAC アドレス

あらゆる SRP Line Card (LC)の 1 つの SRP インターフェイスに 2 MAC、1 MAC アドレスだけあります。 A 側および B サイドで構成されている実際のこれら二つの MAC 形式 1 SRP インターフェイス。

この show interface 出力例を参照して下さい:

  • 側: アウター リング Rx、内部 リング Tx

  • B サイド。 アウター リング Tx、内部 リング Rx

/image/gif/paws/28840/srp_28840a.gif

次に、例を示します。

Node2#show interface srp 4/0
SRP4/0 is up, line protocol is up 
  Hardware is SRP over SONET, address is 0000.4142.8799 (bia 0000.4142.8799)
  Internet address is 9.64.1.35/24
  MTU 4470 bytes, BW 622000 Kbit, DLY 100 usec, rely 255/255, load 1/255
  Encapsulation SRP,
  Side A: loopback not set
  Side B: loopback not set
     3 nodes on the ring   MAC passthrough not set 
     Side A: not wrapped   IPS local: SF	 IPS remote: IDLE
     Side B:     wrapped   IPS local: IDLE	 IPS remote: IDLE
  Last input 00:00:00, output 00:00:00, output hang never
  Last clearing of "show interface" counters never
  Queueing strategy: fifo
  Output queue 0/40, 0 drops; input queue 0/75, 0 drops
  5 minute input rate 0 bits/sec, 1 packets/sec
  5 minute output rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
     356572 packets input, 7674965 bytes, 0 no buffer
     Received 0 broadcasts, 0 runts, 0 giants, 0 throttles
     112289 input errors, 54938 CRC, 0 frame, 0 overrun, 0 ignored, 57351 abort
     1943503 packets output, 67532068 bytes, 0 underruns
     0 output errors, 0 collisions, 1 interface resets
     0 output buffer failures, 0 output buffers swapped out

SRP インターフェイスのためのプログラム MAC アドレス

show interface 出力では、MAC アドレスは 0000.4142.8799 です。 それはこの SRP インターフェイスのための組み込み MAC アドレス(BIA)と同じです。 また show srp topology 出力にリストされている MAC アドレスのようなカスタマイズされた値があるためにそれはプログラムできます。

次に、例を示します。

Node2#configure terminal
Node2(config)#interface srp 4/0
Node2(config-if)#mac-address 0.0.2

Node2#show interface srp 4/0h
SRP4/0 is up, line protocol is up 
  Hardware is SRP over SONET, address is 0000.0000.0002 (bia 0000.4142.8799)
  Internet address is 9.64.1.35/24
  MTU 4470 bytes, BW 622000 Kbit, DLY 100 usec, rely 255/255, load 1/255
  Encapsulation SRP,
  Side A: loopback not set
  Side B: loopback not set
     3 nodes on the ring   MAC passthrough not set 
     Side A: not wrapped   IPS local: SF	 IPS remote: IDLE
     Side B:     wrapped   IPS local: IDLE	 IPS remote: IDLE
  Last input 00:00:00, output 00:00:00, output hang never
  Last clearing of "show interface" counters never
  Queueing strategy: fifo

show srp topology 出力にリストされている 1 才であるために SRP インターフェイスのための MAC アドレスをプログラムできます。

Node2#show srp topology

 Topology Map for Interface SRP4/0
  Topology pkt. sent every 5 sec. (next pkt. after 0 sec.)
  Last received topology pkt. 00:00:04
  Last topology change was 00:00:09 ago.
  Nodes on the ring: 3
  Hops (outer ring)      MAC       IP Address      Wrapped SRR   Name
      0             0000.0000.0002 9.64.1.35         Yes     -   Node2
      1             0007.0dec.a300 9.64.1.36         No      -   Node3
      2             0010.f60d.7a00 9.64.1.34         Yes     -   Node1

ワンポートOC48 およびOC192 SRP ボード

SRP LC のどの SRP インターフェイスでも 2 MAC 1 つの MAC アドレスだけあります。 1 ポート OC48 および OC192 SRP カードに関しては、それは同じです。 唯一の違いはインターフェイスの側 A および B が 2 つの近隣スロットにつくことです。 1 つの単一 SRP インターフェイスのために装備されている 2 つのスロットがあります。 Side A はより低い数字が付いているスロット常にであり、Side B は高頻度が付いているスロットです。

/image/gif/paws/28840/srp_28840b.gif

データ発送管理

データは宛先に最短パスを常に持って行きます。 トラフィックのソースをたどるノードは SRP トポロジー情報による宛先に最短パスに気づいています。 発ノードは宛先にインターフェイスの側面 A および B のための 1 つのユニークな MAC アドレスがあるのでより短い側面上のトラフィックを送信 します。

ダイアグラムおよび提示トポロジーおよび show arp コマンド出力は SRP リングの例を示します。

/image/gif/paws/28840/srp_28840c.gif

Node1#show srp topology
 Topology Map for Interface SRP4/0
  Topology pkt. sent every 5 sec. (next pkt. after 2 sec.)
  Last received topology pkt. 00:00:02
  Last topology change was 00:07:27 ago.
  Nodes on the ring: 3
  Hops (outer ring)      MAC       IP Address      Wrapped SRR   Name
      0             0010.f60d.7a00 9.64.1.34         No      -   Node1
      1             0000.4142.8799 9.64.1.35         No      -   Node2
      2             0007.0dec.a300 9.64.1.36         No      -   Node3

Node1#show arp
Protocol  Address          Age (min)  Hardware Addr   Type   Interface
Internet  9.64.1.34               -   0010.f60d.7a00  SRP-B  SRP4/0
Internet  9.64.1.35               4   0000.4142.8799  SRP-B  SRP4/0
Internet  9.64.1.36               4   0007.0dec.a300  SRP-A  SRP4/0
Internet  10.48.70.19           145   0060.4741.0432  ARPA   Ethernet0
Internet  10.48.70.12           145   0000.0c4a.dcb8  ARPA   Ethernet0

リングの Node1 と Node2 間にファイバ 切断がある場合、この例が示すので、このように提示トポロジーおよび show arp 出力な:

/image/gif/paws/28840/srp_28840d.gif

Node1#show srp topology

 Topology Map for Interface SRP4/0
  Topology pkt. sent every 5 sec. (next pkt. after 2 sec.)
  Last received topology pkt. 00:00:02
  Last topology change was 00:02:02 ago.
  Nodes on the ring: 3
  Hops (outer ring)      MAC       IP Address      Wrapped SRR   Name
      0             0010.f60d.7a00 9.64.1.34         Yes     -   Node1
      1             0000.4142.8799 9.64.1.35         Yes     -   Node2
      2             0007.0dec.a300 9.64.1.36         No      -   Node3

Node1#show arp
Protocol  Address          Age (min)  Hardware Addr   Type   Interface
Internet  9.64.1.34               -   0010.f60d.7a00  SRP-B  SRP4/0
Internet  9.64.1.35               9   0000.4142.8799  SRP-A  SRP4/0
Internet  9.64.1.36              10   0007.0dec.a300  SRP-A  SRP4/0
Internet  10.48.70.19           151   0060.4741.0432  ARPA   Ethernet0
Internet  10.48.70.12           151   0000.0c4a.dcb8  ARPA   Ethernet0

この例は発ノードが宛先に近道を選択し、インターフェイスの A 側面か B サイドに show srp topology 情報に従って送信 することを示したものです。

結論

各 SRP インターフェイスに関しては、Tx および Rx 2 つのペアがあります。 1 つのペアは A 側を形成し、他のペアはインターフェイスの B サイドを形成します。 Tx および Rx 各ペアをカバーする 2 MAC があるのにこのインターフェイスに 1 つのユニークな MAC アドレスがあります。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 28840