コラボレーション : Cisco ICM CTI Desktop

VoIP Monitor Server 4.2 ベスト プラクティスの設定ガイド

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、効果的に製品を展開できるように Voice over IP(VoIP)モニタ サーバ バージョン 4.2 の機能と要件について説明します。 VoIP モニタ サーバが VoIP パケットのネットワークをモニタ(スニッフィング)する方法、ネットワークの推奨設定、いくつかの一般的なネットワーク設定を使用した例について説明します。

前提条件

要件

この ドキュメント を 読む人はこれらの必要条件の知識があるはずです:

  • Cisco IP Contact Center (IPCC)

  • コンピュータ テレフォニー インテグレーション (CTI) エージェントデスクトップ

  • Ciscoスイッチおよび LAN スイッチング

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco Agent Desktop 4.2 およびそれ以降

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 対象のネットワークが実稼働中である場合には、どのような作業についても、その潜在的な影響について確実に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

VoIP モニタサーバ概要

VoIP モニタサーバは Cisco Agent Desktop の無音モニタリングおよび記録機能を有効に します。 それはネットワークトラフィックのスニッフィングによってこれをに出入して選択します IP 電話、音声ゲートウェイ、および/または Cisco Unified CallManager を達成します。 サーバがパケットをに行くか、またはから来ることを見つければ監視されたデバイスはレシーバに、パケット送られます。 スーパバイザがコールを監視する場合、レシーバは VoIP クライアントアプリケーションが音声 ストリームをデコードし、スーパバイザのコンピュータ サウンドカードに出力を送るスーパバイザのデスクトップです。 記録のために、レシーバは記録および統計情報(RASCAL)サーバです、それは音声 ストリームをデコードし、出力をので .wav ファイル保存します。

VoIP モニタサーバは Cisco ある特定の Catalyst スイッチのモニタリング 機能の使用によってこれをされます。 この機能はほとんどの Catalyst スイッチのスイッチ型ポートアナライザ (SPAN)と呼ばれます。 いくつかの Catalyst スイッチはリモート SPAN(RSPAN)と呼ばれる進んだ機能を備えています。 モニタリング 機能はスイッチがネットワークトラフィックを 1つ以上のソースからコピーし、宛先ポートにコピーするようにします。 これらのソースはポートやバーチャルLAN (VLAN)のどれである場合もあります。 RSPAN は送信元ポートがリモートスイッチに常駐するようにします。 VoIP モニタサーバは宛先ポートを通ってスイッチに接続します。 これは VoIP モニタサーバが音声トラフィックがに行き、IP 電話から来ることを見るようにします。

VoIP モニタサーバはリアルタイムトランスポートプロトコル (RTP)パケットを見ることにだけ興味があります。 RTP パケットは User Datagram Protocol (UDP; ユーザ データグラム プロトコル)によってカプセル化されますイーサネット プロトコルによってカプセル化される。 VoIP モニタサーバは/記録モニタリングであること IP Phone のメディア アクセス制御(MAC) アドレスを知っています。 これらの MAC アドレスを使用し、判別することを UDP パケットに含まれている送信元および宛先 MACアドレスとかどうかレシーバに RTP パケットをリダイレクトするために比較します。

ドキュメントの構成

この資料は複数の典型的なネットワークコンフィギュレーションに基づいて推奨される配備から開始します(簡単から複合体への)。 各配備説明は機能、問題および制限への参照が含まれています。 正常な配置を実現するためにはたらく必要があるセクションはますます詳しくなり、VoIP モニタサーバおよび配置 問題の機能性を説明します。 最終的には、付録は意思決定過程で使用できる実質スイッチを使用して助けるのに VoIP モニタ サーバがどのようにの配置されるかリファレンス情報およびいくつかの配備例が含まれています。

最良の実戦配備

以降のセクションはさまざまな共通 ネットワーク ネットワーク構成に基づいて VoIP モニタサーバのための最良 の 配置 戦略を示し、記述します。 ネットワークに最も近い見つけ、配備メモを参照して下さいネットワークコンフィギュレーションを。

単一のスイッチ配置

単一 の スイッチ配備では、図 1 に示すように、ネットワークコンフィギュレーション、CallManager、音声ゲートウェイ、VoIP モニタサーバおよびすべての IP 電話は単一 の スイッチに接続されます。 少数のエージェントがあります。 データおよび音声は VLAN で分かれます。

図 1: 単一のスイッチ配置

VOIP-1.gif

エージェント間のモニタリング-オプション 1

  • SPAN はスイッチで Voice VLAN を監察するために設定されます。 SPAN は入力パケットしかコピーしないために設定されます。

  • スイッチが VLANモニタリングをサポートしなければ(6) 表は、オプション 2.を使用します。

エージェント間のモニタリング-オプション 2

  • 入力パケットしかコピーしないために SPAN が設定されている各 IP 電話のスイッチポートを、監視するために SPAN を設定して下さい。

発信者/エージェント間のモニタリングだけ- Option 3

  • SPAN は音声ゲートウェイおよび CallManager ポート、コピー入力および出力パケットを両方監視するために設定されます。

  • スイッチが他の VLAN (7) 表、サポートしなければ音声ゲートウェイ、CallManager およびすべての IP 電話の監視ポートを同じ VLAN であるなります。

Catalyst 3524 スイッチを使用してこのネットワーク レイアウトの設定例のためのシンプルネットワーク 配備例を参照して下さい。

縮小コア (単一の論理コールセンター)

この設定では、スイッチA はコアおよびディストリビューションレイヤ両方から成り立ちます。 スイッチ B、C および D はアクセスレイヤスイッチです。 すべてのエージェント IP 電話はスイッチ B および C に接続されます。 スーパバイザだけ D を切り替えるために接続されます。 VoIP モニタサーバはスイッチ B および C の IP 電話だけを監察しています。 スイッチA とスイッチ D 間のルータはスイッチ D のスーパバイザがまだ監視するスイッチ B および C のエージェントをできたが D を切り替えるために接続される何でも監視することを排除します。

従って単一 論理コールセンター(LCC)、Cisco Agent Desktop サーバの単一 インストールがあります。 データおよび音声トラフィックはデータおよび voice VLAN で分かれます。 すべてのエージェント IP 電話は voice VLAN のメンバーです。

VoIP モニタサーバはスイッチA、B、または C に接続できます。 それが置かれるところ、および何決まる使用されるサーバが必要とする機能性によって、監視されるべきエージェントの数およびスイッチかで利用可能 な 機能。 この場合、128 のエージェントより小さいです従って単一 VoIP モニタサーバだけがコール ロードを処理することを必要とします。

128 以上のエージェントがある場合、2つ以上 LCCs を、次ので示されている Cisco Agent Desktop サーバのインストールが含まれているそれぞれ作成する必要があります。

図 2: 縮小コア (単一の論理コールセンター)

VOIP-2.gif

エージェント間のモニタリング-オプション 1

  • スイッチ B の各 IP 電話の IP ポートを監視するためにスイッチA の RSPAN を設定すれば入力パケットしかコピーしないために RSPAN の C は、設定しました。

  • スイッチが RSPAN モニタリング(3) 表をサポートしなければ、この設定を使用できません。 多重 LCCs を作成し、複数の VoIP モニタサーバを使用する必要があります。 これは縮小された コア(複数の論理コールセンター)に説明があります。

発信者/エージェント間のモニタリングだけ–オプション 2

  • SPAN はスイッチA で入力および出力両方パケットをコピーするために SPAN が設定されている voice VLAN を、監察するために設定されます。

  • エージェント間のモニタリングがこの設定と試みられる場合、スピーチの品質は重複パケットの問題が非常に悪い原因であるかもしれません。 これは VOIPパケットの単一 コピーに説明があります。

発信者/エージェント間のモニタリングだけ– Option 3

  • SPAN はコア/ディストリビューションスイッチで音声ゲートウェイおよび CallManager ポート、コピー入力および出力パケットを両方監視するために設定されます。

  • スイッチが他の VLAN (7) 表、サポートしなければ音声ゲートウェイ、CallManager およびすべての IP 電話の監視ポートを同じ VLAN であるなります。

コア/ディストリビューションスイッチとして Catalyst 6000 スイッチを使用してこのネットワーク レイアウトの設定例のためのコラプスト コア ネットワーク 配備例、およびアクセスレイヤスイッチ用の Catalyst 3524 および Catalyst 4000 スイッチ参照して下さい。

縮小コア (複数の論理コールセンター)

この設定では、スイッチA はコアおよびディストリビューションレイヤ両方から成り立ちます。 スイッチ B、C および D はアクセスレイヤスイッチです。 すべてのエージェント IP 電話はスイッチ B および C に接続されます。 スーパバイザだけ D を切り替えるために接続されます。 VoIP モニタサーバはスイッチ B および C の IP 電話だけを監察しています。 スイッチA とスイッチ D 間のルータはスイッチ D のスーパバイザがまだ監視するスイッチ B および C のエージェントをできたが D を切り替えるために接続される何でも監視することを排除します。

スイッチ B におよび C にそれぞれそれらに接続される 100 つのエージェントがあります。 単一 VoIP モニタサーバが 200 のエージェント(ref)のコール トラフィックを処理できないので 2 つ LCCs は作成されます。 従って各 LCC に Cisco Agent Desktop サーバのインストールが、各 LCC 持っています自身の VoIP モニタサーバをあります。

これはまた結合されるスイッチが両方とも 128 以下のエージェントを備えていてもエージェント間のモニタリングを許可する設定です。

データおよび音声トラフィックはスイッチ B および C 両方のデータおよび voice VLAN で分かれます。 すべてのエージェント IP 電話はスイッチ voice VLAN のメンバーです。

図 3: 縮小された コア(複数の論理コールセンター)

VOIP-3.gif

エージェント間のモニタリング–オプション 1

  • SPAN はスイッチ B および C でそのスイッチの voice VLAN を監察するために設定されます。 SPAN は入力パケットだけコピーします。

  • アクセスレイヤスイッチが VLANモニタリングをサポートしなければ(6) 表はオプション 2.を使用します

エージェント間のモニタリング–オプション 2

  • アクセスレイヤスイッチの各 IP 電話の IP ポートを監視するために SPAN を設定して下さい。

  • この設定では、VoIP モニタサーバはエージェントからエージェントへのコールを監視常にできます。

  • スーパバイザは同じ LCC 内のエージェントだけを監視できます。

  • LCC1 のエージェントと LCC2 のエージェント間のコールはそれらのの 1 のスーパバイザによって彼らがスーパバイザの LCC にあるエージェントを監視する場合 LCCs 監視することができます。

冗長性/負荷バランシングのために設定される3つのレイヤから成るネットワーク

図 4 では、2 つの冗長 な コア スイッチは 2 つの冗長 な ディストリビューションスイッチに接続されます。 これらのスイッチはアクセス層のレイヤ2スイッチの 2 つのスタックに、それから、接続されます。 スタックのスイッチはトランク ポートを通して互いに接続されます。 スタッキングはマルチプルスイッチを単一 の スイッチとして動作させます(VoIP モニタサーバ観点から)。 アクセスレイヤスイッチの各スタックに接続される 128 以上のエージェントがあると仮定して下さい。 従って、図 4.に示すように 2 LCCs が、あります

これは Ciscoネットワークのための一般的 な 設定です。 それは冗長性か、ロード バランシング、またはその両方のために設定されます。

この設定によってさまざまなスイッチの能力によって VoIP モニタサーバを、展開する、顧客が発信者/エージェント間の呼び出しだけかまたエージェントからエージェントへのコールを監視したいかどうか方法の複数の選択が、そしてあります。

図 4: 冗長性/負荷バランシングのために設定される3つのレイヤから成るネットワーク

VOIP-4.gif

エージェント間のモニタリング–オプション 1

  • SPAN はスイッチ B および C でそのスイッチの voice VLAN を監察するために設定されます。 SPAN は入力パケットだけコピーします。

  • アクセスレイヤスイッチが VLANモニタリングをサポートしなければ(6) 表はオプション 2.を使用します

エージェント間のモニタリング–オプション 2

  • アクセスレイヤスイッチの各 IP 電話の IP ポートを監視するために SPAN を設定して下さい。

これらのインストールに関しては、VoIP モニタサーバ バージョン 4.2 のための唯一のオプションは LCC アクセス スイッチの各スタックは設定することで、すべてのデバイスをであるために、および図 4.に示すように各 LCC のための別途の VoIP モニタサーバが、voice VLAN の各 LCC 部品で持っていますあるために 各スタックでそのスタックの voice VLAN を監察するために、SPAN は設定されます。

配備計画

VoIP モニタサーバの配備のために計画した場合、多くのデシジョンは作る必要があります。 これらのデシジョンはどこに展開される、そしてどのようにスイッチが設定される筈であるか何 VoIP モニタサーバ インストールが必要であるか定めるのを助けます。 下記の表 1 は考慮に入れる必要がある機能/主要なデシジョンを示したものです VoIP モニタサーバの配備を計画するとき。 配備への重要性、か分枝は、要約されます。 これらの問題はこの資料の以下のセクションで説明されます。

表 1: 主要なデシジョン/機能

デシジョン/機能 重要性
エージェントの数 VoIP モニタサーバは 128 の同時コールの電話トラフィックをサポートできます。 これによりパフォーマンス低下を引き起こすより大きいロードします。 一般の同等化として、* APT が = エージェントの平均ピーク トーク タイム、N = 数、および X 128 と等しいかまたはそれ以下である必要があるところで、N = X APT を使用できます。 これは、当然、簡単数式です。 実世界での計画ははるかに複雑で、ある特定のコンタクトセンターをサポートするのに必要とされる VoIP モニタサーバ インストールの数を計算するためにアーラン表の使用を用います。
VLAN 音声およびデータは音声およびデータVLAN の使用によって分ける必要があります。 これは呼び出しに無関係なネットワークトラフィックをスニッフィングしていないので VoIP モニタサーバのキャパシティを改善します。 スイッチが VSPAN をサポートしないし、単一 VLAN だけスニッフィングに抑制されなければ、VoIP モニタサーバの配置は限られています。
LCCs 単一 LCC は 1 つの VoIP モニタサーバだけ含まれている場合があります。 多重 LCCs は VoIP モニタサーバがどのように展開されるか影響を与える場合がある複数 の VLAN 意味します、および複数のサブネットを。
ルータ 配置 SPAN によって監察される VoIP モニタサーバ ポートとポート間にルータがある場合もありません。 することはそう見えなくなるスピーチ パケットの MAC アドレスを VoIP モニタサーバに変更します。
スイッチの能力 異なる Catalyst スイッチは SPAN および RSPAN に関しては相違機能があります。 VoIP モニタサーバがどこに展開することができるかそれからこれらの機能、か欠如は、定めます。
必要条件のモニタ 発信者/エージェント間のコール モニタリングは一般にでまたエージェントからエージェントへのコール モニタリング機能がありますよりより少なく複雑。 顧客からの必要条件は VoIP モニタサーバがどこに展開することができるか定めます。
スーパバイザの数 スーパバイザによる同時モニタリング/セッションの数は 10 のエージェント呼び出しへの 1 モニタ セッションの比率を超過してはなりません。 モニタリング ロードを処理するために比率がインストールされる LCCs および VoIP モニタサーバより高い、別途の必要である必要があれば。

VoIP モニタサーバ仮定

VoIP トラフィック露出

正しく機能するモニタリングおよび記録のために VoIP モニタサーバはスニッフィングされるべき RTP パケットが含まれている IP トラフィック--にさらす必要があります。 これは音声トラフィックが VoIP モニタサーバ サービスのネットワーク インターフェイスに示す必要があることを意味します。 これはエージェントの電話がに接続されるスイッチの SPAN か RSPAN の設定によって実行されます。 SPAN および RSPAN設定は宛先ポートとして送信元ポートおよびシングル ポートとしてスイッチの一つ以上のポートか VLAN を規定 します。 宛先ポートはスイッチに接続されるために VoIP モニタサーバを実行するマシンによって使用されるポートです。 送信元ポートに来る IP トラフィックは宛先ポートにコピーされ、送信 されます。 VoIP モニタサーバは各パケット モニタリングのためのスーパバイザにべきである検査します、または RASCAL サーバをコピーされ、送信 される記録についてはかどうか見るために。 理想的にはそれが興味があること、VoIP モニタサーバ パケットをスニッフィングする必要だけ(音声パケット)。 voice VLAN が使用されなければ、またはスイッチはポート スニッフィングだけをサポートします(IP Phone ポートを直接スニッフィングしている 6) 表は、大いに無関係ネットワークトラフィック VoIP モニタサーバによって処理される必要があります。 これはサーバのキャパシティを減少させます。

レイヤ2 スイッチング ドメイン

VOIPトラフィックが IP Phone の指定 MAC アドレスを使用してスニッフィングされ、コピーされるので、これ変更しますイーサネットフレームの MAC アドレスを VOIPパケットで実行された レイヤ3 ルーティングがある場合もありません。 スニッフィングされる VoIP モニタサーバ ポートとポート間にルータがある場合もありません(SPAN および RSPAN によって露出されて)。

VoIPパケットのシングル コピー

スイッチの SPAN および RSPAN を設定するとき、VOIPパケットの単一 コピーだけ VoIP モニタサーバに送られることを確認することは重要です。 2 つのエージェント ポートを監察するために SPAN が設定されるおよびそれらのエージェントがコールに互いにあれば場合、2 IP 電話の間で交換される音声パケットは VoIP モニタサーバにエージェント B 電話によって受け取られる時エージェント A 電話を去る、再度とき二度送信することができ。 ほとんどの Catalyst スイッチの場合入力または出力パケットしかコピーしないために、SPAN は設定することができます。 エージェントからエージェントへのコールが監視されるべきなら入力または出力パケットをコピーするためにただ SPAN/RSPAN は両方を設定する必要がありません。 この機能(5) 表をサポートしないスイッチに関しては、エージェントからエージェントへのコール モニタリングは可能性のあるではないです。

IP フォン 互換性

VoIP モニタサーバは Cisco 79xx シリーズ電話および Cisco Agent Desktop ソフトフォンを使用します。

音声コード化プロトコル

VoIP モニタサーバは G.711 および G.729 の音声 コード化プロトコルだけをサポートします(無音抑止の有無にかかわらず)。 他のエンコード体系はモニタリング ソフトウェアによって認識されません。

単一プロセッササーバ

VoIP モニタサーバはシングル プロセッサ マシンで実行する必要があります。 低レベル ライブラリはネットワークトラフィックをスニッフィングするのに使用する対称型マルチプロセッシング環境をサポートしません。

配備戦略

この資料は確認されたコンフィギュレーションを提供したものです他のコンフィギュレーションに最小限の不正侵入を最も効率的に使用するために VoIP モニタサーバをイネーブルに設定する。 このセクションは、大まかに言えば、正常なインストールで使用できる別のスニッフィング コンフィギュレーションを説明します。 これらのシナリオの主要な目標は必要を動作するために VoIP モニタサーバがスニッフィングする必要があるネットワークトラフィックの量を制限することです。 スニッフィング過度なネットワークトラフィックは VoIP モニタサーバ マシン、スイッチおよびネットワークの負荷を負います。 一致する正しい戦略を使用するスニッフィング必要はシステムが最も効率的にはたらくようにします。 無効 なスニッフィングを使用するシナリオは否定的に VoIP モニタサーバおよびシステムに同様に影響を及ぼします。 VoIP スニッフィングはシステムの複数の場所ですることができます。 一つ以上のポートや VLAN を監視するために SPAN か RSPAN を設定するこのコンテキスト、「スニッフィング」手段(方法)。 ソースはそれぞれに言うことがわかるはずである、VoIP モニタリングに影響を与える問題がある SPAN によって使用しました。

図 5: スニッフィング場所

VOIP-5.gif

図 5 に示すように、音声トラフィックのためにスニッフィングすることができる 3 つの場所があります。 これらのスニッフィング場所は下記のものを含んでいます:

  1. 音声 VLAN

  2. IP Phone/エージェントデスクトップ スイッチポート

  3. 音声ゲートウェイおよび CallManager ポート

VLAN

スニッフィング voice VLAN は 2 つの主な理由で優先 するスニッフィング方式です:

  • 音声 および データ ネットワーク トラフィックの分離

  • SPAN設定およびメンテナンスはより容易です

音声 および データ ネットワーク トラフィックが VLAN で分かれることが、そして VoIP モニタサーバが voice VLAN だけをスニッフィングしていること強く推奨されます。 VoIP モニタサーバが処理する必要があればより少ないネットワークトラフィックをより多くの持っているキャパシティ。

IP フォン ポート

VLAN か VSPAN がスイッチでサポートされない場合、VLAN よりもむしろ送信元ポートとして個別のポートを使用する SPAN 必要。 これは両方音声 および データ トラフィックが VoIP モニタサーバ--にさらされるというファクトによる VLAN スニフィングよりより少なく好ましいです。 この追加トラフィックはサーバのキャパシティを減らします。

音声ゲートウェイおよびCallManager ポート

エージェントからエージェントへのコール モニタリング/記録が必要とならない場合、音声ゲートウェイ ポートおよび CallManager ポートを監視するために SPAN を設定することは可能性のあるです。 これは VoIP モニタサーバが外部発信者とエージェント間のコールで交換されるすべての音声パケットを見るようにします。 エージェントからエージェントへのコールは音声パケットが音声ゲートウェイ ポートを横断しないので監視することができません。 これに対する例外は次にエージェントが別のエージェントの外部発信者および会議に伝える場合です。 この場合、音声 ストリームのマージは CallManager によって処理されます。 VoIP モニタサーバが CallManager ポートを監察しているので、この三方の(または多く)コールは正常に監視することができます。

SPAN の概要

VoIP モニタサーバは Catalyst スイッチで設定される SPAN (スイッチ型ポートアナライザ)セッションに頼ります。 スイッチの SPANセッションは一つ以上のポートの IP トラフィックがスイッチの別の単一 の 宛先宛先ポートにコピーされ、送信 されるようにする Cisco Catalyst スイッチの機能単にです。 SPAN への入力のために使用されるポートは送信元ポートと言われます。 すべてのコピーされたトラフィックが送信 される ポートは宛先ポートと呼ばれます。 スパンの終点 ポートはいくつかのスイッチのモニタ ポートと言われます。 この資料では、このポートは宛先ポートと常に言われます。

図 6: SPAN 概念

VOIP-6.gif

マルチポートからネットワークトラフィックを集め、単一 出力ポートにコピーするじょうごとして SPAN を、図 6.捉えて下さい エージェント電話に出入して音声トラフィックのためにスニッフィングするのに VoIP モニタサーバによって SPAN の宛先ポートが使用されています。

SPAN によって使用される送信元ポートはスイッチ モデル、ポートまたは VLAN によって、のどちらである場合もあります。 さらに、特定タイプだけのポート 送信元ポートとして使用することができます。 送信元ポートとしてスイッチポートを使用する PSPAN (ポート SPAN)と言われます。 送信元ポートとして VLAN を使用する VSPAN (VLAN SPAN)と言われます。 いくつかのスイッチは PSPAN だけサポートします。 他のスイッチは PSPAN および VSPANs を両方サポートします。 そしていくつかのスイッチは単一 SPAN設定のポートおよび VLAN 両方の使用をサポートします。

ローカルSPAN (LSPANs)はすべての送信元ポートおよび宛先ポートが同じスイッチで物理的に配置されるスパンです。 リモートSPAN (RSPAN)は別の接続スイッチで物理的に配置される送信元ポートを含むことができます。

設定することができるスパンの数はスイッチによって異なることができます。 SPAN設定および機能性は Cisco すべての Catalyst スイッチに同じではないです。 いくつかのスイッチは送信元ポート(出トラフィック)に発信であるパケットまたは送信元ポートだけ(入トラフィック)に着信であるパケットしか示さないために設定されるスパンの終点 ポートを備える場合があります。 多くのスイッチ用のデフォルトは送信元ポートを押す入力および出力両方パケットを示すことです。

いくつかの Catalyst スイッチで、SPAN の宛先ポートは着信パケットを受け入れません。 このような場合、VoIP モニタサーバを実行するマシンは 2 NIC カードがなければなりません; 正常なネットワークトラフィックをスイッチから音声トラフィックを受信するために送信 し、受信する 1 つおよび別のもの。

SPAN および RSPAN に関する詳細については、スイッチに関する文書を参照して下さい。

スイッチの能力

VoIP モニタサーバは Catalyst スイッチの Cisco 行がとりわけターゲットとなっています。 VOIPトラフィックを提供する、他のスイッチでテストされませんでした他のスイッチを使用する。

VoIP モニタサーバ ソフトウェアをインストールし、設定するとき認識しているを必要があること Cisco Catalyst スイッチ間に違いがあります。 現時点で知られているスイッチに関する問題は下記の表で示されています。

SPAN サポート

ある特定のスイッチに関しては、SPAN を、か機能性で類似した何かはスイッチのために設定する機能ありません。 このような場合、VoIP モニタサーバは音声トラフィックにモニタ ソフトウェア アクセスを可能にするための方式がないのではたらきません。 次の Catalyst スイッチはこのカテゴリに分類されます。

表 2: SPAN をサポートしない Catalyst スイッチ

Catalyst スイッチ
1700
2100
2800
2948G-L3
4840G

RSPAN サポート

場合によっては、VoIP モニタサーバ配備で RSPAN を使用することは好ましいです。 すべてのスイッチが RSPAN をサポートしません。 場合によっては、スイッチは RSPAN をサポートしないかもしれませんでしたり RSPAN設定内の中継スイッチであるかもしれません。 RSPAN をサポートしないスイッチは表 3.で表示されます

表 3: RSPAN をサポートしない Catalyst スイッチ

Catalyst スイッチ
1200
1900
2820
2900
2900XL
2926GS
2926GL
2926T
2926F
2948G
2950
2980G
3000
3100
3200
3500XL
3524 PWR XL
3508GL XL
2550
5000
5002
5500
5505
5509

ネットワーク トラフィック制限

いくつかの Catalyst スイッチは正常なネットワーク接続として SPAN設定の宛先ポートを機能します可能にしません。 唯一のトラフィックはこのポートをフローするスパンの始点 ポートからコピーされるトラフィックです。 これは実行しているコンピューターは VoIP モニタサーバ適切に機能する 2 ネットワーク接続がなければならないことを意味します。 それは 1 NIC ネットワーク内の他のマシンに常駐する Cisco Agent Desktop ソフトウェアの他のコンポーネントと受け取り、監視し、およびレコード要求が、相互に作用することを必要とします。 第 2 NIC は監視し、記録のためのスニッフィング VOIPトラフィックに専用されています。 このカテゴリに分類されるスイッチは表 4.で表示されます

表 4: スパンの終点 ポートのアウトゴーイングトラフィックをサポートしない Catalyst スイッチ

Catalyst スイッチ
2950
3000
3100
3200
3550

システムを設定するために必要なステップが従って VoIP モニタサーバ作業は VoIP モニタサーバと複数のNICカードを使用することで正しく示されています。

入力および出力モニタリング

コンフィギュレーションでは、VoIP モニタサーバは重複した音声パケットを受信できます。 この問題は Cisco 多くの Catalyst スイッチによって可能性としては起こる場合があります。 問題はエージェントからエージェントへのコールで SPAN/RSPAN がコールの両方のパーティからの入力および出力両方パケットをスニッフィングするために設定されるとき発生します。 音声パケットがエージェント A ポートを去るので、SPAN は VoIP モニタサーバ ポートにそれをコピーします。 音声パケットはエージェント B ポートで着くとき、VoIP サーバに再度コピーされ、送信 されます。 同じはエージェント B が話すと起こります。 すべてのパケットは VoIP モニタサーバによって二度見られます。 これにより非常に悪い通話品質を引き起こします。 これを、入力パケットだけ VoIP モニタサーバにポートに避けるために送信されます。 これは SPAN の設定です。 いくつかのスイッチはこれをサポートしません。 入力だけパケット 探知をサポートしないスイッチは表 5.で表示されます

表 5 監察するただ入力/出力をサポートしない Catalyst スイッチ

Catalyst スイッチ
1900
2900
2820
2900XL
3000
3100
3200
3500XL

VSPAN サポート

いくつかのスイッチでは、SPAN はソースとして VLAN を使用できません。 この場合、SPAN はモニタリングのために使用するために個別のポートを指定する必要があります。 VSPAN をサポートしないスイッチは表 6.で表示されます

表 6 VSPAN をサポートしない Catalyst スイッチ

Catalyst スイッチ
1200
1900
2820
2900XL
2950
3000
3100
3200
3500XL
3524 PWR XL

SPAN セッションの数

スイッチにあることができる SPAN/RSPAN セッションの数への制限があります。 これらの制限は表 7.で示されています

表 7: Catalyst スイッチ用の SPAN 制限

スイッチ モデル 許可される最大値スパン
1200 1
1900 1
2820 1
2900 1
2900XL 1
2926GS 5
2926GL 5
2926T 5
2926F 5
2948G 5
2950 1
2980G 5
3000 1
3100 1
3200 1
3500XL 1
3524 PWR XL 1
3508GL XL 1
3550 2
4003 5
4006 5
4912G 5
5000 5
5002 5
5500 5
5505 5
5509 5
6006 30
6009 30
6506 30
6509 30
6513 30

VoIP モニタサーバが付いている複数のNICカードの使用

問題

VoIP モニタサーバはネットワークからの RTP トラフィックをスニッフィングし、興味がある登録済みのクライアントにそれを送信 します。 これはサーバがに接続されることスイッチからのサポートを必要とします。 具体的には、VoIP モニタサーバは設定された SPAN/RSPAN の宛先ポートに接続する必要があります。 どのトラフィックでも宛先 SPAN/RSPAN ポートに SPAN/RSPAN 送信元ポートを交差させるまたコピーされ、従って VoIP モニタサーバによって見られます。

最初に VoIP モニタサーバがまた SPAN ポートをだけでなく、トラフィックを受信したり送信するのに使用する可能性があることが、仮定されました。 ただし、これはすべてのスイッチと本当ではないです。 スパンの終点 ポートのアウトゴーイングトラフィックを可能にしないスイッチがあります。

解決策

この問題へのソリューションは VoIP モニタサーバを実行するマシンで 2 つのネットワークアダプタを使用することです:

  1. RTP ストリームをスニッフィングするための 1 つ; このアダプタは SPAN ポートに接続されます。

  2. /クライアントから正常なトラフィックを、のような、要求受信するのための 1 つは送信スニッフィングされた RTP 流れます; このアダプタは正常なスイッチポートに接続されましたり、前述の SPAN ポートによって監察されません。

制限事項

  1. Cisco Unified CallManager が 2 つのネットワークアダプタをサポートしないので、CallManager が VoIP モニタサーバと共存しないコンフィギュレーションのだけソリューション作業この。

  2. WinPCap 2.2 は、スニッフィング ライブラリ、TCP/IP に結合 される ネットワークアダプタをだけ使用します。 スニッフィング カードが TCP/IP に結合 されることを確かめて下さい。

問題

  • インターフェイスが使用する必要がある VoIP モニタサーバは規定 しませんパケットを送信するとき。 これは単一 の ネットワーク ネットワーク アダプタをスニッフィングおよび正常なトラフィックのために使用するとき問題ではないです。 2 つのネットワークアダプタによって、スニッフィング アダプタを通過しないように正常なトラフィックを制限する必要があります。 さもなければ、現在モニター コールのスニッフィングされた RTP ストリームはスパンの終点 ポートがアウトゴーイングトラフィックを可能にしないのでスーパバイザに達しないかもしれません。

    解決策: スタティック ルーティング テーブルをカスタマイズする route コマンドを使用して下さいそうすれば正常なトラフィックはスニッフィング カードを通過しません。 詳細に関してはネットワーク admin に連絡して下さい。

    代替: スニッフィング カードにネットワーク使用の「珍しい」IP アドレス、その他のホストおよび「255.255.255.0」のサブネット マスクを与えないで下さい。 また、このカード TCP/IP バインディングのための Default Gateway フィールド ブランクを残して下さい。

  • インストールするとき、ICD はそれに IP アドレスを渡すことによって Cisco Unified CallManager によって登録する必要があります。 この IP アドレスはコールバックへの CallManager によって ICD 使用されます。 CallManager に通じる IP アドレスはネーム サーバを通したローカル ホスト名の解決によって検索します(DNSサーバか WINS サーバのように)。 ボックスにサーバによって戻る 2 IP アドレスがあれば、この 1 つがアウトゴーイングトラフィックに使用することができないように、ネーム サービスない戻りを持っていることは好ましいですスニッフィング カード IP アドレス。

    解決策: ネーム サービスを用いるスニッフィング カード 登録の登録を解除する admin コマンドを使用して下さい(DNS および WINS)。 DHCP をはたらかせるこれらのコマンドのために両方のネットワークアダプタのために無効であるはずです。 PING <local ホスト名と > 右の IP アドレスが戻るかどうか見るためにチェックして下さい。 詳細に関してはネットワーク admin に連絡して下さい。

VoIP モニタサーバ ボックスの第 2 ネットワークアダプタのインストール

(Microsoft Windows 2000 だけ)

  1. コンピュータに第 2 ネットワークアダプタを挿入して下さい。

  2. コンピュータを起動して下さい。

  3. IP アドレスを得るのにアダプタが DHCP を使用していないことを確かめて下さい。

  4. アダプタに有効 な IP アドレスを与えて下さい。

  5. 使用されるか 2 個のアダプタのどれがスニッフィングのために決定して下さい。 スイッチ SPAN ポートとそれを接続して下さい。

  6. SPAN ポートによって監察されない正常なスイッチポートと第 2 アダプタを接続して下さい。

  7. 正常なトラフィックがスニッフィング カードを通過しないようにローカルルーティングプロトコルをカスタマイズする route コマンドを使用して下さい。 この情報のためのネットワーク admin に話す必要があります。

  8. スニッフィング カードが DNS および WINS に登録されていないことを確かめて下さい。 PING <local ホスト name> コマンドでこれを確認して下さい。 これは local name が正常なトラフィックカード IP アドレスに常に解決するそれを確認します。 その他の情報のためのネットワーク admin への連絡先。

ICD インストールのための Cisco Agent Desktop

ICD インストール上の問題

IPCC インストールのための Cisco Agent Desktop はユーザに VoIP モニタサーバがサーバがスニッフィングのために使用するネットワークアダプタの正常なトラフィックおよび IP アドレスのために使用する IP アドレスを選択するオプションを提供します。 ただし、ICD インストールはユーザがスニッフィング カードの IP アドレスしか規定なできるように Cisco Agent Desktop インストールを統合。 VoIP モニタサーバが要求を受け取っている IP アドレスは、デフォルトで、システムによって供給される列挙に現われる最初のものです。 これは 1 NIC シナリオではたらく間、2 つの NIC シナリオで間違うかもしれません。 最初の IP アドレスが列挙に現われるスニッフィング カードそしてなら同じカードは両方、スニッフィングおよび他のトラフィックのために使用されます。 これは丁度試みる避けるために必要があるものです。 ICD インストールのための DDTS を挿入することはこの問題を訂正するためであるかもしれません。

解決策: 右の IP アドレスが Cisco Agent Desktop サーバ レジストリ 設定に書かれることを確かめて下さい(手順については次を参照して下さい):

ICD セットアップの前に第 2 ネットワークアダプタを持っているコンピュータ

  1. ICD インストールの間に「VoIP モニタサーバ」を頼まれた場合スニッフィング カード IP アドレスを挿入して下さい。

  2. インストールの後で、IP address 値正常なトラフィックを持つために次のレジストリキーを確かめて下さい:

    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Spanlink\FastCall VoIP MonitorServer\
      Setup\IOR HOSTNAME
    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Spanlink\FastCall RASCAL Server\Setup\IOR HOSTNAME
    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Spanlink\FastCall Chat Server\Setup\IOR HOSTNAME
    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Spanlink\FastCall Enterprise Server\Setup\
      IOR HOSTNAME

    上記の値は、スペースの制限上 2 行で表示されています。

ICD セットアップの後でインストールされる第 2 ネットワークアダプタを持っているコンピュータ

  1. レジストリでに入って下さい:

    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\WindowsNT\CurrentVersion\
      NetworkCards
  2. 差込 カード エントリを最近検出して下さい。

  3. 「ServiceName」の値をコピーして下さい。

  4. HKEY_LOCAL_MACHINE \ソフトウェア\ Spanlink にこの値を\ FastCall VoIP モニタサーバの\設定された\ MonitorDevice キー貼り付けて下さい。

  5. それの前の追加して下さい\デバイス\ Packet_

IPCC インストールのための Cisco Agent Desktop

ICD セットアップの前に第 2 ネットワークアダプタを持っているコンピュータ

  1. 「マシン IP アドレス」が IPCC インストールの間に要求されるとき正常なトラフィックカード IP アドレスを挿入して下さい。

  2. IPCC インストールの間に「VoIP モニタサーバ」を頼まれた場合スニッフィング カード IP アドレスを挿入して下さい。

ICD セットアップの後でインストールされる第 2 ネットワークアダプタを持っているコンピュータ

  1. NetworkCards にレジストリで入って下さい。

  2. 差込 カード エントリを最近検出して下さい。

  3. 「ServiceName」の値をコピーして下さい。

  4. HKEY_LOCAL_MACHINE \ソフトウェア\ Spanlink にこの値を\ FastCall VoIP モニタサーバの\設定された\ MonitorDevice キー貼り付けて下さい。

  5. それの前の追加して下さい\デバイス\ Packet_

シンプルネットワーク配備例

前提条件:

  • スイッチポートは図 7.に示すように設定されます

  • IP 電話によって使用される voice VLAN は VLAN1 です。

図 7: シンプルネットワーク配備例

VOIP-7.gif

スイッチの SPANセッションを作成して下さい:

ステップ コマンド 説明
1 config t 設定モードを入力します
2 0/3 をインターフェイスさせて下さい イーサネットポート 0/3 におけるコンフィギュレーションモードを開始して下さい
3 ポートモニタ VLAN 1 音声 VLAN1 を監視するセットアップ SPAN

VoIP モニタサーバは今スイッチに接続される IP 電話からの音声トラフィックすべてを見る場合があります。 発信者/エージェント間およびエージェントからエージェントへのコール監視され/記録することができます。

コアネットワーク配備の失敗例

前提条件:

  • スイッチポートは図 8.に示すように設定されます

  • 両方のスイッチの IP 電話によって使用される voice VLAN は VLAN1 です。

図 8: コアネットワーク配備の失敗例

VOIP-8.gif

スイッチ B の SPANセッションを作成して下さい:

ステップ コマンド 説明
1 config t 設定モードを入力します
2 0/1 をインターフェイスさせて下さい イーサネットポート 0/1 におけるコンフィギュレーションモードを開始して下さい
3 ポートモニタ VLAN 1 Voice VLAN 1 を監視するセットアップ SPAN

VoIP モニタサーバは今スイッチに接続される IP 電話からの音声トラフィックすべてを見る場合があります。 発信者/エージェント間およびエージェントからエージェントへのコール監視され/記録することができます。

スイッチ C の同じステップを繰り返して下さい。


関連情報


Document ID: 28804