音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity

Cisco Unity 上で Directory Walker を実行したときのエラー メッセージ

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2002 年 12 月 10 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

Directory Walker (Dbwalker) は、Cisco Unity データベースにエラーやリンクの喪失がないかチェックし、エラーの分析に使用可能な出力ログ ファイルを生成するユーティリティです。 Dbwalker には、発生した最も一般的なエラーの一部を自動的に修正するオプションもあります。 たとえば、Dbwalker は、プライベート同報リストにおいてリストに関連付けられたメンバーが含まれていること、またはユーザに対して選択された言語がシステムにインストールされていることを確認できます。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco Unity (すべてのバージョン)に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

ランタイムエラー: -2147220299 (0x800404b5)

DbWalker が動作するとき、このエラーはアプリケーションがデータベースに接続することを試みるとき見つけられるかもしれません:

Runtime Error: -2147220299 (800404b5)
Method "~" of object "~" failed.

これは、Cisco Unity の全バージョンに適用されます。

解決策

適切な権限を持たないアプリケーションからデータベースへアクセスすると、このエラーが生成されます。 Windows の問題、ログアウトおよびログを Cisco Unity サービス アカウントとして訂正するため。 このアカウントに必要なアクセス許可があり、データベースに正しく接続し、DBWalker ユーティリティを実行されることを可能にします。

1555: (エラー)サブスクライバ転送 string=2940

DbWalker が動作するとき、このエラーメッセージは受け取られます:

1555:(error) subscriber transfer string=2940 fails the current
	 restriction table for transfers associated with the 
  COS this subscriber is assigned to. This is not necessarily 
  an error but may be something you want to check into.

解決策

メッセージが示すので、これはエラーでし、問題を引き起こさないかもしれません。 このメッセージは制限テーブルと関連しています。 制限テーブルは、それから、ユーザが準であるサービスの分類 (CoS)と関連付けられます。 制限テーブルはどんなストリングを転送、通知 dialouts およびファクシミリ配信のために別々に入力することができるか定めます。 転送ストリングを設定する場合、より遅い変更は COS ユーザ ダイヤル ストリングがもはや許可されないことと関連付けられましたり、および/または制限テーブル 定義をそのような物、まだ Unity ダイヤルしますそれにアップデートします。 制限テーブルはないダイヤルされるときダイヤル ストリングが変更される時だけ適用します。 これは管理者がダイヤル ストリングを変更できるよくみられるヘルプ デスク シナリオに必要です。 ただし、ユーザはこれをすることができません。 Cisco Unity は合法性があるように確認するために変更を行うユーザの制限テーブルを使用します。

1520: (エラー)サブスクライバはプライマリ コール ハンドラ参照用の NULL があります-これは有効なサブスクライバではないです

DbWalker ツールを(Cisco Unity にある[ドライブ]使用しながら: \ Cisco Unity ツールの COM ポート\ユーティリティはまたは)、ユーザ データベース 汚染およびこのエラーを識別できます:

1520:(error) subscriber has NULL for their primary call
	 handler reference - this is not a valid subscriber.

解決策

このステップを続行する前にすべてによってが有効なサブスクライバであるそれらを確認して下さい。

サブスクライバを SQL から取除き、次に RemoveSubscriberProperties を実行して下さい。 これは Unity からユーザを取除きます。 次に、Unity に戻ってユーザをインポートして下さい。

1233: (エラー)このオブジェクトのための拡張番号はディレクトリの 1つ以上のオブジェクトと競合します

DbWalker が Cisco Unity サーバで動作するとき、このエラーメッセージは受け取られます:

1233:(error) the extension number for this object conflicts 
with one or more objects in the directory
All objects found to be using extension #xxxxx

このエラーメッセージは重大なエラーではないです。 これは使用中ではないユニティサーバが同じアクティブ ディレクトリに一度再インストールされるとき示します削除される古い allsubscribers 分配リストなしで。

解決策 1

アクティブ ディレクトリからことができます分配リストを削除する使用されない、またはその分配リストにこの問題を解決するためにディレクトリ番号を割当て直す。 分配リストを削除するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. Cisco Unity サーバのコマンド プロンプトからこのコマンドを実行して下さい:

    osql -E -d UnityDb -Q "SELECT value FROM
    	 UnitySetupParameters WHERE name = '@SystemId'"

    これはアクティブなユニティサーバである数を与えます。 この数のメモを作って下さい。

  2. Programs > Microsoft Exchange > Active Directory Users and Computers へのナビゲート。

  3. ユーザ allsubscribers のためのユーザおよび検索にダウン状態になって下さい。

    これは 2 つの一致を戻します。

  4. 第一歩からの数を一致する アカウントを削除する必要があるかもしれません。

    アカウントは一致する使用されていません。

解決策 2

  1. Unity SAWeb ページでは、> 公共分配リストはサブスクライバに行きます。

  2. 重複した拡張に関しては分配リストをチェックして下さい。 見つける場合、拡張を変更して下さい。

  3. ソリューション 1.で与えられるように使用されていないアクティブ ディレクトリから分配リストを削除して下さい

1207: (エラー)音声 名 WAV ファイル抜けていること。 file= C:\CommServer\Stream ファイル\…のために参照されるパス

Cisco Unity では、コール ハンドラははたらかないし、DbWalker はの次のエラーメッセージ報告します:

1207:(error) Voice name WAV file missing. Path 
referenced for file=C:\CommServer\Stream Files\...

または

1226:(error) set to go to a missing call handler with an ObjectID

または

1237:(error) the owner for this call hander is a missing 
subscriber with an ObjectID

これらのエラーメッセージは深刻ではない物ではないです。 データベースが破損している場合のメッセージ表示。

解決策

この問題を解決するために、チェックされる Remove によって孤立させる WAV ファイル オプションと DbWalker を自動的に実行して下さい。 これはリンクを取除きます。 このオプションを選択する場合、コール ハンドラの抜けたメッセージかレコード名はシステムデフォルトを指します。 新しいコール ハンドラを作成するために可聴周波テキスト マネージャを使用できます。 詳細については可聴周波leavingcisco.com テキスト マネージャを可聴周波テキスト マネージャ ツールをダウンロードするために参照すれば。

1203: (エラー)このサブスクライバのためのプライマリ コール ハンドラは別のサブスクライバを指す AdministratorObjectID 値が設定があります

ユーザが DbWalker を実行する時 Cisco Unity 4.x へのアップグレードが、このエラーメッセージ 表示する後:

1203:(error) The primary call handler for this subscriber has it's 
  AdministratorObjectID value set to point to a different subscriber. You 
  can fix this in DohPropTest by copying the ObjectID of the subscriber into the 
  AVP_ADMINISTRATOR_OBJECT_ID value for the primary call handler.
This can also, however, mean a there is a 'cross linked' call handler 
  problem where a single primary call handler is being 'shared' by more than one 
  subscriber.
COS Alias=defaultsubscriber
Location Object Alias=default
Voice name WAV file path=C:\CommServer\Stream Files\ESubscriber_SubName_0008a0c3.wav
Location object display name={Default}
Subscriber is assigned to language=English (United States)

DbWalker のエラーメッセージは管理者例のためです。 アカウントはデフォルト アカウントとして Cisco Unity が最初にインストールされている場合作成されます。 メール・ユーザ > ESubscriber > AVP_OBJECT_ID の値が CallHandlers > Ch_Esubscriber > AVP_ADMINISTRATOR_OBJECT_ID の値と異なっているとエラーメッセージが現れます。

解決策

メール・ユーザ > ESubscriber > AVP_OBJECT_ID および CallHandlers > Ch_Esubscriber > AVP_ADMINISTRATOR_OBJECT_ID の下の値は同一である必要があります。

これら二つの値を同一にするためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. C:\CommServer\TechTools フォルダの DohPropTest.exe を実行して下さい。 DohPropTest はパスワードの入力を求めます。 (このパスワードは毎日変更します)。

  2. DohPropTest ログオン ダイアログボックスでは、パスワードボックスを空のままにし、『OK』 をクリック して下さい。

  3. 警告ダイアログ ボックスで、DohPropTest の読み取り専用 の モードを開始するために『Ignore』 をクリック して下さい。

  4. メール・ユーザ > ESubscriber > AVP_OBJECT_ID に行って下さい。 属性値をコピーし、Notepad に貼り付けて下さい。

  5. CallHandlers > Ch_Esubscriber > AVP_ADMINISTRATOR_OBJECT_ID に行って下さい。 オブジェクト情報ウィンドウがポップアップする場合、『Close』 をクリック して下さい。

  6. 既に開いてしまった Notepad に属性値およびペーストをコピーして下さい。 値を比較して下さい。 Properties 値 2 つは同じであるはずです。

  7. 値が同じではない場合、CallHandlers > Ch_Esubscriber > AVP_ADMINISTRATOR_OBJECT_IDメール・ユーザ > ESubscriber > AVP_OBJECT_ID の属性値のコピーによってメール・ユーザ > ESubscriber > AVP_OBJECT_IDCallHandlers > Ch_Esubscriber > AVP_ADMINISTRATOR_OBJECT_ID の値を同じ作って下さい。

  8. 確認するために DbWalker を再度実行して下さい。

  9. また、1.への変更 CallHandlers > ch_Defaluttemplate > AVP_IS_PRIMARY。

または、次の手順を実行します。

  1. 別のユーザ ID で新しい管理者例 アカウントを作成して下さい。

  2. EAdministrator 既存のアカウントと関連付けられる callhandlers を判別し新しい管理者例 アカウントとそれらを再び対応づけて下さい。

  3. DohPropTest によって EAdministrator 既存のアカウントを削除して下さい。

  4. DbWalker を再実行して下さい。

1694: (エラー) 「@PrimaryServer」プロパティは「UnitySetupParameters」表で見つけることができませんでした

Unity の以前のバージョンから Unity 5.0(1) にアップグレードするとき、ユーザが DbWalker を実行する間、このエラーメッセージが現れます:

error: 1694:(error) The '@PrimaryServer' property could not be found 
in the 'UnitySetupParameters' table. This can cause problems 
if you try to upgrade this system to a newer version of Unity.  
Please contact TAC.

このエラーは UnitySetupParameters の下の PrimaryServer フィールドが正しいプライマリ サーバ名前を指さないとき発生する場合があります。

この問題は Cisco バグ ID CSCsj92828登録ユーザのみ)で文書化されています。

この問題は Unity 7.0(2) およびそれ以降で解決されましたり、従ってアップグレードの間にそれらのバージョンに発生するべきではありません。

解決策

この回避策を試みる前に、この SQL クエリが空白値を表示することを最初に確かめて下さい: から SELECT 値 name=N'@ PrimaryServer UnitySetupParameters

Cisco Unity サーバでは、HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\ActiveVoice\Commserver\1.0\PrimaryServer に行き、確かめて下さい正しいクエリと読み込まれることを。

そうでなかったら、クエリ アナライザを使用して UnitySetupParameters で Unityサーバ名を挿入するためにこの SQL クエリを実行して下さい:

INSERT INTO UnitySetupParameters
(Name, [Value])
VALUES ('@PrimaryServer', 'servername')

「クエリ」がユニティサーバのプライマリ サーバ名前であるところ。

1183:(error) 通知 デバイス: 無効である自宅 の 電話にスイッチ ID があります: 2

DbWalker を Unity 4.2.1 から 5.0.1 アップグレードの準備で実行するとき、このエラーメッセージが現れます:

1183:(error) Notification device:Home Phone has a switch ID 
that is not valid: 2

または

1199:(error) Subscriber set to switch ID that is not valid:  2

解決策

SQL クエリ アナライザのこのサブスクライバのためのこの通知 デバイスへの行き、それに有効なスイッチを選択することによってこれを訂正できます。 次の手順を実行します。

  1. Start によって SQL クエリ アナライザを- > Program Files > Microsoft SQL サーバ >Query アナライザ開いて下さい

  2. 『Windows Authentication』 を選択 し、そして『OK』 をクリック して下さい

  3. 『UnityDb』 を選択 して下さい

  4. コマンドを『Alias』 を選択 しましたり、サブスクライバからの switchid、そして『play』 をクリック します ボタンを入力して下さい。これは switchID 2 を持つサブスクライバのすべてのリストを提示します

  5. コマンド アップデート NotificationDevice 一定 switchid ='0' を switchid = '2' 入力し、そして 2 から 0 に switchID をアップデートするためにボタンを『play』 をクリック しなさい。

  6. コマンド アップデート サブスクライバ一定 switchid ='0' を switchid = '2' 入力し、そして 2 から 0 に switchID をアップデートするためにボタンを『play』 をクリック しなさい。

  7. コマンドを『Alias』 を選択 しましたり、notificationdevice からの switchid、そして『play』 をクリック します ボタンを入力して下さい。 0 の switchID を示すためにユーザ全員を今確かめて下さい。

1439:(error) 無効である MWI device:MWI-1 にスイッチ ID があります: 2

DbWalker を Unity 4.2.1 から 5.0.1 アップグレードの準備で実行するとき、このエラーメッセージが現れます:

1439:(error) MWI device:MWI-1 has a switch ID that is not valid: 2

解決策

この問題を解決するには、次の手順を実行します。

  1. Start > Programs > Microsoft SQL Server の順に進むことによって SQL Enterprise Manager を開いて下さい。

  2. Microsoft SQL Server > プライマリの SQL サーバー グループ > ローカルまたは名前を > データベース > UnityDB > 拡張して下さい。

  3. サブスクライバを右クリックし、そして Open Table > Return All Rows の順に選択 して下さい。

  4. クエリ ボックスを示すために画面の上で白い SQL ボックスをクリックして下さい。

    この SQL クエリを次のように表示できます:

    select * from subscriber Add where alias = 'alias name of the subscriber'
  5. クエリを実行するためにレッド感嘆符をクリックして下さい。 SwitchID カラムを見、0 に値を手動で変更するまでスクロールして下さい。

  6. DBWalker のエラーを与えているすべてのサブスクライバのための同じステップを繰り返して下さい。

1671:(error) サブスクライバはグローバル な Subscriberの表で表されません

DbWalker を Unity 4.1 から 5.1 アップグレードの準備で実行するとき、このエラーメッセージが現れます:

1671:(error) the subscriber is not represented in the global subscriber table

解決策

これは自動修正オプションのグローバル な Subscriberの表 オプションに追加抜けたローカル Subscriber エントリの選択によって自動的に固定することができます。

1575:(error) このサブスクライバのための DirectoryID は無効の NULL です

DbWalker を Unity 4.1 から 5.1 アップグレードの準備で実行するとき、このエラーメッセージが現れます:

1575:(error) the DirectoryID for this subscriber is NULL 
which is invalid. This usually means this object has not 
synchronized with the directory properly. Please contact TAC
for assistance.

解決策 1

ドメインコントローラ/グローバル カタログ(DC/GC)の使用によって再接続を再接続します Cisco Unity ツール ターミナル > 管理ツールで利用可能 な設定ツールを強制して下さい。 ドメインコントローラの変更を参照すれば DC/GC に関する詳細についてはグローバル カタログ サーバは設定ツールを再接続します。

この方法によるサービスへの悪影響はありません。 従って、いつでも動作することは安全です。 再接続を強制するとき、アプリケーション ログインでイベント ビューアそれを監視できます。 そこにから、プロセスが開始するとき、そしてそれが終わるときメッセージが表示されます。

解決策 2

この問題を解決するために、ADSIEDIT を実行し、ObjectGUID アトリビュートの directoryid 値に注意して下さい。 それから、New 値これの SQL 表の directotyID カラムをアップデートして下さい。

解決策 3

へ問題を解決するために、Cisco Unity 3.x.の管理者例 アカウントを削除する資料に記述されているように管理者例 アカウントを削除して下さい

1652:(error) サブスクライバ型(6)でのサブスクライバ型見つけられるインストーラ アカウント無し

Unity 4.0(4) の DbWalker を実行した後、このエラーメッセージが現れます:

1652:(error) no installer account found in the subscriber 
type (subscriber type of 6). Please contact TAC for assistance.

解決策

この問題を解決するには、次の手順を実行します。

  1. SQL Enterprise Manager を Start > Programs > Microsoft SQL Server の順に進み、開いて下さい。

  2. Microsoft SQL Server > プライマリの SQL サーバー グループ > ローカルまたは名前を > データベース > UnityDB > 拡張して下さい。

  3. サブスクライバを右クリックし、そして Open Table > Return All Rows の順に選択 して下さい。

  4. エイリアス インストーラの列を検知 し、Type 値 サブスクライバをチェックして下さい。 適切な値は 6.です これが 6 ではない場合、それを同じにアップデートし、DbWalker を再度実行して下さい。

1619:(error) このサブスクライバのために参照される MailboxStoreObjectID 値はデータベースの MailboxStore 表で検出されません

Unity 7.x の DbWalker を実行した後、このエラーメッセージが現れます:

1619:(error) The MailboxStoreObjectID value referenced for 
this subscriber is not found in the MailboxStore table in the database. 
This is a serious error, you should contact TAC for help.

解決策 1

このエラーは Subscriberの表の下の MailboxStoreObjectID が SQL の Mailboxstore 表で参照されるものと同じのとき発生する場合があります。 すべてのサブスクライバのために読み込まれる MailboxStoreObject ID 値は Mailboxstore 表の下で見られるように値に対応する必要があります。

SQL Unitydb データベース > Subscriberの表に行き、「mailboxstore」表からの MailboxStoreObjectID の値の奪取によって影響を受けたユーザ向けの MailboxStoreObjectID をアップデートして下さい:

  1. [Start] > [Programs] > [Microsoft SQL Server] > [Enterprise Manager] に移動します。

  2. データベース > UnityDb に拡張し、『Tables』 を選択 して下さい。

  3. 右のペインでは、MailboxStore 表を探し、右クリックし、Open Table > Return All Rows の順に選択 して下さい。

  4. MailboxStoreObjectID 値の影響を受けたユーザおよびメモを探して下さい。

  5. 表を閉じ、Subscriberの表を探し、右クリックし、Open Table > Return All Rows の順に選択 して下さい。

  6. 提示/非表示 SQL ペイン ボタン クリックし、このコマンドを発行して下さい:

    SELECT     *
    FROM         Subscriber
    WHERE alias = 'aliasname'
    
  7. [Run] をクリックします。

  8. MailboxStore 表からのものとそのユーザ向けの MailboxStoreObjectID の値を取り替えて下さい。

解決策 2

エラーメッセージは本質的にユーザのコール ハンドラおよびメール・ユーザ アカウントが Cisco Unity データベースにあるが、加入者のメールボックスの位置は Exchange にもはやないことを意味します。

この問題はユーザがもはや会社の一部ではないし、音声メール ボックスがもはや必要とならないので上がります。 その結果、Cisco Unity データベースから安全に残りの情報を取除くことができます。

この問題を解決するには、次の手順を実行します。

  1. Enterprise Manager を起動させて下さい。

  2. > サーバ名 > データベース > UnityDb > Microsoft SQL Servers > SQL Server Group の順に選択 して下さい。

  3. リストを『Subscriber』 を選択 して下さい。

  4. サブスクライバ リスト > リターン All 列を右クリックして下さい。

  5. 削除されるべき影響を受けたユーザを見つけ左カラムの行を強調表示して下さい。 それから、『Delete』 を選択 して下さい。

  6. DBwalker ツールを再実行して下さい。

1605:(error) 残された wav ファイル名 = D:\CommServer\Stream Files\alice.tjandra_SubName_0064d8a6.wav

ユニティサーバの DbWalker を実行するときこのエラーメッセージが現れます:

1605:(error) stranded wav file 
name=D:\CommServer\Stream Files\alice.tjandra_SubName_0064d8a6.wav
You can fix this by selecting the 'Removed orphaned 
WAV files automatically' option and re-running dbWalker.

解決策

この問題を解決するために、チェックされる Remove によって孤立させるコール ハンドラ オプションの DbWalker を自動的に再実行して下さい。

1547:(error) べきであるようにローカル サーバ 名を一致する UniyDB の「サーバ」表は Alias 値が含まれています。

Cisco Unity サーバの DbWalker を実行するときこのエラーメッセージが現れます:

1547:(error) The 'servers' table in UniyDB contains an 
alias value that does not match the local server name as it should. 
This can cause problems in future upgrades to newer Unity
versions and should be addressed before upgrading. Please contact TAC.

解決策

この問題を解決するには、次の手順を実行します。

  1. Cisco Unity では、マイ・コンピュータを右クリックし、『Properties』 を選択 し、コンピュータ名を選択して下さい。 それは形式 <Server Name>.<domain> にあります。 <ServerName> 部分に注意して下さい。

  2. Start > Run の順に進み、cmd をタイプし、『OK』 をクリック して下さい。 コマンドプロンプトウィンドウでこれらのコマンドを入力して下さい:

    OSQL -E
        1> SELECT @@SERVERNAME
        2> go
  3. 返 される 値がステップ 1 からの <ServerName> の、これらのコマンドを入力しなさい同じとでなければ:

    1>EXEC sp_dropserver '<old server name>'
        2> go
        1> EXEC sp_addserver '<new servername>', 'local'
        2> go
  4. SQL サーバ グループ > ローカルサーバ > データベース > UnityDb > SQL Enterprise Manager およびドリル ダウンに行って下さい。

  5. Tables ウィンドウの右のペインのサーバを右クリックし、Open Table > Return All Rows の順に選択 して下さい。

  6. Alias フィールドが Unityサーバ名を一致する場合、手動で正しいサーバ名を入力して下さい。

  7. MSSQLServer および SQL サーバ エージェント サービスを再開し、そして Cisco Unity を再起動して下さい。

  8. それでも存在 する問題が /COMMSERVER/ ディレクトリに行き、ConfigMgr.exe をダブルクリックすれば。 すべての既存のオブジェクトを維持している間 AdvancedTab におよびオプション Selectthe 再構成オペレーションの下で、選択します ResetAll 既定の構成設定を行って下さい。

    それがデータベースを消すのでその他のオプションをチェックしないで下さい。

1699:(error) 「SchemaMajorVersion」値は「サーバ」表のプライマリ サーバ名前と一致する「エイリアス」値の行の NULL です。

これらのエラーメッセージの 1 つは Cisco Unity サーバの DbWalker を実行するとき現われます:

1699:(error) The 'SchemaMajorVersion' value is NULL 
in the row with 'Alias'value matching the primary 
server name in the 'Servers' table.

または

1700:(error) The 'SchemaMinorVersion' value is NULL 
in the row with 'Alias' value matching
the primary server name in the 'Servers' table.  
This can cause problems if you try to
upgrade this system to a newer version of Unity. 

または

1697:(error) No rows with 'Alias' value matching the primary server name were
found in the "servers" tablel  This can cause problems if you try to upgrade 
this system to a newer version of  Unity.

解決策

へこの問題を解決するために、ヌルから SchemaMajorVersion および SchemaMinorVersion を変更して下さい。 これを行うには、次の手順を実行します。

  1. Cisco Unity サーバでは、SQL サーバ Enterprise Manager を開くために Start > Programs > Microsoft SQL Server > Enterprise Manager の順に選択 して下さい。

  2. > {ローカルサーバ} > データベース > UnityDb> 表 Microsoft SQL Servers > SQL Server Group の順に選択 して下さい。

  3. Tables ウィンドウの右のペインのサーバを右クリックし、Open Table > Return All Rows の順に選択 して下さい。

  4. 現在のサーバを見つけて下さい、そして現在インストールされる Unity のバージョンを一致するために手動で SchemaMajorVersion および SchemaMinorVersion フィールドにデータ入力して下さい。

Unity 4.0(5) に関しては-主要なバージョンは 3 であり、マイナーなバージョンは Unity 7 のための 20、であり-主要なバージョンは 3 であり、マイナーなバージョンは 21 です。

1527:(error) サブスクライバの smtpAddress 値は NULL です。

Cisco Unity サーバの DbWalker を実行するときこのエラーメッセージが現れます:

1527:(error) smtpAddress value for subscriber is NULL. 

解決策

新しい サブスクライバ アカウントが作成された後へ問題を解決するために、音声メール メッセージを受け取ることが不可能な資料でステップを実行して下さい。

1246:(error) このインタビュー ハンドラのための受信者はデータベースのサブスクライバにない設定 されます。

Cisco Unity サーバの DbWalker を実行するときこのエラーメッセージが現れます:

1246:(error) the recipient for this interview handler is set to a
subscriber not in the database.
SubscriberObjectID={4C05A06B-2D4C-4F28-9E7E-78B3DF419B3F}

解決策

このエラーは SA のこのインタビュー ハンドラに Profile ページの有効なメッセージ受信者を選択することによって訂正することができます。 これを行うには、次の手順を実行します。

  1. Cisco Unity SA Web ページを開いて下さい。

  2. コール管理 > インタビュー ハンドラに > Profile ページ行って下さい。

  3. セットは管理者例にへの応答を提供します

0:(error) コンフィギュレーションテーブルの日付/時間形式問題

この Error エラーメッセージは DBWalker を Cisco Unity サーバの土復元の後で実行するとき現われます:

0:(error) Date/Time format problem in Configuration 
table:-2147467259 ([Microsoft][ODBC SQL Server Driver]Invalid time format).  
Check the LastTimeModified column for all entries
in the Configuration table for correct format.

解決策

エラーを訂正するために、コマンド プロンプトでこのクエリを実行して下さい:

osql -E -d UnityDb -Q "update Configuration set LastModifiedTime=NULL"


1438:(error) このサブスクライバのために発見される MWI デバイス無し

Cisco Unity サーバの DbWalker を実行するときこのエラーメッセージが現れます:

1438:(error) No MWI devices found for this subscriber. If the MWI is
disabled for this subscriber then this is OK, however it's unusual to have a
production subscriber configured with no MWI device.

解決策

エラーメッセージは特定の加入者にそれに関連付けられる MWI 拡張がないことを示します。 問題を解決するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. Cisco Unity SAWeb ページを開いて下さい。

  2. サブスクライバに行き、サブスクライバを見つけて下さい。

  3. サブスクライバのための Messages タブをクリックして下さい。

  4. 右のペインで、MWI デバイスを追加し、拡張がサブスクライバのプライマリ 拡張のための「X」であるようにして下さい。

1663:(error) コンフィギュレーションテーブルの行の最終変更時間は無効です

Cisco Unity サーバの DbWalker を実行するときこのエラーメッセージが現れます:

1663:(error) the last modified time for a row in the
 Configuration table is not valid.

解決策

この問題を解決し、SQL クエリ アナライザを開き、このクエリを実行するため:

use unitydb
update Configuration set LastModifiedTime=NULL

関連情報


Document ID: 28785