音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity

Cisco Unity 3.x 以降での Exchange サーバのオフライン問題の診断

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2002 年 12 月 13 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

Cisco Unity によって Microsoft Exchange サーバのオフラインが報告されるときには、さまざまな状況があります。 通常、これは、該当する Exchange サーバの停止によって起こります。 しかし、Exchange サーバがオンラインであってもオフライン状態が報告される場合があります。 この文書では、これらの状況に関する診断および解決方法を説明します。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Microsoft Exchange 2000

  • Microsoft Exchange 5.5

  • アプレットを通して Microsoft Windows サービスを管理して下さい

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

問題

これらの Event Log エントリは Exchange サーバがオフ・ラインであること Cisco Unity 検出現われることができます。

これらのイベント ログ エラーは Cisco Unity 3.1(5) 以前のバージョンに限定されます。 Cisco Unity 4.0(1)に関しては、イベントソースは CiscoUnity_MalEx および CiscoUnity_AvWm に変更します。 イベント ID は同様に変更できます。

Cisco Unity 3.1(5) と それ以前に特定の Event Log エラー
  Event Type: Error
  Event Source: AvWm
  Event Category: Warning
  Event ID: 2903
  Date: 4/3/2002
  Time: 11:44:34 AM
  User: N/A
  Computer: CPRYELLOWUTY1
  Description: <Exchange server name> has gone offline (AvCsMgr:3982)

<Exchange サーバ name> はダウン の 状態にあるために検出する Exchange サーバの名前と取り替えられます。 この前例では、AvCsMgr:3982 はオフ・ラインであるためにサーバを検出するおよびそのサービスのプロセス ID を表します Cisco Unity サービスの名前。

前の Event Log エントリ、MalEx、Doh および会話に加えてエラーコード 8004aa00 のメッセージング アクティビティに関する Report エラーはできます。 これはこのシナリオの例です。 つまり、エラーコード 8004aa00 はイベントログで表示される時はいつでも、Exchange サーバがオフ・ラインであること AvWm コンポーネントの検出の結果です。

エラーコード 8004aa00 のメッセージング アクティビティ
  Event Type: Error
  Event Source: MALEx_MC
  Event Category: Error
  Event ID: 30002
  Date: 4/11/2002
  Time: 7:41:45 AM
  User: N/A
  Computer: CPRYELLOWUTY1
  Description: Last Category An attempt to access Exchange Private Store 
  has failed: 8004aa00.

解決策

Cisco Unity 内の AvWm コンポーネントは相互に作用している Exchange サーバの状態の判断に責任があります。 AvWm コンポーネントは定期的に 15 第 2 間隔の Cisco Unity 監察される各 Exchange サーバをテストします。 AVWm コンポーネントのテスト手順には、2 つのステップがあります。

  1. 各 Exchange サーバの Service Control Manager を開きます。

  2. MSExchange サービスのステータスを問い合わせて下さい、たとえば、MSExchangeIS および MSExchangeDS は Exchange 5.5 のためのサービスであり、MSExchangeIS は Exchange 2000 のためのサービス、サービスが走行状態にいたかどうか確認するためにです。

    このテストでは、Exchange サーバの完全な状態は示されませんが、Exchange サーバへのネットワーク接続と Exchange サーバの状態については確認できます。

Exchange サーバのオフライン問題の診断

Exchange サーバはダウンしていることを Cisco Unity が不正確に報告したら、原因の診断を助けるためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. 疑わしい Cisco Unity サーバおよび Exchange サーバがきちんと接続されるようにするためにネットワーク ケーブル接続を、Network Interface Cards (NIC)設定、スイッチ、等チェックして下さい。

  2. 以前に示されている AvWm のためのイベントログメッセージで報告されるサーバが全く名指しで到達可能であることを確認して下さい。 PING、IPCONFIG および NSLOOKUP のようなユーティリティは名前解決問題の診断で役立ちます。

  3. イベント ログでの AvWm トレースを有効にします。 > アクティブな音声 > AvWm > 1.00 HKLM > Software の順に選択 して下さい。

  4. Diag Level 値を 1 に変更します。

    次のサーバ PING 間隔で、AvWm はアプリケーション イベントログのエラーの原因に関するその他の情報を生成します。 エラー コードは各イベント ログ エントリで表示されます。 イベントログで表示する エラーコードは Exchange サーバはオフ・ラインであることを Cisco Unity がなぜ報告するか原因の診断を助けるために情報を提供します。

    イベントログでは、エラーコードは 8 桁の 16進法の値、たとえば、80040005 または 80070005 として表示する。 わかりやすくするために、このエラーコード説明はエラーコードの 4 つの右端の十六進ディジットだけによって識別されます。 たとえば、16 進数値 80040005 を 0005 と表します。

    エラー コード 説明 備考
    0424 The specified service does not exist as an installed service.(このサービスは、サービスとしてインストールされていません。) チェック ping される Exchange がサーバでインストールされているようにするため。 また Cisco Unity があらゆる Exchange 2000 サーバによって相互に作用していれば、HKLM > ソフトウェア アクティブな音声 > AvWm は 1.に > 1.00 > Exchange 2000 値 設定 する必要があります。 そうでない場合、Cisco Unity は Exchange 2000 サーバで利用できない MSExchangeDS のために ping します。
    06ba The Remove Procedure Cal (RPC) server is unavailable.(この RPC サーバは使用できません。) 指摘された Exchange サーバの接続に問題があります。 サーバが有効であること、ネーム解決が可能であること、および Cisco Unity とサーバ間のネットワーク接続が有効であることを再度確認してください。
    06be The remote procedure call failed.(リモート プロシージャ コールが失敗しました。) これは交換 サービスが動作しないことまたは Exchange サーバへの接続においての問題を示すことができます。 交換 サービスにおいての問題があるかどうかサービス コントロール マネージャーおよびイベント ログインを疑わしい Exchange サーバ確認して下さい。
    0005 Access is denied.(アクセスが拒否されました。) Cisco Unity サービスが動作するアカウントにサービス コントロール マネージャーを問い合わせる権限がありません。 これは Cisco Unity が Exchange 2000 クラスタと相互に作用しているサービスに、たとえば、AvCsMgr、AvUmrSyncSvr 直面し、Cisco Unity メッセージ記憶装置がローカルシステム アカウントとして動作するために、AvMsgStoreMonitorSvr、設定されるとき発生する場合があります。 Exchange 2000 クラスタがローカルシステム アカウント アクセスをサービス コントロール マネージャーを問い合わせる許可しないので AvWm はクラスタがダウンすると考慮します。 これを解決するには、これらのサービスをドメイン アカウント上で実行するように切り換え、ローカル ポリシーまたはドメイン ポリシーによって Service Control Manager からそのアカウントへのアクセスがブロックされていないことを確認します。

  5. > アクティブな音声 > AvWm > 1.00 > ディセーブル サーバステータス チェック(DWORD) HKLM > Software の順に選択 し、1.に値を設定 して下さい。

  6. Unityサービスを再開して下さい。

サーバの接続問題の解決

このセクションは Exchange サーバ 接続上の問題の解決のためのいくつかの助言を記述します。

注意 注意: 注意:誤ったレジストリ キーの変更や入力値の誤りは、サーバの誤動作の原因になります。 レジストリを編集する前に、問題が起きたときに復元する方法を確認してください。 レジストリエディタのヘルプの復元する トピックを参照して下さい。

通常、Cisco Unity サーバのバックアップでは、レジストリのバックアップは実行されません。 また、Cisco Unity のフェールオーバーに関して、1 台の Cisco Unity サーバ上でレジストリを変更した場合は、他の Cisco Unity サーバにも手動で変更を加える必要があります。これは、レジストリの変更が複製されないためです。 レジストリキー設定を変更する方法の質問が連絡すれば Cisco テクニカル サポートにあれば。

サーバを常時強制的にアップにする

この登録値を追加し、1 に設定 した場合、これはサーバ PING チェックをディセーブルにします:

HKLM > Software > Active Voice > AvWm > 1.00 > Disable Server Status Check (DWORD)

これによって、AvWm はすべての Exchange サーバが常時アップになっていると想定します。 これは AvWm がクラスタのサービス コントロール マネージャーを問い合わせることを Cisco Unity が Exchange 2000 クラスタと相互に作用している、人権問題は防ぎますときケースで特に役立ち。 設定 されるこの登録値それ Cisco Unity が開始するように許すでき人権問題が後になって当たるようにすれば。

注意 注意: これはネットワークかクラスタ失敗が厳しい Cisco Unity パフォーマンス低下という結果に終るので短期的な回避策とみなす必要があります。

サーバを常時強制的にダウンにする

この登録値を追加し、1 に設定 した場合、これはサーバ PING チェックをディセーブルにします:

HKLM > Software > Active Voice > AvWm > 1.00 > All Servers Down (DWORD)

これによって、AvWm はすべての Exchange サーバがオフラインになっていると想定します。 これは Cisco Unity メッセージ リポジトリ(UMR)機能性の診断で役立ちます。

サーバの PING 間隔の変更

この登録値を追加する場合、これはデフォルト サーバ PING 間隔が変更されるようにします:

HKLM > Software > Active Voice > AvWm > 1.00 > Server Ping Period in msecs (DWORD)

これは実施されるためにそれのためのサービスに直面するすべてのメッセージを再起動するように要求しミリ秒に規定 する必要があります。 デフォルトは 15000 か 15 秒です。

Remote Service Control Manager の権限問題の確認

これらのステップは Cisco Unity の外に人権問題があること確認で役立ちます。 この問題はサービスに、たとえば直面する、Cisco Unity メッセージ記憶装置がドメイン アカウントとして AvCsGateway、AvCsMgr、AvMsgStoreMonitor、AvTTSSvr、既に動作しているときリモート Exchange サーバのサービス コントロール マネージャーがアクセスされる場合浮上できます。

  1. Start メニューから、『Run』 を選択 し、cmd.exe を入力して下さい

  2. コマンド プロンプトで、/profile /user として実行を入力して下さい: <svcacct> が Cisco Unity サービスに直面するメッセージ記憶装置が動作しているドメイン\アカウントであるところ <svcacct> cmd.exe。 これはサービス アカウントのコンテキストの下で動作する新しいコマンド ウィンドウを表示する必要があります。

  3. この新しいコマンド ウィンドウから MMCと入力します。

  4. MMC コンソールから、Console > Add/Remove Snap In の順に選択 して下さい。

  5. 追加では/スナップ式 Property ウィンドウを取除き、『Add』 をクリック し、『Services』 を選択 して下さい。

  6. [Add] をクリックします。 Services ダイアログボックスでは、別の Computerオプション・ボタンをアクティブにすれば、サーバの名前を入力しか、またはドロップするリストを参照し、疑わしい Exchange サーバを選択して下さい。

  7. Finish、Close、次に OKをクリックします。 ツリー ビューで、追加されたサービスを選択します。

    <server name> のサービス コントロール マネージャーを開くことが不可能言うダイアログボックスが現われれば Exchange サーバ サービス コントロール マネージャーにアクセスするエラー 5 アクセスは、これ確認しますことをサービス アカウントの機能と存在 する 特権問題拒否されます。 これは AvWm のために正しく機能するために当たる必要があります。

    人権問題がある場合、設定されているアカウントに直面するメッセージ記憶装置に影響を与えるセキュリティポリシーが原因である場合もあります。 インストール、ドメインコントローラ、ドメインおよびローカル セキュリティ ポリシーの種類に依存はサービス コントロール マネージャーを問い合わせる権限が利用できることを確認するために取除く必要があります。

Exchange サーバ 接続上の問題を解決した後でさえも Exchange サーバ オフ・ライン エラーメッセージを受け取ったら、UnityMsgStoreSvc アカウントのための権限を確認し、ドメイン Admin のメンバーおよびローカル管理者グループであるかどうか確認して下さい。 Cisco Unity ツール ターミナルから Permissions ウィザードを実行するためにドメイン 管理者アカウントを使用して下さい

ポートの検証

Exchange サーバと Cisco Unity サーバ間にファイアウォールがある場合、サーバ間の通信を有効に するためにすべての必要なポートがオープンになることを確かめて下さい。


関連情報


Document ID: 28703