音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity

ICS7750 のCisco Unity (3.1.5、4.0) のためのVeritas バックアップと復元

2015 年 3 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2014 年 10 月 28 日) | フィードバック


目次


概要

Backup Exec 8.6 は、Veritas Software Corporation のバックアップおよび復元アプリケーションです。 Backup Exec では、SQL Server/Microsoft SQL Desktop Edition(MSDE)、および Exchange データベースとトランザクション ログを含む、Cisco Unity サーバ上のすべてのデータをバックアップできます。 Backup Exec 8.6 では、以前のバージョンとは異なり、ネットワーク バックアップとテープ バックアップの両方をサポートできます。 以前のバージョンは、テープ バックアップのみサポートしています。 Cisco Integrated Communications System(ICS)7750 の場合、ネットワーク バックアップが推奨の方式です。 このガイドでは、Cisco Unity サーバ環境での Veritas Backup Exec 8.6 を使用したバックアップと復元の基本的な操作について説明します。 より複雑な操作や技術的な手順については、Veritas 社にお問い合わせください。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco Unity バージョン 3.1(4.39) または 4.0(0.190)。

  • Veritas Backup Exec バージョン 8.6、Microsoft Exchange サーバの Microsoft SQL Server および Veritas Backup Exec エージェントのための Veritas Backup Exec エージェント。

  • Veritas Cisco Unified Mobile Agent ソフトウェアの外部 Windows 2000 サーバの Exchange 2000。

  • 外部 Windows 2000 サーバのアクティブ ディレクトリおよびドメインコントローラ。

  • ICS 2.4 コア ソフトウェアおよび MSDE 2000 の Windows 2000 サーバの SPE。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 対象のネットワークが実稼働中である場合には、どのような作業についても、その潜在的な影響について確実に理解しておく必要があります。

注: 同じドメインに常駐し、インストールされる Veritas Cisco Unified Mobile Agent ソフトウェアがあるバックアップと復元 External ウィンドウ サーバを使用しては行われます。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

Veritas バックアップ トポロジー

この図は VERITAS Backup トポロジーを説明します。

/image/gif/paws/28467/veritas-guide-1.gif

Veritas インストレーション

Veritas Backup Exec は対象アプリケーション SPE および Veritas Cisco Unified Mobile Agent でインストールされています。Windows NT /2000 は他のすべての複雑なシステムでインストールする必要があります。 Veritas Cisco Unified Mobile Agent は Windows Exchange 2000 サーバおよび External ウィンドウ サーバでインストールされましたバックアップを保存する。

Cisco Unity アプリケーション SPE へのVeritas のインストール

Cisco Unity アプリケーション SPE で Veritas をインストールするためにこれらのステップを完了して下さい。

注: Veritas インストールを開始する前に、> Enterprise Manager ことを SQL Enterprise Manager が Cisco Unity アプリケーション SPE で 7.0 を Start > Programs > Microsoft SQL Server の順に選択 することによってインストールされることを確認して下さい。 さもなければ、SQL バックアップ エージェントは機能しません。

  1. Veritas Webサイトから Cisco Unity アプリケーション SPE サーバleavingcisco.com に Backup Exec 8.6 ソフトウェアをダウンロードして下さい。 ダウンロードされる登録簿は ZIP にされ、得られる必要があります。

  2. 指定テンポラリディレクトリにファイルを抽出して下さい。 抽出が完了した後、エージェント フォルダ、NetWare フォルダおよび WINNT フォルダが作成されることを確認して下さい。

  3. WINNT フォルダをダブルクリックし、そしてインストール フォルダをダブルクリックして下さい。

  4. ENG フォルダを開き、Setup.exe ファイルを開いて下さい。

  5. Welcome 画面から、『Next』 をクリック して下さい。 Software License Agreement 画面が現われるとき、『Yes』 をクリック して下さい。

  6. 読まれたウィンドウが現われるとき、『Next』 をクリック して下さい。

  7. インストール Veritas Backup Exec ウィンドウから、この Computer ボタンのインストール Backup Exec ソフトウェアかオプションを押して下さい。

    /image/gif/paws/28467/veritas-guide-2.gif

  8. Veritas Backup Exec シリアル番号 ウィンドウで、製品を購入する場合数を入力し、『Next』 を押して下さい。 さもなければ、『Next』 を押せばそれは Veritas との 60日間試験オファーを始めます。

    /image/gif/paws/28467/veritas-guide-3.gif

  9. デバイスおよびメディア マネージャウィンドウから、『Claim that device for Backup Exec and disable it for use by』 を選択 し、『Next』 をクリック して下さい。 画面で続く、『Next』 をクリック して下さい。

  10. インストールが開始した後、サービス アカウント ウィンドウは現われます。 サービス アカウント情報の下で、正しいユーザを入力し、正しいドメイン アカウントを選択し、パスワードを入力して下さい。 OK を押す。

  11. 前の Backup Exec インストール ウィンドウから、『OK』 を押して下さい。

  12. プログラムグループ ウィンドウが現われるとき、『Common Program Group』 を選択 し、『Next』 をクリック して下さい。

  13. 現時点でリモート NT システムで Windows NT /2000 のための Cisco Unified Mobile Agent かその他のオプションをインストールしたい場合尋ねられるとき他のシステムで Cisco Unified Mobile Agent をリモートでインストールしたいと思う場合『Yes』 を押して下さい。 それらを手動でインストールしたいと思ったら『No』 を押して下さい。

    注: Veritas は主要な Veritas メディア プログラムが含まれている応用 システムで Cisco Unified Mobile Agent をインストールすることを推奨しません。 Media Server で Windows 2000 のための Cisco Unified Mobile Agent を」インストールするために状態は「それ推奨されないことウィンドウの上の pop を見たら Veritas 主要な Media Server で Cisco Unified Mobile Agent をインストールしていないことを確認する場合 pop を無視して下さい。 また戻り、Veritas 主要な Media Server のための Cisco Unified Mobile Agent オプションを選択解除できます。

    それらを手動でインストールしたいと思う場合 Windows N/T インストール(手動)プロシージャのための Veritas Cisco Unified Mobile Agent に進んで下さい。

    『Yes』 を押す場合、Veritas Backup Exec シリアル番号 ウィンドウは現われます。 シリアル番号がある場合、それを入力して下さい。 さもなければ、60日間体験版のために『Next』 を押して下さい。

  14. Backup Exec リモート インストール Options ウィンドウが現われるとき、Cisco Unified Mobile Agent を Windows NT /2000 があるように確認し、『Next』 を押して下さい。

    /image/gif/paws/28467/veritas-guide-4.gif

  15. 開始するコピー ファイル ウィンドウが現われるとき、『Next』 をクリック して下さい。

  16. 選定されたドメイン上のリモートマシンの正しいドメインを Windows NT /2000 インストールの Cisco Unified Mobile Agent に選択し、『Next』 をクリック して下さい。

  17. Windows NT /2000 ウィンドウのためのインストール リモート エージェントで、正しいデスティネーション システムを選択し、『Next』 をクリック して下さい(複数のエントリのために含みたい)項目および CTRL キーを押して下さい。

  18. Windows NT /2000 インストール ウィンドウのためのプレビュー Cisco Unified Mobile Agent で、情報が有効である場合『Next』 をクリック して下さい。

  19. 入力管理者 アカウント 情報 ウィンドウで、正しいホストおよびパスワードを入力し、『Next』 をクリック して下さい。

    /image/gif/paws/28467/veritas-guide-5.gif

  20. Cisco Unified Mobile Agent のインストールに成功したら『OK』 を押して下さい。

  21. Setup Complete ウィンドウで、『Finish』 をクリック して下さい。

  22. エージェントソフトウェアをインストールしたことシステムおよび Cisco Unified Mobile Agent マシンをリブートして下さい。

    副インストール 方式によってすべてのリモート エージェントを追加した場合、Windows NT インストール(手動)プロシージャのための Veritas Cisco Unified Mobile Agent に進んで下さい。

    注: エージェントおよびプログラムが初期設定をやり直すことができるように Cisco Unified Mobile Agent か主要な Backup Exec があるシステムをリブートすることは重要です。 さもなければ、バックアップ失敗。

Veritas Remote Agent for Windows NTのインストール(手動)

Windows NT のための Cisco Unified Mobile Agent のインストールは主要な Veritas Backup Exec の副インストールまたは別途のエンティティとしてすることができます。 主要な Veritas Backup Exec の副インストールに関しては、Cisco Unity アプリケーション SPE プロシージャの Veritas インストールを参照して下さい。 このセクションは主要な Veritas Backup Exec ではないバックアップに関連する各サーバのための手動インストールを取扱います。

独立 した インストールに関しては、Veritas Webサイトから Cisco Unity アプリケーション SPE サーバleavingcisco.com に Backup Exec 8.6 ソフトウェアをダウンロードして下さい。 ダウンロードされる登録簿は ZIP にされ、得られる必要があります。 指定テンポラリディレクトリにファイルを抽出して下さい。 抽出が完了した後、エージェント フォルダ、NetWare フォルダおよび WINNT フォルダがあることを確認して下さい。

Windows NT のための Veritas リモート エージェントを手動でインストールするためにこれらのステップを完了して下さい。

  1. WINNT フォルダをダブルクリックし、そしてインストール フォルダをダブルクリックして下さい。

  2. ENG フォルダを開き、Setup.exe ファイルを開いて下さい。

  3. Welcome ウィンドウで、『Next』 をクリック して下さい。 ソフトウェア使用許諾契約 の ページが提示されるとき、『Yes』 をクリック して下さい。

  4. 読まれたページが提示されるとき、『Next』 をクリック して下さい。

  5. この Computer ボタンのインストール リモート管理者を押して下さい。

  6. Veritas Backup Exec シリアル番号 ウィンドウで、製品を購入する場合数を入力し、『Next』 を押して下さい。 さもなければ、開始の隣で Veritas との 60日間試験オファーを押して下さい。

    /image/gif/paws/28467/veritas-guide-6.gif

  7. 手順およびプロンプトに完了に従い、次に Cisco Unified Mobile Agent システムをリブートして下さい。

    注: 初期設定をやり直すことができるために Cisco Unified Mobile Agent か主要な Backup Exec があるシステムをリブートすることは重要です。 さもなければバックアップ失敗。

バックアップExec インストールの主な設定

Cisco Unity との SPE システムがアップした後、それは Veritas Backup Exec ツールを開始する時間です。

  1. > Veritas Backup Exec 『Start > Programs』 を選択 して下さい。 登録 ウィザードはポップアップします。 今すぐに登録できますまたは以降を登録するためにウィンドウを閉じることができます。

  2. 登録 ウィザードからおよび始動ウィザード ボックスが、『Next』 を押す最初に。

  3. 選定された上書き保護水平なボタンをクリックして下さい。 より多くのヘルプがほしいと思う場合、ガイドを私ボタン押して下さい。

    /image/gif/paws/28467/veritas-guide-7.gif

  4. 部分的のデフォルトを選択し、『Next』 をクリック して下さい。

    /image/gif/paws/28467/veritas-guide-8.gif

  5. 優先 するのでメディアタイプ ウィンドウを上書きし、Overwrite スクラッチ メディアのデフォルトにの前に…残し、の隣で続きます押して下さい。

  6. ウイルス 保護 ウィンドウで、ウイルス 保護を今のところ『Next』 を押し、無視して下さい。

  7. Backup Exec Windowsエクスプローラ インターフェイス ウィンドウで、『Finish』 を押して下さい。

  8. Welcome ウィンドウで、余分ヘルプがバックアップコンフィギュレーションを設定することを必要としなかったら『Cancel』 を押して下さい。 さもなければバックアップを行うことを Veritas Backup セクションに進んで下さい。

Veritas バックアップ

バックアップに関しては、サービス、アプリケーション、または Cisco Unity を消す必要がありません。 システムはバックアップが進行中の間、実行を残すことができます。

バックアップ設定

バックアップを設定するために、Veritas に事柄をもっと簡単にすることができるが、この資料は主要なツールを使用します支援 ツールがありますここに示されている。

  1. ネットワーク位置 フォルダをバックアップを保存するために作成するように下部ので Devices タブをクリックして下さい。

    veritas-guide-9.gif

  2. Device ページから、バックアップにディスク フォルダを右クリックし、バックアップ フォルダを『New』 をクリック して下さい。 一番下画面はバックアップ フォルダー表示名の下で現われます。 フォルダの名前を入力して下さい、そしてナビゲート するか、またはパス名を入力して下さい。 続くために『OK』 を押して下さい。

    注: 時々、ディスク フォルダにバックアップをチェックし、オフ・ラインであることを読みます。 オンラインでフォルダを削除し、それを持ち帰るためにフォルダを再度作り直して下さい。 フォルダがオフラインになるかもしれない主な理由の 1 つは宛先 ストレージ サーバがハード ドライブの領域を使い果たしたことです。

    /image/gif/paws/28467/veritas-guide-10.gif

  3. より低い左手のバックアップ選択項目タブを押して下さい。 バックアップする必要がある項目を選択して下さい。

    veritas-guide-11.gif

  4. SPE ローカルドライブで、C を選択して下さい: 、MS SQL サーバ(ファイルされたグループはちょうどデータベース選択される必要はありません)、およびシステム 状態駆動して下さい。 リモート選択で、Exchange 2000 サーバを選択して下さい同じドメイン上のある。 また Microsoft インフォメーション ストアをバックアップされるために選択して下さい(見られない)。 Microsoft Exchange メールボックスがある場合、また選択することができます。 項目が選択されたら、左上の手の Backup ボタンを押して下さい。

    Veritas は C をバックアップすることを推奨しません: Exchange サーバの他のコンポーネント駆動すれば。 リカバリの方式は同期することをバックアップされたものがと一連の短いステップ(連絡先 Veritas テクニカル サポート)によって Exchange サーバを作り直し、データを含みます。

  5. Device エントリの一番下目的のエリアで、バックアップするために先に作成したデバイス フォルダにスクロールして下さい。 またデフォルトから別のジョブ 名を追加できます。 左下側でバックアップを開始するために『Run』 を押して下さい。

    /image/gif/paws/28467/veritas-guide-12.gif

  6. バックアップを監視するためにメインメニューのアクティビティ タブを押して下さい。

    進行状況のよりよく詳しい外観のための個別 回線を押すことができます。 画面はこの 1 に類似したのようです。

    /image/gif/paws/28467/veritas-guide-13.gif

    注: ファイル統計情報の下で、バイト カウンターは推定で、宛先 フォルダの正確なバイトを反映しません。

    警告 警告: 宛先 記憶装置が領域を使い果たす場合、バックアップは警告しません。 バックアップは失敗する読み、宛先 フォルダは Devices 画面でオフ・ラインで読みます。 それは十分な記憶域を提供するユーザまであります。 十分な記憶域が再度利用できるとき、宛先 フォルダは削除され、次に再度アクティブになるために作り直される必要があります。

  7. ジョブが完了し、ジョブステータスが成功した読んだら、詳細についてはジョブ ログを検査して下さい。

    veritas-guide-14.gif

    バックアップのプロセス全体を見るためにスクロールできます。 注意するべきいくつかの事柄は SQL を含み、ファイルおよびディレクトリを交換すればスキップされたファイルがエラーではないことです。 Veritas 主要な Backup Exec エンジンは SQL バックアップ エージェントおよび Exchange がはたらくようにこれらのファイルをバックアップ エージェント故意にスキップします。 またエラーが検出することを、「表示する ログのどのエントリでも ^」意味します。

Cisco Unity サーバでバックアップする必要があるものをチェックするために Cisco Unity サーバのバックアップを参照して下さい。

Cisco Unity システムのVeritas による復元

Cisco Unity の復旧

バックアップの完全なリカバリは 3 つの別々の復元を含みます。 記述されている最初の復元はマスターデータベースの復元です。 この復元はマスターデータベースが破損しているまたは壊れている場合その時だけオプションで、必要です。 復元する間他のデータベースがそれに頼るのでこの復元がこのデータベースに別途、他のすべてのアクセス断ち切られる必要があるであることは必要であり。 次の復元は Cisco Unity サーバの C を含みます: ドライブ、システム 状態、4 つのデータベースおよび Exchange サーバのインフォメーション ストア。 最後の復元は MSDB データベースです。 このデータベースはシングル ユーザー モードで復元がプロセスにある間、アクセスを防ぐためにそれ自体 復元する。 システムをリブートすることを各復元が、Cisco 推奨した後。

マスタ データベースの復元

マスターデータベースを復元するためにこれらのステップを完了して下さい。

  1. 宛先 フォルダが Devices タブをことをクリックしてまだそのままであることを確認して下さい。

    veritas-guide-15.gif

  2. ディスクへのバックアップ フォルダーをクリックし、デスティネーションデバイス フォルダをクリックして下さい。

    宛先バックアップすべてはネームボックスの右側で現われます。

  3. ファイルの右クリック。 ファイルを編成するために『Inventory』 をクリック するか、またはカタログすることができます。

    これは宛先 フォルダに再接続する場合特に役立ちます。 マウントし、メディアを読みますメディア ラベルを在庫整理して下さい。 たとえば、バックアップの宛先 フォルダを作り直せば、それはその特定のデスティネーションのコンテンツを見るためにコンポーネントを始めるまで空のようです。 オリジナルがもうない場合記録 するのに Backup Exec が作成した、または新しいカタログを作成できますものを以外カタログがメディアを使用されていますか。

  4. Start > Programs > Administrative Tools > Services の順に選択 することによって Services ページに行って下さい。

  5. すべての Unityサービス(AvCsMgr、AvDirChangeWriter、AvDSAD、AvDSGlobalCatalog、AvGaenSvr、AvMsgStoreMonitorSvr、AvRepDirSvrSvc、AvTtsSvr および AvUMRSyncSvr)をシャットダウンして下さい。

    AvCsGateway (一度停止する)再起動しかしこれは復元に影響を与えないようではないです。

  6. MSSQLSERVER を停止して下さい。

  7. MSSQLSERVER を右クリックし、Properties にアクセスして下さい。

  8. 開始する パラメータに AM を挿入することによってシングル ユーザー モードに MSSQLSERVER を置いて下さい。 MSSQLSERVER を再起動するために『Start』 を押して下さい。

    /image/gif/paws/28467/veritas-guide-16.gif

  9. バックアップによって『Restore selections』 を押し、このウィンドウに示すようにだけマスターデータベースを選択するためにナビゲート して下さい。

    /image/gif/paws/28467/veritas-guide-17.gif

  10. Restore タブを押して下さい。 SQL タブでは、データベースの復元 方式の下で、このウィンドウに示すように『Recover database』 を選択 して下さい。

    /image/gif/paws/28467/veritas-guide-18.gif

  11. SQL MSDE がバージョン 7.0 より高いので、Replace データベースまたはファイル グループ(バージョン 7.0 または それ 以降)のためのタブのような SQL ページで適用しなさいことすべてをチェックして下さい。

  12. データベース ファイルを復元するためのデフォルトのドライブを選択し、デフォルトのドライブに復元をすべてのデータベース ファイル チェックして下さい。

  13. マスター リストア ジョブを始めるために『Run』 をクリック して下さい。 復元の間ある時点で、MSSQLSERVER は停止します。 これが起こるとき、それを再起動し、復元が続くようにして下さい。

  14. アクティビティ タブでは、復元のジョブステータスは成功した読む必要があります。 ジョブ ログで復元の列挙されている順番どおりをトレースできます。 1 つのデータベースを復元することを読む必要があります。

  15. システムをリブートします。

Cisco Unity Server およびExchange Server の復元

Cisco Unity および Exchange サーバを復元するためにこれらのステップを完了して下さい。

  1. Exchange サーバを降ろし、上書きを受け入れられます設定 して下さい。 これは Start > Programs > Microsoft Exchange > System Manager の順に選択 することによる Exchange サーバのデスクトップへ行くことによって達成されます。

  2. サーバー パスを拡張し、Exchange サーバを拡張し、最初のストレージ グループをクリックして下さい。

  3. 最初のストレージ Group ウィンドウの右側で、復元するたい各項目 ストアを右クリックして下さい。

  4. 『Dismount Store』 をクリック して下さい。

  5. ストアが降りた後、項目を再度右クリックし、Properties にナビゲート して下さい。

  6. Properties から、Database タブをクリックし、このデータベースを復元によって上書きすることができますチェックして下さい。

    veritas-guide-19.gif

    Database タブ エントリが付いている Properties ウィンドウはこのウィンドウで表示する。

    /image/gif/paws/28467/veritas-guide-20.gif

    注: Exchange System Manager ウィンドウを閉じて下さい。 さもなければ、それはデータファイルを復元するからの Veritas をロックします。

  7. 宛先 フォルダが Devices タブをことをクリックしてまだそのままであることを確認して下さい。

  8. 復元するたいすべてのコンポーネントを選択して下さい。 各復元 ディレクトリ パス選択と調和するために日付エントリを確かめて下さい。

    Veritas はバックアップからのどんなコンポーネントを復元するたいと思うか選択できるように柔軟性をここに示します。 また異なるバックアップから異なるアイテムを選び、一緒に復元するために選択できます。 このウィンドウは第 2 復元のために選択される項目の例を表示します。 マスターデータベースおよび MSDB データベースを復元する選択しないことを確かめて下さい。

    /image/gif/paws/28467/veritas-guide-21.gif

  9. ディスクへのバックアップ フォルダーをクリックし、デスティネーションデバイス フォルダをクリックして下さい。 ネームボックスの右側で、宛先バックアップすべては現われます。

  10. ファイルの右クリック。 ファイルを編成するために『Inventory』 をクリック するか、またはカタログすることができます。

    これは宛先 フォルダに再接続する場合特に役立ちます。

    /image/gif/paws/28467/veritas-guide-22.gif

  11. Start > Programs > Administrative Tools > Services の順に選択 することによって Services ページに行って下さい。

  12. すべての Unityサービス(AvCsMgr、AvDirChangeWriter、AvDSAD、AvDSGlobalCatalog、AvGaenSvr、AvMsgStoreMonitorSvr、AvRepDirSvrSvc、AvTtsSvr および AvUMRSyncSvr)をシャットダウンして下さい。

    AvCsGateway は停止するが、復元に影響を与えなければ再起動します。

  13. csBridgeConnector を停止して下さい。

    このサービスは停止する必要があります。 さもなければ、Unitydb データベースはロックされて、復元が成功することを防ぎます。

  14. Restore タブを押して下さい。

  15. の下の SQL タブとデータベースの復元 方式、このウィンドウに示すように『Recover database』 を選択 して下さい。

    /image/gif/paws/28467/veritas-guide-23.gif

  16. SQL MSDE がバージョン 7.0 より高いので、Replace データベースまたは filegroups (バージョン 7.0 または それ 以降)のためのタブのような SQL ページで適用しなさいことすべてをチェックして下さい。 データベース ファイルを復元するためのデフォルトのドライブを選択し、デフォルトのドライブに復元をすべてのデータベース ファイル チェックして下さい。

  17. Microsoft Exchange システムマネージャ ウィンドウおよび Microsoft SQL Enterprise Manager のようなすべての Open ウィンドウを閉じて下さい。

  18. 第 2 リストア ジョブを始めるために『Run』 をクリック して下さい。

  19. 復元が行われるとき、ファイルを開くによって復元する ウィンドウは開きます。 応答 OK ボタンを押して下さい。

  20. アクティビティ タブでは、復元のジョブステータスが成功した読むことを確認して下さい。 ジョブ ログで復元の列挙されている順番どおりをトレースできます。 どのエラーでも「^」シンボルによってすぐに区別することができます。

  21. システムをリブートします。

    リブートした後解決に問題があるかもしれません。 Veritas は彼らが十分に図形ドライバのウィンドウ設定を復元することができないと、そしてそれらを再インストールする必要がある場合もあると言います。

    Microsoft Exchange 2000 サーバで、メールボックスストアがマウントし直されたことを確認して下さい。

Cisco Unity Server MSDB データベースの復元

MSDB データベースはデータベースをロック解除するために SQL サーバ エージェントをシャットダウンする必要があるので他のデータベースと別々に復元する。 また他のプロセスによってシングル ユーザー モードに復元の間にアクセスを防ぐことを置きます。

  1. 宛先 フォルダが Devices タブ(更に詳しい情報についてはこの資料のアクセスより早い手順)をことをクリックしてまだそのままであることを確認して下さい。

  2. Start > Programs > Administrative Tools > Services の順に選択 することによって Services ページに行って下さい。

  3. すべての Cisco Unity サービス(AvCsMgr、AvDirChangeWriter、AvDSAD、AvDSGlobalCatalog、AvGaenSvr、AvMsgStoreMonitorSvr、AvRepDirSvrSvc、AvTtsSvr および AvUMRSyncSvr)をシャットダウンして下さい。

    AvCsGateway は停止すればが、これが復元に影響を与えないようではない再起動します。

  4. SQLSERVERAGENT を停止して下さい。

  5. Start > Programs > Microsoft SQL Server > Enterprise Manager の順に選択 して下さい。

  6. このウィンドウおよび右クリック Properties に示すように MSDB データベースにパスを拡張して下さい。

    veritas-guide-24.gif

  7. Properties ウィンドウで、『Options』 をクリック して下さい。 制限する アクセス タブおよびシングル ユーザ Mode タブを選択して下さい。 続くために『OK』 を押して下さい。

  8. Backup Exec メイン ウィンドウで、MSDB データベースだけを『Restore selections』 を選択 し、このウィンドウに示すように復元するために選択して下さい。

    veritas-guide-25.gif

  9. Restore タブを押して下さい。

  10. SQL タブでは、データベースの復元 方式の下で、このウィンドウに示すように『Recover database』 を選択 して下さい。

    /image/gif/paws/28467/veritas-guide-26.gif

  11. SQL MSDE がバージョン 7.0 より高いので、Replace データベースまたは filegroups (バージョン 7.0 または それ 以降)のためのタブのような SQL ページで適用しなさいことすべてをチェックして下さい。 データベース ファイルを復元するためのデフォルトのドライブを選択し、デフォルトのドライブに復元をすべてのデータベース ファイル チェックして下さい。

  12. Microsoft Exchange システムマネージャ ウィンドウおよび Microsoft SQL Enterprise Manager のようなすべての Open ウィンドウを閉じて下さい。

  13. リストア ジョブを始めるために『Run』 をクリック して下さい。

  14. アクティビティ タブでは、復元のジョブステータスは成功した読みます。 ジョブ ログで復元の列挙されている順番どおりをトレースできます。 どのエラーでも「^」シンボルによってすぐに区別することができます。

  15. 復元の終わりに、MSDB データベースがシングル ユーザー モードにもはやないことを確認して下さい。

  16. システムをリブートします。

トラブルシューティング

このセクションはユーザが ICS 7750 と共によくある問題を明らかにするのを助けるように意味されます。 Veritas は Veritas Webページの質問およびソリューションの大きいデータベースを備えていますleavingcisco.comテクニカル サポートを持つユーザはまたそれらを呼出すことができます。

プログラムは 99%で一時停止を停止するようです

ユーザは大きいリモート メールボックス データがあるかもしれないので存在 するこの問題。 リモートサーバは、たとえば Exchange サーバ、自身のファイルにこの情報を書くのに時間をかけます。 リモートサーバ ハード ドライブ光が点灯する場合 Veritas 主要な Exec はクラッシュしませんでした。

データベースの復元は未知ロックが原因で失敗します

ユーザは Veritas Exec プログラムによって書かれているからのデータベースをロックするサービスか応用 プログラムがある場合存在 するこの問題。 このプログラムを解決するために、> Enterprise Manager 7.0 を Start > Programs > Microsoft SQL Server の順に選択 することによって Enterprise Manager にアクセスすることをユーザーのニーズ。 また Start > Programs > Administrative Tools > Services の順に選択 することによって Services ウィンドウにアクセスできます。

/image/gif/paws/28467/veritas-guide-27.gif

サーバからのナビゲート 管理に。 管理から、現在の活動状況 リンクを開き、ロック/オブジェクトを拡張して下さい。 ロック/オブジェクト ウィンドウの下、ロックされ、現在使用中のデータベースのリストがあります。 ロックされたデータベースを選択して下さい。 右ウィンドウで、ロックされた項目は現われます。 クエリ アナライザがあり、選択を隔離する SQL コマンドを使用できればそれはロックされた項目が消えるまで Services ページの主に試行錯誤です。

Services ウィンドウで停止する各サービスの後で、現在の活動状況を右クリックし、ウィンドウをロックのステータスをアップデートするためにリフレッシュするために『Refresh』 を押して下さい。 また各々のロックされた項目をクリックし、プロセスを強制終了できます。 これはシステムが破損するようにクラッシュするか、またはなるかもしれないと同時に推奨されません。 正しいサービスがロック/停止したらオブジェクト ウィンドウのデータベース消えます。 復元を開始する前に、SQL Enterprise Manager を閉じること確実でであって下さい。 データベースにアクセスした場合、またそれらが使用できなくなるも、SQL Enterprise Manager。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 28467