コラボレーション : Cisco Unified Contact Center Enterprise

IPCC 用の CallManager 設定の要件

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Cisco IP Contact Center(IPCC)環境で Cisco CallManager を設定するときの要件およびガイドラインの一部を説明します。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco CallManager の管理

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco IPCC

  • Cisco CallManagerバージョン 3.0 および それ以降

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

ACD 行

Automated Call Distribution (ACD)行は自動的にルールの定義済みセットに基づいて呼び出しを配る、Cisco Unified CallManager の管理下にある拡張(ディレクトリ番号)です。 ACD 行は業務目的で使用されます。

Directory Number Configuration 画面のディレクトリ番号の設定 セクションの下のコール ウェイティング パラメータはにまたはデフォルト、設定 することができます。 ACD 行を設定するとき、に値を設定 して下さい(図を 1)参照して下さい。

ACD ラインが使用中なら自動転送の下で前方使用中パラメータおよび代替ディレクトリ番号を Directory Number Configuration 画面の積み込み設定セクションを指して下さい(図を 1)参照して下さい。

図 1 –コール ウェイティングおよび前方使用中パラメータを設定 して下さい

/image/gif/paws/27707/CallMngrConfigReqIPCC-1.gif

CTI ルートポイント

コンピュータ テレフォニー インテグレーション (CTI) ルート ポイントは倍数を受け取ることができる仮想デバイスをアプリケーション コントロール リダイレクションのための同時コール指定します。 CTI ルートポイントを設定するとき、Cisco は前方使用中を、Forward No Answer 推奨し、自動転送の障害および Directory Number Configuration 画面の積み込み設定セクションでリダイレクトすることを転送します(図を 2)参照して下さい。

図 2 –リダイレクト前方使用中、Forward No Answer は失敗で、および転送します

/image/gif/paws/27707/CallMngrConfigReqIPCC-2.gif

専用回線

専用回線(ディレクトリ番号)を設定する時、に Directory Number Configuration 画面のディレクトリ番号の設定 セクションの下でコール ウェイティング パラメータを設定 して下さい(図を 3)参照して下さい。

図 3 –コール ウェイティング パラメータをつけて下さい

/image/gif/paws/27707/CallMngrConfigReqIPCC-3.gif

CTI マネージャ サービスのリカバリー方法

Cisco は最初失敗、2回目 の 失敗およびそれに続く失敗のためのサービスを再開するために Cisco Message Interface タスクのリカバリー方法を設定 したことを推奨します。 そうするために、これらのステップを完了して下さい:

  1. Microsoft Windows 2000 サービス管理プログラムを開始して下さい。

    サービスを開くために、Start > Programs > Administrative Tools > Services の順にクリック して下さい。

  2. Cisco Message Interface を右クリックし、ショートカット メニューから『Properties』 を選択 して下さい。

    Cisco Message Interface Properties Screen は現われます。

  3. Recovery タブを選択して下さい。

  4. 最初の失敗から、2回目 の 失敗 『Restart the Service』 を選択 すれば、それに続く失敗はリストします(図を 4)参照して下さい。

    図 4 –すべての失敗のための「再始動サービス」オプション 設定 して下さい

    /image/gif/paws/27707/CallMngrConfigReqIPCC-4.gif

  5. [Apply] をクリックします。

  6. [OK] をクリックします。

電話登録

すべての電話は CallManager と登録されなければなりません。 電話は自動 登録、マニュアル設定、またはバルクアドミニストレーションツール (BAT)によって登録していることができます。

注: セキュリティの理由から、自動 登録はデフォルトで消えます。

CallManager のデバイス 制限

Cisco Unified CallManager の機能は利用可能 な CPU およびメモリ リソースに基づいています。 一定のこれらのリソースを消費する各々の設定されたデバイスに「ウエイト」があります。 ゲートウェイ、会議 の リソース、音声メールおよび他のアプリケーションのようなデバイスは相対的 な デバイス重みに基づいてデバイス単位を消費します。 この表はさまざまなデバイスのためのウエイトをリストしたものです:

デバイス ウェイト
IP Phone 1
DS0 ポート 3
リソースをトランスコードすること 3
会議 の リソース 3
テープ 20
JTAPI 20

設定されるすべてのデバイスの総デバイス単位はサポート Cisco Media Convergence Server (MCS)ができる最大デバイス単位を超過できません。 サポート MCS ができる最大デバイス単位はサーバ モデルによって決まります。 5000 のデバイス単位までの Cisco MCS 7835-1000 サポート。

ワールドワイドウェブパブリッシングサービス

Cisco は CallManager の Web Publishing を実行することを推奨しません。 Web Publishing をディセーブルにするために、これらのステップを完了して下さい:

  1. Microsoft Windows 2000 サービス管理プログラムを開始して下さい。

    サービスを開くために、Start > Programs > Administrative Tools > Services の順にクリック して下さい。

  2. ワールドワイドウェブパブリッシングサービスを右クリックし、『Properties』 を選択 して下さい。

  3. General タブで、始動 Type フィールドで『Disabled』 を選択 して下さい(図を 5)参照して下さい。

    図 5 –ディセーブル Web Publishing

    CallMngrConfigReqIPCC-5.gif

  4. [Apply] をクリックします。

  5. [OK] をクリックします。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 27707