音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

VNC 3.3.7 を使用した、リモート サーバへの Cisco CallManager のインストール

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

仮想ネットワーク コンピューティング(VNC)は、リモート デスクトップの環境を確認するためのリモート ディスプレイ システムです。 VNC によって、ユーザはあるコンピュータを使用してターゲット コンピュータのアクションを操作し、さらにローカル ユーザがターゲット コンピュータで実行するアクションを表示できるようになります。 一般的な操作方法では、「マスター」コンピュータに VNC のクライアントをインストールし、「ターゲット」コンピュータに VNC サーバをインストールします。 さらに、VNC には Java ビューアがあります。 これは、マスター コンピュータの Web ブラウザを介してターゲット コンピュータをリモートで制御するために使用し、VNC クライアント ソフトウェアをインストールする必要はありません。 VNC はデフォルトでポート 5900 ~ 5906 を使用します。 各ポートは、対応する画面 X を表します(画面 0 ~ 6 に対してポート 6000 ~ 6006) VNC はプラットフォームに依存しません。 任意のオペレーティング システムの VNC のビューアは、他の任意のオペレーティング システムの VNC Server に接続できます。 次の図に示すように、通信はクライアントとコンピュータ間の双方向です。 VNC には、ターミナル サービスと多くの類似点があります。

/image/gif/paws/27041/vnc-ccm-remote-svr-1.gif

前提条件

要件

Cisco Unified CallManager にパッチをインストールするか、アップグレードするか、または加えることを計画するインストールされるこの資料のセクションを続行する前にサーバは既に Operating System (OS)があるはずです。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Windows 2000 (OS 2002 2.6)

  • VNC バージョン 3.3.7

  • Cisco CallManager バージョン 4.1

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

Cisco Unified CallManager によって VNC を使用して下さい

サーバの準備

Cisco Unified CallManager にパッチをインストールするか、アップグレードするか、または加えることを計画するサーバはこれらのセクションを続行する前に既にインストールされるオペレーティング システムを備えるはずです。 これらの指示は OS バージョン 2000 2.4 に適用します。

VNC のダウンロード、インストール、および設定

サーバで VNC バージョン 3.3.7 のコピーをダウンロードし、インストールし、設定するためにこれらのステップを完了して下さい。 VNC バージョン 3.3.7 は Cisco CallManagerバージョン 4.1 および OS 2000 2.4 とテストされました。

注: VNC のより古いバージョンがある場合、これらのステップを完了する前により古いバージョンをアンインストールして下さい。 また、OS バージョン 2000 2.4 はターゲットサーバで既にインストールする必要があります。

  1. VNC のためのインストールおよびドキュメンテーション ファイルは OS バージョン 2000.2.4 のための C:\utils\VNC にあります。

    このディレクトリはこれらのフォルダが含まれています:

    C:\utils\VNC ディレクトリ 説明
    vnc-3.3.7-documentation VNC ドキュメンテーション ファイル
    vnc-3.3.7-winsrc VNC ツール
    vnc-3.3.7-x86_win32.exe VNC インストレーション ファイル

  2. vnc-3.3.7-x86_win32.exe ファイルをダブルクリックし、『OK』 をクリック して下さい。

  3. 後 WinVNC Welcome 画面 ディスプレイ 『Next』 をクリック しました。

  4. ソフトウェア使用許諾契約を受け入れるために『Yes』 をクリック して下さい。

  5. デフォルト の ロケーションを受け入れか、またはアプリケーションをにインストールするために新しい場所を選択し『Next』 をクリック して下さい。

  6. デフォルト フォルダ名を受け入れか、またはアプリケーションをにインストールするために新しいフォルダーを選択し『Next』 をクリック して下さい。 プログラムはインストールします。

  7. Setup Complete ウィンドウから、『Finish』 をクリック して下さい。

  8. > 実質 VNC > 実行された VNC Server 『Start > Programs』 を選択 して下さい。 メッセージ ボックスはサービスのインストールに成功したことを示します。

  9. VNC サービスを開始するために Start > Programs > Administrative Tools > Services の順に選択 して下さい。

  10. スクロールし、『VNC Server』 を選択 して下さい。 右クリックし、『Start』 を選択 して下さい。

  11. 新しいインストールに関しては、メッセージ表示示す VNC のためのデフォルトパスワードを設定 して下さい。 メッセージ ボックスで『OK』 をクリック して下さい。

    WinVNC から、現在のユーザ プロパティー ダイアログボックス ディスプレイ。

    vnc-ccm-remote-svr-2.gif

  12. Incoming Connections 領域では、Password フィールドのパスワードをタイプして下さい。

    パスワードは選択するどのパスワードである場合もあります。 このパスワードがサーバの間で VNC セッションを開くのに使用されています。

  13. [OK] をクリックします。

  14. VNC の使用に接続したいと思う各ターゲット コンピュータのこれらのステップを繰り返して下さい。

    ターミナルサービスをターゲットサーバで VNC をダウンロードし、インストールするのに利用できましたりまたはターゲットサーバにローカル誰かにこれらのステップを実行してもらいます。

VNC を使用したCisco CallManager のインストール、アップグレードおよびパッチのインストール

VNC をマスター コンピュータからのターゲット コンピュータに接続するのに使用するためにこれらの手順を使用して下さい。 双方向通信はマスターとターゲット コンピュータの間ですべての操作が両方のサーバで均等に参照されるように開きます。

注: Webブラウザの使用の VNC Server にアクセスできます。 これをするために、ポート 5800 でターゲット コンピュータのアドレスに行って下さい。 たとえば、http://<target_server_address>:5800。

VNC をリモートサーバで Cisco Unified CallManager にパッチをインストールするか、アップグレードするか、または加えるのに使用するためにこれらのステップを完了して下さい。

  1. > VNC > マスター コンピュータの実行された VNCviewer 『Start > Programs』 を選択 して下さい。

    接続はダイアログ ディスプレイを詳述します。

    vnc-ccm-remote-svr-3.gif

  2. VNC Server フィールドでは、Cisco Unified CallManager をインストールし、『OK』 をクリック したいと思うターゲット コンピュータの IP アドレスをタイプして下さい。

    VNC Authentication ダイアログボックス ディスプレイ。

    /image/gif/paws/27041/vnc-ccm-remote-svr-4.gif

  3. セッション Password フィールドでは、ダウンロードステップ 12 で規定 した パスワードをタイプし、インストールし、VNC セクションを設定して下さい

  4. [OK] をクリックします。 IP アドレスを表示する 規定 した リモートサーバのデスクトップ。

  5. マスター コンピュータから、続行しましたり、またはターゲット コンピュータの Cisco Unified CallManager のパッチはインストールをアップグレードします。

    インストール CD はターゲット コンピュータのドライブにまたはアクセス リモートサーバができるネットワークで利用可能 なダウンロードとしてある、必要があります。

  6. インストールするか、アップグレードするか、または Cisco Unified CallManager のためのパッチを加えたいと思う各ターゲット コンピュータのためのこのプロシージャを繰り返して下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 27041