音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

VNC 3.3.7 を使用した、リモート サーバへの Cisco CallManager のインストール

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

仮想ネットワーク コンピューティング(VNC)は、リモート デスクトップの環境を確認するためのリモート ディスプレイ システムです。 VNC によって、ユーザはあるコンピュータを使用してターゲット コンピュータのアクションを操作し、さらにローカル ユーザがターゲット コンピュータで実行するアクションを表示できるようになります。 一般的な操作方法では、「マスター」コンピュータに VNC のクライアントをインストールし、「ターゲット」コンピュータに VNC サーバをインストールします。 さらに、VNC には Java ビューアがあります。 これは、マスター コンピュータの Web ブラウザを介してターゲット コンピュータをリモートで制御するために使用し、VNC クライアント ソフトウェアをインストールする必要はありません。 VNC はデフォルトでポート 5900 ~ 5906 を使用します。 各ポートは、対応する画面 X を表します(画面 0 ~ 6 に対してポート 6000 ~ 6006) VNC はプラットフォームに依存しません。 任意のオペレーティング システムの VNC のビューアは、他の任意のオペレーティング システムの VNC Server に接続できます。 次の図に示すように、通信はクライアントとコンピュータ間の双方向です。 VNC には、ターミナル サービスと多くの類似点があります。

/image/gif/paws/27041/vnc-ccm-remote-svr-1.gif

前提条件

要件

Cisco CallManager のインストールおよびアップグレード、または Cisco CallManager へのパッチ適用を計画しているサーバには、このドキュメントの項に進む前にオペレーティング システム(OS)をインストールしておく必要があります。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Windows 2000(OS 2002 2.6)

  • VNC バージョン 3.3.7

  • Cisco CallManager バージョン 4.1

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

VNC と Cisco CallManager の使用

サーバの準備

Cisco CallManager のインストールおよびアップグレード、または CallManager へのパッチ適用を計画しているサーバには、この項に進む前にオペレーティング システムをインストールしておく必要があります。 次の手順は、OS バージョン 2000 2.4 に適用されます。

VNC のダウンロード、インストール、および設定

サーバに VNC バージョン 3.3.7 のコピーをダウンロード、インストール、および設定するには、次の手順を実行します。 VNC バージョン 3.3.7 は、Cisco CallManager バージョン 4.1 および OS 2000 2.4 でテストされています。

古いバージョンの VNC がある場合は、次の手順を実行する前に古いバージョンをアンインストールする必要があります。 また、OS バージョン 2000 2.4 をターゲット サーバにインストールしておく必要があります。

  1. VNC のインストール ファイルとドキュメント ファイルは、OS バージョン 2000.2.4 では C:\utils\VNC にあります。

    このディレクトリには、次のフォルダがあります。

    C:\utils\VNC directory 説明
    vnc-3.3.7-documentation VNC のドキュメント ファイル
    vnc-3.3.7-winsrc VNC ツール
    vnc-3.3.7-x86_win32.exe VNC のインストール ファイル

  2. vnc-3.3.7-x86_win32.exe ファイルをダブルクリックして、[OK] をクリックします。

  3. [WinVNC Welcome] 画面が表示されたら、[Next] をクリックします。

  4. [Yes] をクリックして、ソフトウェア ライセンス契約に同意します。

  5. デフォルトの場所のままにするか、アプリケーションをインストールする新しい場所を選択して、[Next] をクリックします。

  6. デフォルトのフォルダ名のままにするか、アプリケーションをインストールする新しいフォルダを選択して、[Next] をクリックします。 プログラムがインストールされます。

  7. [Setup Complete] ウィンドウで、[Finish] をクリックします。

  8. [Start] > [Programs] > [Real VNC] > [Run VNC Server] の順に選択します。 メッセージ ボックスに、サービスが正常にインストールされたことが示されます。

  9. [Start] > [Programs] > [Administrative Tools] > [Services] の順に選択して、VNC サービスを開始します。

  10. スクロール ダウンして、[VNC Server] を選択します。 右クリックして、[Start] を選択します。

  11. 新規インストールの場合、VNC のデフォルト パスワードを設定する必要があることを示すメッセージが表示されます。 メッセージ ボックスの [OK] をクリックします。

    WinVNC から、[Current User Properties] ダイアログボックスが表示されます。

    vnc-ccm-remote-svr-2.gif

  12. [Incoming Connections] エリアの [Password] フィールドにパスワードを入力します。

    パスワードには、任意のパスワードを選択できます。 このパスワードは、サーバ間で VNC セッションを開く場合に使用されます。

  13. [OK] をクリックします。

  14. VNC を使用して接続する各ターゲット コンピュータで、これらの手順を繰り返します。

    端末サービスを使用してターゲット サーバに VNC をダウンロードしてインストールするか、ターゲット サーバのローカルにいるユーザにこれらの手順を実行してもらうことができます。

VNC を使用した Cisco CallManager のインストール、アップグレード、またはパッチ適用

VNC を使用してマスター コンピュータからターゲット コンピュータに接続するには、次の手順を実行します。 マスター コンピュータとターゲット コンピュータ間で双方向通信を開き、両方のサーバですべての操作が同じように表示されるようにします。

Web ブラウザを使用して VNC サーバにアクセスできます。 そのためには、ポート 5800 でターゲット コンピュータのアドレスにアクセスします (http://<target_server_address>:5800 など)。

VNC を使用してリモート サーバで Cisco CallManager をインストールおよびアップグレードしたり、Cisco CallManager にパッチを適用するには、次の手順を実行します。

  1. マスター コンピュータで、[Start] > [Programs] > [VNC] > [Run VNCviewer] の順に選択します。

    [Connection details] ダイアログが表示されます。

    vnc-ccm-remote-svr-3.gif

  2. [VNC server] フィールドに、Cisco CallManager をインストールするターゲット コンピュータの IP アドレスを入力して、[OK] をクリックします。

    [VNC Authentication] ダイアログボックスが表示されます。

    /image/gif/paws/27041/vnc-ccm-remote-svr-4.gif

  3. [Session password] フィールドに、「VNC のダウンロード、インストール、および設定」の項の手順 12 で指定したパスワードを入力します。

  4. [OK] をクリックします。 IP アドレスを指定したリモート サーバのデスクトップが表示されます。

  5. マスター コンピュータから、ターゲット コンピュータでの Cisco CallManager のインストール、アップグレード、またはパッチ適用を続行します。

    インストール CD は、ターゲット コンピュータのドライブに挿入するか、ダウンロードして使用できるようにするか、リモート サーバがアクセスできるネットワーク上に置いておく必要があります。

  6. Cisco CallManager のインストール、アップグレード、またはパッチ適用を実行する各ターゲット コンピュータで、この手順を繰り返します。


関連情報


Document ID: 27041