音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity

Cisco Unity 3.x での管理者アカウント サンプルの削除

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

Cisco Unity のサンプル アドミニストレータのサブスクライバ アカウントは、次の機能を実行します。

  • 管理上のサブスクライバ アカウントのプロパティを示します

  • コール ハンドラのオーナーまたは受信者として機能

  • デフォルト パブリック分配リストの既定のメンバーとして機能します

Cisco Unity をインストールした後、Cisco Unity 内の他のユーザに機能を転送するまで管理者例を削除しないで下さい。

注意 注意: 他のユーザに機能を転送する前に管理者例を削除すれば、により下記のものを含んでいる失敗を引き起こす場合があります:

  • ユーザが開始グリーティングをアクセスするとき、受け取ります残念なフェイル・セイフ メッセージを「このシステム現在利用できません」。

  • ユーザはシステムおよび配送不可メッセージのようないくつかのメッセージタイプを、ルーティングすることができません。

  • ユーザが公共分配リスト宛にメッセージをアドレス指定するように試みるときフェイル・セイフ メッセージを受け取ります。

この資料に本当管理上のサブスクライバ アカウントを設定し管理者例を削除する方法を記述されています。

前提条件

要件

このドキュメントの読者は次のトピックについて理解している必要があります。

  • SAWeb の Cisco Unity 管理

  • Microsoft SQL Enterprise Manager の構造化照会言語 (SQL) 表 管理

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報はすべての Cisco Unity 3.x バージョンに基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

管理者例

デフォルトで、SAWeb インターフェイスを通して管理者例 サブスクライバ アカウントを削除できません。 ここに示されているように上のレッド X (削除)ボタンが、ウィンドウの右隅薄暗くなるのは唯一のアカウント、です:

remove_example_admin_01.gif

その代り、SQL データベースからアカウントを直接削除して下さい。 しかしそう前に新しい管理上のサブスクライバ アカウントを作成して下さい。

新しい音声メール 管理 アカウントを作成して下さい

管理者例を削除する前に、新しい管理上のサブスクライバ アカウントを作成するためにこのプロシージャに従って下さい。

  1. ブルーを + (サブスクライバを追加して下さい)上のボタン、ウィンドウの右隅クリックして下さい。

    これは新しいエクスチェンジ アカウントを作成するか、または既存エクスチェンジ アカウントをインポートすることを可能にします。

    このウィンドウで、「ユニティ アドミニストレーター」と呼ばれる新しいアカウントは作成されます:

    /image/gif/paws/26846/remove_example_admin_02.gif

    サブスクライバ名前は任意ですが、この新しいアカウントに割り当てられるサブスクライバ テンプレートはそうではないです。 テンプレート フィールドは{デフォルト 管理者}テンプレートに上に示されているように、設定 する必要があります。 これはアカウントを許可する新しい管理者にサービスの分類 (CoS)をの{デフォルト 管理者}割り当てます、:

    • アクセス SAWeb

    • のこれら作成し、編集し、削除して下さい:

      • サブスクライバ

      • 分配リスト

      • CoSs

    • 他の管理 タスクを行って下さい

  2. アカウントを作成するために『Add』 をクリック して下さい。

  3. Profile ウィンドウでは、チェックしました次のログインで自己登録に関しては一定サブスクライバおよび電話 Directory チェックボックスのリストをチェックを外すか、または去って下さい。

    これらの機能はオプションです。 またオプション推奨されない音声およびメッセージを記録することができますではない。 このウィンドウはこれらのオプションを表示します:

    /image/gif/paws/26846/remove_example_admin_03.gif

バルクのアップデート コール ハンドラは編集します

新しい Unity Administrator サブスクライバを作成した後、管理者例が新しいユニティ アドミニストレーターと所有するコール ハンドラをおよびパブリック分配リストを関連付ける必要があります。 新しいのためにインストールします、変更する必要がある 3 つの分配リストおよびたった 3 人のコール ハンドラがあります。 これは SAWeb ですることができます。 既存のためにインストールしますまたは複数のカスタム コール ハンドラが付いているサイトはドライブの下で見つけられる Bulk Edit ユーティリティと、これらの変更を行なう最もよい方法あります: \ COM ポート\ユーティリティ\ BulkEdit。

Cisco Unity 3.1 では、コール ハンドラのオーナーにそのコール ハンドラの機能性と関係が実質がありません。 それはコール ハンドラの Profile ページの Owner フィールドをアップデートする好ましい習慣です。 これは DBWalker ユーティリティを実行するとき不必要なエラーの生成を防ぎます。

しかしそれはそのハンドラの Messages ページのメッセージ受信者のフィールドをアップデートすること命令的です。 管理者例 サブスクライバを削除する前にこのフィールドを変更しなければ、フェイル・セイフ メッセージはそのハンドラが Telephone User Interface (TUI)に達するとき再生されます。 そのハンドラはメッセージがある場合、配送不可および完全に失われる。 メッセージ 受信者の設定はコール ハンドラで設定 する オーナーを一致する必要はありません。

このウィンドウは Bulk Edit ユーティリティを表示します:

remove_example_admin_04.gif

すべての Call Handlersオプション・ボタンはクリックされましたが、これらのステップを実行することはもっと簡単です:

  1. このサブスクライバによって所有されるコール ハンドラ全員をクリックして下さい: オプション ボタン。

  2. 『Find』 をクリック し、管理者例を捜して下さい。

    これは管理者例によって所有されるコール ハンドラだけリストします。

  3. [Next] をクリックします。

  4. Next 画面で、Profiles タブをクリックし、この Subscriberオプション・ボタンに Set Owner をクリックして下さい。

  5. [Find] をクリックします。

    Subscriber Search ダイアログボックスは現われます。

  6. ユニティ アドミニストレーター アカウントを、このウィンドウに示すように選択し、『OK』 をクリック して下さい:

    /image/gif/paws/26846/remove_example_admin_05.gif

  7. [Next] をクリックします。

    バルクは編集します-ウィンドウが現われるコール ハンドラ変更を加えて下さい。

  8. このウィンドウで示されている Update Call Handlers ボタンをクリックし経過表示バーを視聴して下さい:

    /image/gif/paws/26846/remove_example_admin_06.gif

    それがハンドラのアップデートを完了したら、ダイアログボックスはこのプロセスの間に見つけられる警告およびエラーの数を示します(ステップを 10)参照して下さい。

  9. 警告がないか、またはエラーことを確かめて下さい(ように示します下記に)およびあったらバルクを編集します詳細についてはログをチェックして下さい。

    /image/gif/paws/26846/remove_example_admin_07.gif

上のプロシージャはバルクと編集します変更を完了するために今繰り返す必要があります。 次の手順を実行します。

  1. メッセージ受信者オプション ボタンとしてこのサブスクライバを持つコール ハンドラ全員をクリックして下さい。

  2. Messages タブをクリックして下さい。

  3. Message Recipient 領域のこの Subscriberオプション・ボタンにセットをメッセージ受信者クリックして下さい。

  4. ステップ 5 –バルクをこのでアップデート コール ハンドラ与えられる最初のプロシージャの 10 を編集しますセクションを完了して下さい。

    /image/gif/paws/26846/remove_example_admin_08.gif

コール ハンドラへの変更を確認して下さい

この時点で、変更が発生したことを確認するためにいくつかの SAWeb のコール ハンドラをチェックして下さい。 コール ハンドラを探す最初のインポートはプロファイル ページです。 このウィンドウ例は開始グリーティングを表示します:

/image/gif/paws/26846/remove_example_admin_09.gif

変更は新しいユニティ アドミニストレーターが Owner フィールドに現われるので明らかに正常でした。 これを再度変更する必要がある場合 Change ボタンをクリックし、他のサブスクライバを選択して下さい。

へメッセージ受信者を確認するために、メッセージをリンクしますウィンドウの左側でメニューでクリックして下さい。 ウィンドウは下記のバルクと行う変更を編集することを表示します:

remove_example_admin_10.gif

へ受信者を変更し、メッセージ受信者のドロップダウン矢印をクリックし、受信者の型を選択するため。 [Select] をクリックします。 これはこのコール ハンドラのために残されるメッセージを受け取るサブスクライバまたはパブリック分配リストを選択します。

SAWeb の公共分配リスト、ディレクトリ ハンドラおよび面接者ハンドラをアップデートして下さい

現在利用できる公共分配リスト、ディレクトリ ハンドラおよびインタビュー ハンドラの Owner フィールドへのリアルタイム変更を可能にするツールがありません。 SAWeb のそのような変更を手動で行なって下さい。

デフォルトで、たった 3 つの分配リストがあります: allsubscribers、systemevents および unaddressedmessages。 これらのリストのそれぞれにこのセクションで提供されるプロシージャに従って下さい。

注: 3 つのデフォルト リストに関しては、管理者例は新しいインストールの後に唯一のメンバーです。 それを取り替えるためにこれらのリストに新しいユニティ アドミニストレーター アカウントを追加する必要があります。

  1. SAWeb の望ましい分配リストにアクセスして下さい。

  2. Profile ページで、Owner フィールドの隣で Change ボタンをクリックして下さい。

    /image/gif/paws/26846/remove_example_admin_11.gif

  3. ユニティ アドミニストレーターを選択して下さい。

  4. リストを保存して下さい。

  5. サーバのインストール以来作成されていた他のどの分配リストのためのステップ 1 – 4 も繰り返して下さい。

  6. すべてのディレクトリのためのステップ 1 – 4 を繰り返し、ハンドラにインタビューして下さい。

    注: インタビュー ハンドラは彼らにまた適切なサブスクライバに設定 する必要があるメッセージ受信者があることコール ハンドラに類似したです。

イベント 通知 ユーティリティをアップデートして下さい

管理者例への参照があるように確認するべき最下位は Event Notification Utility (ENU)です。 各イベントは別途の通知 宛先および、複数の通知 宛先が時々ある場合があります。 デフォルトで、イベントは systemevents パブリック分配リストを知らせるために設定 されます。 新しいユニティ アドミニストレーターが既にこの分配リストのメンバーであるはずであるので通常このリストにユニティ アドミニストレーターを追加する必要はありません。

しかし新しいイベントが通知のために設定されたらオリジナル管理者例に設定 されないことを確かめることは重要です。 この例では管理者例か systemevents 分配リストの代りにユニティ アドミニストレーターに通知を送信 するために、ディスクほとんど完全なイベントは設定されます:

remove_example_admin_12.gif

管理者例 アカウントを削除して下さい

この資料の管理者例 セクションで示されているウィンドウは薄暗くなる管理者例のためのレッド X (削除)ボタンを表示します。 SAWeb インターフェイス内からアカウントを削除できません。 このプロシージャに記述されているようにデータベースからサブスクライバを直接、取除いて下さい:

  1. SQL Enterprise Manager を開き、Cisco Unity サーバの UnityDB データベースにナビゲート して下さい。

  2. 、メイン ウィンドウで『Tables』 をクリック し、Subscriberの表を右クリックして下さい。

  3. このウィンドウに示すように、Open Table > Return All Rows の順に選択 して下さい:

    /image/gif/paws/26846/remove_example_admin_13.gif

  4. サブスクライバ全員が表示するとき、管理者例のための Alias カラムの下で検知 して下さい。

  5. この行を右クリックし、このウィンドウに示すように、『Delete』 を選択 して下さい:

    /image/gif/paws/26846/remove_example_admin_14.gif

    Enterprise Manager は削除は常置であること警告するダイアログボックスを表示する。

  6. 管理者例の削除を確認するためにダイアログボックスで『Yes』 をクリック して下さい。

この時点で、ディレクトリからアカウントを同様に削除することは安全です。 Exchange 5.5 によって統合 Cisco Unity がある場合エクスチェンジ アドミニストレイターの管理者例受信者を削除できます。 Exchange 2000 およびアクティブ ディレクトリと統合 Cisco Unity がある場合ユーザアカウントを削除するのに Active Directory Users and Computers Microsoft Management Console (MMC)スナップインを使用して下さい。 上記のステップ 5 で示されているウィンドウは管理者例 アカウントを選択し削除する方法を説明します。

管理者例 サブスクライバの削除を確認して下さい

SAWeb の Subscribers ページに戻り、管理者例を捜して下さい。 このウィンドウに示すようにそれを、見つけないで下さい:

/image/gif/paws/26846/remove_example_admin_15.gif

Cisco Unity が適切に機能し続けることを確認して下さい

この資料で示されるすべての手順を完了した後 Cisco Unity システムが適切に機能し続けること、そしてフェイル・セイフ メッセージが表示しないことを確かめて下さい。 これらのテストは確認のために足りる必要があります:

  • 今新しい管理上のサブスクライバによって所有される少数のコール ハンドラに呼出して下さい。 変更がそれでも機能する必要がある前に使用したオリジナル メッセージ。

  • 同一コール ハンドラのためのメッセージを残して下さい。 それからメッセージが新しい管理上のサブスクライバのメールボックスに提供されることを、確認して下さい。

  • Cisco Unity にダイアルインした後、新しい管理上のサブスクライバが所有する公共分配リスト宛にメッセージをアドレス指定するように試みて下さい。 もう一つの容易なテストは分配リストをディレクトリを捜すことです。 すべてがきちんとされる場合、ディレクトリ ハンドラがリストの名前を戻すとき聞かれるべきではないですフェイル・セイフ。

  • すべての Internet Explorer ブラウザウィンドウを閉じて下さい。 新しい管理上のサブスクライバ アカウントを使用して SAWeb にログインに試みて下さい。

  • 抜けていることがある管理者例を指すコールルーティングルールまたはコール ハンドラのような他のどの壊れたリンクがあるように確認するために DBWalker ユーティリティを実行して下さい。 DBWalker ツールの最新バージョンを常にダウンロードし、使用することを忘れないでいて下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 26846