音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity

Cisco Unity をUMR モードで開始する方法

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

Cisco Unity 3.x に組み込まれている Cisco Unity Message Repository(UMR)を使用すると、外部からの発信者はユーザのプライマリ Exchange サーバがオフラインの場合にメッセージを残すことができます。 メッセージは、SQL に一時的に保存され、SQL 内から特別な UMR 会話でアクセスすることができます。 プライマリ Exchange サーバがオンラインに戻ると、Cisco Unity は正しいメッセージ ストアにメッセージを渡します。 その他の情報に関しては、Cisco Unity を参照して下さい:

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco Unity for Exchange バージョン 3.1x および それ 以降

注: Cisco Unity 4.x では、Cisco Unity は UMR モードで自動的に Exchange が利用できない場合起動します。 Cisco Unity 4.x で必要とされるコンフィギュレーション変更がありません。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

問題

プライマリ エクスチェンジ サーバがオフ・ラインのとき、始動の Exchange プライベートな情報ストアへの接続をバイパスする UMR モードの Cisco Unity を開始する必要がある場合もあります。 このドキュメントでは、この方法を説明します。

注: 以下の事項に注意して下さい:このソリューションは一時ソリューションだけとして意図されています。 Cisco Unity の アップグレードは Cisco Unity が UMR モードで動作して、プライマリ エクスチェンジ サーバに接続されないとき決して実行されたべきではありません。

解決策

次のソリューションは方法でプライマリ エクスチェンジ サーバが利用できない場合情報を UMR モードの Cisco Unity を開始する提供します。 次のレジストリキーは順序に編集される/追加する必要があります。 Cisco Unity のバージョンによっては、いくつかのキーによっては作成される必要がなかったりし。

注意 注意: レジストリ エディタの不正確な使用はオペレーティング システムを再インストールするように要求するかもしれない深刻な問題を引き起こす場合があります。 Cisco はレジストリ エディタの不正確な使用に起因する問題が解決することができることを保証できません。 レジストリ エディタを使用する方法についての情報に関しては Regedit.exe の" Restoring the Registry " ヘルプトピックか Regedt32.exe の" Restoring a Registry Key " ヘルプトピックを表示して下さい。

次の手順に従ってください。

  1. Cisco Unity サーバのレジストリを開いて下さい。

  2. > アクティブな音声 > AvWm > 1.00 HKLM > Software の順に進み、「すべてのサーバ」と呼ばれる New Dword 鍵を追加し、1.に値を設定 して下さい

  3. > Active Voice > Doh > 1.00 HKLM > Software の順に進み、7.のデフォルトの代りに 3 であるために LogonDefault 値を編集して下さい。

    これはメッセージング サービスに接続することを試みないように Cisco Unity を強制します。

  4. > アクティブな音声 > UnityUMR > 1.00 HKLM > Software の順に進み、New Dword 鍵呼出された「EmulateExDown」を追加し、1.に値を設定 して下さい

  5. Cisco Unity サーバを再起動してください。

    Cisco Unity は UMR モードで今アップします。 Exchange サーバがもう一度利用できるとき、行ったステップ 2 – 4 の変更を取消し、Cisco Unity サーバをリブートする必要があります。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 26390