音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

Cisco CallManager: 管理レポートツール(ART)を使わない、コール詳細レコード(CDR)の手動削除

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Administrative Reporting Tool(ART)を使用せずに Cisco CallManager の構造化照会言語(SQL)のデータベースからコール詳細レコード(CDR)を削除する方法を説明します。

ART を使用して Cisco Unified CallManager の SQL データベースから CDR を削除する方法の情報に関しては手動データベース パージ設定を使用して CAR システムを参照して下さい。

症状

CDR を使うと、Cisco Unified CallManager ユーザはこのエラーメッセージか E メール アラートを受け取ります:

The number of rows in CallDetailRecord table in the 
CDR database has crossed the threshold limit

データベースが削除されるレコードおよび必要の一定制限に達したとこのエラーメッセージが現れます。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco CallManager の管理

  • SQL データベース 管理

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、Cisco CallManager 3.x および 4.x に基づくものです。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

解決策

CDR thershold 制限アラート電子メールかエラーメッセージを減らすためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. アラートを減らすために CDR の請求表の行の最大数を増加して下さい。

    これは Cisco CallManager Administration Webページからすることができます。 で CAR > システム > データベース > CAR データベース アラート > Table* に請求書を送ることの行の最大数、より高い 1 にその値を変更できます(すなわち 2,500,000)。

  2. thershold 制限アラートを避けるためにオートパージ メカニズムを使用して下さい。 自動パージを設定するために、CAR > システム > データベース > 設定します自動データベース パージを選択して下さい。 保存したいと思う一定量の日より古いレコードのための CAR パージを有効に することができます。

クエリ アナライザを通した削除 CDR

この方式は非常にプロセッサ集約型で、正常な営業時間の間にするべきではありません。

  1. 7.0 を > クエリ アナライザ Start > Programs > Microsoft SQL Server の順に選択 して下さい。

    /image/gif/paws/26062/delete-cdr-no-art-1.gif

    注: Cisco CallManager 3.3 およびそれ以降では、Microsoft SQL Server 2000 年は使用されます。 Cisco CallManager 3.3 およびそれ以降で Start > Programs > Microsoft SQL Server > Query Analyzer の順に選択 して下さい。

  2. Cisco Unified CallManager のバージョンによって使用 ローカル > Windows NT authentication/SQL サーバ認証を選択して下さい。 [OK] をクリックします。

    注: Cisco CallManager 3.3 に関しては、ユーザ名 および パスワードを『SQL Server authentication』 を選択 し、入力して下さい。 Cisco Unified CallManager 4.x に関しては、『Windows NT authentication』 を選択 して下さい。Windows NT 認証は、がシステム 支援 SQL 認証推奨されます。 リリース 4.0 および それ以降のミックス モード認証のための Cisco Unified CallManager を設定 することはサポートされません。 以前のバージョンからアップグレードされる Cisco Unified CallManager 4.x サーバは SQL サーバ 認証と壊れ、システムは Windows NT 認証に戻る必要があります。 Cisco CallManager 3.x から詳細については 4.x へアップグレードした後で SQL クエリ アナライザにログイン することが不可能なユーザを参照して下さい。

  3. 削除したいレコードすべてが含まれている CDR データベースを選択して下さい。

    /image/gif/paws/26062/delete-cdr-no-art-2.gif

  4. Calldetailrecord コマンドからの削除を発行して下さい。

    CDR データベースが多くのレコードが含まれている場合、このステップはしばらく時間がかかるかもしれません。 このオペレーションが完了するとき、ウィンドウの下部のでこのメッセージが現れます:

    Query batch completed.

    このイメージはコマンドおよびシステムメッセージを両方表示します:

    /image/gif/paws/26062/delete-cdr-no-art-3.gif

  5. CallDetailRecordDiagnostic 表のレコードすべてを同様に削除するために CallDetailRecordDiagnostic コマンドからの削除を発行して下さい。 ウィンドウの下部のでこのメッセージが現れます:

    Query batch completed.

    /image/gif/paws/26062/delete-cdr-no-art-4.gif

Cisco CallManager Web ページによる削除 CDR

Cisco CallManager Web ページを使用するために、それをするためにダウンタイムをスケジュールする必要データベース レイヤ モニタ サービス、あなたを停止し、開始して下さい。 Cisco CallManager Web ページによる CDR の手動削除はクエリ アナライザ プロシージャによって削除 CDR 程にプロセッサ集約型ではないです。

  1. 主要な管理Webページから Service > Service Parameters の順に選択 して下さい。

    /image/gif/paws/26062/delete-cdr-no-art-5.gif

    Service Parameters Configuration ページは開きます。

  2. サーバを選択し、データベース レイヤ モニタ サービスを選択して下さい。

    /image/gif/paws/26062/delete-cdr-no-art-6.gif

    最大 CDRレコードのデフォルト値は 1500000 です:

    /image/gif/paws/26062/delete-cdr-no-art-7.gif

  3. 下げられた値に Max CDR Records フィールドの値を変更して下さい(たとえば、1400000) 『Update』 をクリック すれば。

    注: 最大 CDRレコードの値をインクレメンタルに変更して下さい。 シングル ステップの 0 にそれを減らす場合、により CPUスパイクを引き起こす可能性があります。

  4. [Application] > [Cisco CallManager Serviceability] を選択します。

    /image/gif/paws/26062/delete-cdr-no-art-8.gif

  5. Cisco CallManager Serviceability ページから Tools > Control Center の順に選択 して下さい。

    Control Center ページは開きます。

    delete-cdr-no-art-9.gif

  6. データベース レイヤ モニタ サービスのためのサービス 制御を見つけ、『Stop』 をクリック して下さい。

    /image/gif/paws/26062/delete-cdr-no-art-10.gif

  7. サービスを再開するために(先行するイメージで示されている)サービス ステータス インジケータによって示されるようにサービス停止が、『Start』 をクリック した後。

    サービスが再起動するとき、CDR は CDR マックス・レコーズ値によって指定されるように CDR がの新しい数が含まれています。 この例では、新しい数は 1400000 です。

  8. ステップ 2 〜値が 0 であるまで 7.をいつも減らします Max CDR Records フィールドの数を繰り返して下さい。

    0 レコードに達したら、SQL サーバ クエリ アナライザを通して CDR データベースの結果をチェックするためにこのコマンドを発行して下さい:

    select * from CallDetailRecord

    /image/gif/paws/26062/delete-cdr-no-art-11.gif

    注: このプロシージャを終えた後、このイメージが示すように、デフォルト設定に最大 CDRレコードの値を戻して下さい。 さもなければ、システムは CDR を保ちません。

    /image/gif/paws/26062/delete-cdr-no-art-12.gif

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 26062