IP : 簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)

SNMP: IOS ソフトウェアに関する FAQ

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2003 年 1 月 7 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントには、Cisco の機器に関係する簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)の問題に関するよくある質問(FAQ)に対する回答、および、ユーザが SNMP に関する有用なリソースを見つけるためのガイドが記載されています。

Q. 90% (または多く)へのルータ スパイクの IP-SNMP CPUプロセス。 これはバグですか。

A. いいえ、バグではありません。 IP-SNMP はルータに他のタスクが軽くロードされるときルータの CPU の 90%とることができます; この状況は珍しくないです。 低い優先順位の IP-SNMP 実行。 ルータに SNMP により多くの時間を費やす帯域幅があることを 90%の CPU使用かより高いの意味します。

ただし、多用の下で、CPU使用は 100%アプローチし、低優先順位プロセスを飢えさせることができます。 多用の例はネットワーク 管理 アプリケーションによって大きい表の検索(ipRouteTable のオートディスカバリー検索のようなおよび ipNetToMediaTable)行います。

特定の状況下で、IP-SNMP プロセスはほとんどすべての CPU リソースを消費する場合があります。 プロセスは他のプロセスを飢えさせ、デバイスで不安定な行動を引き起こす場合があります。 最も明らかな現象はデバイスへの TCP 接続の損失です。 問題 の 最もありそうな 原因は多量のデータの検索を引き起こす短いある一定の時間のデバイスへの相次ぐ SNMP 要求の送信です。 この動作は通常定期的な基礎のデバイスおよび IPルーティングテーブルの全体のアドレス解決プロトコル (ARP) キャッシュを取得するネットワーク オートディスカバリ メカニズムによって関連付けられます。

いくつかのネットワーク 管理 アプリケーションは問題を悪化できます。 いくつかのこれらのアプリケーションは、デフォルトで、頻繁に 5 分毎にオートディスカバリを行います。

部分的な回避策はオートディスカバリを行い、デフォルトの動作を修正するデバイスを識別することです。

もう 1 つの回避策は、ルータの IP 経路表とネットワーク管理システム サーバからの ARP キャッシュに対する問い合せを強制的に早めに終了させることです。 ルータが IPルートテーブルまたは ARPキャッシュのための要求の開始するを受け取るとすぐメッセージ全体と応答するためにルータを設定して下さい。 Ciscoルータのこの設定をする方法の例のための資料 IP 簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)原因 CPU使用率が高い状態を参照して下さい。

Q. Cisco IOSソフトウェアは ifTable のサブインターフェイスをサポートしますか。

A. RFC 1573leavingcisco.com IF-MIB はサブインターフェイスのためのサポートを実装します。 RFC 2233leavingcisco.com および RFC 2863leavingcisco.com 廃止 RFC 1573leavingcisco.com 。) それはサブインターフェイスとして VLAN、フレームリレーデータリンク接続識別(DLCI)、および X.25 virtual circuits (VCs)の使用が ifTable に現われるようにします。 RFC 1213 はleavingcisco.com ifTable を導入し、RFC 1573 はleavingcisco.com ifTable を高めました。 機能拡張の 1 つは ifTable にあるように非物理的インターフェイスがすることです。

ifTable 内の包括的なサブレイヤのサポートは、Cisco IOS ソフトウェア リリース 11.1(1) から登場しています。 ある特定のメディアタイプをサポートするグループはサブレイヤーがそのメディアタイプのために適切であるかどうか判別する必要があります(インターネット技術特別調査委員会[IETF])からの方向と。 グループはまたそれらのサブレイヤーをサポートする方法を判別する必要があります。

サブインターフェイス サポート バージョン
ATM Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.0(1)T
フレーム リレー Cisco IOS ソフトウェア リリース 11.1
LANE1 Cisco IOS ソフトウェア リリース 11.1
  • FE2

  • GE3

  • Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.0(21)S — (IEEE 802.1Q カプセル化)

  • Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.1(3)T — Cisco バグ ID CSCdk25367登録ユーザのみ) (Cisco Inter-Switch Link プロトコル[ISL]カプセル化 サポート)

  • Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.1(7)E — Cisco バグ ID CSCds76462登録ユーザのみ) (Cisco ISLエンキャプシュレーションサポート)

  • Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.2(6.8) — Cisco バグ ID CSCds00250登録ユーザのみ) (IEEE 802.1Q カプセル化)

1 LANエミュレーション

2 ファースト イーサネット

3 ギガビット イーサネット

Q. どのように SNMP の使用のルータをリロードできますか。

A. 次の手順に従います。

tsMsgSend = .1.3.6.1.4.1.9.2.9.9 from the OLD-CISCO-TS-MIB
tsMsgSend OBJECT-TYPE
        -- FROM OLD-CISCO-TS-MIB
        SYNTAX     Integer { nothing(1), reload(2), messagedone(3), abort(4) }
        MAX-ACCESS  read-write
        STATUS      Mandatory
        DESCRIPTION    "Sends the message. The value determines what
                          to do after the message has completed."
::= { iso(1) org(3) dod(6) internet(1) private(4) enterprises(1) cisco(9) 
     local(2) lts(9) 9 }

Ciscoルータで、reload コマンドをサポートするこれらのコマンドを設定 して下さい:

snmp-server community private RW    
snmp-server system-shutdown

この例は IP アドレス 10.16.99.55 が付いているルータをリロードします:

# ./snmpset 10.16.99.55 private .1.3.6.1.4.1.9.2.9.9.0 i 2

!--- This is an explanation of the variables that this command uses.

          10.16.99.55 = ip address of your router
               private = R/W SNMP Community string of your router
.1.3.6.1.4.1.9.2.9.9.0 = tsMsgSend SNMP MIB OID
                     i = Integer as defined SYNTAX in the MIB
                     2 = reload command as defined in the MIB

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 26010