音声 : H.323

サードパーティH323コールがCisco IOS 12.2 (8) T以降で失敗する場合

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

Cisco IOS を使ってか。 ソフトウェア リリース 12.2(8)T H323 バージョン 3 および 12.2(11)T およびそれ以降は、H323 バージョン 4 プロトコル サポートのいくつかのコンポーネント使用されます。 このサポートは、以前のバージョンの特定の H323 スタックとの互換性に問題が発生します。 H323 は、仕様の新しいバージョンがそれ以前のリリースと互換性があるように設計されています。 これは、UUIE ASN.1 符号化の新しいフィールドが理解されない場合は無視されることによって、実現されます。 しかし、さまざまな H323 デバイスでの標準の実装の一部で、この新しいリリースとのインターワーキングに問題があります。

前提条件

要件

このドキュメントの読者は次の項目に関する知識が必要です。

  • H323 のナレッジ

使用するコンポーネント

この文書の情報は、次のソフトウェアのバージョンに基づいています。

  • 12.2(8)T より Cisco IOS ソフトウェア リリース 以降

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 対象のネットワークが実稼働中である場合には、どのような作業についても、その潜在的な影響について確実に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

問題

Cisco IOS 12.2(8)T よりソフトウェア リリース 以降への Cisco IOSゲートウェイのアップグレードにより NetMeeting に出入して壊れます呼び出し、か別のサード パーティ H323 デバイスは。

解決策

接続がサード パーティ H323 スタックで作ることができないとき助けるかもしれない 2 つの voice service voip コマンドがあります。 これが本当以前にはたらいた類型学疑わしいののより大きい可能性があります Cisco IOS 12.2(8)T 以前のソフトウェア リリースを実行する Cisco IOSゲートウェイによって相互に作用している間。

両方のコマンドは非表示(CLI パーザヘルプはそれらを示しません)音声 サービス voip サブコマンドです。 形式はこのコンフィギュレーションモードに示すようにあります:

esc-3640-3(config)#voice service
voip 

!--- Enters voice service configuration mode and specifies 
!--- a voice encapsulation type as Voice over IP (VoIP) encapsulation. 
!--- Voice service configuration mode is used for packet Telephony service 
!--- commands that affect the gateway globally.

esc-3640-3(conf-voi-serv)#h323

!--- Used to enable the H323 voice service configuration commands.
 
esc-3640-3(conf-serv-h323)#h245 caps
mode restricted esc-3640-3(conf-serv-h323)#h245
tunnel disable

h245 caps mode restricted

h245 caps mode restricted コマンドは Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.2(11)T にあり、Dual Tone Multifrequency (DTMF) 指定された電話イベント(NTEs)、また H245 ターミナル機能一定パケットの T38 機能表示を防ぎます。 これらのオプションが時、それは H245 ネゴシエーションが NetMeeting が付いているいくつかのデバイスによって、とりわけ完了することを防ぐことができます。 h245 caps mode restricted コマンドなしで、どちらの方向でもコールは失敗します。

注意 注意: debug h245 asn コマンドが有効に なる場合、このメッセージは NetMeeting から来ます。 注意はこれはルータのパフォーマンスの深刻な影響がある場合があるのでデバッグを有効に するとき常に払う必要があります。 debug h245 asn コマンドは冗長で、限られた方法でルータをログオンする無効コンソールのような注意と使用する必要があり。

: debug コマンドを使用する前に、『debug コマンドの重要な情報』を参照してください。

Aug 16 18:58:14.035: H245 MSC
INCOMING PDU ::= value MultimediaSystemControlMessage ::= indication :
functionNotSupported : { cause syntaxError : NULL returnedFunction
'0270010600088175000780138000140001000001...'H }

またそのコールのために一致された受信または送信である voice dial-peer voip コマンドが fax protocol t38 または dtmf-relay rte-nte コマンドで設定されないことを確かめて下さい。

h245 tunnel disable

デフォルトで、H245 トンネリングは有効に なります。 この H323 機能は H245 メッセージが H245 のために第 2 TCP セッションの使用に代替として利用可能 な H225 伝送制御 プロトコル(TCP) セッションを利用するようにします。 これは H323 の前のバージョンと相互に作用するとき問題を引き起こす場合があります。 この機能は h245 tunnel disable コマンドが発行されるとき無効です。


関連情報


Document ID: 25998