音声 : Skinny Client Control Protocol(SCCP)

IP Phone が二度の PING のうちの 1 つにしか応答しない

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、2 回 ping を実行したときに IP フォンが 1 回の ping にしか応答しない理由について説明します。

前提条件

要件

このドキュメントの読者は次の項目に関する知識が必要です。

  • Cisco IP Phone

  • Cisco Unified Communications Manager(Unified CM)

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco CallManager バージョン 3.x

  • Cisco Unified CM 5.x/6.x/7.x/8.x

  • Cisco IP Phone バージョン 79xx

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

ping への応答

ルータから Cisco IP Phone 79xx へ ping を実行しようとすると、電話が 2 つのうち 1 つの ping にだけ応答し、断続的な ping のドロップが発生します。

router > ping ipphoneA
Type escape sequence to abort.
Sending 5, 100-byte ICMP Echos to ipphoneA, timeout is 2 seconds:
!.!.!
Success rate is 60 percent (3/5), round-trip min/avg/max = 1/2/4
ms

これは、PC から ping を実行する場合は該当しません。

C:\>ping ipphoneA
Pinging ipphoneA with 32 bytes of data:
Reply from ipphoneA: bytes=32 time<10ms TTL=63
Reply from ipphoneA: bytes=32 time<10ms TTL=63
Reply from ipphoneA: bytes=32 time<10ms TTL=63
Reply from ipphoneA: bytes=32 time<10ms TTL=63
Ping statistics for ipphoneA:
    Packets: Sent = 4, Received = 4, Lost = 0
(0% loss),
Approximate round trip times in milli-seconds:
    Minimum = 0ms, Maximum =  0ms, Average
=  0ms

これは仕様どおりの動作(WAD)です。 これは、サービス妨害(DoS)攻撃に耐えるため、IP フォンは 10 ms 間隔でエコーに応答するように設計されているためです。 DoS に対する保護を実現するため、ICMP 処理のリソースを制限し、ICMP ブロードキャスト ping に応答しないようにします。 Cisco IOS ゲートウェイはエコーをより頻繁に送信するため、2 つのうちの 1 つはタイムアウトになります。

PC では、2 つのエコーの間隔が 10 ms を超えているため、そうはなりません。

Cisco IP Phone 7902/05/12 のコード ベースは、Cisco 7940/60 と異なります。 したがって、7902/05/12 ではネットワーク ping に対する応答遅延が発生しますが、7940/60 ではこの遅延は発生しません。

Cisco Unified CM でもこの動作が存在し、DoS 攻撃を防ぐため ICMP が調整されます。

既知の問題

既知の問題の一部を次に示します。


関連情報


Document ID: 25200