音声 : アナログ シグナリング(E & M、DID、FXS、FXO)

VIC-2DID の設定とトラブルシューティング

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Foreign Exchange Station(FXS)- 2DID カードの基本設定の実装方法と、シグナリングの使用方法を説明します。 ハードウェアおよび Cisco IOS のその他の情報に関してはか。 ソフトウェアサポートは、2 ポートDirect Inward Dial (2 DID) 音声インタフェイスカードの理解を示します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco VG200 ゲートウェイ

  • Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.2(8)T

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

Direct Inward Dialing (DID)は電話会社が提供するオペレータまたは自動化された コール アテンダントの支援なしで構内交換機 (PBX)またはパケット音声システムの拡張に直接(たとえば、Cisco Unified CallManager および IOSルータ/ゲートウェイ)ダイヤルすることを発信者が可能にするサービスです。 このサービスは PBX かルータ/ゲートウェイに電話番号の最後の 3 から 5 ディジットただ転送する DID のトランクを利用します。 たとえば、会社は 555-1999 および発信者ダイヤル 555-1234 に内線番号 555-1000 があるとき、ローカル Central Office (CO)は PBX かパケット音声システムに 234 を転送します。 PBX またはパケット音声システム リング拡張 234。 また DID のトランクが 50 までの拡張を動作できるので比較的少しのトランクとの多数の拡張を動作することは可能性のあるです。

コール開始シグナリング

DID はディジットの伝達の前に DID のトランクと PBX 間のハンドシェイキング プロトコルを必要とします。 シグナリングはウィンク スタート、遅延ダイヤル、または迅速なスタートです。 これらのシグナルタイプは Ear and mouth (E&M)シグナリングで使用されるそれらに類似したです。

迅速なスタート

迅速なスタートはプロトコルの最も簡単です。 起点 エンドはオフフックに行くことによって行を捕捉し、ディジット応答を待っていないで脈打ち始めます。 規格に従って、迅速なスタートと使用されるアドレス シグナリングはダイヤル脈打つようです。

ウィンク スタート

ウィンク スタートによって、発信側はオフフックに行くことによって行を捕捉し、始まる前に、アウトパルスはもう一方の端からの確認応答を待っています。 確認応答はまたウィンクと呼ばれる 140 から 290 ms の期間の極性の逆転(オフフック)です。 ウィンクは後着呼 通知場合の受信先に発生するはずでしたより 100 ms。 シグナリング機能に加えて、ウィンク スタートは故障トランクを識別する動作し、ネットワークがコーリングパーティにリオーダー トーンを送信 するようにします保全性チェックとして。

遅延ダイヤル

遅延ダイヤル モードでは、発信側は行を(オフフックに行きます)捕捉しましたり、遠端がオンフックであるかどうか見るために約 200 ms およびチェックを待っています(バッテリ標準)。 その場合、それはダイヤル番号を出力します。 遠端がオフフック(反転するバッテリ)なら、オンフックに行くまで(バッテリ標準)、それから出力しましたダイヤル番号を待っています。

コール管理

応答の監視

応答監視はバッテリー 反転信号です。 応答監視はコールがステーションによって応答される戻りましたり、または記録された発表か Interactive Voice Response (IVR)にときルーティングされます。 応答監視を戻さないための条件は呼出す拡張が使用中のか、または数が利用できないときあります。

注: 応答監視が Telco機器で正しく設定されない場合、一方通行の音声は発生するかもしれません。

切断監視

起点 エンドの前の被呼局切断、バッテリが着信端にオンフックのための標準および待機に反転する時。 トランク 接続解除が DID のポートで、正常なバッテリー電圧 復元する、トランクとステーションの間で接続を破棄する後被呼局が切らなかったら。

失敗したコールの処理

呼び出しが未割り当て番号か制限ステーションに永久に完了するとき、発信者はリオーダー トーンを受け取ります。 問い合わせられたユーザがオフフックのとき、発信者はビジートーンを受け取ります。

Direct Inward Dial を設定して下さい

これらの DID の関連 Command Line Interface (CLI)コマンドは有効その時だけ音声ポート ハードウェアサポート DID 機能です。 さらに、E&M音声 ポートで使用されるすべての CLI コマンドは DID および E&M ポートに同じような機能性があるので、DID のポートでまた利用できます。 デフォルト動作モードは DID です。

FXS-DID 音声ポートを設定するため:

voice-port x/y
signal did   wink-start
delay-start
immediate-start
did-digit-length <Digit length>

FXS-DID を規則的な FXS になるためにディセーブルにするため:

voice-port x/y
no signal did

注: 送信コールは DID (設定される)音声ポートで作ることができません。 ハードウェアはリングを入れることおよびこれらのポートで送信コールを作ることをサポートできるのにソフトウェアを使用して無効です。

トラブルシューティング

DID の行の特性が Telco とチェックされる、DID のカードの設定はこれに確認された情報基づいていますことは重要であり。 最も 一般的 な 問題はダイヤル プラン(何ディジットが CO によって提供されているか)の誤ったコンフィギュレーション、不正確な呼出し シグナリングおよび行極性(Telco機器は敏感な極性ですです従ってチップおよびリング接続は反転する必要がある場合もあります)。

これは第 4609 を呼出すウィンク DID トランクからの debug vpm all コマンドの出力です。

*Mar 5 00:54:22.783: htsp_dsp_message: SEND/RESP_SIG_STATUS: state=0xC
                     timestamp=13671 systime=34886280
*Mar 5 00:54:22.783: htsp_process_event: [1/0/0, DID_ONHOOK, E_DSP_SIG_1100]
                     did_onhook_offhook htsp_setup_ind
*Mar 5 00:54:22.787: [1/0/0] get_local_station_id calling num= calling name= 
                     calling time=00/00 00:00
*Mar 5 00:54:22.791: dsp_digit_collect_on: [1/0/0] packet_len=20 channel_id=128
                     packet_id=35 min_inter_delay=240 max_inter_delay=9760 
                     mim_make_time=10 max_make_time=100 min_brake_time=10 
                     max_brake_time=100
*Mar 5 00:54:22.791: dsp_soutput: [1/0/0]
*Mar 5 00:54:22.795: dsp_digit_collect_on: [1/0/0] packet_len=20 channel_id=128
                     packet_id=35 min_inter_delay=240 max_inter_delay=9760 
                     mim_make_time=10 max_make_time=100 min_brake_time=10
                     max_brake_time=100
*Mar 5 00:54:22.795: dsp_soutput: [1/0/0]
*Mar 5 00:54:22.795: dsp_digit_collect_on: [1/0/0] packet_len=20 channel_id=128
                     packet_id=35 min_inter_delay=240 max_inter_delay=9760
                     mim_make_time=10 max_make_time=100 min_brake_time=10
                     max_brake_time=100
*Mar 5 00:54:22.795: dsp_soutput: [1/0/0]
*Mar 5 00:54:22.795: htsp_process_event: [1/0/0, DID_WAIT_SETUP_ACK, 
                     E_HTSP_SETUP_ACK]did_wait_setup_ack_get_ack
*Mar 5 00:54:22.795: dsp_digit_collect_off: [1/0/0] packet_len=8 channel_id=128
                     packet_id=36
*Mar 5 00:54:22.795: dsp_soutput: [1/0/0]
*Mar 5 00:54:22.799: htsp_timer2 - 88 msec
*Mar 5 00:54:22.799: htsp_dsp_message: SEND/RESP_SIG_STATUS: state=0xC 
                     timestamp=13685 systime=34886282
*Mar 5 00:54:22.799: htsp_process_event: [1/0/0, DID_WAIT_SETUP_ACK, 
                     E_DSP_SIG_1100]did_wait_setup_ack_offhook
*Mar 5 00:54:22.799: did_stop_timer
*Mar 5 00:54:22.799: htsp_timer_stop
*Mar 5 00:54:22.887: htsp_process_event: [1/0/0, DID_WAIT_SETUP_ACK, 
                     E_HTSP_EVENT_TIMER2] did_wait_prewink_timer
*Mar 5 00:54:22.887: dsp_digit_collect_off: [1/0/0] packet_len=8 channel_id=128
                     packet_id=36
*Mar 5 00:54:22.887: dsp_soutput: [1/0/0] did_offhook
*Mar 5 00:54:22.887: [1/0/0] set signal state = 0x6 timestamp = 0
*Mar 5 00:54:22.887: dsp_set_sig_state: [1/0/0] packet_len=12 channel_id=128 
                     packet_id=39 state=0x6 timestamp=0x0
*Mar 5 00:54:22.887: dsp_soutput: [1/0/0] did_onhook
*Mar 5 00:54:22.887: [1/0/0] set signal state = 0x4 timestamp = 200
*Mar 5 00:54:22.887: dsp_set_sig_state: [1/0/0] packet_len=12 channel_id=128
                     packet_id=39 state=0x4 timestamp=0xC8
*Mar 5 00:54:22.887: dsp_soutput: [1/0/0]
*Mar 5 00:54:22.891: dsp_digit_collect_on: [1/0/0] packet_len=20 channel_id=128
                     packet_id=35 min_inter_delay=240 max_inter_delay=9760 
                     mim_make_time=10 max_make_time=100 min_brake_time=10 
                     max_brake_time=100
*Mar 5 00:54:22.891: dsp_soutput: [1/0/0]
*Mar 5 00:54:23.879: htsp_digit_ready(1/0/0): digit = 4
*Mar 5 00:54:24.983: htsp_digit_ready(1/0/0): digit = 6
*Mar 5 00:54:26.483: htsp_digit_ready(1/0/0): digit = 0
*Mar 5 00:54:27.891: htsp_digit_ready(1/0/0): digit = 9
*Mar 5 00:54:27.891: dsp_digit_collect_off: [1/0/0] packet_len=8 channel_id=128
                     packet_id=36
*Mar 5 00:54:27.891: dsp_soutput: [1/0/0]
*Mar 5 00:54:27.895: htsp_dsp_message: SEND/RESP_SIG_STATUS: state=0xC 
                     timestamp=18781 systime=34886792
*Mar 5 00:54:27.895: htsp_process_event: [1/0/0, DID_OFFHOOK, E_HTSP_PROCEEDING]
*Mar 5 00:54:27.895: htsp_process_event: [1/0/0, DID_OFFHOOK, E_DSP_SIG_1100]
                     did_offhook_offhook
*Mar 5 00:54:27.895: did_stop_timer
*Mar 5 00:54:27.895: htsp_timer_stop wrong offhook eventhtsp_alert_notify
*Mar 5 00:54:32.415: htsp_process_event: [1/0/0, DID_OFFHOOK, 
                     E_HTSP_VOICE_CUT_THROUGH] htsp_connect: no_offhook 0
*Mar 5 00:54:32.419: htsp_process_event: [1/0/0, DID_OFFHOOK, E_HTSP_CONNECT]
                     did_offhook_connect
*Mar 5 00:54:32.419: htsp_timer2 - 40 msec did_offhook
*Mar 5 00:54:32.419: [1/0/0] set signal state = 0x6 timestamp = 250
*Mar 5 00:54:32.419: dsp_set_sig_state: [1/0/0] packet_len=12 channel_id=128
                     packet_id=39 state=0x6 timestamp=0xFA
*Mar 5 00:54:32.419: dsp_soutput: [1/0/0]
*Mar 5 00:54:32.459: htsp_process_event: [1/0/0, DID_CONNECT_MIN, 
                     E_HTSP_EVENT_TIMER2]
*Mar 5 00:55:01.659: htsp_dsp_message: SEND/RESP_SIG_STATUS: state=0x4
                     timestamp=52547 systime=34890168
*Mar 5 00:55:01.659: htsp_process_event: [1/0/0, DID_CONNECT, 
                     E_DSP_SIG_0100]did_offhook_onhook

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 24760