IBM テクノロジー : トークン リング

トークン・リング・ブリッジングおよびRIF デコード

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、トークン リング ブリッジングとルーティング情報フィールド(RIF)の解釈について説明します。

トークンリングフレームに 802.3 イーサネットおよびファイバ 分散データ インターフェイス (FDDI)帯に同じような構造があります。 これらの帯に宛先アドレス および 送信元アドレスが、またフレーム チェック シーケンス (FCS)およびセクションがデータを伝送するあります。 デリミタを開始し、終了することはまたよくあります。

/image/gif/paws/24501/trb_rif-100.gif

同様に構築されるトークンリングフレームに、しかし余分機能があります。 これには次のものがあります。

  • ルーティング情報フィールド (RIF) (オプションの)

  • Access Control (AC)

  • Frame Control (FC)および Frame Status (FS)フィールド

また、RIF の存在を示すために送信元アドレスの最初のビットを使用できます。 しかしソースルート ブリッシング (SRB)を調査するとき、1 フィールドだけ相対的です。

trb_rif-2.gif

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

ルーティング情報フィールド

送信元アドレスの最初のビットは 1 に RIF をサポートするために設定 する必要があります。

/image/gif/paws/24501/trb_rif-3.gif

RIF はかなり複雑なフィールドです。 それはリング 番号およびブリッジ番号の組み合せをその端末間のフレーム クロス保存します。 RIF にまた RIF のさまざまな特性自体を提供する 2 オクテット 制御 フィールドがあります。 SRB か Remote Source-Route Bridging (RSRB) ネットワーク 使用にセッションの間に同じ RIF 常に通信する 2 つのステーション。

前のダイアグラムの PC A および PC B 間の RIF の ring-to-bridge 部分は 00AF.00B0 です。

MAC アドレス構造の調査

Locally Administered Addresses (LAA)はイーサネットおよび FDDI ステーションに LAAs を割り当てることは可能性のあるであるが、トークンリング ステーションで最もよく見られます。 LAAs では、最初のニブルの秒単位は 1.に設定 されます。

/image/gif/paws/24501/trb_rif-4.gif

トークンリングネットワークをサポートするとき必要となるスキルの 1 つは必要とされたときバイナリに 16進法番号方式を変換する機能物です。 トークン リングは hex の情報ほとんどすべてを提供しますが、根本的 な 構造は 2 進数字に基づいています。 十六進表示は通常根本的 な 構造のいくつかを覆います。 きちんと使用するフィールドを解読するためにバイナリに十六進表示を変換できる必要があります。

この例はこの変換を示したものです。

/image/gif/paws/24501/trb_rif-5.gif

  1. 個々の数字に十六進数を分けて下さい:

    /image/gif/paws/24501/trb_rif-6.gif

  2. 各々の十六進ディジットが表す 4 つの 2 進数字(ニブル)に十六進ディジットを変換して下さい:

    /image/gif/paws/24501/trb_rif-7.gif

  3. バイナリーオクテットにバイナリーニブルを変更して下さい:

    /image/gif/paws/24501/trb_rif-8.gif

16 進法番号付け

/image/gif/paws/24501/trb_rif-9.gif

前のアドレスが宛先アドレスである場合、最初のビットは示す 1 に受信所でグループか機能アドレスに向かうことを設定 されるかもしれません。 妙な話だが、ローカル/ユニバーサル ビットは 1 に機能/グループ アドレス ビットがあるように設定 されます。 それがトークン リング、またユニバーサル割り当てられたアドレスのためのローカルで管理された機能アドレスを持つことは実行可能であるのでこれは IEEE 802.5 委員会側の手落ちのようにようです。 それらがトークン リング ブリッジにそのまま適用できないので機能およびグループ アドレスこの資料の範囲を超えてあって下さい。 詳細については資料 トークン リング /IEEE 802.5 章目標を参照して下さい。

/image/gif/paws/24501/trb_rif-10.gif

前のアドレスが送信元アドレスであり、トークンリングフレームが RIF を運べば場合、最初のビットは 1.に設定 されます。 これがまた LAA である場合、アドレスは 0xC から開始します。 これを判別するためにフレームの 16 進法ダンプするを表示して下さい。

trb_rif-11.gif

/image/gif/paws/24501/trb_rif-12.gif

いくつかの専門にされた実装を除いて、疑わしい WAN は RSRB の概念に効果をもたらしません。 トラフィックはほとんどの例の送られた IP です。 IP がルータの間で移動できる限り RSRB は正常に動作します。

/image/gif/paws/24501/trb_rif-13.gif

WAN はフレーム リレー 次である場合もありますこの例。

/image/gif/paws/24501/trb_rif-14.gif

WAN は次この例 X.25 である場合もあります。

/image/gif/paws/24501/trb_rif-15.gif

WAN は次この例バーチャル リングである場合もあります。

/image/gif/paws/24501/trb_rif-16.gif

WANタイプは WANインターフェイスに達する前に、トークンリングフレームが TCP/IP で安全に実装される、または単に IP ですので無関係。 Fast-Sequenced Transport (FST)カプセル化は LAN または WAN のほとんど各型にサポートされます。

trb_rif-17.gif

ダイレクトエンキャプシュレーションによって、ダイレクトエンキャプシュレーションがフラグメンテーションを可能にしないので全体の 802.5 フレームを処理するためにパスのすべてのインターフェイスの最大 伝送単位(MTU)が可能であることを確認して下さい。 Cisco RSRB ヘッダおよび他のトークン リング オーバーヘッドのためであるパスのすべての非トークン リング インターフェイスのための正しい MTU を得るためにパスの最大トークン リング MTU に追加 73 バイトを追加する必要があります。 シリアルリンクはトークン リング MTU が 1500 である場合 MTU が 1573 であるように要求します。 ダイレクトエンキャプシュレーションに 1 ホップだけ割り当てられます。

前のダイアグラムでは、PC A は PC B に達し PC B はルータ B にルータ A. Router A との RSRB 同位(nondirect)が持っていればルータ B. Routers A との RSRB 同位をあり、B はまたそのの間で設定されるダイレクトエンキャプシュレーションがある場合があれば PC A に達することができません。 ルータ B はルータ A に指示しますある場合もありますが、ないルータ C. Router C はルータ A に指示しますある場合もありますが、ルータは B および C は交信を行うことを実質同位が必要とします。

これを表示する別の方法はこのダイアグラムで示されます:

/image/gif/paws/24501/trb_rif-18.gif

ソースルート トランスペアレント ブリッジング

ソースルート トランスペアレント ブリッジング(SRT)は 802.5 仕様に追加されました。 それは RIF なしで 802.5 帯がトランスペアレント ブリッジングのために設定されるトークンリング インターフェイスを横断するようにします。 SRT はまた 802.3 からイーサネット トークン リング ブリッジのための 802.5 を変換します。 それは異なった メディア上のブリッジ ルーティング可能 な プロトコルの問題を解決しません。

/image/gif/paws/24501/trb_rif-19.gif

SRT を使用するステーションは SRB を実行するステーションと別のリングにあるとき通信できません。 2 つのシナリオは基本的に両立しません。 SRT PC は SRB PC と通信することを Cisco 独自 の ソリューションが必要とします。

trb_rif-20.gif

SRB PC はまたイーサネット PC と通信するために Ciscoソリューションが要求します。

/image/gif/paws/24501/trb_rif-21.gif

注: 前のダイアグラム:

  • 6 つはイーサネット セグメントに使用する偽 の リング 番号です。

  • 7 つはイーサネット セグメントへ擬似ブリッジ番号そのポイントです。

  • 有効な RIF を必要とするのでイーサネット PC がトークン リングにあるとトークン リング PC は仮定します。

  • ルータは RIF の擬似一部を構成し、PC A および B.に向かう帯に RIF を追加します。

  • PC A および B がイーサネットにではないイーサネット PC は知識のありません。 ルータは PC A および PC B 帯から RIF を除去します。

IEEE はトークン リングのそれと異なるイーサネットのために順序伝達方式を少し使用することにしました。 FDDI イーサネットのための方式は FDDI のそれおよびトークン リングは最初に最上位ビット(MSB)であるが、最初に最下位ビット(LSB)です。

trb_rif-22.gif

ソースルートブリッシング

これは SRB を説明する簡単なシナリオです:

/image/gif/paws/24501/trb_rif-23.gif

PC 使用 送信元ルーティングおよびそれらはどうかして互いに通信する必要があります。 送信元ルーティングのワード ソースはこれを示します。 しかし、トランスペアレント ブリッジングと、これはトランスペアレント ブリッジングが端末に対して透過的であるので、問題ではないです。 端末はあらゆるステーションとまったく通信できるように帯を単に送信します。 PC は互いに達するためにそれらを助けるためにエクスプローラを送信します。

エクスプローラ

trb_rif-24.gif

エクスプローラの概念を理解するためにトークンリングフレームの RIF を考慮して下さい。 RIF に 2 つのプライマリ セクションがあります:

  • 制御 バイト(2)

  • ring-and-bridge バイト(より少しにより 30)

これは制御 バイトの内訳です:

これは BBBLLLLL.DFFFRRRR として一般に表されます。 さらに、BBBLNGTH.DMTURESV は制御 バイトのもう一つの有用な表示です。

/image/gif/paws/24501/trb_rif-25.gif

/image/gif/paws/24501/trb_rif-26.gif

PC A からの PC B へのソースルート パスが 00AF.00B0 であることにこと 16 進法の IBM 作業、そして留意して下さい。 SRB を使用する時使用する 16 進法式に ring-and-bridge ビットのバイナリ式を変換しなければならないことを覚えていて下さい。 バイナリのこのパスは 00000000.10101111.00000000.10110000 です。 バイナリーニブルに割り込まれて、それは 0000.0000.1010.1111.0000.0000.1011.0000 です。 最後のブリッジ番号はパスがリングで終了するので 0000、ないブリッジ常にです。 ルールは 3 ニブルがリングを作る、1 ニブルはブリッジを作りますことであり。 範囲はリングのための 1-4095、およびブリッジのための 1-15 です。

/image/gif/paws/24501/trb_rif-27.gif

RIF の ring-and-bridge 部分は以前に説明されています。 詳細については Routing Information Fields セクションを参照して下さい。 オリジナル RIF に 2 つの制御 バイトを追加する場合、00AF.00B0 で終ります。 RIF は制御 バイトを必要とするので長く少なくとも 2 バイトである必要があります。 2 つのリングがあります、従って 2 バイトの 2 つの ring-and-bridge 組み合わせをそれぞれ追加する必要があります。 それは RIF に 6 バイトをもっと長くします。 、バイトのバイナリ構造です覚えていて下さい。

この例を、PC A からの PC B に単一 経路 探索参照して下さい。

/image/gif/paws/24501/trb_rif-28.gif

RIF は C670.00AF.00B0 です。 ニブル C670 は 0 常にです。

/image/gif/paws/24501/trb_rif-29.gif

単一 経路 探索 RIF は 1500 の MTU を仮定し、左から右へ読まれることを仮定する C610.00AF.00B0 としてリング B で現われます。 直接 RIF は 1500 の MTU を仮定し、左から右へ読まれることを仮定する 0610.00AF.00B0 です。 MTU ビットは各ブリッジが処理できる最大MTU への 111 からエクスプローラが旅行のブリッジを通ると同時に(0x7)減少されます。 ブリッジは MTU ビットの現在 の 値を検査し、値がブリッジ サポートより大きければ、ブリッジはサポートできる最も大きい MTU に値を減少する必要があります。 イーサネットへのトランスレーショナル ブリッジングに関しては、最大MTU は 1500 です。

trb_rif-30.gif

マルチポート ブリッジが 2ポート ブリッジを取り替えるとき、より多くの RIF は可能性のあるです:

/image/gif/paws/24501/trb_rif-31.gif

マルチポート Ciscoルータが 2ポート ブリッジを取り替えるとき実際のリングを相互接続するために、ルータはバーチャル リングとして機能します。 それはトークンリング インターフェイスにブリッジを追加します。 ほとんどの場合、ブリッジ番号すべては 1.である場合もあります。 例外は 2 つのリングを接続する平行ブリッジです。 このとき PC A から PC C は 0810.00A1.00F1.00C0 です。

3 つのトークンリングインターフェイスがついているCiscoルータ

バーチャル リングが不必要なら 2 つのトークンリング インターフェイスだけが付いているルータを持っていることは可能性のあるです。 それは 2 つのインターフェイス ブリッジに同様に設定されますが、RSRB を行えません。

/image/gif/paws/24501/trb_rif-32.gif

このダイアグラムは 2 つのトークンリング インターフェイスが付いている Ciscoルータを示します。 このルータは RSRB を行うことができません。

/image/gif/paws/24501/trb_rif-33.gif

/image/gif/paws/24501/trb_rif-34.gif

RIF はトークン リング SRB の最も困難で、最も基本的な側面です。 この 文書 の 残りはそれらを RIF にトークン リングとして現われさせると同時にさまざまなネットワーク トポロジ上のトークンリングフレームを実現させる他の方法を論議します。 RIF が終わらなければ、端末間から帯を移動するテクノロジーはどうかして正確な RIF を維持する必要があります。 Data-Link Switching (DLSw; データリンク スイッチング)は RIF を終える主要な実装です。 この資料によっては RIF がネットワーク全体を渡って運ばれたエンドツーエンドである実装だけが当たります。

trb_rif-35.gif

これらは留意するいくつかの一般ルールです:

  • システム ネットワーク アーキテクチャ (SNA) デバイスは選択されたデスティネーションデバイスを求めて全経路 エクスプローラを送信しがちです。 これらは宛先MAC アドレスへユニキャストです。 デスティネーションデバイスは通常方向ビット(d)を反転させ、directed frame としてフレームを、ないエクスプローラ 送信 します。 SNA にバックグラウンドブロードキャストトラフィックがありません。 たとえば、フロント エンド プロセッサ(FEP)は見つけることができるように位置をブロードキャストする帯を送信 しません。

  • ネットワーク基本的な入出力 システム(NetBIOS)は単一 経路 探索を送信 し、全経路 エクスプローラ応答と答えると宛先局が期待します。 NetBIOS はまた多量のバックグラウンド ブロードキャストを行います。 デバイスは絶えず位置および他の重要なメッセージを伝える帯を送信 します。 NetBIOS はすべての NetBIOSステーションが聞き取る NetBIOS 機能アドレスに一般的に エクスプローラを差し向けます: C000.0000.0080.

  • 他のほとんどのプロトコルは MAC ブロードキャスト、たとえば、FFFF.FFFF.FFFF または C000.FFFF.FFFF としてエクスプローラを送信 します。

  • Novell は単一経路か全経路 ブロードキャストを送信 するために設定することができます。 ステーションは route.com を必要とするかもしれません。 サーバは route.nlm を必要とするかもしれません。

平行ブリッジによって 2 つのリングを接続するとき、ブリッジ番号はユニークである必要があります。

/image/gif/paws/24501/trb_rif-36.gif

ローカル確認応答

ローカル確認応答(local-ack)によって、両端間のデータ リンク制御層に配置する発生するルータは 802.2 論理リンク制御で複雑に、タイプ 2 (LLC2)セッションなります。 local-ack を理解するためにいくつかの 802.2 データ リンク制御層の基礎を理解して下さい。 802.2 はデータリンク層に通信のための IEEE およびオープン システム相互接続 (OSI) 国際規格です。 国際標準化機構 (ISO) 仕様書 番号は 8802.2 です。 多くの個人が LAN の説明の間に OSI 7 レイヤ モデルを参照するが、より適切なモデルは IEEE LAN 参照 モデルです。

OSI プロトコル(Connection Mode Network Service [CMNS]およびコネクションレス型ネットワーク サービス[CLNS])および X.25 のような International Telecommunication Unit (ITU)プロトコルを除いて、データリンク層の上のほとんどのプロトコルは所有物、Internetwork Packet Exchange (IPX)、AppleTalk および Digital Equipment Corporation ネットワーク(DECnet)のようなですか、または別の本文(TCP/IP およびインターネット技術特別調査委員会[IETF])によって標準化されます。 IEEE ITU 制御プロトコルの大半の仕様今日実行された LAN。

IEEE LAN 参照モデル

/image/gif/paws/24501/trb_rif-37.gif

IEEE は 2 つの層に OSI データリンク層を細分することを選択しました。 802.2 層に 3 つのサービス タイプがあります:

  1. コネクションレス型

  2. コネクション型

  3. 確認されたコネクションレス型

型 3 はほとんど使用されません。 タイプ 2 は SNA および NetBIOS によって使用されます。 802.2 使用タイプ 1 のために設定される IP、IPX および AppleTalk のようなルーティング可能 な プロトコル。

802.2 フォーマット

このセクションはいくつかの 802.2 層の重要 な 地域を論議します。

サービス アクセス ポイント(SAP)は 802.2 層によってハイレイヤプロトコルを多重化し、逆多重化するために使用されます。 典型的な SAP は 04 (SNA)、F0 (NetBIOS)、および E0 (IPX)です。 制御 フィールドは 802.2 の 2 オクテットです。 それはセッション 初期化のためにおよび終了、フロー制御およびセッション 管理使用されます。 Local-ack 主にハンドル フロー制御およびセッション 管理。 それはタイプ 2 コネクション 指向 セッションにだけ適用します。

/image/gif/paws/24501/trb_rif-38.gif

コネクション 指向 セッションは受信される確認し、送信 される ページ 枠番号を示します帯を。 たとえば、まだ I フレームを送信 して いない セッションパートナーに向かう第 3 インフォメーションフレームは I NR0 NS3 として送信 されます。 これはインフォメーションフレーム 3 が送信 されるべきであること、そして次の I フレームがシーケンス番号 0 として期待されること通信します。 セッションパートナーが既に帯を 0-4 送信 して いる場合、I フレームは I NR5 NS3 として送信 されます。 これはそれがより多くの帯を送信 することは良いことを帯が 0-4 受信された確認し、パートナーにこと告げます。 、何らかの理由で、一時期間のためのより多くの帯を受信するためにセッションパートナーが可能でなければパートナーはセッションを癒やすために監視 形式を送信できます(たとえば、S RNR NR5)。 NR5 はレシーバが準備ができていないこと受け取られた、RNR は通信しますものが他のパートナーに述べ。

顕著な I フレームの確認応答を受け取る前に端末で設定 される タイマーが切れるとき監視 形式も使用されます。 ステーションはパートナーがすぐに応答することこと要求監視 Receiver Ready フレームを送信できます。 たとえば、ステーションは期待される次 の フレームはこの場合 4.であると、local-ack 役立ちます仮定する S RR NR4 POLL を送信できます。

時々、WAN を渡る伝搬遅延はエンド システムのタイマー 設定を超過できます。 オリジナル帯が提供され、確認応答が戻るのにこれにより端末は I フレームを再送信します。 Local-ack はから起きる端末に RSRB コードは他のエンド システムにフレームを渡すが、S RR 帯を送ります。

RIF の自動デコーディングは RIF Decoder Tool と実行されたことができます。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 24501