音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

オーバーラップ送信を行う際の IP Phone における外部 CFA 内線の設定

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2002 年 10 月 29 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、オーバーラップ送信を行う際に、IP フォンで外部(PSTN/PBX)全コール転送(CFA)内線を設定する方法を示します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco CallManagerバージョン 3.1、3.2、および 3.3

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

IP Phone の外部 CFA 内線を設定して下さい

システムがオーバーラップ送信のために設定されるとき、通常 "9." のような期間に、先行しているディジットで設定されるルートパターンがあります。 このルートパターンによって、IP Phone の外部 CFA 内線を設定したいと思えば Cisco Unified CallManager は 9 つおよび追加ディジットだけを受け入れません。 これを克服するために、"9.!" のようなワイルドカードで追加ルートパターンを、設定する必要があり、分離パーティションにこれを置きます。 Calling Search Space (CSS)を作成して下さい。 この CSS に高優先順位としてこのパーティションを置いて下さい。 IP Phone ディレクトリ番号 の 設定で、Forward All フィールドにこの CSS を置いて下さい。

CFA 拡張を設定するために、これらのステップを実行して下さい。

  1. Cisco CallManager Administration ウィンドウを開いて下さい。

  2. 区画を作成します。

    1. メニュー バーから Route Plan、Partition の順に選択します。

    2. Add a New Partition をクリックします。

    3. Partition Name フィールドに名前を入力します。 この例では、オーバーラップは使用されます。

    4. Description フィールドに説明を入力します。

    5. Insert をクリックして、新しい区画を追加します。

  3. CSS を作成して下さい。 高優先順位として作成された 配分を選択して下さい。

    この例では、オーバーラップ css は使用されます。

    1. メニュー バーから Route Plan 、Calling Search Space の順に選択します。

      Calling Search Space Configuration ウィンドウが表示されます。

      cfa-overlap-send_image1.gif

    2. Add a New Calling Search Space リンクをクリックして下さい。

    3. Description フィールドと Available Partitions フィールドに適当な情報を入力します。

    4. Selected Partitions フィールドで、新しく作成した区画(この場合は overlap)を選択します。

      フィールドの右側にある上向きまたは下向きの矢印を使用して、新しく作成した区画を選択してください。

    5. [Insert] をクリックします。

  4. 新しいルート パターンを作成します。

    これはワイルドカードと共に既存 の ルートパターンに類似したであるはずです(!)。 たとえば、既存 の ルートパターンが "9." なら、新しいルートパターンは "9.!" です。

    1. メニュー バーから Route Plan、Route Pattern の順に選択します。

      Route Pattern Configuration ウィンドウが表示されます

      /image/gif/paws/24340/cfa-overlap-send_image2.gif

    2. Add a New Route Pattern をクリックします。

    3. Route Pattern フィールドでは、ワイルドカードと共にルート パターン の 桁数を入力して下さい。

    4. Partition フィールドで、作成した区画(この場合、overlap)をこのルート パターンに入力します。

    5. 残りの適切な設定を入力して下さい。 [Insert] をクリックします。

  5. IP Phone のディレクトリ番号 の 設定に行って下さい。 すべてを転送するために作成された CSS を割り当てて下さい。

    cfa-overlap-send_image3.gif

設定の確認

このセクションでは、設定が正常に動作しているかどうかを確認するための情報について説明しています。

IP Phone で、『CFWdAll』 をクリック して下さい。 外部 CFA 内線を入力して下さい。

注: "9.!" のようなルートパターンを使用しているので、Cisco Unified CallManager が CFA 拡張を受け入れる前に T302 タイマーが切れるまで待つ必要があります。 デフォルトで、このタイマーは 10 秒です。 この遅延が余りに長い場合、より短い時間いっぱいに T302 サービスパラメータを、たとえば、5 秒変更して下さい。

サービス パラメータの変更に関する詳細は、「サービス パラメータの設定」を参照してください。

トラブルシューティング

現在のところ、この設定に関する特定のトラブルシューティング情報はありません。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 24340