音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity

Cisco Unity: サブスクライバ変換の遅延

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

この資料は Cisco Unityサブスクライバにとき彼ら Telephone User Interface (TUI)上のログイン、取得する、前方の、および削除メッセージ生じる遅延を解決するためにステップを識別したものです。 遅延は一人以上のユーザ向けに断続的または一貫するかもしれません。 加入者会話の遅延は数秒間または重要な期間の間持続できます。 これらの遅延は Cisco Unity システムの機能性に影響を与えます。

この資料は Cisco Unity に統合インストールより異なるサーバーのパートナー サーバが(別名メールストアかホーム サーバ)あると仮定します。 この資料は Microsoft Exchange バージョン 5.5、2000 年、および 2003 年の情報が含まれています。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

問題の説明

一部またはすべての Cisco Unityサブスクライバ エクスペリエンスはメールボックスにログオンに遅れます。 サブスクライバにまた時 TUI 上のこれらのユーザ 取得する、前方の、または削除メッセージ遅延が生じるかもしれません。

この問題はメールストアおよびユニティサーバが別々の場所にある Cisco Unity のあらゆるバージョンで起こるかもしれません。 この状況は Cisco Unity バージョン 3.0(x) または それ 以降でよくあります。

ネットワーク考慮事項に関する詳細については Cisco Unity を展開するとき、章を参照して下さい第 2: Cisco Unity 設計の指針のネットワークおよびインフラストラクチャ考慮事項

Cisco Unity がコールに応答するとき遅延を見つけるかもしれません。 プロンプトをまったくまたはリングトーンだけを聞きません。 これが発生する場合、Cisco Unity Telephony Integration を確認するためにこれらの文書を参照して下さい:

加入者会話の遅延のもとを判別する方法

遅延の原因を隔離するのに MbxSuite.exe を使用して下さい

MbxSuite は Cisco Unity インストールに伴うユーティリティです。 ユーティリティは遅延がソフトウェアかネットワークパフォーマンスに関連していたかどうか確認します。

このユーティリティは Cisco Unity が Microsoft に Messaging Application Programming Interface (MAPI)に作る同じ要求をします。 いくつか情報を入力すると、MbxSuite.exe はメールボックスへのログインを試みます。

Cisco Unityソフトウェア(Cisco Unity 4.0[2] 以前のバージョン)の最新バージョンとのこのユーティリティを見つけないかもしれません。 ユーティリティを持たない場合、遅延の原因を隔離するためにこの資料のステップを完了して下さい。 問題が持続する場合、MbxSuite が Cisco Unity バージョンのためのこの問題を特定したかどうか確認するために Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。

選択した加入者のための Exchange 要求を監察するのにこのユーティリティを使用するとき遅延が生じることができます。 遅延がある場合、おそらく更に Exchange ネットワークコンフィギュレーション設定かパフォーマンスを確認する必要があります。

ping を使用したテスト ネットワーク接続 およびスループットのテスト

時々、ネットワークスループット(データ転送率)における問題を明らかにするのに PING を使用できます。 PING によって大きいパケットを送信 するときレイテンシーを検知 して下さい。 レイテンシーはパケットが宛先に到達することができるのにように必要な時間です。 かなり大きいパケットが送信 するのに長い 時間をかける場合処理量問題があるかもしれません。

PING をレイテンシー(ラウンドトリップ時間[RTT])および失われたパケットとの問題のための Cisco Unity と Exchange 間のテスト ネットワーク 接続に使用するために、これらのステップを実行して下さい:

  1. Cisco Unity サーバのコマンド プロンプトから、PING exchange_server_name を- l 1048 - Exchange サーバを ping する n 999 発行して下さい。

    注: このコマンドでは、l は送信バッファサイズであり、n は送信 する エコー要求の数です。 たとえば、コマンド PING 交換- l 1048 - n 999 送信ネーム「交換」を用いるサーバへの 999 の ping要求。 各 ping要求に 1048 のバッファサイズがあります。

  2. ping要求を視聴し、応答時間が 10 ms 以内をまたはそうとどまることを確認して下さい。

    時間が変動するか、またはパケットが失われたら、問題が帯域幅にあるか、または Exchange が ping要求に応答が遅いと仮定して下さい。

    注: 遅延問題が断続的である場合、数回このプロシージャを結果が変わるかどうか見る完了して下さい。 ピーク 利用時の間にプロシージャを再度試して下さい。

  3. 遅延かパケットロスに注意しない場合、より大きいパケットを送信 して下さい。

    1. Cisco Unity サーバのコマンド プロンプトから、Exchange サーバを ping するために PING exchange_server_name を– l 65500 発行して下さい。

      注: このコマンドでは、l は送信バッファサイズです。

    2. RTT をチェックして下さい。

      大きな 番号である平均 RTT は(たとえば、非常により 30 ms)ネットワークスループットにおける問題を示唆します。

      注意 注意: PING はこのテストの間にルータが pingパケット サイズを制限する場合時間を計るかもしれません。 このパケットサイズ 制約事項によって、テストはスループットについて何でも告げません。 ほとんどのルータがおよそ 1400 バイトに pingパケット サイズを制限するのでルータを通過する場合用心深くであって下さい。

  4. ping応答時が変動する場合、Cisco Unity サーバとの Cisco Unity サーバおよび Exchange および Exchange サーバとして同じ サブネットにある別の Exchange サーバ比較して下さい(またはネットワークの他のどのサーバも)。

    1. Cisco Unity サーバから、PING 交換を- l 1048 -他のサーバを ping する n 999 発行して下さい。

    2. レイテンシーかパケットロスがあるように確認して下さい。

      レイテンシーかパケットロスを観察する場合、問題はネットワークで可能性が高いです。 遅延またはパケットロスがない場合、問題は Exchange サーバと可能性が高いです。

ファイル コピーによるネットワーク スループットのテスト

次の手順を実行します。

  1. Cisco Unity サーバから別の PC ネットワークによってに大きいファイルをコピーして下さい。

  2. 受け取る Mbps の数に注意して下さい。

    データの転送が予想されるレートで行われない場合、Network Interface Cards (NIC)設定をチェックして下さい:

    • Cisco Unity サーバ

    • (サブスクライバがホームであるサーバ)または Exchange サーバ

    • 各サーバがネットワークに接続するスイッチポート

    ネットワーク インターフェイス 二重モード の ミスマッチを見つける場合、Auto Detect 回線 速度 および デュプレックスに設定 されるこの資料の低いスループット セクションという結果に終る NIC に記述されているようにこれらを訂正して下さい。

    転送したキロビット/秒の数を表示できます。 送信されるおよび受信されるパケットを表示するためにネットワーク インターフェイス ローカルエリア接続ステータスを開いて下さい。 Windows パフォーマンスモニタ カウンターはまたネットワーク帯域幅 スループットおよび使用方法の長期概観を提供できます。

サブスクライバ会話で遅延を引き起こす既知のハードウェア関連の原因

Auto Detect 回線 速度 および デュプレックスに設定 される 低いスループットという結果に終る NIC

Cisco Unity サーバまたは Unity が接続するスイッチまたはあらゆる Exchange サーバの Auto Detect 回線 速度 および デュプレックスに設定 される遅延に引き起こす場合がある NIC。 遅延はカードが 100 Mbps よりより少しをネゴシエートすれば、全二重発生します。

ローカルエリア接続ステータスが 100 Mbps を示しても、100 Mbps に NIC を、全二重 設定 して下さい。 ローカルエリア接続ステータスに実際のスループットを示すために(この例で表示される)頼ることができません:

/image/gif/paws/24288/unity-messages-tui_1.gif

LAN設定をチェックするために、Windows Start メニューから選択して下さい: 接続 > ローカルエリア接続 > Properties Control Panel > Network およびダイヤル アップは > > リンク速度/リンク スピードおよび二重設定しましたり > 進みました

/image/gif/paws/24288/unity-messages-tui_2.gif

注: NIC またはスイッチが自動ネゴシエーションに設定されている場合、スイッチでデュプレックス エラーおよび同期エラーが発生する可能性があります。

ネットワーク ルータおよびスイッチ

イーサネット スイッチで、Cisco Unity、Exchange および Cisco Unified CallManager があらゆるエラーのために占めるポートをチェックして下さい。 スイッチでエラーが出ている場合、NIC に問題があるかもしれません。

Cisco Unity と Exchange 間にルータデバイスがあったかどうか確認して下さい。 ルータのためのポートに No エラーがあることを存在 する ルータデバイスが確認すれば。 また、ルータのプログラミングを確認して下さい。 ポートで有効に なる トランキングがあった確認し双方向設定がであるもの判別して下さいかどうか。 これらの設定はサーバ NIC 設定を一致する必要があります。 デバイスに No エラーがあり、プログラミングが正確、ルータを通過するパケット トラフィックの優先順位を判別して下さい。 詳細については、資料 スイッチポートとインターフェイス障害のトラブルシューティングを参照して下さい。

ルータデバイスが Cisco Unity および Exchange を接続することが、そして音声トラフィックを Exchange トラフィックより高く優先順位をつけてもらうことを分るかもしれません。 この場合、これら二つのオプションの 1 つは遅延の問題を解決するかもしれません:

  • Exchange として同じ サブネットに Cisco Unity を移動して下さい。 これはルータを除去し、Exchange (Remote-Procedure-Call [RPC])トラフィックがルータ プライオリティ設定が引き起こす遅延なしでサーバの間で直接フローするようにします。

  • Cisco Unity サーバからの Exchange へのパケットに等しい 優先順位がか音声トラフィックより高優先順位にあることルータの設定をそのような物変更して下さい。 QoS 変更と同様に、音声クオリティの影響を判別するモニタ 利用。

Cisco Unity バージョン 4.0(3) 以前で遅延を引き起こす既知のソフトウェア関連の原因

このセクションに説明がある既知の問題のそれぞれはサブスクライバが Cisco Unity を呼出すときサブスクライバが聞く遅延の潜在的な原因です。 また、ネットワーク要求の時およびネットワーク/パートナー サーバレスポンス時間はいくつかのこれらの原因を混合するかもしれません。

当然の遅延は Exchange に MAPI 要求を— CSCea68581 直列化しました

遅延のこの原因の詳細については Cisco バグ ID CSCea68581登録ユーザのみ)を参照して下さい。

症状

サブスクライバがメッセージ検索、配達、順方向にまたは応答の間にパスワードをまたは入力した後 Subscriber レポート遅延。

問題の説明

MAPI は直列化された方法の Cisco Unity からの要求を受け入れます。 単一 MAPI 要求に遅延が何らかの理由で生じる場合、順次要求はまたこの要求が完了するまで遅れます。 Exchange サーバへの MAPI によるあらゆる要求の最初の遅延のための原因は下記のものを含んでいます:

  • Cisco Unity 間のおよび Exchange サーバ(またはサーバ)または 2つ以上の Exchange サーバ間のネットワーク接続およびレイテンシー。

  • 交換メッセージ インデックス アクティビティ。 例は交換 サービスが特定のステートがあるか、または特定タイプであるサブスクライバ インボックス メッセージの数を数えるときあります、1つ以上のクライアントアプリケーションに示すため。 交換サービスは新しい数えるか、またはメッセージ、緊急な優先順位または通常優先順位 メッセージ、または音声メール、E メール、ファクシミリおよび受信読み込むかもしれません。 詳細については、メールボックス インデックス作成遅延を—この資料の CSCdy36517 セクション参照して下さい。

  • Exchange 不適当なディスクの設定か高い稼働率による Exchange パフォーマンス低下。 (Microsoft 文書 XADM を参照して下さい: ログ停止/秒は 0 (ゼロ)および XADM より規則的にleavingcisco.com 大きいです: 白書- Exchange 2000 パフォーマンスのトラブルシューティングleavingcisco.com 。)

回避策

MAPI 要求 応答時間の増加のための最初 の 状態を修正して下さい。

解決策

Cisco Unity 4.0(4) にアップグレードして下さい。 このバージョンは同様に多くの Exchange サーバのための同時要求を環境で存在 するためにします。 たとえば、Cisco Unity 4.0(4) は次々に 5 つの異なる Exchange サーバのための 5 つの MAPI 要求を並べません; その代り、このバージョンは 5 つの Exchange サーバのそれぞれに一つの要求を同時に送信 します。

メールボックス インデックス作成遅延— CSCdy36517

遅延のこの原因の詳細については Cisco バグ ID CSCdy36517登録ユーザのみ)を参照して下さい。

症状

サブスクライバはパスワードを入力し、遅延を報告します。

問題の説明

Cisco Unity パートナー サーバが Exchange メールストア(バージョン 5.5 の、2000 年、または 2003)とき、サブスクライバがパスワードを入力した後サブスクライバ インボックスのためのインデックス作成プロセスにより遅延を引き起こすかもしれません。

ユーザが最初のログオンを完了するとき、Exchange は読み込まれた/未読メッセージ、またメッセージ の タイプ(音声、E メール、ファクシミリ、または受信)のインデックスを作成します。 すぐに Exchange が Cisco Unity にメッセージカウントをどのように戻すことができるかサブスクライバ影響のインボックスのメッセージ数。 たとえば、インボックスの少数の千のメッセージは 10 – 15 ただ第 2 遅延を招くかもしれません。 ただし、数万のメッセージは Subscriber 要求を数分間遅らせるかもしれません。

このインデックスは切れるかもしれませんでしたりまたは上書きを経験するかもしれません。 有効期限は最も頻繁に Exchange 5.5 に発生します。 上書きは最も頻繁に交換 サービスの複数のクライアントが理由で Exchange 2000 か 2003 年と発生します。 インデックスのレクリエーションにより同じような時間の遅れを引き起こします。

回避策

遅延が生じるサブスクライバのインボックスのメッセージ数を減少させて下さい。

解決策

Cisco Unity 4.0(4) にアップグレードして下さい。

Microsoft Exchange のパフォーマンスの最適化

Exchange バージョン 5.5 を使用する場合、Exchange パフォーマンス オプティマイザを実行して下さい。 Microsoft Knowledge Base 記事を-手順に関してはleavingcisco.com 266051 参照して下さい。

注: オプティマイザーが実行するか、または Exchange 2000 を助けなかったら Exchange パフォーマンス オプティマイザーを使用したら、Exchange サーバ パフォーマンスの資料 3 基本を参照して下さいleavingcisco.com

Microsoft Exchange 5.5 のインデクシング

多数のメッセージが付いているメールボックスにメールボックスに索引を付け直す Exchange なら必要断続的なログオン遅延が生じるかもしれません。 詳細は、次のドキュメントを参照してください。

メッセージ 削除の間の遅延のための回避策はまたは転送します

前方メッセージか削除は Exchange インボックスから Exchange ドラフト フォルダか削除された項目 フォルダにファイルをコピーします。 サブスクライバが TUI 上のこれらの操作を試みる場合、顕著な遅延は Exchange にメッセージ コピーの間に発生するかもしれません。

このセクションが提供する回避策はメッセージ 削除およびメッセージ フォワード遅延を最小に するかもしれません。

メッセージ 削除に特定の遅延

ユーザ サービスの分類 (CoS)の削除された項目 フォルダ オプションに削除済みメッセージをコピーされるディセーブルにしたことを確認して下さい。 このボックスのチェックを外す場合、メッセージはすぐに削除します。 さもなければ、それらは削除された項目に顕著な遅延を引き起こす場合があるフォルダをコピーします。

メッセージの移動を削除された項目 フォルダにディセーブルにするために、これらのステップを実行して下さい:

  1. Cisco Unity システム 管理 ウィンドウから、サブスクライバ先頭に立の下で『Class of Service』 をクリック して下さい。

  2. 『Messages』 をクリック して下さい。

  3. 削除済みメッセージのコピーされます Deleted items folder チェックボックスにチェックを外して下さい。

  4. サブスクライバがあること各 CoS のためのステップ 2 および 3 を実行して下さい。

順方向のメッセージに特定の遅延

Cisco Unity 3.1(3)へのアップグレード。 Cisco Unity 3.1(3)はメッセージの送信の後までの添付ファイルのコピーを遅らせます(送信の前にの代りに)。 これはメッセージの送信の前にメッセージ キャンセルの場合にコピー レイテンシーを避けます。 ユーザ観点からプロンプトを入れる、ユーザが転送するために『5』 を押した後、そしてユーザがアドレッシング プロンプトを聞く前に)遅延は後『2』 を押ようでした(の代りに。 この変更はメッセージ交換フローをよりよく助けます。 ただし、それは遅延を取除きません; それはメッセージ交換の別のエリアにちょうどそれを移動します。

メッセージの遅延は削除転送し、

遅延を減らすことを G.729 圧縮が可能にすることができます。 8 キロヘルツ(kHz)にサンプリングを減らせば、およそ 30%速度を高速化します。 本当らしい G.729a への移動は問題を(圧縮による)解決します、これは音声クオリティの低下という結果に終る場合があります。

特定の遅延ログインするため

多数のメッセージが付いているメールボックスによりメールボックスに索引を付け直す Exchange なら必要ログオン遅延を引き起こす場合があります。 (メッセージのサイズは必ずしもファクタではないです。) Exchange はユーザが Exchange サーバ メンテナンスの後でメールボックスにログオンする時最初にメールボックスに索引を付け直す必要があってもよいです。 メールボックスの多数のメッセージを持つユーザは Microsoft Outlook 個人的なフォルダ(.pst)ファイルに以前のメッセージをアーカイブしたい場合もあります。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 24288