コラボレーション : Cisco ICM Peripheral ゲートウェイ

JTapi Gateway と PIM がアクティブであるのにコールがルーティングされない

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2003 年 9 月 10 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

Cisco IP Contact Center (IPCC)のいくつかの新しいインストールによって、Java Telephony Application Programming Interface (JTAPI)ゲートウェイ(JGW1)および Peripheral Interface Manager (PIM)はアクティブになりますが、呼び出しはルーティングされません。 この資料は問題点を明らかにし訂正する方法をこの問題が発生する場合があるという 1 つの原因を記述したものです。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • IPCC

  • Cisco CallManager

  • JTAPI

  • Cisco Intelligent Contact Management(ICM)

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco CallManager バージョン 3.1 およびそれ以降

  • ICM バージョン 4.6.2 以降

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

問題

呼び出しは IPCC の新しいインストールの後でルーティングされませんが、JGW1 および PIM はアクティブです。 この問題は Cisco CallManagerサービスが実行されていないので発生するかもしれません。

解決策

Cisco CallManager 3.1 およびそれ以降で、Peripheral Gateway (PG)の JGW1 はコンピュータ テレフォニー インテグレーション (CTI)に CallManager のためのマネージャを接続します。 CallManagerサービスが実行されていることを確かめて下さい。 CallManagerサービスがオフ・ラインであるのに、PIM アクティブ化。 CallManager プロセスが動作したかどうか確認するために、これらのステップを完了して下さい:

  1. Cisco Unified CallManager へのログイン。

  2. 『Cisco CallManager Serviceability』 を選択 して下さい。

  3. 『Control Center』 を選択 して下さい。

    コントロール センター Webページは出ます:

    http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/customer-collaboration/icm-peripheral-gateway/24245-no-call-route-1.gif

  4. Cisco Unified CallManager が動作したかどうか確認するためにサービス ステータスを表示して下さい。 サービスが稼働していない場合は、Start をクリックします。

問題

少数のエージェントはログアウトされ、JGW ログはこのエラーを示します:

スレッド: ThreadAddressManager に uncaught 例外によってが java.lang.OutOfMemoryError である uncaught 例外があります

解決策

この問題は Cisco バグ ID CSCsl88038登録ユーザのみ)で文書化されています。 この問題を解決するために、Java ヒープメモリの初期サイズを増加するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. レジストリ エディタを開き、このキーを見つけて下さい:

    HKEY_LOCAL_MACHINE \ソフトウェア\シスコシステムズ、Inc.\ICM\<instance_name>\PG<side_no>A\PG\CurrentVersion\JGWS\jgw1\JGWData\Config

  2. -Xms32m -Xmx256m -Xss512k から -Xms256m -Xmx512m -Xss512k に JavaRuntimeOptions 値を変更して下さい。

  3. PG (Peripheral Gateway)を再起動するのに ICM サービス 制御を使用して下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 24245