アプリケーション ネットワーキング サービス : Cisco CSS 11500 ???? Content Services Switches

ユーザが指定したポートのソケットを開閉するキープアライブ スクリプト例

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、スクリプト キープアライブの実装について説明します。 このスクリプトは、ユーザが指定したポートのソケットを開閉します。 閉じるのは RST ではなく、FIN です。 ポートのいずれかで失敗すると、サービスはダウンしていると見なされます。 このスクリプティング方法は、リモート アクセス サーバ(RAS)のダイヤルアップ クライアント、ターミナル プログラム、および一般的なスクリプト ユーティリティに存在する機能と密接に関連しています。 この機能は、WebNS の豊富なスクリプト言語を使用します。

簡単なソケット Application Program Interface (API)と(接続して下さい/接続解除/送信/受信)、スクリプト キープアライブ与えますユーザに自身のプロトコルを合わせる機能を完了して下さいまたはサービスの信頼できる ALIVE または DOWN 状態を提供するためにステップの自身のシーケンスを書いて下さい。 スクリプト キープアライブ 機能性なしで、FTP、HTTP、ICMP および TCP に現在制限されます。 しかしスクリプト キープアライブを使うと現在のプロトコルの上にあなた自身のスクリプトを書くことによって残ることができます。 たとえば、WebNS が KeepAlive型 POP3 を構築するように要求しないで POP3 サーバに接続するためにとりわけある調子を与えられるスクリプトを開発できます。 この機能は顧客が特定の必要条件に適するために自身のカスタム キープアライブを作成することを可能にします。 これが Content Services Switch (CSS)のコンポーネントであるが、カスタムスクリプトは Cisco Technical Assistance Center (Cisco TAC)によってサポートされません。

スクリプト キープアライブは下記の TAC によって公式のサポートを提供されないし、テストされ、あなた自身の思慮分別で利用可能です。

はじめに

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

前提条件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • WebNS バージョン 3.x 以上

  • CSS 11000 シリーズ

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 対象のネットワークが実稼働中である場合には、どのような作業についても、その潜在的な影響について確実に理解しておく必要があります。

サンプル スクリプト

下記のスクリプトがユーザ 特定のポートのソケットを開閉したり使用することができます。



!--- No echo.
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! 
!--- Filename: ap-kal-tcp-ports 
!--- Parameters: Service Address, TCP Port(s) 
! 
!--- Description: 
!--- This script will open and close a socket on the user specified ports. 
!--- The close will be a FIN rather than a RST. If one of the ports fails,  
!--- the service will be declared down 
! 
!--- Failure Upon: 
!--- 1. Not establishing a connection with the host on one of the specified ports. 
! 
!--- Note: Does not use output.
!--- Will handle out of sockets scenario. 
! 
!--- Tested: KGS 12/18/01 
! 
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! 


set OUT-OF-SOCKETS "785" 
set NO-CONNECT "774" 


!--- Make sure the user has a qualified number of arguments.

if ${ARGS}[#] "LT" "2" 
  echo "Usage: ap-kal-tcp-ports \'ipAddress tcpPort1 [tcpPort2 tcpPort3...]\'" 
  exit script 1 
endbranch 

set SERVICE "${ARGS}[1]" 

!--- echo "SERVICE = ${ARGS}[1]" 

var-shift ARGS 

while ${ARGS}[#] "GT" "0" 
  set TCP-PORT "${ARGS}[1]" 
  var-shift ARGS 
  function SOCKET_CONNECT call 

!--- If out of sockets, exit, and look for sockets on the next KAL interval.
 
  if RETURN "==" "${OUT-OF-SOCKETS}" 
    set EXIT_MSG "Exceeded number of available sockets, skipping until next interval." 
    exit script 0 
  endbranch 


!--- Valid connection, look to see if it was good.
 
  if RETURN "==" "${NO-CONNECT}" 
    set EXIT_MSG "Connect: Failed to connect to ${SERVICE}:${TCP-PORT}" 
    exit script 1 
  endbranch 
endbranch 

no set EXIT_MSG 
exit script 0 

function SOCKET_CONNECT begin 
  set CONTINUE_ON_ERROR "1" 
  socket connect host ${SERVICE} port ${TCP-PORT} tcp 2000 
  set SOCKET-STAT "${STATUS}" 
  set CONTINUE_ON_ERROR "0" 
  socket disconnect ${SOCKET} graceful 
  function SOCKET_CONNECT return "${SOCKET-STAT}" 
function SOCKET_CONNECT end

関連情報


Document ID: 24106