スイッチ : Cisco Catalyst 6500 シリーズ スイッチ

Catalyst スイッチ プラットフォームでサポートされるメモリおよびフラッシュ サイズ

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2006 年 1 月 20 日) | 英語版 (2015 年 10 月 7 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Catalyst スイッチ プラットフォームで利用できる最小および最大メモリのマトリックスについて説明します。 このドキュメントは、可変メモリ オプションをサポートするスイッチのみを参照しています。 固定メモリのスイッチについては、説明していません。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

メモリおよびフラッシュ サイズのマトリックス

これらのメモリ デバイスは行列に含まれています:

  • DRAM/SDRAM — CatOS または IOSシステム イメージを行うのに使用されるメモリ。

  • NVRAM — 始動コンフィギュレーション ファイル(nvram を:)保存するのに使用されるメモリ。

  • 起動することのためのシステムイメージを保持するのに使用されるオンボード フラッシュ メモリ(bootdisk: または bootflash: またはフラッシュする:)。

  • 取り外し可能 な フラッシュ—システムから取除くことができるメモリ 一般的に システムイメージ(slot0:を保持する または disk0: または disk1:)。

Catalyst スイッチ DRAM NVRAM オンボード フラッシュ リムーバブル フラッシュ
         
Catalyst 8540        
  256 MB 512 KB 8/16 MB 16/20/28/48 MB
Catalyst 8510        
  64 MB 128 KB 8/16 MB 16/20 MB
Catalyst 6000/6500        
Supervisor 1 1 64 MB 512 KB 16 MB 16/24/64 MB
スーパバイザ 1A 1 64/128 MB 512 KB 16 MB 16/24/64 MB
スーパバイザ 2 2 128/256/512 MB 512 KB 32 MB 16/24/64 MB
スーパバイザ 2T 4GB にアップグレード可能な 2GB デフォルト 4MB デフォルト 1 GB 8GB までのコンパクト フラッシュ型 II
スーパバイザ 2U 2 256/512 MB 512 KB 32 MB 16/24/64 MB
スーパバイザ 720 4 デフォルトは 512 MB、1GB にアップグレード可能 2 MB 64 MB コンパクト フラッシュ タイプ II は 64/128/256 MB、ハードウェアは 512 MB および 1GB をサポート
スーパバイザ 720-3B 4 デフォルトは 512 MB、1GB にアップグレード可能 2 MB 64 MB コンパクト フラッシュ タイプ II は 64/128/256 MB、ハードウェアは 512 MB および 1GB をサポート
スーパバイザ 720-3BXL 4 デフォルト 1 GB 2 MB 64 MB コンパクト フラッシュ タイプ II は 64/128/256 MB、ハードウェアは 512 MB および 1GB をサポート
Supervisor 32 1GB にアップグレード可能な 256MB/512MB 2 MB 256 MB コンパクト フラッシュ タイプ II は 64/128/256 MB、ハードウェアは 512 MB および 1GB をサポート
ピサ スーパバイザ 32 512MB/1GB 2 MB 1GB にアップグレード可能な 512MB コンパクト フラッシュ型 II 64/128/256/512MB および 1GB
MSFC1 64/128 MB 512 KB 16 MB  
MSFC2 128/512MB 512 KB 32 MB  
MSFC2A 1GB 256 MB  
MSFC3 512/1GB 2 MB 64 MB  
Catalyst 5000/5500        
スーパーバイザ I 4/20 MB DRAM 128 KB 4/8 MB なし
スーパーバイザ II 16/32MB DRAM 256 KB 8/16 MB なし
スーパーバイザ IIG(WS-X5540) 32 MB DRAM 512 KB 8 MB なし
スーパーバイザ III 32/64MB DRAM 512 KB 8 MB 8/16/20 MB
スーパーバイザ IIIG(WS-X5550) 32 MB DRAM 512 KB 8 MB なし
Catalyst 4000/4500        
スーパーバイザ I 32/64 MB SDRAM 512 KB 12MB なし
スーパーバイザ II 64/128 MB SDRAM 512 KB/1 MB 12MB なし
5 と Supervisor II 256 MB SDRAM いいえブートフラッシュを使用します 32 MB コンパクト フラッシュ(64/128 MB)
10-GE 5 と Supervisor II 512MB にアップグレード可能な 256MB SDRAM いいえブートフラッシュを使用します 64 MB コンパクト フラッシュ(64/128 MB)
スーパーバイザ III 256 MB SDRAM 512 KB 64 MB コンパクト フラッシュ(64/128 MB)
スーパーバイザ IV 512 MB SDRAM 512 KB 64 MB コンパクト フラッシュ(64/128 MB)
Supervisor V 512 MB SDRAM 512 KB 64 MB コンパクト フラッシュ(64/128 MB)
スーパバイザ V-10GE 5 512 MB SDRAM いいえブートフラッシュを使用します 64 MB コンパクト フラッシュ(64/128 MB)
スーパバイザ 6-E 5 1GB にアップグレード可能な 512MB SDRAM いいえブートフラッシュを使用します 128MB コンパクト フラッシュ(64/128 MB)
スーパバイザ 7E/7LE 4GB にアップグレード可能な 2GB 1GB 1GB 2GB SD カード(SD-X45-2GB-E)
スーパバイザ 8E 4GB 2GB 2GB 2GB SD カード(SD-X45-2GB-E)

1Catalyst 6500/6000 Supervisor Engine 1 — Catalyst 6500/6000 のための Supervisor 1 の DRAM はアップグレードすることができません。 Catalyst 6500/6000 では、Supervisor 1A の DRAM を 64 MB から 128 MB にアップグレードできます。 2004 年 6 月以降に出荷された Supervisor 1A の DRAM は、デフォルトで 128MB です。

MSFC1 (部品番号 WS-X6K-SUP1A-MSFC)のスーパバイザ 1A の DRAM のアップグレードは MSFC2 にアップグレードをあらかじめ必要とします。 MSFC2(部品番号 MEM-S1-128MB-UPG=)を含むアップグレード キットが利用できます。 Catalyst 6500 シリーズ Supervisor Engine 1A DRAM アップグレード インストールに関する注意書きを参照して下さい。

2Catalyst 6500/6000 スーパバイザ エンジン 1 および 2 — Catalyst 6500/6000 Supervisor Engine 1、1A および 2 のためのフラッシュカードに ROMMON 最小が、ソフトウェア バージョンおよび他の必要条件あります。 Catalyst 6000 ファミリー フラッシュカード インストール注を参照して下さい。

3Catalyst 6500/6000 Supervisor Engine 2 —スーパーバイザーエンジンモデル WS-X6K-S2-PFC2、WS-X6K-S2-MSFC2 および WS-X6K-S2U-MSFC2 サポート 64 MB のコンパクト フラッシュ。

4Catalyst 6500/6000 Supervisor Engine 720 — Supervisor Engine だけ 720 2 つの取り外し可能 な フラッシュ カードスロットを備えています。 disk0 と分類されるスロット: コンパクト フラッシュ型 II カードだけをサポートします。 disk1 と分類されるスロット: コンパクト フラッシュ型 II カードか 1-GB MicroDrive をサポートします。 これらのスロットのコンパクト フラッシュカードの異なる型を接続できます。 たとえば、disk0 の MEM-C6K-CPTFL128M を接続できます: そして disk1 の MEM-C6K-CPTFL512M:。

10-GE と 5Catalyst 4500/4000 スーパバイザ エンジン II と、II は、V-10GE、6-E —コンフィギュレーション ファイルを保存するこれらのスーパバイザ 使用 オンボード フラッシュおよび別途の NVRAM デバイスを使用しません。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 24050