ダイヤルとアクセス : 非同期接続

ライン減損の理解

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、show modem operational-status コマンドで報告される回線シェープ パラメータを調べることで識別可能な最も一般的な障害について説明します。 このコマンドについては、「Inspecting Individual Modems with the show modem operational-status Command」の項の「Overview of General Modem and NAS Line Quality」でも説明しています。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

表記法

ドキュメントの表記法の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

回線の障害

ライン減損は 3 つのカテゴリーに分類することができます:

  • 減衰-オリジナルシグナル プロパティの損失。

  • ゆがみ-オリジナルシグナル プロパティの変更。

  • ノイズ-オリジナルシグナルに属さないプロパティの概要。

下記の表はこの 3 つの障害をより詳しく記述します:

障害 説明
減衰
  • チャネル 減衰
    • 周波数応答
    • 信号レベル
    • 回線 品質
  • ループ 減衰
  • デジタル 減衰
  • ロードコイル(長の加入者回線のためにより 18000 フィート通常)
ゆがみ
  • パルス符号変調 (PCM) ゆがみ:
    • コーディング
    • 余分 transcodings
    • 損失ビット シグナリング(RBS)各第 6 フレーム
    • クロック ドリフト
  • 高調波 ひずみ
  • 混変調 ひずみ
  • アナログとデジタル間の余分変換
  • Adaptive Differential PCM (ADPCM)および他の非 PCM 変調
  • 振幅 ひずみ
    • ジッタ
    • ふらつき
    • ゲイン ヒット
    • デジタル パディング
  • 周波数 ゆがみ
    • Offset
    • 反射 損失(ブリッジタップからのいくつかの周波数で、特に)
  • 干渉(いくつかの周波数で)
  • 位相 ひずみ
    • Hits
    • ジッタ
    • ふらつき
  • エンドツーエンド遅延(特にサテライトリンクに)
  • 遅延 ひずみ
  • エコー
    • 近端
    • 遠端
    • その他
  • ゆがみを折り返して下さい
  • 非線形ゆがみ
ノイズ(白く、カラリングされて)
  • 衝動
  • 背景説明
  • 量子化
  • 混線(を含むその他のサービスおよび電源)
  • 周波数(悪いスプリッタ)
  • CPU からの干渉

エンドツーエンド ライン試験によってモデムによって得られる集計値にだけ基づく所定の回線の品質が低いなぜか推測することは困難である場合もあります。 余りにも多くの障害ソース、さまざまな置換とのそれぞれおよび重ね合わせがあります。 たとえば、信号品質(SQ)パラメータは私達が下記の表に示すように信号レベルおよび平均 シンボル エラーに(決定 エラー、イコライザ エラーおよびトレリス エラーのような)、基づいて行ビット エラー率(BER)を推定することを可能にします:

SQ BER
7 6 5 4 3 2 1 0 探索可能ではない探索可能ではない 10E-6 10E-6 10E-4 10E-2 10E-2 接続無し

ただし、それは私達が丁度コール パスに沿ってエラーがどこにもたらされ、もの性質がであるか識別することを可能にしません。

ラインシェープは単にもう一つの内蔵回線 品質 パラメータです。 それは最初のトレインアップ シーケンスのフェーズ 2 の一部として両端でモデムによって(フェーズ 1 V.8 ネゴシエーションの後で)実行された ライン試験の結果です。 ライン試験の間に、全音声帯域周波数レンジは 150 Hz のステップの「騒々しい」場合(標準レベルの上の 6 dB)とテストされます。 フェーズ 2 の終りまでに、両端のモデムに自身のラインシェープ マップがあります。

最も一般的な回線シェープ障害

長いアンロード回線におよび長いロード ラインに異なる構造があります。 アンロード回線は 3750Hz までスペクトルを渡って衰退します(次第に周波数と増加する減衰)からの < 1kHz 示します。 ロードコイルをそのような行に追加する方法ある特定の周波数の上の急なロール オフを(一般的に 3000-3400Hz 範囲で)課しましたりしかしそのポイントの下で衰退を妨害します。

いくつかの例とこれを説明しよう。 最初に、非常に短い一般電話サービス (POTS)行からの図形を検知 しよう。

/image/gif/paws/23861/line_impair1.gif

450 直通 3300Hz からのフラットな応答を表示する場合があります。 ループ長に特性である衰退するのを見ません。 3450 直通 3750Hz に 150Hz およびより大きい 1 に小さいロール オフがあります。 エッジのロール・オフは全くコーデックの前にデジタルへのの POTS 行にアナログ ロジック加えられるローパス フィルタの特性です。 line shape outputサンプルを検知 しよう:

150   ..............................*
300   ................................*
450   .................................*
600   ................................*
750   ................................*
900   .................................*
1050  .................................*
1200  .................................*
1350  ................................*
1500  .................................*
1650  .................................*
1800  ................................*
1950  ................................*
2100  ................................*
2250  ................................*
2400  ................................*
2550  ................................*
2700  ................................*
2850  ................................*
3000  .................................*
3150  .................................*
3300  ................................*
3450  .................................*
3600  .................................*
3750  ...............................* 

長いサブスクライバループ

荷を下された 3 マイルを適用することは衰退を高めます。 このような図形に終って 3600Hz で -12dB に、次第に増加する 300Hz で減衰の -2dB を見るかもしれません:

/image/gif/paws/23861/line_impair2.gif

line shape outputサンプルはここに示されています:

150   ...........................*
300   .................................*
450   .................................*
600   ................................*
750   ................................*
900   ...............................*
1050  ...............................*
1200  ..............................*
1350  ..............................*
1500  .............................*
1650  .............................*
1800  ............................*
1950  ............................*
2100  ...........................*
2250  ...........................*
2400  ..........................*
2550  ..........................*
2700  .........................*
2850  .........................*
3000  ........................*
3150  .......................*
3300  .......................*
3450  .....................*
3600  ..................*
3750  ............*

ロードコイル

ロードコイルはより高い周波数の経費でかなり音声周波数 帯域の行特性を改善します。

line_impair.gif

ロードコイルによって、上で説明されている 3 マイル ループは 3300 Hz だけ頃ロールオフポイントを明らかにします。

/image/gif/paws/23861/line_impair3.gif

コイルはコイルのロールオフポイントの下で彼等のに比例した周波数に信号レベル倍力を衰退し、消しますロールオフポイントの上の周波数を適用します。 line shape outputサンプルはここに示されています:

150   ............................*
300   ................................*
450   .................................*
600   .................................*
750   ................................*
900   ................................*
1050  ................................*
1200  ................................*
1350  ................................*
1500  ................................*
1650  ................................*
1800  ................................*
1950  ...............................*
2100  ...............................*
2250  ...............................*
2400  ...............................*
2550  ...............................*
2700  ...............................*
2850  .............................*
3000  .........................*
3150  ........................*
3300  ....................*
3450  ..*
3600  .*
3750  .* 

PCM トランスコーディング およびnon-PCM 変調

デュアルコーデックの短ループはロードコイルが付いているロング ループに非常に類似したに検知 する図形がある場合があります。 それらを区別する 1 つの方法はデュアルコーデックが 150Hz でより深い ロール オフを示すかもしれないことです。

.....................*             150........................*
................................*  300................................*
.................................* 450.................................*
.................................* 600.................................*
................................*  750................................*
................................*  900................................*
................................*  1050.................................*
................................*  1200................................*
...............................*   1350................................*
...............................*   1500................................*
...............................*   1650.................................*
..............................*    1800................................*
..............................*    1950................................*
..............................*    2100................................*
.............................*     2250.................................*
.............................*     2400................................*
............................*      2550................................*
............................*      2700................................*
............................*      2850................................*
...........................*       3000................................*
...........................*       3150.................................*
..........................*        3300...............................*
........................*          3450.............................*
.................*                 3600....................*
....*                              3750...*

64 キロバイト/秒データを必要とする PCM 変調とは違って流して下さい、ADPCM は 32 のまた更に 16 キロビット/秒ただを使用できます。 ゲインは正常なメッセージ交換人間の言葉の間にプロパティを次第に変更するファクトに基づいています。 64 キロビット/秒 ストリームに複数の音声チャネルを詰めるために絶対値の代りの差分の送信によってそれは可能な限りなります。 この基本的な前提はモデム接続のために当てはまりません。

150   .....................*
300   ................................*
450   .................................*
600   .................................*
750   ................................*
900   ................................*
1050  .................................*
1200  ................................*
1350  ................................*
1500  ................................*
1650  ................................*
1800  ................................*
1950  ................................*
2100  ................................*
2250  ................................*
2400  ................................*
2550  ................................*
2700  ................................*
2850  ................................*
3000  ..............................*
3150  .........................*
3300  .................*
3450  ......*
3600  .*
3750  .*  

ハイ エンドの 150 Hz および消された周波数のより深い ロール オフのほかにより低い Signal to Noise Ratio (SNR)を露出するために、それは ADPCM のためにまた典型的です。 まだシンボルレートを使用することは V.34 モデムが可能性のあるであるかもしれませんけれども 2743 ボー 最大に比率を制限することは一般に勧められます。

8 キロビット/秒のデータ ストリームに音声に合う現代圧縮技術にまたはそれ以下にモデム接続のより悪い影響があります。 まだでまたはそれ以下に接続されて 2.4 キロビット/秒とどまることはモデムが可能性のあるであるかもしれません。 ただし、これはそれらがそのようなリンクことを上のユーザのデータの送信に成功することを意味しません。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 23861