IP : Cisco ONS 15454 SONET Multiservice Provisioning Platform(MSPP)

Cisco ONS 15454 のための VTT 回線および VT の作成

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、単方向パス スイッチ型リング(UPSR)トポロジおよび Cisco ONS 15454 リリース 3.10 ソフトウェア(リリース 3.10-001K-17.01)を実行する双方向ライン スイッチ型リング(BLSR)トポロジの両方において、仮想トリビュタリ(VT)を作成する方法について説明します。

VT 行列機能の説明および例のための 15454 XC および XCVT スイッチングマトリックスを理解することを参照して下さい。

Cisco ONS 15454 トラブルシューティングおよびメンテナンス ガイドは Cross Connect (XC)、Cross Connect Virtual Tributary (XCVT)、および XC10G カードの詳細仕様が含まれています。

前提条件

要件

カードがインストールされている前に回線を使用できます。 トラフィックカードをインストールする前に ONS 15454 および回線はスロットを提供することを可能にします。 それを右クリックし、ショートカット メニューから空のスロットを提供するためにカードを選択して下さい。 しかし、回線はカードをインストールし、サービスにポートを入れるまでトラフィックを運びません。 手順のための資料を提供するカードに光の、電気、およびイーサネットカードをおよび有効に なる ポート インストールする方法に関する手順を参照して下さい。

カードがインストールされていた後、ポートはアウト オブ サービスです。 回線がトラフィックを運ぶ前にポート 稼働中を置いて下さい。 カードがインストールされていれば、およびポートが稼働中なら、回線は場合が受け取られるとすぐトラフィックを運びます。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco ONS 15454 Release 3.10 ソフトウェア(リリース 3.10-001K-17.01)に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 対象のネットワークが実稼働中である場合には、どのような作業についても、その潜在的な影響について確実に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

VT および VTT トンネルを作成して下さい

一貫した帯域幅管理について心配する場合、それは手動で作成しますトンネルに横断に各ノードを与え、各ノードの VT 行列を最大化するために 2 つの VTT トンネルを推奨されます。

ステップ 1: UPSR トンネルシナリオ- 4ノードUPSRリング

この例では、ノード B から D に作成されるトンネルの 4ノードのUPSR から開始します。

vtt_23844a.gif

  1. 回線の下で、作成し、回線を指名し、次に『Type』 を選択 して下さい。 この場合、それは VT トンネルです。 [Next] をクリックします。

    vtt_23844b.gif

  2. 次に発ノードおよび着ノードを選択して下さい。

    この例では、発ノード B からの VTT が着ノード D に行くことがわかります。

    vtt_23844c.gif

  3. この時点でルートにオプションが自動的にありましたりまたは手動でルーティングするためにボックスをチェックを外します。 この例では、自動的にルーティングします。 続くために『Finish』 をクリック して下さい。

    vtt_23844d.gif

  4. 回線が作成されたら回線リストでそれを表示できます。

    vtt_23844e.gif

  5. この時点で、また Optical Carrier (OC) カードの UNEQ-P アラームを得ます。

    この例では、OC48 カードを使用します。 ライブ場合がトンネルにあればこれらのアラーム オフ。

    vtt_23844f.gif

  6. Network ビューのスパン ラインを右クリックし、トンネルを見るために『Circuits』 を選択 すればどの同期転送信号 (STS)にで乗るか。

    vtt_23844g.gif

    この場合、それは STS 1.です。

    vtt_23844h.gif

  7. 回線の VTT を強調表示したらリストし、詳しいマップを、回線パスがであるもの正確に見る場合があります『Edit』 を選択 し、チェックして下さい。

    vtt_23844i.gif

ステップ 2: 第 2 トンネルを作成して下さい

第 2 トンネルは手動で作成されます。 第 2 トンネルはリングの反対側のまわりで同じ STS で、作成される必要があります。 これをする唯一の方法はそれを手動でルーティングすることです。 システムが第 2 トンネルを自動的にルーティングするようにする場合次の順次 STS にそれを置きます。 それが起こり、VT を自動的に作成すれば、異なる STS に取り組むことおよび保護パスに得ます。

操作でこれを見るために第 2 トンネルを自動的に作成して下さい。 それを作成すれば、回線リストでそれを表示できます。

vtt_23844j.gif

どの STS にで見るために第 2 トンネルが乗るかスパン ラインを右クリックし、『Circuits』 を選択 して下さい。

vtt_23844k.gif

ステップ 3: UPSR でトンネルを手動で作成して下さい

このプロシージャのステップを完了して下さい:

  1. ステップ 2 の手順を繰り返して下さい、しかし今回はルート ボックスの自動的にチェックを外し、トンネルを手動で作成するために『Next』 をクリック します。

    vtt_23844l.gif

  2. 矢印にスパン ラインを変更するために発ノードを選択して下さい。

    vtt_23844m.gif

  3. 方向を選択すれば、行は白い回ります。 『Add Span』 をクリック して下さい。

    vtt_23844n.gif

  4. スパンを追加すれば、ブルーを回し、方向の次のスパンを指定します。

    vtt_23844o.gif

  5. 次のスパンをクリックし、それを追加して下さい。

    vtt_23844p.gif

  6. [Finish] をクリックします。

    この時点でトンネルが回線リストに追加されることが、わかります。 Network ビューのスパン ラインを右クリックし、トンネルによってがある STS をチェックして下さい。 保護側トンネルに進み、反対側 リングのまわりの同じ STS で作成されるようにするためにスパンを追加する前に STS を選択して下さい。 こうすれば各トンネルを処理するために同じ STS を得て確実です。

    vtt_23844q.gif

  7. トンネルの 28 VT をすべていっぱいにするために VT1.5 を作成して現在準備ができています。 回線に行き、VT を作成して下さい。

    トンネルが異なる STS にあれば 1 トンネルの 1 パスを得、第 2 パスは同じ STS で続きます。 しかし、帯域幅を最大化するためにトンネルの使用を無効にするこれはトンネルにないかもしれません

    回線を参照し、Cisco ONS 15454 インストールおよびオペレーション ガイドの章をトンネル伝送します

ステップ 4: VT 回線を自動的に作成して下さい

VT 回線を自動的に作成するためにこのプロシージャのステップを完了して下さい。

vtt_23844r.gif

  1. B/s3/S1/V1-1 から D/s13/S1/V1-1 に行くことがここにわかります。 送信元および宛先があったら、『Next』 をクリック して下さい。 慎重な検査は回線パスを正しいです確保し、『Finish』 をクリック するために。

    vtt_23844s.gif

  2. この時点で現れ、メッセージによってが通過 ノードの VT トンネルを作成したいと思うかどうか尋ねます。 既存のトンネルに VT を行かせます『No』 をクリック して下さい。

    vtt_23844t.gif

  3. 回線が作成されたら、どのトンネルにで VT が乗るかスパン ラインを右クリックし、参照して下さい。

    vtt_23844u.gif

    VTC_B::26 が TUN_B::24 にあることがこの例でわかります。 STS1.

    vtt_23844v.gif

  4. スパン ラインの他の方向を検知 する時どの STS が使用されるかトンネル伝送するのをまたどれおよびチェックできる。

    vtt_23844w.gif

    VTC_B::26 が STS1 にまたあることがこの例でわかります。

    vtt_23844x.gif

ステップ 5: 代替シナリオ

このメッセージを得たときにステップ 2 で『Yes』 を選択 したら、これは起こる場合があるものがです。

vtt_23844y.gif

システムは自動的に新しい VTT を作成し、その特定 の トンネルに VT1.5 を置きます。

vtt_23844z.gif

スパンを右クリックする場合、VT がどこに置かれるか表示できます。

vtt_23844aa.gif

この場合新しいトンネル TUN_B::28 は作成され、VTC_B::29 はトンネルの中に置かれます。

ある 2 つのトンネルをいっぱいにするまでそれの必要性がないので新しいトンネルを作成するために『Yes』 をクリック しない で下さい。

vtt_23844bb.gif

ステップ 6: VT 回線を手動で作成して下さい

また VT を手動で作成し、トンネルの中に置き、保護およびあるためにはたらくことがほしいと思う STS を選択できます。

  1. > VT このプロシージャを開始するために、そして送信元および宛先をポートと共に選択するために Circuits > Create の順に選択 し、ルート ボックスを自動的にチェックを外して下さい。

    vtt_23844cc.gif

  2. 現れ、メッセージによってが中継 VTT を作成したいと思うかどうか尋ねます。 『No』 をクリック し、トンネルを選択するために準備されて下さい。

    vtt_23844dd.gif

  3. 発ノードを選択し、矢印に利用可能 な スパン ラインを回すためにクリックして下さい。

    vtt_23844ee.gif

  4. ノード B から D を指す 2 本の矢印はトンネルを表します。 矢印の 1 本を選択して下さい。 これははたらくトンネル パスです。 『Add Span』 をクリック して下さい。

    vtt_23844ff.gif

  5. 他の矢印を選択して下さい。 これは保護します VT のパスをです。

    vtt_23844gg.gif

    回線が作成されれば VTC_ として回線リストに出て来ます。

    vtt_23844hh.gif

  6. 回線情報を正しい STS を選択したことを確認するために得るためにスパンを右クリックして下さい。

    UPSR トポロジーの VT および VTT を処理するために、推奨およびほとんどの推奨方法は VTT を同じ STS で手動で作成し、次にトンネルの中の VT を置くことです。 それらを自動または手動で作成できます。

ステップ 7: BLSR の VTT を作成して下さい

BLSR 設定の VTT を作成するとき、保護パスが受継がれるので 1 トンネルだけを作成することは必要です。 また BLSR と自動的に特色になるか、または手動でルーティングしますルートを使用できます。

この例で B から D にトンネルを自動的に作成します。

vtt_23844ii.gif

  1. Circuits > Create の順に選択 し、『VT tunnel』 を選択 し、そして『Next』 をクリック して下さい。

    vtt_23844jj.gif

  2. BLSR では、システムがによって行くノード全体完全に利用できる STS の回線だけを作成するのでトンネルを自動的にルーティングできます。 [Next] をクリックします。

    vtt_23844kk.gif

  3. 『Review Route Before Creation』 を選択 する場合、どのパスを選択することを回線が計画する、それをこの時点で修正できますかの可視を得。

    vtt_23844ll.gif

  4. 回線リストに回線を追加するために『Finish』 をクリック して下さい。

    vtt_23844mm.gif

  5. 回線を表示するために Network ビューのスパンを右クリックして下さいそうすればトンネルがそこにあることを確認できます。

    トンネルを手動で作成することを選択する場合唯一の違いはルート ボックスの自動的にチェックを外すこと次前の手順続行します。

    vtt_23844nn.gif

ステップ 8: トンネルに VT を自動的に追加して下さい

自動的にトンネルに VT を追加するためにこれらのステップを完了して下さい。

  1. Circuits > Create の下で、発信 および 着信ノードのスロットおよびポートを『VT』 を選択 し、選択して下さい。 この例では、B/s3/S1/V1-1 から D/s13/S1/V1-1 に行きます。 [Next] をクリックします。

    vtt_23844oo.gif

  2. ルートを自動的に続行して準備ができていたら『Finish』 をクリック して下さい。

    vtt_23844pp.gif

  3. 回線がどこにあるか Network ビューの回線リスト、またスパンをチェックして下さい。

    『Route Automatically』 を選択 する場合、それはそれのための余地がある最初の順次 STS に VT を置くことを行きます。 それが VT のための十分な余地がある STS をいっぱいにすれば、次の STS トンネルへのシステム進。

  4. 回線がどこにあるか見るためにネットワーク ビュー の スパンラインを右クリックして下さい。

    vtt_23844qq.gif

  5. トンネルの中の VT を置き、選択のスパンを選択するために VT を手動で作成して下さい。

    同じタイム・スロットにではないスパンを選択したらエラーメッセージを得て下さい。

    vtt_23844rr.gif

ステップ 9: VTT を作成する他のメソッド

VTT を作成するためにまた VT を最初に作成して下さい。

  1. それに通過 ノードの VTT を作成してほしいかどうかシステムが尋ねるとき VTT を作成し、それの中の VT を置くために『Yes』 をクリック して下さい。

    vtt_23844ss.gif

  2. 回線を回線を確認するためにリストします検知 して下さい。

    vtt_23844tt.gif

  3. また、Network ビューのスパン ラインの右クリックは回線を検知 し。

    vtt_23844uu.gif

  4. この時点で『No』 をクリック する場合、それはトンネルなしで VT を追加します。

    vtt_23844vv.gif


関連情報


Document ID: 23844