オプティカル : 同期光ネットワーク(SONET)

光タイミング: よく寄せられる質問(FAQ)

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、光タイミングに関する FAQ への解答を説明します。

Q. 音声トラフィックが貧弱な通信チャネルのリスナーに比較的それでもわかりやすい場合、データのために最適化されるネットワークを渡ってそれを渡すことは容易ではない理由

A. データコミュニケーションは高い スループットのために非常に低い Bit-error Ratio (BER)を必要としますが、抑制された伝搬か、処理するか、またはストレージ遅延を必要としません。 音声コールは、一方では、ミリ秒の少数の 10 のしきい値に遅れるために比較的高い BER に無感覚、非常に敏感でありではない。 BER へのこの無感応は音声コールの対話型性質(全二重)からの茎を遅らせるためにメッセージ の 内容を挿入する人間の脳の機能の機能が機密性です。 データネットワークはビット 保全性のために最適化されますが、エンドツーエンド遅延および遅延変動許容量は直接制御ではないです。 遅延変動許容量はある特定の接続のためにいくつかのデータネットワークの典型的なダイナミック パス ルーティング方式がノードの変化する数を含むかもしれないので非常に異なることができます(たとえば、ルータ)。 さらに、長い音声パスの既知過剰 遅延を処理するために配置されるエコーキャンセラは自動的にパスがデータのために使用されるときディセーブルにされます。 これらのファクタは従来の Public Switched Telephone Network (PSTN) 品質が望まれる場合音声 転送するのためにデータネットワークを失格させがちです。

Q. 同期がタイミングと異なる仕組み

A. これらの用語は交換できるように広く使われています同期ネットワークのコンポーネントへ適した正確なクロッキング 周波数を提供することのプロセスを示すために。 用語は時々違う方法で使われます。 細胞ワイヤレスシステムでは異なる送信機からの制御パルスの密接な配置を(リアルタイムで)確認するために、たとえば、「タイミングは」頻繁に適用されます; 「同期」はクロック周波数の制御を示します。

Q. 同期化配布 計画の同期化ステータスメッセージを採用する場合、タイミング ループを心配しなければなりませんか。

A. はい。 ソース特定のマルチキャスト(SSM)は確かにタイミング ループの、絶対にタイミング ループ状態を排除いくつかの複雑な接続の発生を最小に するための非常に役に立つツールですが。 複数の同期光ファイバ ネットワーク (SONET)リングが付いているサイトでは、たとえば、すべての障害状態の下で潜在的な時間パスをカバーするために SONET ネットワーク要素と Timing Signal Generator (TSG)間のすべての必要な SSM 情報を伝えるための機能が十分ありません。 従ってタイミング ループは成長しないようにするために SSM が展開されるとき、まだ広範囲の障害 分析が必要となります。

Q. ATM が定義上では非同期である場合、同期が同じ文で述べられる理由

A. 条件 非同期転送モードは OSI 7 層 モデル(データリンク層)のレイヤ2 に条件 同期ネットワークがレイヤ1 (物理層)に適用する一方、適用します。 レイヤ2 は、3、等、ATM のために、一般的に SONET または同期デジタルハイアラーキ (SDH)である物理層を常に必要とします; 従って「非同期」ATM システムは頻繁にさらに言われる「同期」層 1.と ATMネットワークが回線エミュレーション サービス (CES)を提供すれば、また固定ビット レート (CBR)と関連付けられます、優先 するタイミング移送機構をサポートするためにそして同期操作(すなわち、プライマリ基準ソースへの追跡可能性)が Synchronous Residual Time Stamp (SRTS)必要となります。

Q. ほとんどのネットワーク要素 4.6ppm 正確さの内部 層 3 クロックを、従ってネットワーク マスタークロックが 10^11 の 1 人の部正確である必要があります備えている理由

A. 層 3 クロックのための必要条件が 4.6ppm のフリーラン精度(また同期引込み範囲)を規定 するが、同期環境で動作する Network Element (NE)はフリー ラン モードに決してありません。 通常の状態で、NE 内部クロックは(記述され追跡可能へのですとして)層に 10^11 の 1 人の部の 1 つの長期間の正確さ会うプライマリ基準ソースをトラッキングし。

この正確さは最初に セシアム ビーム オシレーターからの National プライマリ基準ソースとして利用可能だった、国際的なゲートウェイで十分低いスリップ レートを確認しましたので選択され。

注: プライマリ基準ソース (PRS) 追跡可能性が NE によって失われる場合、ホールドオーバーモードを開始します。 このモードでは、NE クロック・トラック Phase Lock Loop (PLL)は最後の有効なトラッキング値でフリー ラン状態に、それフリーズします制御点を戻りません。 クロック 正確性は望ましい追跡可能な値からそれからエラーが修理され、追跡可能性が復元するまで、優雅に漂います。

Q. 同期化ネットワークを設計するときスリップやポインタ調整レートのための許容可能な限界とは何か。

A. ネットワークの同期 ディストリビューション サブシステムを設計するとき、同期化パフォーマンスのためのターゲットは通常 状態の間にゼロ スリップおよびゼロ ポインタ調整です。 現実の世界ネットワークでは、アイランド間の 72 日の複数のスリップのワースト ケース スリップ レートがごくわずかと見なされないとき)これらの目標があらゆる適当な時間に実現されないが、それは劣化の特定のレベルのために設計する受諾可能ではない推奨事項ではないですこと自由な変数が十分あります(多重タイミング アイランド オペレーションを除いて。 通常 状態のためのゼロ許容範囲設計は失敗(通常二重障害)状態の間に劣化の許容レベルにスリップ レートおよびポインタ調整レートを制限するディストリビューション アーキテクチャおよび時間を記録するコンポーネントの選択によってサポートされます。

Q. 基本要件が簡単なとき、そしてコンピュータLAN がそれと決して迷惑を掛けなかったら電気通信ネットワークの同期に時間および努力を使うことは必要である理由

A. 同期ネットワークのすべての場合の PRS 追跡可能性のための要件はいつもわかりやすいはずですが、それほど簡単でもないです。 方法の詳細は、正常な状態および複数の障害がある状態の下で、異なる信号レベルで機器の異なる型の動的に地理的に分散した行列の追跡可能性を発展するネットワークで提供する各同期化コーディネーターの問題です。 すべてのこれらのファクタの置換および組み合わせの数を与えられて、現実 の 環境の時報の動作は統計的に記述され、分析する必要があります。 従って、同期化配電 網 設計は損失追跡可能性の確率を最小に することにこの確率が決してゼロである場合もないこと現実を受け入れている間基づいています。

Q. 何層 2 および/または層 3E TSG はまたは PRS からのシリーズ並行して連鎖することができますか。

A. 業界標準に定義された図がありません。 次に同期化ネットワーク設計者は PRS の同期化 Distribution Architecture および数および TSG の特定のネットワークおよびサービスのためのコスト パフォーマンス兼ね合いに基づいて数および品質選択する必要があります。

Q. voice-over-IP のような従来型 で ない サービスに同期が必要となりますか。

A. サービスに(または約束しました)必要なパフォーマンスによってこの項目質問に対する回答が異なります。 通常、voice-over-IP 低価格を(両方従来の PSTN 音声 サービスに関連して)反映する低質を持つために受け入れられます。 高いスリップ レートおよび割り込みが受け入れることができる場合音声ターミナル クロックはよく自由継続である可能性があります。 (しかし特にファクシミリを含む音声帯域モデムが取り扱われるべきなら)音声クオリティが目標なら業界標準に同期によって低い確率にコントロール スリップ 発生なります。 同期のための必要を判別できる前にエンドユーザの予期に関連して許容可能なパフォーマンスにおける新しいサービスかデリバリー方式を分析して下さい。

Q. タイミング ループはなぜとても悪く、なぜ固定することはとても困難ですか。

A. タイミング ループは PRS に同期される影響を受けた NE があることを排除するので本来は受入れることができません。 クロック周波数は予測不可能な未知量に追跡可能です; すなわち、影響を受けた NE の 1 つの hold-in 周波数制限は時間を記録します。 意図的に、これはホールドオーバーの数日以降によく外部クロックのであるために期待された正確さ結合 されます従ってパフォーマンスは大幅に低下されるようになるために保証されます。

タイミング ループ状態の引き起こすものの隔離の問題は 2 つのファクタの機能です: 最初に、原因は無意識(すべての障害状態の、かプロビジョニングのエラー、たとえば分析の勤勉の欠如)ネットワークのドキュメントで存在 するそう明らかな 証拠ではないです。 2 番目に各々の影響を受けた NE が標準として状況を受け入れるので、同期固有のアラームがありません。 その結果、通常自動的に関連しない同期化分散トポロジーのナレッジとスリップ数およびポインタ数のデータの分析に頼る通常保守ツールなしでトラブル の 分離を遂行して下さい。

Q. SONET と SDH の違いとは何か。

A. STS-1 がありません。 SDH 階層の最初のレベルは STM-1 です(Synchronous Transport Mode に 1) 155.52 Mb/s.の行比率があります。 これは SONET の STS-3c と同等です。 それから STM-4 は 2488.32 Mb/s.に 622.08 Mb/s および STM-16 に来ます。 他の違いは SDH のためにわずかに別様に定義されるオーバーヘッド バイトにあります。 よくある 誤解は STM Ns が STM-1s のことを多重化によって形成されることです。 ネットワーク ノードで終わる STM-1s、STM-4s および STM-16s は含まれている virtual circuits (VCs)を回復 するために破壊されます。 発信 STM Ns は新しいオーバーヘッドとそれから再建されます。

Q. ヘアピニングとは何、およびなぜそれを使用したいと思いますか。

A. ヘアピニングは支流のトラフィックを持って来て、高速 OC-Nラインにそれを置くかわりにそれを別の低速トリビュタリーポート指示します。 異なるノードの 2 つの中継キャリア(IXC)にインターフェイスがある場合これをしたいと思うかもしれません。 IXC の 1 つがダウン状態になる場合支流で存在 する 予備キャパシティを仮定するトラフィックを選ぶ、ヘアピン他ことができます。 場合のヘアピン クロス接続割り当てローカル ドロップするは、リング ホスト ノードによってサポートされるリング 拡張 単一 の ホスト上位ノードの 2 つのリング インターフェイスの間でトラフィックを通過させることを割り当て。 この場合、高速チャネルは複雑ではないし、クロス接続はインターフェイスの内に完全にあります。

Q. 行の 2 つのファイバ 双方向回線交換 リング(BDLSR)無駄半分は帯域幅を評価しませんか。

A. いいえ。 それはいずれの場合も 2 ファイバの総計帯域幅が BDLSR パス スイッチ型 リングの総計帯域幅よりより少しではないこと示すことができます。 場合によっては局間転送する リングを例証しなさいこと、それは 2 ファイバの総計帯域幅が BDLSR パス スイッチ型 リングのそれより大きい場合もあること実際に示すことができます。

Q. TSA と TSI の違いとは何か。

A. Time Slot Assignment (TSA)は追加ドロップ場合のない直通パス場合の適用範囲が広い割り当てを可能にします。 場合がタイムスロットに多重化されれば廃棄されるまでそのタイムスロットにとどまります。 Time Slot Interchange (TSI)は別のタイムスロットに置かれるべきノードを必要であれば通る場合を可能にすることより適用範囲が広いです。 機器は配線とであると TSA か TSI を提供しない考えられます。 システムによってサポートされないこのパススルー グルーミングは TSA に、許可します最大ファシリティ 利用のための送信中の帯域幅語順換えを制限しました。 処理するこれはサイト内ルーティングを用いるネットワーク(たとえば、局間かプライベート ネットワーク)および重要なチャーン(サービス削除、また新しいサービス インストール)のネットワークに役立ちます。

Q. いくつかのタイミングの経験法則とは何か。

A. いくつかの基本的なポイントはここにあります:

  • ノードは等量または高品質(階層レベル)のクロックが含まれている別のノードからしか同期 基準 信号を受け取ることができません。

  • 最も大きいアベイラビリティ(停止の不在)のファシリティは同期 ファシリティに選択する必要があります。

  • 可能な限りすべてのプライマリ および セカンダリ同期機能はダイバースであり同じケーブル内の同期 ファシリティは最小に する必要があります。

  • 層 1 ソースからのシリーズのノードの総数は最小に する必要があります。 たとえば、プライマリ 同期 ネットワークはセンターで層 1 ソースのスター型構成のように理想的に見えます。 スターに接続されたノードはセンターからの減少した階層レベルで分岐します。

  • タイミング ループはプライマリを任意に組み合わせて形成されないかもしれません。

Q. OC-Nラインからのタイミングのいくつかの長所とは何か。

A. OC-N タイミング ディストリビューションに複数の潜在的な長所があります。 それは弊社販売代理店のために転送する 帯域幅を維持し、良質時報を保証します。 またネットワークアーキテクチャが取り替えるために展開すると同時に、Digital Signal Cross Connect (DSX)はアクセス ファシリティに SONET と相互接続し、指示します OC-N インターフェイスを、OC-N ディストリビューションなります多重化 DS1 参照より効率的に相互接続します。 OC-N タイミング ディストリビューションの使用への前の欠点は DS1 場合が OC-N インターフェイスを渡らないのでネットワーク タイミング失敗が DS1 アラーム表示信号 (AIS)によってダウンストリーム クロックと伝えることができなかったことでした。 同期失敗を運ぶ標準 SONET 同期 メッセージング方式はきちんと整っています。 このオプションを使うと、クロック階層のレベルは NE から NE にネットワーク同期失敗が発生する場合ことができま、タイミング ループを作成しないでタイミング基準を切り替えるようにダウンストリーム クロックがします通じる。 品質 タイミング基準がもはや利用できない場合、NE は DS1 インターフェイス上の AIS を送信 します。 ローカル OC-N 行が失敗した場合、NE は DS1 出力の AIS を出力しますまたはアップストリーム NE はホールドオーバーを入力します。 タイミングの理想的なソースが、OC-N タイミング ディストリビューション、DS1 タイミング 出力を通して、すべてのアプリケーションのタイミングを提供するのに使用することができないが。 ローカル機器が外部タイミング基準 入力を、またはタイミングが別のプライベート ネットワーク 位置から配られるいくつかのプライベート ネットワークで提供されなければタイミングはトラフィック伝達 DS1s によって配られるかもしれません。 これらのアプリケーションでは、安定 した DS1 タイミング ソースを SONET ネットワークのすべての要素がラインタイミングによって単一 マスタクロックに直接トレースすることができることの確認によって達成することができます。

注: 従ってラインタイミングによる同期操作は Virtual Terminal (VT) ポインター調整の生成を除去しま、良質 DS1 タイミング基準のために必要とされるフェーズ安定性を維持します。 STS-1 レベルの相互接続はまた VT ポインター調整を除去します。 その推奨します、可能な限り DS1 ソース(スイッチ、構内交換機[PBX]、または他の機器)は SONET NE を時間を計るのに使用される同じタイミング ソースに追跡可能です。 多重化された DS1 参照転送するは多重化された DS1 それがどうなるか)現在の計画および管理 メソッド(しかしあなたにまた一貫していますもっとよく丁度認知して下さい。

Q. DS1 タイミング 出力を使用する長所とはタイミング基準として多重化された DS1 の代りに何か。

A. DS1 タイミング 出力は光回線 比率から DS1 が事実上到着遅延が発生しないので得られ、優秀です。 同期メッセージはタイミングの追跡可能性を保証します。 タイミングのためのトラフィック DS1s の管理は除去されます

Q. DS1 によって引き継がれる SONET はタイミング基準として使用することができますか。

A. はい。 多くのアプリケーションで他の選択がありません。 たとえばほとんどのスイッチ遠隔はホスト スイッチによって生成される仕様 DS1 場合からのタイミングを得ます; そうこれらの遠隔は DS1 場合からの行かループ時間なります。 さらに外部参照がある、デジタル ループ キャリア(DLC)機器、チャンネルバンクおよび PBX は可能性はほとんどないし、DS1 によって引き継がれる SONET からの行かループ時間に許されるかもしれません。 しかし 5 年前にすべての文献はこの質問にいいえ答えませんでした。 詳細については次 の 質問を参照して下さい。

Q. DS1 を使用するときスイッチ遠隔または DLC のような時間に関する機器に SONET を引き継いだあらゆる特定の問題がありますか。

A. はい。 主な心配はポインター調整を防ぐためにすべての機器が互いに同期であることを確かめることです。 倍数を通過するたとえば他が層 3 ホールドオーバー ソースから時間を計られている間もし持てば OC-N は、クロックの LANエミュレーション クライアント (LEC)および中継キャリア(IXC)、および 1 です層 1、持っています DS1 タイミング ジッタに変換するポインター調整をたとえば運びます。

Q. タイミングが低下されるようになる前に何 SONET NE は追加 または 廃棄 設定で接続できますか。

A. 追加 または 廃棄 チェーンの n番目ノードの階層レベル 追跡可能性は最初のノードにそれと同じです。 またもし割り当て追加 または 廃棄 チェーンがジッタ レベルなしであらゆる実用的なネットワーク制限にの探索可能な増加拡張されればノードの数が高められると同時にタイミング ジッタ論理上増加するが、良質タイミング リカバリーおよびフィルタリングは。 実際には、n番目ノードのタイミングに対する唯一の効果によっては高速保護 スイッチが前の n-1 ノードの何れかに発生する時はいつでもが行われます。

Q. 非同期 機器とあるより SONET機器によってタイミングにより多くの関する問題ある理由

A. SONET機器は同期ネットワークで理想的にはたらくように設計されていました。 ネットワークが同期のとき、ポインタ処理およびビット スタッフのようなメカニズムはおよびジッタまたはふらつき増加使用する必要があります。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 23718