音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity

Cisco Unity ViewMail for Outlook(VMO)のオーディオ ボリューム設定

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Cisco Unity ViewMail for Outlook(VMO)のデスクトップの再生音量の設定の問題をトラブルシューティングする方法について説明します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

  • Cisco Unity VMO のすべてのバージョン

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

問題

デスクトップからの VMO メッセージ再生は volume control ボタンが含まれています。 VMO volume control ボタンが実際のデスクトップ音量とどのように相互に作用しているかこの資料に記述されています。

解決策

VMO のメッセージ再生音量はデスクトップ マルチメディア システムによって実装されています。 VMO はウェーブ 音量の変更によって音量を設定 します。

VMO 音量が変更されるとき、同じ設定にマルチメディア 音量を設定 します。 これをテストするために、次の手順に従って下さい:

  1. マルチメディア マスターボリューム ウィンドウを開いて下さい。 Windows 2000 に関しては、> 催し物 > 音量調節 Start > Programs > Accessories の順に選択 して下さい。

    VMOAudioSettings-1.gif

  2. ウェーブ 音量 の 設定を変更し、設定のメモを作って下さい。

  3. マルチメディア マスターボリューム ウィンドウを閉じて下さい。

  4. VMO を使用して Outlook の音声メールメッセージを、開いて下さい。

    /image/gif/paws/23502/VMOAudioSettings-2.gif

  5. 音量を変更するのに volume control ボタンを使用して下さい。

  6. メッセージを再生して下さい。 システム の 音量はメッセージを再生する場合その時だけ変更されます。

  7. VMO形式を閉じて下さい。

  8. Master Volume ウィンドウを再開し、ウェーブ 音量 の 設定が変更したことに注目して下さい。

    ウェーブ 音量は VMO 設定を反映します。 反転はまた本当です。 値のすべてのストレージはマルチメディア システムおよびメディア デバイス デバイス ドライバの責任です。 音量がどういうわけか変更することができない場合メディア デバイス デバイス ドライバを変更することを試みて下さい。


関連情報


Document ID: 23502