音声 : H.323

音声接続トランクのトラブルシューティング

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2002 年 10 月 30 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

音声接続トランクとは常に確立されている音声コールのことで、Voice over IP(VoIP)、Voice over Frame Relay(VoFR)、Voice over ATM(VoATM)のいずれかです。 コールは、ルータがオンになって設定が完了すると同時に確立されます。 音声ポートがアップにされると、音声ポートは自動的に音声ポートで指定されたダミーの電話番号に電話をかけ、その場所へコールを発信します。 音声ポートは、対応するダイヤル ピアを通じて相手側へのコールを確立します。 この接続が確立された後は、このルータに関する限り、音声コールはセッション中で接続されています。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 l ネットワークがライブである場合、それを使用する前にあらゆるコマンドの潜在的影響を理解することを確かめて下さい。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

問題

トランクに関係するよくある問題はルータに対して透過的、解決し非常ににくいです。 音声トランクと見られるよくある 問題はコールがトランクに送信され、何も聞かれないとき明示されます。 これは接続トランクにおける既知 の 問題の 1 つで、多くの異なった問題によって引き起こされます。 別の問題はきちんと渡されない、構内交換機 (PBX)からの PBX へのシグナリングはきちんと転送されません Dual Tone Multifrequency (DTMF)トーンであり。 このドキュメントでは、このような問題のトラブルシューティングについて説明します。

音声トラックが時、場合は接続トラックで動作が異なります。 信号特性のための音声ポートの下で普通発行することどのコマンドでも無関係、有用です。 音声トランクはシグナリングのコンジットとなり、VoIP リンク全体に信号をリレーします。 音声トランクを使用するとき、PBXシグナリングはエンドツーエンドを一致する必要があります。 2 台の PBX マシンに関する限りでは、目標はクリア リンクがプロセス全体で 2 PBX の間で確立される間、完全に音声 中継接続外観を PBX と透過的なルータが付いている T1 リースされた行と同一にすることです。

トランクが起動するとき、トランクはソフトウェア ケーブルになり、シグナルタイプはコネクタ タイプとみなされます。 トランクは使用するシグナルタイプを気遣いません。 トランクはまだ場合が両端で一致する起動します。 両端の PBX が同じシグナリングをする限り、トランクは適切に機能します。

解決策

接続トランク問題を異なっている解決するそれととき奪取 するアプローチはスイッチドコールのために利用します。 トランクが確認された後実際に何が起こるか見るために、PBXシグナリングに検知 する必要があります。 シグナリングの外観に進む前に、トランクがアップであること、そしてデジタル信号プロセッサ(DSP)が音声パケットを処理することを確認して下さい。

注: 解決するためにおそらく Voice Activity Detection (VAD)をディセーブルにしたいと思います。 トランクは正しく機能することが確認されれば、更に解決するためにテレフォニー シグナリングを検知 する必要があります。

トランクが確立され、だれもコールを作ることを試みなければ場合トランク キープアライブ メッセージはリモート ボックスの間であちこちに送信 されます。 これらのキープアライブはトランク接続を確認し、エンドツーエンドからのシグナル情報を伝えます。 これらのキープアライブを確認するために、debug vpm signal コマンドを発行して下さい。 多くのトランクがある場合、debug vpm コマンドからの出力、シングル ポートに「x」が疑わしい音声ポートである debug vpm port x コマンド オプションの問題出力を制限できます。 これはすべてのポートを検知 するとき発行される debug vpm signal コマンドからの出力です:

21:18:12: [3/0:10(11)] send to dsp sig DCBA state 0x0
21:18:12: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0x0
21:18:12: [3/0:12(13)] rcv from dsp SIG DCBA state 0x0
21:18:12: [3/0:20(21)] rcv from dsp SIG DCBA state 0x0
21:18:12: [3/0:12(13)] send to dsp SIG DCBA state 0x0
21:18:12: [3/0:20(21)] send to dsp SIG DCBA state 0x0
21:18:12: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0x0
21:18:12: [3/0:3(4)] rcv from dsp SIG DCBA state 0x0
21:18:12: [3/0:9(10)] rcv from dsp SIG DCBA state 0x0
21:18:12: [3/0:3(4)] send to dsp SIG DCBA state 0x0
21:18:13: [3/0:9(10)] send to dsp SIG DCBA state 0x0
21:18:13: [3/0:19(20)] rcv from dsp SIG DCBA state 0x0

debug vpm port x コマンドで、これを簡単なデバッグ解読することもっと制限すればこの例に示すように:

21:21:08: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0x0
21:21:12: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0x0
21:21:13: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0x0
21:21:17: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0x0
21:21:18: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0x0
21:21:22: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0x0
21:21:23: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0x0
21:21:27: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0x0
21:21:28: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0x0
21:21:32: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0x0

キープアライブは送信され、5 秒毎に受け取りました。 用語は「DSP に」送信 し、「DSP」から受け取られて Cisco IOS からあって下さいか。 観点。 より理解しやすくさせる DSP のための代わりの PBX。 これらはトランクにアクティビティの間、見られるメッセージです。 回線の両端のルータは、キープアライブ メッセージによってトランクがまだアップしていることを認識します。 これらのメッセージの 5 つが続けて抜けているとき、トランクはダウン状態になります。 原因の 1 つはトランクがネットワークで絶えずフラップする場合です。 音声 トランク キープアライブが送信され、受け取られるかどうか確かめるために、debug vpm trunk-sc コマンドを発行して下さい。 このデバッグはトランク キープアライブが抜けているまで出力を生成しません。 これはキープアライブが抜けているとき debug vpm trunk-sc コマンド出力の例です:

22:22:38: 3/0:22(23): lost Keepalive
22:22:38: 3/0:22(23): TRUNK_SC state : TRUNK_SC_CONN_WO_CLASS, event TRUNK_RTC_LOST_KEEPALIVE
22:22:38: 3/0:22(23): trunk_rtc_set_AIS on
22:22:38: 3/0:22(23): trunk_rtc_gen_pattern : SIG pattern 0x0
22:22:38: 3/0:22(23): TRUNK_SC, TRUNK_SC_CONN_WO_CLASS ==> TRUNK_SC_CONN_DEFAULT_IDLE
22:22:39: 3/0:13(14): lost Keepalive
22:22:39: 3/0:13(14): TRUNK_SC state : TRUNK_SC_CONN_WO_CLASS, event TRUNK_RTC_LOST_KEEPALIVE
22:22:39: 3/0:13(14): trunk_rtc_set_AIS on
22:22:39: 3/0:13(14): trunk_rtc_gen_pattern : SIG pattern 0x0
22:22:39: 3/0:13(14): TRUNK_SC, TRUNK_SC_CONN_WO_CLASS ==> TRUNK_SC_CONN_DEFAULT_IDLE

debug vpm trunk-sc コマンドが発行されるとき出力が見られなければ、キープアライブは抜けていません。 キープアライブが抜けていても、トランクは 5 つの順次メッセージが抜けているまでアップ状態に留まります。 これはトランクがダウン状態になる 25 秒前に接続がのためにダウンする必要があることを意味します。

接続トランクの一般的な問題

音声 中継接続と関連付けられる複数のバグがあります。 珍しい何でも見る場合これらのバグをチェックして下さい。 Cisco IOS ソフトウェア 12.2 がリリースされるまでに、これらの問題はほとんど解決し、統合されています。 これらがより古いコードにおける問題の原因であることバグを通ってあなた自身を認識させるために検知できます。 もっとも一般的な問題の 1 つは中継接続に正しく信号を送るために PBX を得ることです。 それはトランクをダウンさせ、ルータを設定するよい概念のようにトランク今変更した何でも一度未決に確立されるなるので各端にはたらくが、アプローチは実際に逆効果ですようにようです。 解決する最もよい方法はアップおよび機能トランクとあります。

解決し始めて下さい

これらが正しく機能することを確立するために基本を検知 することは必要です:

  • トランクが確立されているか show voice call summary コマンドを発行し、トランクが S_CONNECTED 状態にあることを確かめて下さい。

  • DSP がパケットを処理しているか これを確認する show voice dsp コマンドを発行して下さい。 パケットは DSP によって処理されることを見なければ、VAD は有効に なるという理由により、抑制しますパケットをあります。 VAD を無効にしてトランクを再確立し、もう一度確認してください。 また show call active voice brief コマンドが発行されるときパケットカウンタが増分することを、確認して下さい。 このコマンドはまた VAD がコール ログイン質問のために有効に なるかどうか示したものです。

トランクがあらゆるサイトでアナログポートに接続する場合、非トランキングされたモードの PBX のオペレーションを確認することが最善です。 アナログ E&M 接続に関する問題を解決するために、知識およびトラブルシューティング アナログ E&M インターフェイスの種類および配線調整を参照して下さい。 PBX の間で渡されるすべてがきちんと確認され、機能したら、トランクを始動し、シグナリングを検知 して下さい。

音声 中継接続問題を解決する PBX の間で渡される理想的な方法はシグナリングを検査することです。 それはシグナリングが一端から他にそれとして通じる観察することができるように最もよいです疑わしい各ルータに Telnetセッションがあるために。 このドキュメントでは、広く普及していることと、ウィンクのタイミングを考慮する必要があるという理由から、E&M ウィンク シグナリングを使用しています。

これはコールを送信する PBX に接続されるルータからの出力です:

May 22 19:39:03.582: [3/0:0(1)] rcv from dsp sig DCBA state 0x0

!--- It is in idle state.

May 22 19:39:07.774: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0x0

!--- ABCD bits=0000.

May 22 19:39:08.586: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:39:12.778: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:39:13.586: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:39:17.777: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:39:18.593: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:39:22.781: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:39:23.593: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:39:27.781: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:39:28.597: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:39:32.785: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:39:33.597: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:39:37.789: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:39:38.601: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:39:39.777: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:39:39.797: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:39:39.817: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0xF

!--- Receives off-hook from PBX, and passes to remote end.

May 22 19:39:39.837: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:39.857: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:39.877: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:39.897: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:39.917: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:39.937: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:39.957: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:39.977: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:39.997: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:40.017: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:40.037: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:40.057: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:40.077: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:40.089: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:39:40.097: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:40.109: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:39:40.117: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0xF

!--- Receiving wink from remote side, and passes to PBX.

May 22 19:39:40.129: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:40.137: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:40.149: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:40.157: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:40.169: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:40.177: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:40.189: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:40.197: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:40.213: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:40.217: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:40.229: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:40.237: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:40.249: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:40.257: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:40.269: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:40.289: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:40.309: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:40.329: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:40.349: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0x0

!--- Wink ended from remote side, and passes to PBX.

May 22 19:39:40.369: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0x0			
May 22 19:39:40.389: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:39:40.409: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:39:40.429: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:39:40.449: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:39:40.469: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:39:40.493: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:39:40.509: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:39:40.529: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:39:40.549: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:39:40.569: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:39:40.589: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:39:40.613: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:39:40.629: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:39:40.649: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:39:40.669: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:39:40.689: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:39:40.709: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:39:40.729: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:39:40.749: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:39:40.769: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:39:45.773: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:39:50.081: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:39:50.101: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:39:50.121: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0xF

!--- Wink ends, the remote end is now off-hook, the conversation happens.

May 22 19:39:50.141: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0xF		
May 22 19:39:50.161: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:50.181: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:50.197: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:50.221: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:50.241: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:50.261: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:50.261: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:50.281: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:50.301: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:50.321: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:50.341: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:50.361: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:50.381: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:50.401: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:50.421: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:50.441: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:50.461: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:50.481: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:50.501: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:50.521: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:50.541: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:50.561: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:55.265: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:55.561: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:40:00.269: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:40:00.565: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:40:05.268: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:40:05.564: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:40:10.272: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:40:10.568: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:40:15.276: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:40:15.572: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:40:19.676: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:40:19.696: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:40:19.716: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:40:19.736: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:40:19.756: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:40:19.776: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:40:19.796: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:40:19.796: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:40:19.816: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:40:19.816: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:40:19.836: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:40:19.836: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0x0

!--- Both side hung up, back to idle state.

May 22 19:40:19.856: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:40:19.856: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:40:19.876: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:40:19.876: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:40:19.896: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:40:19.896: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:40:19.916: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:40:19.916: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:40:19.936: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0x0

この出力はルータがコールを終了することを示します。 Network Time Protocol(NTP; ネットワーク タイム プロトコル)が同期しています。

May 22 19:39:03.582: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:39:07.774: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0x0

!--- Idle state, both side on-hook.

May 22 19:39:08.586: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:39:12.774: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:39:13.586: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:39:15.383: [1/0:0(1)] Signaling RTP packet has no particle

!--- You will see this message if you are running Cisco IOS
!--- Software Release 12.2(1a) or later. It is not an error
!--- message, it is a normal functioning state.

May 22 19:39:17.774: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:39:18.590: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:39:22.778: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:39:23.594: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:39:27.782: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:39:28.598: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:39:32.782: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:39:33.598: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:39:37.786: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:39:38.602: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:39:39.778: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:39:39.798: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:39:39.818: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0xF

!--- Remote side off-hook, this is conveyed to the PBX.

May 22 19:39:39.838: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:39.858: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:39.878: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:39.898: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:39.918: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:39.938: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:39.958: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:39.978: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:39.998: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:40.018: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:40.038: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:40.058: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:40.078: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:40.090: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:39:40.098: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:40.110: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:39:40.118: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:40.130: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0xF

!--- Receive wink from PBX.

May 22 19:39:40.138: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:40.150: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:40.158: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:40.170: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:40.178: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:40.190: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:40.198: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:40.210: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:40.218: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:40.230: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:40.238: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:40.250: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:40.258: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:40.270: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:40.290: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:40.310: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:40.330: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:40.350: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0x0

!--- Wink ended, waiting for an answer.

May 22 19:39:40.370: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:39:40.390: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:39:40.410: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:39:40.430: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:39:40.450: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:39:40.470: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:39:40.490: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:39:40.510: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:39:40.530: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:39:40.550: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:39:40.570: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:39:40.590: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:39:40.610: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:39:40.630: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:39:40.650: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:39:40.670: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:39:40.690: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:39:40.710: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:39:40.730: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:39:40.750: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:39:40.770: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:39:45.262: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:45.770: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:39:50.077: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:39:50.097: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:39:50.117: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0xF

!--- Receive off-hook from PBX.

May 22 19:39:50.137: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:50.157: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:50.177: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:50.197: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:50.217: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:50.237: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:50.257: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:50.261: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:50.277: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:50.297: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:50.317: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:50.337: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:50.357: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:50.377: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:50.397: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:50.417: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:50.437: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:50.457: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:50.477: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:50.497: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:50.517: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:50.537: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:50.557: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0xF

!--- Both sides off-hook, the conversation happens.

May 22 19:39:55.265: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:39:55.557: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:40:00.269: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:40:00.561: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:40:05.269: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:40:05.561: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:40:10.273: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:40:10.565: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:40:15.273: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:40:15.569: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:40:19.673: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:40:19.693: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:40:19.713: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:40:19.733: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:40:19.753: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:40:19.773: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:40:19.793: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:40:19.797: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:40:19.813: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:40:19.817: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0xF
May 22 19:40:19.833: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:40:19.837: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0x0

!--- Both sides are back on-hook, back to idle.

May 22 19:40:19.853: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:40:19.857: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:40:19.873: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:40:19.877: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:40:19.893: [3/0:0(1)] rcv from dsp SIG DCBA state 0x0
May 22 19:40:19.897: [3/0:0(1)] send to dsp SIG DCBA state 0x0

注: E&M ウィンク シグナリングを使用するかどれが音声 トランクの両側に発生するこの出力はシグナリングを示したものです。 シグナリングの他の型は表示される場合がありますこれらの同じデバッグを使用する。 正しく確立される呼び出しを見れば(ここに示されている)、双方向オーディオはある必要があります。 これは show voice dspshow call active voice brief コマンド出力を検知 する場合確認することができます。 すべて良い外観そこに、およびアナログ接続におけるオーディオ問題を(可聴周波か一方向無し)得たら、これらの接続を再度チェックして下さい。

稼働している呼出すことが判別して下さい

トランキングされた コールのための show call active voiceshow voice call summary コマンド出力を検知 してもほとんど役に立たないので簡単な方法がどの音声トランクがアクティブ コールをサポートするか判別することを必要とします。 これをする簡単な方法の 1 つは show voice trunk-conditioning signaling コマンドをパラメータと共に発行し、ここにに示すように含まれたストリングとして ABCD を、使用することです:

Phoenix#show voice trunk-conditioning signaling | include ABCD
last-TX-ABCD=0000, last-RX-ABCD=0000
last-TX-ABCD=0000, last-RX-ABCD=0000
last-TX-ABCD=0000, last-RX-ABCD=0000
last-TX-ABCD=0000, last-RX-ABCD=0000
last-TX-ABCD=0000, last-RX-ABCD=0000
last-TX-ABCD=0000, last-RX-ABCD=0000
last-TX-ABCD=0000, last-RX-ABCD=0000
last-TX-ABCD=1111, last-RX-ABCD=0000

!--- Timeslot 8.

last-TX-ABCD=0000, last-RX-ABCD=0000
last-TX-ABCD=1111, last-RX-ABCD=1111

!--- Timeslot 10.

last-TX-ABCD=0000, last-RX-ABCD=0000
last-TX-ABCD=0000, last-RX-ABCD=0000
last-TX-ABCD=0000, last-RX-ABCD=0000
last-TX-ABCD=0000, last-RX-ABCD=0000
last-TX-ABCD=0000, last-RX-ABCD=0000
last-TX-ABCD=0000, last-RX-ABCD=0000

注: タイム・スロット 8 で開始するこの出力はタイム・スロット 10 および別のコールのコール アクティブを示したものです。 それをたくさん使用する場合この幾分長いコマンドのためのエイリアスを作りたいと思います。

DTMF は解決します

オフフックおよびオンフックシグナリングから離れて、唯一はルータが PBX の間で渡す他の事柄(音声のほかに) DTMF トーンです。 また音声経路があります従ってこれは通常問題ではないですが、問題があります。 問題はそのパス上のオーディオをどのようにとするか起こります。 帯域幅を保存するために Low Bit Rate コーデックを使用することは時々望ましいです。 問題はこれらの Low Bit Rate コーデックが人間の言葉のために書かれていたアルゴリズムによって設計されていること浮びあがります。 DTMF トーンはこれらのアルゴリズムに顧客が g711 コーデックを使用しなければ非常によく合致しないし、他のある方式を運ぶことを必要とします。 返事は dtmf-relay コマンドにあります。 この機能は端に DSP を可能にしましたり、DTMFトーンを認識し、規則的な音声 ストリームからそれを分けトーンを、始めます。 どのように設定されるか、DSP はリアルタイム プロトコル(RTP) パケットの異なる型としてそれからこのトーンをまたはと同時にに基づいてリンクを渡って音声 ストリームと別々に送信 されるべき h245 メッセージ コードします。 これは、fax-relay コマンドおよび modem-relay コマンドで行われるのと同じ処理です。

この機能はトランクトラブルシューティングのための別のデバッグ問題を提起します。 コールセットアップがないし、ルータ間のパケットストリームからその情報を得なければならなければ場合ディジットが渡されるものをどのように確認しますか。 どのような dtmf-relay コマンドがに用いられるか方法これをする依存します。

この例に示すように、dtmf-relay cisco-rtp コマンドは、Cisco 独自のペイロードのタイプを使用します、これを見るために従って DSP で検知 して下さい。 debug vpm port x/x と共に debug vpm signal コマンドを発行できます: 発信側で DSP に通じるディジットを見る y.z コマンド(出力を疑わしいポートに制限するため)。 この出力は発信側で、ない終端側で表示する。

*Mar  1 00:22:39.592: htsp_digit_ready: digit = 31                
*Mar  1 00:22:39.592: [1/0:1(2), S_TRUNKED, E_VTSP_DIGIT] 
*Mar  1 00:22:40.021: htsp_digit_ready: digit = 32
*Mar  1 00:22:40.021: [1/0:1(2), S_TRUNKED, E_VTSP_DIGIT] 
*Mar  1 00:22:40.562: htsp_digit_ready: digit = 33
*Mar  1 00:22:40.562: [1/0:1(2), S_TRUNKED, E_VTSP_DIGIT] 
*Mar  1 00:22:40.810: [1/0:1(2)] rcv from dsp SIG DCBA state 0xF
*Mar  1 00:22:41.131: htsp_digit_ready: digit = 34
*Mar  1 00:22:41.131: [1/0:1(2), S_TRUNKED, E_VTSP_DIGIT] 
*Mar  1 00:22:41.499:  [1/0:1(2)] Signaling RTP packet has no partical
*Mar  1 00:22:41.499: [1/0:1(2)] send to dsp SIG DCBA state 0xF
*Mar  1 00:22:41.672: htsp_digit_ready: digit = 35
*Mar  1 00:22:41.672: [1/0:1(2), S_TRUNKED, E_VTSP_DIGIT] 
*Mar  1 00:22:42.192: htsp_digit_ready: digit = 36
*Mar  1 00:22:42.192: [1/0:1(2), S_TRUNKED, E_VTSP_DIGIT] 
*Mar  1 00:22:42.789: htsp_digit_ready: digit = 37
*Mar  1 00:22:42.789: [1/0:1(2), S_TRUNKED, E_VTSP_DIGIT] 
*Mar  1 00:22:43.350: htsp_digit_ready: digit = 38
*Mar  1 00:22:43.350: [1/0:1(2), S_TRUNKED, E_VTSP_DIGIT] 
*Mar  1 00:22:44.079: htsp_digit_ready: digit = 39
*Mar  1 00:22:44.079: [1/0:1(2), S_TRUNKED, E_VTSP_DIGIT] 
*Mar  1 00:22:45.249: htsp_digit_ready: digit = 30
*Mar  1 00:22:45.249: [1/0:1(2), S_TRUNKED, E_VTSP_DIGIT] 
*Mar  1 00:22:45.810: [1/0:1(2)] rcv from dsp SIG DCBA state 0xF
*Mar  1 00:22:46.007: htsp_digit_ready: digit = 2A
*Mar  1 00:22:46.011: [1/0:1(2), S_TRUNKED, E_VTSP_DIGIT] 
*Mar  1 00:22:46.572: [1/0:1(2)] Signaling RTP packet has no partical
*Mar  1 00:22:46.572: [1/0:1(2)] send to dsp SIG DCBA state 0xF
*Mar  1 00:22:46.628: htsp_digit_ready: digit = 23
*Mar  1 00:22:46.628: [1/0:1(2), S_TRUNKED, E_VTSP_DIGIT] 
*Mar  1 00:22:50.815: [1/0:1(2)] rcv from dsp SIG DCBA state 0xF
all digits 0-9 are represented by 30-39, * = 2A and # = 23.

どんなディジットが dtmf-relay h245-alphanumeric コマンドで発信側から送信 されるか確認できます。 dtmf-relay h245-alphanumeric コマンドはトーンを運ぶのに h.245 の英数字部分を使用します。 この例に示すように、ディジットはトランクの発生および終端側で debug h245 asn1 コマンドが有効に なるとき容易に見られる場合があります:

発信側:

*Mar  1 00:34:17.749: H245 MSC OUTGOING PDU ::=
value MultimediaSystemControlMessage ::= indication : userInput : alphanumeric : "1"

*Mar  1 00:34:17.749: H245 MSC OUTGOING ENCODE BUFFER::= 6D 400131
*Mar  1 00:34:17.753: 
*Mar  1 00:34:18.350: H245 MSC OUTGOING PDU ::=
value MultimediaSystemControlMessage ::= indication : userInput : alphanumeric : "2"

*Mar  1 00:34:18.350: H245 MSC OUTGOING ENCODE BUFFER::= 6D 400132
*Mar  1 00:34:18.350: 
*Mar  1 00:34:18.838: H245 MSC OUTGOING PDU ::=
value MultimediaSystemControlMessage ::= indication : userInput : alphanumeric : "3"

*Mar  1 00:34:18.838: H245 MSC OUTGOING ENCODE BUFFER::= 6D 400133

終端側:

*Mar  1 17:45:16.424: H245 MSC INCOMING ENCODE BUFFER::= 6D 400131
*Mar  1 17:45:16.424: 
*Mar  1 17:45:16.424: H245 MSC INCOMING PDU ::=
value MultimediaSystemControlMessage ::= indication : userInput : alphanumeric : "1"

*Mar  1 17:45:17.025: H245 MSC INCOMING ENCODE BUFFER::= 6D 400132
*Mar  1 17:45:17.025: 
*Mar  1 17:45:17.025: H245 MSC INCOMING PDU ::=
value MultimediaSystemControlMessage ::= indication : userInput : alphanumeric : "2"

*Mar  1 17:45:17.514: H245 MSC INCOMING ENCODE BUFFER::= 6D 400133
*Mar  1 17:45:17.514: 
*Mar  1 17:45:17.514: H245 MSC INCOMING PDU ::=
value MultimediaSystemControlMessage ::= indication : userInput : alphanumeric : "3"

dtmf-relay h245-signal コマンドは同じが dtmf-relay h245-alphanumeric コマンドとデバッグ使用されるとき非常に類似したで、見られる場合があります。 全体的にみて、dtmf-relay コマンドで接続トランクを解決することは述べられるデバッグなしで幾分困難です。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 23443