ブロードバンド ケーブル : ケーブル モデム

ケーブル マップ アドバンス(ダイナミックまたはスタティック)

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2003 年 7 月 1 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次

FAQ

概要

この資料は呼出しました—不正なモデムからのタイミングオフセットが制御不能を増分しないようにスタティック、また、ダイナミック マップ アドバンスの使用を説明したり、また、ユーザがハード設定制限を設定することを可能にする新しいダイナミック マップ アドバンス 機能を導入したものです—最大遅延を。 また、以前のコードが動作しているケーブル モデムの中には Data-over-Cable Service Interface Specifications(DOCSIS)に一部準拠しないものがあり、ケーブル モデム終端システム(CMTS)から外れて、非常に高いタイミング オフセットが通知されるという問題も取り上げます。 同じアップストリーム セグメント上にある他のすべてのケーブル モデムでは、最も遠いモデムに基づいてダイナミック マップ アドバンスのタイミング オフセットが決まるので、この問題はさらに重大な問題を引き起こす可能性もあります。 最も遠いケーブル モデムは不良なモデムであり、その他のケーブル モデムがオフラインになったりパフォーマンスが低下したりする原因となり得ます。

モデムベンダーがより新しいファームウェアリビジョンにおいてのこの問題を解決する責任に耐えるが回避策は CMTS でケーブルモデムファームウェアが提供されるまで設定されるかもしれません。 回避策は適度な設定へのオフセットを保存するためにダイナミックからスタティックへマップ アドバンスを切り替えることです。 この資料はある特定のモデムが余分なタイミングオフセット ティックに増分すれば、他のモデムのすべてを不完全に働かせるようにこの回避策の使用を記述し、サービスプロバイダーがハード設定制限を設定することを可能にする新しいダイナミック マップ アドバンス 機能を導入したものです(他の対応モデムは影響を受けていません)。

前提条件

要件

このドキュメントの読者は次のトピックについて理解している必要があります。

  • DOCSIS プロトコルに関する十分な知識

  • Radio Frequency(RF; 無線周波数)テクノロジーに関する経験

  • Cisco IOS とのエクスペリエンスか。 ソフトウェア コマンド・ライン。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • これらのシリーズを含む Cisco UBR 一連の CMTS 製品、:

    • uBR10000

    • uBR7100

    • uBR7200

    • uBR7200VXR

  • Cisco IOS software release 12.1(10)ec1 およびそれ以降

  • Cisco IOS ソフトウェア Release 12.2(8)bc1 と それ以降

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

スタティックおよびダイナミック マップ アドバンスの定義

スタティック

スタティック マップ アドバンスとは、ケーブル モデムで許可される最も遠い DOCSIS 伝搬遅延に基づいてマップで事前設定された固定のルックアヘッド時間のことです。 DOCSIS はより少なくより 0.8 ミリ秒として一方向伝送遅延のための制限を規定 します。 真空の光速は 2.99?108 m/s.です。 これが真空ではないので、0.67 の順序にあるファイバ コアのための伝搬定数の速度によってこの速度を増加して下さい。 強硬、同軸ケーブルは約 0.87 です、従って、ファイバは同軸より遅いです。 マイルに変換し、0.8 ms 伝送遅延に関する仕様によってファイバ距離が最も遠いモデムに割り当てられて見つけるために増加して下さい。

2.99?108 m/s か。 0.67 か。 0.8 か。 10-3 秒か。 6.214?10-4 miles/m = 99.58 マイル

この計算をキロメートルで行うため:

2.99?108 m/s か。 0.67 か。 0.8 か。 10-3 秒 = 160.26 キロメートル

DOCSIS システムで最も遠いモデムの一方向の距離に 100 マイル(または 160 キロメートル)が使用されるのは、この計算のためです。 スタティック マップ アドバンスの固定時間は 100 マイルのダウンストリーム(DS)インターリービング、処理 遅延、バッファ遅延および最悪のシナリオによってもたらされる遅延に基づいて計算されます。 これは、ネットワーク内の最も遠いケーブル モデムの現在の伝搬遅延とは無関係です。 たとえば、32:4 インターリービングで DS の 64-QAM を使用していれば、スタティック マップ アドバンスは処理 遅延のための 200 + インターリービングからの 980 + バッファのための 500 + プラント遅延のための 1800 = 3480 マイクロ秒です。 これらの値の説明については次の注を参照して下さい。

注: 

  • 500 マイクロ秒 バッファは物理副層(PHY)半導体素子に送信 されること MAP は時間作成されること時間間の最悪の場合 CMTS 処理 遅延に匹敵する定数値であり。 この値は、DOCSIS では必須ではありませんが、シスコの実装に取り込まれています。

  • 980 マイクロ秒 インターリービング遅延は MAP が PHY 半導体素子で受け取られるとき、そしてネットワークで送信 されるとき時間間のです。 この値はダウンストリーム変調およびインターリービングによって決まります。 この値は、DOCSIS RFI 仕様の表 4-11 から求められます。上記の例では、0.98 ミリ秒(64-QAM を使用した場合、I=32 および J=4)です。

  • 200 マイクロ秒 処理 遅延は定数値です。 ケーブルモデムが 200 マイクロ秒以内の MAP に応答する必要があることが DOCSIS によって統治を委任されます。

  • 最終的には、1800 マイクロ秒は 100 マイル プラントの完全なラウンド トリップのための最悪の場合 伝搬遅延(最大プラント サイズは DOCSIS 1.1 セクション 2.1 ブロードバンドアクセス ネットワークで定義しました)で、マイル毎に 8 マイクロ秒および付加パディングの 200 マイクロ秒の最悪の場合 伝搬を仮定します。

これはスタティック マップ アドバンスのためのコマンド構文です:

cable map-advance [static]

その他の情報に関しては、cable ip-multicast-echo コマンドを参照して下さい。

ダイナミック

ダイナミック マップ アドバンスは Cisco 特許審議中 機能です実現をアップストリーム(米国)に対するよりよいパケット/秒(PPS)スループット効果助ける。 これは、特定のアップストリーム ポートに現在関連付けられている最も遠いケーブル モデムに基づいて、マップのルックアヘッド時間を自動調整するアルゴリズムです。 理想的には、ダイナミック マップ アドバンスの使用は個々のモデム アップストリーム パフォーマンスを大幅に改善できます。 DOCSIS パフォーマンス変数および最適化に関する詳細については、DOCSIS World の知識データスループットを参照して下さい。

これはダイナミック マップ アドバンスのためのコマンド構文です:

cable map-advance dynamic [safety]

その他の情報に関しては、cable ip-multicast-echo コマンドを参照して下さい。

タイミング オフセットと最大遅延

ケーブルモデムのタイミングオフセットは DS インターリーバ、プロセッサおよび内部モデム タイミングオフセット数のようなケーブルモデム、CMTS および他の遅延間の物理メディア ラウンドトリップ遅延を示す重要な値です。 あるセグメントないの最も遠いケーブル モデムに基づいた最大遅延と、内蔵モデムの遅延からタイミング オフセット値が計算されるということを理解することが非常に重要です。 内蔵モデムの遅延は、ベンダーによって異なります。 これらはケーブルモデムの特定のブランドによって設定されるさまざまな組み込みモデム 遅延値です(これは公式リストではないです):

ケーブル モデムのベンダー 内蔵遅延値
3Com 1200
Acternal DSLAM 2947
Cisco CVA122 1920
Com21 1239
Hukk CM1000 2930
Motorola Surfboard 2025
RCA 1500
Scientific Atlanta 2950
Terayon 200
Texas Instruments 1800
東芝 1220
ubr905 2800
uBR924 1920
ubr925 2400

スタティック マップ アドバンスを使用している場合、モデム タイミングオフセットすべては 100 マイルに基づいて最大遅延から常に得られます。 一方、ダイナミック マップ アドバンスでは、セグメント内のどのケーブル モデムが CMTS から最も遠いかを判断できます。 それはもっと正確に MAP の先読み時間をそれに応じて調整するためにタイミングオフセットを、得ます。 ケーブルモデムからの米国伝達が適切な時間に CMTS で着くためにきちんと同期されるように CMTS およびケーブルモデムは正しいタイミングオフセットの正確な情報がある必要があります。 これは方法の例スタティック マップ アドバンスを設定するです:

CMTS# configure terminal

Enter configuration commands, one per line, and end with CNTL/Z.

CMTS(config)# interface cable 3/0

!--- Specify cable interface.

CMTS(config-if)# cable map-advance static

CMTS(config-if)# end

スタティック マップ アドバンスは 100 マイルの距離にもっぱら基づいているので、最も遠いモデムのファイバ距離のために十分または最適ではないかもしれません。 これは最も遠いケーブルモデムが実際に非常に短い 距離なら物理的に特に重要、です。

ラウンドトリップ遅延の制限の設定

現在、CMTS における Cisco IOSソフトウェアの新しいバージョンに「逃げ」のこの問題を軽減するか、またはモデムをだますことができる機能があります。 それらは最大遅延および安全率によって定義される値への最も大きいオフセットを制限します。 いくつかのモデムが過剰な数まで(20,000 のタイミングオフセット ティックのように)増分し、他のモデムのすべてを不完全に働かせるとき Cisco IOS software release 12.1(10)ec1 がか 12.2(8)BC1 およびそれ以降は見られる問題と助けるのに使用されています。 Cisco IOS ソフトウェア リリース前に概要で以前に、この問題のための唯一の修正述べられるように 12.1(10) EC1 および 12.2(8)BC1 はダイナミック マップ アドバンスをディセーブルにし、代りにスタティック マップ アドバンスを設定することです。 これは不正なモデムを訂正する間、可能性としてはより遅い米国スループットの他のモデムをすべて罰します。 Static コマンドでは、ファイバ プラントの距離が 100 マイルであることを前提にしており、その遅延に基づいてマップ アドバンスが設定されます。 以前に述べられた Cisco IOS ソフトウェア リリースはユーザがダイナミックおよびスタティック マップ アドバンスのためのハード設定数に置くことを可能にします。 このように最も遠いモデムの距離を知っていれば、できます把握マイクロ秒がコマンドにそれを遅らせ、置くことを:

cable map-advance dynamic [safety] [max-delay]

または

cable map-advance static [max-delay]

問題は、「スタティック マップ アドバンスおよびダイナミック マップ アドバンスをそれぞれいつ使用したらよいか」ということです。

ダイナミック マップ アドバンスは 15 分毎にオフ・ラインであるかどうか確認するために最も遠いモデムを、ポーリングします。 オフ・ラインであるとモデムが見つける場合オンラインである見つけ、次にダイナミック アルゴリズムをアップデートする 1 つをまで次の最も遠いモデムをポーリングします。 一方では、スタティック マップ アドバンスは最も遠いモデムへの距離に関係なく最大遅延値を使用します。 一般に、常に使用 ダイナミック マップ アドバンス。

ダイナミック マップ アドバンスによって、実際のマップ アドバンスはすべてのモデムが適切に動作し、決して無効 な タイミングオフセットを備えていないと仮定する最も遠いモデムに関連するために最適化されます。 、しかし、モデムに無効 なオフセットがあれば、マップ アドバンスは最大に設定 されます。 米国でよりよい PPS スループットを提供できることダイナミック マップ アドバンスに長所があります。

スタティック マップ アドバンスでは、最も遠いモデムに遅延を最適化することはありません。 このモードはダイナミック マップ アドバンス エラーが疑われればデバッグツールとして主に利用できます。

安全性

安全 価値管理マップの余分先読み時間の量、測定システムの誤りを説明し、内部 ソフトウェア レイテンシーを説明するため。 大きい値を使用する場合、マップの動作時ルックアヘッドを増加するかもしれません米国パフォーマンスを低下させる可能性があります。 従ってデフォルト設定を使用することが、推奨されます。 最小ダイナミック 安全は 300 であり、最大安全は 1500 です。 デフォルト安全は 1000 であり、デフォルト最大遅延は 1800 です。

Router(config-if)# cable map-advance dynamic 1000 1800

初期メンテナンスのタイム オフセット

モデムが最初にオンライン来るとき Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.1(10) EC1 またはそれ以降および 12.2(8)BC1 またはそれ以降は最初のメンテナンス タイミングオフセットを使用します。 それは最初のメンテナンス(定期的 な レンジング)の後で一定時間にわたり増分することができ、ダイナミック マップ アドバンスを不正確にするタイミング オフセット 値の代りにこの値を使用します。 最も新しいコードを使用するとき、モデムが増分しても、ダイナミック マップ アドバンスは CMTS が最初のメンテナンスの後でタイミングオフセットを使用しないので影響を受けていません。 ラウンドトリップ遅延 セクションの制限を設定 した後最大タイミングオフセットを超過するモデムで説明されているようにスタティックおよびダイナミック マップ アドバンスの最大遅延を、トラッキングの目的で設定 する 柔軟性を持っていることもまた有利です。 最大遅延数に、バッファとして、300 を追加することもまた有利です。

これは全体のアップストリームのための最も遠いモデムが CMTS から約 25 マイルであるシナリオのための設定の例です:

CMTS# configure terminal

Enter configuration commands, one per line, and end with CNTL/Z.

CMTS(config)# interface cable 3/0

!--- Specify cable interface.

CMTS(config-if)# cable map-advance dynamic 500 700

その設定例では、安全の 500 マイクロ秒およびラウンド トリップ 最大遅延の 400 マイクロ秒は使用されます。 モデムが 25 マイル離れたところでおよび各マイルのファイバ原因もラウンドトリップ遅延の約 16 マイクロ秒であるので、最大遅延は 16 ですか。 25、およそ 400 マイクロ秒に匹敵する。 さらに、300 はモデム組み込みオフセットを説明するために追加されます。 おおよその距離を知っている場合、16 倍のファイバを(一方向)またはファイバのキロメートルを 10 倍の増加できますマイル。 典型的な Hybrid Fiber-Coaxial (HFC) 設計のファイバ距離および遅延と比較される同軸 長さは僅かです。

距離の代りに dB 損失を知っている場合、1310 nm で dB 損失を 28 倍か 1550 nm で dB 損失を 45 倍の使用できます。 これらの数は 1310 nm のファイバの 1 キロメートルあたり損失が 0.35 dB、1550 nm にキロメートル毎に 0.22 dB であるというナレッジから得られます。 損失がファイバからあり、カプラーおよびスプライスからの受動損失が含まれていないことを確かめて下さい。 これはそれらの同等化の概略です:

  • 1/(2.99 か。 108 m/s か。 0.67 か。 6.214?10-4 miles/m か。 ラウンド トリップのための 2) = 16 マイクロ秒/マイル

  • 16 マイクロ秒/マイル/(5280 ft/mile か。 0.3048 m/ft)か。 1000 m/km = 9.94 microseconds/km

  • 9.94 microseconds/km/0.35 dB/km = 28.4 microseconds/dB @1310 nm

  • 9.94 microseconds/km/0.22 dB/km = 45.18 microseconds/dB @1550 nm

ラウンドトリップ遅延の制限設定後に最大タイミング オフセットを超えたモデム

タイミングオフセット ティックは CMTS インターフェイスコンフィギュレーションの設定と DS インターリーバ、プロセッサおよび内部モデム タイミングオフセット数のような他の遅延から計算されます。 1 つの不良モデムが絶えず時間調整を増分する場合、結局「キャップ」(キャパシティ)、そこに居に達し、a でマークされます! 24 時間にわたって

Cable Map-Advance Dynamic の以前に述べられた例から 500 700 は、タイミングオフセット 700 と等しいですか。 64/6.25、約 7168 匹のタイミングオフセット ティックである。 show cable modem コマンドはこの出力を表示する:

Interface    Prim  Online  Timing  Rec   QoS CPE IP address    MAC address
             Sid   State   Offset  Power
Cable3/0/U4   2    online  !5570    0.25  5   1  10.125.16.38  0020.4026.b65c
Cable3/0/U4  15    online   4967   -0.75  5   1  10.125.16.20  0010.9510.1873
Cable3/0/U4  10    online  !7168   -0.25  5   1  10.125.16.15  0004.bdef.5dda

感嘆符(! )特定のケーブルモデムについての対象の情報を示すその出力でフラグはあります。 ! Rec Power カラムでケーブルモデムが水平な最大送信するに電力レベルを上げたことアラートはあります。 Cisco ケーブル モデムの最大伝送電力は約 61 dBmV です。 この値を監視することで、リターン パスで問題が発生する可能性を調べることができます。

! 特定のケーブルモデムが容量についての 700 マイクロ秒の最大遅延設定への最大 タイミング オフセットを超過したことをタイミングオフセット カラムで見られて示します(このシナリオで)。 何かが最も遠いケーブルモデムと(たとえば、オフラインになります)誤ってなら、CMTS は最も遠いケーブルモデムがオンラインであるかどうか見るために 15 分毎にスキャンします。 それがオフ・ラインである場合、CMTS は最も大きい最大遅延を用いる次の最もよい候補を見つけます。 有効なタイミング オフセットのモデム再範囲がまだ、見る時、以降! このモデムが最後の 24 時間の間に最大 タイミング オフセットをある時点で超過したこと知らせるため。

次 の 例出力はよい読み物との show controllers コマンドから 7168 のタイミングオフセット ティックのキャパシティの下にあるので、あります。 誤った 解釈の例はそれの後で示されています。 show controllers cablex/y アップストリーム z で示されているタイミングオフセットはそのアップストリームポートのモデムすべてからマップが全 MACドメインのためにスケジュールされるのに、最も高いタイミングオフセットをリストします。 次にタイミングオフセットをリセットしたいと思う場合 no shut 米国ポート締めればshow cable modem コマンドのタイミングオフセットは各個々のケーブルモデムのための現在のメンテナンス タイミングオフセットを表示する。

CMTS# show controllers cable3/0 upstream 4

Cable3/0 Upstream 4 is up
Frequency 25.008 MHz, Channel Width 1.600 MHz, QPSK Symbol Rate 1.280 Msps
Spectrum Group is overridden SNR 38.620 dB
Nominal Input Power Level 0 dBmV, Tx Timing Offset 5570 (Time Offset Ticks)
Ranging Backoff automatic (Start 0, End 3)
Ranging Insertion Interval automatic (60 ms)
Tx Backoff Start 0, Tx Backoff End 4
Modulation Profile Group 1
Concatenation is enabled
part_id=0x3137, rev_id=0x03, rev2_id=0xFF
nb_agc_thr=0x0000, nb_agc_nom=0x0000
Range Load Reg Size=0x58
Request Load Reg Size=0x0E
Minislot Size in number of Timebase Ticks is = 8
Minislot Size in Symbols = 64
Bandwidth Requests = 0x4BF
Piggyback Requests = 0x0
Invalid BW Requests= 0x0
Minislots Requested= 0x161FD
Minislots Granted  = 0x161FD
Minislot Size in Bytes = 16
Map Advance (Dynamic) : 2224 usecs

!--- Takes into account the Timing Offset ticks and other processing delays.

UCD Count = 609

これは 7168 のタイミングオフセット ティックのキャパシティの上にあるので、より古い Cisco IOSソフトウェアとの show controllers コマンドからの悪い出力の例です:

CMTS# show controllers cable3/0 upstream 4

Cable3/0 Upstream 4 is up
Frequency 26.000 MHz, Channel Width 1.6 MHz, QPSK Symbol Rate 1.280 Msps
Spectrum Group is overridden
SNR 35.1180 dB
Nominal Input Power Level 0 dBmV, Tx Timing Offset 35671
Ranging Backoff automatic (Start 0, End 3)
Ranging Insertion Interval automatic (270 ms)
Tx Backoff Start 0, Tx Backoff End 4
Modulation Profile Group 1
Concatenation is enabled
part_id=0x3137, rev_id=0x03, rev2_id=0xFF
nb_agc_thr=0x0000, nb_agc_nom=0x0000
Range Load Reg Size=0x58
Request Load Reg Size=0x0E
Minislot Size in number of Timebase Ticks is = 8
Minislot Size in Symbols = 64
Bandwidth Requests = 0x5BE40B3
Piggyback Requests = 0x7042B0B
Invalid BW Requests= 0x11A3E
Minislots Requested= 0x55DF81D2
Minislots Granted  = 0x55DF81B0
Minislot Size in Bytes = 16
Map Advance (Dynamic) : 2853 usecs

!--- show cable modem lists Current Timing Offset while
!--- the Map Advance is based on the Initial Timing Offset.

UCD Count = 832662  
DES Ctrl Reg#0 = C000C043, Reg#1 = 0

Tx タイミングオフセットはおよそ 18,000 匹のタイミングオフセット ティックの上で決してないはずです。 この値を超えた場合は、最も遠いモデムが 100 マイル以上離れていることを示します。

show cable modem コマンドはこの出力を表示する:

Interface    Prim  Online  Timing  Rec   QoS CPE IP address    MAC address
             Sid   State   Offset  Power
Cable3/0/U4  2     online  !5570    0.25  5   1  10.125.16.38  0020.4026.b65c
Cable3/0/U4  15    online  !4967   -0.75  5   1  10.125.16.20  0010.9510.1873
Cable3/0/U4  17    online   5393   -0.25  5   1  10.125.16.13  0020.405b.a234
Cable3/0/U4  18    online   5064    0.00  5   1  10.125.16.18  0004.753c.318c
Cable3/0/U4  10    online  !7168   -0.25  5   1  10.125.16.15  0004.bdef.5dda

500 の安全および 700 の最大遅延と dynamic コマンドを使用する場合、キャパシティは約 7168 ティックに匹敵します。 前の表示コマンドはでマークされるので、一度に、モデムの 3 つがキャパシティを超過したことを示します、! が原因です。 コードをアップデートするか、またはそれらを取り替えることができるように MAC アドレスによってこれらの不良モデムを可能性としては識別することを推奨します。

show cable modem [mac-address] verbose コマンドは現在のタイミングオフセットおよび最初のタイミングオフセットを表示する:

CMTS# show cable modem 0004.bdef.5dda verbose

MAC Address                         : 0004.bdef.5dda
IP Address                          : 10.125.16.15
Prim Sid                            : 10
Interface                           : C3/0/U4
Upstream Power                      : 0 dBmV (SNR = 36.66 dBmV)
Downstream Power                    : 0 dBmV (SNR = ----- dBmV)
Timing Offset                       : !7168
Initial Timing Offset               : 6498
Received Power                      :  -0.25
MAC Version                         : DOC1.1
Provisioned Mode                    : DOC1.1
Capabilities                        : {Frag=Y, Concat=Y, PHS=Y, Priv=BPI+}
Sid/Said Limit                      : {Max Us Sids=4, Max Ds Saids=0}
Optional Filtering Support          : {802.1P=N, 802.1Q=N}
Transmit Equalizer Support          : {Taps/Symbol= 1, Num of Taps= 8}
Number of CPE IPs                   : 0(Max CPE IPs = NO LIMIT)
CFG Max-CPE                         : 1
Flaps                               : 4(Mar 1  00:04:17)
Errors                              : 0 CRCs, 0 HCSes
Stn Mtn Failures                    : 0 aborts, 1 exhausted
Total US Flows                      : 2(2 active)
Total DS Flows                      : 1(1 active)
Total US Data                       : 33 packets, 15364 bytes
Total US Throughput                 : 0 bits/sec, 0 packets/sec
Total DS Data                       : 5 packets, 468 bytes
Total DS Throughput                 : 0 bits/sec, 0 packets/sec
Active Classifiers                  : 1 (Max = NO LIMIT)

最終的には、これは EC コードを実行するとき最初および定期的なタイミングオフセットは表示することを示す別のルータからの show cable modem [mac-address] detail コマンドからの出力例です、:

CMTS# show cable modem 0003.e3fa.5e8f detail
Interface        : Cable4/0/U0
Primary SID      : 8
MAC address      : 0003.e3fa.5e8f
Max CPEs         : 1
Concatenation    : yes
Receive SNR      : 23.43
Initial Timing   : 2738
Periodic Timing  : 2738

FAQ

Q. キャパシティが最大プラント遅延の 700 マイクロ秒の間設定 され、モデムが 10000 匹のティックに増分すれば、オフラインになりますか。

  • A. チックで計算されるキャパシティは約 7168 です。 モデムがオフラインなる場合もあれば、ならない場合もあります。 MAP が遅すぎるとみなされる場合もありますが、内部オフセットを使用して、MAP が遅すぎるとみなされずに実際の伝送時間を調整する場合もあります。

Q. 不品行な振舞いをうケーブルモデムがオンラインにとどまる場合、どのように更新済タイミングオフセットのために使用するために CMTS はどのモデムを知っていますか。

  • A. CMTS は実際に確認する場合がないのでキャパシティ値(最大遅延)を使用します。 しかし、新しいコードでは初期レンジングに基づいてタイミング オフセットが計算されるようになったので、それほど問題ではありません。 これはモデムが最初にオンライン 最初のメンテナンスを用いる来るとき、CMTS はタイミングオフセットすべてを記録 する意味し、記録 される最も大きいタイミングオフセットに基づいてダイナミック マップ アドバンスをことを設定 します。 いくつかのモデムが増分しても、ダイナミック マップ アドバンスはまだオリジナル タイミングオフセットにとどまります。 CMTS はその特定のアップストリームのためのダイナミック マップ アドバンスを時だけより大きいタイミングオフセットをオンライン来てもらう新しいモデム アップデートします。

Q. キャパシティに達したモデムはすべて CMTS で無視されますか。

  • A. CMTS はモデムが一定時間にわたり増分することができる最初のメンテナンスの後にタイミング オフセット 値の代りに最初にオンライン来るとき最初のメンテナンス タイミングオフセットを使用するのですべてのモデムを無視します。

Q. CMTS からの最も遠いケーブルモデムが否定的なタイミングオフセットを表わすと何が起こりますか。

  • A.否定的なタイミングオフセットは正しい時刻の前に最初 の 範囲設定 要求を送信できます。 非常に早い送信するは別のモデムによって送信されたデータと干渉する可能性があります。 したがって、他のモデムから送信された初期レンジング要求とデータの両方が破損することがあります。 否定的なタイミングオフセットを示すケーブルモデムは他のモデムからの有効なデータ伝送を上書きする最初 の 範囲設定 要求を数秒ごとに送信できます。 否定的なタイミングオフセットに関する詳細については、いくつかのケーブルモデムを表示する ネガティブ タイム オフセットをなぜしなさいか参照して下さいか。

Q. DS インターリーバにはマップ アドバンスに関してどのような重要性がありますか。

  • A. Interleaver 設定は全体の遅延に対する重要な効果をもたらします。 デフォルトおよび推奨 値は 32 です。 インターリーバを増加するとき、ノイズ 安定性を改善できますが要求およびアクセス許可 Round-Trip Time (RTT)を高めるのでまたレイテンシーを追加できます。 RTT は増加するとき、その他すべての MAP 機会から各第 3 または第 4 MAP に行くかもしれません。 小さい方の値にこの数を減少させる場合、減らすアップストリーム送信する機会を割り当てる)ケーブルモデムの受信実際にの伝達間の時間を MAP パケット(ことができ。 このためパフォーマンスは向上しますが、 ただしインターリーバが減るので、ダウンストリームのノイズ 安定性はそうあります; よい搬送波対雑音比があることをそう確かめて下さい。 詳細は、「DOCSIS でのデータ スループットについて」を参照してください。

要約

オリジナル コードでは、「ダイナミック」マップ アドバンスの全目的はプラントのケーブル長および伝搬遅延すべての計算を避けるのをユーザが助けることでした。 CMTS はモデムのタイミングオフセットを検知 し、必須マップ アドバンスのメジャーとして最も大きいオフセットを選ぶのでプラント サイズを知っています。

元のコードでは、タイミング オフセットの測定に定期レンジングを使用していました。 残念ながら、いくつかのモデムは DOCSIS 対応常にでし、CMTS からのタイミング調整に応答しません。 その結果、オフセットは無限大に増分し、従ってそうマップ アドバンスをします。 この原因は DOCSIS の動作にあります。 タイミング調整は差分(+1/ さらに多くの調整を送信 するには–ですモデムが応答しなければ 1) (または余りに応答が遅いです) CMTS は続け。

デフォルト設定でマップ アドバンス コンフィギュレーションを残す場合、いくつかの環境で、不適合なモデムがないそう問題がないことは可能性のあるであり。 Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.2(8)BC1 以降では、初期レンジングのみに基づいてタイミング オフセットが計算されるようになりました。 これはより信頼できるそして定期的 な レンジングで、使用する必要を評価します他をそしてデフォルト設定減らします: Cable Map-Advance Dynamic 1000 1800

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 23351